「ほっ」と。キャンペーン
タグ:中央アルプス ( 10 ) タグの人気記事
雨男、登り返しの恵那山に苦闘 -3
恵那山の麓から天狗ナギと呼ばれる急登を登る。
標高で言うと1700mから2150mを一機に駆け上がる事になる。
そこへ、鳥越峠付近で追い越された人が下山してくる姿が見えた。
続いて、もう一人、男性が下山してくる。
後者の男性から広河原から神坂峠へ向かうらしく登山道の状況を尋ねられた。
2150mのピークに着くと頂上への分岐となる。
ここで、頂上から神坂方向へ抜けていく団体、概ね30名程度が通過
するのを待つ。ここまで、余り人に会うことがなかっただけに30名近くの人に
会えるなんて感動もの!

f0073587_23505148.jpgf0073587_23511622.jpg
恵那山は頂上が広いので分岐から平行移動すること20分で
非難小屋に到着。なんと!ここには、かなりの人が居て休憩している。
何処にこれだけの人がいたのか?と思うぐらいに・・・。
通常、非難小屋などは山頂にあるものだが恵那山は違う。
そこから更に奥へ移動しなければならない。

f0073587_002045.jpgf0073587_003471.jpg
移動途中に”祠”が多々存在する。
深田久弥の”日本百名山”によればイザナギ・イザナミの二神が祀られており
古くから山岳信仰の山として登られていたとある。
数分で頂上到着。ここにも、かなりの人がいるようだ。
頂上には展望台が設置されているのだが、登ってみると周りは木々で遮られ
展望は良くない。

f0073587_014493.jpgf0073587_03106.jpg
お決まりの記念写真を撮って貰って、先程の非難小屋へ移動。
移動中、僅かながら展望が利く場所があって覗いてみると横にいた男性が
「雲が切れたところに富士山が見える」と言い放った。
お~、正しく白く雪化粧した富士山が頭だけ出してる。

f0073587_044186.jpg

非難小屋に戻り、昼食をとった。
小屋の裏に岩があり、そこへ登ってみると南アルプスと中央アルプスが眺望でき
私は山座同定なんかできないが、隣の人は間岳と農鳥岳が見られたので
満足だと言っていたが・・・。

f0073587_0355247.jpgf0073587_036830.jpg
f0073587_037768.jpg

昼食を終えると12:00を廻っていた。下山は3時間とみて
この季節では16:00までには下山したいので帰り支度をする。
今度は激下りの”天狗ナギ”を下り視界が開けると正面には雪を被った
ピークが2峰見える。これが、さっき言ってた間岳と農鳥岳か?
f0073587_0463555.jpg

この峰を見ながら登り返しを繰り返して大判山到着。
休憩を挟んで、最後の登り返しに力を振り絞り15:40に下山完了。
既に駐車場には車がない。皆な健脚だなぁ~と感心しながらコーヒーを沸かす。
恒例となった山バッジを求め萬岳荘へ立ち寄り、その足で土産を買いに馬籠へ向かう。
馬籠から沈む夕日に照らされた恵那山の絶景を眺め木曽路の秋を満喫し
今回の山旅を終えた。

f0073587_053280.jpgf0073587_0531669.jpg

[PR]
by mido811 | 2007-11-11 00:57 | 中ア・恵那山 | Comments(2)
雨男、登り返しの恵那山に苦闘 -2
続いて第2中継ポイント”大伴山”をめざす。
今日は快晴でなかったのか?と呟きながら登る。
急に明るくなったと思ったら崩落している場所を通過。
木曽地域の平野部が望め、振り返ると向かいの山も崩落している。
そのまま眼を上にやると中央アルプスの山々の稜線が見えた。

f0073587_23354327.jpgf0073587_23355524.jpg
ガスっていて稜線しか見えないが、そのドッシリとした山々は
十分存在感を見せつけてくれた。
快晴ではなかったが、アルプスが見られたら元はが取れたかな?と勝手に納得・・・。
f0073587_23384558.jpg
f0073587_23385637.jpg

