<   2016年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
2016関西ハムシンポジウムに行ってきました。
f0073587_21575142.jpg


2016年1月31日(日)

アマチュア無線のイベント「関西ハムシンポジウム」へ行ってきました。
ちょうど未発送のQSLカードも溜まっていたのでいいタイミングです。

いつものように阪神電車尼崎センタープール前で下車し
会場となるARIC(尼崎リサーチ・インキュベーションセンター)へ向かいました。
f0073587_2271191.jpg

先ずは多目的ホールでの展示販売コーナーを覗いてみました。
恐らく開場時には多目的ホールでの展示即売目当てで人出も多かったでしょうが
到着したお昼前には人も落ち着いた感じでした。
その中で買うにはいたりませんでしたが430MHZ用
中古DXアンテナ製15エレスタックが気になりました~。
f0073587_22115370.jpg

12:00からは閉場されるため仕方なく一旦外へ出ました。
携帯したハンディ機でモニタするとJM3GVH局がQRV中だったので
コールして暫くQSOとなりました。
GVH局もSOTAチェイサーで1,000ポイントを達成されたそうで
記念のアワードを申請されたことやJN3PDF局が長浜のスキー場からQRVすること
JP1QEC局の話とかいろいろと情報をいただきあっという間に時間が過ぎていきました。

午後からはJARL90周年記念局8J390Y/3のオペレータの申し込みをして
メーカーの展示を拝見することにしました。
しかし、残念なことに無線機メーカー御三家のうち今回KENWOODは展示がありませんでした。
所有者としては、悲しむべき事実でした。(大丈夫かな?)
f0073587_22304238.jpg

YAESUは先行するFT991をはじめHF用のFT5000や3000を展示、やはり貫禄ですね。
続いてICOM。YAESUのFT991に対抗するIC-7300が目玉です。
機能としてはICOMの方が最近のユーザー指向に近い製品が多いように思います。
FT991かIC7300か値段さもあまりなくマーケットはどちらを選択するのでしょうか。
私的にはU/V機が欲しいので単純にFT991かな・・・・。
f0073587_22364387.jpg

そして、ダイアモンドアンテナさんのブースです。
アンテナメーカーで生き残るのは大変なことですが、新製品を投入し続けているから信頼も厚いのかな。
f0073587_22383416.jpg

屋外ではサテライト用のアンテナが展示され、実際に運用されていました。
アマチュア無線と言えどもCQ、CQ~叫ぶだけでなくジャンルは幅広いのです。
f0073587_2315246.jpg

13:30からは2F会議室で行われる「モールス通信入門」と題するフォーラムに参加です。
講師はJA3LZC加賀谷OMです。
f0073587_22514916.jpg

参加する大半の方がCW経験者でしたが内容としてはCWの壁をどう乗り越えたかとか
質疑応答のような進行で初心者特に経験のない私にとっては有難い時間でした。
なかでも初心者の方の質問で「パドルのスクイズ方法は最初から覚えるべきか否か」は
私にとっては「よくぞ質問してくれました」と心の中で拍手です。

ただ残念なのは、CWへの壁をどう乗り越えたかという質問に対し
自然に乗り越えられたとか、CWをやりたかったから壁はなかったとか
事実その通りだと思いますが、本当はいろいろ努力された結果であるはずなので
プロセスを具体的に披露いただけたら初心者にとっては励みになったように思います。

途中、一旦中座してJARL記念局を430MHZで約20分程運用。
いつもコールいただくJO3JBEさんからもお声かけいただきました。
f0073587_2322055.jpg

フォーラム終了後、主催のA1クラブの方にどうすればモールスを覚えられるのかを
相談したところ「Aならばトツーと声に出して覚えるように」と教えていただきました。

最後に名刺をいただくとJL3TII局??、QTHで記憶が蘇りました。
430MHZで2度QSOいただいていました。こんな所でお会いできるとは・・・
そこへ和文の師匠と皆さんから呼ばれていたYLさんが登場。
コールサインはお聞きできませんでしたが同じ高槻在住で高槻AMCのメンバーさんだとか。
まぁ世間は広いようで狭いもんです。人材厚き高槻AMCを垣間見ました。

今日は、先週に続きCWの自己啓発になった一日でした。
早速、単語帳を買ってモールス符号を書き留め声を出して練習です。
[PR]
by mido811 | 2016-01-31 23:23 | アマチュア無線 | Comments(6)
JARL奈良県支部主催「CW実技講習会」に参加。
f0073587_0212548.jpg


2016年1月24日(日)

JARL奈良県支部主催「CW実技講習会」に参加してきました。
初めてのCW、何をどうするのか不安だらけのまま
JR法隆寺駅から会場の「いかるがホール」に向かいました。
f0073587_0251595.jpg

