<   2014年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
一万人の第九 大阪Bクラスレッスン12回目
f0073587_0473818.jpg



2014年11月26日(水)

いよいよレッスンも最終回となりました。
こんな日に限って遅刻です。
最後くらい前乗りでいきたかったんですがね。

それよりも会場に入るなり雰囲気が違います。
よく見ると清原先生の姿はなく「佐渡練」ではお馴染みの
”My Way”の先生こと藤沢先生がレッスンしてるではないですか。
遅刻してきたので状況が掴めないまま会場入りとなりました。

f0073587_2102193.jpg
隣のサットンさんから清原先生にのっぴきならない事情ができ
急遽15時に藤沢先生にピンチヒッターのオファーが入ったと聞かされた。
藤沢先生も前日にCクラスのレッスンを終えたばかりなのに連投は堪えている様子。


レッスンは課題曲の「Believe」「レリゴー」をさくさくっと仕上げて第九入ります。
今日はいつものSOLO部分を歌う余裕などなく雄叫びのフロイデから始まりました。
いきなりフロイデの雄叫びが弱いようで初っ端から激が容赦なく飛びます。
はじめてレッスンを受けるがなかなかに熱い方です。

f0073587_141234.jpgf0073587_14328.jpg
続いて「D」では母音をしっかり発音するようにと指導が入ります。
次に「E」ではヤーのヤーが元気がないのと入るのが遅いとの指摘。
「G」は歌うのではなく語るように歌えばうまくいくと助言が入る。

f0073587_1124563.jpgf0073587_11313.jpg
595章節のザイトは王様が語るよう重厚に歌うようにと。
そして、聞かせてもらおか~と一喝されたのがイールシュツルツニーデルの冒頭です。
音がとりづらくすんなり出るかどうかが肝、シュツルツの部分はゆっくりと歌う。
そして再びきかせてもらうで~と言われたのがフーガです。
藤沢クラスでもアルト・ソプラノの頭だしが上手くいかなかったようです。
f0073587_2038301.jpg

その他いっぱいいっぱいご指摘を受けましたが記憶が飛んでいます。
唯一、覚えているのはベートーヴェンは女好きだったということですか。
時代は変われど男と女の関係は普遍ということでしょうかね。
休憩をはさみ、第九合唱で起立する練習になり
第九の歌詞についての解説をしていただきました。
f0073587_20384224.jpg

歌っている最中には強調して歌う部分やブレスをする部分を
身振り手振りで体を使って教えていただき本当にわかりやすかったですね。
教室に暖房が入っていることもあり汗をかきながらの猛特訓で締めとなりました。
藤沢先生もCクラスの打上げで前日遅くまで騒いでいたそうで
前日に続き急遽レッスンを引受けていただき感謝感謝です。


f0073587_132475.jpg
その間、矢吹先生も藤沢先生もピアノを弾かれるとあってか
いつもより緊張され熱の入った演奏に聞こえました。
大先輩が来られると当然ですよね。


f0073587_24112.jpg
無事、レッスンは終了となりました。
ここで花束贈呈ですが清原先生がお休みなので代理で藤沢先生が受け取るはずでしたが
ピンチヒッターということもあってレッスン終了と同時にお帰りになったとか。
やはり立場をわきまえた大人の方でした。
結局、花束は矢吹先生に全て渡されることとなりました。


f0073587_244923.jpg
長いようであっという間に過ぎた4ヶ月間。
顔なじみになれたと思いきやお別れです。
次回は佐渡練、そして待ちに待った本番で再会しましょう。
皆さんが帰られた後、矢吹先生を交え記念撮影となりました。


f0073587_251686.jpg
そして、この会場とも暫くお別れです。
来年もここに来られることを願い名残は尽きませんが「まめだ」へ急ぐのでした。



本日の大阪倶楽部
f0073587_281829.jpg



-----------------------------------------------------------------------------------------------
ここからは、「まめだ」打上げ編です。
いつものメンバーに懐かしい顔を加え、「わくわく企画合唱部」のメンバーさんに
清原クラスの打上げ幹部さん、会長が通うダンスの先生そして矢吹先生も加わっていただき
大いに騒ぎ、大いに飲んで楽しい時間を過ごしました。
ノリさんにあっては飲み会に全12回参加の皆勤賞でした。(来年は一緒にステージに立ちましょう)
そして、個人的には「なめろう」と「呉春」「〆張り」を飲んで満足満足。(ぶふぁ~)
f0073587_2161812.jpg