写真をひたすら撮っていると、後から来たお兄さんに今日初めて追い抜かれた。
こりゃまずいかな?と思い加速をつけて歩き出し広場のような所にでた。
棒が一本建っていて、カマボコ板に何やらマジックで書いている。
よく見ると”大判山”だ。それにしてもショボイ!百名山の登山道なんだから
一旦、ここで休憩。暫く恵那山を眺めていた。
f0073587_23583151.jpgf0073587_23585674.jpg
”大判山”を後にして再び歩き出す。ここからはお決まりのように
激下りするのだが、来たの方角を見ると山峰が頭を出していた。
方角からすると”御嶽山”だ。
まるで、天竺か雲の上にある要塞のようだ。
f0073587_065476.jpg

御嶽山に見とれながら、前にそびえる恵那山の尾根を捉えたが、
麓に辿り着くのは何時になることやら。
今日は気分的にも長い道のりに感じるな~。少々お疲れモードかな?

f0073587_0171629.jpgf0073587_0174029.jpg
f0073587_0183833.jpg

[PR]
by mido811 | 2007-11-09 00:29 | 中ア・恵那山 | Comments(0)
雨男、登り返しの恵那山に苦闘 -1
早朝6時になってようやく出発の準備を始める。
お湯を沸かし”カップあさげ”を作って、コンビニおにぎりをパクつく。
その間、数台の車が停車し次々と出発して行く。
未踏の地なので、早く出発しないと日帰りが出来ないのか?と少々焦る。
午前7時にようやく登山口にとりつく。
霜がおりて周辺は白く、見た目も寒さが増してくる。

f0073587_22211136.jpgf0073587_22212393.jpg
天気予報では快晴の筈なのだが・・・雲が広がり陽がさしたり射さなかったり。
登山道には朝露にべったり濡れた熊笹が生い茂り、ズボンとシャツを濡らされ体が
冷えてくる。と思ったら、平坦な道だったのが急登にかわり息が上がり体温上昇。

f0073587_22283964.jpgf0073587_22291450.jpg

ピーク地点に辿り着いたかと思うと今度は急坂になり一機に高度を下げていく。
予めネットでコース情報を得ていたので驚きはないが、初回から
厳しい洗礼を受けながらも第一ピークと呼ばれる地点に到着。
真正面に頂上を雲に覆われた恵那山を捉え、その個性的な山容を眺望。
f0073587_22365672.jpg

そして、辿ってきた方向を見ると雲の上に頭を出している山が見えた。
恐らく、中央アルプスであろう。残念ながら雲が覆っているので全景を望むことはできない。
f0073587_2258755.jpg

小休止した後、熊笹の道を藪こぎ状態で今度は激下りしていく。
おいおい、折角高度を稼いだのに何で??すると、人の話し声が聞こえてきた。
誰かいる。そこには”鳥越峠”の標識があり、側で奥方二人が休憩中であった。
奥方の一人から「鳥越峠から登る方が近かったのに」と教えてくれたつもりだろうが
既に神坂峠から歩いているので今更言われてもって感じだ。
適当に頷いて、再び笹道に入り次のポイント”大判山”をめざすのだった。

f0073587_237570.jpgf0073587_2371680.jpg

[PR]
by mido811 | 2007-11-06 23:09 | 中ア・恵那山 | Comments(0)
雨男、登り返しの恵那山に苦闘
f0073587_1439284.jpg

