<   2015年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Where Have All The Flowers Gone? 愛宕山
f0073587_7335598.jpg


2015年5月23日(土)

当blogの検索ワードで日に日に増えているのが”愛宕山のクリンソウ”。
逆に開花時期を知らされることがしばしばあります。

ということで、本日は3年ぶりに愛宕山のクリンソウを観察しに登ります。
今回は無線も加わりますので時間効率を考えて
JR保津峡駅から水尾を経由し山頂に向うコースです。

8:35保津峡駅到着。
保津川に架かる橋が駅になっていた。
下車したのは2名のみ。
f0073587_8291043.jpgf0073587_8293325.jpg

事前にネットで調べるとつつじ谷というところから登るとあったが
標識も無く地図をみながらスタンダードに505号線を水尾まで3.5KMをテクテク。
水尾バス停を見つけ取り付きまで民家を抜けていく。
この辺りは季節になると柚子風呂を提供する民家が多い。
取り付きへ到着すると数名の登山者が準備体操中、これで場所は間違いなしと。
f0073587_83612100.jpgf0073587_836228.jpg

先行で出発した人達を追尾する。
流石に参詣道だけあって広くて歩きやすいけど
最初から最後まで急登の連続だ。
気温が下界と10度違うらしいが、それでも体中汗まみれです。
f0073587_8433896.jpgf0073587_8434852.jpg

約40分を要し清滝からの登山道と合流する水尾の別れに到着。
休憩所でいつもの大福と冷茶でエネルギーを補給する。
f0073587_8484495.jpg

再び出発です。
暫くは、こんな感じの階段が続きます。
ふと見ると、ピンクの花が目に付いた。
おっクリンソウやん。こんな所で咲いていたとは。
f0073587_852161.jpgf0073587_8523150.jpg

クリンソウを見て開花時期であることを確信し一路愛宕神社へ。
暫くすると黒門に到着。
f0073587_8553170.jpg

黒門を抜け階段をしきりに登る。
すると40/40の標識を過ぎたあたりにクリンソウの群生を発見。
こんなところにも咲いていたのか。
でも目差す群生地はこんなもんじゃないと思いながら神社の階段を登っていく。
f0073587_90542.jpgf0073587_912723.jpg

水尾からの急登が堪えたのか愛宕神社に続く階段がきつい。
それでも最後の力を振り絞りとうちゃこ~。
f0073587_94260.jpg

愛宕神社には多くの登山者が佇んでいた。
ひとしきり願い事をして参詣。
次の予定は三角点へ移動して無線タイムだ。
月輪寺方面には向わず真っ直ぐに進む。時折、京都市内が一望でき清々しい。
群生地に向う分岐となる地蔵さんを直進すると標識はないが右に折れると三角点。
f0073587_9134343.jpgf0073587_9172781.jpg

三角点のベンチには先客がいたが、三角点付近には誰も居らず
早速、アンテナを組み立ててCQ~をだしてみる。実は初めて430MHZで
SSBを運用するのでコールがかかるのか心配。
しかし、何度かCQを出すと数局からコールいただいた。
この後静かに過ごせるかと思いきや三角点を目当てに団体さんがやってきたから大変。
ほぼ独占していた三角点も逆に団体さんに追い出される格好で無線は中断となった。
f0073587_9224829.jpg

【本日の交信結果】f0073587_0351383.jpg
FT-817ND/1.5W/SSB + 自作4エレ八木アンテナ
11:52 JF4XHR/3   京都府長岡京市  59/59
11:53 JR6EQP/3   滋賀県草津市   58/57
12:01 JA4EGE/3   京都市下京区    59/59
12:17 JA2HNL     愛知県西尾市   56/56
12:27 JS3KWG/M 京都府宇治市移動 59/59
12:57 8J3XX/2 三重県名張市茶臼山 59/59 FM
13:18 JL3TII/M 滋賀県水口町移動 59/55
13:31 JM3GVH/3 大阪府交野市交野山 57/59 FM
各局、FBなQSO有難うございました。
今回430MHZでは初のSSB運用でした。
というのも平日や土曜日はコールサインを言わない局やトラッカーに
周波数を占拠され交信すらできません。その為、彼らが使うFMではなく
SSBだと周波数を刻めるのと変調の違いで問題を解消できると考えたからです。

また外部電源としてニッケル水素電池(12本仕様)を初めて使ってみました。
電圧は1時間半の間に15Vから14Vに低下したものの安定していましたがFT817本体が相当
熱を持ってたのが反って気になりました。

交信いただいたJS3KWG局は本日70歳のお誕生日でクラブの皆さんと移動運用を楽しまれ
近江牛のすきやきでアイボールだそうです。また、京都CW愛好会のメンバーで
60歳過ぎてCWを覚え数年後に韓国局より和文CWのリクエストに応えられず
悔しい思いをしたことから今では和文CWを習得され交信を楽しまれているそうです。
いや~お見事です。だからお前も出来ると励ましていただいたと理解しています。
そして、CW上達のヒントとして自分のスピードでCQを出して対応してくれる局を見つけること、
リスニングはキーを打っていると自然に覚えるそうです。私にとっては生のアドバイスになりました。

