<   2015年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山」 11エレ八木のお試し
f0073587_23395854.jpg


2015年10月25日(日)

しばらく快晴が続いて山を登るには最高です。
今日は久しぶりにホームグランドのポンポン山に戻ってきました。
それも予てより製作中でしたアンテナを評価する予定です。

いつもの本山寺駐車場にバイクを置いて本山寺に向かいます。
陽射しはあるものの風が吹いてやや寒さを感じます。
f0073587_23455740.jpg

駐車場のモミジはまだ色づいていませんが
登山道を歩くと緑色の中に時折赤や黄色の色を見つけることができます。
季節は一歩づつ進んでるようです。
f0073587_23491958.jpg

午前中用事があって山頂に到着したのは2時前です。
山頂には登山者一人、その奥に4人ほど居ましたが寂しい限りです。
おまけに北風が吹いて遮るものがない山頂は砂埃が舞い真っ白け。

そんななかで、アンテナの設置開始です。
11エレ八木は木製のブームでエレメントも差し込むだけなので
今使っている7エレより設置は楽です。それにクロスマウントが不要なので軽くて澄みます。
設置が完了しましたが風でブームが上下に揺れてます。
f0073587_0231561.jpg

【本日の交信】
DJ-S57/2W + 11エレ八木アンテナf0073587_21392717.jpg
SOTA JA/OS-005 JCC2509

13:56 JN3OOF/M 59/59 3-2エリア走行
13:58 JF4XHR/3 59/59 京都府長岡京市
14:01 JR3KKA/M 59/51 滋賀県犬上郡多賀町
14:09  JR3MYM 59/59 京都市下京区
14:14 JN3VSA/3 59/59 大阪市平野区
14:18 JJ3WPX 59/59 滋賀県草津市
14:23 JA3CKF/3 59/59 滋賀県野洲市三上山
14:31 JP3NCJ 59/59 大阪府高槻市
14:37 JM3GVH 59/59 大阪府枚方市
14:39 JJ3WOV 59/59 大阪府羽曳野市
14:44 JO3JBE 59/57 大阪府堺市
15:00 JH4TPF/3 59/59 和泉葛城山
各局、FB QSO有難うございました。
目的のアンテナ評価ですが、地上で評価した印象とは違い
やはり標高があると飛びはかなり違うなと各局からのレポートで改めて認識できました。
しかし、今日は2エリアのQSOが聞えず残念でした。

JJ3WOV局は生駒山で1.2Gを運用し群馬県が聞えたけど交信には至らずとは
別世界ですね。またJH4TPF局も自作アンテナで山梨の局と交信できたとか
また気象条件によって電波の到達距離が違うことを教えていただいた。
皆さん工夫と努力で交信実績を伸ばされています。
このようなお話をいただくとやはり刺激になって無線が益々面白くなってきます。

さて、山頂は北風が強くなって体感気温は下がるばかり。
ましてや日が暮れるのも早くなったので切りのいいところでQRTして撤収です。
先程まで交信を聞いていたのでしょう。若い女性から「それ(アンテナのこと)って何ですか?」と
質問を受けたがどう返答していいか一瞬迷った。

だってアマチュア無線って言っても若い人達は知らないはずだし
説明しても携帯があるのに何故無線で喋るのか恐らく疑問に思うだろうと考えた。
案の定、アマチュア無線と言っても理解できないようで無線で山にいる者同士が
通信する遊びですと返答しておいた。
このような状況だとアマチュア無線も数年で途絶える日も近いだろう。

15:30下山しようとしたところ登山者2名が上がって来た。
どこへ下山するのかは知らないがちょっと無謀ではないのかと思いつ山頂を後にした。
f0073587_0283289.jpg

山頂は風が吹きまくっていたが、登山道に入ると植林のお陰で
風が遮られ寒さも和らいだ。西日が紅葉を照らし低山にも秋が近いことを告げているようだ。
f0073587_0321947.jpg

少し寒くなったけど今日も楽しい山歩きと無線で遊べてよかった。
さて、来週はどこへ行こうかなと考えながら下山しました。
f0073587_0365275.jpg

[PR]
by mido811 | 2015-10-26 00:37 | ポンポン山 | Comments(0)
試作アンテナのSWRを測定
f0073587_263315.jpg


2015年10月24日(土)

以前から製作途中だったアンテナが完成しましたが
調整の段階で肝心のSWRが良い数字を表示しません。

その為、家の中ではなく周囲に影響がない場所で測定しようと
いつもの本山寺駐車場にやってきました。
天候も良く駐車場もそこそこ駐車していました。
f0073587_2252524.jpg

さて結果はというと家での測定とほぼ変わらず1.2-1.3あたりを表示。
ならば送信できるのかを試したくてCQを出してみました。
すると、早速JN3VSA局よりコールをいただきました。

