人気ブログランキング |
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_01051260.jpg

2020年11月22日(日)

我慢の三連休の中日、「いい夫婦の日」だそうだ。
三連休の中では、今日がましと天気予報では出ていたので奥様孝行は土曜日に済ませ深夜いそいそと出かけるのでした。さて、今回の目的地はというと高見山地の「学能堂山」または「岳の洞」とも呼ばれる山です。樹氷で有名な三峰山と峰続きの山ですが奈良県神末上村登山口と三重県杉平登山口と2つあります。今回は三重県側からアプローチします。


問題は駐車場です。ネットで調べると大洞山登山口の三多気駐車場か林道の路肩というのが大勢のようです。近いに越したことはありませんので林道の路肩に直行です。判り難いのは林道に入る入口ですが、奈良方面からだと杉平バス停手前の三叉路を右折、伊勢街道の矢印に沿っていくと林道です。
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_21034908.jpg




いつものように自宅を1時過ぎに出発。近畿自動車道から西名阪国道で針ICへ向かいます。途中、香芝SAで仮眠したのですが気がつけば5時過ぎでした。寝袋に包まれ寝入ったようです。R369、R422と乗り継いで現地に到着。林道に入ると暫くは舗装道路ですが、砂利道になると悪路に変身。さすがに2
駆には荷が重そうなので舗装道路脇の僅かなスペースに路駐することにしました。
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_21005624.jpg




8:00出発。林道を歩いて登山口に向かいます。
途中数ヶ所駐車できるスペースがありました。
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_21044372.jpg




8:06登山口らしき場所に到着。矢印方向が登山道、
真っ直ぐ行くと林道ですが最後は合流します。
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_21101045.jpg





歩き始めて早々荒れた登山道です。この先でいいのかなぁ、念のためスマフォで確認。
この道で正しいようです。初めてだと戸惑うな。
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_21145377.jpg





迷ったのはさっきの1箇所くらいで、所々に標識が現われます。
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_21165959.jpg




8:42第1ラウンド終了。先程の林道と合流する場所に到着。
ここまで東海ラジオのワイドFMだけが受信できました。
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_21204293.jpg





ちょっと休憩して続く第2ラウンドの始まりです。
これが厄介で・・
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_21214543.jpg






登る登る、傾斜のきつい直登が延々続きます。
行きもやばけりゃ下りは更にやばいです。
今気づきましたが登山者は私ひとりのようです。誰も登ってきません。
ますますやばいです。
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_21280451.jpg





見た目分かり辛いですが、けっこうな急斜面です。
滑落しても誰もいないから助けてもらえません。ソロはこれが怖い。
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_21294408.jpg





急登が終わり続く第3ラウンド。
距離は僅かですが粘土層なのでツルツル滑ります。
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_21331212.jpg




無事、難関を突破するとポイントとなる標識。
ここからは第4ラウンドの始まり神の領域、稜線に沿って歩きます。
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_21362026.jpg




植林帯を抜けると学能堂山現る。
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_21381705.jpg



さぁ最後のフィナーレ、
緩やかな傾斜を登ります。
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_22001763.jpg




9:50フィニッシュ山頂到着。
噂とおり360度の大パノラマやんけー。
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_21435791.jpg




嬉しいのは展望だけではありやせん予報に反して晴れてるってこと。
多少風はあるもののそんなの大したことはねー。
それにしてもいい眺めです。北側は大洞、尼ケ岳?
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_21554199.jpg



こちらは、曽爾高原だから倶留尊山?
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_21571520.jpg




忘れてはならない高見山。さすが関西のマッターホルン。
尖った先がカッチイイ。奈良県に火山があるって印象ないでしょうね。

大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_21583516.jpg



そろそろ無線の準備を始めましょう。
今日も長いマストを担いできましたのでHF(短波帯)から始めます。
問題のコンディションはいかに。
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_23484614.jpg

FT817ND/5w + 7MHz用IVDP / 5エレループ八木(430MHZ)
学能堂山 標高1021m  SOTA#JA/ME-021
三重県津市  JCC#2101

<7MHZ/SSB>
10:20 7N1FRE 59/57 茨城県神栖市
10:22 JA1VRY 59/57 群馬県富岡市
10:24 JH1MXV 59/59 群馬県前橋市
10:25 JA5QJX/0 59/57 長野県長野市
10:26 JA1VVH 59/59 埼玉県深谷市
10:28 JI1UPL 59/59 横浜市青葉区
10:30 JA3HKR 59/59 滋賀県長浜市
10:31 JJ1IZY 59/59 埼玉県春日部市
10:34 JJ1QVO 53/55 東京都八王子市
10:35 JA3WPN 59/59 堺市中区
10:36 JJ5OZX/0 59/59 長野県長野市
10:39 JQ1NNT 58/59 千葉県千葉市
10:42 JH7IOT 59/57 秋田県秋田市
10:46 JF1NDT/1 58/57 JA/YM-057
10:52 JH7XKY 59/59 福島県南相馬市

大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_23590294.jpg

<430MHZ/FM&SSB>
11:53 JE2QWO/2 59/59 三重県津市青山高原※FM
12:05 JI2ZKW/2  59/59 愛知県常滑市
12:12 JQ3BPQ/3 59/59 奈良県山辺郡
12:22 JL2TPD 59/59 三重県津市※SSB
12:25 JI3AZH/3 58/53 滋賀県彦根市M
12:35 JF3MAU 57/55 京都市西京区
12:39 JM2QIP/2 58/58 岐阜県美濃加茂市
12:44 JH2FCE/2 57/55 岐阜県多治見市
12:56 JS2HYW/2 59/59 JA/ME-031

大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_00014922.jpg


各局、FB QSO有難うございました。SPOTを入れるやチェイサー各局より矢継ぎ早にコールをいただき自然に声がでかくなっていました。山頂には誰もいませんから何ら問題はありませんが。それにしても黒点活動の活性化の証でしょうかコンデイションがすこぶるよく運用開始前に周波数を探しましたが、7.150MHZ以降も3KHZおきに使われていて入る隙が無く最後は被りを覚悟で7.133MHZからCQを出させていただきました。7エリア各局とも久々の交信ができましたし益々HFが面白くなってきました。念のためパドルも持参しましたが今回は出番無しでした


興奮冷めやらぬまま430MHZへQSYするとFMは433.200まで完全に埋っていて空きCHもなく呼びまわりで数局お相手いただきました。ちょうどYL局がCQを出されていたのでコールさせていただきました。最近は北海道のYL局といいYL局の進出が目覚しいように思いますが無線業界としては明るい材料ではないでしょうか。くどいようですが、関西の登山女子でSOTAメンバーになってくれる人おらんかな~。

