<   2015年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧
ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山」久々の山岳移動
f0073587_23301657.jpg


2015年11月29日(日)

ひさしぶりのポンポン山です。
本当は、SOTAのこともあって鈴鹿の御池岳に行くはずだったんですが
昨晩、娘夫婦がやってきて遅かったので寝坊したですよ。
まっ、この歳でこれだけ寝られると思えば幸せなのかもです。
f0073587_23362685.jpg

ということで、本山寺の駐車場目掛けて原チャを走らせます。
途中、数十人の団体さんや多くのハイカーを追い越しました。
季節的にもいいのかな?でも紅葉のピークは終ってるんですが。
f0073587_23372378.jpg

本日の影武者です。
冬に近くなったのか陽射しが薄く柔らかい感じですね。
f0073587_23394072.jpg

本山寺までは、一万人の第九も近いので携帯プレイヤーで
第一楽章から聞きながら登りました。
やはり、第九ってミュージカルのように色んなシーンをイメージさせてくれます。
個人的には第二楽章の闇黒の世界といいますか嵐のような世界が好きですね。
f0073587_2344884.jpg

この1ヶ月、やたらと忙しかったこともあり山の匂いを感じることで
どこか落ち着くものがあります。紅葉についてはどうも今一のようですが・・・。
f0073587_23541717.jpg

今年は紅葉の時期は短く茂っていた葉っぱは早くに落ちて山の風景も一変しました。
ただ、落葉に敷き詰められた登山道を歩くのはいつものことですが気持ちいいですね。
取引先で山好きの方が仰っていました。「山が好きな人は山頂から見える風景が
特別なものに見える。だからまた見たいと思って登るんだ」と・・・。
逆にそうでない人は山を好きにはならず風景をみて何がいいのかと思うんでしょうね。
f0073587_23571659.jpg

携帯プレイヤーからは第九第四楽章合唱が流れています。
山頂に到着すると、行者さん達が行の最中で登山者が囲むようにそれを見ていました。
f0073587_0152153.jpg

その横で場所を確保してアンテナの設置開始です。
今日は、7エレメント八木を組み立て鈴鹿方向へ向けます。
f0073587_0153184.jpg

【本日の交信】
DJ-S57/2W+自作7エレメント八木アンテナf0073587_18153246.jpg
432.900MHZ
JCC 2509  SOTA JA/OS-005

12:03 JI5KDX/5 59/59 徳島県名東郡佐那河内村 ※433.120MHZ 5W
12:14 JF2LRR/2 58/59 愛知県額田郡幸田町茶臼山 ※433.020MHZ 5W
12:18 JP3GHQ 59/59 京都府精華町 ※432.940MHZ 
12:30 JE3XCN/3 59/59 奈良県高市郡高取城跡
12:40 JK2PWA/2 55/51 愛知県西尾市203展望台  ※5w
12:49 JI3AES 59/54 奈良県奈良市
12:54 JF3MAU 59/59 京都市西京区
12:56 JL3TII 59/59 滋賀県甲賀市水口町
13:02 JR3MYM 59/59 京都市下京区
13:05 JM3NRO 59/55 京都市山科区
13:09 JN3VSA 59/59 大阪市平野区
13:16 JO3JBE 59/59 大阪府堺市
13:35 JE3QZW 59/59 滋賀県彦根市
各局、FB QSO有難うございました。
移動局も多く賑わっていたようですね。
JN3VSA局にはSOTAwatch2へレポートをアップいただきましたし
JAMSATの八木アンテナについてもショッキングな情報もいただきました。
名古屋方面の電波を拾ってはいるもののどうも飛んでくれないようでパワーアップしてコールしています。
そろそろ次のアンテナを考えないといけない時期かもしれませんね。

交信を終了しても今日は時間が早いのか登山者が次々登ってこられていました。
気温が低いせいか山頂ではラーメンの匂いが漂っておりました。
という私も今日はカップヌードルでしたけど・・・。
f0073587_037279.jpg