アンテナの試験というとVSA局も偶然ですが同じアンテナを製作されていまして
こちらはSWRがべすとで1.05ということでしたのでいろいろと教えていただきました。

続いて金剛山移動中のJH3ETK局。
それまで2W送信だったんですが0.5Wでいけるよとのアドバイスで
0.5Wに減少したところ59→57のレポートをもらいました。

この後は堺市のJH4TPF/3局よりコールあり。
事情を説明するとTPF局は八木でなくループ専門だそうで興味津々です。
それにいつも和泉葛城山へ移動されるそうですが、1エリアのラグチューが昼間から
聞えるそうでロケーションもそうですがスタックのループアンテナの威力を知ることになりました。
オマケにループの設計図をいただけるそうでお言葉に甘えるつもりです。

さて、最後にコールいただいたのは奈良県桜井市よりJP3NRD局。
まだ開局より間がないそうですがID31に内臓ホイップANTで51のレポートをいただきました。

最後はJH3JFF局より今日は常置場所からコールいただきました。
レポートはこちらが0.5W送信で堺市から57です。
実はアンテナは堺方向になく東方面の山で反射したものと思われます。


標高330Mたらずですが、何とか飛んでいるようでした。
家に戻り再びSWR測定をしたところケーブルとの相性がどうも怪しいようです。
というのもSWR計にはアンテナより5DFBケーブル、SWR計からTX側には3D-2Vケーブルで接続しています。
5DFBを3D-2Vに代えてみるとアラ不思議SWRは1.1に収まっています。

う~ますますどうなっているのか分からなくなってきましたよ。
恐らくですが、FBケーブルとBNCとのインピーダンスに問題がありそうです。
[PR]
by mido811 | 2015-10-25 02:26 | アマチュア無線 | Comments(0)
大長山・赤兎山から白山展望-2
f0073587_23304852.jpg


2015年10月17日(日)

白山の展望が素晴らしいとは聞いていましたが
今日の天候といい展望といい言うことなし。
そんな中で無線ができるなんてこれまた言うことなし。

アンテナを設置して先ずは受信してみると2エリアの皆さんのラグチューが聞えてきます。
アンテナは3エリア(近畿地区)と思しき方向へ向けて
今日は432.900MHZでCQを出します。
f0073587_0264155.jpg

【本日の交信】
DJ-S57/5W  + 7エレメント八木アンテナ 432.900MHZf0073587_22523823.jpg
大長山 標高1,671M
SOTA JA/IK-001 10PS
福井県勝山市 JCC2906

10:43 JF2BER 59/59 愛知県知多市
10:43 JA9NSE 59/59 石川県金沢市
10:47 JE9ACZ 59/55 福井県福井市
10:51 JR2LTZ/2 55/55 岐阜県各務原市伊岐山
11:01 JN2TZB/2 59/59 愛知県北設楽郡東栄町大鈴山
11:02 JP2MYG/2 59/59 愛知県北設楽郡東栄町大鈴山
11:03 JG2AGY/2 59/59 愛知県北設楽郡東栄町大鈴山
11:04 JH1HGF/9 59/59 石川県白山市白山山頂
11:10 JE9AUW 59/49 石川県小松市
11:12 R2TBI/2 51/51 愛知県犬山市本宮山
11:16 JQ2CLN 59/57 愛知県岡崎市
11:19 JE2XMP/2 59/59 愛知県西尾市万燈山
11:23 JA2AWQ 59/59 岐阜県岐阜市
11:24 JQ2MRX 55/57 愛知県名古屋市
11:27 JS2QIK 59/59 愛知県知多郡美浜町
11:32 JN2JGD 57/59 愛知県四日市市
11:37 JK2FNU 59/59 名古屋市名東区
11:39 JJ2CRJ 51/51 愛知県東海市
11:42 JM2LKJ 59/59 名古屋市中川区
11:49 JA2VDX 59/59 愛知県江南市

各局、FB QSOいただき有難うございました。
天候も良く山岳移動局も多かったようです。
JH1HGF局のように白山から大台ケ原、大山と紅葉キャラバンされるそうですが
時間とお金があるようで羨ましい限りです。またJM2LKJ局からは
アンテナが名古屋方向に向いていると連絡いただき3エリアとQSOしようとしているのを
見透かされて驚きました。3エリアからの電波を捉えたくて白山に電波を当てて反射を試みたりも
したんですが残念ながら全くかすりませんでしたね。
ただ、あり難かったのは2と9エリア各局から次々に呼んでいただことです。

いつもの通り交信が途切れた時点でQRTです。
早々にアンテナを撤収し持参した一口寿司を口に入れてエネルギー補給です。
引き返す際にもう一度白山と周囲を見渡し雲上の世界を満喫しました。
f0073587_0162641.jpg
f0073587_021055.jpg

さて、12:20辿った道を引き返します。
次は赤兎山へ向かいます。
f0073587_0244117.jpg

時間的に次の赤兎山へは14:00までに到着しなければ
2座目での無線交信ができなくなります。
ひたすら戻る覚悟ですが、どうしても見える景色に見惚れてカメラを向けてしまいます。
ますます遅くなるのですが・・・
f0073587_0314149.jpg

