<   2016年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧
<2016年>山に無線に第九
f0073587_10225678.jpg

2016年12月31日(土・大晦日)
今年も残り僅か。
昨晩、オーダーしていた「1万人の第九」の
DVD・CDが届けられた。
これで、今年の万九は完全に終了。
何とか1年生き延びられたことに感謝!

ここで2016年を振り返ってみたい。

日常生活ではアマチュア無線の利用を目的に
ガラ携からスマホに変更した。
”SOTA WATCH”や”J-CLUSTER”という
掲示板に投稿するためだったが、なぜか
FACEBOOKにまで首を突っ込み新たな世界を体験することになった。
でも、blogの方が性にあってそう。

【登山】
また、山については前半は無線目的で登っていたものの
後半はホームベースのポンポン山ばかりで
アクティビティに欠け自信不完全燃焼という思いだった。
f0073587_11375446.jpg
しかし、その中でも印象に残ったのは北アルプス・乗鞍岳。
こちらも無線目的で登ったもののご来光に感動し
コマクサなどの高山植物に癒され目的の無線では
想像以上に遠くまで電波が飛んで多くの局と交信できたこと。
それに初めての四国遠征で剣山に登れたこと。

<登山記録>
1/1   ポンポン山
1/10  蓬莱山(比良)
1/16  高見山
2/7   北比良峠(比良・武奈ケ岳)
2/11  蛇谷ケ峰(比良)
2/28  六甲山最高峰
3/20  三峰山
3/21  小塩山(京都・西山)
3/27  ポンポン山
4/30  大台ケ原(日出ケ岳)
5/1   ポンポン山
5/3   ポンポン山
5/4   八経ケ岳(大峰)
5/22  稲村ケ岳(大峰)
7/10  ポンポン山
7/17  竜王山(北摂)
7/18  ポンポン山
7/24  ポンポン山
7/31  乗鞍岳(北アルプス)
8/7   ポンポン山
8/11  ポンポン山
8/14  ポンポン山
9/10  ポンポン山
9/23  雷鳥沢(北アルプス・立山)
9/24  立山・一ノ越(北アルプス)
10/10 ポンポン山
10/16 深山(北摂)
10/22 竜ケ岳(鈴鹿)
10/30 御池岳(鈴鹿)
11/5  剣山(徳島)
11/13 ポンポン山
12/25 ポンポン山 

【無線】
昨年までは430MHZ/FMだけの移動だったが
今年からHF/7MHZ・18MHZ・21MHZと
144MHZ/SSBでも移動運用を始めた。
ただ、反省はモールス交信を始めたいがため
年初に開催された講習会に参加したりモチベーションを
上げたにも関わらず易きに流され努力を怠ったこと。

それでも数ヶ月前よりスマホアプリを利用して
通勤の行き帰りに練習を重ねている。
あと少し頑張ってみたい。

<2016年発行QSLカード(交信証)>
1/1ポンポン山・1/10蓬莱山・1/16高見山
f0073587_11212258.jpgf0073587_11214099.jpgf0073587_11215515.jpg
2/7北比良峠・2/11蛇谷ケ峰・2/28六甲山最高峰
f0073587_11235992.jpgf0073587_11241188.jpgf0073587_11242692.jpg
3/20三峰山・3/21小塩山・3/27ポンポン山
f0073587_1126645.jpgf0073587_11261835.jpgf0073587_1126273.jpg
4/30大台ケ原・5/1ポンポン山・5/3ポンポン山
f0073587_11274857.jpgf0073587_1128158.jpgf0073587_112814100.jpg
5/4八経ケ岳・5/22稲村ケ岳・7/10ポンポン山
f0073587_11293523.jpgf0073587_11294544.jpgf0073587_1130040.jpg
7/17から「山の日制定」記念QSLないし既存QSLカード
f0073587_1132347.jpg


