人気ブログランキング |
迷い迷うて京都大原・天ケ岳-2
f0073587_22145521.jpg
    ■3番標識周辺から天ケ岳を遠望。



今日2度目のアクシデントの続きです。
何の迷いもなくリボンがある方向へ向かい登り始めた。
途中から残雪が顔を覗かせたかと思うと登るにつれ積雪量が増し
気持ちはルンルンですやん。
f0073587_2221522.jpg



登山道ではない所に足跡が点々と残されている。
よく見ると、これはイノシシかなぁ?他にも違う足跡があったので
動物が多いようだ。それにしても登山者は自分一人は間違いない。
f0073587_22234526.jpg



11:58、まさか登山道を間違えてるとは知らず、もう直ぐ天ケ岳山頂かな~とか
思いながら歩いていると今までとは明らかに違う標識に出くわす。
13番焼杉山と書かれている。一瞬、何かわからず呆然となった。
慌ててザックから地図を取り出し見ると標識の通り焼杉山に向かっていた。
3番標識分岐で間違えたことにここで気がつき戻ることにした。
しかし、今日2度も道を間違えるとは何か憑いてんのかな?
f0073587_22365376.jpg



12:11再び3番標識に戻ってきた。
f0073587_2238493.jpg



今度は間違えないように獣避けのネットがある平坦な道へ進路をとる。
周囲が急に明るくなったかと思うと対向に天ケ岳の容姿が飛び込んできた。
f0073587_22412521.jpg



12:17ネットで防護された植林の中を歩き4番標識に到着。
f0073587_22492171.jpg



再び防護ネットに守られた植林を巻くように歩き12:27 5番標識到着。
日が差さない所では雪が氷と化し踏むとバリバリ音を立てる。
そして、嬉しいことに対向からスノーシューを担いだ登山者とすれ違う。
彼も積雪を期待して入山したが見事裏切られたとつぶやく。
f0073587_230926.jpg



天ケ岳を遠巻きにするように登山道は登りになり12:30に
6番標識通過。道路脇に残雪が多く見られるようになる。
f0073587_2392291.jpg



12:40 7番標識通過。残雪の量もかなり増えてきた。
f0073587_2312772.jpg



12:40 シャクナケ尾根分岐通過。
f0073587_23222320.jpg



12:48 8番標識通過。勾配が緩やかに上がり始める。
天候は、曇りから雪がちらつき始めた。
f0073587_2347468.jpg



12:52 きつい勾配の9番標識通過。とうとう雪が降り始め時折、強い風に
煽られ吹雪くので林の中へ避難する。
f0073587_23521135.jpg



13:02 吹雪は続くが前進。林の間から比良周辺の山々が白く輝いて見える。
10番標識を通過すると残雪から積雪へと変化。
f0073587_23574916.jpg



13:15 待望の雪、それもさらさらの雪を踏みながら進むことに。
11番標識周辺は銀世界が広がる。
f0073587_011020.jpg



砂丘のようにさらさらの雪の道は続く。先程までの風景は一変し
見事な銀世界に包まれた。この続きは次回ということで・・・
f0073587_044033.jpg

by mido811 | 2011-02-18 00:06 | 天ケ岳 | Comments(0)


<< 迷い迷うて京都大原・天ケ岳-3 迷い迷うて京都大原・天ケ岳-1 >>