凝りもせず大峰2座登りました。② SOTA#JA/NR-005
f0073587_1444770.jpg

2018年5月20日(日)
12:20稲村ケ岳から戻り休憩もそこそこに女人結界門をくぐり、先ずは山上ケ岳を目指します。
f0073587_2148538.jpg

門をくぐると直ぐに鉄階段が登場。この先も木段と鉄梯子が登場しまるで急峻な岩登りです。さすがに老体には堪えます。とうとう足が止まりました。その後も止まっては登りを繰り返し予定時間を大幅にロスしていきました。
f0073587_00336.jpg

写真を撮る余裕もなかったのでしょう。息を整える間に撮ったのがこの一枚。山の絶景を見てはモチベーションを高めて登ります。気が付かない間に雲が広がり始めていました。
f0073587_042890.jpg

12:50山頂のお花畑へ続く登山道分岐に到着。出発して30分ですが長い30分でした。
f0073587_09256.jpg

暫く歩くと山頂のお花畑です。ここには登山者が1名きりで人気がありませんでした。
f0073587_0123747.jpg

12:53山上ケ岳山頂到着。
f0073587_0134497.jpg

山頂から更に奥に行くと大峰山寺です。
f0073587_0155199.jpg

さて、奥駆道は何処かと探すと小さな看板に「奥駆道」と書いてありました。世界遺産がこれかと思わず疑ってしまいました。奥駆道に入る前にランチパックでエネルギー補給、それに珍しく靴と靴下を脱いでリフレッシュしました。
f0073587_020117.jpg

目指す竜ヶ岳の山容が確認できますが、そこそこ遠そうです。
f0073587_0264464.jpg

13:10大峰山寺を出発。大峰らしくない悪路を下ります。
f0073587_02756100.jpg

下った先には小笹に覆われた大峰らしい登山道が待ってました。
f0073587_0301630.jpg

更に奥へ進むと益々大峰らしい雰囲気になってきました。ここまで誰にも会わず静かな山歩きです。
f0073587_032426.jpg

13:25大峰史跡「投地蔵」を通過。
f0073587_0341957.jpg

更に進むと「阿古滝」分岐の標識。よく見ないと気付かないかもしれません。事前の情報収集で今のところ予定通り進んでいます。
f0073587_037927.jpg

続いて、かつて10軒ほどあったとされる宿坊跡の石垣が見えてきました。
f0073587_0394573.jpg

なにか街中に来たような雰囲気です。そうしていると「役行者」様です。
f0073587_0415496.jpg

その側には朱色に塗られた「小笹ノ宿」です。
f0073587_0432725.jpg

さあ、ここからが問題です。竜ヶ岳へ取り付くポイントを見当つけます。ネットで調べたところ小笹ノ宿から辿るパターンとその先から回り込んで緩やかな傾斜を登るパターンがありました。私は、後者を信じてこの先から回り込む計画です。
f0073587_047588.jpg

スマフォに入れている山岳MapのGeographicaを頼りに山頂方向へ進んで行きます。足跡があれば助かりますが倒木ばかりで一向にそれらしきものは見当たりません。Mapでは山頂周辺を指していますが、あるべき山頂標識も見当たりませんでした。
f0073587_0515533.jpg

ウロウロしている間にガスって来たので早々に下山が必要です。、ヌタ場の近くを山頂と決めハンディ機でCQを出すことにしました。
f0073587_0552779.jpg

【本日の交信結果】
DJ-S57/5W + ホイップアンテナ/RH770
竜ヶ岳 標高1725m  SOTA#JA/NR-005
奈良県吉野郡天川村  JCG#24010H

13:53 JF3FGL/3 59/59 大普賢岳※433.120MHZ/fm
13:56 JA3WPN 59/59 大阪府堺市
13:57 JN3LCX 53/51 兵庫県姫路市
13:58 JE3CBQ 59/59 兵庫県神戸市須磨区
14:01 JA3DQX 59/52 兵庫県姫路市
各局、FB QSO有難うございました。急にガスがかかり始めたこともありスピードQSOで大変失礼いたしました。結果としては、神戸市須磨区から姫路へ集中的に飛んでいたように考えられます。山頂は木々に覆われ電波が飛ぶような環境ではなかったので姫路方向にパスがあったのではないかと思われます。ミッションをクリアした後は急いで撤収しスマフォのGPS頼りに奥駆道に戻ります。
f0073587_161867.jpg

しかし、予想もしないことが発生。スマフォのバッテリーが残り僅かと警告が出たのです。予備バッテリを持っていたのですが、接続するケーブルを車に置き忘れ予備バッテリも使いものにならず。それでも、奥駆道に戻るまではもってくれと祈りながら何とか合流できました。やばかった~
f0073587_112688.jpg

こんなこともあって、喉はガラガラ。そんな時にありました・・・水場です。HRC局も水を持ち帰ったという水場の水をペットボトルに補給、同時に冷たい水をゴクゴク飲みました。さすがに美味かった。
f0073587_115993.jpg

恐るべし大峰、みるみるうちにガスで視界が落ちていきました。余裕があれば墨絵のようだと感動できるのでしょうが下山にはかなり距離があります。ましてや普段でも暗いレンゲ谷を抜けることを思うと明るいうちに戻りたいという気持ちが先行し早足になってました。
f0073587_120550.jpg

大峰山寺まで戻り山頂のお花畑を抜けレンゲ辻への分岐にかかるとガスで周囲が見えなくなってました。ましてや風もあり体温がどんどん奪われていきます。
f0073587_1252358.jpg

鉄階段も慎重に下ります。
f0073587_126731.jpg

15:10急いだ甲斐もあって女人結界門に予定より早く到着。周辺にはガスはなく雲間から太陽がのぞいていました。やはり山の天気は瞬時に変わるので気が抜けません。
f0073587_1284219.jpg

この時点で足はかなり堪えていました。そこへ小柄な高齢の登山者さんが到着。よくレンゲ谷を往復しているそうで一緒に下山することになりました。高齢といっても健脚でスイスイ下りていかれました。逆に私の方を気遣っていただき道に迷うことなく下山することができました。
f0073587_1325167.jpg

16:05登山口に到着。
f0073587_1333934.jpg

今回計画通り2座を踏破できました。しかし、スッキリしないのは竜ヶ岳の山頂標識を見つけることができなかったことやガスで視界を遮られたことが悔やまれます。当初、体力的に踏破できるか心配していましたがやり遂げられたことに満足しています。次回もう一度登るかっていわれると今は・・・ですかね。
ということで、今回も懲りずに2座登っちゃいました。

さて、本日のワンカップ地酒は何度も登場している吉野町上市、北村酒造さんの純米酒「花の宴」です。道の駅で調達しました。
f0073587_6441514.jpg

[PR]
# by mido811 | 2018-05-24 01:45 | 大峰・竜ヶ岳 | Comments(4)
凝りもせず大峰2座登りました。① SOTA#JA/NR-004
f0073587_1314513.jpg

