2018年 11月 17日 ( 1 )
1万人の第九2018 森ノ宮4レッスン 6/6回目
f0073587_23171888.jpg
2018年11月17日(土)
1万人の第九のレッスンも今日が最終日です。本日放送のNHKラジオ「石丸謙二郎の山カフェ」で写真とともに投稿したメッセージが読まれ何となくウキウキです。本音をいうと今年は参加したいという気持ちがいまひとつ沸かず落選してもいいかなとか思っていましたが、幸か不幸か当選できましたので頑張って今日の日を迎えることになりました。思ったほど長くは感じず逆に短かった感があります。歳をとるほど短く感じるというのは本当ですね。

さて、今日はJR森ノ宮駅から会場へ向かいました。
f0073587_23241668.jpg
それは、大阪城周辺の紅葉が観たかったから・・・
f0073587_23474030.jpg

大阪城公園の桜並木はピークを迎えていました。その足で会場のパル法円坂へ移動しました。
f0073587_23261907.jpg
受付で今年度最後の出席印を押してもらい皆勤です。いつもならゲストとの合唱の楽譜を渡されますが今日は何もなく終りました。ゲストはソロ歌手さんと有働さんだけなのかな?
f0073587_23284133.jpg
今日はいささか遠慮気味に後ろの方に座ることにしました。16:00松尾先生、羽根田先生が入ってこられレッスンが始りました。先ずは、発声練習前に顔の筋肉を解すことから始めます。
f0073587_23310467.jpg
発声練習を終え初心に戻り”D"から歌いました。その後、通して歌うのかなと思いきや今回は各節目となるパート毎に細かいチェックを入れて修正することになりました。特にソプラノパートさんには優しくもあり厳しく指導が入りました。概していうと、今回は言葉、詩をしっかり発音することに重点を置かれたよう思いました。結局。通し練習はなく終了しました。
f0073587_23424917.jpg
11月24日(土)の佐渡練は松尾先生が担当するクラスが集合するらしく、くれぐれも成果を出して歌って欲しいと懇願されていました。また、この時期のピアノ伴奏者は第九のフィナーレを弾くわけですから大変です。羽根田先生も最後のフレーズを立派に弾きこなされました。プロの真髄をみたようです。
f0073587_23462068.jpg
さて、数ヶ月に渡り指導いただきました松尾先生、羽根田先生には花束が一同より贈られレッスンは終了いたしました。残るは24日の佐渡練、12月1日のリハ、そして本番と慌しいですが皆さん体調管理にはくれぐれも気をつけ大阪城ホールで再びお会いしましょう。
f0073587_23432304.jpg

[PR]
by mido811 | 2018-11-17 23:43 | 一万人の第九 | Comments(0)