人気ブログランキング |
カテゴリ:比良・蓬莱山( 10 )
雪上の空中散歩 蓬莱山をプチ縦走 SOTA#JA/SI-006
f0073587_22005582.jpg

2019年2月2日(土)
前日に仕事で京都へ移動したら見渡す山々すべてが真っ白でした。これは新雪が期待できそうです。それに"てんくら”によれば土曜日は”A"判定、もう文句なしに比良の蓬莱山に決定です。もちろんアプローチは平から権現山を経由して蓬莱山まで縦走します。

JR高槻を8:01発新快速は、登山者やスキー客が乗車する正にリゾート列車です。目的のJR堅田駅に到着すると武奈や蓬莱へ向かう登山者がバス停めがけいっせいに走ります。私はのんびりと駅から望む雪の比良山を眺めていました。
f0073587_22461667.jpg
バス停には8:50発の坊村、平行きのバス待ちで長蛇の列ができていました。1台目のバスはほぼ満員です。しかし、こんな時は臨時便がでることを知っているので2台目を待って座席を確保しました。
f0073587_22495879.jpg
バスに乗り込むとNHKラジオ第1の「山カフェ」が始りました。残念なことにポケットラジオでは向きを変えてもよく聴こえません。諦めて帰宅後にネットの聴き逃しサイトで聴くことにします。今週のゲストは有名な山岳写真家の野川かさねさんです。そうこうしている内に平バス停に到着しました。あれれ思ったほど雪がないな。
f0073587_22551524.jpg
バスを降りてアイゼンを装着する登山者もいましたが、私はそのまま花折街道で登山口入口へ移動。入口まで来るとそこそこの積雪でしたが新雪のようなので行ける所まで歩くことにしました。
f0073587_22595776.jpg
登山口に移動すると積雪も増えてきました。さすがにこの先は、アイゼンかワカンが必要と判断。せっかくなので今年初のワカンを装着しました。
f0073587_23030167.jpg
f0073587_23031797.jpg
アラキ峠まで登りつめます。それにしても天気がよく雪も映えます。
f0073587_23553625.jpg
10:40アラキ峠に到着。
f0073587_00005793.jpg
権現山まで一機に登り稜線を目指します。
f0073587_00063413.jpg
植林帯を抜けると澄んだ青空と琵琶湖がお出迎え。
f0073587_00074649.jpg
11:20権現山到着。山頂は先行の登山者で賑わっています。ここで苺ダイフク食って一息入れます。
f0073587_00091286.jpg
山頂の様子です。




いよいよ雪上の空中散歩のはじまりです。
f0073587_19545765.jpg
空は眩いばかりの青空
f0073587_19560503.jpg
風景に見惚れてなかなか出発できません。
f0073587_19564634.jpg
見知らぬ人と思わず「いや~いい天気になりましたね」と声を掛け合う瞬間が気持ち良い。
f0073587_20002965.jpg
振り向けば琵琶湖。
f0073587_20022858.jpg
12:15ホッケ山山頂に到着。風が強いためか雪が少ない。
f0073587_20054639.jpg
最終ゴールの蓬莱山山頂が見え始めました。
f0073587_20073275.jpg
やはり霧氷は青空バックでないとね。
f0073587_20083124.jpg
琵琶湖を望みながらの空中散歩は続きます。
f0073587_20092603.jpg
シルクのような雪の肌
f0073587_20125435.jpg
12:50小女郎峠到着。小女郎池から大人達のはしゃいだ声が聞こえてきます。雪の中では子供にかえるようです。
f0073587_20144747.jpg
樹氷に風紋、そして琵琶湖。
f0073587_20185747.jpg
蓬莱山にとりつきます。しかし、天候は晴れたりガスッたり不安定。
f0073587_20201950.jpg
最後の登り。
f0073587_20211588.jpg
13:30蓬莱山山頂到着。
f0073587_20224804.jpg
絶景続きで写真枚数は300枚超、そりゃ前に進みませんわ。山頂の気温は-10℃不思議と暖かく感じます。早速、無線の準備に掛かります。アンテナはストックを繋いだマストに装着してスキー場の材料置き場に括りつけました。
f0073587_20413510.jpg
【本日の交信結果】
FT-817ND/5W以下 + ホイップアンテナ/RH770
蓬莱山 標高1174m  SOTA#JA/SI-006
滋賀県大津市 JCC#2301