2018年5月20日(日)
寒暖差の激しい気象が続く中、高気圧に覆われる日曜日を逃すわけには行きません。今回は先週大台ケ原での山頂サプライズのメンバー二人(JP3OSW・JM3HRC)が踏破したきついコースの2座にチャレンジです。1座目はレンゲ坂谷登山口から登り稲村ゲ岳へ向かいます。2座目は稲村ケ岳から引き返しレンゲ辻から山上ケ岳を通過して奥駆道沿いにある竜ヶ岳を目指します。帰路はピストンしてレンゲ辻に戻りレンゲ坂沿いに下るなかなかきついコースです。体力的に持つかどうか・・・

先ずは時間短縮を図るため林道終点に車を駐車できるかが鍵です。その為にいつもより早出するつもりでしたが不覚にも二度寝をしてしまい気が付けば4:30。これではいつもより遅出になってしまいます。慌てて身支度し5:00に家を出発。それでも新名神高速高槻ICができたお陰でいつもよりスピードアップすることで時間を取り戻すことができました。洞川を抜け稲村ケ岳の登山口の母公堂はほぼ満車の状態で目的の林道終点に他の車が停まってないかドキドキしながら大橋茶屋を通過し林道に入りました。7:10林道終点に到着すると・・・全く車がありません。よかった~。しかし、その後直ぐに2台の車がやって来ましたが諦めて返っていきました。
f0073587_22521923.jpg

車が駐車できたので、ようやく朝食が取れます。その間、林道を歩いてやってきた登山者3名が先行していきました。7:40身支度を整え出発です。
f0073587_2336712.jpg

濡れた木段を慎重に上がって登山道に取り付きます。木々がうっそうと茂る中、沢に沿って進みます。
f0073587_23421651.jpg

目印のリボンを頼りに順調に進んでいましたが、ある場所で足が止まりました。目印のリボンが消えた。周囲を見渡しようやく沢の向こう側の木にテープらしきものを発見し一件落着。これで10分程度はロスりました。
f0073587_23485169.jpg

更に進むとガレ場になり登山道が右往左往していくのでリボンやテープを注意深く確認しながら進みます。
f0073587_23524979.jpg

暗くて長い沢沿いの登山道は終わりでしょうか。木段を上がっている先行するご夫婦を確認。
f0073587_2355453.jpg

ようやく空が仰げるところまで来ました。まさしく地獄から天国への脱出です。その時、山伏姿の男性達が下りてきました。よく見ると金髪でロン毛の山伏さんです。いや~生まれて初めて見た!!
f0073587_23593058.jpg

さぁ、もうひと分張り。バイケイソウが一面に広がり振り返ると山々が見渡せます。いよいよ稜線です。
f0073587_21435136.jpg

9時過ぎにレンゲ辻に到着。側には行く手を阻むように女人結界門が立っています。ここは風の通り道、冷たい風が火照った体を冷ましてくれます。メシバテしないようおむすびを1個口に放り込みました。ところで、このおむすびディスカウントスーパーで45円で買いました。しかし、侮ることなかれいつものコンビにのオニギリだと時間が経つとザックの中で乾燥し米粒が固くなってしまうのですが、いつまでもしっとりしています。製造は地元企業のシノブフーズ。やるな~シノブちゃん。
f0073587_21462696.jpg

体が冷めたところで出発します。さて先に行くのは稲村かそれとも竜ヶ岳か。未踏の山を先に登りその後は経験のある山に登る案と経験のある山を先にして時間を稼ぎ後で未踏の山をゆっくり登る案が浮かびましたが結局のところ経験のある稲村ケ岳に向かうことにしました。
f0073587_21535254.jpg

登山道は山を越えずに巻くように進んでいきます。。
f0073587_014332.jpg

やがて巻き道も終わり大峰らしく小笹の道に変わりました。
f0073587_061989.jpg

更に進むと特徴のある山容が、大日山です。
f0073587_072523.jpg

9:50ようやく稲村ケ岳小屋に到着。ここで小休憩、暫くすると次々に登山者が山頂方向から下りてきて小屋周辺は賑やかになりました。できれば、この時期に一度テント泊をしてみたいものです。
f0073587_09721.jpg

山頂まで残り僅か、再び出発です。
f0073587_016403.jpg

大日やまが間近に迫ってきました。
f0073587_0195617.jpg

軽くアップダウンを繰り返すと大峰コザクラの自生地。開花時期は過ぎていますが待ってくれていたかのように僅かに咲いてくれていました。今年も会うことができて嬉しい。
f0073587_0233772.jpg

山に咲く花は心のオアシスです。気持ちも豊かになったところで更に進むと山頂展望台が見えてきました。
f0073587_0255859.jpg

10:30山頂到着。
f0073587_0313670.jpg

先週に続き大展望です。いや~最近ついてます。正面に山上ケ岳。
f0073587_0325677.jpg

こちらは先週登った大普賢岳。後でわかりましたが、午後からJF3GFL局が登られていました。
f0073587_0374961.jpg

そして、この後向かう竜ケ岳です。
f0073587_0394210.jpg

展望を楽しんだ後、無線の準備をします。丁度、居合わせた青年が近づいてきて「これは、無線ですか?」と尋ねてきました。聞いてみると父親がアマチュア無線をやっていたということで馴染みがあるそう。ならばと、SOTAに関するチラシを渡し、ついでに無線資格取得と無線機の携帯をPRしました。その青年はチラシを見てSOTAの山頂まで機材担ぎ上げルールに感心していました。こういう若い登山者には是非参加して欲しいですね。
f0073587_0452735.jpg

【本日の交信結果】
DJ-S57/5W  + 3mhホイップアンテナ/RH770
稲村ケ岳  標高1726m  SOTA#JA/NR-004
奈良県吉野郡天川村  JCG#24010H

10:39 JP3SHZ/3 59/59 長老ケ岳※433.080MHZ/FM
10:46 JP2MYG/2 59/55 愛知県岡崎市※433.140MHZ/FM
10:47 JN3GWD/3 59/59 兵庫県神戸市長田区
10:49 JL3CEQ 59/59 大阪府和泉市
10:50 JN2TZB/2 59/59 愛知県岡崎市
10:52 JK2EBB/2 59/55 愛知県岡崎市
10:53 JK2VGF 59/55 愛知県名古屋市南区
10:55 JM3GVH/3 59/59 大阪府交野市交野山
10:58 JA3WPN 59/59 大阪府堺市
各局、FB QSO有難うございました。メインchでも申し上げました通り今回は2座、それも距離があるためショートで終らせていただきました。沢山の局が呼んでいただいたんですがご容赦願います。さすがに稲村ケ岳はV/Uで運用するには申し分ありません。飛びよし受けよしですね。当日は、大和葛城山(JA/OS-001)でタレントのMasacoさんがJP3DGT局のアシストでSOTA運用をするということで大騒ぎでした。私は残念ながらQSOできませんでした。というかパイルになるのは容易に想像つきますし、そういうのは苦手なのでQSOするつもりはそもそもなかったですが。(笑)まぁSOTAの広告としては良かったと思います。関係者の皆様ご苦労様でした。

11:15無線のミッションもクリアし、先程の青年に別れを告げレンゲ辻の女人結界門まで急いで戻ります。山頂周辺の石楠花が花を付け始めていました。
f0073587_1152730.jpg

