<   2018年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
コーリニアアンテナの調整
f0073587_21504114.jpg
2018年9月17日(月)
三連休というのにパットしない天気が続きます。本当なら山に登って秋の空気を感じているところですがそれもままならず。こんな時は潔く山に行かず先週からはまっている無線用のアンテナ製作に没頭しようと久しぶりに貫徹までしちゃいました。

製作しているコーリニアアンテナですが、同軸ケーブルを何段も重ねていくことで利得を上げていくのですが、簡単なようで精度が悪いと設計周波数にはまらないというハイリスクハイリターンなアンテナです。ギャンブル好きな人にはぴったりかもねというのは冗談!今回製作したのは3種類。移動用として3D2Vをエレメントに144MHZ/SSB用と430MHZ/FM用、それに同軸ケーブル加工の練習を兼ねて5D2Vを使い固定用430MHZ/FM用です。

設計データは「同軸コーリニア研究会」さんが公開する技術資料を基に製作しました。430MHZは固定用が12段、移動用が16段を想定しエレメント長は234mmで、144MHZは5段でSSB仕様なのでエレメント長を703mmで加工しました。上下に接続する位相整合部は430MHZが118mm、144MHZが354mmとしました。

ところで、製作にあたり以下の質問を7K3DIW局へお問い合わせし回答をいただきましたので、参考にしていただければと思います。尚、gmailでの問い合わせ故でしょうか?返答が来ないと思い再メールしましたが既に返答をいただいていたようでした。と言うのも私の方が確認できずご迷惑をお掛けしてしまいました。お許しください。

-------------------------------------
・技術資料の見方で、仮に433MHZ中心に検討する場合は433MHZの行で
  段数に該当するエレメント長を切り出せばいいのでしょうか。
  とりあえず234mmで切り出し12段で構成するつもりです。

ANS:234mmで問題ありません。段間の接続部は1-2mmであれば
   共振周波数が430MHzの周波数帯に入ってきます。

・以前公開されていた資料にはマッチング部(シュぺルツトップ?)があったと思いますが、
 最新はマッチング部は必要なしでいいのでしょうか?

ANS:現在は必要ない事が分かっています。製作マニュアルに沿って頂ければ
   所定の性能が確保出来ます。最新情報及び最新のマニュアルは
https://collinear-antenna.weebly.com/
   に掲載しています。

・エレメントを3Dや5Dでエレメント及び位相整合部を組み給電
を5DSFBやFBで接続することは
 は可能でしょうか?それとも同じ5D、3Dで給電?

ANS:給電線はFBケーブル及び太いもので構いません。

・3Dや5Dでエレメントを作りスタブは1.5Dでも可能でしょうか?

ANS:スタブはむしろ細い方が調整しやすいです。


・ 5D2Vで製作した場合、スタブも5D2Vを使うべきでしょうか

 ANS:そうではありません。1.5Dが一番スタブ調整が簡単です。
    スタブが太いと共振点付近では網線一本のヒゲを1mmカットをするしないで
    1.0→1.5に変化します。
    1.5Dならば共振点付近では同軸全体の1mmずつのカットで調整出来ます。

・移動用に144MHZの5段コーリニアを考えていますが
 その場合の寸法は表の通り6段までの寸法で良いのでしょうか?