13:47 JP3OSW/3 59/59 和歌山県伊都郡高野町JA/WK-100※433.040MHZ/FM
13:52 JF3MAU 59/59 京都市西京区※144.150MHZ/SSB
13:54 JK3DDU/3 59/59 奈良県山辺郡山添村
13:55 JA3MVP 59/59 奈良県橿原市
13:57 JG3SWP 58/57 神戸市灘区
13:59 JA0IKP/3 59/59 京都市左京区比叡山
14:01 JA3WPN 59/59 大阪府堺市
14:02 JO3EET 59/59 滋賀県高島市
14:06 JP3JIK 59/59 滋賀県草津市
各局、FB QSOいただき有難うございました。時間帯としては微妙な時間にも関らず我が弱小局を見つけていただき御礼申し上げます。特にJO3EET局から浜松市の局長に呼ばれているとQSPいただきましたが残念ながら確認ができず交信に至りませんでした。もしアンテナがコーリニアだったら確認できたかもと悔しい思いでしたが、次回呼んでいただけることを願っています。それより受信アンプがあればいいのかもと・・・
f0073587_21193768.jpg
無線もそうですが、写真を撮るのに夢中になって昼メシをすっかり忘れてました。冬場は1Lの登山用サーモスにお湯を入れています。カップラーメンを食べるには具合がいいのですが、お茶やコーヒーが飲みたいときはティーバックやフイルターコーヒーでは後片付けが面倒なので最近ではステイック状のコーヒーと粉茶を持参しています。手軽に飲めて便利な上、荷物を減らせます。
f0073587_21201193.jpg
山頂から武奈ケ岳がよく見えます。向こうも結構積もっている感じ。
f0073587_21213383.jpg
山頂標識の一歩向こうは琵琶湖バレイスキー場の敷地です。だから登山者はアウエィ状態です。
f0073587_21230187.jpg
腹も膨れたし無線もできたし下山します。今日はロープーウェイを利用するので楽チンですが、駅に行くまではスキー場の場外を廻っていかなければならず完全アウェイです。
f0073587_21261796.jpg
スキー場を歩いていると今までの風景がウソのような別世界が広がります。
f0073587_21275524.jpg
ロープーウェイの駅に到着しワカンを外しました。よくみるとワカンのパイプを結合していたネジが外れて破損していました。ヤバイところでしたが最後まで持ち応えてくれて助かりました。またエキスパート オブ ジャパン製のワカンを買わないとね。カメラといい今月は痛い出費ばかりです。では、ロープーウェイに乗り込みます。
f0073587_21363780.jpg
乗客の大半はインバウンドばかり。特に春節なので中国系が多い。中国ではスキー場や雪が珍しいのかな。ロープーウェイの様子です。



15:50下山しました。ここからJR志賀駅までバスが運行されていますが、下りなので駅まで歩くことにしました。途中、雪で白く光る伊吹山、鈴鹿の山々を見ながら駅に到着。車だと湖西道路で渋滞にかかっているところですが電車はさすがに速い。無事帰路につきました。
f0073587_20014219.jpg
ようやく青空の下で雪歩きができました。この絶景体験をするとまた雪山に行きたくなるんですね。その前にワカンを買って置かなければ・・・もう次回の山を物色しています。(笑)

by mido811 | 2019-02-05 22:01 | 比良・蓬莱山 | Comments(0)
蓬莱山は遠かった。
f0073587_0262728.jpg

2018年2月11日(日)
三連休の中日、比良山系の蓬莱山に登るためJR堅田駅からバスを乗り継いで登山口へ向かう予定だった。
しかし、駅に到着するとバス会社の職員から本日は花折峠周辺の多重事故発生により途中バス停止まりになると告げられた。ならばロープーウェイで楽チン登山といくかと考えてJR志賀駅へ移動した。ロープーウェイのある琵琶湖バレイへのシャトル便に乗ろうとバス停に向かうと今度は琵琶湖バレイの職員から本日は悪天候のため営業は中止だと告げられWパンチを食らうことになった。

