EFHWアンテナ用カップラ製作
f0073587_12124617.jpg

2018年4月6日(金)
狭い山頂用の短波帯アンテナとしてEFHWアンテナ(End Fed Half Wave Antenna)があります。CW(モールス)をされる方に愛用者は多いようです。これからの季節ハイバンドのコンディションが上がってきますのでSSB(PHONE)でも狭い山頂で無線交信が楽しめないかと考えネットで検索したところJO3FRH局のBlogでEFHWアンテナカップラの記事を見つけました。元々はAA5TB局の記事がベースで製作されたようで案外簡単に作れそうだったので部品を集めて早速製作してみました。製作方法については先のBlogを参照ください。
f0073587_1230038.jpg

ポリバリコンは手持ちのもので対応しましたので元祖は「A 40m through 17m Mini End Fed Half Wave Antenna Coupler 」すなわち7MHZ-18MHZまで使える仕様ですが、4.7KΩの抵抗をダミーとしてSWRを見る限り7MHZ-28MHZまで対応可能です。ただし、実際の環境では確認が取れていないのとバリコンの設定が非常にクリチカルなので職人技が必要です。また、このカップラに18-28MHZまでのエレメント(各周波数の1/2λ)をギボシで離合するようにしてやれば便利かなと思っています。でも、ハイバンドなら狭い山頂でもIVDPが使えるので別にEFHWが必要かというとどうかな・・・。

SSB用として7.130MHZでSWRを計測。
f0073587_1231302.jpg

7MHZでの使用帯域はかなり狭い。
f0073587_1235230.jpg

28.5MHZではブロードです。SWRは1.03
f0073587_12362229.jpg

[PR]
by mido811 | 2018-04-07 12:37 | アマチュア無線 | Comments(0)


<< 大天井ケ岳で四月の雪を見た。 ... 大展望の高室山  SOTA#J... >>