登り返しが多いとは言え戻りは下るので早いはずなんですが道草くって遅くなるばかり。
13:00過ぎに刈安山を通過。
f0073587_0352245.jpg

陽射しが強くぐんぐん気温があがったこともあり少しバテ気味です。
13:30分岐の小原峠に到着。
赤兎山からの登山客で賑わっていました。
行動食を口に入れポカリで流し込んで次の赤兎山へ急ぎます。
f0073587_0393392.jpg

赤兎山へ向かう登山道は下山者ばかりでなかなか登ることができません。
また、登山者が多いことで登山道が荒れてドロドロの状態で滑りやすく非常に危険です。
f0073587_0422494.jpg

それでも下山者の波は止まらずなかなか前に進めません。
振り返るとさっき居た大長山を望むことができました。
f0073587_044177.jpg

14:00過ぎやっと赤兎山に到着。
山頂には次々と下山者が通過していきます。
時間的制約もあり無線のアンテナ設置は諦め
持参した5/8λのホイップアンテナを付けて運用することにしました。
f0073587_1312889.jpg

SJ-S57/5W + 5/8λホイップアンテナ 432.900MHZf0073587_22525214.jpg
赤兎山 1,629M  SOTA JA/FI-001 10ps
福井県大野市 JCC2905
【本日の交信】
14:20 JK2FMU 51/59 名古屋市名東区
14:22 JR3DXX/2 59/59 三重県御在所岳山頂
14:26 JA4EBE 51/59 島根県出雲市
14:30 JN2TZB/2 55/51 愛知県北設楽郡鹿島山
14:31 JP2MYG/2 55/51 愛知県北設楽郡鹿島山

各局、FB QSOいただき有難うございました。
大長山に続き2nd QSOいただいた皆さん有難うございました。
CQを出してもなかなかSOTAの認定交信局数の4局に届かず焦っていましたが
そこへ耳を疑うようなコールが飛び込んできた。
出力が5wとは言えハンディホイップアンテナでまさかの島根県でした。
それもベストで59です。これには興奮しましたね。
f0073587_125129.jpg

以前、乗鞍岳と交信できたときもそうでしたがFMでもフェージングのように
音声が上がったり下がったりして波打つんです。それも長い周期でね。
下がった時は、もうアカンと思いましたが再び聞えるようになりQSO成立です。
距離にして361kmです。大半が海とは言え交信最長距離を更新しました。
それと相手局のQRAも出雲出身のテニスプレーヤと同じ苗字の方でした。親戚かな?

はるか彼方には黒い雲が上空に広がり始めていました。
天候悪化の知らせです。
今回は行けませんでしたが赤兎避難小屋を見て下山開始です。
f0073587_183148.jpg

既に山頂には誰もいません。
どろどろの登山道を辿り先ずは小原峠に向かいます。
登山者は全員引き上げたのかなと不安をいだきながらも
小原峠に到着するとけっこう登山者がいたのでホットしました。
f0073587_1125241.jpg

とは言え時間も時間なので早々に切り上げて登山口へ向かいます。
登山道では最後に頭に叩きつけておけ言わんばかりに
黄金色に輝くブナ林の紅葉が見事です。
f0073587_116446.jpg

15:40無事登山口に到着。
林道の閉門時間には充分間に合いそうです。
登山口脇にあるモミジがこれまた見事でした。
f0073587_8263240.jpg

汗まみれの顔を登山口横にある湧水で洗うと生き返ったように感じます。
それも大長山が容易に登れると侮ったせいで赤兎山への移動もけっこう大変で
全身に大汗を掻く羽目になったわけです。
f0073587_1342081.jpg

しかし、白山や別山を眺められたことと紅葉を楽しめ遠路はるばる来た甲斐がありました。
来年こそ白山に登るぞっと。

おしまい。
[PR]
by mido811 | 2015-10-25 01:26 | 赤兎山・大長山 | Comments(0)
大長山・赤兎山から白山展望-1
f0073587_2151064.jpg


2015年10月18日(日)

レポ編です。
当日早朝2時に自宅を出発。
山崎ICに向かう途中のR171にヘッ電を付けて歩く人々が延々続く。
この時間からしてカルト教団か?と興味が沸いてくる。
とりあえず食料調達のためコンビニに立ち寄ったところ偶然にも
その集団の一人がタバコを吸いにやってきたので野次馬根性で尋ねてみた。

すると大阪城から嵐山を24時間内で往復する100kmウォークの大会と分かった。
この大会は毎年大阪城を基点に近畿各地域へ100km歩くらしく今年は京都のようだ。
エントリは抽選らしくスタート時は500名だったのが完歩するのは半分だそうだ。
激励の言葉を交わしその場で別れた。