【1万人の第九】
1万人の第九は、今年で累計12回目の参加。
いつの間にか干支を一周。
これも万九で知り合えた方々のおかげと感謝している。

f0073587_1146663.jpg


昨年同様、松尾先生のレッスンを受け
楽しく3ヶ月を過ごすことができた。
今年は近い親戚が3名も亡くなったため
本番の第九合唱は鎮魂の思いを込めて唄うことに。


総括して唯一いえることは、病気や怪我を負うことなく
無事に1年過ごせたこと。
恐らく2017年も気苦労は絶えないと思うが
せめて健康で過ごせたらと願うばかり。



最後になりましたが、不肖の私に関わっていただいた皆様に
改めて御礼申し上げると共に
来る2017年が皆様にとって良い年になりますことを
こころよりお祈り申し上げます。

[PR]
by mido811 | 2016-12-31 11:57 | ひとりごと | Comments(2)
数えてみました「NHK-BS にっぽん百名山」-3
f0073587_22131535.jpg

2016年12月29日(木)
NHK-BSで放送されている「日本百名山」も今年で早5年。
この番組を録画するのが今やライフワークになっている。
とっくに一巡しいつ終わってもおかしくないのにと心配していたが
そこは天下のNHKさん。簡単には終わらせなかった。

なんと田中澄江著の「花の百名山」にちなんだ新たなシリーズを展開し
旧来の百名山も登山ルートを変えて息を吹き返した。
また6月6日放送分よりサブタイトルとして「新たなる峰々へ」が追記された。

そうか!この手があったか~
まぁよく考えるよな~と職員の方々に敬意を表したい。

山ブームが広がるにつれ各TV局から山番組が次々と放送された。
一時は関西の単独UHF局「サンテレビ」までも山番組を放送したほど。
しかし、残念なことに今や山番組はこの「日本百名山」のみとなってしまった。

では、なぜ他局の番組は消え当番組が残っているのか
勝手な独断と偏見で考えてみた。
①天気は必ず快晴。
②番組内容がシンプル(30分で完結)
③誰もが登れる季節や登山ルートで放送。
④製作に稼動がかかり過ぎ民放では対応できない。

今年は国民の祝日として「山の日」が制定され
山ブームはますます拍車がかかるのに反し
紹介する番組が「日本百名山」だけとは非常に寂しい限り。
それゆえ、番組の充実を図り更に続くことを願う。

再放送を除き今年も数えてみた。
今回は紹介されたガイドさんの職業名を併記した。

【2016年放送】
1/4 富士山/天野和明さん 山岳ガイド
1/11 五竜岳/松澤幸靖さん 山岳ガイド
1/18 阿寒岳/西田憲一さん 登山ガイド
2/8 石鎚山/三浦真紀さん ガイド
2/15 谷川岳/西田省三さん 写真家
3/14 水晶岳/永井 柳さん  ガイド
6/6 高尾山/高野吉正さん 登山ガイド ● ※以降 ”新たなる峰々へ”が追記
6/13 藤原岳/内炭直美さん ガイド ●
6/20 榛名山/舘山美和さん 登山ガイド ●
7/4 大岳山/伝井真弓さん ガイド
7/11 浅草岳/安類智仁さん ガイド ●
7/18 安達太良山/佐藤哲朗さん ガイド
8/1 磐梯山/江花俊和さん 猪苗代湖山岳会ガイド
8/8 礼文岳/宮本誠一郎さん ガイド ●
8/15 秋田駒ケ岳/小野信也さん 山岳ガイド ●
8/22 月山/菊地 隆さん   ガイド
8/29 越後駒ケ岳/木村和也さん 山岳雑誌(山と溪谷社)編集者 ●
9/5 暑寒別岳/阿部夕香さん 登山ガイド ●
9/12 聖岳/福澤修一さん  ガイド
9/19 八ヶ岳/北原貴穂さん ガイド
10/3 焼岳/竹尾雄宇さん  ガイド
10/10 穂高岳/井坂道彦さん ガイド
10/17 常念岳/高木律子さん ガイド
10/24 針ノ木岳/村松哲彦さん ガイド
11/7 鳳凰山/西田省三さん 写真家
11/14 白馬岳/山岸慎英さん 国際山岳ガイド
11/21 朝日岳/五十嵐理沙さん 登山ガイド
12/5 空木岳/羽場崎 功さん 登山ガイド
12/12 東赤石山/松本智弘さん ガイド ●
12/19 十勝岳/荒田康仁さん  山岳ガイド
12/26 白山/三谷幹雄さん  ガイド
●は”花の百名山”
尚、登山ガイドは登山道を案内する資格。
山岳ガイドは登山道と登山道以外の岩稜や谷・壁などといった
バリエーションルートを案内する資格。
また国際山岳ガイドは国際山岳ガイド連盟加盟諸国の
山岳全エリアを案内できる資格。