さて、団体の登山者さんから悪魔のような情報がもたらされた。
その情報とは次に行く群生地にクリンソウが一本も咲いていないというものだった。
その方は、それを聞いて愛宕神社にあるクリンソウを観察して帰ると言われていた。
しかし、その話は到底信じ難く取り合えず自分の目で確かめようと早々と撤収にかかった。
先程のお地蔵さんのところに戻り首なし地蔵方面へ向う。
f0073587_21184473.jpgf0073587_21544481.jpg

さて、いよいよ数千株のクリンソウにご対面です。
いそいそと群生地へ向うが、人の気配が全くない。
開花時期じゃないのかなと考えながら目的地に着いた。
すると・・・・あれっ?ピンク色が見当たらない。思わず口から出たのは
Where Have All The Flowers Gone? 花はどこへいった?
ご存知ピーターポールandマリーの代表曲。嘘だろ~
f0073587_2124557.jpg

気のせいか?よ~く見るとクリンソウがありました。でも花は僅かに1本が咲いているだけ。
3年前には鹿の食害を受けたと聞いたが、それでも少なくなったとはいえ
見事に花が咲き圧巻だった。(2012年のblog)
f0073587_2131658.jpg

ショック!いくらこれ以上探しても見当たらず諦めて首なし地蔵へ戻った。
こんなことだったら愛宕神社のクリンソウを良く見とくべきだったと後悔しつつ
時間短縮を考え下山は梨木谷コースを選択、激下りの谷筋を一機に駆け下りた。
すると悔しくもそこにクリンソウが花を咲かせていた。
f0073587_215947.jpgf0073587_2159246.jpg

誰にも遭うことなく谷を下っていく。もし、ここで転倒したら助けを求められるのかと
不吉なことが頭を過ぎるちょうどその頃、コヒーブレイク中のパーティーを発見しひとまずホッとする。
f0073587_2352526.jpgf0073587_23522938.jpg

ここから林道歩きとなり林道ゲートを越えると月輪寺からの登山道と合流し
そのまま進み愛宕山登山道入口に到着。
本日の山行は不完全燃焼で終了。
f0073587_00444.jpgf0073587_001893.jpg

清滝バス停に移動しバスでJR嵯峨野嵐山駅にて下車、JRで高槻駅に戻り帰宅となった。
f0073587_012370.jpgf0073587_014111.jpg

それにしても今日は目的が達成できなかった分疲れました。
感動のクリンソウはどこへいったのでしょうか?
理由は未だ分かりませんが、自然を破壊するのはいとも簡単に出来るんだなと
改めて知ったわけですが、それでもあの時に見たクリンソウが忘れられません。
もう一度見たいぞクリンソウ!
[PR]
by mido811 | 2015-05-25 00:17 | 愛宕山 | Comments(0)
FT-817ND用外部電池
f0073587_23571054.jpg


2015年5月21日(木)

前回のハンディ機用バッテリに続きニッケル水素電池を
FT-817ND用として駆動させてみました。

前回のデータから10本で12.7Vでしたので12本直列にしても
16Vは超えない計算になりますが、念のためダミー電池を入れて
11本仕様で電圧をみます。すると13.6Vを表示しました。
f0073587_015398.jpg
では、ダミー電池を抜いて12本仕様でみてみると
f0073587_032872.jpg
15Vを表示しました。計算で行くと15.24Vのはずですが電圧降下が激しいのでしょうか?
15V<16Vであれば5W運用もできますのでHFも運用できそうです。
FT817は430MHZのSSB主体で考えていますので、後はどの程度持続するかが知りたいところです。
運用でFM/SSBどちらも2h持てば自分の場合は十分と考えています。
早く試してみたいなぁ~。

ところで、会社のhmさんから「ダミー電池って何ですのん」と8.5Sバズ-カのように
ご質問をいただきましたので回答申し上げます。
これです。
f0073587_01064.jpg
ついでに電池と併せて購入した中国製充電器です。
12本を一括充電とフレッシュ(放電)ができるそうです。
未だ使ってませんが・・・。
見た目はオモチャのピアニカみたい。
f0073587_0114777.jpg

バッテリ自体が使い物になれば運用範囲も広がりそうです。
次はやっぱりアンテナ製作かな。
[PR]
by mido811 | 2015-05-22 00:21 | アマチュア無線 | Comments(0)
山開き祝う快晴の横山岳-完
f0073587_21544818.jpg



2015年5月17日(日)