最後は430MHZ/SSBで運用します。メインでコールすると嬉しいことに呼んでいただきました。某局からは珍しいモードでの交信だと悦んでいただきました。少しづつですが430MHZ/SSB運用も広げていきたいと思っています。先週はエレメントを留める金具が欠損していて使えなかったループですが、修理して今回投入いたしました。修理できるのも自作の強みですね。まぁ単にお金がないとも言えますが。それでもビームを向けると静岡エリア局が59で入感していましたので改めてロケーションの良さを感じます。




一息ついたところで、昼食です。本日のメニューは「キーマカレー飯」に「生卵」という最強タッグです。メスティンでお湯を沸かして注ぐだけですけど。生々しすぎて出来上がりをお見せで来ないのは残念ですが味は抜群です。体が温まり満腹感も充分でした。
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_00262881.jpg





無線運用の間、計3名の登山者が登って来られました。何れも神末上村方面から来られ杉平からは1人もいらっしゃいません。ということは、下山もボッチで下りなければなりません。もう少しノンビリしたいところですが13:30下山開始です。
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_00305733.jpg




下山は当然ですが急坂ばかりです。
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_00330648.jpg




問題の第2ラウンドの場所に来ました。
ここは特に慎重に下ります。
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_00335757.jpg




14:20下山完了
大パノラマを堪能 学能堂山  SOTA#JA/ME-021_f0073587_00370007.jpg



ほとんどが植林帯の中を抜けるので今の季節14:30と言えども暗く感じます。陽が翳るのも早いので早めの下山を心がけたいものです。今日は噂とおりの眺望を満喫し無線でも短波帯のコンディションが上がっているのを更に実感できた日でした。季節によっては山芍薬が咲くようですのでハイシーズンにもいってみたいと思いました。次回こそは多くの登山者がいることを願っています。


# by mido811 | 2020-11-25 01:06 | 学能堂山(三重県) | Comments(0)
草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007
草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_20061055.jpg

2020年11月14日(土)
高気圧に覆われ温暖で青空が広がる中、藤原岳天狗岩に登りました。
花のシーズンも終わり紅葉のスポットでもない藤原岳になぜと言われるかもしれません。
今回は、無線中心に考えて決定しました。

SOTA対象の天狗岩ですが、表は見た目ゴツゴツした岩山ですが実は裏側には
広いスペースがありIVDPアンテナを張るには充分なスペースがあります。
いつか短波帯で無線ができればと思っていましたが、ヒルシーズンも終り
ようやくそのチャンスが巡ってきたと言うわけです。

午前0時をまわって家を出発し名神高速八日市ICからR421で三重県いなべ市に抜けR306で藤原岳の無料駐車場に向かいました。午前3時に現地到着、満天の星を見て6時まで暫し仮眠です。しかし、5時過ぎには車の音で起こされ駐車場は直ぐ満車となりました。6時を過ぎると周囲を朝焼けが赤く染め感動の朝です。
草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_16231791.jpg




駐車場には休憩所がありトイレも完備してるのでバッチリ車中泊できます。

草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_16254241.jpg




6:50登山口より出発。
草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_16264658.jpg




今日は短波帯で遊ぶこともあって長いマストを用意してきました。
難点は重い。なのでいつもよりスローペースですが反って疲れず歩けました。
草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_16314087.jpg




4合目を過ぎた辺りから紅葉が楽しめました。いよいよ紅葉が麗まで下りてきたようです。
草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_16351115.jpg




7合目を過ぎると植生も変わり、藤原岳に近づいてきました。
草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_16364037.jpg



8:20裏登山道との合流地点8合目に到着。
草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_16385168.jpg




8合目を過ぎると植林帯から抜けて周囲の山々を展望です。
最初に雪を被ったのは御嶽山と思いきやあとで考えると白山ですね。
その南には恵那山、ツートップで見えてるのは乗鞍と御嶽でしょう。
草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_19395407.jpg



この先、これらの山々を展望しながら登っていきます。
9合目を過ぎると石灰岩が点在し始め藤原岳が見えてきました。
草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_16582529.jpg



更に進んで藤原岳山荘を通過。
左に行けば藤原岳山頂、右に行けば天狗岩・御池岳方面です。
草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_16530837.jpg



緩やかなカールを登っていきます。冷たい風が気持よく感じられます。
丁度、テントを撤収されている横を通りご挨拶。
昨晩は満点の星と眼下に見える名古屋郊外の夜景が最高だったそうです。
草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_16574816.jpg




登るにつれ白山が大きく見えてきます。
登山道には石灰岩も増えてきました。
草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_17043879.jpg



9:30天狗岩に到着

草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_17063595.jpg



表側は荒々しいのですが、裏側にいくと広いスペースがありアンテナを建てるには格好の場所です。
正面には御池岳、その向こうは琵琶湖です。以前からHF運用を狙ってました。

草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_17165095.jpg



早くも数名の登山者がいましたが、離れたところにマストを建てIVDPを張りました。
青空の下に建つIVDPにひとり感動です。重かったけど担いできた甲斐がありました。
草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_17183637.jpg
【本日の交信結果】
FT817ND/5W +  IVDP(7MHZ) + RH770(144/430MHZ)
藤原岳 天狗岩 標高1165m  SOTA#JA/SI-007
滋賀県東近江市  JCC#2313

<7MHZ/SSB>
10:12 JA1VVH 59/59 埼玉県深谷市
10:14 JA3WPN 59/59 大阪府堺市
10:15 JN3FMD 59/59 京都市山科区
10:17 JH1MXV 59/59 群馬県前橋市
10:19 JI1UPL 59/59 横浜市青葉区
10:20 JJ3AMO 59/59 大阪府藤井寺市
10:23 JP3DGT/3 51/53 JA/HG-117
10:25 JO3WLQ/0 57/59 JA/NN-092
10:28 JA5QJX/0 55/58 JA/NN-081
10:31 JH1NJN 59/57 神奈川県茅ヶ崎市
10:33 JJ1IZY 56/58 埼玉県春日部市
10:39 JA1VRY 59/59 群馬県富岡市
11:07 JA5QJX/0 599/599 JA/NN-081 ※CW

草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_17571904.jpg
<144MHZ/SSB>
12:08 JA3OSA 51/51 大阪府守口市
12:10 JA3HKR 55/53 滋賀県長浜市
12:12 JE0FOQ 51/51 長野県下伊那郡
12:15 JE3VRJ 59/55 大阪府交野市
12:19 JK3WEY 53/55 大阪府茨木市
12:23 JI3BAP 52/41 大阪府高槻市
12:28 JA9SFD 51/57 石川県河北郡