午前中とは打って変わって気温は上昇し青空が広がりました。最高の天気です。
f0073587_118140.jpg

11:35再び稲村ケ岳小屋に到着。ここでもおにぎり1つを口に放り込んでカロリー補給です。
f0073587_1201324.jpg

ピストンしてレンゲ辻の女人結界門に戻ります。
f0073587_125573.jpg

12:15女人結界門に到着。次なる行程のために水分補給と火照った体を冷まし暫く休憩。谷から上がってくる冷たい空気が何ともいえない心地良さでこのまま寝ていたい気持ちです。
f0073587_1445751.jpg

続きは竜ヶ岳編で・・・
[PR]
# by mido811 | 2018-05-23 01:43 | 大峰・稲村ケ岳 | Comments(0)
大峰・台高2座登りました。② SOTA#JA/ME-001
f0073587_2341985.jpg

2018年5月12日(土)
天候に恵まれた大普賢岳を下山し一路大台ケ原へ向かいました。大台ケ原へは新伯母峯トンネルを吉野方面に戻ると直ぐに大台ケ原ドライブウェイの入口があります。八経ケ岳に登っていたJM3HRC局も大台ケ原に向ってますが、距離的には大普賢岳からの方が近いので私が先着になる予定です。
f0073587_21355991.jpg

さすがに国立公園となるとこんな立派な建物があります。
f0073587_2139185.jpg

ビジターセンター横の東大台登山口からスタートします。
f0073587_21403623.jpg

よく整備された登山道です。午前中のワイルドな大普賢岳とは大違い。でも、綺麗過ぎどこか落ち着きまへん。
f0073587_214556100.jpg

先を進むと団体さんに遭遇。みんなで植生について勉強しましょう。
f0073587_21481514.jpg

海の見える展望台まで上がってきました。ちょっと海見て行こうっと。
f0073587_2155164.jpg

眼下に海です。
f0073587_21553723.jpg

海を見たら正面に見える山頂へ向かいます。
f0073587_21565514.jpg

向かうと思ったら抜いたはずの団体さんがやって来た。折角、抜いたのに追いつかれた。
f0073587_21583453.jpg

木製の階段を登りきるとお城のような山頂展望台が見えました。
f0073587_2203093.jpg

し、し、しかし、誰かが展望台から手を振っています。まさかHRC局じゃないだろうと思いきやHRCさんじゃん。おまけに横に誰かいる。HRCさんの友達か?分からないまま近づいていくと・・・ま、ま、まさかのOSWさん。何で?まったく想定しないことが起こってパニックです。
f0073587_2234613.jpg

状況を整理するとHRCさんは脱兎の如く八経ケ岳を下山して移動してきたというのですが信じられない速さです。偶然にもOSWさんが大台ケ原に来ていて運用していたところにHRCさんが到着。そこへ一番ビリの私がやって来たというわけです。偶然にも3局が大台ケ原に集結となったわけです。先ずは三角点にタッチ。
f0073587_22125470.jpg

OSW局は既にSOTA運用完了。残る二人はこれから運用です。先着のHRC局は展望台に144MHZのアンテナを設置済みだったので干渉を避け展望台から下りたところで運用することにしました。
f0073587_22161538.jpg

【本日の交信結果】
FT-817ND/5W   + 5mh垂直電圧給電アンテナ、 RH770
大台ケ原(日出ケ岳) 標高1695m   SOTA#JA/ME-001
三重県多気郡大台町  JCG#21012C

15:09 JE7MRX/2 59/51 愛知県名古屋市守山区M※21.215MHZ/SSB
15:43 JA2DVH 59/59 岐阜県土岐市※144.150MHZ/SSB
15:50 JA3RHR 59/59 大阪府四条畷市
15:52 JP2GRJ/2 55/55 愛知県小牧市M
15:59 JF2TOG 59/59 愛知県多治見市
16:00 JO3FRX 59/59 滋賀県甲賀市
16:02 JF5KJJ 53/57 香川県綾歌郡綾川町
16:05 JF3OOT 59/59 大阪市淀川区
各局、FB QSO有難うございました。最初はどうなるかとヒヤヒヤモノでしたが無事規定交信局数をクリアできました。午前中のコンディションを見据え18MHZから始めたのは良かったのですが聞こえてくるのはDXだけで国内はまったく何も聞こえません。傍らでFT-818を購入しHFデビュー予定のOSW局が見守る中でプレッシャーを感じながら何度もCQを出したのですが空振りばかり。21MHZへQSYするとJE7MRX局のCQが聞こえたので藁をもすがる思いでコールしたところ無事QSOが成立。その後はというと空振り続きで遂にHRC局と同じ144MHZでCQをだし皆さんから呼んでいただいたというわけです。冷や汗ものでした。
f0073587_2237812.jpg

これは、OSW局提供の運用中の私です。
f0073587_2241361.jpg

段取りの悪さもあって終ってみれば16:00を過ぎていました。皆さんにはご迷惑をお掛けしました。下山は3局揃っての下山です。いつもは単独ですが運用方法や普段とは違ってゆっくりお話ができ合同もたまには良いもんだなと思いました。
f0073587_22435513.jpg

喋りながら歩くと時間を忘れます。あっというまに登山口に到着。
f0073587_2247541.jpg

各局とはここでお別れすることになりました。私は地酒がないか売店へ確認しに行きましたが既に弊店でした。残念!2局さんは早々にお帰りになり後を追うように出発しました。
f0073587_2251568.jpg

帰り道でも地酒を探しです。道の駅に立ち寄りましたが、ここも閉店です。しかし、神は見捨てなかった。帰路のデイリーヤマザキで「猩猩」と「やたがらす」を発見。無事にワンカップ地酒をゲットし帰宅致しました。それにしても奈良県と滋賀県は地酒の宝庫やな~。
f0073587_2312993.jpg

今日は天候にも恵まれ存分に無線もでき、ハプニングもありましたが同じSOTAメンバーともアイボールができ充実した一日でした。
[PR]
# by mido811 | 2018-05-13 23:05 | 大台ヶ原 | Comments(2)
大峰・台高2座登りました。① SOTA#JA/NR-003
f0073587_18473696.jpg

2018年5月12日(土)
日曜日は天候が崩れるという予報もあり土曜日に2座登ってきました。ちょうど大峰コザクラが満開なので稲村ケ岳も考えましたが、最近洞川づいてるので久しぶりに大峰山系の大普賢岳登ることにしました。考えてみれば通過する新伯母峯トンネルを挟んで大普賢にもいけるし大台ケ原にも行けます。せっかくなので2座登ってみることにしました。

早朝4時30分に家を出て新名神高速高槻ICから近畿道、南阪奈道を経由してR169をひたすら走り新伯母峯トンネルを抜けて直ぐのところを右折し林道で和左又山ヒュッテに向かいます。ヒュッテには6:50に到着しました。早朝は一部ガスがかかっていました。
f0073587_14525763.jpg