さて、今年は山を愛する人たちに激震が走った。
登山家の田部井淳子さんが亡くなられた。
彼女は今の登山ブームを支え社会に浸透させた立役者だった。
こころより御冥福を祈りたい。

代わって、彗星の如く現われた世界7大陸の最高峰を
最年少で制覇した女子大学生の南谷 真鈴さん。
大きな星が消え新たな星が誕生した。
彼女のこれからの活躍が楽しみだ。

来る2017年の「にっぽん百名山」は我々に
どんな感動与えてくれるのか楽しみだ。


あっ、そうそう・・・・
にっぽん百名山の画像を編集しBGMをつけ1時間構成にした
「美しき日本の山々」も今年登場。深夜3時とか4時に
NHK-BSで気まぐれに放送している。こちらもオススメです。
[PR]
by mido811 | 2016-12-29 23:10 | ひとりごと | Comments(2)
2017年の手帳を買った。
f0073587_2324741.jpg

2016年12月28日(水)
今日が仕事納めの企業は多かったと思う。
残念ながら我社は29日が仕事納めだ。

最終の挨拶回りを終えた後、2017年の手帳を買いに行った。
いつもはNOLTYエクセルプラス3という縦長の手帳を買っていたが
NOLTYが製造中止にしたため似た手帳を探した。

NOLTYは新しい手帳は同じ縦長でもやや短くなり書き難そうに思えた。
他にも探したが、慣れもあってなかなかぐっとくるものがない。
嫌々1年間持ち続けるのも辛いのでじっくり探していると
高橋書店の手帳の中で数が減っている手帳に気づいた。

中を見ると今使っているのと瓜二つ。
強いて言えば、紙質が若干チープなのだがぐっときたので
即これに決めた。NOLTYよさようなら~

ちなみに写真左から、2016年手帳に2017年手帳、それから
会社から支給の手帳。その昔、会社手帳を愛用していた。
当時は革張りで紙質も高給だった。しかし、年を経るたびに
どんどんチープになっていったので新たに手帳を買うようになった。

話は続く。
約3年前から手帳にその年の目標を書いている。
そもそも会社のKさんという女子から聞いたことが発端。
Kさんは毎年叶えたい目標を片っ端から書いているそうで
書くことでその目標が実現できるというのだ。

ならばと試しに書いたところ結果の有無は置いといて
出来た事には満足感が得られ、できなかったことには
素直に反省できることに気がついた。それからは
毎年思いついた目標を書くようにしているのだ。
しかし、目標を書けと言われても意外に書けないもの。
ちなみにKさんは100個程度は目標設定するらしい。

さて、恥ずかしながら今年の目標と結果はというと・・・

・会社の売上予算達成⇒上期はいい感じだったが、下期はどん底・・あーどうしよう。
・間食しない⇒すいません、思いっきり間食してた。
・モールス交信のデビューとSOTA運用⇒SOTA運用実施、モールス交信は果たせず。
・家のリフォームないし建替え⇒業者との打ち合わせまでいったが都合により頓挫。
・月1回登山の実行、日本アルプスにも行く⇒月1回は果たせず、日本アルプスは行った。
・無線の講習会に参加⇒京都CW、JARL奈良主催CW講習に参加。
・1万人の第九参加⇒累計12回目の参加。
・家にアンテナを上げる⇒家の建替えが頓挫し中止。
・1歩前に出る⇒意識して意見を言うように心がけた。

というように今年も目標を列挙しようと思う。
自分の目標を書き出すって意外に難しい。
しかし、目標を見出すことで今の自分に向き合えると思う。
だから皆さんも是非~
[PR]
by mido811 | 2016-12-28 23:27 | ひとりごと | Comments(2)
ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山」今年最後のSOTA移動
f0073587_22442185.jpg