山崎ICから名神に入り米原経由で北陸道を福井北ICに向けて走る。
鯖江あたりで夜が明け始めると周囲は濃い霧につつまれ山々も真っ白だ。
福井北ICから永平寺まで無料区間道路を通ることができ便利になった。
濃い霧は晴れることなくR157に入り白山方面へ慎重に進む。

そして、赤兎山登山口の看板を見て進んでいくと小原林道の入り口だ。
ジャスト開門の7時に到着。
通行料300円を支払い受付のオヤジと会話する。
すると昨日は120台が入山したそうだ。
やはり紅葉の季節でもあり地元に愛されている証拠でもある。
30分かけて林道をくねくねと進み駐車場に到着。
既に数台が駐車していたが到着するや凄い勢いで車が次々やって来た。
f0073587_22104732.jpg

駐車場には期間限定ながら簡易トイレが設置してあった。
登山者が多くなってきたので急いで支度をして7:51に出発した。
f0073587_22122799.jpg

登山口からは見るからに熊がでそうな道だ。
やや湿った足場の悪い登山道をゆっくり進んでいくと
いきなり紅葉の世界が開けた。
f0073587_2216896.jpg

ここからは紅葉を見上げながらの登攀となった。
高度をあげるとともに息も上がるが、紅葉の感動の方が大きく辛さも吹っ飛んでいく。
f0073587_22182785.jpg

8:40赤兎山と大長大和の分岐とあんる小原峠に到着。
多くの登山者が休憩し賑わっていた。
f0073587_22391712.jpg

大半の登山者が赤兎山へ向かう中、ひとり大長山へ向かう。
さぁお初の山に登るとしますか。
おお、いきなり急登です。しかし、紅葉が登山道を艶やかに演出してくれてます。
f0073587_22521544.jpg

すると周囲が開けた。
前方に小高い山が現れた。これが大長山だろうか。
f0073587_2254971.jpg

淡い期待は裏切られた、直ぐに登り返しとなり再び急登になった。
こんな感じでピークを幾つか超えて途中にある刈安山に9:16に到着。
通過点のような山頂を通過し次に進む。
f0073587_2258051.jpg

再び登り返しが始まる。
紅葉も益々艶やかになってきた。
f0073587_2301767.jpg

登りになると向かいにある白山が迫ってきた。
先週積もった雪も綺麗に消え白山まるごといただき。
f0073587_23356.jpg

前方に小高いピーク現る。
遂に大長山を捉えたか、先行の登山者が登る姿が見えていた。
ここまで幾つもの隠れピークに騙されて気力も減退気味だが起死回生となりますか。
f0073587_238978.jpg

近づいてみると岩肌むき出しの場所のためロープが取り付けていた。
ロープを握って急坂をよじ登る。
どうやらこれがピークのようです。
f0073587_23112374.jpg

しかし、上りきるとピークは現れず暫く移動すると遂に10:19大長山山頂に到着。
狭い山を避けるように周辺に登山者が憩う。
それも白山と別山を前にして贅沢な時間が流れていた。
f0073587_23175374.jpg

さて、アマチュア無線のアンテナをどこに設置するか周囲を見渡す。
白山に近いところは既に占領されていたので山頂との間に設置することにした。

次回に続く。
[PR]
by mido811 | 2015-10-24 23:22 | 赤兎山・大長山 | Comments(0)
大長山・赤兎山から白山展望
f0073587_0385578.jpg
        ■大長山より白山、別山を展望
  

2015年10月18日(日)

紅葉の山を登りたくて5年ぶりに大長山と赤兎山2座へ行ってきました。
例年この時期には奈良県の明神岳や桧塚奥峰へ出かけるところですが
白山みたさに遠出いたしました。

出発当日は第九レッスンの日でしたが当日深夜に家を出て
登山口に繋がる小原林道ゲートが開く翌朝7時到着。
一睡もせず先ずは前回登れなかった大長山を目指しました。

また当日の福井県は濃い霧に包まれ登山開始時間が危ぶまれましたが
気温上昇と共に消えて不安は解消されました。
それよりも大長山を少々侮ったことで次なる赤兎山登頂が遅くなり
ゲート閉門時間までの下山が危ういところでした。

先週初雪となった白山と別山、その雪も消え青空にその雄姿を堂々と披露してくれました。
念願は叶ったのですが、雪がないと知っていたら白山に登ってたのにと・・・。
それでも白山をみながらアマチュア無線で交信し紅葉に感動する贅沢な時間を過ごせました。

詳細は後日レポにて。
[PR]
by mido811 | 2015-10-20 01:08 | 赤兎山・大長山 | Comments(0)
1万人の第九 森ノ宮4レッスン 4/6回目
f0073587_1813061.jpg


2015年10月17日(土)
レッスンも今日から後半です。
予報では午後から雨とか念のため傘を入れてきました。
森ノ宮駅を下りるといつも以上に人の出入りが多いように感じます。
そう言えば来週は大阪マラソン開催でしたね。
f0073587_1815735.jpg