有料駐車場なので以前は料金回収に来てましたが、今日は誰も来ません。ヒュッテにも行ってみましたが誰もいないので諦めて出発です。出発の頃には陽もさして新緑の緑が眩しく映ります。
f0073587_1553675.jpg
キャンプ場を廻るようにして登山口に到着。
f0073587_1563354.jpg
新緑のカーテンをくぐるように登山道を進みます。
f0073587_158772.jpg

和佐又山との分岐を通過。
f0073587_15103454.jpg

新緑鮮やかな尾根筋を登ります。
f0073587_15112178.jpg

いよいよ山伏の修行場の連続です。先ずはシタンの窟
f0073587_1515414.jpg

木々の間から大峰の山々が見えました。八経ケ岳方面でしょうか。
f0073587_15174030.jpg

次の修行場は朝日窟です。
f0073587_15184968.jpg

続いて笙の窟。
f0073587_15202384.jpg

鉄梯子を上って最後は鷲ノ窟。
f0073587_1524468.jpg

更に進むと最初の難関、日本岳(文殊岳)に続く露岩を登ります。ここでストックのゴムキャップ1つ落としました。マイッタなぁ~これで3回目。
f0073587_15263769.jpg

8:00日本岳(文殊岳)通過。
f0073587_15284326.jpg

このあたりから鉄梯子が続き、石ノ鼻に到着。
f0073587_15313938.jpg

絶景を見ながら休憩タイム。きんつば食ってカロリー補充します。(補充し過ぎって?)
f0073587_1533751.jpg

再び鉄梯子をいくつか上り詰めると小普賢に到着。
f0073587_1535496.jpg

登ったら下りるのが鉄則。下りたら登るのも鉄則。傾いた鉄梯子を慎重に上ります。
f0073587_1542157.jpg

そして山頂入口にようやく到着。
f0073587_15443112.jpg

最後の登りは一気にと行きたいところですが、足パンパンで動けません。ゆっくり登って念願の山頂が見えました。
f0073587_15492448.jpg

9:15山頂に到着。ヤッター
f0073587_1551830.jpg

周囲を見渡すと稀に見る大展望です。正面には稲村ケ岳。
f0073587_15531853.jpg

続いて八経ケ岳、弥山。
f0073587_1556958.jpg

いつもはガスって展望が効かない大普賢岳だけに登山者さんのテンションも上げ上げ状態です。では、こちらも更にテンション上げて無線の準備に掛かりましょう。今日は、土曜日ということで430MHZは違法局のトラッカーで使いものにならないので144MHZ/SSBとオマケで18/21MHZ用の電圧給電アンテナを準備してきました。ちなみに写ってるのは私ではありません。念のため・・・。
f0073587_1605941.jpg

【本日の交信結果】
FT-817ND/5W +  5mh垂直電圧給電アンテナ、RH770
大普賢岳   標高1780m    SOTA#JA/NR-003
奈良県吉野郡川上村  JCG#24010F

09:34 JH1OCC 59/53 茨城県鹿嶋市※18.138MHZ/SSB
09:37 JA8WFL 59/57 北海道旭川市
09:40 JI4SGQ 59/59 島根県松江市
09:42 JP2MEC/2 59/59 静岡県浜松市南区
09:44 JA7OKP 59/59 宮城県塩竃市
09:47 JI3BAP/3 59/59 JA/NR-057
09:52 JP3TLC 59/59 奈良県生駒郡平群町
09:58 JA2VGF 59/54 愛知県名古屋市南区
10:00 JN3OBS 56/54 奈良県橿原市QRP
10:09 JP7KHZ 59/59 岩手県盛岡市※18.153MHZ/SSB
10:13 JN3PDF 59/59 二上山雌岳※18.155MHZ/SSB
10:29 JH8VYH/8 59/57 北海道石狩郡新篠津村※24.972MHZ/SSB
10:35 JM3HRC/3 59/59 JA/NR-001 ※144.170MHZ/SSB
各局、FB QSO有難うございました。今回は、なぜか18MHZからスタートしたのが功を奏したようです。無線機の電源を入れた瞬間、直ぐにお空が開いてるというのが分かりました。それも瞬時にエリアが入れ替わる忙しさでしたがCQを出して呼んでいただきました。また、JN3PDF局より他の周波数も開いてるとの情報をもらい24MHZでも交信ができました。ただ残念なのは29MHZ/FMにトライしましたが生憎中国局やアジアの局が勝り国内局とは交信ができませんでした。当日は18-50MHZまで開いて正に無線日和、こちらは大展望を眺めながらの交信でしたので大満足でした。運用中、1エリアでアマチュア無線局を開局している登山者から声を掛けられました。コールサインをうかがいましたがスイマセン忘れちゃいました。

お仕舞に144MHZをのぞいてみると隣の八経ケ岳かJM3HRC局が運用されてたのでお声掛けしS2S(Summit to Summit)成立。また、八経ケ岳から大台ケ原へ移動すると聞き、こちらも同じ計画だったので現地でアイボールすることになりました。
f0073587_18211987.jpg

下山前にカップラーメンで早めの昼食を摂りました。元気の良い山ガールさんが彦にゃんと一緒に記念撮影してました。blogにアップしてるかもしれません。11:30そのお姿を見納めに下山開始です。
f0073587_18265836.jpg

先ずは大峰らしく小笹に覆われた登山道を進みます。まだ穏やかです。
f0073587_18285511.jpg

穏やかなのはつかの間、直ぐに鉄梯子の刑が待ってます。慎重に且つ一気に下ります。
f0073587_18301877.jpg

汗いっぱいかいて鉄梯子下りて、露岩も下りて、長い尾根筋を歩いて和左又山の分岐を通過。ちょうどお昼時だったんでお弁当広げてはりました。
f0073587_18325132.jpg

12:45新緑のトンネルを抜けて登山口に到着。
f0073587_1836465.jpg

次なる大台ケ原を仰ぎ見ながら駐車場へと戻りました。
f0073587_18374214.jpg

キャンプ場にはオートキャンパーがテントを張ってました。気持ち良さそう、でも明日予報では大雨だけど・・・。
f0073587_1839567.jpg

駐車場の和佐又ヒュッテに戻りました。駐車場代金を¥1,000を納めて大台ケ原に向け出発しました。
f0073587_18504227.jpg

[PR]
# by mido811 | 2018-05-13 18:48 | 大峰・大普賢岳 | Comments(0)
播但路2座に登りました。② SOTA#JA/HG-009 千町ケ峰
f0073587_22412465.jpg

2018年5月5日(土)
連休の終盤、Uターンラッシュで帰りの高速は渋滞が予想され早めに帰りたいところなのに段ケ峰で道草をくって次なる千町ケ峰登山口に到着したのは11;50でした。昼食もとらず登山口から出発です。
f0073587_20512368.jpg

枯草の絨毯に残る踏み跡を頼りに坂を登っていきます。
f0073587_20541383.jpg

登りつめると源流を示す標識がありました。
f0073587_20552843.jpg

今度は杉の枝が敷き詰められた急登を登りつめます。
f0073587_20562478.jpg

登りつめたかと思うと今度は樹木を抜けながら登ります。
f0073587_20573316.jpg

さっき楽したからなと自分に言い聞かせ汗だくになっていると神のご加護です。稜線に出たー!
f0073587_2059391.jpg

稜線は短い笹に覆われ踏み跡だけが筋のように伸びています。しばらく歩いていると前方に小屋らしきものが現われました。これはひょっとして・・・。
f0073587_2122578.jpg

