SOTAで苦戦 兜岳・鎧岳① SOTA#JA/NR-038
f0073587_118875.jpg

2017年6月25日(月)
先週の地震から早1週間が過ぎました。時間の経過と共に被害状況が判明し不安だけが独り歩きしています。幸いに私は被害が少なく助かりましたが、続く余震と不安で寝付けない日々を過ごし寝不足気味。そんな時に限って気分の悪いことが重なるもの。悪い流れを断ち切るため思い切って有休をとり気分転換に山に登ってきました。今回は特徴のある山容の兜岳と鎧岳2座です。

朝6時に家を出て新名神高速高槻ICから名神に入り近畿自動車道から西名阪道、R25とつなぎ福住で下車。そこから広域農道を経由してR369をひた走り県道81でカフェねころんを目指します。カフェねころんは林道の入口になりますので終点が登山口です。駐車場はなく車2台分程度の空きスペースに駐車します。
f0073587_084126.jpg

平日なので誰もいません。それよりも林道には「猿に注意」とありました。熊でなく猿とは。8:30植林で薄暗い登山口から出発です。
f0073587_0112348.jpg

今朝の気温は17度で猛暑と言われながらちょうどいい感じ。つづら折の広い登山道をのんびり登って行きます。
f0073587_0151321.jpg

8:48鎧岳との分岐です。下山はここから下りて来る予定です。
f0073587_0175226.jpg

更に5分程進むと峰坂峠を通過。兜と鎧の分岐点です。
f0073587_020250.jpg

やや平坦になったかと油断していると待ってましたとばかりに急登が始ります。いきなり虎ロープちゃんがお出迎えです。
f0073587_0233091.jpg

往きはよいよいで良いのですが、問題は帰り。どうみても滑りそうな地面です。
f0073587_0253037.jpg

急登を登ると再び激下り、これを3回も繰り返すなんて聞いてへんし。
f0073587_0264686.jpg

すると今日初めて展望が開けました。正面に緑の倶留尊山が登場です。こうやってみると高原ではなく火山の火口にしか見えないな。
f0073587_0292951.jpg

我慢の急登もここまで。9:30山頂到着です。
f0073587_103951.jpg


展望は倶留尊山を望む北東方面のみです。本日の無線はV/Uとハイバンドスタイルですが展望が少しあるので18MHZから運用してみます。
f0073587_039673.jpg

【本日の交信結果】
FT-817ND/5W  + 電圧給電アンテナ
兜岳  標高920m   SOTA#JA/NR-038
奈良県宇陀郡曽爾村  JCG#24002C

09:46 JA3PVE/2 59/59 三重県名張市※18.130MHZ/SSB
09:49 JQ2WKN 59/59 三重県名張市
09:54 JO1ODG/3 59/55  滋賀県甲賀市
10:19 JF8JPN 59/51 札幌市南区※21.189MHZ/SSB
各局、FB QSO有難うございました。18MHZからスタートしましたがコンデイションはあまり良くありませんでした。それでもCQを出すと近隣の3局からコールをいただき快調に進んだかに思えましたがそれもここまで。それ以降は全く反応がありません。ミッションクリアするには残り1局との交信です。念のため21MHZにQSYするとコンディションは18MHZ程ではなくCQをだされていた8エリア局に拾ってもらい何とか滑り込みセーフ。焦る気持ちはヒートアップするは無線機は強い陽射しを浴びて熱っちんちんの鉄の塊と化しておりました。
f0073587_0561280.jpg

10:53機材を撤収し次の鎧岳へ移動開始です。再び急登を登り返しますが特に下りは要注意で虎ロープささまさまです。
f0073587_175688.jpg

11:15再び峰坂峠到着。
f0073587_19175.jpg

この先は②に続く。
[PR]
by mido811 | 2018-06-28 23:34 | 兜岳・鎧岳 | Comments(0)


<< SOTAで苦戦 兜岳・鎧岳② ... 大阪北部地震 >>