いつもの法円坂を上っていくとハンバーガー屋さんやカレー屋さんに焼肉店とあるんですが
中でも1,000円ビールセットと名札のある洋食屋さんが気になります。
これもレッスン通いの楽しみでもあります。
レッスン最後は立ち寄ってみたいなぁ。
f0073587_1823020.jpg

最後のコンビニでスポーツドリンクを買って会場に入ります。
このコンビニで飲料水を買う人も多いように思います。
季節変動ですが、土日は売り上げがグン伸びるてんやろね。
f0073587_183099.jpg

今日は早めに会場に入ったつもりでしたが既に前席は満員御礼。
初心者クラスは後ろから埋まりますが、経験者クラスは前から埋っていくようです。
しかし、会場に入ると何だかムッとする空気、後で分かったんですが会場の空調が故障だそうです。
扉は全開にするのですが空気の流れが悪く滞留しるようです。

レッスンはじめに松尾先生からも暑いのでいつでも飲み物を口にしてくださいとアナウンスがありました。
しかし、今日は人の体温が一気に上がる”フーガ”の練習です。
何もないことを祈りましょう。
f0073587_1833097.jpg

会場のこともあり発声練習は軽くということで声楽家さんがやっている発声練習です。
「アオウ」「アエイ」のア母音を真中にする発声です。

フーガに入る前に595章節からレッスン開始。
603小節ではアルトさんへテンポをキープし早くならないようにし
粘り強く振り子が振れるように歌うこと。
続けて604小節ミリーオーネンのところでは先読みを心がけて歌うこと。
618小節は発音が遅れないように。

ソプラノさんへは655小節音楽がつまづかないよう滑らかに歌うこと。
667-675小節にかけては音モレをしないこと。
でもソプラノさんはめちゃ上手い人だらけです。

我らテノールには672小節音符の隙間を見せずに歌うこと。
バスさんには697小節明るくハモること。
f0073587_1819229.jpg

続いてP-Qに入ります。
アルトさんへ697小節Dieが低い。
701小節明るく歌うこと。♯♯は明るく、明るく
ソプラノさんへ699小節は明るく、702小節シュルンゲンも明るく。
704小節音程を理解して歌いましょう。
695小節のミーリーオーネンも明るくうたうこと。
男性パートには697小節にバスは明るく歌うこと。
f0073587_18194672.jpg

休憩を挟んでレッスン再開。
休憩中、松尾先生と羽根田先生で通路にあった衝立を動かしてました。
特に松雄先生が暑さに参っているようです。

692小節から女性パートだけでうたう。
アルトさんへは701小節母音を思いながらうたうこと。
708.9小節ハイリ トゥム ザイト~が遅れる。
705小節は明るくうたうこと。
ソプラノさんへ723小節デル ガンツェン ベルツのツをしっかりうたうこと。

テノールには718小節ザイトがうたえていない。
バスへは713,4小節アルトとデュエット(テノールより高い箇所)していることを意識するように。
f0073587_18334358.jpg

692小節「P」から782小節にかけてレッスン開始。
男性パートは「R」からのリズムが取れていない。
ベースは”Ihr Sturztnie”の発音が難解なので100回程度唱えること。
続くDer Mili~は息を流すようにうたうこと。

740小節アルトへはZertもクレッシェンドすること。

テノールには745小節”ブリューデル~”はドミソの和音を念頭に
766小節Wo nenは明るくうたうこと。
749小節は完全五度、ドとソの世界と意識すること。
f0073587_18473350.jpg

最後はフーガを一気通貫でうたい終了。
特に717章節でのソプラノさんは声が安定して出てくるし崩れることもなく見事にうたいきられました。
これぞ経験者クラスです。
思わず心の中でブラボーと叫んでました。

空調のこともありますが、ほぼ形になっているからでしょう今日は15分前に終了しました。
次回は795章節から最後までのレッスンです。
最終日は最初から最後までをうたうそうです。
お疲れ様でした。

ところで美人の羽根田先生を撮れずにいましたが何とか撮ることができました。
写真としては盗撮みたいで気に入らないのですが、どうです美、美人さんでしょう。
後ろにある扇風機がじゃま。
f0073587_1858354.jpg

会場を出ると”マジックアワー”のど真ん中でした。
この調子でいくと明日はきっと快晴に違いありません。
f0073587_1914397.jpg

明日は山へ行くので足早に帰宅するのでした。
[PR]
by mido811 | 2015-10-19 19:04 | 一万人の第九 | Comments(10)
近場の名峰 武奈ケ岳-2
f0073587_9235760.jpg


2015年10月12日(月)