草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_17592556.jpg
<430MHZ/SSB>
12:44 JA3WPN 59/59 大阪府堺市
12:51 JG2WGK/2 51/51 JA/GF-254
12:59 JH2DCN 55/58 岐阜県養老郡
13:00 JA2UKD 53/51 岐阜県岐阜市
13:04 JA3HKR 55/53 滋賀県長浜市
13:06 JE2QWO 41/51 三重県亀山市
13:08 JP3XBN 59/59 滋賀県栗東市
13:10 JR3KQJ/3 58/59 兵庫県神崎郡
13:11 JA3EBR/3 58/59 滋賀県栗東市
13:15 JP3DGM 59/59 滋賀県大津市


各局、FB QSO有難うございました。珍しくSOTA SPOTにアップしようとしたら圏外マーク。周辺をウロウロしたら辛うじて拾ったようで無事アップ完了。すぐさまCQを入れると即効でリプライありで嬉しいやら忙しいやらでもう大変。それにしてもチェイサー各局の耳の良さには脱帽です。故にガンガン強力な電波が飛びこんでくるんだとひとり納得していました。最後は度胸試しもあってQJX局のCQにコールさせていただき何とかCWでcmfできました。

その後、V/Uを運用。マストがカーボンなのでコーリニアが使えず今回は144MHZはRH770で対応します。サバコンの影響か144MHZは賑わっていてお昼過ぎでも長野、石川県から呼んでいただき嬉しかったです。さて、430MHZはというと意識的にSSB運用しています。アンテナは帯鋼で自作した5エレループですが鋼を留める金具がなくなっていることが判明アチャー、引き続きRH770での運用になりました。困った時のRH770、持ってて良かったRH770。
草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_18251000.jpg
正直なところ430SSBはあまり期待していなかったのですが、WPN、WGK局以降反応が無くラストコールをアナウンスしたとたん何が起こったのか一機にプチパイルになりました。終ってみれば144MHZを上回る局数となっていました。土曜日とあってFMは使いものにならないのですが各局よくぞ見つけていただいたと改めて感謝、感謝でした。それにしてもSOTA参加局が急増ですね。これは嬉しい悲鳴です。





無線三昧もおわり、ようやく昼食です。
今日は、寒さを想定してレトルトおでんを持参。メスティンでぐつぐつ煮込んでアツアツをいただきます。

草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_18253454.jpg



14:00下山開始。午後から風が強まりましたが気温は上々。
眼下の濃尾平野を望みながら歩きます。
草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_18484222.jpg




藤原山荘を通過、建屋の横では次のテント泊者が準備中のようです。
そして、藤原岳からの下山者と合流しプチ渋滞です。
草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_18491465.jpg



15:54登山口に帰還、下山完了です。

草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_18505046.jpg




天候に恵まれ山も無線も両方楽しめ満足の週末でした。
先程まで登っていた藤原岳の容姿をみて無事帰宅しました。
草紅葉の藤原岳天狗岩を歩く  SOTA#JA/SI-007_f0073587_19560606.jpg

# by mido811 | 2020-11-16 20:06 | 藤原岳(三重県) | Comments(0)
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_21301216.jpg

2020年10月31日(土)
紅葉期待で登りたい山の一つが福井の赤兎山です。ちょっと時期が遅いかなと思いつつ我慢できずに福井へ向かいました。距離的にも赤兎山へ向かう登山者が圧倒的に多いだろうと思い反対側の距離の長い大長山を目指すことにしました。登山口には有料の小原林道を通りますが、開門が7時からなので早めに現地入りして仮眠を取ります。

福井北ICから恐竜で有名になった勝山市街を抜け白山方面に向かう途中に林道入口があります。早朝4時、入口付近に車を止めシュラフに潜って暫し仮眠です。林道は7時開門ですが最近は登山者のことを考え早めに開門されるようです。目が覚めると6時を過ぎ慌てて林道ゲートへ移動すると既に2台が開門を待っていました。1番乗りのはずがしくじりました。

6時15分ゲート開門。通行料400円を支払い登山口へ移動します。標高が上がると朝日が射し始め気温も気持ち上がってきたようです。ゲートから林道を約30分かけ登山口に到着。登山口に一番近い駐車場に止めることができました。その後から次々に車がやって来て駐車場は数分で満車となりました。
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_18071658.jpg




7:20サンドイッチと野菜ジュースで朝食を摂り登山口から出発です。
紅葉のピークは過ぎたようですが未だ楽しめそうです。
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_18091548.jpg




林道ゲートの温度計は3℃でした。冷やりとした空気に包まれて分岐点である小原峠を目指します。
歩き始めると周囲が色づき始めました。
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_18123120.jpg




7:56小原峠に到着。右へ行けば赤兎山、左へ行けば大長山です。
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_18151066.jpg




一人寂しく大長山へ向かいます。
しかし、歩き始めて直ぐにこの紅葉がお出迎え。
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_18170281.jpg





大長山には3、4あるピークを登ったり下ったりなかなかヘビーですが、本日初の白山とご対面。
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_18205784.jpg




8:30苅安山通過
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_18255529.jpg




時には垂直移動もあります。ロープと三点確保ですよ。
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_18271603.jpg




稜線歩きでイヤらしいのは、ニセピークが2つあります。
精神的によくありませんが、何度も騙されているので今日は大丈夫。
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_18301926.jpg





このように格闘している間も白山を見ながら歩けるのが救いです。
まして今日のような雲ひとつない天候で運がイイと単純に思えるからメデタイよな(笑)
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_18333143.jpg




ハ~イ、二つ目のニセピーク来たよ。
ピークを登り切るとこの光景。アドレナリン爆!ウッシシ
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_18365894.jpg




9:30最後のピークを登って大長山到着。
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_18385795.jpg




山頂到着までに2名が下山していかれた。なんという健脚だ。
山頂では既に数名の登山者が目の前にどーんと控える白山に見惚れておりました。
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_18443323.jpg





さぁ、この白山の雄姿を見ながら無線やるぞ。
今日は、前回できなかったHF(短波)を中心に展開します。
先ずは、場所選びから。登山者さんや白山の撮影の邪魔にならないように気をつけます。
山頂標識と展望スポットとの間が少し広くなっているので、ここにマストを建てることにしました。

白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_20072419.jpg




ビーナスラインの三峰山での苦い経験からマスト長の違いでエレメント長も調整が必要と学び
帰宅して5.4mマストで調整した7MHZ用IVDPを持参しました。
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_20114021.jpg



【本日の交信結果】
FT817ND/5w + 7MHZIVDP + RH770(144MHZ)
大長山 標高1671m SOTA#JA/IK-001
石川県白山市 JCC#3010