よりによって100年に一度の寒波とか騒がれる日とは・・・
しかし、ホールに入ると寒さもなく緊張で反って顔が火照ってました。
会場は2階の研修室です。

受付を済ませレベル単位でグループ分けされFグループになりました。
受講者は私とJK3QIWさん、そして3アマ資格の方と3名です。
3アマの方は通信の資格試験用にと受講されたそうです。
そして、講師は何とJA3AER荒川OMです。
こんな素人に荒川さんが教えてくれるなんて・・・もったいない。
f0073587_0323037.jpg

13:00講習開始。
先ずはJARL奈良県支部長JH3KCW 吉川支部長の開会挨拶。
受講者が県外者が例年2/3を占めるそうだが今年は1/3だとか。
奈良県の方には申し訳ないが県外者からすると有難いことです。
続いて、お世話いただいたJE3AGN梅田さんより講習の説明があり
本題の実技講習に入りました。

実技はテキストのラバースタンプQSOをキーイングしていきます。
私は2W前にパドルを購入したばかりで操作については不慣れの状態、
JK3QIW局も1ヶ月前にパドルを購入したばかりとホヤホヤの初心者です。
f0073587_0451689.jpg

荒川OMからリズムが取れる人は上達が早いとおっしゃってましたが
私のキーイングはリスムどころかJA3ならJ3とAを抜かしたりポカばかり。
「こいつ、筋がよくないな」と思われたとちがいないと思いますが
それでも根気よくお付き合いいただきニコニコと笑顔で対応いただけたのは有難いことでした。
f0073587_0453748.jpg

実技前半が終わり奈良DXクラブJJ3PRT青木会長より「NDXAの紹介」
f0073587_0483324.jpg

続いてJA3CSZ原田OMより「海外通信の楽しみ方」について講演いただきました。
f0073587_0484991.jpg

実技後半に入ります。
私は相変わらずヘボオペです。
一つ気付いたのは、皆さん言葉にして覚えているということ。
例えばAであればトツーと言う風に・・・。
私は何度も聞く事で自然に文字が浮かべばよいと思い繰り返し聞いていました。
しかし、それだと例えばSをトトトと覚えていればキーの短点を3回打てば良いのですが
感覚で覚えているとそこが曖昧で4回になったりします。
これからは言葉でも覚えるべきだと思いました。

後半の実技を終えるとCW運用者の体験談を披露いただきました。
まずはJA3NVF シノOMです。
f0073587_059446.jpg

つづいて御夫婦でCWを楽しんでおられるJJ3WXF局の体験談を
XYLのJO3VCN局が代読され披露いただきました。
f0073587_1124338.jpg

WXF局は1年前に本講習を受講され講師の方か次のことができれば
実践に入るようにとアドバイスを受けその通りにされた結果昨年だけで
海外局200局以上とQSOされたそうです。
そのため地球儀を購入されたそうで、一同爆笑でした。
でもこれぞグローバルですよね。
さて、そのアドバイスとは、
・相手のコールサインが取れるようになること。
・自分のコールサインを確実に打てるようになること。
・RSTレポートの送受信ができること。
後は、73 TU E E でOKだそうです。
要は最低限のことができれば実践で経験を積んだほうが早いということでした。
これは私にも未だCWへの道が残されているようにも思え気持ちが楽になりましたね。

最後は、皆さんで集合写真を撮って閉会となりました。
JARL奈良県支部のみなさん、NDXAのメンバーのみなさん手弁当で
このような講習会を開催いただき本当に有難うございました。

[PR]
by mido811 | 2016-01-25 01:13 | アマチュア無線 | Comments(2)
関西のマッターホルン高見山でSOTAサービス-2
f0073587_22221578.jpg


2016年1月16日(土)

高見山レポの続きです。
避難小屋に入るやいなや八木アンテナを組み立てたものですから
周囲の人から見ると何を始めたんだろうって感じでしょうか。
とは言え、極寒の中でアンテナを組み立てることを考えるとここは天国。
同軸も無線機も全部くっ付けて屋上の展望台へ移動です。
f0073587_22282935.jpg

時間も早いせいか展望台には男性が一人いるだけ。
今のうちに場所を確保してアンテナを設置します。
f0073587_050235.jpg

そして無線機の火を入れるとガンガン聞えてきました、違法人のQSO。
どの周波数も満員御礼、それだけよく聞こえると言うことは飛ぶということの裏返しです。
期待が膨らみます。
f0073587_22364428.jpg

【本日の交信結果】
f0073587_15571093.jpgDJ-S57/5W + 自作7エレメント八木アンテナ 432.940MHZ
高見山1,248m SOTA JA/ME-009 8P
三重県松阪市 JCC2104