レポの続きです。
山頂に到着すると先ずは周囲の風景を楽しみます。
湖北方面、高島市周辺でしょうか
f0073587_7302884.jpg

白山を探しますが見当たりません。
何とか見えたのが伊吹山かな・・・
f0073587_7324457.jpg

やはり山頂は遮るものがなく時折強い風が吹いてきます。
アンテナを設置するには問題がありそうなので山頂の裾のあたりの空地を探します。
5m程下がったところに空地を見つけアンテナ設置開始です。
これだと”SOTA”のルールに問題はありませんね。
f0073587_7444073.jpg

設置を終え無線機に火を入れると受信する電波が強いのが分かりました。
これは期待できそうです。しかし、逆によく聞えてくるので空きチャンネルが見当たりません。
結局、違法局が出ていましたが432.900MHZでQRVすることにしました。
【本日の交信】
DJ-S57/5W + 7エレメント八木アンテナf0073587_21421594.jpg
武奈ケ岳 標高1214m  滋賀県大津市 JCC2301 
SOTA JA/SI-004 8point
Freq:432.900MHZ
10:38 JA3WPN 59/59 大阪府堺市
10:40 JM3GVH 59/59 大阪府枚方市
10:42 JN3VSA 59/59 大阪市平野区
10:45 JR3MYM 59/59 京都市下京区
10:46 JE2KMQ/2 59/52 愛知県西尾市
10:49 JS3RIP/3 59/59 兵庫県姫路市雪彦山大天井915M
10:57 JF3BCH 59/59 奈良県橿原市
10:59 JI3IBK/3 59/59 京都市南区
11:01 JS3LOW 59/55 大阪府堺市堺区
11:04 JR3OWV 59/59 大阪市阿倍野区
11:10 JA5BLJ/5 59/59 大阪府枚方市
11:13 JK3BPT 59/59 大阪府八尾市
11:16 JA2FLE 59/59 三重県四日市市
11:21 JO3JBE 59/59 大阪府堺市中区
11:29 JO3RUL 59/59 兵庫県明石市
11:32 JI3CJO 59/59 滋賀県栗東市
11:36 JR3NDO 59/57 大阪府泉佐野市
11:40 JH7XWZ/3 59/59 滋賀県彦根市
11:44 JP3NCJ 59/59 大阪府高槻市
11:52 JH2KKH 59/59 岐阜県岐阜市
11:59 JP3CWO 59/59 大阪府堺市
12:07 JL3OTE/3 51/53 大阪府守口市
12:13 JP3MBC/3 59/59 滋賀県蒲生郡日野町綿向山5合目
12:20 JN3BME 59/59 大阪府守口市
12:30 JF2NHY 59/59 岐阜県岐阜市
12:32 JS2KWM/2 59/59 愛知県犬山市本宮山
12:36 JE2XMP/2 59/59 愛知県西尾市平原203展望台
12:44 JR2LTZ 59/53 愛知県江南市
12:59 JH4PUL/3 59/59 大阪府交野市
13:07 JI3HXB 59/59 滋賀県草津市
13:23 JQ2QFT/0 59/59 長野県木曽郡王滝村(御嶽山開田口) ※432.920MHZ

各局、FB QSO有難うございました。
やはりロケーションが良いのか大半はRS59でガンガン入感ですが
逆にパイルになるとSSBとは違いFMの性格上、電波の強さやずらしてコールいただいた局の
コールサインしか聞えません。コールいただいてもピックアップできなかった局長様が
いらっしゃいましたらお詫びします。

各地からコールいただき有難い限りです。
特にアンテナは東方向にも関わらず大阪府南部の局からのコールが多かったのは
どこかの反射なんでしょうか。それに加え真反対の明石市、姫路からもコールを
いただき山岳反射の面白さを実感しました。
また、私同様カンバックされた局やハンディ機持参で登山されている局、
登山帰りの局と山談義QSOもでき山好きとしては嬉しい一日になりました。
また外部電池としてニッカド電池が5W仕様でも3時間は裕に持つことが今回分かったのは収穫でした。

QSOも途切れたところでQRTです。
既に13:30近く、先程JI3HXB局が滋賀県南部に雨の予報との情報をいただいたこともあり
慌ててアンテナを撤収します。そう言えば、QSO開始から何も食べていません。
これまた慌てて一口寿司を口に放り込んで13:50下山開始。
予報通り黒い雲が広がり始めました。16:00までには下山したいのですが持ち堪えるかな・・・
f0073587_847392.jpg

急いで下山していると若者達がはしゃいで抜いていきます。
元気いいなぁ。
f0073587_851453.jpg

振り返って武奈ケ岳に感謝とお別れです。
f0073587_8532727.jpg

ワサビ峠を通過すると男性がコーヒーを煎れている最中でした。
周辺にコーヒーの香りが漂います。この男性にとっても至福のひと時なんでしょうね。
f0073587_8573667.jpg

御殿山に到着し行動食と水分を補給。
そして武奈ケ岳の雄姿がみられるのも最後なので脳裏に焼き付けて下山再開です。
f0073587_901791.jpg

御殿山を離れると黒い雲が瞬く間に広がり始めいつ雨が降ってもおかしくない
状況になり始めた。そこにさっきの若者達を捉えた。
人影もなく寂しいので、彼らと行動を共にすることに決め後を追うことにした。
逃がさへんで~
f0073587_935141.jpg