<7MHZ/SSB>
10:21 7N1FRE 59/55 茨城県神栖市
10:23 JA1VRY 59/57 群馬県富岡市
10:26 JG0AWE 59/59 長野県長野市
10:27 JH1MXV 59/57 群馬県前橋市
10:28 JA1VVH 59/58 埼玉県深谷市
10:31 JA3NAP 57/31 京都市北区
10:36 JH1NJN 55/53 神奈川県茅ヶ崎市
10:38 JI3BAP/3 51/59 JA/SI-004武奈ケ岳
10:43 JM3HRC/3 58/55 JA/SI-002御池岳
10:47 JA3HKR 59/41 滋賀県長浜市




白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_20225298.jpg
<144MHZ/SSB>
11:25 JA9MJR 59/59 福井県福井市

各局、FB QSO有難うございました。前回からSOTAWATCHにSPOTをあげるように務めています。今日もSPOTをあげようとした途端、なぜか圏外になり通信不能になり焦りましたが場所を変えると何とかアップすることができました。それにしてもチェイサー局の反応には恐れ入りました。アップして直ぐにCQを連呼すると間断無くコールいただき瞬く間に規定局数をクリア。また、各局の耳にも脱帽です。アクティベートする方は、雲ひとつない白山の雄姿をみながら一人悦に浸っていました。
最後に144MHZ/SSBで福井県のアクティベータ局からコールいただきました。大長山がSOTAでは石川県の登録に違和感があると仰ってましたが、確かにその通りで登山口は福井県勝山市ですから石川の山じゃないでしょうと地元の方は言いたくなるでしょうね。他にも本来白山は石川県の001であるところですが岐阜県の登録はチト寂しいかな。でも、こうやってSOTAプログラムで楽しめるのも登録があっての話ですからそこはご容赦いただきましょう。




無線を終えると、山頂の登山客も減り静かになりました。やはり大長山に来て正解でした。
お昼はメスティンで温めたレトルトおでんとおにぎりです。
ただ雪を被った白山や取立山を見ながらの食事は格別です。
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_20511981.jpg




12:20小原峠へ移動開始。
白山はもちろんのこと素晴らしい紅葉を見ながらの登攀です。
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_20541942.jpg




葉が落ち冬支度の木々もありました。これはこれで癒される。
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_20553446.jpg





13:30小原峠到着。温かいお茶とドラ焼き食って暫し休憩。
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_21015693.jpg





さて、このあと赤兎山に向かうか思案しました。林道ゲートの閉門時間は17:00です。
駐車場から引き上げるにしても登山口には16:00までには戻らなければなりません。
とすると、無線をする時間も微妙なので今回はゆっくり登山口へ下山します。
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_21073308.jpg





登山口を出発した時には陽が当たらず気がつきませんでしたが、
帰路は素晴らしい紅葉です。
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_21102294.jpg






木々の紅葉も終わりを告げ冬支度です。
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_21123332.jpg





14:37登山口到着。
白山ド~んの大長山 SOTA#JA/IK-001_f0073587_21141843.jpg



紅葉シーズンも終盤でしたが、雲ひとつない秋晴れに恵まれ最高でした。
今日のような日に巡りあえることはなかなかありませんので単純だから
「運が巡ってきたぞ」とほくそ笑んでしまいます。
無線も短波帯のコンデイションが徐々に良くなって山に登る楽しみもまた一つ増えそうです。
帰路は渋滞にも遭わず福井名物ソースカツ丼食って土産には水ようかん買って帰宅しました。


# by mido811 | 2020-11-02 21:33 | 赤兎山・大長山(福井県) | Comments(0)
紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002
紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_22130836.jpg
2020年10月24日(土)
紅葉の季節になると登りたくなる山があります。一つは、福井県の赤兎山。もう一つは今回登った明神岳です。例年この時期が紅葉のピークになるので、それを狙って登ります。



午前2時に自宅を出発し午前5時に現地に到着。暫く時間が有るので車の中で仮眠をとりました。午前6時騒がしくなって目が覚めました。外をみると3台の車が到着し大きなザックを背負った6名程度のパーティが身支度をしていました。こちらも身支度をして7時前に駐車場を出発です。
紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_22321660.jpg




暫く林道を歩いて登山口を通過。
紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_22335974.jpg





登山口から坂道を歩きいよいよ登山開始です。歩き始めて直ぐに3ケ所ある渡渉箇所の一つを渡ります。昨日の雨でかなり増水している様子。ここはロープを持って慎重に渡ります。
紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_22390023.jpg




渡って安心しているのもつかの間、二ヶ所目を渡ります。
紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_22405299.jpg






3ケ所目も無事渡りきり明神谷に到着。すると、靄で包まれるように周囲が真っ白になりました。

紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_22452269.jpg






更に谷を遡るように高度を上げていきます。高度とともに河川の轟音から解放され静かな山歩きに変わります。残念ながら紅葉もぼやけていまひとつ。しかし、足下を見ると秋色の絨毯です。

紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_22582773.jpg






8:56あしび山荘到着。霧で何も見えないだけでなく暴風が吹荒れています。
紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_23321646.jpg






防寒着を着て明神岳へ向かいます。しかし、霧で視界が悪いのですが過去数回登っている経験もあって迷うことなく歩けました。

紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_23315205.jpg





完全なホワイトアウトです。本来ならここは自然の紅葉美術館なのに。
紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_23514006.jpg





よかった~無事分岐を通過。

紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_23311881.jpg






安堵しながら歩いているとザックを背負った男性が急に前に現われました。その男性は東屋で一緒に休憩していた人で先に出発したのですがどうやら道に迷ったようです。他人事ではないですがホワイトアウトの中を無理して歩くととても危険です。

紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_23304429.jpg






9:35明神岳山頂に到着。霧と暴風は収まる気配がありません。

紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_23273438.jpg





早速、無線の準備に取り掛かります。今日は、久しぶりにHFで運用しようと思い長めのマストに逆Vアンテナを用意してきましたが、さて暴風の吹く中狭い山頂でどうやってアンテナを張るか暫くウロウロしながら思案していました。丁度、1本の木があったのでマストを括りつければいんじゃないかとやってみました。しかし、伸ばしていくと枝にひっかかってあとで撤収が大変そうなので途中で諦めました。とにかく暴風を避けなければと少し内側に下ったところへ移動し144MHZの運用準備を始めました。アンテナは保険代わりに携帯しているRH770です。やはりこのアンテナ頼りになります。
紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_23474927.jpg
【本日の交信結果】
FT817ND + RH770(144/430MHZ)
明神岳  標高1432m  SOTA#JA/ME-002
三重県松阪市 JCC#2104 

【144MHZ/SSB】
10:12 JF2PIY/2 59/59 三重県青山高原
10:20 JS2HPI/2 59/59 三重県御在所岳
10:30 JA3PIW 59/56 京都市西京区
10:35 JI3BAP 55/51 大阪府高槻市

