<   2015年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
樹氷を見たさに綿向山-2
f0073587_23422710.jpg

2015年1月24日(土)

レポ編後半です。

山頂に到着してもガスっていて視界が望めそうにありません。
多くの登山者には少々諦めムードが漂っています。
f0073587_22303348.jpg
それを尻目にこちらは昼メシの支度です。
本日のメニューはセブンのレトルトおでんに余っていた正月の餅を投入。
それにコンビニの焼きおにぎりです。寒いときは温かいものに限るね~。
f0073587_2233432.jpg
腹ごしらえも出来たところで無線で遊びま~す。
さて、綿向山から電波はどこへ飛んでいきますかこちらも楽しみです。
f0073587_22364334.jpg

【本日の交信/430MHZ FM】f0073587_21591283.jpg
12:46 JL2TPD  59/59  三重県津市
12:47 JH2LWI 59/51 三重県津市
12:54 JL3TII/3 59/59  滋賀県水口町
12:58 JR2BAO  59/59  愛知県豊田市
13:01 JR2RSH  59/59  三重県鈴鹿市
13:03 JN3BME/3 59/59 滋賀県守山市
13:07 JP3IKA/2 59/59  名古屋市中川区
各局コールいただき有難うございました。






土曜日とあって430MHZFMはジャンボモービルだらけ。
山頂ということもあって混信がひどくて各局にはご迷惑をお掛けしました。
やっぱり山岳移動は日曜日しかムリかな~。
f0073587_2249441.jpg
無線に熱中してましたら周囲に誰もいなくなっているではないですか!
と、その時ガスがぱ~っと晴れてきて青空まで覗いて来ました。
やはり日頃からの行いが良いのでしょうかね。
f0073587_22521265.jpg
正面にそびえる雨乞岳や鎌ケ岳が見え始めました。
偶然とはいえ残っててよかった~の瞬間です。
f0073587_22552085.jpg
天候が回復したので、山頂を切り上げて縦走路へ行ってみることにしました。
思った以上に積雪があって本来は急勾配なんですけど積雪のお陰で楽チン。
その代わり大きな雪庇が縦走路にできていました。
f0073587_22593619.jpg
もちろん珍変木(幸福のブナ)にも立ち寄ってきました。くぐれれば幸福になれるのですが
くぐるのが面倒くさいのでパス。
f0073587_2315884.jpg
縦走路から日野の街から野洲の三上山や比良山まで見渡せました。
写真も山ほど撮ったので冬道の分岐へ引き返し下山します。
f0073587_237095.jpg
f0073587_23154188.jpg
f0073587_23123494.jpg
分岐に戻り下山し始めるとまだまだ多くの登山者が登ってこられます。このタイミングで登って来る人は
本当にラッキーです。青空に映える樹氷に暫し魅了されどうしても立ち尽くしてしまいます。
f0073587_23175710.jpg
樹氷に包まれながら下山し無事まつりは閉幕です。
7合目を過ぎて5合目まで下りて来ました。五合目小屋に入って持参したアンパンを頬張ります。
寒いときは温かいものか甘いものがいいですね。お別れに小屋の鐘を一突きして再び下山します。
f0073587_23222092.jpg
三合目のあざみ小舎も通過しあっという間に下りて来ました。登山道も日に照らされて歩くのも気持ちよくなります。
f0073587_232701.jpg
二合目あたりでアイゼンを外しました。朝ぬかるんでいた登山道も乾いてきて泥だらけにならず済みました。
駐車場では登山者が帰り支度をしていますが、こちらはバス停まで延々歩かねばなりません。
f0073587_23311856.jpg
西明寺口から北畑口バス停までは綿向山を見ながらテクテク歩きます。
f0073587_23375680.jpg
終着の北畑口バス停に近づくと綿向山ともお別れです。バイバイしながら本日の山行は終了です。
おしまい。
[PR]
by mido811 | 2015-01-29 22:27 | 鈴鹿・綿向山 | Comments(0)
樹氷を見たさに綿向山-1
f0073587_22262469.jpg



2015年1月24日(土)