ANS:144MHzでは6段までかつ144MHz(SSB用ならば)の数字を使用
   頂ければと思います。周波数が低い方へズレた場合は先端の位相整合部の
   カットで調整可能です。
-----------------------------
f0073587_21474517.jpg
エレメントの加工も終わりショートの有無を確認しながら必要段数までエレメントと上下に位相整合部をハンダ付けしていきました。残りは1.5D2Vで切り出したスタブを給電線をハンダ付けするだけです。給電線はたまたま押入れの中から大量の5DFBとSFAが出てきたのでUHFは特に使ってみたいと思いハンダ付けしましたが通常の同軸だと柔軟性がありますがFBケーブルになると柔軟性が失われ半田づけも大変ですが給電部に力が加わると3D2Vの芯線が切れそうでひやひやデス。そのこともあって144MHZの給電は通常の5D2Vを給電線にしました。最後にトップの位相給電整合部をショートさせて終了。
f0073587_21424138.jpg
ちょっと出遅れましたが、いつもの神峰山の森へ移動し早速できたばかりの移動用コーリニアアンテナの検証と調整をします。最初は430MHZから計測です。先ずは共振点を確認します。すると、426MHZでSWR3.0がベストでした。想定では435MHZあたりかと思っていたので意外でした。続いては、スタブを調整します。最初は15cm程度で0.5mm切ったところでSWRが10に跳ね上がりました。何で?更に切ってみるとSWR10は変わりません。10ということは、ショートしてるしか考えられませんが何度も確認したのでショートしていないという自信がありました。なのに・・・・更にニッパで切ろうとした瞬間SWRが1.5に急に下がったんです。更にニッパで切り落とす寸前で1.5です。ひょっとしてニッパで切る瞬間に芯線と網線がショートしてるのか?でもスタブをショートさせるなんて書いてなかったけど概ね10cm前後でSWRが最小とは書いていた。すでにスタブは切り刻んで10cmほどになっていたので恐らく製作ミスに違いないとここは潔く諦めます。
f0073587_21460943.jpg
続いて144MHZをセットして共振点を確認します。すると、138MHZ付近であることが分かりました。次にスタブの調整です。最初は25cmから切っていくと徐々にですが共振点がズレて144MHZ付近になりSWRが下がる傾向です。ここは慎重にニッパで切断できる最小の長さできっていきます。そうしていくと共振点144.84MHZでSWRを1.1あたりまで落とせました。使いたいSSB周波数は144.200前後なのでそのあたりのSWRはというと1.2を切っているので今日はこれまでとします。念のためFT-817でSWRをみると全くバーが触れませんでした。それに感覚的にはN/Fが良いのが分かります。
f0073587_21454888.jpg
f0073587_21455582.jpg
f0073587_21460307.jpg
喜んだのも束の間。ちょっと目を離した隙にファイバーポールが風で倒れ先端がポッキリ折れちゃいました。あ~なんてこったい!時刻は5時をまわり周囲は暗くなっていたので今日はここまで。144MHZは一発で実用域に仕上げることができましたが430MHZは悔しいかな痛恨の製作ミス。やはり給電線を5DFBにしたからかな?次は安全パイで5D2Vにしようかなと思いながら帰途に着きました。
f0073587_21461455.jpg
f0073587_21461981.jpg
今回は調整だけでしたので、コーリニアの実力を確認することができませんでしたが「コーリニア研究会」さんの資料にも記述がありましたがN/Fの良さが耳の良さに繋がっているというのはなんとなく頷けました。次週は、430MHZの固定と移動用を仕上げることにします。体力あるかな?



[PR]
by mido811 | 2018-09-17 21:52 | アマチュア無線 | Comments(3)
NHKラジオ「石丸謙二郎の山カフェ」
f0073587_21384923.jpg
2018年9月12日(水)
NHKラジオ第一放送で土曜日の朝に放送されている「石丸謙二郎の山カフェ」という番組はご存知でしょうか。番組が始るのは知っていましたが聴きはじめたのは最近になって。内容は登山や山が好きな人達にとっては心地の良い番組です。番組のHPではリスナーからの山写真を募集し「フォトギャラリー」で公開されたり時には番組で紹介されることもあります。ちょっとした遊び心で、月曜日に7月に伊吹山山頂で無線をした時の風景写真(CQ CQ CQ SOTA!)を投稿してみました。公開の場合はメールで通知が入るはずでしたが、たまたまhpを見ると何と既にアップされていました。結局、通知はなかったですが、ささやかな悦びですが思いがけないことで嬉しい一日になりました。そして、土曜の朝は「山カフェ」、日曜の朝は「音楽の泉」とラジオ好きには登山中の楽しみが増えました。
f0073587_21330520.jpg
さて、登山道具として簡単収納の椅子「パタットミニ」を購入しました。特に登山用ではありませんが色々なシーンで活用できそうです。当初は小型パイプ椅子を買おうと思ったんですが、ある雑誌にテント泊での山道具として紹介されたのを見てこれは便利だし収納性に優れていると感じ直ぐにネットで買おうとしてたんですがヨドバシでも販売しているという情報を耳にして早速買ってきたというわけです。座りここちは抜群とは言えないけど地面に座ることを考えれば非常に便利だと思います。。早く使ってみたいものです。
f0073587_21334669.jpg
f0073587_21340643.jpg



