大山 その1
念願の「大山」へ行って参りました。
日帰り登山でしたが、良い夏休みになりました。

8/19(土)夕方出発、途中仮眠しながらの走行で現地下山駐車場へは
8/20(日)深夜1時到着。登山開始まで車中で仮眠をとる。天候は
強風が吹きチョット心配になるが、寝坊しないように携帯のめざましを
午前5時にセットして就寝。
f0073587_1344620.jpg


到着時は、暗闇で数台の車しか確認できなかっったが夜明けとともに
目前の「大山」にサプライズ。午前6時になり停まっている車から人が
出て来る。やはり皆、車中泊をしていたようだ。
朝飯は総菜パンと野菜ジュースとバナナを食べ、いよいよ出発だ。
夏山登山口は、下山駐車場の50m先にありすぐに確認ができた。
皆が言うようにお寺の階段のように単調な登りが続く。途中、軽装で登ろうと
する人達に出会す。一瞬、こんな簡単に登れるのか?と頭をよぎる。
f0073587_1353657.jpg

f0073587_1362869.jpg


単調な登りが続きながら傾斜もきつくなってきたところで1合目到着。
ゆっくり登ったつもりが既に汗ばんでいる。頂上まで持つのかが心配。
休憩していると、赤い服装に編み笠を被った80歳くらいのお爺さんに
「登りですか?下りですか?」結構きつい質問を浴びせられた。「いえ、登りです。」
と応えると「ああ、そうですか」と言って、先に行かれた。後でわかったのだが
このお爺さんは大山に1000回以上登っているそうで通常3時間のところを
1時間40分で登るそうだ。偉人はどこにでもいるもんだ!
f0073587_139410.jpg

流石に国立公園だけあって整備が行き届いているが、急登が堪える。
休憩回数も増え、近くの丸太に腰掛けていたら同じ歳格好の男性二人も
同じように休憩のため丸太に腰を掛けた。
男性の一人から「どちらから来られなさった」と訊かれ「大阪からで大山は初めて」と
応えた。そうすると米子の方のようで大山についていろいろ教えていただき
頂上までご一緒いただけることとなった。
f0073587_143692.jpg

f0073587_143365.jpg

[PR]
# by mido811 | 2006-08-22 01:44 | 鳥取・大山 | Comments(0)
盆です。墓参りだ!
8/12深夜1時に家を出て島根県にある墓へ墓参りに。
茨木ICに入るやいなや渋滞の列、宝塚ICまでは2時間を要した。
最初の休憩を三木SAでとるつもりが車を駐車させるスペースがなく
諦めて次のSAへ向かうが何処も同じ状態で吉備SAようやく休憩となる。

そんなこんなで山陽道広島より浜田道に入り山陰道江津ICに到着
したのは午前10:00前となった。
早々に墓参を済ませ親戚まわりをした後、浜田へ移動し
”道の駅”でお土産を購入し再び浜田道に入り広島を目指す。
今回は息子が足の骨折で留守番なので娘の希望で広島パセーラ
にある”タンドール”のカレー+ナンを食べることに。

広島在住の頃、通った店の一つで”ナン”が最高なのだ。何も付けなくとも旨い!
ナンの上には溶けたバターが溜まる程だが食べるとしつこくなくサッパリしている。
今回はエッグカレー(辛い)とティッカを一緒にオーダーし久しぶりに旨いものを
食ったという満足感を得た。

地下街”シャレオ”を歩くと”おー 全部広島じゃー”というロゴが目に入った。
映っている子供はいかにも広島の子供っていう感じで思わずカメラを向けた。
広島ICから茨木ICに到着したのは途中の仮眠が爆睡に変わり8/13の午前6:00帰宅。
あ~、疲れた。

f0073587_121069.jpg

f0073587_125259.jpg

f0073587_131484.jpg

f0073587_132636.jpg

[PR]
# by mido811 | 2006-08-14 01:10 | ひろしま | Comments(0)
伊吹山-3
登山口15:57発のバスで近江長岡へ戻る予定だったが
3合目で時計を見ると現時刻15:50、次のバスは確か17:00前だったはず。
今から下山してたら到底間に合わないのでズルしてゴンドラに乗って下山
することにした。
f0073587_0184894.jpg


ゴンドラに揺られること15分、あっという間に下山完了。
ゴンドラ乗り場から歩いて三之宮神社側のバス停に向かうと、既にバス待ち客が
退屈そうに待っている。これまで食事を口にしていなかったので、コンビニおにぎりを
食べた。久しぶりに旨かった~!
f0073587_0191572.jpg

バスに乗り込みJR近江長岡駅に着くと売店でビールを買い一機に飲み干す。
伊吹山は相変わらず3合目から頂上にかけ雲に覆われている。360度のパノラマ
風景はお預け、次回の再会を祈り近江長岡を発った。