f0073587_14461279.jpg11月3日(土)百名山のひとつ恵那山へ行って来ました。
当日、現地の天気予報は快晴。ならばと金曜日の前夜に帰宅後直ぐ支度に取りかかり自宅を出たのが夜10時。いつものように大山崎ICに入る前にコンビニで食料を調達。もちろん、睡眠薬代わりのビールもだが・・・。そして一路、中津川ICへひた走るのであった。
数あるコースの中から今回はアルプスを見ながら歩けるという神坂峠ルートを選択。従って、中津川ICを出てR19に入り落合交差点を右折しR7へ入る。途中、馬籠への分岐があるが道なりに辿ると神坂峠行きの看板があり右折して川を渡ってジグザグを繰り返しながら高度を上げていく。途中にキャンプ場があったり登山道の看板があって場所を特定しづらいが夜中2時前に神坂峠らしき場所に到着する(暗闇で分からず)。とりあえず、ビールを飲み干し明日に備え車中泊。明朝5時に起床するが、寒くてシュラフから抜け出せない!昨晩とりあえず道路脇に駐車したが”路肩への駐車禁止”の札が見えたので、何処へ移動させるか暫く悩んだ所へ一台の車が登ってきて林道を”萬岳荘”方向へ左折した。よく見るとバックして停まったので後を追いかけるように行くと5-6台程度の駐車スペースがあり既に2台が駐車していた。事前にネットで調べたが、この駐車スペースについては誰も書いていないので敢えて記述しておく。
さて、山の印象はというと障害物競走で体力を試されているという感じである。確かに恵那山を見据えながら歩けるが、登り返しがしつこい程多く、登りも急登で高度を稼いだと思ったら急坂で一気に下り稼いだ分が帳消しとなり戦意喪失させられる。が、このコースは唯一、中央や南アルプスを眺められるコースなので戦意喪失を幾分か癒やしてくれるのかも・・・・。
[PR]
by mido811 | 2007-11-05 15:28 | 中ア・恵那山 | Comments(0)
♪木曽のなあ~・・・ 雨男、御嶽山に謳う。-完
痩せ尾根を剣ケ峰に向かって歩くと白い噴煙を上げる
もう一つの御嶽山に出合う。
地獄谷だ。
表から見る穏やかな山容とは相反し荒々しい姿をむき出しにし
活火山であることを告げられるのだ。
f0073587_23473560.jpg

尾根を登り返してようやく御嶽山山頂、剣ケ峰に到着。
息子の高校受験合格を祈願して下山とする。
途中、同行の男性からチーズをいただき、しばしの休憩。

f0073587_23484511.jpgf0073587_2349262.jpg
休憩後、王滝頂上へ向かうため急登を下る。
今回、王滝頂上から剣が峰に向かわず、二の池を経由して反時計回りに歩いたのは
正解だったと思った。この急登を登っていたら池巡りは多分してなかったかも・・・。
そうしていると、二の池との分岐に到着。
f0073587_0102328.jpg

王滝頂上で再びブレーク。
同行している男性の学生時代の山話で盛り上がり話はつきない。
肌寒くなり重い腰を上げ、再び下山となる。
時間は既に2時をまわるが、これから登ってくる人が後を絶たない。
大丈夫だろうか?と他人事ながら心配になる。

f0073587_0304022.jpgf0073587_0305816.jpgf0073587_0312036.jpg
あっという間に下山となり3時前にスタートした鳥居に到着。
ここで、同行の男性と再会を願って握手をし、お別れとなる。
人との出合い、そしてアルプスの絶景を堪能した今回の山行は、霞んで見えていた山々をいつか
目前で見てやるという決意固めとなり、改めて御嶽山の山容を崇め帰宅の途に着いた。
f0073587_0353357.jpg


[PR]
by mido811 | 2007-10-23 00:38 | 中ア・御嶽山 | Comments(6)
♪木曽のなあ~・・・ 雨男、御嶽山に謳う。-4
先週から風邪気味で、更新が滞ってますが、ボチボチと・・・

北アルプスの眺望を初めて見て感じたのは、まるで絵画を見ているよう。
色と良い、稜線の美しさといい、何とも言葉にならない。
人が何故にアルプスを登ろうとするのかが、少しではあるが判った気がした。
あの絵画のような風景は、また見たいという気になるからだ。

f0073587_23483831.jpgf0073587_2349327.jpgf0073587_23492398.jpg
二の池から高度を上げてると北アルプスが一層鮮明になり、目を凝らしてみえる
あの槍ヶ岳らしき岩峰が、ますます興奮を呼ぶ。それに加えて、北に目をやると
先月登った白山が雲に浮いている。これまた素晴らしき風景かな。
f0073587_23504615.jpg

f0073587_2351521.jpgf0073587_2352266.jpg

登りきると一の池の全景を望む。
池と言っても噴火口なのだが、巻くように歩くと風がピタリと止み
ぽかぽかと温かい。御嶽山は夏でも寒いと言うが、岩に囲まれたところは暖まった岩が
暖房機となるので快適。食事を取るには丁度いい具合なので昼食とした。