[PR]
by mido811 | 2018-09-12 21:55 | 山道具 | Comments(0)
同軸コーリニアアンテナと格闘中
f0073587_22404722.jpg
2018年9月9日(日)
先週から夜な夜なコーリニアアンテナを作ろうと同軸ケーブルの加工に勤しんでおります。事の発端は、移動時に5mの釣竿マストの利用を中心に考えた場合、HFはVCHとチューナーで対応可能だし430MHZも未完成ながらループか八木があるし、50MHZもスカイドアアンテナが対応するし・・・となると144MHZは2エレHB9CVがあるけどかさばるしRH770があるけどゲインが期待できないし何かゲインがあって持ち運びが楽なものはないかと考えたところコーリニアにたどり着いたというわけです。

しかし、ご存知の通り同軸を交互に接続するだけ?とはいいながら精度が求められるアンテナなのです。最初は3D2Vを加工していましたが失敗続きで考えが甘いことに気付き手順とけいけんを重ねるため練習用にと5D2Vから加工を始めています。毎夜1本づつ仕上げようやく10段目完成です。完成した暁には430MHZの固定用にしようかなと思っていますので毎晩CQだしてるかもしれへんよ。

問題の同軸の加工ですが、カッターでシンプルに切るパターンと網線をハンダメッキ後にパイプカッタ-で切断するパターンと両方やってみましたが、私個人としてはシンプルにカッターで切断する方が加工し易いと考えています。ただ5D2Vは雑でも良さそうですが3Dになるとかなり神経を使います。特に芯線を取り出すのに神経を使います。

暫く同軸と格闘ですが完成を夢見て老眼に鞭打って頑張ります。


[PR]
by mido811 | 2018-09-09 23:01 | アマチュア無線 | Comments(2)
1万人の第九2018 森ノ宮4レッスン 2/6回目
f0073587_22271848.jpg
2018年9月8日(土)
早いですね、もう2回目のレッスンです。その前に台風21号で被害に遭われた方、そして札幌クラスの皆様に心よりお見舞い申し上げます。幸いにも私の方は大きな被害にも遭わずに済みました。今日は朝からカミさんと本町へ出掛けた流れで中央線で谷町四丁目から法円坂のレッスン会場へ向かいました。
f0073587_22061124.jpg
途中の難波宮跡公園を歩いていると先日の台風被害の爪痕がたくさん残っていました。
f0073587_22074305.jpg
今日はギリ会場に到着。
f0073587_22084156.jpg
会場に入ると空席は見渡す限り最前列しか空いてません。周囲ではカメラさんが入って写真を撮って賑やかです。あれ?今日はクラス写真撮影の日だったかな。このカメラマンさんは万九参加からずーっとお見かけしますので万九の生き字引のようなカメラマンさんです。それはともかく迷うことなく最前列に座ることにしました。
f0073587_22113953.jpg
時間通り松尾先生、羽根田先生が入ってこられレッスンスタートです。いつものように体と顔を解し発声練習、ハンドサインを用いての発声練習と続きます。そして、今回もお隣の方へ挨拶をして双方の顔を見ながらの発声練習もありましたが、私のお隣の方は、石川県の小松市から奥様と参加されていると聞き発声練習どころではなくオバチャン根性丸出しであれこれ聞いちゃいました。参加は今年で5回目だそうで奥様は地元で合唱指導をされているとか。徳島での記念第九合唱にも参加されたそうです。
f0073587_22275289.jpg
発声練習を終え第九の練習です。最初は、”フロイデ”の怒鳴りから、2回目の”フロイデ”はテンションを上げ明るく歌うように指導が入りました。続いて257章節”D"、歌詞を抑揚をつけて読み上げます。ここでは以下の指導がありました。
音程は母音で発声するが子音と母音とのバランスを考えるように。
子音が消されるので子音を先々呼んでいくようにする。
テノールはwo deinからフリューゲルバイツの部分は滑らかに、絶対早くならないように。