伊吹山で出会った花(本来もっと多いのですが・・・)
f0073587_0205065.jpg

f0073587_021381.jpg

f0073587_0212689.jpg

[PR]
# by mido811 | 2006-08-02 00:22 | 伊吹山 | Comments(0)
伊吹山-2
男性グループが騒いでいる。聞くと半ズボンの一人が”山ヒル”に血を吸われているらしい。
長ズボンでよかった~。

さて、3合目から頂上を見ると絶壁に人間がへばりついて登っているようで滑稽である。
まるで、蟻の行進のようにも見える。
これからあそこを目指すのかと思うとチョット不安である。
霧も濃くなり雨も強くなってきたので、撤収もやむなしとも思えた。が、足は頂上へ動き出す。
頂上までは、歩いては止まり歩いては止まりで気力が出ず一枚も撮らず終いだ。
何と情けない!!
f0073587_2319136.jpg

頂上へようやく到着するが、濃い霧のため頂上の景色が全く判らない。
確認できるのは食堂の”天ぷらうどん¥650”ぐらいだ。風は吹き荒れる中、耐えながら
みんな写真を撮っている。私はただそれを見ているだけ。
気温も下がり、このまま居てもどうしようもなく下山することにした。
f0073587_23193545.jpg

f0073587_23194781.jpg

登りとは違い、下山は早い。
3合目が見えると同時にピーカンの太陽がスポットライトのように照らされる下界が
見える。なんてこったい?
こっちは、雨と霧と風が吹き荒れているというのに!
有料トイレにつくと汗まみれの服を急いで着替えた。これだけでも極楽だ。
f0073587_23201028.jpg

f0073587_23201820.jpg

f0073587_23202852.jpg

[PR]
# by mido811 | 2006-07-31 23:25 | 伊吹山 | Comments(0)
伊吹山-1
7/29日伊吹山へ行って来ました。
高槻6:42発米原行き快速に乗車、目的地近江長岡駅を目指す。
到着の度に高校生だろうか?体育系クラブへ行く黒い顔が行き交う。
夏休みらしい光景だ!
f0073587_0302276.jpg

米原で名古屋行きに乗り換える。米原からはJR東海になるのだが
車内吊り広告が”名古屋”ばかりだ。ちょっとしたことで旅行気分になり得した感じ。
近江長岡駅につくと、こんなにもいたのかと思わんばかりのザック姿の大群が降り立つ。
ここからバスに乗り換え伊吹山登山口へ向かう。
f0073587_23144184.jpg

登山口バス停を下りると、すぐ目の前に「三宮神社」があり登り口が見える。
ゴンドラで3合目まで登れるが、そのまま進むことにした。
1合目までは瓦礫の道をひたすら登るのだが、日頃の運動不足だろうか?
山の中の蒸し暑さも手伝ってか?やたら汗をかく。木陰で小休止していたら
雨が降り出した。雨具に着替えて歩き出すが、思うように歩けない。
振り返ると眼下に見える琵琶湖の景色が目に入り疲れ癒やしてくれる。
f0073587_23145894.jpg

f0073587_2316043.jpg

歩いては止まり、歩いては止まりをくり返しながらようやく3合目に到着。
雨は止むどころか強さを増し風と霧で真っ白に・・・・
f0073587_2316108.jpg

[PR]
# by mido811 | 2006-07-30 23:26 | 伊吹山 | Comments(3)
ビスタ~リ ビスタ~リ
大山ショックから立ち直る気配もなく、雨音を背景にひたすら
Webで”大山”をキーワードにネットサーフィンに興じる。(暗~)
と、そこに大山山行日記なるものにヒット!

読めば読むほどに引き込まれていく。何だ!これは!
HOMEに戻って「山行日記」を最初から丹念に読むことにした。
このサイトは、女性一人でテント泊する山歩きの日記だ。
彼女が描いたであろうイラストと忌憚のない文章が人間味を醸し出す。

特に気に入ったのは、山では必ずビールを飲みまくっていることと
休みの合間や東京出張を利用して年中週末縦走する逞しさだ。
家族と一緒に登る楽しさと一人で登る楽しさに違いはあるが、それぞれに
良さがあっていいんじゃないかという彼女の文章でハットさせられた。
そうだ!一人で行くのも”あり”なんだって。
都合がつけば家族と一緒に行けばいいのだ。簡単なことを忘れていた。
f0073587_1343735.jpg

URL:http://bistaribistari.hp.infoseek.co.jp/index.htm
BLOG:http://blog.goo.ne.jp/bistaribistari/
[PR]
# by mido811 | 2006-07-23 13:12 | Comments(2)
悲しみ本線、日本海~♪
思わずタイトルを口づさみたくなるような心境です。
楽しみにしていた”大山登山”は急遽中止となりました。