やめときゃいいのに最後の手として琵琶湖バレイ脇にあるキタダカ道の登山口から登ることを決意した。しかし、登山道には昨晩の雨にも関らず相当の積雪がありワカンを装着し登り始めた。単調なジグザグ道に重い雪で足を取られ体力はどんどん消耗していった。丁度、ロープウェイの山頂駅が見えたところでトレースを新雪が覆い隠し消えてしまったのを最後に引き返すことにした。GPSがあれば、もう少し早く現地入りできてればと悔やまれるが結局自分の力ではここまで。蓬莱山には届かなかった。
f0073587_0271835.jpg

運の悪さにも程がある。今回に限らずどうも今年は流れが悪そう。どっかで断ち切らないと。下山途中に見た琵琶湖が今日唯一の慰めかも。
f0073587_0305796.jpg

by mido811 | 2018-02-13 00:31 | 比良・蓬莱山 | Comments(0)
小女郎峠から蓬莱山へ SOTA運用
f0073587_222586.jpg


2016年1月10日(日)

新年最初のSOTA(Summit On The Air)遠征です。
今回は滋賀県の比良山系蓬莱山です。
SOTAはJA/SI-006になります。

過去何度か花折峠から縦走していますが無線の時間を考えると
時間効率が悪くおまけに日没時間が早いので時間短縮を狙い
未踏の小女郎峠ルートから登ることにしました。

その為、JR高槻駅6:38の列車に乗車し蓬莱駅に7:34に到着です。
予想はしていましたが下車したのは私一人だけ。
f0073587_2215825.jpg

蓬莱駅を下りると本日のターゲットとなる山容が現れた。
f0073587_2217092.jpg

有難いことに駅から登山口までは標識がたくさん立っているので迷うことはありません。
f0073587_22182587.jpg

民家を抜け湖西道路を渡り緩い坂道を登っていきます。
すると琵琶湖を眺望できそうな場所にうまいこと休憩ポイントがありました。
f0073587_22222980.jpg

琵琶湖の眺望です。
ココに着くまでに犬の散歩をしているオジサンと擦れ違いましたが
小女郎峠に行くと告げると怪訝そうな顔で「けっこう険しいよ」とだけ言われた。
恐らく一昨年に単独高齢者が2名行方不明になったからかもしれません。
一様私も高齢者ですから。
f0073587_22252352.jpg

申し遅れました。本日の影武者です。
雪を想定して珍しくストックを持ってきたので2本の陰がが立ってます。
f0073587_1145184.jpg

更に林道を登りつめると堰堤が壁のように立ちはだかり
道なりに右に進むと登山道に入ります。
f0073587_22271799.jpg

登山道は比良さんらしくガレガレの道で歩きづらいかな。
暫くは緩い坂道を辿り薬師滝に到着です。
先ずは、滝の方まで行って看板のとおり道中の安全を祈願しました。
今日はクロトノハゲから志賀駅に下りるかピストンで下山の予定です。
f0073587_22324965.jpg

暫くはリボンやテープを目印に沢沿いの登山道を登りつめていきます。
登りはじめに何度か渡渉するところがありましたがテープが見づらく
一瞬戸惑うところもありました。特に下りより登りで分かりづらいように感じました。
谷を登り詰めると標高の高い箇所にイワウチワ?の群生がありました。春は見事でしょうね。
f0073587_22391274.jpg

更に登りつめるとネットで紹介されている放置自転車がありました。
何のために放置してるんですかね?それとも主人がいなくなったとか・・・いや気持ち悪~
f0073587_22412967.jpg

見上げればあと少しで稜線に出そうです。
勾配もきつく登山道も細く溝を歩く感じです。
振り返ると琵琶湖です。
f0073587_9245984.jpg

10:20ポイントの小女郎峠に到着。
今日は小女郎ケ池には寄らずそのまま蓬莱山に向かいます。
f0073587_9284771.jpg

暫くは琵琶湖を見ながらの空中散歩です。
f0073587_1232224.jpg

登山道は本来泥道のようですが寒さで凍っていて助かりました。
歩くその先に今日の目的地蓬莱山山頂が見えてきました。
f0073587_935157.jpg

最後の急坂をクリアすると10:45蓬莱山山頂1174Mの標識に到着。
残念ながら直ぐ側には立ち入り禁止のロープが張られ横では
スキーやボードで楽しむ人達の喧騒が響き登山者は完全アウェイ状態です。
f0073587_10171989.jpg

