雨男。リトル比良に苦戦する。-2
オーム岩からはダラダラと登り返しが続き苦戦したが、寒風峠からの下山道は沢を見ながら歩くので結構楽むことができた。ゴールの楊梅滝から北小松駅には下りなので15分位で行けたが逆だと結構しんどいので、スタートは近江高島からの方が良いと思う。


f0073587_23271518.jpg”石造観音三尊”。石室の中に石仏が納められています。ここからオウム岩までの間に獣の糞が点在し大いにビビルのだった。
f0073587_23273017.jpgここが岳山山頂と言われても、そうですかと言わざるを得ない程、影が薄い。

f0073587_23275821.jpgオウムのくちばしのような岩から名がついたらしい。ここで初めて男性4人組のグループに出合いホットする。岩からの眺めは絶景だが断崖絶壁で強風が吹きまくり汗で濡れたタオルが一気に乾いてしまった。向かいは蛇谷ケ峰。
f0073587_23315264.jpgいやらしい登り返しを繰り返し”岩岡沙利山”に到着する。本来ならば岩の上に登ると武奈が見えるらしいが先を急ぐ。
f0073587_23323159.jpg鵜川越の標識だろうか?寒風峠方面に向かうと直ぐ林道に出る。




f0073587_23341022.jpg林道をほんの少し下ると”寒風峠より北比良峠”の標識があり急登となる。
f0073587_23342493.jpgこの急登もだらだら長く苦戦しつつ登り切った所でさっきの4人組に追いつき、以降行動を共にする。

f0073587_23392673.jpgなだらかな道が続き寒風峠に到着。南方向に下ると北小松。
f0073587_23394377.jpg寒風峠から僅かで”オトシ”と呼ばれる湿原があり中に入っていく。

f0073587_23503565.jpg湿原を抜けると右側に沢を見ながら歩く道となり癒やされる。

f0073587_23505712.jpg沢と並行し一気に下っていくと涼峠に到着、ヤケ山からの道と合流する。

f0073587_2352323.jpg涼峠から比良山系らしいガレた道を徐々に高度を下げていくと”楊梅ノ滝”が見える滝見台に到着。昨日の雨で滝が豪快、その上を見るとロッククライミングをしている人達が・・・

[PR]
by mido811 | 2007-05-28 00:31 | 比良・リトル比良 | Comments(0)


<< 雨男+晴女 金勝アルプスを巡る... 雨男。リトル比良に苦戦する。-1 >>