本来この時間は”鳥取・大山”へ向かう車中の筈なんですが・・・
梅雨前線のせいでしょうか?それとも本人の日頃の行いのせいでしょうか?
これまで昂揚していた気持ちが風船を割るかのごとく一瞬にして
木っ端みじんです。

今日、明日と有給休暇をとったのに、この雨で数日間をどう過ごすかが
今の課題とは・・・。う~、想定外だ!!
奥方は「晴れた日にまた休めば・・」と暢気に言ちゃってくれますが
過去5年間夏休みを取れずにいた自分にとっては貴重な休みだったのに・・・・
ここまでの準備時間を返してくれ~!って叫びたい気分です。

外は、これでもかと言わんばかりに雨が激しさを増しています。
春は雪に閉じこめられ、夏は雨で行く手を塞がれ今年は良いことがありません。
f0073587_18354464.jpg

[PR]
# by mido811 | 2006-07-20 18:41 | ひとりごと | Comments(2)
暫くの出来事
久々の更新だ。
ここ暫くの間に決まった事。
1.ザックはKARRIMORのRIDGE40に決定。
2.大山登山は7/20出発、7/21登頂。
と言うことで、週末はマイカーの掃除と「好日山荘」への買い出しで
連休は終了。後は”大山行き”に神が我々を見放さないことだ。

今週はどの天気予報を見ても”雨”それも”大雨”ときている。
奇蹟よ!起きてくれー!
f0073587_075620.jpg

[PR]
# by mido811 | 2006-07-19 00:10 | ひとりごと | Comments(0)
”好日山荘”の宮迫
暑い。いつも同じ出だしのような気がするが暑い。
今日も汗だくになりながら営業に出たが、流石に体力の消耗激しく・・・
ちょっと、ここでブレイクということで早々に帰社となる。

真っ直ぐ帰る性格でないのだろう、足は自然と「好日山荘」へ
時刻は19時前だけど、リーマンやOLでごった返している。特に
ザックのコーナーでは友人のアドバイスを受けながら物色している人達が
大勢いるぜ。もうすぐ夏休みだもんな!

私もザックのコーナーで物色していると例の”雨上がりの宮迫”に似た店員が
わざとらしく前を横切るではないか。どうもオレのことサッチした様子だ。(でもちょっと嬉しい)。
”ドイター”のザックを背負った姿を見ていると後ろから宮迫が「それ微妙ですねー」と呟き、
続けて「10%off キャンペーンは残り1週間位あるので、各メーカのザックを背負って
一緒に確かめていきましょ!」と、こちらの思いを見透かされたように語りかけてくるのだ。
恐るべし”好日山荘の宮迫”。

でも、この”好日山荘の宮迫”、OLさんが「35L位で女性に人気のあるザックを選んで」というと
ザックを6種類並べ、各々の特色と人気の訳を頭の中で整理されているかのように
流々と語るではないか?”好日山荘の宮迫”は、できる男なのだ!

ザックの候補として”カリマー”、”ドイター”、”タトンカ”を検討中なので購入アドバイスを
いただければ嬉しいス。
f0073587_0164546.jpg

[PR]
# by mido811 | 2006-07-13 00:23 | ひとりごと | Comments(2)
遅ればせの「父の日」
遅ればせの「父の日」のプレゼントを買ってもらう為に大阪駅前ビルの
”好日山荘”へ出掛けた。

10%offキャンペーンなのか?それともブームなのか?は定かでないが
若いお嬢さん達でごった返している。オジサンにとっては喜ばしいことだ。
お目当てのレインウェアは”NORTHFACE”で決定。
う~、これで大山へいけるぜ!
併せてミレーのMYズボンとMUSSHUの奥方用パンツを衝動買い。

続いて、ザックも欲しくなり最初は30Lで検討、”宮迫風”の店員さんと話し込んでいたところ
熟練のオバサンが「30Lよりも35-40Lを買いなさい。一番良く使うから」と
アドバイスをいただく。
さー、そこから何時間経っただろうか?とっかえひっかえするが、結局決まらずで
本日のお買い物終了!時刻は6時、5時間も粘っていたとは・・・
”宮迫風”の店員さんが一言「何を買うか悩む時が一番楽しいので、ゆっくり楽しんで下さい!」
この言葉に助けられつつ、この店員さんから必ず買おうと思った。
”好日山荘”の店員さんは花○だ!

写真は大阪駅前ビル(好日山荘・SNOWPEAK)
f0073587_0312658.jpg

[PR]
# by mido811 | 2006-07-10 00:36 | ひとりごと | Comments(5)