続いて285章節”E”
・音をつけると子音が磨耗して聞こえないので早めに発声の準備をしておく。
・音が弱くなると遅くなる。(ソプラノ)
・287章節の臨時記号を見落とさないこと(バス・テノール)

前半を終え休憩時間にお隣さんと談笑していると、お声をかけていただいた美女2名。お~お久しぶりと思わず声にでましたが大阪倶楽部の時代にお世話になったYさんと、ご友人さんでした。1回目のレッスンのときに似たオッサンがおるなと思っていたそうですが、当blogをご覧になり確信につながったようです。うかがうとずーっと敗戦だったそうで久しぶりの参加だそうです。女性パートはいつも激戦です。

後半に入ると、苦手な”G”KISSですキスです。それよりも男性カメラマンと共にかわいい女性カメラレディが撮影してくれます。そのお顔をカメラに撮ろうとした瞬間、目と目が合いニコッと微笑み返しされもうメロメロです。レッスンなんかうわのそらですわ。今日の収穫は、これやね。
f0073587_22235281.jpg
でレッスンは男性合唱のLAUFETに入りました。今回驚いたのは2ndテナーが1stより多いという事実が判明です。こんなん参加以来初めてですが、それだけマニアックな方々が集われている証。気を引き締めなければ。最後は次回練習する”M”を唄って終了しました。

今日もいつものマシンガントークと連写してもピントが合わない程の動作で、うっかり気を抜くとどこにいったか分からなくなるほどの速さでレッスンが駆け抜けていきました。終れば、汗びっしょりです。足早に会場をでて火照った体を冷ましました。空を見上げると秋色の空が拡がっていました。
f0073587_22324546.jpg



[PR]
by mido811 | 2018-09-09 22:35 | 一万人の第九 | Comments(0)
北アルプス乗鞍岳で束の間の休日を満喫  SOTA#JA/GF-001
f0073587_10380256.jpg

2018年9月2日(日)
とうとう休暇もとれず8月が過ぎていきました。でも、ようやく一息つけそうなので月曜日は有休休暇にして白山・別山を縦走しようと計画していましたが、その矢先に大雨で登山口までのシャトルバスが運休になり急遽計画変更。思いついたのがお手軽アルプスの乗鞍岳でした。幸いなことに”てんくら”はオールA判定、これはとばかりに前日にシャトルバスのバス停である”ほおのき平”へ向かいました。