レポ編です。

久し振りの綿向山山行。
今回は鉄道&バスで登山口を目指します。

f0073587_20164151.jpgf0073587_20171449.jpg
早朝4:30起床、5:45には家を出てJR高槻駅に向かいます。
JR高槻駅6:13発の快速に乗車し近江八幡駅に7:10到着。
近江八幡駅南口から近江バス7:29発北畑口行きに乗り換え終点まで乗車。
乗降客はなんと2名。もう一人も登山者でした。
本来は、バス停から登山口まで徒歩の予定でしたが9:03発町営バスが
連絡しており最寄の西明寺口バス停まで行くことが出来ました。
f0073587_2028142.jpg
登山口横のトイレで用を済ませ御幸橋へ下っていきます。
すると駐車場は満車のため橋手前にも駐車する車が続きます。
数年前はこれ程ではなかったし隠れた名峰だったんだけど知られてしまった感があります。
f0073587_2030433.jpg
川沿いに進み木製の階段を上がって暫くするとヒズミ谷小屋に到着。
小屋に入ってアウターを脱ぎ体温調整です。今回は電車で帰るので汗臭いわけには行きません。
極力汗をかかず衣服を濡らさないよう小まめに調整が必要です。
f0073587_20351120.jpg
小屋を出て橋を渡ると登山開始。つづら折の登山道をひたすら登っていきます。
1合目では所々残雪がありますが大半はぬかるんで2合目あたりから積雪となりました。
ただアイゼンなしで暫くは我慢、我慢でしたが3合目までの途中から滑り始めたのでアイゼンを装着しました。
3合目までたどり着くとそこそこの積雪でアイゼンが気持ち良いほど効いてくれます。
f0073587_20435620.jpg
3合目から程なくすると”あざみ小舎”の屋根が見えてきました。
ここで一度小休憩です。ザックから毎度の行動食”大福”とサーモスに入ったお茶で一息つきます。
そこに居合わせた男性にお声がけすると綿向山では超有名なラリーベルさんの話題になり
その男性が掲示板に投稿されている”S田”さんと判明。

綿向山の山バッジを作られたことを初めて聞き手に入れたいと申し入れるとラリーベルさんが持っているとのこと。
暫くすると登って来られるのではないかということでお別れとなりました。
f0073587_2053346.jpg
再びつづれ折の登山道を汗をかかない程度の速さで進みます。
雪はそれまで水分を含むべったりした雪でしたが、高度を上げる度に水分は抜け
5合目小屋に到着する頃にはサラサラ雪に変わり歩くのも楽しくなります。
f0073587_215373.jpg
小屋から日野町だけでなく琵琶湖畔や対岸の比良山系が見渡せますが
残念ながら当地は曇りですが下界は日があたり晴天でした。
さあ、先に進みましょう。
f0073587_217892.jpg
5合目小屋を過ぎると積雪も十分になり雪質もパウダー状で申し分なし。
枝が垂れ下がるくらいに雪を被った中を進んでいくといよいよ7合目、行者コバです。
ここから樹氷まつりの開演です。
f0073587_21434448.jpg
通常の登山ルートでなく冬季ルートに取り付く。
ブナ林を抜ける急坂を直登するが樹氷のメインストリートです。
f0073587_2150263.jpg
寒暖の影響か地表が凍っていてアイゼンが気持ちよいほど刺さってくれる。
しっかり地面を捉え高度を稼いでいく。
f0073587_21544678.jpg
もう周囲は銀世界。
じゅっというアドレナリンの出る音がしてきそうです。
これは、さっきコバで休んでいた人達。下山は尻セードですか。
f0073587_2159545.jpg
おやおや下山して来られましたよ。頂上も天候が良くないのかな?
f0073587_2213860.jpg
時折、ホワイトアウトのように周囲が霞んで視界を遮るので頂上まで辿り付けるか心配になります。木々は雪がたっぷりついて垂れ下がる枝を避けるように歩かないと進みません。
f0073587_2262732.jpg
登攀していると先行して先ほどの”S田”さんがいらっしゃいました。おいでおいでの仕草に
ついて行くと下山中のラリーベルさんに引き合わせてくれました。
ラリーベルさんとは3年ぶりの再会です。
早速、山バッジのお話をしたところ即譲っていただきました。数量限定なので超レアです。
後程、掲示板に投稿しますと伝えるとどこで出会ったか忘れるので
通称”四ツ子ブナのピーク”で出会っと書いといてといわれました。ラリーベルさんお元気で!
f0073587_22165010.jpg
この標識が見えると頂上はあと僅か。逆方向に行くと竜王山への縦走路になります。
今回は久し振りの本格登山ですがあっという間に着いた感じです。体調がいいのかな?
f0073587_2222068.jpg
樹氷が綺麗です。もう言葉になりません。
稜線をあと少し歩くと頂上です。悔やまれるのは周囲がまったく見えないこと。
f0073587_22245726.jpg
そして、山頂に到着。
多くの登山者で賑わってますが、視界が悪いのでどこか沈滞ムードかな。
さあメシの支度にかかりますか。