レポの続きです。
五銚子の滝で一服し再び参戦です。
高度差は増して登山道も道ではなく岩をよじ登る感じ。
f0073587_21585759.jpg
前方にいるお花好きのオバサマ達、後続が迫っているにもかかわらず
お構いナシで崖っぷちで花談義とは大胆なこと。
見上げればブナの緑が目立ちだしたぞ。
f0073587_2242176.jpg
歩くというより今はよじ登ってます。
そこへネットでよく見かけた標識が現れた。「がんばれ、頂上まで300m」
f0073587_2274094.jpg
ネットには「頂上まで300m」を「あと300m」ととるか「未だ300m」ととるか
今の状態は、しんどいけど「あと300m」の気分かな。
そんなことを考えていると正面には蝶が蜜を吸いに現れた。
f0073587_22142155.jpg
更によじ登って「頂上まで200m」の標識。
f0073587_2216372.jpg
ちょっと息を整えよう。
200mがあれば残すは当然100m。
f0073587_22191125.jpg
やっぱりお約束通り「頂上まで100m」の標識がありましたね。
もうちょい踏ん張って・・・・やったぁ頂上が見えたぞ~
f0073587_22222822.jpg
11:00をまわったところで山頂(西峰)到着。先客の中には女の子とお父さんが食事中。
実は、この親子と同時に出発したんですが二人とも健脚なんですかね~余裕の表情です。
展望の利かない山頂は人気がないようで大半は一服して展望の良い東峰に続く尾根へ向われます。
しかし、私はこのあと尾根で無線タイムの予定なので山頂で食事後
尾根に人がいなくなった頃を見計らって移動すると決めていた。
f0073587_22315650.jpg
さて、腹も膨れたところで再び出発です。
すると根雪が現れた。5年前にも同じ場所に雪はあり確か横切る程広範囲だったと記憶している。
しかし、今回は当時に比べればかなり縮小し地球温暖化の影響を考えさせられた。
続くブナ林を抜けると周囲が開け尾根道に入った。
f0073587_22593872.jpg
尾根の中間、特に展望の良い場所には予想に反し多くの登山者が食事中。
しかし、展望もそうだが時間の関係もあり無理矢理スペースを見つけ一気にアンテナを設置して
無線交信開始!この展望に期待が膨らむ。さて交信結果は・・・・
【本日の交信結果】f0073587_22543796.jpg
DJ-S57/2W + アローライン
11:52 JA3GPY  滋賀県栗東市  59/59
12:03 JN3BME/3 大津市比叡山中腹  59/59
12:06 JP3KPJ/3 大和葛城山  59/59
12:11 JA3JCH/3 奈良県北葛城郡明神山 59/58
12:20 JI3HXB 滋賀県草津市  59/57
12:29 JK3NNL   大阪府和泉市  53/55
12:32 JA9XLU/3  比良山?    59/59
12:37 JM3AVI/3 京都府南丹市八が峰 59/59
12:43 JR2RSH 三重県鈴鹿市  52/51
12:47 JA1BXM/2 三重県御在所岳移動 59/59
12:56 JP3LOC/3 滋賀県マキノ高原 59/59
13:03 JP3EPQ 奈良県二上山移動 55/55
13:33 JH3JFF/3  奈良県御所市大日岳 59/59
各局、FBなQSO有難うございました。

好天に恵まれ移動局が多かったようです。
地理的に9エリア(北陸)や2エリア(岐阜、愛知)と交信できるかなと
ちょっと期待していましたが全くお声はかからずでした。しかし、尾根を通る登山者からは
通過するたび、「何しているんですか?」とか「何を狙ってるんですか?」とか
「どこまで飛ぶんですか?」とか何らかの質問を受けていました。
アマチュア無線なんですと答えてもふ~んでおしまい。
認知度の低さに愕然です。

下山の時間を考え急いで撤収です。
尾根には誰も来なくなり最後に展望を見て出発です。
f0073587_2342257.jpg
暫く尾根から見える景色を楽しみながら進みます。
途中、ブナ林を抜け明るくなると東峰に到着。最後の展望を堪能し
東尾根コースに入る。ここからは新緑眩しいブナ林が延々と続きところどころに
イワウチワやイワナシなどの山野草が登山道に彩りを添える。
f0073587_2394087.jpg
いや~見事なブナ林が続く。急坂にもかかわらず足元は腐葉土のためフカフカ。
まるで、絨毯の上を歩いているかのようで楽しくなってくる。
f0073587_23135882.jpg
登山道はいよいよ金居原コースとの分岐にさしかかる。
ここまで来ると下山もそろそろ終了、ブナ林ともお別れだ。
f0073587_23161044.jpg
山旅もいよいよ終了、東尾根コースの登山口までたどり着いた。
林道を白谷登山口まで歩くことになるが、途中に「夜這いの水」と呼ばれる水源が
脈々と流れ乾いた咽を潤す。
f0073587_23194972.jpg
林道をテクテク歩いてスタートの登山口に無事到着。
満車状態の駐車場には数台しか車がなかった。
それよりもお楽しみの抽選会の結果だが・・・いただいた29番はないかと隅から隅まで探してみるが
どうみても29番はありません。全くかすりもせず見事撃沈です。トホホ
f0073587_23234788.jpg
先程まで留まっていた山頂を見上げて一路家路を急ぐ。
今日は、快晴に恵まれ久し振りに登山らしい登山を味わった感がいっぱい。
ところで、気になっていた横山岳の山開きですが地元の人達が登るだけあって
地元に愛される山であるということがよ~く判りました。
これは鳥取の大山と同様、やはり地元の人達が登る山は
地元の人達に愛されその証が山開きなんですね。

おしまい。
[PR]
by mido811 | 2015-05-20 23:29 | 湖北・横山岳 | Comments(2)
山開き祝う快晴の横山岳-1
f0073587_1142951.jpg


2015年5月17日(日)

今日は湖北・横山岳の山開きの日。
5年前に一度登ったことがありブナ林とお花畑が印象的だった。
しかし、それほどメジャーでない山で山開きが行われるのは
何か気になる。いや、ずーっと気になっていた。