【430MHZ】
10:52 JQ3AJX/2 56/53 SOTA#JA/ME-041 FM
11:04 JP2UDJ 59/58 愛知県小牧市 SSB
各局、FB QSO有難うございました。QSOすると各地から快晴という情報が入り唖然としました。どうやら、この地点だけが霧と暴風が吹いているようでした。ましてや同じ三重県で運用している局からも快晴といわれれば日頃の行いかと納得せざるを得ませんね。霧と暴風と気温の低下と最悪条件が整いましたので先ずは規定の4局を確保しようと144MHZSSBの移動局を呼びまわり、その後有難くもCQを出して2局からコールをいただき無事クリアできました。その後430MHZをのぞくとSOTA局を発見、お声がけしてQSO成立。最後は最近意識的に運用している430MHZSSBでCQを出しUDJ局と3回目となるQSOで運用を終了しました。終ってみても風、霧は収まらないどころか機材やザックまで
びしょ濡れになっていました。
紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_00195416.jpg






無線運用中、霧が少しはれて周囲の山々見え始め驚きました。何とその山には日が射して晴れてるじゃないですか。最初見たときは信じられませんでしたが、これぞ神のイタズラというのでしょうか。しかし、直ぐに元に戻り山の天気の恐ろしさを改めて知るのでした。
紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_00284662.jpg





機材を撤収し下山を始めようとしたとき、再び霧がはれ「一回くらいは見せたろか」と言われんばかりに一瞬でしたが見事な紅葉を見ることができました。神さんってホンマ意地悪や。

紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_00323449.jpg





再び霧の中です。

紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_00500194.jpg





あしび山荘まで戻ってきました。東屋はあいにく満員、風を避け山荘横でおにぎりを食べてエネルギー補給です。午前とは違い多くの登山者がいました。大半はテント泊のようです。
紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_00443225.jpg





12:30あしび山荘を出発。霧が上昇しベールが剥がされるように紅葉した山肌が露わになていきます。もっと早く見たかったなー
紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_00532597.jpg




山を下りていくとテント泊と思しき人達と大勢すれ違います。中には短パンTシャツ姿の猛者もいたりしてあの暴風と寒さに耐えられるのかなと心配になります。
紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_00594928.jpg




登山口まで下山して渓谷で大峰ブルーに匹敵する台高グリーンをみる。
紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_01044127.jpg




13:50駐車場に到着。路肩まで駐車していますね。
今日はかなりのテント泊者が入山しているようです。
紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_01050545.jpg




冷えた体を温めようと「やはた温泉」で汗を流し帰宅しました。総檜風呂は格別です。これで500円は安い!
紅葉はおあずけ霧と暴風の明神岳  SOTA#JA/ME-002_f0073587_01064013.jpg


# by mido811 | 2020-10-26 01:11 | 明神平・桧塚(三重県) | Comments(0)
オートアンテナチューナーCG3000逝っちゃいました。
オートアンテナチューナーCG3000逝っちゃいました。_f0073587_23365872.jpg
2020年10月18日(日)
それは、雨がしとしと降る夜に起こったのです。
ループアンテナにオートアンテナチューナー(ATU)を入れ各バンドでSWRが許容範囲に入ったのは良かったのですが、プリを入れてノイズがメーターで3-4程度振っていました。定番処置として自作のコモンモードフイルターをリグとアンテナ側双方に入れて様子を見ていました。

ATUは、10w程度のキャリアを入れて整合を取れるようLCの組み合わせ自動的に選んでくれます。7MHZでは整合とれSWR1.1-1.2で落ち着きました。これは、10Wのキャリアを入れた結果ですが実際の運用ではmax100wが入ります。そこで、実践値(100w)を入力して動作はじめTVI、BCIと呼ばれるインターフェアがでないかどうか確認しようと思いやってみました。

ところが、キャリアを入れた途端一瞬ですがSWRが3.0まで跳ね上がり、それ以降SWRは無限大。
凍りつきながらも他のバンドで試してみましたが同じ状態です。念のため内部のリレーが動いているのか確認すると全く動作していません。先ず思いついたのはインピーダンスが不安定でリレーが焼きついた。でもATUは200w入力仕様なのでそう簡単に焼けるはずがない。

原因を探るべくケーブル類含め取り外してみました。コントロールケーブルには13.8vが流れていたので本体側の問題と思われました。そして、同軸ケーブルを調べるとなぜかショートしてるではないですか。更に絞っていくとアンテナ側に挿入したCMFが完全にショートしていることが判明しました。
オートアンテナチューナーCG3000逝っちゃいました。_f0073587_23372696.jpg
次にCG3000を開けてみました。すると、アンテナ線を接続するポイントで白く粉を吹いていた。これは、何らかの要因でショーとした跡ではないだろうか。ということは、100wの高周波がショートしてアンテナ入力側で焼けリレーは焼けていないのでデバイスが逝った可能性はあります。
オートアンテナチューナーCG3000逝っちゃいました。_f0073587_23370332.jpg
オートアンテナチューナーCG3000逝っちゃいました。_f0073587_23372150.jpg
早速、代理店のエレクトロデザインへ問い合わせたところ修理可能と返答がありました。ちなみに修理はメーカーではなく代理店側で対処するとの事。先ずは物品を送付して故障内容の確認をしてもらわないといけないので、本日代理店へ発送しました。

それにしても腑に落ちないのは、直前に7MHZで整合が取れSWRを確認できた。タイミングよくCMFがショートするはずも無く整合が取れないはずなのに何で動作していたのだろう。これは代理店の回答を待つしかないが、ループアンテナを上げて1週間経たずして使えなくなるとはついてない。あとは代理店で修理可能になることを祈るばかりです。



# by mido811 | 2020-10-20 00:15 | アマチュア無線 | Comments(0)
稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004
稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_18033330.jpg

2020年10月16日(金)
週末土曜日は雨予報、日曜日は晴れ。しかし、日曜日は自治会の会合に出席しなければならず今週も山はお預け。と考えると益々山に行きたくなってきて無理くり有給休暇を取得しました。行先は何も考えなかったのですが久しぶりに大峰に登ろうと稲村ケ岳に向かいました。




早朝5時前に家を出て登山口の母公堂駐車場に7:30に到着。週末ならこの時間だと満車ですが、今日は1台も駐車してません。ということは、山には誰も入っていない・・・ある意味恐怖です。そんな中、管理人のおやじがやってきて駐車代金800円を徴収するとさっさと帰っていきました。前は500円やったのに値上げしてやがる。それに管理人も前の人は愛想よかったのに今度の人は愛想なし。▼

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_17551113.jpg



気を取り直して身支度をしていたら、やっちゃいました・・・靴のソール忘れてきました。ありゃ~どうしようと考えても仕方ないので靴の中はスカスカですが、そのまま履くことにして8:00に登山口を出発▼

