雨男+晴女、藤原岳に挑む。 その1
4/7(土)念願の藤原岳へ今回は奥方様とチャレンジです。
前回同様、豪華弁当をこしらえて朝5時出発の予定が2時間の遅刻です。
朝食も取らず名神大山崎ICから一路関ヶ原ICへ超特急!
藤原岳自然科学館近くの駐車場(300円/日)へ駐車し9時に聖宝寺の
登山口(裏登山口)を出発。
シーズンというのに駐車場は空きだらけ、おまけに登山者を見かけない。
時間が遅いからかなー?不安を抱えながら聖宝寺の階段を登るけど
この時点で奥方様はバテ気味。
花の山らしく今日最初の花、シャガに出迎えられエエ感じです。

しばらく歩くと、土石流で寸断され迂回路を通ることになる。
迂回路を渡りきると「長命水」の札、でも水はなし。
そこに男性が登ってくる。色褪せた赤いTシャツにミレーの布ザック・・・
何処かで会ったような?
奥方様の合図で一時休憩、その間男性が追いつき「今日は鉄道会社の
イベントで60名以上が登るので早く行かないと大変だよ」と声を掛けられる。
思い出した!昨年7月に伊吹山登山口行きバスで登山口の手前で降りた人だ。
この男性に伊吹山のことを話すと、いつも同じ格好で山登りをしているらしく
間違いないようだ。毎週、鈴鹿とか伊吹周辺を登っているらしい。

奥方様のペースに合わせて登るので後から来た夫婦に抜かされた。
さて、どうなることやら・・・

f0073587_0401315.jpg
↑自然館横から矢印に沿って進む。
f0073587_0402824.jpg
↑聖宝寺への階段入口です。
f0073587_04044100.jpg
↑階段を登りきるとシャガがお出迎え!
f0073587_041781.jpg
↑鱒の養殖池を過ぎると聖宝寺コースの標識。
f0073587_0411779.jpg
↑やがて寸断された箇所に迂回路の標識。
f0073587_0421296.jpg
↑迂回路を通って元に戻ると「長命水」の札あり。でも水がない!






f0073587_0425978.jpg
↑タテツボスミレ?
f0073587_0431053.jpg
↑ネコノメソウ
f0073587_0433146.jpg
↑ミヤマカタバミ
f0073587_0452617.jpg
↑奥方はスタートからバテ気味。でも急登と言うほどでもなく、登りやすい方だ。
[PR]
by mido811 | 2007-04-09 00:58 | 鈴鹿・藤原岳 | Comments(0)


<< 雨男+晴女、藤原岳に挑む。 その2 桜、舞う >>