ブナ林を抜ける頃、小さい子供と一緒にバテている両親が座っていた。
子供は元気なのだが、ちょうど大人でも滑りそうな急坂を走って下りようとしていたので
思わず「危ないからお父さんと一緒に下りなさい」と声を掛けた。
最近、子供連れの人を見かけるがどうも子供を放ったらかしという場面を見てひやひやする。
滑落したらって想像してほしいな~
f0073587_9374652.jpg

ブナ林を抜け植林に入った。登山口は近いぞ。
f0073587_9142564.jpg

15:50登山口に無事到着。
すると早朝行方不明者捜索願いのビラを配っていた女性から「ご協力有難うございました」と礼を言われた。
家族として早く見つけたいという気持ちが痛いほど伝わってくる。
このご家族がほっとできる日が来ることを願うばかりです。
f0073587_918513.jpg

久しぶりの武奈ケ岳でした。
それも紅葉の時期に登れたのはラッキーだったかもです。
このように華やぐ季節に山を登ると気持ちまで華やいできますね。
明日からまた仕事頑張ります!

おしまい。
[PR]
by mido811 | 2015-10-17 09:25 | 比良・武奈ケ岳 | Comments(2)
近場の名峰 武奈ケ岳-1
f0073587_1463225.jpg

2015年10月12日(月)

ハッピーマンデーで体育の日です。
と言っても我々世代は体育の日は10月10日が刷り込まれています。
早朝5時に起床し6時に家を出てコンビニで食料を調達。
食料と言っても一口寿司2個なんですけど。

その後は、吉野家に立ち寄り「納豆定食」で朝食です。
普段行かないから何か嬉しい。
腹ごしらへもでき山崎ICから京都東ICへ走りR161で堅田から
R477、R367を経て坊村到着。

駐車する車は未だちらほらの状態ですが
それでも既に出発している登山者が多数います。
支度をして久しぶりの比良山荘を抜けて7:15に登山口に取り付きます。
冷たくて水量の多い澄み切った水が堀を勢い良く流れています。
f0073587_1242925.jpg

登山口に向かうとビラを配る人がいました。
何かなとビラを受け取ると至急と書かれ今年9月15日坊村から夫婦滝へ
向かった行方不明の男性を探して欲しいというビラでした。
大阪府山岳連盟のhpにもアップされていたので知っていましたが
現実を知ると緊張が走ります。
配っていたのは男性の奥様でしょうか。
早期に発見されることを願うばかりです。
f0073587_1244115.jpg

御殿山コースの登山口に到着。
これから始まる植林の急登を登ります。
f0073587_125370.jpg

先方には4人家族が登り、その後を追尾するように続きます。
今回も自称カメレオン走法でなく歩行で登りマイペースを維持します。
若いときみたいに力任せでなく力を抜いて自分のペースで歩くことが
できて初めてオトナになったなぁと自画自賛するのであった。
f0073587_1251220.jpg

登り始めて40分。綴れ折の急登から平坦な場所に出たところで
エネルギー補給、いつものヨモギ大福です。
大福は腹持ちもいいし、小豆好きには堪りません。
f0073587_1253383.jpg

大福でエネルギーを補給し新たに始まる急登に臨みます。
急登が終ると今度はブナ林に入り直登する冬道ではなく巻き道に入ります。
冬は直登してブナの樹氷が綺麗ですよね。
f0073587_126425.jpg

登山道には栗が沢山落ちています。中身は残念ながら綺麗になくなっていました。
誰が食ったんでしょうか。秋満喫です。
f0073587_12617100.jpg

山を巻いていくと谷間に出て詰めていきます。
f0073587_1264994.jpg

谷を詰めて再びブナ林を抜けると周囲が見渡せる広場に出合います。
そこには紫の花をつけたトリカブトが最盛期を迎えていました。
綺麗なものにはトゲでなく毒があるですよね。御殿山はあと少しです。
f0073587_1265987.jpg

御殿山山頂までは紅葉が進んでブナが色づいていました。
日が差すと綺麗な黄色が光って黄金色に輝きます。
f0073587_127381.jpg

9:17御殿山山頂に到着。
御殿山の標識がたくさんあったのに見当たりませんね。どこいったんでしょうか。
しかし、御殿山山頂からは紅葉の武奈ケ岳を見ることができ思わず感動です。
これまでのしんどさが一瞬にして消えます。
f0073587_12849.jpg

行動食と水分補給を済ませ御殿山から急坂を下りワサビ峠に到着。
やはり峠とあって風が強いなぁ。イン谷から来るとその長い道のりからホットするんだよね。
f0073587_128393.jpg