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_17552439.jpg



ソールがないと足が不安定になりより歩くのが慎重になります。いつもなら早足で登って息切れして悪循環を繰り返していましたが、今日に限っては慎重な足運びでバランスがいいです。ただ誰もいないと分かるとクマに襲われたとて助けてくれる人もなく、仮に誰かに遭おうものならこの世の人ではないのではと思えるので二重の恐怖がよぎるわけです。こんな時の小型無線機VX-3は心強い!ラジオが聞けます。それもAM放送をFMで、朝から久しぶりに「ありがとう浜村淳」を聞きながらののんびりハイクです。あれーもう法力峠やん。少し休憩してチョコを一つ口に入れました▼

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_17554214.jpg



次のポイントは「パオーン」です。パオ~ンと云っても深夜放送ではないですよ(九州朝日放送ラジオ)ってマニアック過ぎました。誰が名付けた?パオ~ン、恐らくマンモス象にソックリだからでしょうが、なぜかこの木だけが異彩を放っています▼

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_17554703.jpg




パオーンを過ぎると紅葉する木々が増えてきました▼

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_17555578.jpg



10:20稲村ケ岳山荘に到着。紅葉も色濃くなってきました▼

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_17561866.jpg


休憩後、再び山頂に向けて出発。ラジオも「ありがとう浜村淳」から「松井あいの少し愛して」に替りました。あれに見えるは、大日▼

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_17585696.jpg


大日キレット通過。この辺りは紅葉が進んでます▼

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_17564629.jpg


鎖場を過ぎれば山頂は間近。大峰らしい紅葉風景です▼

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_17581526.jpg


最後のヒト登り。展望台が見えてます▼

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_17571207.jpg


11:00山頂展望台到着。晴れてよかった~360度のパノラマです▼

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_17574589.jpg



正面に紅葉しかけの女人禁制の山上ヶ岳▼

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_17575436.jpg


山上ヶ岳を辿っていくと大普賢岳▼

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_17580678.jpg


反対側には八経ケ岳▼

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_17575931.jpg


一番奥に金剛山と葛城山が見えてます。これで電波が飛ばない筈がない▼

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_21060199.jpg


では、無線の準備を始めます。ここまで誰一人出遭うこともなく完全な貸切確定です▼

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_17574091.jpg
【本日の交信結果】
FT-817ND/5w + 3段コーリニア(144M)、10段コーリニア(430M)
稲村ケ岳  標高1726m SOTA#JA/NR-004
奈良県吉野郡天川村 JCG24010H
<144MHZ/SSB>
11:31 JO3KFL/3 59/59 和歌山県和歌山市M
11:38 JP
3XGP 59/57 和歌山県和歌山市
11:48 JL3HZC 59/59 大阪府枚方市
<430MHZ/SSB>
12:12 JP3PTS 59/57 堺市東区
12:20 JA4MVG 55/59 岡山県岡山市

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_17573332.jpg

各局、FB QSO有難うございました。144MHZで3局まで交信できたのにあと1局がどうしてもできず430MHZへQSYしましたが、こちらも声がなかなか掛からずでしたが何とか5局と交信し規定の4局交信をクリアできました。
今日の2mは全くノイズがなくアンテナもswr計が全く触れない最高の状態でしたがCQを出してもコールがなく奥の手で2mメインでコールしたところKFLさんよりコールがありました。QTHも調べず運用してたからJCGコードを調べて教えていただきました。続くXGP局はYL局でジムニーに乗ってはるそうです。アンテナにも興味があると仰ってました。こういう方が山に登って無線してくれたらハンディ機もって登山する人、特に女性が増えるのになと思いましたが気が弱くそこまで云えませんでした。
どうしても最後の1局が取れません。そこで430MHZへQSY、それもSSBです。QOT局がSK以降機会あればSSBで運用しようとしています。もちろん、コールの確率が低いのはわかっていますが、それでもメインでコールをかけるとPTS局がコールしてくれました。おまけに変調にノイズが入ると指摘もいただきました。
その後、QOT局の思し召しかMVG局からお声かけいただきました。MVG局は偶然にもSKされたQOT局のご友人で事故のこともよくご存知でした。事故の山をgoogleで検索するとQOT局が写っている写真があるよと教えていただきました。健脚でベテランクライマーだったQOT局、それでも一瞬の緩みが災いしたと聞きました。よく登山は下山が終了ではなく家に帰って初めて終了といいますが、その通り今後も安全登山を心掛けていけたいと思います。




山の天候は変るものですが、先程まで太陽が背中にあたり痛かったのに雲が広がり始めたので下山することにしました。展望台を下りると登りでは気付かなかった見事な紅葉が飛び込んできました▼

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_17570626.jpg


青空に紅葉は映えます。もう少しすると雲で遮られます▼

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_17582067.jpg


下山の方が紅葉は素晴らしい▼
稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_17582860.jpg


13:20再び稲村ケ岳山荘に戻ってきました。ラジオからは「こんちは。コンちゃんお昼ですよ」が流れています。持参したおにぎりを食べて休憩です▼

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_17584593.jpg


13:35有料トイレ(100円)に行き登山口へ下山開始。結局、誰にも遭わずじまいでした▼

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_17585116.jpg


15:00登山口到着▼

稲村ケ岳で秋を感じて  SOTA#JA/NR-004_f0073587_22021785.jpg


今日は、稲村ケ岳をひとり貸切で歩けました。ソールを忘れる事件もありましたがお陰でバランスよく歩くことができたし、無線でも苦戦はしたけど印象深い各局と交信できたし、ずっと毎日放送ラジオ聴くことできたし何と言っても紅葉をみて秋を満喫できたことかな。平日の登山も静かでいい。帰りは途中にある洞川(どろがわ)温泉で汗を流して帰宅しました。



# by mido811 | 2020-10-17 22:15 | 稲村ケ岳(奈良県) | Comments(0)
自宅にHF用のアンテナ上げました。
自宅にHF用のアンテナ上げました。_f0073587_14040470.jpg


2020年10月11日(日)
ようやく自宅にアンテナをあげました。
材料は事前に用意していましたが、チャンスがなく延び延びになっていました。
最終はルーフにアンテナを設置するつもりですが、暫くはこのアンテナで運用予定です。

今回のアンテナは以前使っていたオートアンテナチューナー(ATU)/CG-3000を利用したループアンテナです。実はこのアンテナを既に立てて運用されている局がありWEBで見て「これだ!」と思い少しづつ材料を集めていました。能書きは置いといて全周17mでATUに各周波数のマッチングをとらせることでマルチバンド化できるというものです。でも全てうまくいくかというと、やはり環境に大きく左右されます。