f0073587_01549.jpgf0073587_021638.jpg
昼食を終え、再び池を巻きながら痩せ尾根を歩く。
西方向へも急峻な尾根が続いている。岐阜方面からは、この尾根伝いに
登ってくるのだろうか?かなり険しい感じだが・・・
剣が峰に人が集まっている様子が見え剣が峰と富士山が並んでいる。

f0073587_0325358.jpg
f0073587_0331718.jpg
f0073587_0333326.jpg

[PR]
by mido811 | 2007-10-22 00:25 | 中ア・御嶽山 | Comments(0)
♪木曽のなあ~・・・ 雨男、御嶽山に謳う。-3

f0073587_037792.jpgf0073587_0371840.jpg
9:00過ぎ最初のピーク”王滝頂上2,936mに到着。
休憩後、バックの剣ケ峰を目指しスタート。
ここで、行動を共にしている男性から剣ケ峰へいきなり行かず
剣ケ峰を反時計まわりに巻いて行こうとの提案。
今回、ネットで得た簡素な地図しか持っていない状況で拒む理由がなかった。
f0073587_0383326.jpg

二の池への分岐に来ると剣ケ峰の麓からシューッという音と共に硫黄臭い
煙が立ち昇り活火山の恐怖を味わう。二の池方面へ少し歩くと”大御神火災場”
があり中央アルプスの眺望とうまくコラボしている。
剣カ峰を見上げながら巻いていく。
地質をむき出しにした脆い岩肌が露出しているかと思えば、別ルートから
登って来られた団体山さんと接近遭遇。正面に”乗鞍岳”の山容と北アルプスが現れ
再び絶景に感動し、その場所から動けなくなる。

f0073587_0431528.jpgf0073587_0432818.jpg

f0073587_0445992.jpg

風が益々強くなり体温を奪われそうなのでジャンパーを取り出しすぐさま
着込んだ。そして、すり鉢状の片隅にエメラルドグリーンの池が見え始めた。
二の池だ。
f0073587_0514658.jpg

池に近づくと、登山者が近くの小屋を風避けにして食事の真っ最中。
我々もと考えたが、もう少し風の無いところにしようということになり池を巻くようにして
高度を上げ北アルプスの眺望を楽しんだ。目を凝らしてみると”槍ヶ岳”が・・・・!!
f0073587_057518.jpg

f0073587_0573286.jpg

[PR]
by mido811 | 2007-10-18 01:02 | 中ア・御嶽山 | Comments(2)
♪木曽のなあ~・・・ 雨男、御嶽山に謳う。-2
いつもだと登りの写真を撮っているのだが、中央アルプスの山々を見てからは
背景を写真に撮ることが多くなった。
「あかっぱげ」を過ぎるとガレの道に変わる。
冷気が吹き抜ける木々は既に紅葉し始めている。

f0073587_2335997.jpgf0073587_23354214.jpg
f0073587_2337131.jpg

「金剛童子」に到着し大休憩とした。
ここには、多くの人達が休憩する傍らアルプスをバックに記念写真の真っ最中。
更に高度を上げていくとハイマツの中のガレ道を抜けていく。
アルプスの眺望のせいで、やや興奮気味で登りの疲れは感じない。
この辺りだったろうか?横浜から来たという単独登山の男性から声を掛けていただき
この後ずっとご一緒することとなった。
この男性は、昨晩近くの民宿に泊っているそうで、定年後も仕事をしながら
時折ひとりで登山を楽しんでいるらしい。出身が金沢で高校生の時から登山をはじめ
経験豊富。しかし、数年前に胃ガンを患うものの再び登山をはじめたという強者だ。

f0073587_23441622.jpgf0073587_23443565.jpg
f0073587_2345458.jpg

八合目を過ぎ、この男性が「あれはひょっとして富士山では?」と言う。
富士山かどうかは、もっと高度を上げてみれば確認出来るというので
休憩もせずガレ道を登り、御神水である「一口水」にさしかかる。
見上げれば、”頂上山荘”の白い建屋がもう目の前に・・・。
九合目から見ると、中央アルプスの後方に綺麗な円錐系の頭が覗いている。
間違いない”富士山”だと男性が言う。
アルプスの位置関係がさっぱり判らない者からすると「富士山が見える」
という事実に遭遇しただけで興奮の嵐となったのは言うまでもない。
f0073587_23594872.jpg

f0073587_02377.jpgf0073587_025130.jpg
f0073587_0123076.jpg


[PR]
by mido811 | 2007-10-15 00:26 | 中ア・御嶽山 | Comments(2)
♪木曽のなあ~・・・ 雨男、御嶽山に謳う。-1
いや~、今週はイベントが多すぎて・・・・飲んだ!飲んだ!
で、ずーっと更新をサボってましたとさ。

