2018年 09月 04日 ( 1 )
北アルプス乗鞍岳で束の間の休日を満喫  SOTA#JA/GF-001
f0073587_10380256.jpg

2018年9月2日(日)
とうとう休暇もとれず8月が過ぎていきました。でも、ようやく一息つけそうなので月曜日は有休休暇にして白山・別山を縦走しようと計画していましたが、その矢先に大雨で登山口までのシャトルバスが運休になり急遽計画変更。思いついたのがお手軽アルプスの乗鞍岳でした。幸いなことに”てんくら”はオールA判定、これはとばかりに前日にシャトルバスのバス停である”ほおのき平”へ向かいました。

19:00に家を出発し現地には00:30に到着。ご来光バスは4:00発なので、それまで車中で仮眠を取りました。早朝03:20にバス停の明かりが点き続々と登山者が集まり始めました。これだけの人が何処に?こちらも慌てて朝食代わりのサンドイッチを腹に押し込み行列に並びました。順番から2番目のバスに乗車し山頂までの45分間は勿論爆睡です。
f0073587_00172904.jpg
”ほおのき平”はさすがに星を見ることは出来ませんでしたが天候は曇り。しかし、山頂に到着すると霧雨とガスで周辺の視界はありません。慌ててレインウェアを着込みました。
f0073587_00215219.jpg
このガスでは、どう考えてもご来光は考えられません。それでも、1%の奇跡を期待して富士見岳に登りました。日の出の時刻5:30を過ぎましたが真っ白の世界は変化無し。それでも、ご来光がダメならせめて槍穂が見たい!とばかりに奇跡を待ち続けましたがダメでした。(涙)それとは裏腹に霧雨は更に強くなる一方です。
f0073587_00271715.jpg
山頂では一人去り、更に一人去りと、とうとうたった一人になりました。天候が霧雨から雨に変わり始めたので諦めて下山して剣ケ峰へ移動することにしました。
f0073587_00292361.jpg
剣ケ峰の登山口となる”肩の小屋”の手前でガーガーと鳴くのは雷鳥です。晴れてたら歓迎ですが雨に降られ感情が高ぶって逆にやかましいとしか思えません。その後、登山者の殆どは霧雨の中を登って行かれましたが私は様子を見ようと”肩の小屋”でコーヒーブレークして暫く待機することにしたのです。
f0073587_00352106.jpg
小屋の中はさすがに暖房が入って快適です。側では素泊まりの学生さん風の方々が食パンを焼いて賑やかに朝食中です。注文したコーヒーを飲みながら窓から外をうかがっていました。すると、先程の学生さんに声をかけられ暫し山談義に花を咲かせることになりました。おかげで楽しい時間となりました。1時間くらい経った頃でしょうか雨も止み7:50に改めて出発です。
f0073587_00401729.jpg
雨が止んでも山頂付近にはガスがかかって何も見えません。でも、少し登るとこの高度感です。
f0073587_00563293.jpg
7月の伊吹山から久しぶりの登山、それも日本アルプスですよ。これはもう楽しまないと!日本アルプスにはハイ松に登山道に漂う独特の甘い香り、そして小屋のディーゼル発電機の臭い・・・どれもアルプスに来た---------って感じです。
f0073587_01025419.jpg
さすがに運動不足は歪めません。高度順応できていないのか胸が時折締め付けられる感じがします。しかし、それも一時のこと何とか前を向いています。そこへ、仙人のような風防の爺様が近寄って来て話しかけてきた。60歳から登山をはじめ67歳の現在で80座をクリアしたそうだ。先週登った南アルプスの塩見岳の夕日は格別だったという山のお話。嫌いではないので暫く登りながら会話した。お手軽アルプスといえども3000m峰、全国から山好きそれも玄人が集まるからまた面白い。
f0073587_09102613.jpg
時間が経つにつれ下からどんどん登って来るのが見える。こんな天候でも人気なんだ。

f0073587_09134502.jpg
頂上小屋まで来ました。山頂はもうすぐそこ。
f0073587_09145731.jpg
8:40鳥居を抜けて山頂到着。
f0073587_09172580.jpg
乗鞍神社本宮の神様は未だおやすみのようです。
f0073587_09184862.jpg

山頂の様子です。


残念ながらガスで周囲の景色は望めません。早々に無線の準備にかかります。一昨年に来た時に神主さんから注意されたので裏の岩場へ移動してアンテナを設営します。今日は、144/430MHZはホイップアンテナ、50MHZはスカイドアアンテナ、HFハイバンドは電圧給電アンテナ、7MHZはVCHとやる気満々で臨んでおります。しかし、不安定な天候なのでSOTAポイントを先に稼ごうと430MHZ/FMでQRVすることにしました。

f0073587_09263315.jpg
【本日の交信結果】
FT-817ND/5w + RH770
乗鞍岳(剣ケ峰) 標高3026m  SOTA#JA/GF-001
岐阜県高山市  JCC#1903