2016年12月25日(日)
三連休最後の日。
暫く山に登らず、ましてや無線もご無沙汰。
昨日は本山寺までを山トレしたので
今日はポンポン山に登ることにした。

予定では早朝5時起床し7時には山頂に到着
はずだった。
しかし、最近は新調したシュラフISUKA AIR450で
寝ているのでその抜群の寝心地でなかなか眠りから
醒めず結局本山寺駐車場には8時に到着した。
余談だが、ISUKAのシュラフは
高級な羽毛ふとんより優秀だ。
f0073587_20531084.jpg


駐車場にこの時間にしてはけっこう車が止まっていた。
それに到着するまでに多くの登山者を見かけた。
え~申し遅れました。本日の影武者です。
足が長~いでしょ!
f0073587_20582245.jpg


いつものようにハンディ無線機で430MHZ/FMを
受信しながら本山寺へ向かう。クリスマスと
あって周波数はガラガラ。
しかし、433.100MHZでJM3GVH・大梅さんの
声を久々に聞く。その交信をラジオ代わりに聞いて
本山寺の脇勧請を通過。
ここの脇勧請も正月に向けて新しくなっていた。
f0073587_2121022.jpg


本山寺境内に入る。
日もたっぷり届き今日は好天になりそうだ。
暫くすると男性5名のグループが下山してきた。
と思えばトレランの男性も下りて来た。
皆、早朝から山頂に登っていたようだ。
f0073587_2155639.jpg


本山寺脇の登山口からポンポン山の登山道に入る。
今日は進むたびに登山者と擦れ違う。
ラジオ代わりに聞いていたJM3GVH局の電波も
だんだん強くなってきたので年末の御挨拶を兼ね
コールさせていただき久々の交信となった。
f0073587_21122138.jpg


交信している間も歩き続け山頂に到着。
空気も澄んで周囲の山々もくっきり展望できた。
おまけに愛宕山周辺には見事な雲海が発生し
優美な景色をみることができた。
f0073587_21151662.jpg


山頂が静かな間にアンテナの設営を始めた。
今日は430/144MHZのV/UHFではなく短波の
7MHZでQRVする。
と言うのも7MHZの電波状態がけっこう
いいと聞いたからだ。
それにアンテナのケーブルも3D2Vから1.5D2Vに
軽量化し送信電力に影響はないか検証する。
f0073587_2123502.jpg


アンテナ設営後、無線機に火を入れ空き周波数を探す。
アンテナは7.130-150MHZがベスト。しかし、300KHZ毎
に埋まっており入る隙がない。先ずはお試しとして
7.130MHZでQRVしている東京都国立市市制50周年
記念局8J1KA/1をコールしてみた。するとパイルにも
かかわらず一発でピックアップされ驚いた。これで
7MHZの電波状態がいいというのが確認できた。
ようやく空き周波数を探し当て
7.105MHZでCQを出すことにした。
f0073587_22461094.jpg
【本日の交信結果】
FT817ND/5W + 7MHZフルサイズIVDP
ポンポン山(標高678.9m) SOTA JA/OS-005
大阪府高槻市 JCC 2509
10:24 8J1KA/1 59/59 東京都国立市 ※7.130MHZ
10:51 JQ1NNT 59/59 千葉市稲毛区※7.105MHZ
10:56 JR6JFR 59/59 熊本県荒尾市
11:04 JA0AUF 59/49 新潟県上越市
11:14 JG1FMV 59/59 千葉県印旛郡
11:19 JE1IGH 59/59 茨城県日立市
11:22 JA4WDT 59/59 山口県山口市
11:24 JE1RZF/1 59/59 群馬県甘楽郡
11:26 JH4LHF 59/59 鳥取県倉吉市
11:29 JL3HZC 59/56 大阪府枚方市
11:36 JA2NLT 59/55 静岡市葵区
11:40 JP1IXV 59/59 神奈川県海老名市
11:57 JO6QDL/6 59/59 宮崎県日南市 ※7.093MHZ
12:07 JF1NGO 59/59 神奈川県愛甲郡愛川町※7.140MHZ
各局、FB QSOいただき有難うございました。
やはり今日はコンディションがよかったようだ。
QRPと告げると各局一様によく来てますね~と
感心されていた様子。こちらも久々にFT-817の
デジタルメータがフル表示していた。
ケーブルについては軽量化したお陰でマストが
抜け落ちることもなく伝送劣化も感じられなかった。
f0073587_22174528.jpg


