雨男+晴女、藤原岳に挑む。 その3
藤原山荘に到着すると雨は本降り。
山荘の中は昼食をとる人達で溢れ、座る場所もない程。
そこへ、さっきの爺さんが登場。一人なので無理言って場所を確保し
早々メシにありついたそうな。やるなー、爺さん!

我々も場所が空くのを待って昼食、隣では鍋を囲んで大騒ぎ。
別にここで大騒ぎする必要ないのにと思っていたら隣から「すき焼き」の
お裾分け、奥方様は別腹といいつつ「すき焼き」にありつく。
「こんなんやったら、早めに言うてくれたらええのに」と奥方様が一言。

予定では「天狗岳」へ行く予定が、既に2時前ということもあり勇気ある撤退を決意。
雨は相変わらずだけど、足下はドロドロ状態で益々滑りやすく、ストックを
うまく使って下山しないと滑って転んで泥まみれになるのは想像に難い。
9合目に辿り着くまでに倍の時間をかけ下山、その間にも”山ツアー”という名札を
着けた団体さんが登ってくる。これから登って下山しても夕方、何と言えばいいのだろう?

8合目からは、分岐し大貝戸コースで下山する。
下山するにつれ雨が激しくなるそうだ。靄の中、単調な道を下山。
お地蔵様が見えれば、終点の登山センターだったかな?は近い。
下山後、駐車場へ向かうが反対方向の西藤原駅に到着。奥方様から冷たい視線と
「いつもの事だから慣れてる。」と罵声を浴びる。
帰路、草餅を売っていたのでお土産に求め、一路家路を急いだ。
f0073587_12153698.jpg
↑福寿草を見る人の波は途切れることなしに・・
f0073587_12161094.jpg
↑黄色い花が気持ちをいやしてくれます。
f0073587_12251684.jpg
↑雨で粘土状になった道を慎重に歩かないとやばいです。
f0073587_1217069.jpg
↑当たり前の様に咲き誇る福寿草。
f0073587_12172074.jpg
↑藤原山荘全景。
f0073587_12183743.jpg
↑靄に煙る福寿草。
f0073587_1221578.jpg
↑奥方様が慎重に下山していきます。



f0073587_1222357.jpg
↑元気がでそうな福寿草。
f0073587_12231794.jpg
↑単調な道が続く大貝戸コース、唯一、白い花を付けたミヤマカタバミが癒やしてくれる。
f0073587_12232687.jpg
↑ゴール間近にあるお地蔵さま
[PR]
by mido811 | 2007-04-15 12:36 | 鈴鹿・藤原岳 | Comments(0)


<< 摂津峡は桜満開。 雨男+晴女、藤原岳に挑む。 その2 >>