人気ブログランキング |
2019年 03月 13日 ( 2 )
NHKラジオ第1「石丸謙二郎の山カフェ」のフォトギャラリーにアップいただきました。
f0073587_00271862.jpg
2019年3月10日(月)
NHKラジオ第1で放送中の「石丸謙二郎の山カフェ」HPのフォトギャラリーに写真をアップいただきました。この番組も1周年だそうです。長く続いてほしいなぁと心から願っています。今回投稿しました写真は観音峯山展望台で年輩のご夫婦が大峰山脈の峰々を見て楽しく話されている様子が素敵でしたので撮らせていただきました。伺うとお若い頃は、いろんな山に登られてたようですが、年齢を重ねるたびに難しくなったそうです。それでも、ここまで登れてよかったと話されていたのが印象的でした。我家は残念ながら登山は共通の趣味ではありません。それゆえ、登山を共通の趣味とされているご夫婦とはどういうものなかのを知りたいところです。きっと、楽しみも会話も倍増するんでしょうね。

by mido811 | 2019-03-13 00:27 | ひとりごと | Comments(0)
右往左往の果て最後は観音峯山三ツ塚  SOTA#JA/NR-009
f0073587_00111162.jpg
2019年3月9日(土)
翌日は関西ハムシンポが尼崎で開催されるので土曜日に山へ向かいました。事前に大峰奥駈道にある百丁茶屋から登ると大天井ケ岳とその手前にある四寸岩山にも登れると聞きその通り黒滝村の林道入口に向かいました。やはり山深い場所だけあって路面温度は-6℃、ノーマルタイヤのマイカーで行けるのか不安を抱きながらも急坂を上っていきました。民家が途切れたところで更に急坂を登りつめるとジープ仕様でないと走れないような悪路になりノーマル車では耐えられないと判断し引き返すことにしました。

となると、計画を変更しなければなりません。そこで、登山口が近くにある稲村ケ岳へ進路変更です。洞川温泉街に入ると急に路面が怪しくなりました。更に進んでゴロゴロ水近辺まで来ると完璧にアイスバーンてす。何とか母公堂までは来たものの駐車場は既に満車。いつもなら林道脇に止めるのですが林道工事のため林道脇は工事車両が占有していました。稲村もダメとなると残るは観音峯山しかありません。時間のロスもあり戻る格好で観音峯山の登山口に到着しました。出発する頃には9時をすっかりまわっていました。
f0073587_21332348.jpg
吊り橋を渡るのですが、霜で真っ白おまけにツルツルです。ロープを支えに慎重に渡ると登山口に到着。
f0073587_21351722.jpg
木段を登り巻くように進むと水場が現われました。ここまで水分補給していなかったので丁度いい感じです。雪融けのためか水量も多く冷たくて美味かった。
f0073587_21373027.jpg
徐々に高度をあげるに従い、まさかまさかの雪が現われました。まさか積雪なんてと思い不覚にもアイゼンの用意もしてきていません。行ける所まで行くしかありません。
f0073587_21395054.jpg
あれれ、遂に本格的な雪に変わりました。Wストックを支えに進みます。
f0073587_21420057.jpg
10:10なんとか観音平までたどり着きました。先行されていた2組のご夫婦の方々と話をすると1組は法力峠経由して周回、もう一組は展望台までということでした。
f0073587_21460866.jpg
行動食を摂って再び出発です。
f0073587_21494544.jpg
更に登っていくと積雪量が増え足跡もしっかり残る程です。
f0073587_21525287.jpg
10:40最後の一のぼりで観音峯山展望台に到着。
f0073587_21545275.jpg
青空だけでなく360度のパノラマ風景に言葉がありません。特に大峰山脈の稲村ケ岳や山上ケ岳、関西最高峰の八経ケ岳が一望できます。
f0073587_21573198.jpg
目的地の三ツ塚までには半分位です。残り半分、再び出発します。
f0073587_21590507.jpg
積雪量が一機に増え足のくるぶしあたりまであります。しかし、雪が締まっているので案外歩きやすいように感じます。
f0073587_22014837.jpg
こんなところも歩きます。
f0073587_22023746.jpg
11:10二山越えた辺りで観音峯山山頂到着。
f0073587_22042232.jpg
更に進みます。
f0073587_22051058.jpg
更に一山越えると植林帯に入っていきます。
f0073587_22055688.jpg
ここまで来ると、結構な積雪量になりました。それでも、気温が低いので歩きやすい状態でした。更に一山越えて11:45三ツ塚に到着しました。
f0073587_22083503.jpg
天気予報のとおり快晴です。早速、無線の準備に掛かります。アンテナを設置する場所を探していると向かいに見える稲村ケ岳や八経ケ岳がすっきり見える場所を見つけました。
f0073587_22122999.jpg
今日は風も穏やかで苦労せずマストが立てられそうです。最初は2mのコーリニアアンテナをマストに沿わせてマストアップしました。
f0073587_22130450.jpg
【本日の交信結果】
FT817ND/5W以下 + 三段コーリニアアンテナ(144MHZ)、SKYDOORアンテナ(50MHZ)
観音峯山三ツ塚 標高1380m SOTA”JA/NR-009
奈良県吉野郡天川村 JCG#24010H

