シロヤシオ満開の八経ケ岳 SOTA#JA/NR-001
f0073587_21404654.jpg

2018年5月26日(土)
来週から晴れの日が少ないという予報を信じてもう一丁!ということで、凝りもせず新緑の大峰山脈を登ることにしました。どうせ登るなら高いところいうわけで近畿最高峰、日本百名山の八経ケ岳です。今回は1座をゆっくりと楽しむ山行です。

昨晩から仮眠をとり3時半に起床し4時半に家を出発です。ルートか前回同様、新名神高槻ICから近畿自動車道⇒南阪奈道⇒京奈和道と乗り継ぎ国道309号線で天川村まで向かいます。天川村からは酷道に変貌し先ずは離合も難しいミタライ渓谷沿いを走ります。ちょうど渓谷釣りの季節なのか知りませんが、離合するための路肩に駐車するアホがようさんおり迷惑千万です。渓谷を抜けると山道に変わり行者還トンネル西口までをくねくね走って7時前に到着。早速、駐車代金1000円徴収です。ちょと前は500円ちゃうかったかな??もし、それが嫌な人は手前のちょっと外れた場所に駐車するかトンネル東口に停めるという手があります。到着時はがらがらでしたが、次々に車がやって来ました。車番を見ると隣は旭川と岐阜ナンバー、その隣は石川ナンバーとさすがは百名山、世界遺産です。
f0073587_1747597.jpg

朝食代わりのサンドイッチを食べて出発です。それにしても数年前は野ざらしの駐車場もどきでお気楽だったんですがね。
f0073587_17495174.jpg

7:20木橋を渡って登山開始。
f0073587_17523556.jpg

いきなりの急登ですが、数年前に来た時よりも登山道が整備されて登りやすくなっています。ちょっと前なら滑るし段差はあるしで苦労しましたけど。
f0073587_17563827.jpg

危険なところは整備され迂回するようになっていたり、特筆すべきはこれ。梯子が付けられています。今までは無理やり登ってた。
f0073587_17584330.jpg

登り始めて植生が変わると奥駈出合はもう直ぐ。ここからはシロヤシオのオンパレードです。
f0073587_1823916.jpg

8:20稜線となる奥駈出合に到着。多くの登山者が休憩中。
f0073587_1853788.jpg

いよいよ稜線歩きです。今日は満開のシロヤシオに囲まれて格別です。
f0073587_18272653.jpg

これまで何度か八経ケ岳に登っていますが、シロヤシオが満開の時期に登ったことがありませんでした。花は小さいですが純白ゆえに清楚で美しさ感じます。
f0073587_1852841.jpg

8:50シロヤシオを堪能し弁天の森に到着。
f0073587_1854518.jpg

シロヤシオが咲く登山道から深い緑の登山道に変わります。この辺りからバイケイソウも顔を出し始めました。歩く風景が一つ一つ違いその度に足が止まります。
f0073587_18564355.jpg

木々の間から弥山の山容を捉えました。天候は残念ながら曇りですが、暑い中を歩くことを考えると気持ちのいい山歩きです。
f0073587_190576.jpg

いや~良い感じの登山道です。小鳥のさえずりに混じって鹿の鳴き声も聞こえてきます。
f0073587_1982614.jpg

バイケイソウの中を登山道が縫うように延びて行きます。初夏ならではのこの風景です。
f0073587_1910833.jpg

9:15聖ノ宿跡を通過。
f0073587_19124815.jpg

聖ノ宿跡を過ぎると弥山への登りが始ります。
f0073587_19524527.jpg

高度を徐々に上げると先々週登った大普賢岳が姿を現しました。こうやってみると電波がよく飛びそうやな。
f0073587_19543187.jpg

八経ケ岳では弥山の登り、特に次々に現われる階段が堪えます。いよいよ核心に入ります。
f0073587_19583594.jpg

どんどん高度を稼いでいきます。すると辿ってきた登山道が振り返れます。一番奥にはこれまた先々週登った大台ケ原です。
f0073587_2004917.jpg

力を振り絞って最後の木段を登ります。きっといいことがあるはず。
f0073587_204818.jpg

10:00弥山小屋に到着。いいことあった!
f0073587_2053389.jpg

八経ケ岳へ行く前に天河大弁財天社の奥院である弥山弁財天社へ参詣します。芸能の神様なんであまり縁無いですが・・・。(笑)
f0073587_20113539.jpg