10:03 JH3JFF 59/59 堺市堺区
10:09 JF4XHR 59/57 京都府長岡京市
10:10 JM3GVH 59/59 大阪府枚方市
10:10 JA3MMR 59/59 大阪府枚方市
10:12 JA3QQR 59/59 兵庫県赤穂市
10:14 JA3LSY 59/59 兵庫県尼崎市
10:16 JR2SEY 59/59 三重県名張市
10:19 JI3WBP/3 59/55 兵庫県姫路市モービル
10:22 JK3NNL 59/59 大阪府泉佐野市
10:24 JN3BME   59/59 滋賀県守山市
10:26 JN3VSA 59/59 大阪市平野区
10:28 JO3GXR 59/59 神戸市東灘区
10:32 JM3KJS 59/59 和歌山県和歌山市
10:37 JA9KZU/3 58/54 兵庫県明石市
10:39 JR8SGE/3 59/59 神戸市中央区
10:42 JO3PCG 59/55 兵庫県龍野市
10:44 JP3NGU 58/59 滋賀県彦根市
10:51 JQ2BJK/3 59/59 滋賀県彦根市彦根城
10:55 JH3XIG 59/59 神戸市西区
11:01 JP3DGT 59/55 大阪府豊能郡豊能町
11:06 JP3HTR 59/59 奈良県奈良市
11:11 JP3LXA 58/51 堺市北区
11:16 JP3GYZ 59/59 兵庫県明石市
11:23 JA3JCH/2 59/59 高見山山頂
11:36 JJ3QAT/3 59/59 神戸市灘区天狗岩
11:39 JA3GIN/3 59/55 兵庫県宝塚市
11:42 JP3VGR 59/59 兵庫県尼崎市
11:48 JF3RHB 59/59 神戸市西区
11:53 JP3LCY 59/59 大阪府豊中市
11:56 JI5ULO/5 58/55 徳島県板野郡藍住町
12:01 JA2JGB 59/59 愛知県弥富市
12:03 JP3AEC 51/52 兵庫県明石市
12:06 JI5KDX/5 59/59 徳島県勝浦郡上勝町高丸山 ※JA5/TS-015
12:09  JN3PDF 59/59 大阪府羽曳野市
12:18 JH3PUS 59/59 大阪府東大阪市
12:21 JN3LNW/3 59/59 兵庫県丹波市丹南町猿藪山移動
12:26  JF2BER 53/51 愛知県知多市
12:29 JA3RFB 59/59 大阪府吹田市
12:33 JS3CJB 55/57 大阪府豊中市
各局、FB QSO有難うございました。
今回は多くの局から熱いコールをいただき寒さも吹っ飛びました。
そして、クラスターにアップいただきましたJM3GVH局、JR2BER局に感謝です。
今回面白いことに”高見さん”が2局いらっしゃいましたね。
それと神戸市西区から0.2Wで59フルスケールとはビックリでしたね。

もっと驚いたのは、山ランメンバーで山岳移動の大先輩JA3JCH OMと
山頂でアイボールできたことです。挨拶代わりにいただいた名刺には登山記録が入っており
3000M級峰の中でジャンダルムがあったのにはびっくりポンでした。
いや~これは自慢すべきでしょう。あそこでQSOされたのは凄い!
いつかは私も踏破したいものですが・・・。
また時間があれば自作だと思いますがANTについて訊いてみたかったなぁ。

QSOはまだまだ続きそうでしたが、下山時間のこともありQRTすることに。
QRVの間、霧も晴れ目の前には台高山脈の山々が現れ見事な風景を見せてくれました。
それに私の後ろでレトルトカレーを旨そうに食ってたな~。匂いがたまらん!
f0073587_011567.jpg

こちらは倶留尊山方向です。こうやって見ると火山の火口にも見えます。
f0073587_0214441.jpg

後半には晴れ間も出て青空をバックに樹氷が輝いていました。
残念ながら帰り際には樹氷も融けてしまいました。
f0073587_024845.jpg

アンテナは三脚ごと避難小屋に移動させ撤収しました。
小屋の周囲には多くの登山客が景色を楽しみながらのランチタイムです。
f0073587_082526.jpg

私もアンテナを撤収しながらお湯を沸かしてラーメンタイム。
ホッとしたところで下山とします。
避難小屋から登ってきた「たかすみ温泉」を見ることができました。
f0073587_0151513.jpg

高見峠方向へ下山する登山者も見かけました。
f0073587_0294251.jpg

私はピストンですので辿ってきた登山道を戻ります。
やはり早朝とは違い登山道は泥道になり積雪のところは踏まれてツルツル。
三点支持で慎重に下ります。
f0073587_0323819.jpg