事前にネットで確認していた無線小屋です。未だ小屋とともにタワーやアンテナが残っています。恐らく山の地主さんがアマチュア無線好きだったんでしょう。こんな山の上に無線室を持つのは無線家誰もが抱く夢ですから。実際に電波を出せば遠くへ飛んでいくだろうと周囲の環境を見れば一目瞭然です。近くにパラボラアンテナも転がってましたが、よっぽどの無線への情熱がないとあんな重い物を担いで登って来れません。
f0073587_217255.jpg

無線小屋を見て感動し更に登山道を進むとピークらしき風景が前方に広がりました。そろそろかなと進むと残念でした隠れピークでした。ちゃんちゃん!
f0073587_21115229.jpg

二度ほど隠れピークらしき風景に騙され三度目の正直で12:20山頂に到着。今回は登山道らしい行程でしたが僅か30分でこの標高とは恐れ入りました。
f0073587_21152844.jpg

山頂は段ケ峰に比べれば狭いですが、大展望が広がります。東には先程登っていた段ケ峰の台地が見えています。
f0073587_21173695.jpg

では、早速無線の準備に取り掛かります。430MHZ/FMから始めますが地上高を優先すると高周波出力のロスが生まれ5Wでも実際には3W程度ですから2Wのロスです。ロスを無くすにはハンディトランシーバーにアンテナを装着したままで交信する方が飛ぶのかを検証してみたかったので登山用のストックの先にビニールテープで大胆にもトランシーバーを巻きつけ固定しました。さて、結果はいかに・・・。
f0073587_21245854.jpg

【本日の交信結果】
DJ-S57/5W  + RH770 
千町ケ峰  標高1141m   SOTA#JA/HG-009
兵庫県宍粟市   JCC#2728
TIME CALL His/My  QTH(運用場所)
12:30 JJ1BXD/4 59/59 岡山県備前市※433.120MHZ/FM
12:32 JA3WPN 59/59 大阪府堺市
12:33 JR3FVN 59/59 兵庫県三木市
12:37 JM3GVH 51/51 大阪府枚方市
12:38 JR3WYM 59/59 神戸市北区
12:42 JP3OSW/3 59/59 JA/NR-030
12:43 JN3VSA/3 59/59 大阪市住之江区
12:46 JJ3AMO 55/51 大阪府藤井寺市
12:51 JJ3NEH 55/51 大阪府東大阪市
12:54 JI3OEB 59/59 滋賀県長浜市
12:57 JO4BQL 51/41 島根県隠岐郡西ノ島町
f0073587_21594814.jpg

FT-817ND/5W  + RH770
13:13 JH2FTE/5 59/59 高知県香美市※144.170MHZ/SSB
f0073587_2235252.jpg

FT-817ND/5W + 電圧給電バーチカルANT
13:29 JR6LEA/6 59/59 鹿児島県薩摩川内市※18.140MH/SSB
13:35 JF3FHT/6 59/59 宮崎県延岡市※18.157MHZ/SSB
13:39 7K3AOH 59/59 さいたま市見沼区※18.147MHZ/SSB
<備考>
・His/My は相手先/相手先から送られた私の信号についてのRSレポート
R(了解度)
1: 了解できない
2: かろうじて了解できる
3: かなり困難だが了解できる
4: 事実上困難なく了解できる
5: 完全に了解できる
S(信号強度)
1: 微弱でかろうじて受信できる信号
2: 大変弱い信号
3: 弱い信号
4: 弱いが受信容易な信号
5: かなり適度な強さの信号
6: 適度な強さの信号
7: かなり強い信号
8: 強い信号
9: 非常に強い信号

・※は運用周波数と通信形態(MODE)

各局、FB QSO有難うございました。430MHZの検証結果としては数値化できないのですが直付けでフルパワーにした方が飛びは良いように感じました。やはり山頂で地上高を3m程度上げても大差はないと思われます。ただ、立ったまま運用しなければならないのがネックです。せっかくなので144Mも運用しましたがCQは出さず香美市移動局へコールさせていただきました。
f0073587_22194713.jpg

ホイップアンテナをつけたまま18MHZに切り替えると交信が聞こえてきたので慌てて持参した電圧給電ANTを設置して各局へコールしていきました。これが思った以上の成果ですべて一発応答でした。Esの性格はあるものの僅か5mのワイヤーエレメントをチューニングしただけで交信できたのは驚きでした。というわけで、久々に無線をしたという満足感を得て本日は終了です。
f0073587_2220323.jpg

機材を手早く撤収し14:00下山開始。と、その前によく見ると悠々山荘が確認できました。
f0073587_22252034.jpg

では、一機に下ります。
f0073587_22275078.jpg

激下りの坂は慎重に下りて・・・
f0073587_22292596.jpg

14:20登山口に到着。
f0073587_22303818.jpg
帰路はピストンで林道を走って砥峰高原に立ち寄りました。というのも、スマフォが圏外で使えなかったためメール等をチェックしました。
f0073587_22344546.jpg
播但道に入るまでに恒例の地酒探しをしたのですが、酒屋がない、コンビニがない、道の駅にも酒類がないのないない尽くしで今回は諦めました。残念!!そのまま高速に入って渋滞に巻き込まれながらも無事帰還しました。本日の2座はどちらも高原を歩くコースで気持ちもリフレッシュでき連休に相応しい登攀になりました。
[PR]
# by mido811 | 2018-05-06 22:42 | 段ケ峰・千町ケ峰 | Comments(0)
播但路2座に登りました。① SOTA#JA/HG-013 段ケ峰
f0073587_1751857.jpg

2018年5月5日(土)
いよいよ連休も終盤です。前日、JP3OSW局のツイッターで大和葛城山のツツジが満開と知りました。例年だと5月中旬に満開になるので不意を突かれビックリしたのと翌日にでも登ろうかと考えました。しかし、連休を有効に使うのであれば普段いけない所(遠距離)に行くべきと考え以前から気になっていた兵庫県宍粟市の段ケ峰と千町ケ峰に登ることにしました。

午前4時30分に自宅を出発。予定通り新名神高速高槻IC→中国自動車道福崎IC→播但自動車道神崎南ICと走り、 砥峰高原を通過。 砥峰高原から先は離合しづらい細い林道に変わりましたが、段ケ峰林道に入ると舗装された二車線の林道となりました。走りやすいのですが林道ですからクネクネ道で勾配もありますので時間がかかります。結局7時過ぎに段ケ峰登山口に到着。登山口横には「悠々山荘」という山小屋があり路肩に数台駐車していたので登山口側の空地に駐車しました。
f0073587_1253653.jpg

7:15出発。出発早々、急登を登ります。まぁよくあることですが・・・。この時間で下山して来る人、マウンテンバイクで下りて来る人がいました。まぁ、よくあることではありません。
f0073587_12494718.jpg