11:54  JH2FTE/2 59/59 岐阜県加茂郡八百津町※144.170MHZ/SSB
12:03 JA3NSX 59/59 奈良県吉野郡大淀町※144.150MHZ/SSB
f0073587_22235612.jpg
12:34 JE9KZK/9 59/59 福井県越前市※50.190MHZ/SSB
12:42 JJ2AVH/2 59/59 岐阜県海津市イチツ山
12:50 JA3HKR 59/55 大阪府豊中市
各局、FB QSO有難うございました。前回に続き電波難民でした。いくら標高が1380Mあろうとも更に高い山々に囲まれると電波は飛ばないようです。初回144MHZもいつも御世話になっているFTE局が強力に受信できましたが他は全く聞こえませんでした。CQを出してみましたがローカルのNSX局に応答いただいた他は全滅でした。144MHZは諦めて50MHZへ移りましたが、こちらもあまり聞こえてこずCQを何度も出した末に各局から応答いただいた状況でした。やはりV/Uは厳しいようです。逆にHFの方が電波の通りは良いのかもしれませんね。また、三ツ塚は先の通り厳しい電波環境ですが、観音峯山展望台近辺では大峰山脈の反対側も見通せるロケーションなのでV/Uは有効だと思います。唯一、正面に見える稲村ケ岳や八経ケ岳を眺めて交信を楽しめたことは何よりでした。

本日のシャックです。
f0073587_22383284.jpg
運用場所風景です。




昼メシのカップラーメンを食べ機材を撤収します。それにしても正面の稲村ケ岳の山容は何時までも眺めていたそんな気分です。登山者もいないし静かな空間です。
f0073587_22401677.jpg
13:30今日はピストンで下山します。
f0073587_22465996.jpg
下山途中に多くの動物の足跡を見つけました。これも雪山の楽しみでしょう。
f0073587_22474681.jpg
ちょっとビビッたのは、鋭い爪あとが残るこの足跡。あれですよ、あれ。
f0073587_22481524.jpg
最後の足跡はインパクトありましたね。以後、周囲を見回しながら展望台まで戻ってきました。
f0073587_23473333.jpg
展望台には男性登山客が二人。私もインスタントコーヒーで一息入れます。
f0073587_23491658.jpg
ここから見える八経ケ岳のなんと筋肉質っぽいことか。
f0073587_23520160.jpg
一方の稲村ケ岳は、北アルプスの剱岳のように岩峰鋭い山ですね。
f0073587_23535990.jpg
一服したところで、いよいよ登山口に戻ります。吊り橋の霜はすっかり消えていました。
f0073587_23555829.jpg
15:30登山口駐車場に到着。
f0073587_23563984.jpg
今日は早朝から右往左往しましたが、まさかの積雪で二度びっくり。事前の情報不足と準備不足は反省です。まぁ空振りすることなく登山ができたことに感謝の一日になりました。

<おまけ>
本日の地酒ワンカップは黒滝村の道の駅で購入しました。吉野郡下市町藤村酒造さんの「大峰山」です。
f0073587_00080122.jpg
 

 

by mido811 | 2019-03-13 00:11 | 大峰・観音峰山 | Comments(0)