同じようにATUを使ったループアンテナの記事を見ますが、このループの肝はアンテナワイヤだと思います。サガ電子が製造するPESUS-22というハイブリッドワイヤはポリエチレン紐にステンレスワイヤを絡ませることで軽量化を計っています。その為、グラス竿も本来なら先端のポールは抜いて使うところですがそのまま使えます。ただステンレスワイヤなので圧着とかできないため紐をほどいて端子に巻きつけて接続しています。
自宅にHF用のアンテナ上げました。_f0073587_14034366.jpg



以前はATUと10m程度のLWで使っていました。SWRも全バンドで落ちていましたが隣家のお風呂で声がするという話を聞いていました。(お隣とは友好関係)なので、今回は万全を期す必要があります。アンテナ線に以前10D用のパッチンコア10個だったのを5D用を20個にしてアンテナ端子側にFT240-43に3Dケーブルをw1Jr巻きしたものを挿入予定です。併せてコントローラケーブルにも5D用コアを10個入れます。リグ側にはアンテナ端子に自作のCMFを入れ高周波の影響が出ないようにしています。

自宅にHF用のアンテナ上げました。_f0073587_14033623.jpg

自宅にHF用のアンテナ上げました。_f0073587_14035939.jpg



さて、肝心のSWRですが7MHZがSWR1.1-1.2でベスト、最悪は14MHZのSWR1.8それに29MHZは2.5と論外です。その他のバンドはSWR1.5以下で抑えられています。しかし、実際に電波を出さないと真の値が見えてこないので早く環境を整えてQRVしたいところです。
自宅にHF用のアンテナ上げました。_f0073587_14034812.jpg
自宅にHF用のアンテナ上げました。_f0073587_14035499.jpg



昨夜から嬉しさもあって受信していますが、7MHZだけみてもコンディションの悪いこと。こんなに酷い状態とは思ってもみませんでした。いつもは山の上ですからノイズもなく弱い信号でもそれなりに確認できていたのでストレスはありませんでしたが、固定になると外来ノイズ特にウチはエコキュートの上にケーブルを這わせているので嫌なノイズもありストレスです。しかし、こういう時でも交信できるモールスは強いなと改めて思いました。少しづつですがCWも運用できるようこの機会に始めたいと思います。今まで室内で使っていたVCHコイルとはこれでお別れです。



# by mido811 | 2020-10-12 14:51 | アマチュア無線 | Comments(0)
SOTA プロモーションビデオ公開
2020年9月27日(日)今、私の趣味の中心になっている「SOTA=Summt On The Air」のプロモーションビデオが公開されました。ご存じない方も一度ご覧ください。我々は単に山へ登るだけでなく、山頂から無線を通じてコミュニケーションを図る山に登るもう一つの醍醐味です。同じ志向の仲間が世界中で実施しています。

# by mido811 | 2020-09-27 22:56 | アマチュア無線 | Comments(0)
長野県ビーナスラインを巡る山旅 美ヶ原 SOTA#JA/NN-067

長野県ビーナスラインを巡る山旅 美ヶ原 SOTA#JA/NN-067_f0073587_01005857.jpg

2020年9月22日(火)
いよいよ今回の山旅も最後の山になりました。三峰山を出発して30分程度で山本小屋駐車場に到着。しかし、駐車場は満車、第二駐車場も満車。仕方なく空きが出るのを待つしかありません。暫く待つと登山姿の人たちが帰って来たので停めることができました。三峰山から雲が広がりいつ雨が降ってもおかしくない天候になっていたので急いで王ケ頭へ向かいました。

長野県ビーナスラインを巡る山旅 美ヶ原 SOTA#JA/NN-067_f0073587_01001855.jpg




ここは、山というより牧場を縫って歩きます▼
長野県ビーナスラインを巡る山旅 美ヶ原 SOTA#JA/NN-067_f0073587_01002347.jpg




山頂は、テレビ塔群にあります▼
長野県ビーナスラインを巡る山旅 美ヶ原 SOTA#JA/NN-067_f0073587_01003557.jpg




美しの塔を通過▼

長野県ビーナスラインを巡る山旅 美ヶ原 SOTA#JA/NN-067_f0073587_01003282.jpg




続いて塩くれ場を通過、まだ半分くらいかな▼
長野県ビーナスラインを巡る山旅 美ヶ原 SOTA#JA/NN-067_f0073587_01003973.jpg



電波塔が近くなってきた。これだけの電波塔は関西で言うなら生駒山山頂▼

長野県ビーナスラインを巡る山旅 美ヶ原 SOTA#JA/NN-067_f0073587_01004279.jpg



山本小屋から歩いて約30分、美ヶ原高原入り口に到着▼

長野県ビーナスラインを巡る山旅 美ヶ原 SOTA#JA/NN-067_f0073587_01004985.jpg




15:10王ケ頭ホテル奥の山頂に到着▼
長野県ビーナスラインを巡る山旅 美ヶ原 SOTA#JA/NN-067_f0073587_01005471.jpg



取り急ぎ山頂から離れた場所で無線の準備にかかります▼

長野県ビーナスラインを巡る山旅 美ヶ原 SOTA#JA/NN-067_f0073587_01012184.jpg

【本日の交信結果】
FT-817ND/5W + 10段コーリニア(430M)・3段コーリニア(144M)
美ヶ原(王ケ頭)標高2034m SOTA#JA/NN-067
長野県松本市 JCC#0902

15:22 7N3RLX/0 59/59 霧ヶ峰道の駅※430MHZ/FM
15:34 JG0AWE 59/59 長野県長野市※144MHZ/SSB
15:37 JA1VRY 51/51 群馬県高岡市
15:39 JJ1IZY 51/51  埼玉県春日部市
15:43 JJ1KJV 56/57 山梨県笛吹市※144MHZ/FM
15:47 JA5QJZ/0 59/53 長野県飯山市M
15:49 JJ5OZX/0 59/53 長野県飯山市M
15:52 JJ0HVP 59/59 長野県長野市

各局、QSOいただき有難うございました。初回からお相手いただきましたAWE局、QJX局、OZXK局、そしてチェイサのVRY局、IZY局、各局最後までご支援いただき感謝申し上げます。当初、430MHZで運用していましたがアンテナに不具合でSWRが異様に高く移動局とQSO終了後144MHZ/SSBへシフトしました。最後に一度144MHZのFMで運用したかったのでCQ出して今回の運用をCLしました。



運用を終えると周囲は濃いガスに覆われていました。ほんとは時間があれば電波塔巡りしたかったんですが叶いませんでした▼
長野県ビーナスラインを巡る山旅 美ヶ原 SOTA#JA/NN-067_f0073587_01013059.jpg