弥山小屋に戻り大休憩。エネルギー補給としてシノブフーズの49円オニギリを食べていよいよ八経ケ岳へ向かいます。
f0073587_2014382.jpg

弥山は鹿害による立ち枯れが酷くある意味独特の雰囲気を作っています。
f0073587_2016252.jpg

こんなところにウ〇コしたの誰ですか?クマさんです、知らんけど・・・
f0073587_20174290.jpg

八経ケ岳の山容がみえてきました。
f0073587_20182471.jpg

登山道脇にはオオヤマレンゲの木々の間にサンカヨウがひっそりと咲いていました。こちらも小さく純白の清楚な花です。
f0073587_20215082.jpg

10:48八経ケ岳山頂に到着。
f0073587_2027911.jpg

遥か遠くに見えるは、金剛山、大和葛城山のツートップ。
f0073587_20273473.jpg

奥駈道が延びる先には明星ケ岳です。無線を運用する場所も登山者の邪魔にならないよう山頂から少し離れたこの場所にアンテナを設置する事にしました。ずっとこの風景を見ながらオペレートしていました。無線の運用中には鹿が現われたりでビックリ。
f0073587_20315398.jpg

無線の準備に取り掛かります。今日は、V/UHFとHFのハイバンド用のアンテナを準備してきました。最初は、18MHZからスタートします。その間にアマチュア無線をやっているという登山者さんが声を掛けて来られました。「SOTA=頂上無線」の移動と説明するとお分かりになった様子でした。「SOTA」もようやく市民権を得始めたかな?
f0073587_20364210.jpg

【本日の交信結果】
FT-817ND/5W + 電圧給電ANT
八経ケ岳  標高1915m  SOTA#JA/NR-001
奈良県吉野郡天川(テンカワ)村  JCG#24010H
11:28 8J3B 59/55 滋賀県守山市※18.150MHZ/SSB
11:29 JO1YRB/1  59/59 茨城県常陸太田市※18.153MHZ/SSBミサトAMC
11:32 JA3WPN 59/59 大阪府堺市※18.159MHZ/SSB
11:38 JG8PKB/8 59/52 北海道牧郡島牧村※8.142MHZ/SSB
11:45 JG7CSM/7 59/59 山形県南陽市※18.138MHZ/SSB
11:51 JA7FKF 59/59 岩手県一関市※18.113MHZ/SSB
12:06 JG7JPK/7 59/57 岩手県遠野市※18.145MHZ/SSB
12:11 JJ3UAV/3 59/59 奈良県吉野郡天川村※18.118MHZ/SSB
12:14 JA7EPC 59/59 宮城県登米市※18.115MHZ/SSB
12:27 JI8PQR 59/59 北海道沙流郡日高町※24.955MHZ/SSB
12:48 JG3PWT 59/59 兵庫県神戸市灘区※18.125MHZ/SSB
12:53 JA3HYV 59/59 兵庫県宝塚市
各局、FB QSO有難うございました。山頂で受信する限りハイバンドのコンデイションは良かったと思います。しかし、逆にCQを連呼しても反応がなかったので呼びまわる作戦に変更しました。すると、大半一発でとっていただき感謝申し上げます。僅か5M弱の釣竿にビニール線を這わせただけのアンテナ、それも5Wという非力なのに相手に届くのですからやっぱり不思議ですし電波の面白さを感じますね。特にQSBと言って電波が強弱を繰り返しながら受信できる状況は正しく数千KM上空にあるとされる電離層に反射して電波が飛んできているのを実感するわけですよ。状況としては1,3,6,7,8,0エリアが交互に受信でき目まぐるしかったですね。