先ずは幹事を代表してMさんの乾杯の音頭で始まりました。
f0073587_2194556.jpg
f0073587_220138.jpg
f0073587_2214672.jpg
f0073587_2233028.jpg
f0073587_2242174.jpg
f0073587_2255081.jpg
f0073587_2251627.jpg


ほんと、皆さんお疲れ様でした。
レッスン後のビールは何回呑んでもうまいね~
次は本番ですよ。
[PR]
by mido811 | 2014-11-28 02:36 | 一万人の第九 | Comments(6)
ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山」 善峯寺へ縦走
f0073587_2242294.jpg



2014年11月23日(日)

本日はポンポン山から紅葉で有名な善峯寺へ縦走する。
いつもならピストンするところだが縦走してJR向日町から戻るコース。

f0073587_19465286.jpgf0073587_1947515.jpg
その為、いつものバイクで移動するのでなく市バスを利用する。
市バスに乗車し3つ目の原立石バス停で下車し歩き始める。
距離はいつもより長いけどご褒美が待っている。
ビール、ビール、ビールが飲める~!


f0073587_19561737.jpg
原立石バス停では数名の登山者が下車。
牛地蔵に到着すると珍しさからか他の登山者が記念撮影している。
私は見慣れた風景であり歩き慣れているので一機に加速。
神峰寺では紅葉がピークを迎えていた。


f0073587_204859.jpg
神峰寺を過ぎると紅葉の回廊が続きプチ感動で思わずカメラを取り出す。
回廊が終わると坂道がスタート。
ここも歩き慣れた場所、先行の登山者を次々に抜いていた。
中間地点の本山寺駐車場は概ね満車の状態。
木々も先週と比べ色付きを増して秋を感じさせてくれた。


f0073587_20112074.jpg
坂道もここから急坂に変わる。
駐車場のお地蔵さんにお参りしいざ参らん。
ウォークマンを取り出し第九を一楽章から聞きながら歩く。
足取りも軽く急坂も喘ぐこともなく山門を通過すると黄色の回廊が待っていた。
f0073587_20385149.jpg
本山寺も紅葉のピークを迎えていた。
境内でお参りを済ませエネルギー補給とばかりに「よもぎ大福」を頬張る。
そこへ家族連れがやって来て何か訊きたそうだったので「ポンポン山に行かれるんですか?」と
こちらから声を掛けた。すると山頂までの時間が知りたいということだった。
初めて登るので道迷いや子供も付いていけるか不安だったのだろう。
すぐさま迷うことなく山頂に着けることに加えお楽しみとして山頂からの展望のことを伝えた。


f0073587_21483326.jpg
暫く雨がなかったので登山道は落葉で滑り易い。
慎重に歩を進め再び第九を2楽章から聴き始めた。
すれ違う登山者も多く山頂の賑わいが伝わってきそうであった。
グッドタイミングで第四楽章が終了し山頂に到着。
山頂では僅かなスペースを確保して湯を沸かしてカップラーメンをすする。
食事後には無線機を取り出してCQを出し呼びかけた。
今日は、善峯寺へ行くので短時間でのQSOとなったが結果は次の通り

【本日の交信(QSO)記録】
JP3EJE   枚方市 59/59
JK3CUZ  茨木市 59/59
JK3BTY/3 河内長野市岩脇山移動 59/59
JQ3AOM  京都市伏見区 57/57
JH3JFF/3  奈良県御所市大日岳移動 59/59
JJ3MSJ   京都府宇治市 59/59
JN3VBP  八尾市 51/59
JO3BAO  高槻市 59/59
JN3EDO/3 枚方市
各局QSO有難うございました。



f0073587_2155094.jpgf0073587_2154785.jpg
交信を終了すると周囲に人気はなくガラガラになっていた。
気持ちは焦りつつ身支度をし隣の釈迦岳に向った。
ポンポン山からは下り道になり善峯寺へは比較的移動し易いが
逆のコースを辿ると釈迦岳までは急坂の連続になるので好きではない。
しかし、今回行ってみてピストンでポンポン山へ戻る人が多いのに気付いた。
その理由は後で何となくだが理解できた。