国見岩を過ぎると雪もなく通常の登山道になり杉谷との分岐点を通過。
f0073587_035133.jpg

更に進んで”高見杉”を通過。ここからは霊山を抜け出ることに。
f0073587_0364871.jpg

ここまで来たら後はもうひとふんばりです。
土留めの階段に差し掛かると高齢者様の長い列に接近。
プレッシャーを与えないよう間合いをとって進みます。
f0073587_0394667.jpg

土留めの階段を延々下って14:40登山口にとうちゃこ!
赤い橋を渡って駐車場に向かいます。
f0073587_0413989.jpg

そしてお待ちかねの「たかすみ温泉」で入浴です。
綺麗サッパリしたところで帰宅開始。
f0073587_0441246.jpg

帰路の国道166号線からは「関西のマッターホルン」の名に相応しい
山容を見ることができました。
f0073587_0455923.jpg

途中、渋滞に巻き込まれながらも18:00には無事帰宅となりました。
思いがけず樹氷を見ることができ、また無線では多くの方々から
コールをいただき温泉にも浸かりと一週間のストレスと垢を落とすことができた山行でした。

おしまい。
[PR]
by mido811 | 2016-01-20 00:51 | 台高・高見山 | Comments(4)
関西のマッターホルン高見山でSOTAサービス-1
f0073587_052564.jpg

2016年1月16日(土)

いつも拝見しているHP「夫婦でテクテク登山」のテクテクさんが
先週明神平に登られ樹氷を楽しまれていた。
これを見て浮かんだのが高見山。

天気予報を見る限り無線日和の日曜は下り坂で土曜日は晴れの予報。
とあらば、土曜日に行くしかないということで未だ星が瞬く夜明け前に
家を出て登山口となる「たかすみ温泉」へ向かった。

午前7時過ぎに「たかすみ温泉」に到着。
駐車場には既に車6台が駐車し次々に車が入ってきた。
f0073587_20593892.jpg

向かいのトイレで用を済ませ午前7時30分いざ出発。
登山口は温泉裏の川沿いを進み赤い欄干の橋を渡ったところだ。
f0073587_212557.jpg

民家の脇から登山道は始まる。
葛城山や金剛山のように土留の階段が延々続く。
f0073587_2164475.jpg

そして、初めての渡渉場所を通過。それにしても荒れてるな~
ところどころ残雪が見え始めた。
f0073587_21123046.jpg

歩きはじめて40分。樹齢700年と言われる”高見杉”を通過。
神社の社もありここからは神宿る霊山の入口だ。
f0073587_21154190.jpg

ここまで緩い勾配であったが、勾配がきつくなり本格的な登りとなった。
その一角に展望場所があり林の中から抜け出て景色を眺めることができた。
f0073587_2119742.jpg

更に勾配が増し汗が体中を流れ始める。
恐らく気温は氷点下だがアウターを脱いで体温調整をする。
暫くすると杉谷からの登山道との合流地点に到着。
f0073587_21221465.jpg

更に登りが続く。
それにしても雪がない。この林にしても本来であれば
木々を埋めつくす程度の積雪があるはずなんだけど・・・。
f0073587_21245318.jpg

急勾配になりつづら折の登山道を焦らずゆっくりと登る。
これが最近のトレンド。
するとその昔、神武天皇がよじ登って四方を展望したとされる”国見岩”を通過。
何か奈良らしいな~
f0073587_21285297.jpg

ますます勾配はきつくなり”息子岩”に”揺岩”を通過します。
息子岩ではいつものヨモギ大福とテルモスに入った温かいお茶で
体を温めて脱いだアウターを再び羽織ります。
すると、後方から75Lの大型ザックを背負ったお兄さんが抜いていきました。
前を見ると景色が変ってきました。まさかの樹氷です。
f0073587_22453592.jpg

木々には足のスネ毛のように樹氷が刺さってます。
f0073587_23184054.jpg

進むほどに周囲は白さを増してきました。
しかし、高度が増すたびに気温は下がる一方、おまけに風が体温を奪います。
f0073587_23245415.jpg

最後に現れた”笛吹岩”を境にして景色が一変した。
スネ毛に刺さる樹氷から成長した樹氷になり全くの銀世界となった。
f0073587_23292264.jpg

成長した樹氷です。
f0073587_0154741.jpg

青空バックでないのが悔やまれるモノトーンの世界。
f0073587_23352153.jpg

再び後方から男性が「寒いけどいい日に来たよ」と声を掛けながら抜いていった。
f0073587_23403590.jpg

凍てつく木々は寒々しいが、天然の美術館を堪能する。
f0073587_23423548.jpg

寒さを忘れ暫し銀世界に酔います。来て良かった~
f0073587_022341.jpg

雰囲気としてはあともう少しかも・・・・
最後の登りを駆け上がる。
f0073587_2345219.jpg

前方に小屋らしき建屋を確認。
これは・・・・避難小屋か、間違いなし山頂まであと僅か。
f0073587_23471790.jpg

避難小屋を過ぎた向こうにある山頂へまっしぐら。
午前9時35分山頂に無事とうちゃこ。しかし周囲は霧で何も見えませ~ん。
f0073587_23552566.jpg