午後から雲が広がり始め気温も低くなったように感じます。
残念ながら霞んで展望も利きません。
f0073587_0411827.jpg

アンテナを手早く撤収し15:00下山開始。
さっきまで賑わっていた山頂も人っ子ひとりいません。
下山途中、赤く色づいた葉っぱをみつけ去りゆく短い秋を感じました。
f0073587_0455310.jpg

太陽も雲にかき消され光を失っていました。
これからこんな天気が続くんでしょうね。
f0073587_047434.jpg
 
本山寺に戻ってくると華やかな紅葉が輝いていました。
これも見納めです。
f0073587_0512365.jpg

本山寺の駐車場に到着すると艶やかに染まった紅葉を見つけました。
色づきは昨年と比べればよくないですが、それでも艶やかな色を
見せてくれたことに感謝です。
f0073587_0545687.jpg

今年もあと1ヶ月を残しのみとなりました。
時間の早さを改めて感じます。
[PR]
by mido811 | 2015-11-30 00:57 | アマチュア無線 | Comments(0)
佐渡練2015
f0073587_8352569.jpg


2015年12月28日(土)

本日は、森ノ宮3.4、京都、和歌山、名古屋クラスの合同練習。
通称「佐渡練」です。
毎回、この日が来るといよいよか~という
差し迫るドキドキ感が湧いてきます。
f0073587_9164757.jpg

開催場所は、新大阪のメルパルクホール。
家から近いということもあって早めに会場入りです。
ひょっとしたら佐渡さんと肩を組んで唄える場所に座れるかもと期待は膨らみます。

会場に入ると、最初に目に付いたのは記念写真用のフレームです。
皆さん、顔を出したりプレートを持ったりとなかなか面白い趣向です。
f0073587_915731.jpg
f0073587_847286.jpg

いよいよ会場に入ると、期待の佐渡席は既に満席。
やはり、その目的で早々と並ばれていたんだと思います。
それでも前方の席が空いていましたので座ることにしました。
f0073587_9134893.jpg

開始時刻の14:30になり毎日放送の方からの御挨拶に続き
今年度お世話になった松尾先生が登場。
いつものように笑顔とテンポよく発声練習を指導されました。

そして、佐渡御大登場。
松尾先生の発声練習の指導が素晴らしいと佐渡さんからお褒めの言葉。
「先生、何年前から指導されてますの?」「5年前からです。」という会話に
思わず、5年前からだったら佐渡さんは知ってなアカンのちゃうの?と頭の中で突っ込んでましたが
松尾先生の実力を認めてくれはったからまぁエエか。

続いて、佐渡さんから万九の指揮が今年で17回目。
初代の山本直純さんを超えたそうです。その為にも山本さんを超越した回にしたいそうです。
また、今年の参加者は小1から96歳ということです。

そして、Dからレッスン開始。
いつもの指摘箇所ですが、頭のフロイデは深みをもってビート感を感じること。
キュッセは特にソプラノはキッスの口で待って唄うこと。
Mについては1音1音ビートを感じスピード感をもってうたうこと。
フロイデについては勇気をもってスタートする(30cm以上からリスタートする感じ)

といつものオーラ+熱血の指導でした。
勿論、ラウフェットのところでは前席に割って入り肩を組んで唄いましたよ。
前席に座っていた人にインタビューすると17歳だったことから
「これまで前席にはお爺ちゃんばかりだったけど若い人が入るようになって
男性合唱のレベルが向上したため各パートの配置を2年前から変更した」と言われ納得した。

そして、あっという間に1時間半が終わりました。
会場をでると次の佐渡練を待つ人達が列を作っていました。
f0073587_9132144.jpg

次回はいよいよリハに本番。
みなさん大阪城ホールでお会いしましょう。
[PR]
by mido811 | 2015-11-29 09:17 | 一万人の第九 | Comments(0)
タモリ倶楽部 大学アマチュア無線部報告会
2015年11月24(火)

11月20日に「タモリ倶楽部」で ”大学アマチュア無線部報告会”と題し放送されました。
というか関西では放送されたかは不明ですがYOUTUBEにアップされていました。
タモリさんもJA6CSHというコールサインをもつ無線家のひとり。