f0073587_2252759.jpg
釈迦岳からは水無瀬への分岐と柳谷観音との分岐を経ると
いよいよ善峯寺が近くなる。途中に展望場があり冒頭の写真通り善峯寺が一望できオススメスポットだ。
紅葉で彩られた風景を楽しんだ後にもう一つお楽しみがあった。
緩やかな登山道を暫く進むと赤と黄色の壁が現れ思わず息をのむ。
正体は鮮やかに色付いた紅葉の並木。
先行の登山者は思わず感動の嘆息でカメラを向けていた。
善峯寺から見ると色付いた山の斜面の一部だが登山道から見るとこのような光景が拡がっていた。



f0073587_22131738.jpg
残念ながら天候は曇りに変わったところで善峯寺に到着。
入観料500円を支払い中に入ると至る所で紅葉が艶やかに色付いていた。
しかし、人、人、人の賑わいで人をいれずに写真を撮ることはできない。
次のJR向日町行きバスの発車までの間、紅葉を楽しむことにした。

f0073587_22205539.jpg
f0073587_22212967.jpg
f0073587_2222129.jpg
f0073587_22254391.jpg



1時間ほどかけて紅葉を堪能。
帰りは阪急バスでJR向日市行きに乗車するが繁忙期でも
1時間に1本しかないため観光客と登山者で満員。
またバスは細い道をくねくね進んで所要時間30分を要したため
ピストンでポンポン山へ戻る登山者が多かったのが頷けた。
時間の余裕があれば高槻市バスでJR高槻へ戻ったほうが楽かもしれない。

f0073587_22394910.jpg
グッタリしてJR向日町からJR高槻駅へ移動したが
この後は駅前の居酒屋でお楽しみの「生ビール&ニラレバ炒め」をオーダー。
グイッと飲んで元気を取り戻したですばい。やはり登山の後のビールは格別ばい。(癖になりそう)
終わり良ければ全て善し。楽しい連休の一日だったばい。(何で九州弁やねん)












[PR]
by mido811 | 2014-11-24 22:46 | ポンポン山 | Comments(4)
JA3ODBさんとアイボール
f0073587_1719741.jpg



2014年11月22日(土)

ハイバンドのコンディションが良いようです。
朝から18MHZで札幌のJK8DYWとQSOができたので
珍しくこちらからCQを出してCALLを待つが応答なし。

7MHZへQSYするとJA3ODB局がフルスケールで受信できた。
聞くと湯けむりアワード2509「花の里温泉」にて移動運用中とのこと。
家の近くだったのでCALLし現地に伺うことにした。
f0073587_17531313.jpg

「花の里温泉」とは摂津峡公園側にある「山水館」の呼び名で
運用先は、温泉から芥川沿いに南へ下ったところだった。
無線屋の勘というのかワイヤーアンテナが目印となった。
f0073587_17532985.jpg

現地では、ODB局が運用中でパイルアップの真最中であった。
アンテナは1/4λのダブルバズーカアンテナにアンテナチューナーで整合をとられ
IC7200で運用されていた。今回、発電機をオークションで入手されたので
お試しを兼ねた移動運用ということだった。

QSOを途中で一旦中断いただきアイボールQSOとなった。
私自身、再開局から移動運用、特にHF帯の運用を見るのは初めてで
バッテリーのことアンテナのこと、はたまたODBさんのリグを
息子さんがプレゼントしたいきさつ、白鵬に出会ったこと、バス歌手の岸本力さんが同級生
という話まで話が尽きず恐らく2時間ちかく話し込んでいたのではないだろうか。

せっかくの移動運用だったのに急な侵入者のために
サービスをストップさせてしまって申し訳なく思っています。
ただ、移動運用のノウハウや楽しさを感じることができJA3ODB局には感謝です。
これからもアドバイスを御願いいたします。 CU AGN 73!!
[PR]
by mido811 | 2014-11-22 17:54 | アマチュア無線 | Comments(0)
前倒し?ちぃママの誕生日
f0073587_22353671.jpg



2014年11月19日(水)

仕事中に第九仲間のOさんより連絡を受けた。
同じく第九仲間でアルトの通称”ちぃママ”の誕生日らしく
「まめだ」で祝杯をあげるので来ないかというもの。
f0073587_22472217.jpg

店に到着するとご本人とTさん、Mさん、Oさんが祝杯の最中。
そこへ乱入し悔しさを晴らすかのように前回品切れの
「なめろう」と銘酒「呉春」をすぐさまオーダー。
ドヤ顔です。