この後、無線を運用するにも標識周辺は遮るものがなく風をもろに食らうので
移動して羅針盤やお地蔵さんがある場所でアンテナを設置することにしました。
f0073587_9454786.jpg

【本日の交信結果】f0073587_2134444.jpg
DJ-S57/5W + 自作7エレメント八木 432.900MHZ
蓬莱山/1174M SAOTA JA/SI-006  8P
滋賀県大津市/JCC2301

11:15 JJ3CCN 59/59
11:17 JL3DQJ 59/59 奈良県橿原市
11:19 JJ3WXF/3 59/59 奈良県天理市
11:20 JO3VCN/3 59/59 奈良県天理市
11:22 JH4JAE/3 59/59 京都市左京区
11:23 JP3KML/3 59/59 奈良県生駒市
11:26 JA4EGE/3  59/59 京都市下京区
11:27 JM3GVH 59/59 大阪府枚方市
11:28 JP3KDJ 59/59 奈良県大和高田市
11:30 JN3VSA 59/59 大阪市平野区
11:31 JN3PDF 59/55 大阪府富田林市
11:34 JF4XHR/3 59/59 京都府長岡京市
11:36 JP3LXA 59/57 堺市北区
11:40 JI3JYH 59/59 大阪府東大阪市
11:42 JP3GHQ/3 59/59 飯盛山   ※433.100MHZ
11:52 JF2KXU/2 51/51 岐阜県金華山 ※433.200MHZ JA/GF-024
12:09 JK3NNL/3 57/59 和歌山県伊都郡かつらぎ町三国山 433.140MHZ JA/OS-002
各局、本日もFB QSO有難うございました。
強風と体感温度の低下でかなり困難を強いられる運用となりました。
途中、風でアンテナが倒れるアクシデントに見舞われながらも
SOTA規定の4局をクリアしS2Sも2局交信できました。
結果からすると奈良県の方との交信が多かったようですね。
アンテナを南西方向へ向けていたからかもしれません。
そのアンテナ設置の写真も寒さと強風で撮り損ねました。(笑)
次回来るとすれば快適運用から夏ですかね。

運用を終了する頃には霰のような細かい雪が降り始めていました。
急いでアンテナを撤収、持参したパンを口に入れて打見山へ向かおうと
雪のないゲレンデを下りていきました。しかし、遠くに見える打見山へ行くにも
ゲレンデを横切り面倒そうだったので元に戻りピストンすることにしました。
打見山からはローウェイで即下山可能ですがSOTAでは自力で下りないといけません。
f0073587_10153126.jpg

小女郎峠間での登山道は氷も融け登山者にも踏まれ本来の泥道に・・・。
泥で滑らなかっただけましかもです。
f0073587_10212646.jpg

元来た小女郎峠から再び谷を下りていきます。
f0073587_10263685.jpg

琵琶湖を一望できるのもここまで。谷を下り沢に沿いながら続く登山道を辿ります。
やはり下山も一人かと思いきや先行でご夫婦連れ、後発に単独者がいました。
それに途中で今晩小女郎池でテント泊するというマダム7名のパーティーと
単独者2名に出逢いました。けっこう使われるコースなんだと思いました。
f0073587_10315723.jpg

有難いことに雪もなく目印のリボン頼りに進み、薬師の滝にお礼がてら立ち寄って
迷うこともなく登山口に戻ってきました。堰堤前では先行のご夫婦が琵琶湖を眺め休憩中です。
私もパンを食べて以来何も食べてなかったので持参のカップヌードルで遅い昼食にしました。
f0073587_1042749.jpg

腹も満たされ帰路に戻ります。
帰路は琵琶湖を見ながら蓬莱駅に向かうことになります。
正面に野洲の三上山(近江富士)が見えてます。
f0073587_10471561.jpg

蓬莱駅に近づくと本日登頂した蓬莱山や打見山の山容を眺めることができました。
15:35に蓬莱駅に到着、JRで高槻には17:00前に帰ってきました。
f0073587_10525912.jpg