急登を登り少し進むと緩やかな樹林帯を抜けて往きます。
f0073587_131462.jpg

すると、あっという間に稜線に出ました。次に登る千町ケ峰の山容が現われました。
f0073587_1335636.jpg

更に進むと長い台地と共に目的地が見えてきました。
f0073587_135125.jpg

昨日と違い青空バックに気持ちのいい稜線歩きです。これだから人気の山なんでしょうね。
f0073587_136488.jpg

ひょとして山頂?短時間でこの標高がたまりませんね~。
f0073587_1394276.jpg

7:35山頂に到着。思った以上に広い山頂、それに360度の大パノラマ。
f0073587_13121257.jpg

南西に電波塔が特徴の暁晴山(SOTA#JA/HG-015)
f0073587_13264180.jpg

山座同定はできませんが北西に残雪が見えるので氷ノ山(SOTA#JA/HG-001)かな?
f0073587_13283373.jpg

それに気持ち良さそうな稜線が続きます。次回は縦走しなきゃ。
f0073587_13331571.jpg

誰もいない静かな山頂。小鳥のさえずりを聞きながらアンテナの設営を始めます。今日は、HF(短波帯)を中心とする構成で攻めたいと思います。準備ができたら無線機にスイッチオン。7MHZ帯は連休とあってかコンディションが良いのかかなり賑わっています。これは期待できそう。
f0073587_13343488.jpg

【本日の交信結果】
FT-817ND/5W  + LinkedIVDP/8mh + RH770(144/430M)
段ケ峰  標高1103m   SOTA#JA/HG-013
兵庫県宍粟市   JCC#2728
TIME CALL His/My QTH(運用場所)
08:30 JP3DGT/3 59/59 SOTA#JA/HG-052 ※433.1MHZ/FM
08:36 JA3WPN 59/59 大阪府堺市
08:38 JP3EPM 55/59 大阪市西成区
08:41 JN3PDF/3 52/55 二上山雄岳
08:46 JA3GIN 59/59 兵庫県姫路市
08:51 JR3RHI 59/55 兵庫県加古郡稲美町M
08:56 JM3HRC/3 59/59 三重県松阪市明神平
08:59 JM3ERS/3 59/51 京都府福知山市M
09:11 JL2TAM 59/58 静岡県伊豆市※7.140MHZ/SSB
09:17 JA3WPN 59/57 大阪府堺市
09:27 JR8YOX 59/55 北海道伊達市※18.121MHZ/SSB
09:34 JH8MYB 58/53 北海道三笠市※18.137MHZ/SSB
09:37 JH6CQY 58/55 長崎県佐世保市※18.137MHZ/SSB
09:40 JH3CGK 58/55 兵庫県西脇市
<備考>
・His/My は相手先/相手先から送られた私の信号についてのRSレポート
R(了解度)
1: 了解できない
2: かろうじて了解できる
3: かなり困難だが了解できる
4: 事実上困難なく了解できる
5: 完全に了解できる
S(信号強度)
1: 微弱でかろうじて受信できる信号
2: 大変弱い信号
3: 弱い信号
4: 弱いが受信容易な信号
5: かなり適度な強さの信号
6: 適度な強さの信号
7: かなり強い信号
8: 強い信号
9: 非常に強い信号

・QTHにある”M”とは自動車で移動する局(=モービル)
・※は運用周波数と通信形態(MODE)

各局、FB QSO有難うございました。無線機の電源を入れた瞬間、信号も強く各局で賑わっていたので期待できると思いCQを連呼しましたが、結果はまったく反応なし。たまにアンカバーからキャリアを掛けられる始末。これは坊主で終るかもと思い430MHZ/FMでメインCHからCQを出したところ各局に拾っていただき一安心しました。
f0073587_1722779.jpg

430Mを一旦CLした後は、凝りもせず再び7MHZでCQを連呼したところ伊豆市よりコールをいただきましたが、その後が続きません。見るに見かねてかJA3WPNさんが再びコールしていただきました。7MHZは諦め18MHZへ切り替えると8エリアがガンガン入ってるではないですか。このチャンス逃すまいとCQを連呼しようやく応答いただけました。これで気分も晴れて満足しましたのですべて終了です。いよいよお空もハイバンドの季節ですね。
f0073587_1735110.jpg

無線交信中に5人の登山者が縦走されていきました。好天での稜線歩きは格別だと思います。私もパノラマの絶景に浸りながら機材の撤収をして10:30下山開始です。
f0073587_17112024.jpg

真正面に次なる千町ケ峰を仰ぎ見て下山します。
f0073587_1713217.jpg

10:50登山到着。交信したJP3DGT局から悠々山荘に立ち寄ればお茶とかご馳走になれるかもと情報をもらっていたのでデッキに座っているご主人に話しかけると奥様も出て来られその通りコーヒーとお菓子の接待をいただきました。ウフッ!
f0073587_17491221.jpg

ちょっとお話をうかがうと悠々山荘は元々ご主人の別荘として建てたものらしいのです。またご本人がジャズが好きで知り合いのジャズマンに声を掛けたところギャラリーを集めて「雲の上の音楽界」と題して年2回ライブ演奏会を開催するようになったそうです。今までに段ケ峰山頂でもナイトライブを開催したこともあるそうです。そのために営業許可をとって今では山荘として営業をしているということでした。但し事前に連絡をいただいた時だけ営業するというスタイルだそうです。2018年5月26日(土)に昼(13:00~)・夜の部(19:00~)2回に分けて開催するのでとお誘いをいただきました。希望者は事前に山荘へ連絡してください。

山荘の屋根を見上げると3段GPを発見。すかさずご主人に聞いたところ、ご本人もアマチュア無線をしており無線仲間が集っては山荘周辺にアンテナを建てコンテストに参加しているそうです。音楽の話から無線の話へとまさかの展開にこちらもビックリでした。
f0073587_17284655.jpg

山荘のオーナーご夫妻との歓談に時間を忘れ車に戻ったのは11:30でした。40分も話し込んでいたとは・・・。では2座目の千町ケ峰へ移動します。

②へ続く。
[PR]
# by mido811 | 2018-05-06 17:51 | 段ケ峰・千町ケ峰 | Comments(0)
四国・剣山系で三座登ってきました。③  SOTA#JA5/TS-006
f0073587_0375245.jpg

2018年4月30日(月)
本日最後のミッションは、剣山の北側に位置する丸笹山です。剣山に登っていると正面に見えていました。
f0073587_23304024.jpg

昼食を終えて見ノ越登山口から登山口のあるラ・フォーレつるぎへ移動します。登山口は一番奥にありました。
f0073587_23342659.jpg

登山道が二つありましたが、”山頂まで1700M”の標識がある左側、土留めの階段がある方を選択し13:50に出発しました。
f0073587_23385863.jpg