ところで、目出度く今日が誕生日かと思いきや3日後が誕生日だとか・・・
まぁいいや。とにかく△1歳おめでとう!
[PR]
by mido811 | 2014-11-20 22:53 | 一万人の第九 | Comments(2)
ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山」 紅葉はまだかいな
f0073587_9463977.jpg


2014年11月16日(日)

昨日は、カメラ修理のことで後味の悪~い思いをしたので
気分解消にEOS30Dを持ってポンポン山から紅葉の善峯寺へ歩くはずだった。
が、家を出るのが遅くなり今日はポンポン山までとなった。

通過点の神峰寺は思ったほどの紅葉ではなかったが
本山寺駐車場あたりからは紅葉がちょうどいい具合に色づき始めていた。

f0073587_10242322.jpgf0073587_10244993.jpg

本山寺では紅葉が進んで一部は最盛期を向かえていた。
来週あたりがピークかもしれない。
f0073587_10144979.jpg
f0073587_1015730.jpg
f0073587_10155891.jpg

紅葉を堪能したところでポンポン山へ向う。
登山道でもところどころ見事な紅葉を堪能でき楽しい山歩き。
特に日があたってキラキラ輝く紅葉を見るとこころ踊るものがある。
f0073587_10355496.jpg

ウォークマンを取り出しBGM代わりに「ベートヴェン交響曲第7番」を聞きながら
山歩きを楽しむ。ささやかだが、自分にとっては贅沢な時間。
気が付けば山頂に到着。
しかし、ちょっと待って・・・いつもと雰囲気が違う。
なんだ?人だらけではないか!
でも直ぐにピンときた。
恐らく山頂で昼食を済ませ紅葉の善峯寺へ向う人達なので
暫くすると潮が引くように人がいなくなるはずだと。

感は的中。暫くすると人が減り静かになったので無線機を取り出す。
今日は、ハンディ機(430MHZ/2.5W)に5/8λホイップアンテナというスタイル。
電波の飛びを考慮しなければ、これが一番お手軽運用でいい。
さて、本日の交信(QSO)結果は、

JR3OWV/3 泉南郡岬町高森山移動 59/55
JP3FUK/3  南河内郡河南町移動  55/54
JN3VUE/3  比叡山移動(下山途中)   59/59
JE3XJS    堺市北区 59/55
JP3GSN    京都市左京区高野 59/59
JE3UEO/3  京都市上京区 59/59
JH4BPK/3  堺市東区  59/55
JP3KCX    奈良県明日香村 59/59
JE3UHC   大阪府八尾市 59/59
JO3PCT   滋賀県東近江市 59/59
7N4OAM/3 南河内郡河南町岩橋山 59/59
JH3PUS   東大阪市 59/59
他にコールいただいた局があったがバッテリ切れのため終了(QRT)した。

気が付けば周囲には誰もいなくなっていた。
のんびりとお茶とヨモギ大福を食ってくつろぐ。
正面に見える愛宕山も色づき始めていた。
f0073587_1111885.jpg

落ち着いたところで下山開始。
途中、大阪湾を展望できる場所でこの季節ならではの光景を見ることが出来た。
海面に夕日が反射してその部分だけが金色に輝くのだ。
見える場所が登山道からちょっと外れているのであまり気付かないのだが。
ノスタルジックな瞬間を味わう。
f0073587_22302299.jpg

夕景を眺めて季節を感じる。
たかが低山、されど低山である。ガイドブックにはない楽しみ方が一杯ある。
その代表がポンポン山だと自負している。だから飽きもせず登るわけ。
登山者だけじゃないよ。トレラン、バードウォッチャーに山野草愛好家、あ~それと無線屋
みんなこの山の素晴らしさを知っている。

次週は、紅葉のピークになりそうな予感。ワクワク
[PR]
by mido811 | 2014-11-18 11:29 | ポンポン山 | Comments(0)
後味が悪いな~
f0073587_20492543.jpg



2014年11月15日(土)

依頼していたEOS30Dの修理が完了したとの連絡を受け西梅田へ向かった。
先ず、預かったカメラの確認に続き修理の依頼内容確認と修理の説明を受けた。

修理依頼の内容は
レンズ
・TEL側で撮影時、AFが迷う動作をすることがある。
・レンズ内部清掃
カメラ本体
・センサー清掃

対する修理は
レンズ
・繰り返しテストしましたが、ご指摘の現象は確認できませんでした。
・レンズ内ゴミ確認いたしました。
カメラ本体
・センサー清掃いたしました。その他、お客様のご指示によりレリーズスイッチ部は
 そのままになっております。