19:00に家を出発し現地には00:30に到着。ご来光バスは4:00発なので、それまで車中で仮眠を取りました。早朝03:20にバス停の明かりが点き続々と登山者が集まり始めました。これだけの人が何処に?こちらも慌てて朝食代わりのサンドイッチを腹に押し込み行列に並びました。順番から2番目のバスに乗車し山頂までの45分間は勿論爆睡です。
f0073587_00172904.jpg
”ほおのき平”はさすがに星を見ることは出来ませんでしたが天候は曇り。しかし、山頂に到着すると霧雨とガスで周辺の視界はありません。慌ててレインウェアを着込みました。
f0073587_00215219.jpg
このガスでは、どう考えてもご来光は考えられません。それでも、1%の奇跡を期待して富士見岳に登りました。日の出の時刻5:30を過ぎましたが真っ白の世界は変化無し。それでも、ご来光がダメならせめて槍穂が見たい!とばかりに奇跡を待ち続けましたがダメでした。(涙)それとは裏腹に霧雨は更に強くなる一方です。
f0073587_00271715.jpg
山頂では一人去り、更に一人去りと、とうとうたった一人になりました。天候が霧雨から雨に変わり始めたので諦めて下山して剣ケ峰へ移動することにしました。
f0073587_00292361.jpg
剣ケ峰の登山口となる”肩の小屋”の手前でガーガーと鳴くのは雷鳥です。晴れてたら歓迎ですが雨に降られ感情が高ぶって逆にやかましいとしか思えません。その後、登山者の殆どは霧雨の中を登って行かれましたが私は様子を見ようと”肩の小屋”でコーヒーブレークして暫く待機することにしたのです。
f0073587_00352106.jpg
小屋の中はさすがに暖房が入って快適です。側では素泊まりの学生さん風の方々が食パンを焼いて賑やかに朝食中です。注文したコーヒーを飲みながら窓から外をうかがっていました。すると、先程の学生さんに声をかけられ暫し山談義に花を咲かせることになりました。おかげで楽しい時間となりました。1時間くらい経った頃でしょうか雨も止み7:50に改めて出発です。
f0073587_00401729.jpg
雨が止んでも山頂付近にはガスがかかって何も見えません。でも、少し登るとこの高度感です。
f0073587_00563293.jpg
7月の伊吹山から久しぶりの登山、それも日本アルプスですよ。これはもう楽しまないと!日本アルプスにはハイ松に登山道に漂う独特の甘い香り、そして小屋のディーゼル発電機の臭い・・・どれもアルプスに来た---------って感じです。
f0073587_01025419.jpg
さすがに運動不足は歪めません。高度順応できていないのか胸が時折締め付けられる感じがします。しかし、それも一時のこと何とか前を向いています。そこへ、仙人のような風防の爺様が近寄って来て話しかけてきた。60歳から登山をはじめ67歳の現在で80座をクリアしたそうだ。先週登った南アルプスの塩見岳の夕日は格別だったという山のお話。嫌いではないので暫く登りながら会話した。お手軽アルプスといえども3000m峰、全国から山好きそれも玄人が集まるからまた面白い。
f0073587_09102613.jpg
時間が経つにつれ下からどんどん登って来るのが見える。こんな天候でも人気なんだ。

f0073587_09134502.jpg
頂上小屋まで来ました。山頂はもうすぐそこ。
f0073587_09145731.jpg
8:40鳥居を抜けて山頂到着。
f0073587_09172580.jpg
乗鞍神社本宮の神様は未だおやすみのようです。
f0073587_09184862.jpg

山頂の様子です。


残念ながらガスで周囲の景色は望めません。早々に無線の準備にかかります。一昨年に来た時に神主さんから注意されたので裏の岩場へ移動してアンテナを設営します。今日は、144/430MHZはホイップアンテナ、50MHZはスカイドアアンテナ、HFハイバンドは電圧給電アンテナ、7MHZはVCHとやる気満々で臨んでおります。しかし、不安定な天候なのでSOTAポイントを先に稼ごうと430MHZ/FMでQRVすることにしました。

f0073587_09263315.jpg
【本日の交信結果】
FT-817ND/5w + RH770
乗鞍岳(剣ケ峰) 標高3026m  SOTA#JA/GF-001
岐阜県高山市  JCC#1903