今日はそのモヤモヤを解決するため早朝4時30分に家をでて
北陸道・木之本ICへ向う。木之本ICを下りて国道303号線で
現地白谷登山口には8時前に到着。
なんと駐車場は満車に近く現地の方の誘導で駐車することが出来た。
5年前は数台しか停車していなかったのに驚き!
f0073587_0203031.jpg
身支度を整え受付らしきところへ行くと登山道協力金の呼びかけがあり
300円を支払い数字の入った横山岳の地図と熊避けの鈴が渡された。
地図にある番号は、後程行われる抽選会で当選すれば商品がもらえるらしい。
これってなかなかのアイデアじゃないですか。下山のお楽しみ!
f0073587_0244863.jpg
ゲートをくぐり東尾根コースへ向う人もあるが大半の人は白谷本流コースへ向った。
直線コースの登山道を歩くといよいよ谷筋に沿った登山道に出会う。
f0073587_029573.jpg
渓流に沿って続く登山道はアップダウンを繰り返しながら高度をあげていくのが判る。
昨晩の雨で登山道はぬかるみ滑りやすくなっている。おまけに岩までツルツル。
f0073587_0351370.jpg
途中、何度か渡渉を繰り返す。水かさは差ほどないが相変わらずツルツル岩なので気が抜けない。
緊張を強いられあっという間に林道に架かる太鼓橋に到着。
f0073587_0404052.jpg

振り返るとけっこう高度が上がっている。天候は快晴ともあって紫外線をもろに受け
汗が噴出す。さぁ頑張っていこう!太鼓橋からが本番みたいなもんだ。
f0073587_045429.jpg

想定通り太鼓橋から登山道は高度を一機に上げてきた。
息が荒くなるが登山道に咲く山野草が気持ちを和らげてくれる。
気付けば目の前に滝が現れた。経の滝である。
f0073587_049920.jpg

経の滝を回り込むように高度を上げる。登山道が荒れ始めるとナイロンロープが
命綱代わりに整備され安全を確保。しばらく進むとニリンソウの群生に出会う。
開花はこれからのようだった。
f0073587_053489.jpg

登山道は益々険しさを増すと同時に急登にかわりいよいよナイロンロープの
お世話になるシーンが続出。面白くなってきたぞ!
f0073587_0572147.jpg

オリエンテーリングよろしく急登を喘ぎながら登る。幾度と無くターザンのように
ナイロンロープにしがみつき一機に体を引き上げ到着したのが五銚子の滝だ。
f0073587_111794.jpg

いよいよこの後がクライマックス。急登も急登の連続。
その前にいつもの草大福でエネルギー補給しとかないとね。

次回に続く・・・・
[PR]
by mido811 | 2015-05-20 01:15 | 湖北・横山岳 | Comments(0)
山開き祝う快晴の横山岳
f0073587_195124.jpg


2015年5月17日(日)

以前から気になっていた横山岳の山開きに参加しました。
失礼ながら百名山やメジャーな山ならば山開きというのもわかるのですが
横山岳で山開きというのは気になります。

当日は、早朝にも関わらず北陸や名古屋方面の車で満車状態。
これからしても人気の度合いが伺えます。
会場となる白谷登山口では、山開き式が行われ長浜市長も参列していました。
式については地元?中日新聞でも報道されていました。
やはり地元ではメジャー級の山であることが読み取れます。

受付では登山道整備協力金として300円を募金すると
番号が振られた横山岳の地図と熊避けの鈴付きキーホルダーがもらえます。
後程、抽選会があり当選番号が発表され商品が進呈されるというもの。
これなら参加しても楽しそうです。さて、結果はというと・・・・・。

今回は5年ぶりの横山岳。
コースは前回と逆で白戸本流コースで西峰山頂経由して東尾根コースで
下山する周回コースです。山野草に囲まれブナ林で新緑に出会う久し振りに
登山らしい登山を味わいました。もちろん、CQ~も出しましたよ!

レポートは後程・・・。
[PR]
by mido811 | 2015-05-19 01:38 | 湖北・横山岳 | Comments(0)
ハンディ機用小物
f0073587_2059350.jpg


2015年5月16日(土)

無線の運用中にバッテリ切れで尻切れになること2回。
2回あることは3回あるといわれますので対策をば。

先日、大日岳でお会いしたJH3JFF局から紹介いただいた
ニッケル水素電池を外部電源として使うため電池ホルダーに納めてみました。
念のためスナップのケーブルも太いものに換えてみました。

電池は特価だったアマゾンブランドニッケル水素単三電池(1.2v/2400mA)を
10本仕様にしてみました。JFF局は高価なエネループプロ仕様でしたが
10本で14V近くあるといわれてました。しかしアマゾンは10本で12.7V(FT-817ND読み)でした。
ネットで誰かがスナップ電池ホルダーを使うと電圧降下が大きいと書いていましたが
やはりそのせいでしょうか?