08:56 7K2IJI 53/53 埼玉県久喜市※432.860MHZ/FM
09:02 JR1KNC 59/56 群馬県太田市
09:06 JR2MAU 52/54 愛知県尾張旭市
09:09 JA1COT 59/59 群馬県太田市
09:11 JE1PON 59/58 栃木県栃木市
09:14 JP2GRJ 59/53 愛知県春日井市
09:19 JR2RSH 51/51 三重県鈴鹿市
09:21 JF2WJW 58/53 三重県四日市市
09:25 JA2FGE 59/59 名古屋市守山区
09:37 JH0IQI 41/41 長野県飯田市
09:33 JA2UTJ 59/59 名古屋市昭和区
f0073587_09392824.jpg
09:43 JJ2ONH/2 59/59 岐阜県瑞穂市※144.195MHZ/SSB
09:48 JF1NPG 59/59 山梨県韮崎市※144.201MHZ/SSB
09:52 JR2SZH 57/57 三重県伊勢市
09:53 JH9DRL/9 59/59 富山県富山市
09:56 JR1RCH 59/59 栃木県佐野市
各局、FB QSO有難うございました。雨が降り始めたところでCLさせていただきました。本当ならもう少し楽しみたかったんですが残念です。それでも当初の天候を考えればQSOできただけで満足しています。それにしても乗鞍岳は独立峰でもあり標高もあって伝播が素晴らしい。コンディションでいうと430MHZより144MHZの方が肌感覚ですが良かったと思います。不利だったのはガスでアンテナがびしょ濡れになりSWRが悪化したと思われます。それにしてもガスもなく天候がよければ申し分ないQRVでした。次回来るときの楽しみにしておきます。

急いで機材やアンテナを撤収し11:00に下山開始です。その直後、一瞬ですがガスが切れて周囲が始めて展望できました。
f0073587_09563599.jpg
山頂を見上げるとけっこうな岩場だったのが分かります。
f0073587_09590165.jpg
コルの辺りに来ると下から吹き上げる風が強くて再びガスの中に。
f0073587_10014243.jpg
小屋が見え始めたところで、待望の晴れ間が覗き今日初めて青空を仰ぎ見ました。乗鞍最高!の瞬間。
f0073587_10044345.jpg
11:50肩の小屋到着。あ~腹減った。カップヌードル食おう。
f0073587_10090593.jpg
腹が膨れたところで、槍穂見たさに再び富士見岳へ移動。途中で雷鳥に遭遇したり気持ちよく雲上の登山道を進みます。早朝とはえらい違いですが。
f0073587_10122262.jpg
振り返ると乗鞍岳の容姿が望めました。一番左の峰が剣ケ峰です。
f0073587_10135461.jpg
再び富士見岳に到着。槍穂方面には厚い雲が覆って展望無し。その代わりせっかく持参してきたのでHFのアンテナを設営することにしました。アンテナが電圧給電なのでアースは関係なく運用できるはずです。まぁ岩峰のアルプスでHFを試したかっただけですが・・・。先ずは18MHZを聞くと北海道のYLさんが1エリアの局とラグチュー(お喋り)していますね。ならばとCQをだしてみます。しかし、空振りばかりでしたが13:20北海道三笠市のJH8MYB局からコールがかかりました。こちらには59オーバーで大変強力に聞こえます。あとでわかりましたが出力500Wだそうです。こちらの信号は55のレポートいただきました。念のため21MHZを聞いてみると、こちらは7、8エリア局とDXがガンガン入っていました。しかし風が益々強くなり竿が倒れそうなのでCLです。
f0073587_10244157.jpg
この後は、下山して畳平バスターミナルへ移動していよいよ今日の山旅も終焉です。
f0073587_10282797.jpg
14:10畳平バスターミナルに到着。14:50発のバス乗車までお土産を買い15:30ほおのき平バス停に到着。マイカーに乗り換え帰路に着きました。
f0073587_10331416.jpg
早朝4時からの活動ですが楽しければ時間はあっという間に過ぎていきます。リハビリと景気づけを兼ねた登山もできましたので次回から本格的に登りますよ。おしまい。
本日のワンカップ地酒は「平瀬酒造店」の”久寿玉”です。
f0073587_11234123.jpg



[PR]
by mido811 | 2018-09-04 20:30 | 北ア・乗鞍岳(剣ケ峰) | Comments(0)