08:56 7K2IJI 53/53 埼玉県久喜市※432.860MHZ/FM
09:02 JR1KNC 59/56 群馬県太田市
09:06 JR2MAU 52/54 愛知県尾張旭市
09:09 JA1COT 59/59 群馬県太田市
09:11 JE1PON 59/58 栃木県栃木市
09:14 JP2GRJ 59/53 愛知県春日井市
09:19 JR2RSH 51/51 三重県鈴鹿市
09:21 JF2WJW 58/53 三重県四日市市
09:25 JA2FGE 59/59 名古屋市守山区
09:37 JH0IQI 41/41 長野県飯田市
09:33 JA2UTJ 59/59 名古屋市昭和区
f0073587_09392824.jpg
09:43 JJ2ONH/2 59/59 岐阜県瑞穂市※144.195MHZ/SSB
09:48 JF1NPG 59/59 山梨県韮崎市※144.201MHZ/SSB
09:52 JR2SZH 57/57 三重県伊勢市
09:53 JH9DRL/9 59/59 富山県富山市
09:56 JR1RCH 59/59 栃木県佐野市
各局、FB QSO有難うございました。雨が降り始めたところでCLさせていただきました。本当ならもう少し楽しみたかったんですが残念です。それでも当初の天候を考えればQSOできただけで満足しています。それにしても乗鞍岳は独立峰でもあり標高もあって伝播が素晴らしい。コンディションでいうと430MHZより144MHZの方が肌感覚ですが良かったと思います。不利だったのはガスでアンテナがびしょ濡れになりSWRが悪化したと思われます。それにしてもガスもなく天候がよければ申し分ないQRVでした。次回来るときの楽しみにしておきます。

急いで機材やアンテナを撤収し11:00に下山開始です。その直後、一瞬ですがガスが切れて周囲が始めて展望できました。
f0073587_09563599.jpg
山頂を見上げるとけっこうな岩場だったのが分かります。
f0073587_09590165.jpg
コルの辺りに来ると下から吹き上げる風が強くて再びガスの中に。
f0073587_10014243.jpg
小屋が見え始めたところで、待望の晴れ間が覗き今日初めて青空を仰ぎ見ました。乗鞍最高!の瞬間。
f0073587_10044345.jpg
11:50肩の小屋到着。あ~腹減った。カップヌードル食おう。
f0073587_10090593.jpg
腹が膨れたところで、槍穂見たさに再び富士見岳へ移動。途中で雷鳥に遭遇したり気持ちよく雲上の登山道を進みます。早朝とはえらい違いですが。
f0073587_10122262.jpg
振り返ると乗鞍岳の容姿が望めました。一番左の峰が剣ケ峰です。
f0073587_10135461.jpg
再び富士見岳に到着。槍穂方面には厚い雲が覆って展望無し。その代わりせっかく持参してきたのでHFのアンテナを設営することにしました。アンテナが電圧給電なのでアースは関係なく運用できるはずです。まぁ岩峰のアルプスでHFを試したかっただけですが・・・。先ずは18MHZを聞くと北海道のYLさんが1エリアの局とラグチュー(お喋り)していますね。ならばとCQをだしてみます。しかし、空振りばかりでしたが13:20北海道三笠市のJH8MYB局からコールがかかりました。こちらには59オーバーで大変強力に聞こえます。あとでわかりましたが出力500Wだそうです。こちらの信号は55のレポートいただきました。念のため21MHZを聞いてみると、こちらは7、8エリア局とDXがガンガン入っていました。しかし風が益々強くなり竿が倒れそうなのでCLです。
f0073587_10244157.jpg
この後は、下山して畳平バスターミナルへ移動していよいよ今日の山旅も終焉です。
f0073587_10282797.jpg
14:10畳平バスターミナルに到着。14:50発のバス乗車までお土産を買い15:30ほおのき平バス停に到着。マイカーに乗り換え帰路に着きました。
f0073587_10331416.jpg
早朝4時からの活動ですが楽しければ時間はあっという間に過ぎていきます。リハビリと景気づけを兼ねた登山もできましたので次回から本格的に登りますよ。おしまい。
本日のワンカップ地酒は「平瀬酒造店」の”久寿玉”です。
f0073587_11234123.jpg



[PR]
by mido811 | 2018-09-04 20:30 | 北ア・乗鞍岳(剣ケ峰) | Comments(0)