この後、避難小屋へ戻ると数名の登山者がいた。
屋上の展望台にアンテナを設置したいが現場でアンテナを
くみ上げるのは大変な作業になると考え小屋の中で予め組んで同軸も接続した
状態でそのまま展望台へ持って行くことにした。
f0073587_025145.jpg

さて、この後どうなりますか次回に続く。
[PR]
by mido811 | 2016-01-19 00:09 | 台高・高見山 | Comments(4)
とうとうパドルを買いました。
f0073587_2326174.jpg


2016年1月11日(月)

三連休の最終日。
清水の舞台から飛び降りる気持ちでネットでオーダーした
Bencher製パドル「JA-2」が届きました。

実は1月24日に開催されるJARL奈良県支部主催の「CW実技講習会」
参加するため必要となりとうとう購入することになりました。

学生時代に購入していたハイモンド製HK-708という練習用電鍵もあるのですが、
初心者には長短点を3:1で打てるパドルのほうが良いと聞きいろいろ調べて
本当はBENCHER製のBY-2を買いたかったのですが在庫がなくJA-2になりました。
CMの大先輩であるJH1OGTさんもBENCHER製を使っておられたことも一因ですが。
f0073587_0191524.jpg

実は購入に至るまでにもいろいろありまして・・・・
BENCHERの代理店であったケスラーが閉店し残る在庫をR社が引継ぎ
通販していたので在庫確認をしたところ既に某代理店2社が全在庫を買い取ったというのです。
ネット上では在庫ありとなっていたのですが実際には在庫がなくメーカーへオーダー
するので待ってくれという回答でした。こちらもリミットがあったのでネットを調べると
恐らく某社の一社かと思いますがJA-2が残り1台でしたので即オーダーしたというわけです。

そんなすったもんだもあって手にいれましたが、CWへの憧れは膨らむばかりです。
大きな転機となったのは昨年から始まったSOTAの運用です。
コメントをいただく”あぶさん”やSOTAで活躍されているJS1UEH局やJP3DGT局はじめ多くは
皆さんCWで運用され掲示板であるSOTA Watch2にはVK(オーストラリア)とか
海外からよくレポートが寄せられ見るからに格好いいじゃないですか。
それに以前QSOいただいたJS3KWG局からはご自身は60歳からCW運用を始めたので
今からでも遅くないと言われたのが頭から離れません。

現状は430MHZだけでの運用ですので違法局に邪魔されずに交信するには
休日の日曜日しかなく自由が利きません。仮にCWでの運用ができれば
曜日や国内外問わず運用範囲が広がり今後の無線ライフも楽しみが増えると考えます。

しかし、CWの自己流練習にも限界があり誰かにアドバイスがもらえればと思っていたところに
たまたま今回の講習会開催を知り正に渡りに船でした。
その為、続く2月14日には自分で自分の背中を押す気持ちで
京都CW愛好会主催の「初級QSO教室」にも参加させていただく予定です。

パドルといえども高価な投資になりますが、自分の目標を叶えるためと思い
何度も言いますが、清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入いたしました。
CWでQSOしている自分の姿を想像して頑張ろうっと・・・。
[PR]
by mido811 | 2016-01-12 00:24 | アマチュア無線 | Comments(2)
小女郎峠から蓬莱山へ SOTA運用
f0073587_222586.jpg


2016年1月10日(日)

新年最初のSOTA(Summit On The Air)遠征です。
今回は滋賀県の比良山系蓬莱山です。
SOTAはJA/SI-006になります。

過去何度か花折峠から縦走していますが無線の時間を考えると
時間効率が悪くおまけに日没時間が早いので時間短縮を狙い
未踏の小女郎峠ルートから登ることにしました。

その為、JR高槻駅6:38の列車に乗車し蓬莱駅に7:34に到着です。
予想はしていましたが下車したのは私一人だけ。
f0073587_2215825.jpg

蓬莱駅を下りると本日のターゲットとなる山容が現れた。
f0073587_2217092.jpg

有難いことに駅から登山口までは標識がたくさん立っているので迷うことはありません。
f0073587_22182587.jpg

民家を抜け湖西道路を渡り緩い坂道を登っていきます。
すると琵琶湖を眺望できそうな場所にうまいこと休憩ポイントがありました。
f0073587_22222980.jpg