彼がJARL(日本アマチュア無線連盟)の理事でもやってくれたら少なからず
無線人口は増えると思うけどね。
今のままじゃね・・・・ますますひと目につかないコアな趣味になっていきます。


[PR]
by mido811 | 2015-11-25 00:44 | アマチュア無線 | Comments(0)
幾久しく
f0073587_1113339.jpg


2015年11月22日(日)

今日は、「いい夫婦の日」だそうです。
とうとうこの日が来ました。
慌しくも式は滞りなく終わり娘を送り出すことができました。

寂しいといえば・・・・寂しいのですが、やはり姓が変わることで
嫁ぐということを実感しています。
父親って何なんでしょうかね。
どうも言うに言われぬ空気感ですが
反面、背負っていたものが一つ取れて軽くなった感じかな?
言い換えれば、やや自由になったともいえます。

これからは、自分達の人生をより主体的に創っていこうとおもいます。
そして、幾久しく幸多かれと娘の幸せを願うばかりです。
残るは、ドラ息子か・・・。
[PR]
by mido811 | 2015-11-24 11:33 | ひとりごと | Comments(2)
とうとう見納めです。
f0073587_13104046.jpg


2015年11月21日(土)

結納も今日が見納めです。
娘の新たな門出とともに我ら夫婦も新たなステップへ前進です。
[PR]
by mido811 | 2015-11-21 12:39 | ひとりごと | Comments(0)
映画「エベレスト」
f0073587_0251277.jpg


2015年11月20日(金)

今日は休暇です。
しかし、やらねばならない事が目白押しです。
でもせっかくの休みなんで気になっていた映画「エベレスト」を見ようと
高槻アレックスシネマへ向かいました。

19:00上映ですが、日が悪かったのか人気がないのか
客は夫婦1組、若い男性1名、私を入れて計4名でした。
はっきり言って貸切状態です。

さて、作品の感想はというと事実に基づくドキュメンタリー映画ですので
起承転結があるわけでなく恐らく登山とかに興味のない方には退屈だと思います。
しかし、山に登る方が見ると一転して山に登る意義、山の自然の脅威や
人間の性等々いろいろ考えさせられる作品になります。

また3D特有の立体感もあって山の高度感や恐怖感がリアルに伝わってきます。
恐らく、冬山に登られた方は風邪の切る音や雪が顔にあたる音でよりリアルに感じると思います。

山に登るに楽しいにこしたことはありませんが
8,000m峰を一生登ることはありませんが
私にとって選択と決断、そしてなぜ山に登るのかを問われる作品でした。
[PR]
by mido811 | 2015-11-21 00:58 | ひとりごと | Comments(0)
久しぶりの”まめだ”
f0073587_847778.jpg


2015年11月18日(水)

今日は、古巣「淀屋橋Bクラス」の最終レッスン日。
最後ということもありレッスン終わりの”まめだ”での飲み会に参加してきました。
そもそも”まめだ”は勇退された礒野先生が通われていたのがきっかけで
今では大阪倶楽部水曜レッスン者達の常酒場となっています。

森ノ宮レッスン以来でノリさんともお会いできサプライズの話も
たっぷりうかがったり、顔馴染みの皆さんとも久しぶりにお会いし
お酒のすすむひと時でした。

”まめだ”に向かう途中、レッスン会場の大阪倶楽部に立ち寄ってみました。
ちょうど雨上がりもあって独特の雰囲気の”大阪倶楽部”でした。
f0073587_8551790.jpg

ついでに会場に入って皆さんに御挨拶させていただきました。
やはり中も雰囲気いいですね~。
ちょうど、清原先生クラスの打上げパーティーの説明をされていました。
f0073587_903723.jpg

予定時間より早めに”まめだ”入り。
時間までに1杯いただきました。
お~まっさんのニッカハイボールじゃないですか。
本拠地とあって関西は何処もサントリー一色なんですが、やっぱりハイボールはニッカでしょう。
酒肴はもちろん人気の”なめろう”でね。
f0073587_962438.jpg