暫くは、このような樹林帯を抜けて進みます。
f0073587_2341169.jpg

すると、樹林帯から笹原へと植生が変わり先程まで居た剣山と次郎笈が見えてきました。いよいよ空中散歩の始まりか。
f0073587_23432275.jpg

山頂はもう直ぐです。悔しくも午後から天候が回復し青空が望めます。
f0073587_23455175.jpg

気持ちの良い笹原の登山道を進みます。
f0073587_23484317.jpg

14:20山頂到着。360度のパノラマ展望です。
f0073587_23505167.jpg

剣、次郎が近い。
f0073587_23521138.jpg

南東方向には赤帽子山。
f0073587_23534177.jpg

無線の準備にかかります。山頂は私だけだったので山頂標識に釣竿を括りつけて交信開始。
f0073587_23563591.jpg

【本日の交信結果】
FT-817ND/3W + RH770
丸笹山 標高1,712m   SOTA#JA5/TS-006
徳島県美馬郡つるぎ町  JCG#37009H
14:33 JA3WPN 59/59 大阪府堺市※433.160MHZ/FM
14:34 JH3LCX 59/55 兵庫県姫路市
14:35 JR3DAO 59/59 大阪府八尾市
14:37 JP2GRJ/5 55/51 徳島県三好市
14:41 JH5QVF/5 59/59 徳島県名西郡神山町※433.220MHZ/FM
14:45 JR3WYM 59/52 兵庫県神戸市北区
14:48 JK3HAM 59/59 兵庫県加古川市
14:51 JJ4KFD/4 55/55 岡山県瀬戸内市
14:58 JJ5LWE/5 59/56 高知県足摺岬移動※145.040MHZ/FM
各局、FB QSO有難うございました。特にJA3WPN局には3箇所お相手いただき感謝です。また、当初433.16MHZを使用していたが途中岡山県の局からクレームが入り433.22MHZへのQSYを余儀なくされコールいただいた各局には大変ご迷惑をお掛けしました。コールが途切れたところでCLとしました。145MHZに切り替えてウォッチしていると高知県の移動局が珍しくFMでCQを出されていたのでコールしてみた。すると高松在住の方でしたが高知県内を観光しているそう。一通り終ったところで機材の撤収を始めました。
f0073587_0125175.jpg

15:45下山開始。叶うならここで寝そべっていたかったなぁ。
f0073587_020593.jpg

再びブナの樹林帯を抜けます。
f0073587_0213648.jpg

16:07登山口に到着。意外に早かった。
f0073587_0223661.jpg

この後、ラ・フォーレつるぎで入浴し一路自宅へ向けて移動し22:30に無事帰宅しました。恒例、本日のおみや地酒ワンカップは、三好市の三芳菊酒造さんのズバリ「剣山」です。ネットで調べたところ三芳菊酒造さんは海外展開もしており有名なようです。初めは甘いと感じつつもこれぞ日本酒という香りが口に広がりました。
f0073587_033329.jpg

今回はJP3OSWさんと同じコースを辿りましたが、1日3座を踏破するのは初めて。それも天候にも振り回されいつものように嵐を呼んでしまいましたが、これはこれでけっこうオモシロかったりして・・意外にもポジティブシンキング~なんですわ。
[PR]
# by mido811 | 2018-05-02 00:38 | 剣山(徳島県) | Comments(2)
四国・剣山系で三座登ってきました。②  SOTA#JA5/TS-002
f0073587_22295711.jpg

2018年4月30日(月)
9:20剣山山頂を後にして次の次郎笈へ向かいます。2年前に登った時は、奥方と一緒ということもあり体力的なことから次郎笈を目前にして下山しました。それ故、何か昂揚するものがあります。特に次郎笈を見ていると生物を見ているような躍動感を感じます。尾根筋だったり稜線だったりまるで筋肉質の生物のように感じます。
f0073587_20424487.jpg

残念なことにガスで次郎笈の容姿がみえません。ただただ続く登山道が美しい。
f0073587_20443244.jpg

高度が下がると不思議と風が止んできました。しかし、ガスは相変わらず周囲を包んでいます。
f0073587_20462182.jpg

振り返って見るとこんなに下りてきました。登り返しガ大変だわ。
f0073587_20481973.jpg

下りたら登る。登り返しガ待ってました。風は止んだものの今度はお空が心配です。
f0073587_2050288.jpg

次郎笈の特徴は稜線と尾根筋にある躍動感といってもいいでしょう。特に尾根筋は北アルプスの五竜岳のように鋭い流の爪のように思えてきます。
f0073587_20571172.jpg

登り始めて直ぐに憧れの三嶺へ続く縦走路との分岐に来ました。いつかは、縦走路を歩いてみたいな。
f0073587_211045.jpg

さぁ本格的な登りに入りました。ガスが一瞬切れたところで山頂付近が姿を現わしました。
f0073587_2142925.jpg

今度は剣山にガスがかかり始めました。瞬時に変わってしまうこれが山の天気です。
f0073587_21162815.jpg

ここでアクシデント発生。手持ちのカメラがレンズエラーという表示と警告音が鳴り焦点が合わないばかりかレンズが格納しなくなりました。電源を入れ直しレンズが格納、再度電源を入れなおし半押しでピントを合わせてもピントが合わずピンボケ写真しか撮れなくなりました。この繰り返しで3回に1回程度で正常に動作するといった感じ呪われたカメラになってしまいました。それでも山頂近くのピークまで登ってきました。
f0073587_21222263.jpg

10:20山頂に到着。ガスが切れることはありません。
f0073587_21262952.jpg

山頂では若い男性がカップラーメンを召し上がってました。地元の人なのか定かではありませんが、それが地元徳島製粉の「金ちゃんヌードル」だったので思わず徳島愛を感じました。次は無線の準備に取り掛かります。山頂には多くの人がおられたので山頂から少し離れたところにアンテナを設置しました。
f0073587_21331285.jpg

FT-817ND/3W + RH770
次郎笈  標高1,930m   SOTA#JA5/TS-002
徳島県那珂郡那珂町  JCG#37006H
10:36 JI4ARO/3 59/59 和歌山県和歌山市※144.155MHZ/SSB
10:39 JA3WPN 59/59 大阪府堺市
10:41 JA3JFT 59/59 大阪府吹田市
10:47 JG3KGJ 59/59 大阪府豊能郡豊野町
10:51 JR3DVV 58/51 大阪府堺市
各局、FB QSO有難うございました。他にたくさんコールいただいていましたが急に雨が降り始めたためそのままCLとさせていただきました。コールいただいた局からすると何が起こったかは見当が付かなかったと思いますが何卒ご容赦願います。ところでJA3WPNさんより四国遠征中のJP3OSW局が430MHZのメインCHで当方をコールしていたことを聞き、交信を途中中断して430MメインCHでOSW局を呼ばせていただきましたが残念ながらタイミングが合わなかったようでQSOはできませんでした。

無線交信をするにあたって、もう一つ目的がありました。それは、FT-817シリーズ用のスピーチプロセッサの検証です。QRP販売で有名なSOTABEAMSで販売している製品で開発元はドイツのようです。現在、品切れですが、よく見るとSOTABEAMSの日本代理店が存在していましたのでオファーすると在庫ありとの返答。早速オーダーし数日前に送られてきました。ダミーを繋いで送信すると確かにレベルに差がありました。これを今回実践投入するため144MSSBでも運用したというわけです。相手先にはこのことは一切言ってませんが円滑に交信ができレポートも先の430Mより良かったんで合格点かなと思っています。効果を探るならQSBの多いHFと思いますので次回はで実践投入したいと思います。
f0073587_21561220.jpg