琵琶湖の眺望です。
ココに着くまでに犬の散歩をしているオジサンと擦れ違いましたが
小女郎峠に行くと告げると怪訝そうな顔で「けっこう険しいよ」とだけ言われた。
恐らく一昨年に単独高齢者が2名行方不明になったからかもしれません。
一様私も高齢者ですから。
f0073587_22252352.jpg

申し遅れました。本日の影武者です。
雪を想定して珍しくストックを持ってきたので2本の陰がが立ってます。
f0073587_1145184.jpg

更に林道を登りつめると堰堤が壁のように立ちはだかり
道なりに右に進むと登山道に入ります。
f0073587_22271799.jpg

登山道は比良さんらしくガレガレの道で歩きづらいかな。
暫くは緩い坂道を辿り薬師滝に到着です。
先ずは、滝の方まで行って看板のとおり道中の安全を祈願しました。
今日はクロトノハゲから志賀駅に下りるかピストンで下山の予定です。
f0073587_22324965.jpg

暫くはリボンやテープを目印に沢沿いの登山道を登りつめていきます。
登りはじめに何度か渡渉するところがありましたがテープが見づらく
一瞬戸惑うところもありました。特に下りより登りで分かりづらいように感じました。
谷を登り詰めると標高の高い箇所にイワウチワ?の群生がありました。春は見事でしょうね。
f0073587_22391274.jpg

更に登りつめるとネットで紹介されている放置自転車がありました。
何のために放置してるんですかね?それとも主人がいなくなったとか・・・いや気持ち悪~
f0073587_22412967.jpg

見上げればあと少しで稜線に出そうです。
勾配もきつく登山道も細く溝を歩く感じです。
振り返ると琵琶湖です。
f0073587_9245984.jpg

10:20ポイントの小女郎峠に到着。
今日は小女郎ケ池には寄らずそのまま蓬莱山に向かいます。
f0073587_9284771.jpg

暫くは琵琶湖を見ながらの空中散歩です。
f0073587_1232224.jpg

登山道は本来泥道のようですが寒さで凍っていて助かりました。
歩くその先に今日の目的地蓬莱山山頂が見えてきました。
f0073587_935157.jpg

最後の急坂をクリアすると10:45蓬莱山山頂1174Mの標識に到着。
残念ながら直ぐ側には立ち入り禁止のロープが張られ横では
スキーやボードで楽しむ人達の喧騒が響き登山者は完全アウェイ状態です。
f0073587_10171989.jpg

この後、無線を運用するにも標識周辺は遮るものがなく風をもろに食らうので
移動して羅針盤やお地蔵さんがある場所でアンテナを設置することにしました。
f0073587_9454786.jpg

【本日の交信結果】f0073587_2134444.jpg
DJ-S57/5W + 自作7エレメント八木 432.900MHZ
蓬莱山/1174M SAOTA JA/SI-006  8P
滋賀県大津市/JCC2301

11:15 JJ3CCN 59/59
11:17 JL3DQJ 59/59 奈良県橿原市
11:19 JJ3WXF/3 59/59 奈良県天理市
11:20 JO3VCN/3 59/59 奈良県天理市
11:22 JH4JAE/3 59/59 京都市左京区
11:23 JP3KML/3 59/59 奈良県生駒市
11:26 JA4EGE/3  59/59 京都市下京区
11:27 JM3GVH 59/59 大阪府枚方市
11:28 JP3KDJ 59/59 奈良県大和高田市
11:30 JN3VSA 59/59 大阪市平野区
11:31 JN3PDF 59/55 大阪府富田林市
11:34 JF4XHR/3 59/59 京都府長岡京市
11:36 JP3LXA 59/57 堺市北区
11:40 JI3JYH 59/59 大阪府東大阪市
11:42 JP3GHQ/3 59/59 飯盛山   ※433.100MHZ
11:52 JF2KXU/2 51/51 岐阜県金華山 ※433.200MHZ JA/GF-024
12:09 JK3NNL/3 57/59 和歌山県伊都郡かつらぎ町三国山 433.140MHZ JA/OS-002
各局、本日もFB QSO有難うございました。
強風と体感温度の低下でかなり困難を強いられる運用となりました。
途中、風でアンテナが倒れるアクシデントに見舞われながらも
SOTA規定の4局をクリアしS2Sも2局交信できました。
結果からすると奈良県の方との交信が多かったようですね。
アンテナを南西方向へ向けていたからかもしれません。
そのアンテナ設置の写真も寒さと強風で撮り損ねました。(笑)
次回来るとすれば快適運用から夏ですかね。