一旦下り登り返しです。しかし、見た目よりさほど急でない登りを辿り
振り返ると御殿山から続く紅葉ベルトに再び感動です。
f0073587_1285719.jpg

いよいよ西南稜に入ります。
紅葉の西南稜を歩くのは初めてなので景色を楽しみながら歩きます。
f0073587_1303358.jpg

西南稜を渡りきるともう一山超えれば山頂はすぐ。
最盛期を過ぎたススキが揺れて秋一色です。
f0073587_131176.jpg

登りを進むと山間から琵琶湖が見え始めた。
対岸は近江八幡かな?
f0073587_1313210.jpg

いよいよ山頂を捉えましたよ。
先行の登山者もけっこういます。
f0073587_131502.jpg

10:15山頂到着。3時間の行程でした。
雲が広がり周囲も霞んでいて白山や御嶽山の遠望が難しそうです。
f0073587_132941.jpg

山頂に到着後は次の目的であるアマチュア無線の準備に取り掛かります。

次回につづく。
[PR]
by mido811 | 2015-10-16 01:50 | 比良・武奈ケ岳 | Comments(0)
近場の名峰 武奈ケ岳
f0073587_1471334.jpg


2015年10月12日(月)

連休最終日、待ちに待った晴れ日です。
早朝5時起床、遊びに行くから出来ることです。
家を泥棒のようにこっそり出てみると珍しく満点の星空ではありませんか。
今日は間違いなく快晴と確信するのでした。

さて、行先はというと明日出勤なので遠くは避けておこうと思い比良の武奈ケ岳です。
当然、アマチュア無線もあり時間を考え車で登山口の坊村へ向かうことにしました。
先週の伊吹山から実行している自称カメレオン走法を坊村の急登でも試みます。
いつもなら力任せに登って汗だくになっているところですが、今日は違います。
ゆっくりゆっくり歩を進めながら適度に水分と食料を接収。
おかげで息も上がらず難なく急登をクリアし御殿山に到着。

驚いたのは、御殿山から見渡す武奈ケ岳です。
既に紅葉が始まっていて日に照らされるとキラキラ光っています。
まさしく関西百名山、そして近場の名峰です。

後で知ったのですが、NHK-BSで放送されている「グレートトラバース2」では田中陽気さんが
武奈ケ岳を11月3日(火)に踏破予定らしくこの日に登ればよかったとちょっと後悔しています。
当日に山頂で「CQ~CQ~こちらはJF3KLH」って大声で叫ぼっかな。
声だけでもTVの音声に載るかもよ。


レポートは後程です。
[PR]
by mido811 | 2015-10-14 02:16 | 比良・武奈ケ岳 | Comments(0)
500円アンテナの製作
f0073587_1844922.jpg


2015年10月11日(日)

せっかくの連休というのに悲しいかな家に籠もっています。
白山行きも最後のチャンスだったのに金曜日は休めず
と言って土曜日早朝から車を飛ばす元気もなく。
日曜日は生憎の悪天候だし。

でも、じっとしている性格でもなく。
製作中の「500円アンテナ」の製作に取り掛かることにしました。
ネットでも製作記事がたくさんありますが、大抵2時間くらいで製作されています。
でも私なんぞ思案しながらかれこれ3ヶ月くらい掛かってますけど。

ということで、思案①ブームの接続をどうするか。
当初は木材でBOXを作り差込式を考えていましたが画を変更し
二等辺アルミを切り出しブームとなる木材をネジ止めすることにしました。
430MHZの電波って結構ナーバスなんでアルミや金属の影響を受けるので影響を確かめたいのです。
問題があれば全部木材でBOXを作って接続すればいいかなと思っています。
f0073587_18324422.jpg

次に給電部は直付けかコネクタかというところですが、大半の皆さんは直付けのようですが
確かに高周波ロスを考えると直がいいんですけど分解と組み立てを前提にするのであれば
コネクタの方がすっきりすると思い今回はBNCを直付けしました。
汚いハンダ付け、荒っぽい仕事がバレバレです。(笑)
f0073587_183373.jpg

後は、SWRを計測し希望の周波数に落とし込むだけなんですけど
430MHZって建物や人体の影響をもろ受けるので簡易SWR計ではアバウトでも値が分かりません。
さて、どうしようかな?と今考えているところです。
f0073587_18335284.jpg

ただSWRの値は場所によって違いますが周波数ごとのSWRの違いで
マッチングしているしていないか程度は分かるので、さっきから周波数を変えて
無変調の電波を出しておりました。でも一番いいのは周囲に何もない場所で計測することですけどね。
実は電波が飛んでいるのかを知りたくて洲本市の8J3KCT/3局へコールしたところ
59で返答がありました。何とか飛んでそうですが、でも実用にはまだ時間がかかりそうです。


さて、連休ラスト1日、せめてどこかへ外へ出てストレス発散しなくっちゃね~。
[PR]
by mido811 | 2015-10-11 18:44 | アマチュア無線 | Comments(2)