お昼近くになるとややコンディションが落ちたように
思えたが久々の7MHZで満足できる飛びと交信になり
ストレス発散のひと時だった。
そして満足いく今年最後のSOTA移動になった。
f0073587_22254217.jpg


いつもだと交信を続けているのだが、カミさんから
大掃除と買物に連れて行けと頼まれていたため
ここでQRT(交信終了)。登山者も増え始めた
こともありアンテナの撤収にかかった。

撤収している間、クリスマスとあってこんな
パーティーもいて周囲の笑いを誘っていた。
f0073587_22242265.jpg


気が付けば朝から何も口にしていない。
持参したピーナッツチョコを温かいお茶で流し込んだ。
エネルギーの補給と身支度を済ませ一機に本山寺へ下山した。
f0073587_22372521.jpg


さて、今年もポンポン山に何度も登った。
登るたびに展望が変わり飽きることはなかった。
それに無線も毎回変化があってこちらも飽きる
ことはなし。

ポンポン山よ、今年も有難う!
そして来年もヨロシクと伝えたい。

 

[PR]
by mido811 | 2016-12-25 22:51 | アマチュア無線 | Comments(4)
山トレ 神峯山寺~本山寺
f0073587_025567.jpg

2016年12月24日(土)
3連休の中日、そしてクリスマスイヴ。
しかし、子供が卒業した我家ではクリスマスも卒業。
ならば、本来なら山へ行くところだが
そんなの関係ね~とばかりに朝から溜まりに溜まった
QSLカード(交信証)の印刷でプリンタに張りついていた。

それも目処が立ったのでトレーニングがてら午後から
いつもの神峯山寺から本山寺の林道を往復することにした。

牛地蔵の鳥居から坂を登りつめ神峯山寺第二駐車場を
過ぎると脇勧請が新調されていた。いよいよ新年の
準備始った様子。
f0073587_0593252.jpg

更に進むと沿道には”毘沙門天王”の幟が立ち
こちらも正月ムード一色。神峯寺も”初詣り”の
準備を整え新年を迎える状態。
f0073587_059548.jpg


年末ではあるが、ポンポン山への登山者は
絶えないようで今日も多くの登山者と擦違った。
本山寺駐車場も思う以上に車が駐車していた。

駐車場を更に進むと急坂の始まり。
息を整え決してムリをせずマイペースで登りつめる。
時折、お地蔵様に手を合わせ更に登る。

ゆっくり登っているようでも背中に汗がにじむ。
登るにつれ天候が小雨に変わった。
本来なら雪なんだろうが温暖化の影響がこんなところにも。
f0073587_103555.jpg


本山寺に到着。
下山してきた登山者が雨宿りしていた。
スマホで雨雲を確認すると通り雨と分かり
よもぎ大福でエネルギー補給する。
f0073587_12054.jpg


暫くすると雨は止み遠くに見える大阪市内は
夕焼けに包まれていた。この時期は海面が
反射し赤く染まるためそこが大阪湾であることが分かった。
f0073587_121760.jpg


本山寺も新年を迎える準備が始っていた。
下界はクリスマスで賑わっているのに
山では既に迎春ムードとは・・このギャップが面白い。

f0073587_112331.jpg

今日も往復2時間歩いてトレーニング完了。
明日はカミさんから大掃除の命令を受けているが
ポンポン山に今年最後として登っておきたい心境なんだが・・・
[PR]
by mido811 | 2016-12-25 01:15 | ひとりごと | Comments(0)
年末ジャンボ宝くじで厄払い
f0073587_2229316.jpg

2016年12月23日(金・祝)
「1万人の第九」の特別番組が放送された。
相変わらず前半はベートーヴェンやクラシックに関する企画。

毎年観ているが、同じような企画ものでウンザリ。
放送局はスポンサーから指示があるのだろうか。
よくも飽きずに同じテーマを続けられるもんだと逆に関心した。

経験で肝心の第九のシーンは”水戸黄門”よろしく
40分から45分経過したところから始まると分かっているので
その間はBSプレミアムの映画「ナバロンの要塞」を観ていた。
(こっちの方がよっぽど興奮した)