運用を終了する頃には霰のような細かい雪が降り始めていました。
急いでアンテナを撤収、持参したパンを口に入れて打見山へ向かおうと
雪のないゲレンデを下りていきました。しかし、遠くに見える打見山へ行くにも
ゲレンデを横切り面倒そうだったので元に戻りピストンすることにしました。
打見山からはローウェイで即下山可能ですがSOTAでは自力で下りないといけません。
f0073587_10153126.jpg

小女郎峠間での登山道は氷も融け登山者にも踏まれ本来の泥道に・・・。
泥で滑らなかっただけましかもです。
f0073587_10212646.jpg

元来た小女郎峠から再び谷を下りていきます。
f0073587_10263685.jpg

琵琶湖を一望できるのもここまで。谷を下り沢に沿いながら続く登山道を辿ります。
やはり下山も一人かと思いきや先行でご夫婦連れ、後発に単独者がいました。
それに途中で今晩小女郎池でテント泊するというマダム7名のパーティーと
単独者2名に出逢いました。けっこう使われるコースなんだと思いました。
f0073587_10315723.jpg

有難いことに雪もなく目印のリボン頼りに進み、薬師の滝にお礼がてら立ち寄って
迷うこともなく登山口に戻ってきました。堰堤前では先行のご夫婦が琵琶湖を眺め休憩中です。
私もパンを食べて以来何も食べてなかったので持参のカップヌードルで遅い昼食にしました。
f0073587_1042749.jpg

腹も満たされ帰路に戻ります。
帰路は琵琶湖を見ながら蓬莱駅に向かうことになります。
正面に野洲の三上山(近江富士)が見えてます。
f0073587_10471561.jpg

蓬莱駅に近づくと本日登頂した蓬莱山や打見山の山容を眺めることができました。
15:35に蓬莱駅に到着、JRで高槻には17:00前に帰ってきました。
f0073587_10525912.jpg

今日は未踏のコース小女郎峠を経由し蓬莱山へ登攀しました。
険しいと言われながらもガレ道あり沢あり渡渉ありお花ありと変化があって
何と言っても琵琶湖の素晴らしい景観を楽しめるのがいいですね。
個人的には好きなコースでした。
登り3時間、下り1時間30分の行程でした。

おしまい。
[PR]
by mido811 | 2016-01-11 11:08 | 比良・蓬莱山 | Comments(4)
堀川戎で神頼み
f0073587_2114635.jpg


2016年1月9日(土)

年始明けからフルタイムでスタートし1週間がようやく終ったと思えば
早いものでもう”えべっさん”です。すがれるものは何でもすがるのが営業マン。
ここは一つ神頼みといきましょう。

例年通り堀川戎へ今日は奥方を連れて参拝してきました。
関西では西宮神社や今宮戎が人気ですが堀川戎なんです。
というのも昭和の香りというかレトロ感が溢れているので好きなんです。
先ずは福興戎像にお参りです。
f0073587_2313395.jpg

奥方からおみくじを引こうと誘われましたが結果に左右されるのも嫌だったので
拒んだんですが結局引かされるハメに。
すると予想もしない”大吉”それも一番くじでした。
結果に左右されたくないと言いつつ気分はエエもんですね。
f0073587_2354931.jpg

お参りを済ませるとその横では関西演芸協会の方々が福笹を売ってました。
例年、古い芸人さんや聞いたこともない芸人さんが笹を売っているのを見るのが好きで
今回はジャグラ三世というお爺と笑福亭仁昇という落語家はんに
噂の伝道師池上という兄ちゃんです。
f0073587_2453427.jpg

失礼ながら売れてる芸人さんが売る笹やったらあやかり甲斐もありますが
売れてへん芸人さんにあやかってもなぁ・・・・と少々疑問に感じるのですが。
気を取り直してえべっさんと言えば福娘です。こちらに福を授かりましょか。
f0073587_247286.jpg

やっぱりベッピンさんは良ろしいな~。
ニコッとしてもらえるだけで福の神が降臨してきたみたいです。

年明け早々に神頼みもしたし一番くじも引いたし良い年になるはずと思っておきます。
[PR]
by mido811 | 2016-01-10 02:52 | ひとりごと | Comments(0)
ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山」 2016年ご来光
f0073587_1253481.jpg


2016年1月1日(金)

恒例のポンポン山へご来光登山です。
今年は出遅れたせいか本山寺駐車場に到着するとほぼ満車状態。
何とか車1台分のスペースを見つけ事なきを得ましたが、焦った~
しかし、本山寺には6:15に到着しお参りを済ませ出発。
確か日の出時刻は7:06です。どう考えてもヤバイ!