おかげさまで、皆さんが来るまでにいい気分にさせていただきました。
残す佐渡練、リハ、本番それに打上げ?に向かって頑張りましょう!
[PR]
by mido811 | 2015-11-20 09:10 | 一万人の第九 | Comments(4)
一万人の第九北海道
f0073587_0343390.jpg


2015年11月13日(金)

1万人の第九北海道クラスのメンバーズ・ブログでMyブログを紹介いただきました。
今年から開設された北海道クラスですが、自主レッスンをされたり
懇親会を催されたりとクラスが一体になれるよう皆さん努力されているのがよく分かります。


是非一度覗いてみてください。
もちろん、激励コメントも忘れずにネ!!
[PR]
by mido811 | 2015-11-14 00:49 | 一万人の第九 | Comments(2)
1万人の第九 ゲストの予習
f0073587_194685.jpg


2015年11月7日(日)

いよいよ「1万人の第九レッスン」も佳境に入りました。
先行チケットの申し込みはいかがでしたか。私は毎度の如く全滅です。
レッスンも終盤ですし、これから佐渡練やリハーサルと慌しくなります。

その前に今年のゲストは予想通りでしたか?
私は「さだまさし」と読んだのですが見事に外れました。
しかし、今年のゲストをご存知の方はどれ程いるのでしょうか。
知らないのはオマエだけやって。そりゃ失礼しました。

クラシック音痴の私というよりオジサンには頑張ってギリ石坂団十郎さんくらいですかね。
アリス=紗良・オット・・・・う~誰?
Little Glee Monster・・・・降参!
と、ひょっとして同じ思いの方もいるのではないでしょうか。
そこで、ゲストの予習をするためちょっと整理してみました。

ゲストのプロフィールはコチラを参照いただくとして

先ずは”アリス=紗良・オット”はんからいきましょか!
Alice Sara Ott plays the Adagio from the Beethoven Piano Sonata no. 3 in C major, op. 2 no. 3





続いて、石坂団十郎はん。なんか歌舞伎役者みたいな名前でんな~
Prokofiev Sinfonia Concertante op. 125 in e minor 3rd Movement with DANJULO Ishizaka





お終いは、”Little Glee Monster”です。
TBS 系金曜ドラマ「表参道高校合唱部!」主題歌といえば分かる方も多いはず。
私もこのドラマが始まって今年のゲストはドラマの出演者じゃねぇのかと考えましたが
主題歌の方とは予想していませんでしたね。
『好きだ。』-Short Ver.-




ゲストの顔ぶれを見ると12年前のミッシャー・マイスキーがゲストだった頃に舵をきった感じです。
これまでのように人気のアーティストをゲストに迎え「万九」の認知度を上げて
レッスン会場も関西地区限定から全国区になった今、
次のステージはどんな舞台になるのでしょうか楽しみです。
[PR]
by mido811 | 2015-11-08 20:33 | 一万人の第九 | Comments(0)
1万人の第九 森ノ宮4レッスン 5/6回目
f0073587_19232410.jpg


2015年11月7日(土)

早いもので1万人の第九レッスンも5回目です。
皆勤賞の皆さんにはチケットが渡される日でもあります。
残念ですが、娘の結婚式を翌日に控えているため最終レッスンはお休み。
したがって本日が私にとっては最後のレッスンになります。

いつものJR森ノ宮駅を降りると周囲は紅葉の季節を迎えています。
毎年のことですが、季節の移ろいを感じます。
f0073587_19241865.jpg

もう見慣れた光景ですが、「洋食とビールの店」には行ってみたかったなぁ。
f0073587_19244926.jpg

レッスン会場手前のコンビニで飲料水を買うのが恒例でした。
でも、会場のビル内にコンビニがあるんですが存在を毎回忘れてしまうんですね。
f0073587_19384852.jpg

会場の受付でチケットを手渡されました。
席は”舞台アリーナ西4列”でした。さて、どのあたりか皆目見当がつきません。
会場へ入るといつもより人が多いように感じます。
恐らくチケットの配付で早めに会場入りした人が多いのでしょう。
レッスン開始の4時、その時を待ちます。
f0073587_19281286.jpg

