<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
蓬莱山は遠かった。
f0073587_0262728.jpg

2018年2月11日(日)
三連休の中日、比良山系の蓬莱山に登るためJR堅田駅からバスを乗り継いで登山口へ向かう予定だった。
しかし、駅に到着するとバス会社の職員から本日は花折峠周辺の多重事故発生により途中バス停止まりになると告げられた。ならばロープーウェイで楽チン登山といくかと考えてJR志賀駅へ移動した。ロープーウェイのある琵琶湖バレイへのシャトル便に乗ろうとバス停に向かうと今度は琵琶湖バレイの職員から本日は悪天候のため営業は中止だと告げられWパンチを食らうことになった。

やめときゃいいのに最後の手として琵琶湖バレイ脇にあるキタダカ道の登山口から登ることを決意した。しかし、登山道には昨晩の雨にも関らず相当の積雪がありワカンを装着し登り始めた。単調なジグザグ道に重い雪で足を取られ体力はどんどん消耗していった。丁度、ロープウェイの山頂駅が見えたところでトレースを新雪が覆い隠し消えてしまったのを最後に引き返すことにした。GPSがあれば、もう少し早く現地入りできてればと悔やまれるが結局自分の力ではここまで。蓬莱山には届かなかった。
f0073587_0271835.jpg

運の悪さにも程がある。今回に限らずどうも今年は流れが悪そう。どっかで断ち切らないと。下山途中に見た琵琶湖が今日唯一の慰めかも。
f0073587_0305796.jpg

[PR]
by mido811 | 2018-02-13 00:31 | 比良・蓬莱山 | Comments(0)
「公共交通で行く雪山」霧氷まつりの三峰山 SOTA#JA/ME-010
f0073587_2213022.jpg

2018年2月3日(土)
公共交通で行く雪山、さて今週はどこへ行くか
天くらとヤマレコを睨めっこする日々。

蓬莱山を平から縦走するか榛原からバスで三峰山へ登るかに絞られた。
前日の天くらを見る限り滋賀方面は午後からくずれるようなので今回は三峰山に決定。

自宅を5時過ぎに出て、いつものように駅前の松屋で朝食を摂る。
高槻駅6:03発の普通電車に乗車し大阪駅で環状線に乗り換え鶴橋駅へ。
鶴橋駅で近鉄電車に乗り換え7:17発の急行電車に乗車し8:02榛原駅で下車した。
急行電車は9割方がザックを持った登山者で正しく登山電車。
榛原駅では高見山と三峰山へ向かう登山者が長い列を作っていた。
f0073587_17585781.jpg

運賃往復¥2,700を支払い8:15発の臨時バスに乗車。
1台目は満員だったが乗車したバスは2/3程度でゆったり座ることができ
約1時間掛けて9:15登山口のみつえ青少年旅行村に到着。
現地では「三峰山霧氷まつり」が開催され地元の食材が並んでいた。
f0073587_18102952.jpg

トイレで用を済ませ登山口の橋まで移動。
トイレだけは男でよかったことを実感する。
f0073587_1819570.jpg

道路には雪が残り所々が凍っていて慎重に移動する。
大半の登山者は、ここでアイゼンを着装していたが暫くはWストックで対応。
f0073587_18213418.jpg