まさかの雨が降り出しましたが、風と寒さからレインウェアを着込んでいたので助かりました。しかし、雨が止む様子もなく急いで機材を撤収し下山にかかりました。
f0073587_2215593.jpg

下山しながら気付きました。次郎笈の特徴の一つはこの高度感かもしれません。
f0073587_2252359.jpg

更に下山すると雨も止みガスが切れスッキリと剣山が現われました。
f0073587_2285572.jpg

同じく次郎笈もすっきり。
f0073587_22101624.jpg

いつもならピストンして剣山へ戻るところですが、時間短縮から途中の分岐で二度見展望台を経由してリフトの西島駅へ向かうことにします。
f0073587_22151689.jpg

剣山の巻きながら進むと正面に赤屋根の大剱神社が見えてきました。
f0073587_22173319.jpg

更に進むと西島駅に到着。途中、リフトで登ってこられたと思しき大勢の方と擦れ違いました。この登山道は石灰地質のようで高山植物も豊富なようです。
f0073587_22194740.jpg

次はお楽しみのリフトに乗ります。料金は片道¥1030でした。約15分かけて標高1750mから1420mの登山口へ一機に下ります。傾斜も急で足もブラブラするので揺らさないようじっとしていました。(笑)
f0073587_22252665.jpg

今日は天候に振り回されっぱなしです。昼食後は三座目の丸笹山登山口に車で移動します。
丸笹山編③に続く。
[PR]
# by mido811 | 2018-05-01 22:31 | 剣山(徳島県) | Comments(0)
四国・剣山系で三座登ってきました。① SOTA#JA5/TS-001
f0073587_16273799.jpg

2018年4月30日(月)
連休3日目。先行して四国遠征中のJP3OSW局の軌跡を知りついぞ剣山へ向かいました。天くらによると午前中はA判定でしたが、いつものように嵐を呼んで大変な一日となりました。

前夜0:00に家を出て名神-阪神-第二神明-淡路鳴門と繋いで徳島自動車道の美馬ICを目指しました。この後はR438を2時間掛けて見ノ越登山口に向かうのですが、これでも国道かと思うほどクネクネでしかも大半が一車線というまか恐ろしい国道なので経験上深夜に走るのは避け美馬IC近くの道の駅つるぎの駐車場で仮眠することにしました。駐車場には同じ思いの車でいっぱいで空きを探すのが大変でした。そして、4:30起床とともに恐怖のR438を2時間かけ登山口に到着しました。登山口周辺の林道脇には車が駐車していましたが昨日は山開きで大勢の登山者が来たことが頷けました。
f0073587_15204216.jpg

持参したパンで朝食を済ませ出発です。トイレの脇にバスの時刻表がありました。こんな辺境には車でしか来られないとばかり思っていましたので驚きでした。
f0073587_1527031.jpg

7:00登山口から出発。
f0073587_15295536.jpg

リフトの下のトンネンをくぐります。下山はリフトに乗ってみようと思います。
f0073587_15314984.jpg

西島神社脇の岩を巻いていきます。既に海抜1600m超えです。
f0073587_15354882.jpg

早くも剣山頂上ヒュッテが見えました。
f0073587_15371566.jpg

リフトの西島駅到着。駅の脇を抜け最短コースで頂上を目指します。
f0073587_15394017.jpg

リフトはなかなかの傾斜がありますね。
f0073587_1542512.jpg

天クラの予報とは裏腹に曇り、強風が絶えず吹きつけ耐寒温度はかなり低下しています。風で飛ばされない様に帽子を深く被りなおして山頂へ向かいます。
f0073587_1543505.jpg

剣山本宮の社に到着。山頂はもう目の前。
f0073587_15452719.jpg

本宮前にはJARL(日本アマチュア無線連盟)徳島県支部大会の記念方位版です。1990年だとアマチュア無線を誰もが知り資格者が増加していた年代です。いまでは、死語となり見る影もありませんね。
f0073587_15495991.jpg

登ってくる時に見えていた剣山頂上ヒュッテと剣山本宮の間の階段を上がります。
f0073587_15513021.jpg

山頂が見えました。と同時に強風は台風並み、それにガスって視界が悪いし寒い寒すぎる。天くらの予報は何処へ・・・。
f0073587_1554178.jpg

風にも負けず山頂に続く木道を静かに歩いて往きます。
f0073587_15552260.jpg

8:20山頂に到着。ガスって何も見えん。
f0073587_15575483.jpg

ほら~一ノ森方面も何も見えへん。
f0073587_15595581.jpg

さあ、さあ仕事、仕事。無線の準備にかかります。今日は4mの釣竿の先っちょにホイップアンテナを付けるスタイルで臨みます。同軸ケーブルがチープやなぁ。
f0073587_1621831.jpg

【本日の無線交信結果】
FT-817ND/3W  + RH770
剣山 標高1,955m  SOTA#JA5/TS-001
徳島県那珂郡那珂町 JCG#37006H
08:49 JA3WPN 59/59 大阪府堺市※433.200MHZ/FM
08:49 JP3DGT/3 59/59 JA/HG-058
08:52 JF3GXQ 58/52 京都府城陽市
08:54 JF3VGN 59/55 兵庫県加古川市
08:57 JJ5ONC 59/59 徳島県徳島市※433.120MHZ/FM
08:59 JA3HKR 59/59 大阪府豊中市
各局、FB QSO有難うございました。無線をする度に嵐になるという特技を発揮したようです。また寒さで口も回らず内容が聞き取り難かったのではないかと思います。振替休日のためか違法トラッカーがけっこう聞こえて空きを見つけるのも一苦労でした。ところで、今日は4m程度のグラスの釣竿にホイップアンテナを装着しましたがケーブルは手持ちに3D2Vしかなく出る前に減衰を計ったところ5Wフルで実質は3W程度でした。地上高を上げるべきかそれともハンディ機にアンテナを直付けした方が飛ぶのか悩ましいところです。

次の山、弟の次郎笈が待っているので無線機器を撤収し再び出発。
f0073587_16242258.jpg

②の次郎笈編に続く。
[PR]
# by mido811 | 2018-05-01 14:52 | 剣山(徳島県) | Comments(0)
ゴーヤの苗植えました。
f0073587_1259332.jpg

2018年4月29日(日)
4月28日から連休に入りました。今年は、珍しく連続休暇になり予定では9連休です。しかし、いつものように計画性全くなしの私ですので何処へ行くわけでもなく目先の事を坦々とこなすだけです。その一つが、グリーンカーテンとしてゴーヤの苗を植えることです。

昨年は、5月に入って苗を買いにいくと大半が売れていて苗を選ぶことすらできませんでした。それでも、ありがたいことにしっかり実はつけてくれましたが「・・。昨年の経験を踏まえ昨日真っ先に苗と土を購入し今日はプランタに苗を植えたというわけです。さて、今年の成果はいかに苗の生長が楽しみです。この天気もう一日いけそうなんで明日は山へいこかな。
[PR]
# by mido811 | 2018-04-29 13:07 | ひとりごと | Comments(0)