2018年 04月 01日 ( 2 )
18-28MHZ電圧給電カップラー
f0073587_173670.jpg

2018年3月26日(月)
休暇の残り時間を利用していつもの場所で自作した電圧給電カップラーの検証をしました。そもそも電圧給電カップラーはJF1RNR局が製作されたものでWebで拝見しみよう見真似で作ったものです。仕様としては18-28MHZまで使えるそうで、これからのシーズンにはぴったりです。Webでは21MHZでVKと交信できたとありますので期待が膨らみます。
f0073587_1732528.jpg

エレメントは5mに固定してカウンターの長さを周波数によって替えるようです。オフセット給電ですので合計の長さがほぼ波長に見合うということでしょうか。材料はコーナンで小さな液体容器に自在ブッシュを貼り付けて百均の1mmアルミ線を巻いたものです。バリコンは150pです。
18M・・・・8m(5m  GE1m+2m)
21M・・・・7m(5m  GE2m)
24M・・・・6m(5m  GE1m)
28M・・・・5m
マッチングはFCZ製のSWR計で確認します。18-28Mまで試してみましたがカウンタの長さ(3m)を替えずとも帯域は確認していませんが1.0まで追い込めました。検証中にたまたま18MHZが開け秋田県男鹿市のJF7TST局がQRVされていたのでコールすると直ぐに応答いただき59のレポートをもらいました。
f0073587_17113576.jpg

QSO終了後FT817NDのパワーが最小設定になってることに気付き驚きました。RNR局には失礼ですが周波数がオープンするとアンテナに依存することなく飛んでいることがままあるので100%信頼するのは早々かと思います。また山頂という環境で検証しないと実力が分からないのでいつか試そうかなと思っています。その前に144MHZ用に移動5/8λGPと29MHZFM用にアンテナを準備予定です。
[PR]
by mido811 | 2018-04-01 17:14 | アマチュア無線 | Comments(0)
冬のリベンジで綿向山に  SOTA#JA/SI-009
f0073587_15504997.jpg

2018年3月25日(日)
最近の気象は、季節を壊すような天候が続きそれに慣らされている我が身が怖い気がしています。そんな折1月に登った綿向山もすっかり雪が消え春山に移ろうところですが前回吹雪いて無線ができなかったのが悔しくリベンジとして再登山を果たしました。7:15に御幸橋の駐車場に到着。シーズンオフになるとこんなもんですかね。先行で1台が駐車、後で1台駐車の3台が駐車するだけです。
f0073587_13533739.jpg

登山口に向かって出発です。
f0073587_13545345.jpg

ヒミズ谷山合小屋を通過。実質ここから登山開始。
f0073587_1357023.jpg

ジグザグの登山道を歩き先ずは3合目を目指します。雪はすっかり消え雪山シーズンとは違った風景なので退屈しません。3合目を通過して「あざみ小舎」で小休憩。一口羊羹で糖分補給です。
f0073587_1451970.jpg

再びジグザグの登山道に戻り次なるポイント5合目小屋に到着。
f0073587_1462565.jpg

本来ならば、湖西の山々が壁のように見えるところですが霞んで展望がありません。
f0073587_1485187.jpg

5合目を過ぎると登山道が広くなりました。雪山では積雪ですごく狭く感じたのにこんなに広かったのかと驚きです。そして、分岐点の7合目に到着です。
f0073587_1412230.jpg

7合目を過ぎると冬道との分岐ですが、「本年の営業は終了しました」と言わんばかりに通行止になっていました。また来シーズンにね。
f0073587_1415037.jpg

表山道を進むと谷筋には僅かに残雪が残っていました。雪を見るだけでなぜかクールダウンしますね。
f0073587_14164219.jpg

冬道は山を越えますが表参道は山を巻いて登り周囲の風景を見ながら歩きます。また、これがいい。ジグザグに高度を上げると最後にゴールのフィーナーレとばかりに階段が登場します。
f0073587_14214040.jpg