と説明を受け実際に指摘事項が修理できているか確認するよう促された。
手にとって、気になるAFが迷う件を確認するとレンズのガタツキはなくなり
スムーズにAFが決まるようになり安心しかけたその時、事件は起こった。

ある特定場所へレンズを向けるとAFがきかずシャッターが下りない。
まさしく修理依頼した現象だ。
これですよと言って店員へカメラを差し出すと指摘する箇所へレンズを向けず
違う方向へレンズを向けシャッターを切りそんなことはないと言わんばかりだ。
再び私がシャッターを切ろうとするとやはり切れない。

店員は確認すると言って一旦事務所へ戻り再び説明し始めた。
今度はレリーズスイッチ部は修理していないのでそれも関係するかもしれないと言い出した。
流石に大人しい私も我慢できず、私が立っているところに来て指示する箇所にレンズを向け
シャッターを切るように促した。その通りしたら案の定シャッターは切れなかった。

次に店員が発したのは、光が当たらない場所だからシャッターが切れないと言い出した。
オイオイ、室内で十分な光量ではないがセンサーが感知できないほどではないぞ。
続いて、レリーズスイッチも不具合が確認されているがお客様が修理しなくとも良い
と言われたのでその部分は確認できていないと言い出した。
ちょっと待って。レリーズスイッチが不具合なんて聞いていない。
その代わりカメラ本体は今年の5月で修理できなくなっているとは聞いていた。
修理できないことが、いつの間にか修理を依頼していないに摩り替わっていた。

再度、店員に今回の症状はカメラ本体の要因かと尋ねたらレンズだと答えた。
じゃ~レリーズスイッチ云々は今の議論では関係ないではないか。
仮にレリーズスイッチが不具合と言ってもメーカー都合で修理できないじゃないか。
そもそも不具合と言いながらシャッターはちゃんと切れてるぞ。
そうすると店員さんは、そのうち切れなくなりますやて・・・。

つじつまの合わない話を聞かされるとバカにされてんのかと思ってくる。
ビジネスでも縦と横の整合性のない話に信憑性なんてない。
大メーカーさんが、こんなにリテラシーが低くてはダメでしょう。
最後のアナログ世代には全く響かない説明だった。

と同時にかつてカメラは一生ものというイメージだったが
デジタル化によってコスパは解消されたもののパソコンと同じで
壊れて修理するのでなく買い換える家電商品と化してしまったと痛感。
これからカメラも使い捨てそんなエエもんはいらない。
愛着も捨てなくては。

丁度、隣では超望遠レンズのAFが利かないと修理を依頼していた。
メーカーの店員は修理可能期間が既に終わっているので出来ませんとあっさり。
あのレンズ、買ったときは100万円じゃきかへんかったと思うと
カメラ本体でガタガタ言うのもアホらしくなってきて修理伝票にサインしカメラを受け取ることにした。
f0073587_21385217.jpg

すんなり「修理できました」と言われて終わったらハッピーやったのに
後味が悪いわ。
気分を変えようとグランフロントの庭園で試し撮りして帰った。
[PR]
by mido811 | 2014-11-15 21:39 | カメラ | Comments(0)
一万人の第九 大阪Bクラスレッスン11回目
f0073587_0535512.jpg


2014年11月12日(水)

レッスンもラス2となりました。
初参加の方からすると、あと2回しかないと思われるでしょうが
数回参加してますと、この会場に来れるのも後2回か~と愛おしくなるのでございます。

小雨降る中を。今日は時間前に到着。
受付では待ちに待ったチケットが配付されいた。
今日受け取れるのは、皆勤賞の人だけ。
私のは既にサットンさんが連番で受け取ってもらい
アリーナ西10列50番を授かった。

レッスンは、課題曲の練習から。
「Believe」は聴けば聴くほど良い曲だと思う。
レッスンしていると子供さんの大きな歌声が聞こえてきた。
第九では聞いたことがない程の大きな声。初めて聞いたよ君の声。
きっと馴染みの曲なんだろうね。嬉しそうに歌ってるよ。
この曲が単なる番宣だけでチョイスされたのではないことがわかった。
続いて、「レット・イット・ゴー」こちらも子供さんも歌える曲のようで
楽しそうに歌っていたのが印象的。
子供達にも歌える曲があってよかった。
こうでないとママと一緒でも面白くないもんね。
課題曲は、あーーーーっというまに終了です。