そして、予想とおり14:36(13:55開始)41分経過して
第九のシーンが放映された。感想としては思う以上に各パートがシンクロしていた。
危ういところもあったが全体的にはまとまっているように聴こえた。
特にラストの”エリィージム”は美しく荘厳な感じがあってよかった。
後は、DVDが来るのを待つばかり。

番組が終って急に今日が”年末ジャンボ宝くじ”の販売最終日だと気が付いた。
普段から運の悪い男と自負しているので宝くじ等は一切買わない。
しかし、今年は親戚が多数亡くなったり仕事も多難だったりで
正直いい年ではなかった。それでも病気や怪我なく過ごせたことは
ラッキーなのかもしれないが・・・。
f0073587_2256407.jpg

そんなこともあって、当たらないのを分かって買う。
つまり金を敢えて捨てることが逆に厄払いになるのではという
自分なりの理屈で関西では有名な大阪駅前第4ビルの販売場へ向かった。
そして、寒い中を1時間30分並んで目的の年末ジャンボ宝くじを買った。

年越しまで残り数日ではあるが、これで今年の厄落としができた・・・はず。
来年こそ平穏でいい年にしたいと願うばかりだ。
[PR]
by mido811 | 2016-12-23 23:00 | ひとりごと | Comments(0)
ツェルトを設営してみた。
f0073587_21512547.jpg

2016年12月18日(日)

放射冷却でよく冷えた朝。
こんな日は決まって快晴だ。

しかし、この時期はカミさんからの依頼分含め
宛名印刷のピークとなる。
事前に喪中先の確認をしてみるとなんと15件もあった。
今年は喪中が多い年だった。

宛名印刷もさっさと片付けても
やりたいことが目白押し。
アンテナ製作にアンプの製作、CW練習
あ~QSLカードの印刷も山ほどあった・・・・。

しかし、その前にやっておかなければ
ならないことがあった。それは、ツェルトの設営。
登山者なら知ってて当然だが、要は緊急用のテントだ。
ビバークする時や寒さ避けとしても使える簡易テント。

これまで一度も使うことなく宝の持ち腐れ寸前なのだ。
今回は設営手順の確認と実際に設営することにした。
訪れたのは、ポンポン山の麓の神峯寺山の森。
ここなら誰にも迷惑はかからない。
f0073587_22454614.jpg



頭の中では、キャンプ用のタープの設営をイメージ。
両端にトレッキングポールを柱にして逆ハの字にして
宝の均衡を保持させて設営するのだ。
しかし頭では分かっていても片方を自立させ
すばやくもう片方を自立させるのは大変。
何度もやり直してようやく自立できた。
f0073587_2246726.jpg



仮に強風の中でツェルト設営するのなら
ツェルトが飛ばされるか設営までに寒さで倒れているに違いない。
コツを掴むには数回設営を試みる必要がありそうだ。
でも、これから使用する機会が増えそうなのでやっといて良かった。
[PR]
by mido811 | 2016-12-18 22:47 | 山道具 | Comments(3)
山トレで本山寺へ
f0073587_1431597.jpg

2016年12月17日(土)
昨晩は、気の知れた取引先の人たちと忘年会。
終バスまでには帰宅できました。(最近はお利口さんです)

それでも久し振りのアルコールで体はぐったり。
寒さも手伝って家に閉じこもり気味になるという悪循環。
ここは体も心も健康にと思いいつもの神峯山寺から本山寺までを往復した。

登り始めると遠くで法螺の音が聞こえた。
ポンポン山にはたまに山伏の格好をした信者が法螺貝を吹くが
登ぼるにつれ法螺の音は大きくなっていった。

本山寺の中間あたり、ちょうど大阪のビル群を俯瞰できる場所で
法螺貝を吹くオジサンに出逢う。
思わず「練習ですか?」と尋ねると
「法螺貝吹きの初心者で練習中」と返って来た。
f0073587_24472.jpg