次回に続く・・・・。
[PR]
by mido811 | 2015-01-27 22:32 | 鈴鹿・綿向山 | Comments(2)
樹氷を見たさに綿向山
f0073587_12172487.jpg


2015年1月24日(土)

樹氷を見たさに・・・さて、どこの山へ行こうか?
候補を武奈ケ岳、伊吹山、綿向山の三山に絞った結果
暫く山へ登っていないということもあり安全で人が多い綿向山に決定。

先ずは「綿向山を愛する会」の掲示板で状況をチェック。
最近、雑誌に取り上げられたことで登山客が押し寄せている様子。
ならばということで車を止め初めて鉄道&バスで行くことにしました。

f0073587_22204674.jpg
山に入ると二合目あたりから積雪になりアイゼンを装着。
雪もしっかりしてアイゼンの利きが気持ち良い。
三合目の小屋で偶然にも掲示板のハンドルネーム”Sダ”さんとお会いし
綿向山の山バッジのことやラリーベルさんに繋いでいただき山バッジを購入させていただきました。
山バッジをコレクションしている者からするとこれは超レア級です。

これだけでもルンルンなのにやはり綿向山は裏切りませんでした。
今年は雪も多く予想とおり見事な樹氷を堪能させてくれました。
登ってきて幸せアドレナリンが爆・爆・爆。
オマケに頂上で7局と430MHZFMで無線交信もできたし。
ただ久々の本格登山で体力が心配でしたが、そこは心配ご無用!
見事に快勝でした。(フュ~/口笛)

詳細レポは後程・・・・
[PR]
by mido811 | 2015-01-25 12:44 | 鈴鹿・綿向山 | Comments(0)
本山寺ウォーキング
f0073587_2222258.jpg



2015年1月18日(日)

今日は神峰寺に車で移動し本山寺まで片道2.5kmのウォーキングです。
といっても急勾配坂の2.5kmですのでそれなりの効果はあります。

遡って8日の社内での新年会で飲み過ぎたせいでしょうか胃がムカムカしながら
翌日なんとか出勤したんですが相当堪えました。
土曜日になっても症状は変わらず一日家に籠もっていましたが
流石にじっとしておられず奥方を誘ってウォーキングと相成ったわけです。
もちろんハンディ機を持ってですが、今日は沢山の方々がお山から電波がでてましたね。
大日岳、交野山、国見山、大和葛城山、高野山、六甲山等々・・・
その1局JM3GVHさんには新年の挨拶代わりにコールさせていただきました。

f0073587_22364129.jpg

本日は雪見目当なのか本山寺駐車場は満車でしたね。
団体さんも来られてましたけど雪は融けてありません。
この時期はポンポン山の山頂から雪を被った鈴鹿や大峰の山々が見えるチャンスですので
これを目当てに登るのも楽しみの一つかもです。
[PR]
by mido811 | 2015-01-18 22:58 | ポンポン山 | Comments(0)
ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山」山岳移動
f0073587_22231213.jpg


2015年1月11日(日)