階段を登りつめると大嵩神社の鳥居をくぐって9:20山頂に到着。山頂には先行の登山者と僕だけの独り占めか。
f0073587_14274944.jpg

人気のない間にアンテナを建てましょう。今日は短波(HF)なのでちょっと場所を取るので山頂を少し下った先に決定。早速、マストを立てLinkedIVDPを張って準備完了。
f0073587_1433455.jpg

【本日の交信結果】
FT-817ND/5W + LinkedIVDP/9mh
綿向山 標高1110m   SOTA#JA/SI-009
滋賀県蒲生郡日野町  JCG253004C
10:00 JA1VRY 59/55 群馬県富岡市※7.130MHZ
10:03 JI1UPL 59/59 横浜市青葉区
10:06 JP3DGT/3 59/59 JA/HG-048
10:10 JA1VYP 59/59 千葉県松戸市
10:16 JH1BEL 59/59 栃木県鹿沼市
10:18 JK1VMC 59/59 東京都練馬区
10:21 JF9HST 59/59 富山県氷見市
10:22 JA1GQV 59/55 神奈川県茅ヶ崎市
10:23 JM3HRC/6 58/58 鹿児島県屋久島
10:27 JH1EWV/1 59/58 JA/ST-013
10:32 JH0CJH/1 59/59 神奈川県伊勢原市
10:32 JM1WJZ 59/59 埼玉県狭山市
10:34 JH1MXV 59/59 群馬県前橋市
10:36 JA7EPC 59/59 宮城県登米市
10:37 JA6DRJ/2 59/59 名古屋市千種区
10:42 JG1EJC 59/59 東京都豊島区
10:45 JJ4IZT 59/59 岡山市東区
10:47 JH1TZV 59/58 神奈川県青葉区
10:49 JA4OZS 59/59 岡山市東区
10:52 JA3LYE 59/59 大阪府東大阪市
10:55 JJ1IWF 59/55 埼玉県秩父郡皆野町
11:01 JA4AQZ 59/59 山口県周南市
11:05 JA2OVK 59/59 静岡県磐田市
11:06 JH4KVO 59/57 岡山市南区
11:08 JR9FME 59/59 福井県鯖江市
11:11 JN4SOE 59/59 岡山県倉敷市
11:15 JA1VVH 59/59 埼玉県深谷市
11:18 JA3WNB 59/59 兵庫県高砂市
各局、FB QSO有難うございました。久しぶりにHFで交信したって感じです。開始早々はコンンディション良くないかなと思ってましたが時間の経過と共に回復したようです。特にSOTAメンバーのJM3HRC局が屋久島からコールしてくれたのには感動しました。お互いにQRP同士でしたので尚更です。また、相性なのか関東から多くのコールが寄せられましたが、中でも日野町のご出身とかCMの関係で日野町に縁のあるとか伺うと遣り甲斐もあり楽しく遊ばせていただきました。
f0073587_15194620.jpg

交信終了後17mをのぞくと18.126MHZで3W2TXR(JA2TXR)局がベトナムホーチミン市からQRVしていた。何度かコールしたが力不足、QSOには至らなかったが/3だけは確認いただけた。しかし、QRP、それもPOHNEでここまでアプローチできただけでも充分だと感じ本日にの無線は満足のままCLしました。

無線交信中に気温が上昇、登山客も随分増えましたが、展望は変わらず霞んだままで正面の雨乞岳やその奥にある鎌ケ岳はその山容は分かってもスッキリしません。
f0073587_15422558.jpg

カップラーメンで腹を満たし13:20高気圧に包まれた山頂を後に下山開始。五合目小屋では初めて{夢咲の鐘」を一つ鳴らすことができ満足です。(普段は多くの登山客がいる)
f0073587_15464814.jpg

14:50無事駐車場に到着。
f0073587_1548537.jpg

帰路、近くのローソンで地酒ワンカップを発見。ちなみにファミマ、セブンにはありませんでした。今日は矢尾酒造さんの「鈴正宗」です。
f0073587_16181825.jpg

[PR]
by mido811 | 2018-04-01 15:50 | 鈴鹿・綿向山 | Comments(0)