さあ本題に入りましょう。
先ずは音が取れ難い627章節Ihr~からスタート。
パート単位で頭の音確認野練習。
続いて640章節ではバスだけが音が動くのでバスは大袈裟に歌うよう指示あり。
643章節のUber~は3度のハモリができるよう確認。
そのまま647章節に突入しフーガの練習。
実践としてテンポが速い佐渡バージョンテンポで歌う練習。
でもやりすぎると走ってしまうので程ほどにしておきます。

795章節DeineZauber~は歌い始めるタイミングを確認。
実際にソロパートを歌ってみて入るタイミングを体験。
806章節はバスのみが違う音になるので音を確認する。
818章節からのDeineZauber~の頭はハモるところなので
頭野音だしで確認。
そのまま918章節までを歌い上げ前半は終了。
今日から教室は暖房が入ったらしく歌うと汗がにじむ。

休憩に入りちょっとブレーク。
お世話になった周囲の皆さんをご紹介します。
先ずはいつも隣に座って一緒にレッスンを受けたサットンさんです。ノブコンさんとご夫婦で参加です。
f0073587_1303782.jpg

続いて、前列でテノールをリードしてくれた3人です。
f0073587_1314229.jpg

私の隣のバスパートの皆さん。渋い声を聞かせていただきました。
f0073587_1343450.jpg

左からお二人は礒野先生の時からのお付き合いですね。
f0073587_1362279.jpg

ソプラノパートでママと一緒に参加です。本当よく頑張ったね。皆勤賞だ!
f0073587_1373588.jpg


休憩中にスタッフさんからチケットの取り扱いの注意がありました。
よくチケットを財布に入れたままなくすケースがあるらしく
事前にチケット番号を控える或いはチケットをスキャンしてデータで残しておくと
再発行の可能性が高くなるそうです。いろんなことがるもんです。

後半のレッスンは、いつものようにシャッフルパターン。
行きたいところへ各自が移動。
今回は20名程度が組になり輪を作ります。
私はアルト席へまっしぐら。何でかって?写真を撮るにはいいかなと思って・・・
他意はございませんです。
f0073587_1522174.jpg
f0073587_1534229.jpg
f0073587_1541567.jpg
f0073587_1545982.jpg

レッスンは216章節のソロからスタート。
歌える方も増え歌もしっかりしてきましたね。
これもレッスンの賜物ですわ。
合唱のはじめ”D”から続けてソロを含めて歌い通します。
途中フーガは前半で繰り返しレッスンしたので飛ばして
795章節のDeineZauberからです。
AlleMenschenも続けるのと一拍あけるのを注意して
906章節Go~1.2と数えてterfunken。
915章節Toch~1.2.3と数えてterausと続きます。
次のElysiumは神聖なる雰囲気でハモる。
そして、最後のパート918章節に突入。
f0073587_215967.jpg

お疲れ様。暗譜で歌えましたか?
シャッフルで歌うのは3回目ですかね。
でもシャッフルで歌えるというのはクラスの出来が良かったからだと思います。
感じたでしょう。あのハモリ。タモリと違うよ。
初回のレッスンと比べてみてください。格段の差とは思いませんか?
さて、一週抜かして翌々週でレッスンも本当のラストです。
体調を崩さないよう体調管理にご注意を!では。


じゃ番外編にいってみよう~。
レッスンにも出てきましたね。飲み屋「まめだ」にGO。
勢いよく行ったはいいけど、なんと店の看板とも言うべき「なめろう」が
品切れだとか・・・・あ~ショック。続けて池田の酒「呉春」をオーダーしたら
なんとこれも売り切れ。最後は名物「たこ焼き」も材料がなくなったとか。
久し振りにいったらこの仕打ち・・・モーーーーー!!!!