本当は、初登山として武奈ケ岳か伊吹山を計画をしていたんですが
昨日あたりから鼻声になり始め早めのパブロン飲んで就寝したところ
これが効いたのか寝坊して行きそびれました。
f0073587_22233168.jpg

ならばということで昼前に家を出て山頂へ向かいました。
京都府に入ったところから残雪が見え始めるまで登山道はぬかるんでいました。
天候はあまり良くなく山頂からの景色は大阪・京都共に霞んで視界は良くありません。
f0073587_22235265.jpg

カップラーメンを食ったところで430MHZのハンディ機をセットしてCQを連呼。
嬉しいことに今日は愛知県岡崎市、安城市から応答がありました。
ようやく2エリアをキャッチしました。次は9エリア(北陸)です。
こちらの出力も最初は0.3W~2.5W、5/8λホイップをつないでのQRVです。
読みとおりポンポン山のロケーションは半端無いです。

【本日の交信結果】
13:34 JO3JBE  59/55 堺市中区
13:37 JQ2CLN  51/45 愛知県岡崎市
13:42 JQ2BJK/3 59/59 阿倍野区ハルカス60F
13:48 JI3HJL   59/59 生駒郡斑鳩町
13:54 JI3AZH  59/59  滋賀県野洲市
14:02 JF3PGW 59/59  京都府長岡京市
14:08 JQ3WMU/3 59/59 滋賀県近江八幡市繖山(キヌガサ)移動
14:18 JJ2CDP  55/51  愛知県安城市
14:24 JJ3AOZ  59/55  滋賀県多賀町 
14:30 JR3ACE  59/58  交野市

f0073587_2230303.jpg

14:30には応答も途切れQRTとなりました。
帰りがけ15:00前というのに数十人に及ぶ団体さんが登ってこられました。
言葉からすると東海方面かと思いますが、とすればポンポン山もメジャーになったもんです。
下山途中から小雨になりましたが難なく帰宅致しました。
[PR]
by mido811 | 2015-01-11 22:25 | ポンポン山 | Comments(12)
今年も神頼み
f0073587_11233179.jpg


2015年1月9日(金)

今年も商売繁盛を願い堀川戎へお参りです。
すがれるものは何でもすがるが、私のモットーですので
今年も神頼みの他力本願です。
f0073587_1139752.jpg

宵戎の今日は金曜日とあってか、或いはアベノミクス効果なのか
例年より人出が多いように感じます。
昨年は戎様に扮したオッチャンに出くわしましたが姿を探せど見当たりません。
もしや遭うたのは、ホンマ者の戎様やったんちゃうかと想像は膨らみます。

戎神社といえば、関西では今宮戎がダントツですけど
なぜ堀川戎かというと職場が淀屋橋にあって近かったのと
今宮に比べればポスターでも判るように貧乏臭いねんけどその臭さがたまらない。

そこに関西芸人協会から名前も知らん芸人さんが来て盛り上げている光景が
マニアとしてはたまりませんな。今回もホンマの有名でなくちょっと知ってるレベルで言うと
高井ギャラ(横山プリンの弟子)、松原たにし(KBS京都サタデーミーティングに出演)
がいてましたので個人的にはマニア度も上がりひとり興奮してました。
f0073587_11391778.jpg

しかし、人で賑わうのは活気があって自分も盛り上がりますね。
だから帰りがけに冷えたら美味しくないのわかってて
思わずベビーカステラ買うんだな~。
[PR]
by mido811 | 2015-01-10 11:43 | ひとりごと | Comments(2)
正月三が日は・・・
2015年1月6日(火)

元旦のポンポン山登山に続き今年の三が日は・・・・



f0073587_2237536.jpg
二日は、伏見稲荷神社へ初詣。
恒例のおみくじの結果は、残念~ 中吉でした。
去年は大吉だったから未だ運は残っているようです。(笑)



f0073587_22415285.jpg
三日目は、寒いのに運動不足解消というよりも呑むための準備かな?
いつもの神峰寺と本山寺を無線機もって往復です。
元旦に降った雪を求めて登山者がたくさん登ってました。
正月からみんな元気やわ。



f0073587_22485968.jpg
三が日をまとめると獅子舞帽子を被って池田の銘酒「呉春」を呑んで
羊年だけにうメェ~てか。ベタですいません。
お後がよろしいようで!
[PR]
by mido811 | 2015-01-06 23:01 | ひとりごと | Comments(2)
ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山」 元旦ご来光
f0073587_2350397.jpg