いつも何も告知せずに運用していますがJA3WPN局には必ず見つけられます。今回でもよく見つけはったなと思います。そのWPN局さんから同じ18MHZでJF3FGL局が霊仙山から運用しているという伝言を聞きました。ニアミスはありませんが結局見つけられませんでした。とういうことでHFで無線を堪能したのでU/VHFで交信することもなくCLOSEいたしました。
f0073587_2185179.jpg

13:25機材を撤収して下山します。
f0073587_21151234.jpg

一旦、弥山小屋に戻り「八経ケ岳」(大峰山のバッヂは購入済)の山バッヂを購入、小屋で買うと600円、実は登山口で買うと500円でした。ありゃ失敗した~。そして、せっかくなんで国見八方覗、要はテント場を見に行きました。いつかはここでテント泊して満点の星空をみてみたいね~。
f0073587_2121564.jpg

13:50弥山小屋を離れます。
f0073587_21231625.jpg

毎度のことですが、登るのは大変ですが下るのは転がるように早いのです。
f0073587_2125432.jpg

下山途中にもテン泊装備の登山者さんにたくさん擦れ違いました。団体さんとも擦れ違いましたがこの時間なので弥山小屋に宿泊でしょう。小屋の偏屈オヤジが不機嫌そうだったのがこれで分かりました。(笑)
f0073587_21282518.jpg

15:00奥駈出合到着。15:20暫く休憩して奥駈道ともお別れです。
f0073587_21321739.jpg

16:00登山口に到着。
f0073587_21341360.jpg



天候は予報通り午後から晴れることはありませんでしたが、新緑の緑と清楚なソロヤシオに包まれ素晴らしい山行になりました。この時期の大峰奥駈道は、瞬間瞬間の風景が一つ一つ違い歩くのが楽しくなります。お陰さまで気が紛れいつもより楽に登れました。無線も心置きなく楽しめましたし次は50MHZにチャレンジしようと思ってアンテナ製作中です。



[PR]
by mido811 | 2018-05-27 23:52 | 大峰・八経ケ岳 | Comments(2)
Commented by JF3FGL at 2018-05-28 23:38 x
midoさんこんばんは。
先週末も大峰山系だったのですね。それにしても毎週パワフルで、感心します。お疲れ様でした。
大峰は山々も魅力ですが、電波の飛びも抜群ですよね! HFも電離層に近い分、有利になるのでしょうか? よくわかりませんが…
私は霊仙でまったり無線三昧でした。18MHzもコンディションは良い感じでしたが、CQの反応はこちらもイマイチでした。
なので、そこそこやって6mにQSYしました。今回はmidoさんつながらなくて残念でした。
それにしても、JA3WPN局のワッチはすごいですね! こちらも18MHzの1発目で見つけられました(笑)
いつもの430運用時でも、メインで告知する前に見つけられることがよくあります。本当に感心します。
WPN局から、どうせならHFでしか交信出来ない遠くの山から運用して、とのリクエストがありましたよ!
それではまたよろしくお願いします!
Commented by mido811 at 2018-05-29 00:34
JF3FGLさん、こんばんは。
先日は霊仙山での運用お疲れ様でした。QSOできず残念でした。
そろそろ梅雨ですので高いところは登っておこうと思い大峰連投となりました。
大峰は標高もありV/U、HFともに飛びはいいですね。先日の大台ケ原では15:00くらい
でしたが18MHZは国内はダメでDXがガンガン入ってました。

WPNさんのワッチ力は半端じゃないでしょう。ANT、ロケーション等恵まれてるのかな?
430MHZなら大抵のところでフルスケールで飛んでくるので飛びも良ければ受けも良いんでしょうね。
一度拝見したいものですが。伝言、承知しました。遠いところとなると海外ですか・・・淡路島とか(笑)
次回繋がるのを楽しみにしています。6mのANTを早く作らねば。73!!



<< 単独行はつらいよ金糞岳・白倉岳... 凝りもせず大峰2座登りました。... >>