今日は未踏のコース小女郎峠を経由し蓬莱山へ登攀しました。
険しいと言われながらもガレ道あり沢あり渡渉ありお花ありと変化があって
何と言っても琵琶湖の素晴らしい景観を楽しめるのがいいですね。
個人的には好きなコースでした。
登り3時間、下り1時間30分の行程でした。

おしまい。
by mido811 | 2016-01-11 11:08 | 比良・蓬莱山 | Comments(4)
好天のスノートレッキング 権現山~蓬莱山-2
f0073587_1541266.jpg

続きです。

権現山山頂で暫し休憩していると次々と二組のご夫婦が
出発され一人静寂の山頂を独り占めとなった。
携帯を見るとアンテナ2つ、この風景を写メにして奥方様へ送信!っと
f0073587_138485.jpg
しばしの休憩を終え出発するが、写真撮るのに忙しく一向に前に進まない。
そこへ雪上に動物の足跡を見つけると何か嬉しくなり跡を追ってみたりして
犬みたいにはしゃいでたりして・・・(ええオッサンが)
雪写真は白トビ続出で露出設定に悩まされる。
雑誌に書いているようにはいかんなぁ~

f0073587_1324537.jpgf0073587_13251190.jpg

天候も好天に風も無く日差しが照りつける。
今日に限ってサングラスを忘れてきたので日焼けは覚悟しなければ・・
日差しを避けながら進んでいくと向こうにホッケ山を捉えた。
頂上に数名の登山者と登坂中の先行のご夫婦の姿を発見。
前方が見通せるのも雪山ならではのこと。
f0073587_13125929.jpg
後を追うようにホッケ山山頂に続く坂を登り始めた。
ここは我慢の登坂で頂上到着。陣笠を被った初老男性二名が休憩し
スキーを履いた男性はホッケ山を滑走して下りていった。
みんな自分のスタイルで雪山を愉しんでいる様子。
ちょうど良いタイミングなので昼食タイムとした。
蓬莱山方面からスノーシューを履いた登山者やワカンを装着する登山者が
次々に登ってきたので、この先はワカンに替えて蓬莱山を目指すことにした。

f0073587_13271831.jpgf0073587_1328277.jpg
ホッケ山からは楽しいトレッキング。
読み通りワカンに履き替え正解!沈まずしっかと歩いているとあっという間に
小女郎ケ池分岐に到着。風の通り道なのか道標の周りに雪が消えている。
小女郎ケ池へ寄り道してみると途中の雪には風紋が刻まれ雪の芸術を堪能。

f0073587_1330089.jpgf0073587_13301816.jpg
池は凍っているのか?雪が一面覆って人が歩いていたので、同じように
湖面を縦走してみた。何だか嬉しい!
f0073587_13322781.jpg

一旦、分岐に戻り蓬莱山への坂を登ると冬の日差しに照らされた雪原が現れる。
ここを縦断して最後の坂にとりつくが、表面が凍っているのかワカンが効かず
思わず足に力が入る。蓬莱山頂に到達すると、そこはビワコバレースキー場。

f0073587_13363120.jpgf0073587_13364396.jpg
これじゃ浦島太郎だよん。スキー客から珍しいそうに眺められ下山口を探す。
スキー場に入れそうにな雰囲気でもなくトレースを辿るとスキー場の柵の外を
大回りして打見山に向かっている。柵の外は表面がツルツルに凍り滑落したら
一機に滑りそうだ。恐る恐る歩いてゴンドラ駅に到着。

f0073587_13375052.jpgf0073587_133823.jpg

正面には頭を白くした武奈ケ岳が見え”次回はきっと登ってやる!”と誓いも新たに
ゴンドラで下山し徒歩でJR志賀駅に向かった。
f0073587_14182677.jpg
駅には多くのザックが置かれ駅前の一軒の居酒屋に山やが集っていた。
帰宅時に原チャやなかったらと悔やみつつ・・・やっぱり飲みたかったよー。
by mido811 | 2009-02-14 14:22 | 比良・蓬莱山 | Comments(0)
好天のスノートレッキング 権現山~蓬莱山-1
f0073587_0412522.jpg
       ↑雪の上ではしゃぐ極楽トンボなオッサン