時間通り松尾先生とピアノの羽根田先生が登場。
先ずは、発声練習です。
今回は、音階を示す「ハンドサイン」というのを初めて教わりました。
一番印象に残っているのはドレミファソラの次はシでなくティであることも知りました。
そう言えば、外人が歌うドレミの歌ではシでなくティって歌ってます。
f0073587_19285751.jpg

レッスンに入ります。
本日はテキストp46 795小節から終わりまでを歌います。
意外にフーガより変化が激しいので一杯汗を掻く所かもしれません。
お話の中で高い音を出すには頬骨を上げる、姿勢をよくすることが必要だそうです。
姿勢を良くするということは背筋が伸びていなければなりません。
プロでもそうだと仰います。単に姿勢良くニコニコしているだけではなかったんですね。
f0073587_19293679.jpg

今回初めて松尾先生のレッスンを受けましたが、表情豊かで朗らかで動きも俊敏。
カメラを向ける私にとっては強敵でした。
しかし、レッスンは間髪入れずお話をされ展開が速いので飽きることはありませんでした。
最初は何が始まるのか緊張しましたが、むしろ時間の経過と共に楽しませていただきました。

修正事項として
795小節ピアノからクレッシェンドを明確にすること。
803小節ge-teiltはゲタイ~ルトと発声する。
802小節strengは巻き舌で。「天ぷら」を巻き舌で10回程度発声すること。
795小節のDei-neのDeiは緊張感を持って歌う。母音を長くするとクレッシェンドが立体的に聞える。
811小節Bru-derのウムラウトの発音はウ・イ・イの口の形を残して発音する。
812小節sanf--terの最後は2度確実に下りること。
f0073587_19303796.jpg

818小節アルトさんへDei-neのDeiを決めることと指導の後
意外にも他のパートでDeiの音が取れてないことが発覚。
前半は818小節の音とりを徹底練習で終了。
f0073587_19314867.jpg

後半に入ります。
833小節のMen-schenの最後はnをとること。
857小節KuBの下りるところを気をつけてderにつなぐこと。とくにテノール
865小節イーベルシューテルネンではなくシュテエールネンと発声。
867小節チェルツムスアインのアインは抜かさず確実に発音すること。
872小節Woh---nenはオを2回でもよいのでボオオネンとうたうこと。
877小節簡略化せずザイトウムシュルンゲンと発音。
881-4、893小節の臨時記号の部分はクレバーに。
910小節シェーネルゲッテルフンケンは疲れているのか女性が遅れるので注意。
f0073587_19324883.jpg

最後は237小節に戻り327小節までを通して歌いました。
その間、ソリストの部分は松尾先生がすべてカバーされましたが
受講者の一部の方もソリスト部分を歌われていました。さすが経験者クラス!
f0073587_19334978.jpg

ということで、本日のレッスンはここまで。
次回は、頭から最後までを通して歌うことになります。
しかし、ここまで来て出席できないのは残念です。
表情豊かな松尾先生のお顔を拝見できないのも寂しい限りです。
f0073587_19353174.jpg

そしてお世話になったこの教室ともお別れです。
皆さんが退出していくのを見送るように眺めていました。
f0073587_19355950.jpg

会場を出ようとすると私と同じく最後なのかもしれませんが
先生にサインを求めている方がいらっしゃいました。
私は、こういうのが苦手な人でそっと小声でお世話になりましたと告げて退出しました。
恐らく各教室では同じシーンが見られることでしょうね。
f0073587_19362416.jpg

会場を出るとすっかり夜になっていました。
始まった頃はまだ明るかったのに。
f0073587_1937027.jpg

森ノ宮4クラスの皆さん短い間でしたがお世話になりました。
残念ですが今回は誰もお知り合いになることなく終ってしまいました。
次回は11/28の佐渡練ですね。
レッスンの成果が出せることを願って止みません。Freude!
[PR]
by mido811 | 2015-11-08 18:07 | 一万人の第九 | Comments(0)