まぁFMハンディ機/DJ-S57ならこれで良いのですが、FT-817NDと兼用すると考えれば
少々電圧不足ですので6本用電池ホルダー2個に1本ダミー電池を入れて計11本
仕様にすれば単純計算で13.97vとなり丁度いい感じです。
エネループだと12本で16Vを超えるといわれてましたがアマゾンだと16V内ですので
12本でも良さそうです。

これで、尻切れQSOからは解放ですかね。
でも試すとしたらFT-817NDで430MHZSSBをやってみたいなぁ。

f0073587_21215568.jpg

あと、オマケでもらったミニ三脚にL金具を1/4ナットで留めて
FMハンディ機を搭載できるようにしました。
無線機はL金具にマジックテープで固定するだけといういたってシンプル。
うまくいったので通常の三脚にL金具というスタイルもありかなって思います。
これで今までハンディ機を手でもつことから解放され
アンテナをつけたままでハンディ機を固定することでQSO中の信号のふらつきをなくせます。

ホイップアンテナ用ユニバーサルクリップベースもあるのですが
本体とアンテナを結ぶケーブルが細くて長いので見かけ上高周波の減衰も相当あるように思えてならず
やはりアンテナ直付けで固定できるのが理想的だと・・・まぁ、おまじないみたいなもんですが。

次は、いよいよアンテナですか。
[PR]
by mido811 | 2015-05-16 21:35 | アマチュア無線 | Comments(0)
今年は早咲き、ツツジ満開の大和葛城山
f0073587_22334383.jpg


2015年5月10日(日)

葛城ロッジのHPを見たのが幸いし満開のツツジを堪能してきました。
例年だと1週間遅いのですが、今年は早咲きのようです。
いつものように近鉄あべの橋駅から富田林へ向い金剛バスで登山口を目指します。

いつもバス待ちで長蛇の列、特に昨日は天候が悪く来週は台風接近となれば
快晴で満開のツツジを楽しめるのは日曜日のみとなれば登山客が殺到するはず。
ならばいつもより早着しなければと急いだ甲斐あってバスに座ることができました。
予想とおり登山客で満員となりバスは臨時便が2台も出ました。

登山口に到着してもバスから登山者がどっと降りて登山道は渋滞です。
f0073587_22464736.jpg

ここも渋滞。
f0073587_22475486.jpg

鎖場手前ではもっと渋滞。
f0073587_22493945.jpg

ましてや階段なんかあろうものなら大渋滞。
f0073587_2250354.jpg

ペースダウンでまたまた渋滞。
f0073587_22514332.jpg

そろそろ皆さん息切れで渋滞。
f0073587_22533175.jpg

やった~とうちゃこ。ここまで来れば着いたも同然。
f0073587_22544883.jpg

白樺食堂を抜けトイレに立ち寄り山頂に到着。
f0073587_22555125.jpg

写真は午前中の順光で撮るのがベスト。ツツジ園に急げ急げ。
こうやって見ると金剛山はデカイね~。
f0073587_230218.jpg

では一目百万本のツツジです。
f0073587_236950.jpg
f0073587_2365392.jpg
f0073587_2373846.jpg
f0073587_2385795.jpg
f0073587_23101310.jpg
f0073587_23102466.jpg
f0073587_23125288.jpg

たっぷりツツジを満喫したところで腹ごしらえといきますか。
葛城山は火気厳禁なのでカップラーメンは中止、代わりにコンビニおにぎり2個と
ゆで玉子でサクサクとランチを済ませます。
f0073587_23401951.jpg
山頂付近の小高い場所に陣取り手早くアンテナを設置して無線タイム開始。
見る限りロケーションは抜群ですが、結果はいかに?
【本日の交信記録】
f0073587_2215136.jpgDJ-S57/2W+アローライン
12:25 JA3KAM 神戸市兵庫区  59/59
12:35 JP3KML/3 池田市五月台  59/53
12:38 JH3JFF/3   奈良県御所市大日岳 59/59
12:57 JF5BVT 高知県南国市  53/51
12:59 JM3WND/3 奈良県桜井市  59/59
13:05 JN2TZB/2 愛知県岡崎市  51/51
13:07 JP2MYG/2 愛知県岡崎市   51/51
13:09 JI3HXB 滋賀県草津市  59/57
13:14 JG3XYQ 大阪市大正区  59/59
13:20 JE2XMP/2 愛知県西尾市万燈山 55/52
13:23 JN4VIG/4 岡山市東区    52/52
13:29 JJ3KYE/3 兵庫県加古郡播磨町 59/59
13:36 JP3IEF    滋賀県よりパワーダウン要求有
13:38 JR2UBW 三重県桑名市  59/59  
13:57 JK3HAM/3  兵庫県高砂市  59/59
各局、FBなQSO有難うございました。

今朝まで関西のコンテスト?が開催されていたそうだが全く知らなかった。
それにしてもJF5BVT局より高知県南国市と聞いて舞い上がりましたよ。
続いて今日は2エリア愛知、三重に4エリア岡山とバリエーションに富んだQSOになりました。
3エリアもポンポン山では繋がらない兵庫県の西部地域と交信ができこちらも満足です。
オマケに滋賀県JP3IEF局からは現地での交信ができない程電波が強く
パワーダウンを求められる始末。その為か3エリアの交信に混じって
4エリアの交信が受信できていました。指向性アンテナを使えばDXを存分に楽しめる環境と思います。
それと今回もアローラインを傾斜させたこと、メインから離れた周波数を使用したことも
DX局と交信できた起因ではないかと推測しています。
先日のアイボールで御世話になったJH3JFF局よりコールいただき水越峠まで来たら車で
近くの駅まで送ってあげると親切に声を掛けていただき有難うございました。


前回のように突然バッテリ切れで交信不通になりやしないかと少々トラウマ。
早々と無線タイムを終了し最後にもう一度ツツジを見て下山です。
f0073587_23482776.jpg