こちらも飲み会11回目だそうですよ。
今日も凝りない面々が集います。
顔を写さんといて~ エッエッ・・・スキャンダルっすか?
f0073587_2221728.jpg

残念ですが違いました。フラッシュが眩しかっただけでした。
f0073587_2241539.jpg

懲りない人たちの嬉しそうな表情をどうぞ。
f0073587_2251997.jpg

f0073587_2264433.jpg
f0073587_21121423.jpg


さて、レッスンも次回で最後です。と同時に「まめだ」での飲み会もラストとなります。
そこで、ご提案です。当Blogをご覧の皆さ~ん、来る26日のレッスン終わりは
レッスン打上げといきませんか?知ってる人おらへんし・・とか何しゃっべってええかわからんとか
あるでしょうが、記念に万九の憩いの聖地「まめだ」体験はいかがでしょう。
皆さんのご参加をお待ちしています。FACEBOOKやTWITTERでアナウンスよろしく!
f0073587_227835.jpg


場所はコチラです。
或いは、こちらも

次回もよろしくです。


本日の大阪倶楽部
f0073587_2474036.jpg
[PR]
by mido811 | 2014-11-13 02:48 | 一万人の第九 | Comments(4)
久々に緊張した~
f0073587_22245778.jpg


2014年11月8日(土)

娘のフィアンセのご両親との食事会のため奥方と西梅田へ向った。
初対面であり初めての経験でもう緊張した~。

帰り際、ドンピシャのタイミングでチャペルから出てくる新郎・新婦に遭遇。
来年は、あそこにいるのかな?

緊張してかあまり食べられなかったので散会後には奥方共々
お腹が減ってオムライスを食って帰りました。(笑)
[PR]
by mido811 | 2014-11-08 22:53 | ひとりごと | Comments(6)
一万人の第九 大阪Bクラスレッスン10回目
f0073587_2337795.jpg



2014年11月5日(水)

レッスンもいよいよ佳境に入ってきました。
今日はアップが早いでしょう。
実は明日は社内の飲み会、明後日は取引先の方と飲み会、その翌日は
大事な食事会と予定が埋ってますので早々にアップしておきますね。

本日も残念ながら遅刻です。
会場に入るとゲストとの課題曲「アナ雪」のレッスン中でしたが
駆け足でレッスンして次の課題曲「Believe」に続きます。



この曲はTV番組のエンディングらしいのですが、知らない方がけっこういました。
私もその一人ですが、前回のBlogに組み込んだYouTubeは役に立ったと思いたいな。
アクセス数もアップしてからうなぎのぼりでしした。
この曲もあっという間にレッスン終了。
途中から入った者としてはこれでレッスン終了といわれても???です。

しかし、時間押しなので早々に第九のレッスンに入ります。
先週レッスンしたフーガのパートを先ずは通して歌います。
続いて、外声(アルト・バス)と内声(テノール・ソプラノ)でレッスンをしていきますが
この組み合わせで聴くと外声、内声でそれぞれハモッているのがよく判りました。
ベートヴェンの凄さを垣間見ましたね。
それにしてもフーガは体力勝負です。
歌っていると汗がどっと出てきます。特にソプラノパートさんは
718章節あたりで窒息寸前になりますので命がけです。
f0073587_024761.jpg
f0073587_03135.jpg

それにしても今日のアルトさんは本気の本気、本領発揮でしたね。
聴いていて太い幹がイメージできるくらいドッシリしていてお任せしますって感じです。
その上に乗っかるソプラノさんもレッスンが始まった頃を考えたら格段の進歩です。
特にフーガでは練習の成果が見事に現れてましたね。すばらしい!
バスパートもなんだかんだ言われてもベテランさんが多いので安心して聴けます。
さて、わがテノールはどうなんでしょうか?
俯瞰で聞くことができないので何ともコメントできませんが、実のところどうでしたか?

f0073587_0191176.jpg

休憩に入りサットンさんからお礼としてノブコンさんが焼いたパンをいただきました。
ノブコンさんはパン教室を開くほどの腕前でいつもはBlogで拝見していましたが
”ブレッドノブコン”を食べることができるとは感激です。
帰宅後、家族ととも即効いただきました。
季節に合わせサツマイモと栗入りのパンでした。
イースト菌の匂いがほのかに香り食欲をそそります。
生地は細やかでいて中はフワフワ、食べると生地が濃縮されているのがわかります。
ご馳走様でした!
f0073587_0434747.jpg
f0073587_0424233.jpg

