あいかわらず手強かった荒島岳 SOTA#JA/FI-005
f0073587_15151529.jpg

2018年6月9日(土)
梅雨入りして週末は雨かと思えば土曜日だけは晴れそうな予報。暫く山に行けそうにもないだろうからと福井県の百名山「荒島岳」に登ることにしました。2009年10月31日に勝原コースから登ったことがありますが、山頂までが長かったという印象だけが残っています。今回は、中出コースから登ることにしました。

早朝4時自宅を出発。新名神高槻ICから北陸道福井北ICへと向かうはずでしたが、名神高速の集中工事とやらで京滋バイパスを経由しなければなりません。そこで、節約を考え急遽湖西道路経由にルートを変更。一旦、久御山ICで下りてR1でR161湖西道路に入ることにしました。ところが、R1の清水坂トンネルを通過するといきなり渋滞です。どうやら前方で車が大破する事故が発生しているようですが、前を走っていた車があろうことが止まれずに横の車に追突したのです。早朝から良くないサインです。暫くして渋滞は解消し予定とおりR161(湖西道路)⇒R8⇒北陸道敦賀IC⇒福井北IC⇒中部縦貫大野IC⇒R157⇒R171と繋いで中出コース駐車場に8:10到着しました。
f0073587_11565875.jpg

残念ながら天候は曇り、おまけに周囲はガスってます。それでも、駐車場には次々に車が入ってきました。ネットにあったように綺麗なトイレに靴やストックが洗えるように湧水が出ています。それよりも「名水治足」とされる足湯ならぬ足冷水がありました。下山したら使ってみようと思います。でもこれは他にはないサービスでグッドアイデアですね。
f0073587_1244527.jpg

身支度をして8:30に出発です。先ずはコンクリートの林道を歩きます。
f0073587_12382556.jpg

直ぐに舗装されていない本来の林道に入ります。
f0073587_12394593.jpg

8:55登山口に到着。林道歩きがけっこう長かったです。
f0073587_1241786.jpg

さぁ、ここからは未知の世界です。登山道に入ると先週登った金糞岳同様に木々がうっそうとした中を縫うように登って行きます。しかし、登山道はよく踏まれていてしっかり分かります。この先、林道との交差が4回あります。
f0073587_1246563.jpg

ガスで湿度が高い中、風もなく汗だけがほとばしり通常よりも水分補給の間隔が早くなってます。
f0073587_12495375.jpg

9:37「雨降り展望台」通過。展望のない展望台でした。
f0073587_12515442.jpg

9:58「おおこば展望台」通過。ここも展望のない展望台でした。時間とともに薄日が射すようになり蒸し暑さも絶好調、全身ずぶ濡れです。
f0073587_12543399.jpg

10:07標識がありました。ここまで2.5kmだって?もう5kmくらい歩いてる感覚なんだけど・・・。山頂までは歩いた距離以上あるってか。いまのところ登山口から下ることなくひたすら登り続けています。
f0073587_12583842.jpg

登りも一段落し落差のない登山道に入ると幻想的な風景に出遭えました。クマさんにも出遭えそうですが・・・。
f0073587_13211083.jpg

10:26「ひえ畑」通過。新緑の美しいブナ林は中出コースの最大のポイントかもね。
f0073587_1326545.jpg

10:35「とやのおとし」通過。ブナ林に囲まれた急坂です。
f0073587_13292023.jpg

10:45小荒島との分岐通過。立ち寄ってみたいけど時間押してるので先に進みます。
f0073587_13311430.jpg

再びブナ林を抜けて行きます。
f0073587_13331713.jpg

11:00勝原コースとの分岐「シャクナケ平」に到着。下山して来る登山者の方が多いなぁ~。ということは6,7時にはスタートしているってこと?
f0073587_133551100.jpg

ここで大休憩です。ご褒美は、テルモスに入れた冷たいお茶とオニギリ一つ。やや脱水症状もあり小まめにお茶を流し込んで水分を補給します。いよいよ山頂への山歩きが始ります。なんと、いきなりの急降下やめてよ~。
f0073587_13402573.jpg

急降下したので、再び登りです。それも、きつ~いロープ、鎖を頼りに登る急勾配。百名山らしからぬくらい自然のままです。
f0073587_13435676.jpg

さんざん登って、ついに「もちが壁」を目前にしました。雨でつるつるのガレ場をロープ支えに登ります。
f0073587_13473215.jpg

やっとこさ登って中荒島岳です。
f0073587_13512559.jpg

まだまだ登りは続きます。今度は九十九折に登っていきます。一度登ってるので、そのしつこさはよ~く熟知しておりますが、ほんとしつこい!長い!
f0073587_1355010.jpg



12:20山頂到着。長かった~と思うと山頂はガスで真っ白、おまけに寒い!