下山はいつものように御所市側へ下ります。
f0073587_23503663.jpg

おお、帰りも渋滞です。
f0073587_2351308.jpg

ロープーウェイの乗車待ちが耐え切れない一般の人達も加わり
渋滞が激しくなるが、何とかロープーウェイの駅にたどり着いた。
f0073587_23565011.jpg

奈良交通バスで近鉄御所駅に向い帰宅したのは19:30だった。
今日も最盛期のツツジをみて、無線では新たな世界を体感し満足な一日でした。
[PR]
by mido811 | 2015-05-13 23:41 | Comments(8)
連休最後は本山寺テクテク
f0073587_2163969.jpg


2015年5月6日(水)

長い連休も最終日。
今日くらいは家でのんびり過ごすかと思い
昨日のBlogを書き上げると体がムズムズ。

連休は毎晩マッサン(こよなく愛すニッカハイボール)やったから体を絞ろうと
無線機?持ってバイクで神峯寺の森へ向う。
ここから本山寺までの急坂をテクテク歩くのだ。

無線機で430MHZを受信するが、クリーンな空だというのに
何も受信できない。ならば、144MHZに切り替えると珍しく多くの局を確認。
受信しながらテクテク歩いていると多くの登山者とすれ違った。
今日もポンポン山は賑わったようだ。

ようやくゴールの本山寺に到着。
ザックを背負って歩く時より汗を掻く、マッサンの呑み過ぎか?まさか~
既に人影はなく持参したキットカットをお茶で流し込み折り返す。
境内のモミジは変らず鮮やかだ。
f0073587_21164213.jpg
太陽が雲に遮られ周囲も暮れる感じになってきた。
誰もいない林道をテクテク折り返す。
本山寺駐車場は行きでは1台駐車していたが今はからっぽ。
帰りは430.140MHZでCQを出されていたのでタヌキしながら歩く。
八尾のJN3VBP局が1.2GHZで50エレを駆使する局があると言っていた
そのJJ3WOV局とQSOされていた。話がそのジャンボ八木の話だったので耳ダンボにして聞き入ってしまった。
JJ3WOV局とはポンポン山や摂津峡公園で既にQSOしていただいていた。
続いてJA3AOD局がコール、先日ポンポン山でもQSOしていただいたばかり。
その時だ。前方に耳を立てた奴がいた。鹿だ。
この時間だと出そうかなと思ったが人がいないのを見計らって出てきた様子。
鹿はカメラの赤外線が輝ると同時に慌てて消えた。
f0073587_21325283.jpg
f0073587_2133347.jpg
ちょっとした事件が起こった間もJA3AOD局とのQSOは続いていた。
途中、別の局がブレークをかけたようだが雰囲気的にはAOD局とQSOしたいために
ブレークをかけたようだ。しかし意味のないブレークに溜まりかねたCQ局が一言献上。
指摘したことは当然のことで、QSOしたけりゃ終了するまで待つのはエチケットだ。

それにしてもいろんなことがありますね。
楽しいQSO?で気がまぎれてあっという間に神峯寺の森に帰ってきました。
いい汗掻いたんで明日からまたがんばろうっと。
[PR]
by mido811 | 2015-05-06 21:46 | ひとりごと | Comments(0)
ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山」 山岳移動
f0073587_1337253.jpg


2015年5月5日(火)

連休の雨模様ほど悲しいものはありません。
ようやく晴れの日を迎え向ったのはいつものポンポン山。
行くところがないのかと言われればそうでしょう。

しかし、今日の目的は無線です。
天候もそうですが、休日なので違法トラッカーが出てこないので
綺麗なお空で電波を発射できます。
ということは、違法無線に妨害されることがないのでひょとしたら
遠くの局と交信できるチャンスなのです。(妨害なく受信ができる)

な、わけでいそいそといつもより早く家を出たのであります。
そして、いつもの本山寺駐車場に到着。
到着までには多くの家族連れを追い抜いた。
子供の日にポンポン山ハイキングとはいい選択です。
早めに出たつもりが駐車場はほぼ満車。
f0073587_20472885.jpg

駐車場からはハチが巣を飛び立つように次々と出て行きます。
今日は雲ひとつない青空が広がり普段目にしている木々でさえ
違うように見えるので歩いてて楽しい。
f0073587_13562624.jpg
本山寺に入るとモミジで周囲は緑色に染まる。
気温は冷んやりするが、陽射しが当たると温かく気持ちが良い。
f0073587_1422086.jpg