16:30牧場に美しの塔の鐘が鳴り響きます▼
長野県ビーナスラインを巡る山旅 美ヶ原 SOTA#JA/NN-067_f0073587_01014054.jpg





16:50山本小屋駐車場到着▼

長野県ビーナスラインを巡る山旅 美ヶ原 SOTA#JA/NN-067_f0073587_01014733.jpg


このあと百名山3座目の山バッジと土産を購入して中央高速・岡谷ICで高速道路に入り23:30に自宅に戻りました。ビーナスラインの山々5座を巡る山旅はこれにて終了ですが、今回の経験を活かし次なる山へ出かけたいと思います。ご支援いただきました皆々様に御礼申し上げます。


# by mido811 | 2020-09-27 02:12 | 美ヶ原(長野県) | Comments(2)
長野県ビーナスラインを巡る山旅 三峰山 SAOTA#JA/NN-080

長野県ビーナスラインを巡る山旅 三峰山 SAOTA#JA/NN-080_f0073587_22461949.jpg


2020年9月22日(火)
車山の「ころぼっくる小屋」で山バッジを買おうとしましたがカラー版で値段も高くしっくりこなかったので隣のチャプリンという店でバッジを購入しました。こちらは昭和のままのバッジです(笑)その足で次なる三峰山へ移動。関西では奈良県に同じ漢字で”みうね”と呼ぶが、こちらは”みつみね”と呼びます。昨日の鷲ヶ峰を通過し20分程度で三峰茶屋駐車場に到着。身支度を整え11:00に出発▼

長野県ビーナスラインを巡る山旅 三峰山 SAOTA#JA/NN-080_f0073587_21433601.jpg





登山口の目印はありませんが、トレースが2、3あって何処から登っても同じ場所に繋がってます▼

長野県ビーナスラインを巡る山旅 三峰山 SAOTA#JA/NN-080_f0073587_21433285.jpg



目指すは一番奥のピーク▼

長野県ビーナスラインを巡る山旅 三峰山 SAOTA#JA/NN-080_f0073587_21433060.jpg



緩やかな登山道を進むと「中央分水嶺トレイル」と合流します。ここで初めて「中央分水嶺トレイル」の存在を知りました。このトレイルは長和町の長門牧場から美ヶ原までをつなぐ38㎞のトレイルです。見た目もよく草原に続くトレイルって感じで一度歩きたいと思わせてくれます▼

長野県ビーナスラインを巡る山旅 三峰山 SAOTA#JA/NN-080_f0073587_21434073.jpg




登山道もよく整備され歩いていても気持ちがいい▼

長野県ビーナスラインを巡る山旅 三峰山 SAOTA#JA/NN-080_f0073587_21434372.jpg



諏訪湖もばっちり見えてます▼

長野県ビーナスラインを巡る山旅 三峰山 SAOTA#JA/NN-080_f0073587_21434937.jpg




早くも最後の登りです▼

長野県ビーナスラインを巡る山旅 三峰山 SAOTA#JA/NN-080_f0073587_21435648.jpg



登りきると山頂が見えてきました。登山者が結構います▼

長野県ビーナスラインを巡る山旅 三峰山 SAOTA#JA/NN-080_f0073587_21440333.jpg




11:20山頂に到着▼

長野県ビーナスラインを巡る山旅 三峰山 SAOTA#JA/NN-080_f0073587_21440658.jpg




すぐさま無線の準備に取り掛かります。

長野県ビーナスラインを巡る山旅 三峰山 SAOTA#JA/NN-080_f0073587_21440975.jpg

【本日の交信結果】
FT-817ND/5W + 144MHZ3段コーリニアアンテナ・7MHZIVDP
三峰山 標高1887㎡  SOTA#JA/NN-080
長野県小県郡長和町 JCG#09012

11:45 JA5QJX/0 57/41 毛無山 ※7MHZ
12:02 JA1VRY 55/57 群馬県富岡市
12:05 JA1VVH 55/56 埼玉県深谷市
12:08 JH1MXV 59/55 群馬県前橋市
12:11 JJ3EBU/1 53/53 茨城県土浦市
12:14 JJ5OZX/0 59/59 毛無山
12:17 JM3HRC/2 51/51 別山 JA/GF-008
12:19 JG0AWE 59/59 長野県長野市
12:20 JJ1JMZ 59/59 埼玉県深谷市
12:21 JJ1IZY 51/51 埼玉県春日井市
12:23 JS1PRU 51/51 茨城県鉾田市
12:26 JH0VSF 59/59 長野県諏訪市
12:28 7M3GHG 59/59 茨城県筑西市

各局、交信いただき有難うございました。長野に来て初めてたくさんコールいただいたように思います。やはりロケがよかったのか某局のブログでは3エリアがよく聞こえるとありましたが残念ながら確認ができませんでした。しかし、チェイサー各局が引き続き呼んでいただき規定局数を大幅に超えることができました。また、別山山頂からHRC局もコールいただきサプライズでした。1W運用ということでしたが信号よりHRC局の変調がよく通るのでコールサインの確認が容易でした。144MHZの運用の前に7MHZIVDPを張ってみたんですがSWRが高く角度調整だけでは歯が立たない状態でしたが、そんな中QJX局から逆コールいただき慌てて返答しました。ご迷惑をおかけてすいませんでした。SWRが悪すぎて電波も2W程度しか出力されておらずリグの負担を考え144MHZへシフトいたしました▼

長野県ビーナスラインを巡る山旅 三峰山 SAOTA#JA/NN-080_f0073587_21441299.jpg




交信が終わると山頂には誰もいなくなっていました。急いで機材を撤収し下山を開始します▼

長野県ビーナスラインを巡る山旅 三峰山 SAOTA#JA/NN-080_f0073587_21442383.jpg




次なる山、美ヶ原のアンテナ群が近づいてきました▼

長野県ビーナスラインを巡る山旅 三峰山 SAOTA#JA/NN-080_f0073587_21441545.jpg




中央分水嶺トレイルは昨日登った鷲ヶ峰へ続いています。気持ちよさそう▼

長野県ビーナスラインを巡る山旅 三峰山 SAOTA#JA/NN-080_f0073587_21443299.jpg



下山開始から15分で駐車場まで下りてきました▼

長野県ビーナスラインを巡る山旅 三峰山 SAOTA#JA/NN-080_f0073587_21443567.jpg



三峰茶屋でキノコ汁を販売していたので、一杯いただきました。これが汗をかいた体に沁みてきます。具材のキノコの塩漬けに山のキウイと呼ばれているサルナシのシロップ漬けをお土産に購入しました▼

長野県ビーナスラインを巡る山旅 三峰山 SAOTA#JA/NN-080_f0073587_21443988.jpg


次は最後の山、美ヶ原へ移動します。



# by mido811 | 2020-09-26 22:47 | 三峰山(長野県) | Comments(0)