先ずは昨年登った登尾ルートの分岐点を通過。下山はこちらから下りる予定。
f0073587_18232128.jpg

そのまま進み不動滝コースに向かう。分岐から積雪が一機に増えた。
f0073587_18251628.jpg

さすがにこの先は不安なので取り付き場所でアイゼンを装着し暑いのでアウターを脱いだ。
f0073587_18274734.jpg

取り付き場所から僅かな距離で「不動滝」に到着。
f0073587_1837480.jpg

ヤマレコによると先週は凍ってたようだが氷瀑には至らず残念。
その代わり橋の欄干には氷柱がビッシリ。
f0073587_1836143.jpg

滝を過ぎると急登の登山道が待っていた。
有り難かったのは、アイゼンが効く雪質なので踏んだ感触がちょうどいい。
f0073587_18434950.jpg

山頂まで2.1km標識のところで団体さんに追いついた。
f0073587_18454325.jpg

急登地獄を堪能すると、見えてきたよ避難小屋。よかった~
f0073587_18482919.jpg

避難小屋では行動食のきんつばとテルモスに入った熱いお茶で小休止する。
f0073587_18541813.jpg

休憩後、アウターを着こんで再び歩き始める。雪は更に深くなってきた。
f0073587_18564082.jpg

新道ルートとの分岐を通過すると霧氷なのか、木の枝が白くなり始めた。
f0073587_1901096.jpg

更に進むと八丁平との分岐を通過。雪も積雪量が増してきた。
f0073587_192448.jpg

いい感じになってきた。
f0073587_1920166.jpg

一度も見たことがない「木曽御嶽山ビューポイント」を通過。
f0073587_1922781.jpg

11:30遂に山頂到着。
f0073587_19263169.jpg

昨年、悪天候の中登ったことを思い出す。今回は青空はないけど風がないのがなにより。
風が吹かない間にと無線の準備にとりかかった。
そこへ、男性登山者が近づいてきた。いつもの「これ何ですか」なのか。
すると、「無線ですか、どの周波数で、SOTAですか」と矢継ぎ早に質問が飛んできた。
やけに詳しい。伺うと先程まで同じく無線運用をしていたそうだ。
後で、その方がJF3FGL局だとわかった。
f0073587_19351735.jpg

【本日の交信結果】
FT817ND/5W + RH770
三峰山 標高1235m  SOTA#JA/ME-010
三重県松阪市   JCC#2104
11:53 JA3EKL 59/59 大阪府泉大津市 ※144.176MHZ/SSB
11:53 JM3GVH 59/59 大阪府枚方市
11:55 JA3RIE/2 59/59 愛知県瀬戸市道の駅14
12:01 JF0AZE 51/53 長野県木曽郡南木曽町
12:13 JF3FGL/2 59/59 三峰山八丁平※144.165MHZ/SSB
12:18 JP3DOJ 59/59 奈良県北葛城郡河合町
12:19 JA3WPN 59/59 大阪府堺市
12:20 JP3DGT/3 59/59 JA/OS-007
12:21 JA3LIZ 59/59 奈良県御所市
12:23 JA3HKR 59/57 大阪府豊中市
12:24 JH3PPY 59/59 大阪府堺市
12:26 JH3BYX 59/59 兵庫県伊丹市
12:28 JF2AZM 57/57 岐阜県美濃加茂市
各局、FB QSO有難うございました。
先日登った観音峰山と比べれば飛びの違いは明白だ。
やはりVHF帯は標高とロケーションだというのが分かる。
CQを連呼せずとも応答いただける爽快感はたまりません。
f0073587_21165291.jpg

無線運用中、ピッチャーマウンドのような山頂は登山者で埋るほどの大盛況だ。
長湯は無用とばかりに早々に切り上げて退散する。
霧が一瞬晴れて眼下に「みつえ青少年旅行村」が見渡せた。
f0073587_21244533.jpg

帰りは、八丁平を経由する。
しっかりとしたトレースを辿ると八丁平に到着。
f0073587_2134843.jpg

時折、小雪がちらつき始めたので八丁平から退散。
避難小屋に立ち寄りカップラーメンで腹を満たし登尾コースで下山を再開。
f0073587_2150295.jpg

展望小屋通過。登山口はもう少しだ。
f0073587_21543857.jpg

展望小屋からは室生火山郡が一望。
f0073587_2156276.jpg

展望小屋から更に下ったところにトイレ。
f0073587_22026.jpg

そして登尾コースとの分岐の橋が見えてきた。
f0073587_21591529.jpg

14:30スタート地点に戻った。アイゼンを外し管理棟へ移動、バスの発車を待った。
f0073587_2221511.jpg

発車までに地酒を買いバスに乗車し16:00に榛原駅に到着。
16:20近鉄榛原駅発の急行で鶴橋に戻りJRで高槻駅に帰還した。
f0073587_2285321.jpg

今日はこいつで一日の疲れを癒すとするか。
f0073587_2210863.jpg

[PR]
by mido811 | 2018-02-04 22:14 | 台高・三峰山 | Comments(0)
我家に孫がやって来た。
f0073587_12311467.jpg

2018年2月1日(木)
先日生まれた孫が我家にやって来た。
パパの転勤もあって暫く我家で娘と孫を預かることになった。

カミさんとの二人暮らしから一機に賑やかになった。
それより孫の顔をみてるだけで飽きませんなぁ~。
[PR]
by mido811 | 2018-02-04 12:37 | ひとりごと | Comments(3)