さあお参りをして出発です。
登山道に入ると既に下山する登山者とも沢山すれ違う。
早朝から山頂を目差し展望を楽しんでおられるそうだ。
f0073587_1444391.jpg
登山道でも緑眩しく楽しい山歩き。
緑を楽しみむためゆっくりと進んだはずだったが、山頂はもう目の前。
f0073587_14103332.jpg
山頂にとうちゃこ~。
予想とおり多くの登山者で賑わっている。特に子供さんが多いようだ。
子供の日なので子供さんを入れてパチリ!
f0073587_1412517.jpg
恐らくランチタイムになれば登山者で溢れるであろうと想像し場所を確保して
手早くアンテナを設置した。今日はケーブルを忘れず持ってきたので
自作の4エレ八木でトライだ。念のため保険でアローラインも持ってきたけど・・・。
f0073587_14161460.jpg
八木アンテナを使うのは、JH3JFF局からのアドバイスもあって八木アンテナの良さを知ることと
仰角による電波の飛びの違いを確認するのが目的。実はアローラインを使い始めて
垂直に立てずに斜めにした方が飛びが良いと感じていたがJFFさんも似たことを仰っていた。
さて、結果はどうだったでしょうか。
【本日の交信】f0073587_0285645.jpg
DJ-S57/2.0W + 自作4エレ八木(2エリア:奈良県方向)
12:18  JF3JFF    天理市竜王山移動  59/59
12:24  JA3CKF/3   近江八幡市希望が丘公園 58/55
12:32 JR3MYP 京都市山科区   59/59
12:38 JM1ZTI/3 滋賀県栗東市こんぜの里 59/59
12:51 JP3MEN 大阪府枚方市   59/59
13:00 JP3JTX/3 大阪府羽曳野市  59/59
13:06 JP3FSX 大阪府堺市西区  59/59
13:12 JR2TQC/2 三重県四日市市  51/31
13:19 JR3NDO/3 大阪府泉佐野市   59/56
13:29 JO2OKP 愛知県岡崎市    58/51
13:31 JE3JKS 大津市石山寺    59/59
13:37 JF3KIN 大阪府東大阪市   59/57
13:42 JN3VUE/3 長岡京市M移動   59/59
13:45 JN3GFS/2 三重県津市青山高原移動 59/52
13:55 JK3NNL 大阪府和泉市     59/59
14:03 JM3HYL 京都府向日市     59/59
14:05 JQ3DIE/3 滋賀県彦根市移動  56/56
14:12 JE3DBM 大阪府堺市美原区  59/59
14:20 JH4JAE/3 京都市左京区     59/59
各局、FBなQSOを有難うございました!

先ずJH4JAE/3局にお詫びです。バッテリー切れで交信途中で切れ申し訳ありませんでした。
やはりバッテリは火急の課題ですね。(反省)JO2OKPさんの信号はローカル並みに強く
他局より群を抜いていました。JM1ZTI/3局は以前高槻にお住まいで先日の高槻jazzstreetでは
同じグループをご覧だったようで身近に感じました。JP3MEN局は小学生で父君より100局QSOできたら
シャックを作ってもらえるようです。いくらでも協力しますよ!
JN3VUE/3局は前回大阪の天満で花見でしたが今回は天王山登山を終えサントリーの見学とか・・・
たっぷり山崎ハイボールを楽しまれたのでは?
続くJN3GFS局は青山高原から「三重県燦燦コンテスト」に参戦されたようですが結果はいかに?

今回も計19局の皆さんとQSOできました。改めて御礼申し上げます!
結果としては、自作ながら4エレでも相手局次第でしょうが仰角をつけることで
メリットがあったように思えました。何度か実験を重ねないといけませんが
これが本当のアマチュア無線の精神?なのかもしれませんね。

QSO終了後、ある男性から声を掛けられた。昔、ポンポン山で移動運用していたとか。
実は私が学生のころ年末にご来光登山がありまして毎年山頂へ登るとテントと
高いマストに6m用の5エレ八木があったのを今でも鮮明に覚えています。
その頃にQRVされていた方のお一人だったようで当時は車のバッテリを担いで
持ってあがったとエピソードをお話いただいた。残念ながら現在は無線とは遠ざかってしまったとか。
自分もカンバックハムであることを伝えるとまたやってみようかなと言われてお別れしました。

交信中にはかなりの登山者で山頂は賑わっておりましたが
交信を終わってみると潮が引くようにいつもの山頂に戻っていました。
霞みもとれ展望もよくなったところでベンチを利用して昼寝です。
冷たい風が気持ちいい!!
京都方面
f0073587_14595016.jpg
木津・京田辺方面
f0073587_150413.jpg
大阪方面
f0073587_1511483.jpg
そして、背後には京都の愛宕山が控えております。今日はくっきり見えました。
f0073587_153271.jpg
雲もなく陽が延々と注ぐので時間を忘れてしまいそうです。
そろそろ下山します。下山中も陽が隅々まで注ぐのでいつもの登山道の風景とは違います。
f0073587_1561665.jpg
別れを惜しむかのようにゆっくりと下山します。頭の中の汚れた空気を入替えるように
新緑の甘い香りを楽しんで空気を浄化していきます。
f0073587_15114712.jpg
下山も思う以上に早く本山寺に到着。
f0073587_15143468.jpg
駐車場までにあるお地蔵さんに今日を感謝しながら舗装された林道をテクテク。
f0073587_15192215.jpg

今日も山と緑に癒されて無線でおもいっきり遊んで楽しい一日でした。
あさってからは激務の日々が始まります。(あ~あ・・・)
[PR]
by mido811 | 2015-05-06 15:22 | アマチュア無線 | Comments(0)
17th高槻JAZZ STREET
f0073587_133789.jpg


2015年5月3日(日)

今や全国区のイベントとなった「高槻JAZZ STREET」が始まった。
最初は街のカフェオーナーが始めたイベントが今やビッグイベントになった。
今年も759のグループが高槻市内のどこかで演奏しているJAZZの祭典だ。

アマチュア無線を始めて思うのは、全国では街のPRを兼ねて記念局や記念カードを発行するのだが
無線人口が多いとされる高槻にあってそれがないのはなぜ?
そこには大人の事情があるのかもしれないが・・・・
かと言って一人で出来るものでもないしねえ。