山頂標識の側には羅針盤。贈呈者は「荒島愛山会」とありました。ガスがなければその向こうには雄大な白山の山容が望めるはずなんですが、先週の金糞岳といい白山に嫌われてます。

f0073587_1494559.jpg

少し離れたところに荒島神社の祠があります。
f0073587_1413820.jpg

山頂はお昼時とあって登山者で賑わっていました。そこへ学生さんのパーティーがやって来てサプライズとばかりにハッピーバースデーの合唱が始まりました。周囲もつられて大合唱。そして、ザックから取り出されたプレゼントはというと何とスイカでした。やはり若いっていいなぁって思える一コマでした。
f0073587_140820.jpg

こちらは急いで次なるミッション、無線の準備に取り掛かります。先ずは、電圧給電のアンテナで18MHZから始めます。無線機の電源を入れると強い信号が入っていたので安心しました。今日もハイバンドのコンディションは良さそうです。但し、国内向けのことですが…。
f0073587_1463888.jpg

【本日の交信結果】
FT-817ND/5W + 電圧給電アンテナ
荒島岳  標高1523m  SOTA#JA/FI-005
福井県大野市  JCC#2905
TIME/相手コールサイン/MY・HIS/相手先運用地/※周波数及び通信形態
12:37 JG7JPK/7 59/56 岩手県胆沢郡金ヶ崎町※18.135MHZ/SSB
12:47 JE5ELS 59/59 高知県高岡郡日高村※21.205MHZ/SSB
13:04 JR5PDV 59/59 徳島県美馬市つるぎ町※18.147MHZ/SSB
13:13 JE8DMG 59/55 北海道紋別郡遠軽町※18.118MHZ/SSB
13:19 JA3WPN 59/57 大阪府堺市※18.121MHZ/SSB
13:23 JR9FTJ 59/55 福井県鯖江市
13:25 JI6WNE 59/59 大分県津久見市
13:38 JG2DSI 59/59 愛知県名古屋市※433.220MHZ/FM

<備考>
・His/My は相手先/相手先から送られた私の信号についてのRSレポート
R(了解度)
1: 了解できない
2: かろうじて了解できる
3: かなり困難だが了解できる
4: 事実上困難なく了解できる
5: 完全に了解できる
S(信号強度)
1: 微弱でかろうじて受信できる信号
2: 大変弱い信号
3: 弱い信号
4: 弱いが受信容易な信号
5: かなり適度な強さの信号
6: 適度な強さの信号
7: かなり強い信号
8: 強い信号
9: 非常に強い信号

各局、FB QSOいただき有難うございました。時間がなかったので取り急ぎ呼びまわってました。各局の信号は強く期待しましたが飛びが思うほどではなくJE8局へコールしたときにはQSBが酷くQTHがなかなか伝わらずJCCでもダメで困惑っていたところへなんとJA3WPN局が助け舟を出していただきぶじQSO成立です。それにしても恐るべしWPNさん、耳の素晴らしさにいつも驚かされます。30分前からウォッチされてたそうです。一度シャックやアンテナを拝見したいものです。

また、QSOはできませんでしたが24MHZでYLさんでしたがVR2FIFA、恐らくFIFAの記念局だと思いますがフルスケールに近い強さで入感していました。QRZ.COMで見ると各国でFIFA開催まで記念局が運用されています。悲しいかな日本はありませんね。海外局を追っかけてる人達がいるのにワールドカップとかには興味ないんですかね。最後にWPNさんからのリクエストもあり430MHZでCQをだしてみましたが3エリアには届かなかったようです。残念~その代わり地元の違法トラッカーのオッサン達がオレの周波数やとばかりに騒ぎ出しました。面倒くさ!
f0073587_14414156.jpg

気が付けば14:00前、急いで撤収し下山開始です。悲しいことに剣山に登ったときのようにカメラがエラーを起こしてピントが合わなくなりました。恐らく、前回もそうですがガスが酷くセンサが結露したと思われます。
ガスで普段より山中は暗いので16;00までには下山したいところです。変なモノにも遭いたくないしね。そして、汗だくになりながら急いで下りた結果15:40に登山口に到着しました。もう死ぬかとおもた
f0073587_1504433.jpg

16:00駐車場に無事到着。予定通り「名水治足」に足をつけて冷やし湧水で顔を洗ってサッパリしたところで駐車場を離れました。同じルートをたどり自宅には21:00帰着しました。
f0073587_153326.jpg

帰路、大野市内のスーパーで本日のワンカップ地酒を調達しました。勝山市の一本義久保本店の「一本義」です。大野市内に造酒屋さんが4軒ほどあるようですがワンカップは見当たらず残念です。コンビにでも一本義だけでした。
f0073587_1594897.jpg

[PR]
by mido811 | 2018-06-10 15:16 | 荒島岳 | Comments(0)


<< 1万人の第九エントリ 単独行はつらいよ金糞岳・白倉岳... >>