昨夜、京橋で変な焼肉屋に入ってえらい目におうて・・・というのは置いといて
蓬莱山の続きです。

2年前チャレンジ比良に紛れ込んで栗原から登ったことはあるが
平から登るのは今回初めて。
バスを下車して単独行さんがひとり歩き始めたので、後を追うように
来た道を戻ると、左手に花折峠道口がありアスファルトの道を登る。

f0073587_23451471.jpgf0073587_23453311.jpg

普通の林道だが完全にアイスバーン状態なので転ばないよう
足を踏ん張って歩く。暫くすると”アラキ峠から権現山”の標識が現れ
単独行さんがアイゼンを装着していた。

f0073587_2347219.jpgf0073587_23474841.jpg

アイゼンは未だ大丈夫だろうと思い進むとツルツルの氷と化しており
数m先でアイゼンを装着した。足跡のまま凍っているので道に迷うことはない。
アイゼンもしっかり効いて登りやすいが、細かに蛇行しながら登るので息が上がる。
一旦、平坦な道に変わるとアラキ峠到着。標識の周囲は雪が融けて坊主状態だが
その周りは雪が残っていた。汗がひどく小休止してアウターを脱ぐことにした。

f0073587_23485479.jpgf0073587_23491356.jpg

標識の裏側から登り始める。道はアイスバーンから氷雪に変わり
雪山らしくなってきた。それにしてもアラキ峠からは尾根伝いなのか?直登の
登りが続く。杉林の隙間から琵琶湖が覗けめげそうな気持ちも高揚に転じ
自然に足が速くなっていく。

f0073587_0163511.jpgf0073587_0165051.jpg

登坂もいよいよ終わりか?やや明るくなり始め林を抜けると
雪原の風景が広がり、振り返ると京都北山の山々の連なりが迫り絶景かな~。
今までの疲れはスッカリ忘れしばし絶景を堪能。

f0073587_0305044.jpg

ここからは雪に覆われているのでトレースを頼りに歩足を進めると直ぐに
権現山山頂に到着。既に二組のご夫婦連れが休憩中で3D地図のような
琵琶湖の風景を愉しんでおられる様子。ちょっと羨ましかったかな?

f0073587_038720.jpg
f0073587_0391025.jpg


またまた続く・・・・
by mido811 | 2009-02-12 00:45 | 比良・蓬莱山 | Comments(0)
好天のスノートレッキング 権現山~蓬莱山
f0073587_1725273.jpg

2/7(土)好天の中、琵琶湖を眼下にして権現山から蓬莱山
をスノートレッキングしてきました。

前日、綿向山か武奈ケ岳、それとも蓬莱山か?と考え
ここ暫くの天候と気温の高さから雪が残ってそうな所ということで
蓬莱山に決定!JR堅田駅で下車し江若バスで平バス停へ。

権現山までは氷雪で直登を我慢の登坂でしたがアイゼンがガッツリ効いて
気分的には幾分和らいだ。
稜線に出たとたん広がる琵琶湖の風景にしばし呆然となる。
風も余計な喧騒もなく温かい日差しを浴びながら蓬莱山へ縦走開始。

途中、蓬莱山方面からスノーシューでトレッキングしている人や
スキーで滑走している人に出合い雪山の様々な楽しみ方を知ったのでした。
でもサングラスを忘れたのは痛かったなぁ~、いま顔がヒリヒリしてます。

・・・続く
by mido811 | 2009-02-08 17:26 | 比良・蓬莱山 | Comments(2)
雨男、権現山~蓬莱山を縦走す。 完結
遠くに蓬莱山が見えてきた。
背丈ほどある笹の間を縫って歩く。振り返れば琵琶湖が・・・
ちょっとした登りをクリアして無事到着。
昼食、棒ラーメンの準備に取りかかるが、風に煽られなかなか湯が沸かないばかりか
風で体温が奪われ体が冷え切ってきた。
食事を何とか済ませ、最終地「打見山」へ向かうがリフトと並行して歩くのだが
乗っている人達と雰囲気があまりにもアンマッチすぎて・・・・。
チャレンジ比良参加者はロープーウェイで下山するようだが、私は予定通り
クロトノハゲからJR志賀駅を目指す。
下山道は人が居らず寂しい限り。ましてや日暮れ時間が早く天候も曇空で暗く
修験者のように小走りで降りることになった。
下山して琵琶湖の浜辺で休憩、JR志賀駅から帰宅の途に着いた。
f0073587_0465470.jpg
f0073587_0471280.jpg

f0073587_0501019.jpg


つづく
by mido811 | 2006-09-28 22:30 | 比良・蓬莱山 | Comments(0)
雨男、権現山~蓬莱山を縦走す。 その2
琵琶湖にみとれながら再び歩き出す。
やはり風景を見ながら歩くと疲れを感じない。それどころか楽しくて仕方がない。