焦る気持ちを抑えつつ次々に登山者を追い越します。
時折、周囲の空が赤く染まっているのが見えると焦る焦る。
でもこれは日の出が拝める予兆です。

よく見ると周囲の木々が白く光ります。
ひょっとして・・・・樹氷です。
昨晩の雨がそのまま雪にかわったのかもしれません。
そして、日の出時刻前に山頂へ到着。
予想通り山頂は日の出ギャラリーで満員です。
f0073587_139227.jpg

慌てて三脚を立てカメラをセットします。
お空は火が燃え上がるように赤く染まり今にも爆発しそうです。
f0073587_1311272.jpg

周囲も赤く照らされ生まれ来る子供を待つ心境です。
f0073587_13123293.jpg

頭が出始めました。(お産じゃない)
f0073587_1405542.jpg

そして遂に初日の出のドラマが開幕です。
f0073587_13153310.jpg
f0073587_13172514.jpg
f0073587_13161475.jpg

じゃ~ん。新しい命が生まれました。
体内カレンダーもリセットし新たなカウントを刻みましょう。
f0073587_13191871.jpg

昨年に続き天候に恵まれ見事な初日の出を拝むことができました。
ギャラリーの皆さんも異口同音に感動を隠せません。
不思議と宝くじでも当たったかのような幸福感に包まれます。
f0073587_13232238.jpg

メイク・ドラマが終了すると潮が引くようにギャラリーが消えていきます。
いつものスペースが空いたところで次なる準備です。
f0073587_13273084.jpg

山頂には積雪があり一面銀世界ですが今年は暖冬で本当に良かった。
昨年は寒くてじっとしていることができませんでした。
f0073587_13592689.jpg

なので、バーナーで沸かしたお湯にワンカップを投入し燗にします。
燗ができればコンビニのレトルトおでんを掘り込んで熱々を肴にいただきます。
その間に無線のアンテナを設置します。
f0073587_13321211.jpg

さぁいきましょう。新年最初の無線交信のスタートです。
DJ-S57/5W + 自作7エレメント八木アンテナf0073587_1432794.jpg
433.900MHZ SOTA JA/OS-005 標高678.9m
JCC 2509 大阪府高槻市

8:03 JR3MYP 59/59 京都市山科区
8:09 JM3GVH 59/59 大阪府枚方市
8:12 JN3KST/3 59/55 奈良県桜井市
8:15 JS3RIP/3 59/59 箕面市勝尾寺
8:20 7N2OPE 59/59 大阪府豊中市
8:28 JH3JFF 59/59 堺市堺区
8:34 JP3NPT/3 59/56 大阪府池田市
8:44 JR3OWV 59/59 大阪市阿倍野区
8:50 JS3KWG 59/59 京都府宇治市
8:55 JP3NCJ 59/59 大阪府高槻市
9:09 JP3KMU 59/59 大阪府四条畷市
9:18 JM3GVH 59/59 大阪府枚方市
9:19 JH3CRB 59/59 奈良県奈良市
9:25 JP3EJE 59/59 大阪府枚方市
9:29 JE9DHE/3 59/59 京都市M
9:34 JN3VSA 59/59 大阪市平野区
9:39 JR3MYM 59/59 京都市下京区
9:42 JA3EEM 59/59 大阪府枚方市
9:51 JO3QUX 59/59 大阪府枚方市
9:57 JL3OTE/3 59/59 大阪市旭区淀川河川敷公園
新年より各局FB QSOいただき有難うございました。
お正月らしく帰省されている局ともQSOできました。
加えて、熱燗とおでんの最強タッグにより電波も事のほか強く飛んでいたように感じました。(笑)
山頂でお神酒をいただき贅沢な時間を過ごせました。
各局、本年もコール賜りますよう隅から隅までずずずい~と・・・御願い奉ります。

本日は元旦でもあり家族が待っていますので早々に引き上げることにしました。
誰もいない山頂から対面の愛宕山を眺めて下山です。
愛宕山も真っ白ですね。
f0073587_13555381.jpg


新たな気持ちで新年を迎えることができました。
今年は山岳移動もそうですがCWデビューできるよう努力したいと思っています。
もちろん仕事もバリバリやりますよ~
2016年が皆様にとって幸多き年になりますようお祈りしております。
[PR]
by mido811 | 2016-01-03 14:07 | ポンポン山 | Comments(4)
謹賀新年2016
f0073587_1320353.jpg
         ■2015年9月 笠新道からの槍・穂■
[PR]
by mido811 | 2016-01-01 00:00 | ひとりごと | Comments(2)