SKYDOORアンテナのお試し
f0073587_21120930.jpg
2018年8月19日(日)
お盆も終わり夏らしさも薄れてきました。お盆期間中は何も変わらず出勤し快適な通勤タイムを満喫していましたが、それも終わりです。こんな調子でいくと今年も夏休みを取るタイミングを逸して休み無く通常勤務してそうです。ましてや今年も「1万人の第九」に参加予定で来週からレッスンが始ります。

さて、先般製作したスカイドアアンテナですが調整したものの実践検証ができていなかったので急遽ポンポン山に向かいアンテナの検証を行いました。しかし、50MHZを聞いてみても50.180MHZで宇治田原移動局がいるだけでCW以外何も聞こえてきません。アンテナのせいなのか環境なのかが判らず戸惑っていました。そんな折、西宮移動局がCQを出しはじめたので暫くタヌキをしてQSOを聞いていました。

その移動局はFT-817を使い内臓ホイップアンテナで運用していることがわかりました。大きなアンテナを使わない分、耳がわるくなるわけですからレポートを貰う価値ありとQSOが終るのを待ってコールさせていただきました。私の方ではRS57で入感、私の信号はというと59で届いているということでした。相手局は200mくらいの山で運用されていましたが内臓ホイップで59をいただいたので私としては満足。またご厚意でスカイドアアンテナのビームの切れもモニタいただき感謝です。運用中に気付いたことですが、ノイズが少ないです。それと相手局さんから教えていただきましたが内臓ホイップでも50MHZであれば1.5m程度のカウンタポイズをつけることで信号が伸びるようです。実際に外してもらうとRSが51まで落ちました。いや~いい勉強をさせていただきました。

その後、ツイッターに検証のことを掲げたことでSOTAメンバーのJJ3AMOさんから呼んでいただき59のレポートをいただきました。実践ということで組み立てから撤収までを押さえましたが非常にシンプルで対応がし易かったことを付け加えておきます。
f0073587_21344889.jpg
これで50MHZにもQRVできる準備はできました。後は、製作中の430MHZ9エレループアンテナを仕上げないと。これがいい所までできたんですが設置方法でストップしています。具体的にはブームを二分割するようにしたんですが結合して固定ができないことが判明、さてどうやって固定するかが難問です。430MHZは暫くはホイップアンテナRH770になりそうです。


[PR]
by mido811 | 2018-08-19 21:37 | アマチュア無線 | Comments(0)


<< 1万人の第九2018 森ノ宮4... QSLカード作成中 >>