更に登っていくと今日も大勢の登山者と擦れ違う。
景観も木々の葉がすっかり落ちたため見通しが利くようになった。
いよいよ冬の到来だ。
f0073587_210346.jpg



念のためハンディ無線機を持ってきたが
相変わらずダントラが占拠し本来のアマチュア無線局は皆無。
どうやら無線の方も冬到来になったようだ。

「万九ロス」が続いているのか
スマホに入れていた「小澤征二の第九」
を聞くだけでは満足できず誰もいないのを
良いことに唄いながら下山した。
f0073587_2151192.jpg


これで気分は幾分晴れたかも。
しっかり汗をかいて2時間の山トレは終了。
[PR]
by mido811 | 2016-12-18 02:15 | 散歩 | Comments(0)
アイコム本社 アマチュア無線フェスティバル
f0073587_0134617.jpg

2016年12月10日(土)
久々にアマチュア無線の話題。
大阪の無線機メーカーであるアイコム㈱本社で
アマチュア無線フェスティバルが開催された。

昨年は研究所で開催されたが今年は
本社での開催。自社製品はもちろん
アンテナメーカーの展示、それに無線界の
アイドル”Masaco”さんのミニライブがある。

本社は河内平野の真中、JR加美駅の傍にある。
しかし、事前の確認を怠ったため間違って
手前の平野駅で下車し時間をロスった。
f0073587_2215964.jpg



本社は駅から5分もかからず到着。
玄関脇にはダイアモンドアンテナの展示車が止まっていた。
早速、中に入るとショールームがあった。
f0073587_225644.jpg



玄関を入るとショールームが隣接していた。
中では、年代順に製品が展示されていた。
免許を取得した高校生時代憧れたモデルもあった。
f0073587_22111274.jpg



こちらは往年(1964年)の名機。
50MHZAM機FDAM-1
f0073587_22571224.jpg



開局した頃は、バイトしてTRIO(KENWOOD)TR-1300を買った
当時、50MHZはTRIOか縦置きのIC-502Aが主流だったな~。
このモデルからICOM製品のデザインが格好良くなったと思う。
f0073587_22165453.jpg



IC502Aがリリースされるまでの製品、アイコムでなく
井上電機製作所といえば、この顔を思い浮かべてしまう。
f0073587_2221169.jpg



TRIOがオールモード機TS600を出せばアイコムは
IC551をリリースした。当時はどちらも高嶺の花で
憧れだったなぁ!
f0073587_22225616.jpg



暫く止めていた無線とBCLを再開しようと
ボーナスをはたいて買ったのがこれ、IC750A。
見た目もカッコ良かったが、液晶表示部が直ぐに故障した。
修理に出したが、当時のアイコムの保守はひどかった。
指摘した部分は治らず戻ってきた。この苦い経験が
今でもICOMを買うのを躊躇させる。
f0073587_2229672.jpg



無線好きにとっては、ここは別天地だ。
最新機器を実際に触ったり自分で確認できるのがいい。
誰でも入れるといいのだが・・・。
f0073587_22373280.jpg



ショールームを離れ3Fの会議室へ移動する。
会議室ではJARDのセミナーやアンテナメーカーの展示があった。
f0073587_2240274.jpg



そして、真中には先日発表された新製品
IC7610が展示されていた。
ヒットモデルであるIC7300のアップグレード機だ。
IC7300からSDRが基調になり他社を差別化し始めている。
願わくばv/u含むオールバンドのSDR機をリリースして欲しい。
f0073587_224753.jpg



この後、Masacoさんのミニライブが始まる。
会議室は立ち見も出てと言いたいところだが
最後にID51plus2が当たるお楽しみ抽選会があるのだ。
f0073587_22544942.jpg



初めの歌は、今年リリースした「むこう岸」。
個人的にはこの曲が好きだ。
しかし、個人の感想なのでご容赦いただきたいのだが
曲はいいのに、歌う方が下手過ぎる。
正直、もっと丁寧に歌わないともったいない。
せっかく売れるチャンスなのに・・・と勝手に思っている。
f0073587_2333338.jpg






さて、2曲披露された後はID51plus2が当たる抽選会。
他にもICOM帽子や時計にカレンダーとそこそこの商品数だったが
一つもかすることなくオケラで退散するはめに。
まさしく人生いろいろ♪~
f0073587_23454063.jpg