さて、御嶽山編のはじまりです。
印象としては、アルプスの山々を見るには日帰りができ、温泉も豊富
急登も少なくコースも迷うことのない初心者にとっては有り難い山だと感じた。
関西方面からは中津川ICからが遠いのが難点か?

早朝、5:30に携帯目覚ましをセットしてたが、登山者の声で目覚めた。
到着時には何も見えなかったのが、外へ出てみると迫るほどの勢いで朝焼けに染まる”御嶽山”の
山容が見え圧倒される。時間の経過と共にその色は徐々に変化していった。

f0073587_11295399.jpgf0073587_1130316.jpg

急いで、身支度し朝食を取る。
車中泊では、コンビニおにぎり2個と味噌汁の”あさげ”が定番になっている。
6:30出発。目の前の鳥居をくぐり真っ直ぐに伸びた平坦な道を歩く。
早朝ともあって肌寒いが、天候は快晴。御嶽山から湯気のように雲が立ち昇る。

f0073587_11362195.jpg


意外にも家族連れでの登山者が目につく。
いい家族だ。私もこうしてれば・・・・と今になって反省。
歩き出すとすぐ脇に「田の原大黒天」があり、立ち寄って無事を祈る。
木々の匂いと冷たい空気が快適に感じ始めた頃には「遙拝場」を通過。

f0073587_11434425.jpgf0073587_11435518.jpg


緩やかな木の階段を昇っていくと途中から岩の階段へと変わる。
この辺りは水たまりが多く避けながら登ると「大江大権現」に到着。
既に息切れの人達が休憩している。
岩階段が途切れると木の階段となって「あかっぱげ」に到着。
振り返るとスタートした駐車場と中央アルプスの山々の眺望で思わず時間を忘れる。

f0073587_12374.jpgf0073587_1232133.jpgf0073587_1234498.jpg

f0073587_12103817.jpg

そして、日の光が雲の下にある山々をシルエットのように映し出した。
よく考えれば、ここは既に標高2,380mなのだ。

f0073587_12235816.jpg

[PR]
by mido811 | 2007-10-14 12:28 | 中ア・御嶽山 | Comments(0)
♪木曽のなあ~・・・ 雨男、御嶽山に謳う。
f0073587_11171898.jpg


f0073587_11183686.jpg数少ない連休、快晴の天気そして冬山シーズン間近を考えると、2-3,000m級の
山に登るのは今年最後のチャンスかもしれない。
でも、先日の白山で懐は風が吹くぐらい寂しい・・・・。
しかし、時間は待ってくれない!エ~イ、行ってしまえ。
で、どこへ行く?迷うことなく往復5時間という中央アルプス・御嶽山に決定。

いきなりザックに荷物を詰め込み10/6(土)19:00に自宅を出発。
大山崎ICから中央高速道中津川ICを目指し、R19をひた走る。高速を出てからの
道のりが長~い。元橋を左折して御嶽湖畔を通って7合目にある田の原登山口
駐車場へ向かう。深夜2時現着。既にトイレ近くを中心に車が並んでいる。外はガスがかかり震えるほど寒い。睡眠薬代わりにビールを一気に飲んでシュラフに潜り込み車中泊。早朝、5:30大きな声が飛び交う。見れば、何処にこんだけの人間が隠れてたんや!と思うくらいの人達が出発し始めていた。そして、気づくと朝日に燃える御嶽山の山容が飛び込んできた。
慌てて支度し6:30に出発。登りはじめて直ぐに横浜から来たという60歳すぎの男性と知り合い下山まで行動を共にすることとなった。縁とは不思議なものだが、何となく気が合い絶景とともに一層楽しい山行となった。
詳細は後程・・・・。

[PR]
by mido811 | 2007-10-08 11:59 | 中ア・御嶽山 | Comments(7)