2015年1月1日(木)

新年明けましておめでとうございます。
改めまして本年もよろしく御願いいたします。

例年通り、ご来光を見るためポンポン山へ登ってきました。
天気予報は余りかんばしくなかったせいかギャラリーは昨年より少なめでしたが
それでも予報を覆し久々に見事なご来光を拝むことが出来ました。
今年は春から縁起がええわい ”晴れ男”爆発!!だっせ。

本山寺駐車場を5時過ぎに出発。
いつもより暖かく感じながら6時30分に山頂へ到着。
いつもながら山頂から見る大阪、京都の夜景は格別ですね。
f0073587_2351619.jpg

既に空は赤く染まりご来光の出番を予感させるものでした。
しかし初日の出までの30分はひたすら寒さとの戦いで忍耐のとき。
f0073587_23521140.jpg

今回は、おふざけで獅子舞の帽子を被ってご来光登山をアピールしてみた。
すると、後ろの奥様から「獅子舞さんもお汁粉食べる?」と訊かれ
温かいお汁粉をご馳走になり身も心もポッカポカ。(被っといてよかった~)

では、ご来光を時系列でどうそ
f0073587_012181.jpgf0073587_013817.jpgf0073587_015047.jpg
f0073587_021148.jpgf0073587_022627.jpgf0073587_025042.jpg
f0073587_031722.jpgf0073587_032966.jpgf0073587_035851.jpg

そして、予定時刻の7時5分にご来光が昇り始めました。
昨年は見ることができなかったので喜びもひとしおです。
この瞬間に合掌し願い事を唱えておかないと・・家内安全、交通安全、無病息災・・・え~とえ~と
周囲からも願い事が漏れ聞こえて来たゾ。
f0073587_063542.jpg

予定では持参したレトルトおでんと温めたワンカップでお屠蘇気分に浸るはずだったけど
日が昇ると風が強く吹き始め体感温度もみるみるまに零下。
それもそのはず夜が明けると周囲は真っ白です。
もうワンカップを温める気力も失せました。

せめてと思い持参した無線機を取り出しCQを出してみました。
おっと一発応答だ。しかし、コールサインや時間を手帳に書こうとするけど
指がかじかんで動かない。暫く間が空いたので急いで返答をしたものの今度は
口がうまく回らない。何とか交信は成立したけどその後は寒さで交信数は数局で終了です。

・JA3WDL   高槻市 59/59
・JR3MYM  京都市下京区 59/59
・JR3PLZ/3 宝塚市中山観音移動 52/59
・JA3RIP/3 箕面市最勝岳移動 59/59

f0073587_072923.jpg

無線で遊んでいる傍らで人が集まっていました。
訊いてみると誰かが焚き火をして完全に火が消さずに帰ったらしいのです。
なんということだろう。身勝手にも程があるよな。
乾燥しているところに強風だと少し火が残っていれば
一機に煽られて火が大きくなるのは想像がつくことだけど・・・情けない話です。
そこで、持参した貴重な水をみんなが持ち寄って消化していたというわけ。
f0073587_0303440.jpg

気付けば山頂はそれまでの喧騒が消え人もまばらになっていました。
北側に見える愛宕山やその向こうに見える比良山系を見渡すと雪に覆われて真っ白です。
それよりも寒さで手足が冷たい通り超して痛いに変っていました。
これ以上留まると軽い凍傷になりそうなので下山です。
f0073587_031957.jpg

今年はご来光も拝め幸先の良いスタートが切れましたので
笑顔で日々を送れることを願うばかりです。
[PR]
by mido811 | 2015-01-05 00:44 | ポンポン山 | Comments(0)
2015年 明けましておめでとうございます。
f0073587_1355968.jpg

[PR]
by mido811 | 2015-01-01 00:00 | ひとりごと | Comments(0)