最初の山「権現山」に到着、狭い山頂では皆、大休止の様子。
口を潤して次の山「ホッケ山」を目指す。
琵琶湖を眼下に稜線づたいの道が続くが、景色にただ、ただ見とれる。
「ホッケ山」に到着。
雲が広がりはじめ風も強く寒さを感じる。雨の前兆か?
時刻は11:30、次の目的地「小女郎峠」へ急ぐ。
笹の中を抜けつつ眼下に琵琶湖を見る。登り下りは激しくなく非常に歩きやすい。
所々で昼食を取る光景が見え始めると「小女郎峠」到着。昼食を取る人で
満員御礼。逃げるようにして「小女郎池」に向かうが、ここも満員御礼。
仕方なくクッキーを2枚食べ「蓬莱山」で食事をとることにし再び歩き出す。
天候は回復の方向に・・日差しも強くなり始めた。
f0073587_0253426.jpg
f0073587_0255947.jpg
f0073587_0262235.jpg


つづく
by mido811 | 2006-09-26 23:58 | 比良・蓬莱山 | Comments(2)
雨男、権現山~蓬莱山を縦走す。 その1
昨日の青空とは違い朝から雲の多い天気となった。
比良山系の権現山-ホッケ山ー小女郎峠ー蓬莱山ー打見山を縦走するため
JR和邇駅から一日1本しかないバスで栗原バス停を目指す。
JR和邇駅を降りると「チャレンジ比良」の受付が目に留まるが何か判らず
待っていた江若バスに乗り込む。栗原バス停を降りて地図を開いていたところ
1台のPAJEROミニが停まった。
年輩のご夫婦が窓越しから「登山口へ向かうのであれば
自分達もこれから行くので乗らないか?」と親切にもお声掛けいただいたのだ。
有り難い話なので遠慮なく同乗させていただいた。聞けばバス停から登山口迄は
歩いて1時間はかかるらしく登山口に到着するだけで疲れ切ってしまうそうだ。

先程の「チャレンジ比良」の事を尋ねると毎年開催される登山イベントだそうで
かなりの人が参加するらしく、このご夫婦も権現山に登る予定だったようだが
変更を検討し始めた。それ程、人が多いのだろうか?
このご夫婦は近くのローズタウンにお住まいで明日は「芦生の原生林」を歩くそうだ。
羨ましい!私もこういう老後が過ごせればと憧れてしまった。

登山口に到着すると、案の定ザックを背負った人の列ができ登山渋滞が・・・。
こんなの初めてだ!
でも、登山道は歩きやすく登りでもあまり苦にならない。
そうこうしている間に周りが明るくなり権現山の頂上手前から見えてきた。
「琵琶湖」が一望だ。
心地よい風が汗を吹き飛ばし身も心も爽快、爽快!!
f0073587_0415745.jpg

f0073587_04274.jpg
f0073587_0422077.jpg
f0073587_0422944.jpg
f0073587_0424123.jpg
f0073587_042552.jpg

by mido811 | 2006-09-25 23:48 | 比良・蓬莱山 | Comments(0)
雨男、「チャレンジ比良」に参加?
9/24今日は比良山系の権現山から蓬莱山へ縦走するつもりで
湖西線”和邇駅”へ降り立つ。
時同じくして今日は「チャレンジ比良」が開催されており、予定していたコースは
そっくりこのイベントコースになっており、いつの間にか参加者に・・
今回は人の温かさを感じる山行になった。詳細は後程。
f0073587_0141799.jpg
↑権現山手前からみた琵琶湖
by mido811 | 2006-09-24 23:09 | 比良・蓬莱山 | Comments(0)