四国・剣山系で三座登ってきました。②  SOTA#JA5/TS-002
f0073587_22295711.jpg

2018年4月30日(月)
9:20剣山山頂を後にして次の次郎笈へ向かいます。2年前に登った時は、奥方と一緒ということもあり体力的なことから次郎笈を目前にして下山しました。それ故、何か昂揚するものがあります。特に次郎笈を見ていると生物を見ているような躍動感を感じます。尾根筋だったり稜線だったりまるで筋肉質の生物のように感じます。
f0073587_20424487.jpg

残念なことにガスで次郎笈の容姿がみえません。ただただ続く登山道が美しい。
f0073587_20443244.jpg

高度が下がると不思議と風が止んできました。しかし、ガスは相変わらず周囲を包んでいます。
f0073587_20462182.jpg

振り返って見るとこんなに下りてきました。登り返しガ大変だわ。
f0073587_20481973.jpg

下りたら登る。登り返しガ待ってました。風は止んだものの今度はお空が心配です。
f0073587_2050288.jpg

次郎笈の特徴は稜線と尾根筋にある躍動感といってもいいでしょう。特に尾根筋は北アルプスの五竜岳のように鋭い流の爪のように思えてきます。
f0073587_20571172.jpg

登り始めて直ぐに憧れの三嶺へ続く縦走路との分岐に来ました。いつかは、縦走路を歩いてみたいな。
f0073587_211045.jpg

さぁ本格的な登りに入りました。ガスが一瞬切れたところで山頂付近が姿を現わしました。
f0073587_2142925.jpg

今度は剣山にガスがかかり始めました。瞬時に変わってしまうこれが山の天気です。
f0073587_21162815.jpg

ここでアクシデント発生。手持ちのカメラがレンズエラーという表示と警告音が鳴り焦点が合わないばかりかレンズが格納しなくなりました。電源を入れ直しレンズが格納、再度電源を入れなおし半押しでピントを合わせてもピントが合わずピンボケ写真しか撮れなくなりました。この繰り返しで3回に1回程度で正常に動作するといった感じ呪われたカメラになってしまいました。それでも山頂近くのピークまで登ってきました。
f0073587_21222263.jpg

10:20山頂に到着。ガスが切れることはありません。
f0073587_21262952.jpg

山頂では若い男性がカップラーメンを召し上がってました。地元の人なのか定かではありませんが、それが地元徳島製粉の「金ちゃんヌードル」だったので思わず徳島愛を感じました。次は無線の準備に取り掛かります。山頂には多くの人がおられたので山頂から少し離れたところにアンテナを設置しました。
f0073587_21331285.jpg

FT-817ND/3W + RH770
次郎笈  標高1,930m   SOTA#JA5/TS-002
徳島県那珂郡那珂町  JCG#37006H
10:36 JI4ARO/3 59/59 和歌山県和歌山市※144.155MHZ/SSB
10:39 JA3WPN 59/59 大阪府堺市
10:41 JA3JFT 59/59 大阪府吹田市
10:47 JG3KGJ 59/59 大阪府豊能郡豊野町
10:51 JR3DVV 58/51 大阪府堺市
各局、FB QSO有難うございました。他にたくさんコールいただいていましたが急に雨が降り始めたためそのままCLとさせていただきました。コールいただいた局からすると何が起こったかは見当が付かなかったと思いますが何卒ご容赦願います。ところでJA3WPNさんより四国遠征中のJP3OSW局が430MHZのメインCHで当方をコールしていたことを聞き、交信を途中中断して430MメインCHでOSW局を呼ばせていただきましたが残念ながらタイミングが合わなかったようでQSOはできませんでした。

無線交信をするにあたって、もう一つ目的がありました。それは、FT-817シリーズ用のスピーチプロセッサの検証です。QRP販売で有名なSOTABEAMSで販売している製品で開発元はドイツのようです。現在、品切れですが、よく見るとSOTABEAMSの日本代理店が存在していましたのでオファーすると在庫ありとの返答。早速オーダーし数日前に送られてきました。ダミーを繋いで送信すると確かにレベルに差がありました。これを今回実践投入するため144MSSBでも運用したというわけです。相手先にはこのことは一切言ってませんが円滑に交信ができレポートも先の430Mより良かったんで合格点かなと思っています。効果を探るならQSBの多いHFと思いますので次回はで実践投入したいと思います。
f0073587_21561220.jpg

まさかの雨が降り出しましたが、風と寒さからレインウェアを着込んでいたので助かりました。しかし、雨が止む様子もなく急いで機材を撤収し下山にかかりました。
f0073587_2215593.jpg

下山しながら気付きました。次郎笈の特徴の一つはこの高度感かもしれません。
f0073587_2252359.jpg

更に下山すると雨も止みガスが切れスッキリと剣山が現われました。
f0073587_2285572.jpg

同じく次郎笈もすっきり。
f0073587_22101624.jpg

いつもならピストンして剣山へ戻るところですが、時間短縮から途中の分岐で二度見展望台を経由してリフトの西島駅へ向かうことにします。
f0073587_22151689.jpg

剣山の巻きながら進むと正面に赤屋根の大剱神社が見えてきました。
f0073587_22173319.jpg

更に進むと西島駅に到着。途中、リフトで登ってこられたと思しき大勢の方と擦れ違いました。この登山道は石灰地質のようで高山植物も豊富なようです。
f0073587_22194740.jpg

次はお楽しみのリフトに乗ります。料金は片道¥1030でした。約15分かけて標高1750mから1420mの登山口へ一機に下ります。傾斜も急で足もブラブラするので揺らさないようじっとしていました。(笑)
f0073587_22252665.jpg

今日は天候に振り回されっぱなしです。昼食後は三座目の丸笹山登山口に車で移動します。
丸笹山編③に続く。



[PR]
by mido811 | 2018-05-01 22:31 | 剣山(徳島県) | Comments(0)


<< 四国・剣山系で三座登ってきまし... 四国・剣山系で三座登ってきまし... >>