後半に入ります。
いつものようにシャッフルします。
今回はソプラノ席へ移動。

レッスンは、先ずは席を立つ練習から。
初心者の方用にタイミングを体に覚えさせます。
続いて、216章節のソロパートを全員で歌って”D”に入ります。
そのままソロパートを歌って”E”へ突入。
294章節はテナー・バスパートがソロを歌って”G”へ。
途中の間奏は飛ばして375章節のソロから入ってテナー1、2を全員で歌います。
再び間奏は飛ばして”M”、”N”に入って630章節Ihrでストップ。
やはり音が取れそうで取れないので再度頭の音を確認して再出発。
652章節からのwoh~nenのタイミングを確認して前半に練習したフーガです。
フーガを難なくこなしてダーっと最後まで通し矢吹先生のピアノソロで締めです。

レッスンを2回残して既に全パートをやり通しましたね。
皆さんの努力に乾杯です。
後は暗譜で歌えればOK!
ここまで来ると残るレッスンが愛おしくなってきますよね。
8月からあっという間だったでしょ!
残り僅かですが頑張りましょう。
次回は遂に城ホールのチケット配付です。
今年の座席はどこになるのでしょうか?ドキドキです。


明日から飲み会が続きますので本日は足早に帰宅いたしました。
「まめだ」でなめろうと日本酒・・・あ~旨いやろな~。
そうそう、清原クラスの打上げは総勢180名で行われるそうですよ。
凄いね~。
幹事のMさん頑張れ~。普段の顔は大手企業の偉い人ですのに・・・



本日の大阪倶楽部
f0073587_046534.jpg
[PR]
by mido811 | 2014-11-06 00:55 | 一万人の第九 | Comments(0)
QSLカードが到着。
f0073587_23553865.jpg


2014年11月3日(月)

アマチュア無線連盟、通称”JARL”に入会したのが再開局と同じ6月。
それ以来、交信をしていたにも関わらずQSLカード(交信証)が
届くことは全く無くどうなってんのか?と思っていたが
先日、初めてQSLカードが送られてきた。

ご存じない方が大半だと思うのでちょっと説明をば。
通常、アマチュア無線界では交信(QSO)をした証として交信証を
相互に発行するのですが、その送付を代行しているのがJARLと呼ばれるアマチュア無線連盟です。
会員は連盟が委託する島根某所へQSLカードを一括送付することで各局へ配送される仕組み。

ベテランさんは、カード交換のことを「面子集め」とか揶揄する人がいるけど
再開局した自分にとってはカードは楽しみの一つなので届いただけで感激なのだ。
何がって?カードにはその人の個性、或いはセンスが垣間見えるし
地方の特色だってうかがい知ることが出来る。北海道から沖縄まで
まあ居ながらにして全国を旅してる感じかな。
カードのデザインや写真、イラストを見るのも楽しいなぁ。
BCLのベリカードなんかその典型だ。

この連休中は天候が悪く出掛けずにいたが溜まっていることを片付けるのには良い機会だった。
まずは先程のQSLカードの印刷作業。
けっこう地味な作業ですが、大変です。
続いては、通勤用の靴3足を磨く。
これもいつかやらねばと思いつつ出来なかったこと。

それと無線機の機能変更。
今使っているTS-590の中波受信感動アップのため
蓋をあけてジャンパーを入替えた。
f0073587_0293121.jpg

ジャンパーの変更で中波受信感度がアップしたことで徳島の四国放送や
KBS滋賀、東海ラジオ、CBC、和歌山放送に岐阜放送なんかがよく聞こえるようになった。

もう一つはプライベート名刺の作成。
最近は趣味の世界でご挨拶するケースも増えてきたので
会社名刺を差し出すのも野暮なので万九仲間のノリさんが配っていた
プライベート名刺は便利でいいなと思っていた。
ようやく重い腰を上げ不細工ながらできたし。

時間の合間をみて無線機持参で摂津峡公園に出掛けた。
すると先々週登った高安山からQRVするJO3FKS/3さんと交信。
続いて、自宅に戻り家の中から東六甲山展望台へ移動していたJO3TQY/3という
中学3年の女子と交信できました。はきはきした良いお嬢さんでした。
家の中で六甲山にいる人と会話が出来るのも無線の醍醐味ですかね。
家族で無線をやっているそうでパパが羨ましい。

やり残したことは未だあるけど、気になっていたことが解消できてスッキリ。
明日は自分で磨いた靴履いて出勤しようっと。
[PR]
by mido811 | 2014-11-04 00:51 | アマチュア無線 | Comments(0)