FACEBOOKで参加しているSOTAグループへICOM訪問と題し投稿。
するとポツポツと海外各地から”いいね”が付き始めた。
せっかくなので日本アマチュア無線界のアイドルとして
Masacoさんを海外へも広めようと思い本人了解の上、写真を撮らせてもらった。
f0073587_001328.jpg



ネットってやっぱり凄い。
時差とともに各国から”いいね”が付き始める。
コールサインのJH1CBXとMasacoを入れておいたから
興味があれば検索してくるだろう。
無線よりも何かオッカケになってきたな~ヤバイ
f0073587_0153352.jpg

ICOM本社社屋から黄金色の生駒山が眺めた。
季節の移ろいに驚きながら会場をあとにした。
[PR]
by mido811 | 2016-12-12 00:17 | アマチュア無線 | Comments(2)
御堂筋イルミネーション2016
f0073587_20552260.jpg

2016年12月9日(金)
あ~ようやく1週間が終った。
今週は長く感じた。
だから早く帰ればいいのだがそれも・・・・

気分転換に会社のある本町から
御堂筋で大阪駅までを歩いて帰ることにした。
毎年、この時期の御堂筋はイルミネーションで飾られている。

先ずは本町交差点をスタート。
本町から瓦町まではシャンパンゴールドミックスで
装飾されているらしい。
f0073587_1851394.jpg



御堂筋の銀杏並木にはまだ黄色の葉が残っている。
昨年はすっかり散っていたのに・・・
そのせいで、シャンパンゴールドミックスのLEDが
効果半減。映えないな~
f0073587_18542690.jpg



そろそろ青いLEDが見えてきた。
瓦町は近い。
歩いているとどうしても第九の歌詞が頭に浮かぶ。
まだ「万九ロス」続いているらしい。
f0073587_18565889.jpg



瓦町から淀屋橋までのLEDは水都ブルーというそうだ。
とうとう我慢できずスマホを取り出し小澤征二と
サイトウキネンの第九第4楽章合唱を聞き始めてしまった。
f0073587_1942068.jpg



瓦町から歩いて平野町に入った。
小澤征二の第九合唱は東京オペラシンガーズだ。
第九を初めて耳にしたのはこのCDなので
いって見れば私の基本はここにある。
f0073587_1991438.jpg



東京オペラシンガーズの合唱は
切れといい、豊かさといい、厚みといい
どこをとってもピカ一だと思っている。
それが、今回N響第九の合唱で聞けるのだ。
思いふけって道修町に入る。
f0073587_1911426.jpg



御堂筋には随所にブロンズ作品が配置展示されている。
LEDに照らされた作品は昼間と違う雰囲気を感じる。
さしずめ夜のアトリエとでも言えそうだ。
f0073587_20314969.jpg



スマホで聞く第九第4楽章もそろそろ終盤。
そして、日本生命本社を過ぎ淀屋橋に近づくと
イルミネーションも終了だ。
f0073587_20365157.jpg



淀屋橋を渡り大阪市役所を通過。
こちらでも中之島光の饗宴として
イルミネーションで飾られている。
f0073587_204171.jpg



大江橋を渡って梅田新道へ入ると
”御堂筋イエローミックス”という色に変わった。
f0073587_20434115.jpg



関西のラスベガス”北新地”
金曜日の夜、忘年会帰りの客で賑わっていた。
頭の中では、Little Gree Monsterが歌った
「Season of Love」が蘇ってきた。
新地では今日も大人の恋が繰り広げられているのだろうなぁ。
f0073587_2048187.jpg



梅田新道交差点を通過すると
いよいよイルミネーションも最終。
f0073587_20502223.jpg



夜景を楽しみながらの帰宅もたまには良い。
本当は、ショットバーかワインバーに立ち寄って
第九を鼻歌代わりに歌いほろ酔いで帰るのが理想だ。
しかし、現実は駅から原チャリ通勤だからダメ~。
でも、たまにはハメを外してみようかな・・・。
[PR]
by mido811 | 2016-12-11 20:58 | Comments(0)