さて、JR高槻駅周辺では西武高槻、松坂屋、アクトアモーレ等など
開催場所がかなりあり全部巡るのは至難の業だ。
近くで配付されているイベントマップたよりに初回はbigband好きもあって
松坂屋屋上の「甲南大学中学校ブラスアンサンブル部」を見に行くことにした。
f0073587_13182186.jpg
さすが、甲南大学の流れをくむ中学校だけあって中学とはおもえない程の腕前。
アドリブ演奏もなかなかのもの。
続いては高槻センター街を抜けて激戦阪急高槻駅周辺に向う。
ここは高架下、三井住友銀行前、それに駅内コンコースが向かい合う。
先ずは、三井住友前の「阿吽/アウン~AUM~」。平均年齢は高そうだが
それゆえ味のある演奏、特にドラマーに惹かれたなぁ。
f0073587_13263440.jpg

お隣では好対照にR&Bなのか「ナカノアツシとGRAND COLOR STONE」が弾けてる。
f0073587_13274630.jpg

次はメイン会場の市民グランドへ移動。
城北通りには両脇の店がから揚げに高槻名物?”うどん餃子”やお酒を販売し賑わっている。
”餃子天国”は餃子と天津飯が旨くて安かったので大学時代には世話になったなぁ。
途中にはイベントの発起人である「JK CAFE」、やはり外にはみ出るくらいのギャラリーだ。
f0073587_1858322.jpg
f0073587_1331367.jpg

城北通りはかつてアベック通り(今や死語)といわれた。
私の母校、今はなき「島上高等学校」の生徒が男女カップルで歩くことが多かったのが所以だ。
現代劇場脇からは無料JAZZ演奏バス「パラダイス号」が発車。
大阪府内でも市バスが走るのは珍しくオンボロバスでなく最新の車両が多いのも高槻の自慢。
f0073587_13374080.jpg

そして、市民会館があって隣に何でも祈ってくれる(スイマセン毒吐きました)野見神社、能舞台が会場になっている。
隣接してメインの市民グランドがある。ここではフリマありハイネケンはじめ屋台がズラリと並ぶ。
f0073587_1344174.jpg
f0073587_13471872.jpg
ちょうど「Original Herd Jazz Orchestra」が演奏中。
JAZZありサンバあり最後はキューティーハニーありギャラリーを飽きさせない。
今度は隣接する高槻城跡公園会場へ移動。
この会場はフリマが中心。会場は大きな木の下でゆったりと演奏を楽しめる。
この時間は「FG Saxophone Club」の演奏。ややお堅い感じでした・・・・もう少しリラックスして
f0073587_13505943.jpg
f0073587_13511992.jpg
今度はちょっと戻ってわが母校だった槻の木高校音楽棟会場。
「猛獣一座」という変ったネーミングだが、JAZZとタップのコラボ演奏という珍しい組み合わせ。
タップでリズムを刻みボーカルと演奏が乗っかっていく聞き応えあり。ただ名前は変えたほうが・・・
f0073587_1355556.jpg
再び市民グランド会場へ戻りますと関西ジャズ界の重鎮”古谷充”率いる「THE THUNDEBIRDS」が
演奏中。やはりプロだ、安心して聞ける。古谷はんも御歳80歳だそうな。
f0073587_1358349.jpg
市民グランドでは市民会館(現代劇場大ホール)の演奏を観る人達が長蛇の列を作っていた。
今年のゲストは日野皓正さん、椎名豊さんに今陽子さんのようだ。

再び野見神社へ移動。今日はじめて相性がいいグループに出会えました。バンド名は「BBQ
昨年結成したばかりらしいが、トロンボーンとフルートとのコラボ演奏という珍しい組み合わだ。
しかし、このコラボは双方の音を潰さない何とも心地いい演奏を聴かせてくれる。
特にフルートは雰囲気としてデイヴグルーシンの”Catavento”を思い出しましたね。
ほら、ラジオ大阪の鶴瓶・新野のぬかるみの世界のテーマ曲ですやん。
関西で演奏する時は、この曲を演奏してくれるとウケまっせ!

f0073587_14163590.jpg
f0073587_14164992.jpg

「BBQ」の演奏は珍しく最後まで聴いた。周囲のギャラリーからもアンコールがかかった。
これも珍しいこと、それだけにノリといいスキルといい飽きさせない演奏だった。
近いうち世に出るだろうと確信した。頑張って!

演奏が終了しJR高槻へ戻る。
高山右近の街でもあり途中には高槻教会がある。あいにく日曜日は礼拝があり
翌日は会場になる。今日は、無料で教会内を拝観できるとあって覗いてみた。
ついでに次回のQSLカード(交信証)の図案として撮影した。
f0073587_14253136.jpg
f0073587_1425414.jpg

いや~今日はよく歩いたなぁ。
高槻JAZZSTREETもそろそろ”JANETTE”はんの出演があってもよかんべよ~
何で出演しいひんかな?
とぼやいてもしゃーないので帰宅したらマッサンで一杯いくか!
そう言えば、今日JP3HTR局も生駒から来るって言うてはったけど無線機持ってきたらよかった。

イベントは5月4日までやってま~す。
[PR]
by mido811 | 2015-05-04 14:34 | 高槻 | Comments(0)