<   2014年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
ヒレンジャクの襲来
f0073587_22543892.jpg



2014年3月29日(土)

ポンポン山から帰宅すると周囲の変化に気が付いた。
近所のアンテナに何かが留まっている。
ススメよりでかい鳥だ。

何羽も近所のアンテナに留まっては通過し留まっては通過していく。
越冬を終えてどこかへ飛び立つ途中かもしれない。
桜も開花しはじめたし季節は春なのかなぁ~。

後でネットで調べてみるとヒレンジャクっぽい。
尾っぽが赤いらしいが確認はできなかったけど
人相ならぬ鳥相からして間違いない。
[PR]
by mido811 | 2014-03-30 23:11 | ひとりごと | Comments(2)
ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山 カタクリは今?の巻」
f0073587_22522135.jpg



2014年3月29日(土)

昨晩は会社の送別会があり久々に日本酒をたらふく呑んだけど
「ウコンの力」のお陰で無事帰宅できました。(MU3笑いすぎ)

やや酒が残る朝でしたが、天気予報を見る限り夜から雨に変るとか。
ならば、ポンポン山のカタクリを観にいくのは今日しかあるまいということで
早々に支度をしていつもの本山寺駐車場へ向うのでした。

今日の目的はカタクリだけでなく山頂での受信状況をしりたくて
愛機FT-817NDも持参するのでした。

先ずはカタクリですが、昨年の今頃は僅かながら咲き始めていたように
記憶していますが、今年は雪が多かったせいでしょうか蕾のものを
少しだけ確認できました。例年に比べると不作かも知れません。


f0073587_23212049.jpg
f0073587_2346818.jpg
f0073587_23221445.jpg



開花は気温と天候にも拠りますが来週末あたりか
来週の後半から開くのでは?と予想しています。
カタクリは見頃が短いのでタイミングが難しく週末ハイカーとしては
来週の土曜か日曜に咲くことを祈るばかりです。

カタクリ観察を終え頂上へ戻り今度は無線の受信確認です。
山頂で無線機を取り出し430MHZを聞いてましたら登山者の方から
「周波数はいくつですか?」と声を掛けられた。
すぐさま「430MHZです。」と返答すると自分も車に430/144MHZの
デュアル機を積んで無線を楽しんだが免許も切れ搭載したままだとか。
また、年に1-2回くらい頂上で無線をする人を見かけるとも言われた。

実は、私が中学くらいの頃にご来光登山でポンポン山に登るたびに
テントが設営され7-8Mのマストに50MHZの6エレを載せて交信する光景を見ていた。
恐らくQSOパーティーに参加されいたのだと思うけどその名残が山頂の手前に
置いている鉄骨のタワーだと記憶している。

さて、山頂での受信状況ですが430Mhzは相変わらずかつてのCB無線よろしく
違法含め全ch満杯です。それもフルスケールで受信できるのでV/Uは逆によく電波が飛ぶはず。
ならば430MHZのアンテナを自作しても面白いし飛ばしてみる価値はありそうだ。
反面、50Mhz帯はEsだったのかCWがパイルアップになっていた以外は
相変わらず閑散としていた。

今の時代では50MHZ/6mというのはアンテナでいうと
大きくもなく小さくも無い中途半端な大きさだから人気が無いのだろうか。
とにかくカタクリはここ数週間目が離せない。
[PR]
by mido811 | 2014-03-29 23:46 | ポンポン山 | Comments(0)
今日の本山寺テクテク
f0073587_16431049.jpg



2014年3月23日(日)

連休最後の日。
昨日あたりから春めいた気候に変った感じです。
昨日は、今すぐどうこうするわけではないのですが消費税増税対策もあり
めでたく日本橋で無線機を購入いたしました。ヤッター!
保有のハンディ機をV/U用にすればほぼオールバンド可能になります。

そして本日は運動不足解消とばかりに愛機FT-817NDを持って
牛地蔵のところから本山寺までテクテクしてきました。
流石に連休は430MHZでも普通のアマチュア局、特に移動局が受信できました。
河内長野の岩脇山や御所市の大日岳、和歌山のネゴロ岳?などなど。
また、50MHZでも京都府相楽郡の移動局が聞こえていました。

確証はないのですが、430MHZを受信していると標高が上がると共に受信感度が良くなる傾向では
あるはずですが、どうも標高が高くても良いとは限らないように感じるのです。
というのも見通しに関係なくある標高まではフルスケール受信するのにその標高を越えると逆に悪くなるのです。
これって気のせいでしょうか?
何れにせよ移動局が増えるということはお空も春ですね~。

f0073587_17243268.jpg


汗だくで本山寺の勧請掛まで来ると登山者グループが休憩していた。
今日の陽気ではぐったりするわな~と呟きながら本堂に向い
好物のダイフクとお茶でまったりしていた。
そこへ先程のグループがやって来て、その内のお爺さんから声を掛けられた。
「私も無線してるんだけど、よく聞こえるか?」というものだった。
続けて「私のコールサインは一度聞けば直ぐ憶えられるんだよ」と言われたので
当然、訊いてみた。すると「JR2HAM」と答えが返って来た。
なるほど、「HAM」とは納得です。
「HAM」は食べるハムでなくアマチュア無線家の日本での名称なのだ。
それにしてもJR2の2はエリアを指し、中部地方となる。
これも訊いてみたら、青春18切符を使ってグループで名古屋から来たというのだ。
今日はポンポン山から善峯寺へ抜けて帰るそうだ。
それにしても我がポンポン山もメジャーになったもんだ。
山バッジでも作って一儲けするかというのは冗談ですが・・・。

彼らを見送り下山をはじめた。
それにしても430MHZは休みでも昔のCB無線を思わせるような局で一杯だ。
山岳移動してもこれじゃ受信してもらえなのではと疑問。
しかし、逆に50MHZは休みでも空かすかで交信している局を見つけるほうが大変だ。

神峰寺に近づき「神峰寺の森」に立ち寄ることにした。
というのも、昨年の今頃バイカオウレンが一面に咲いていたのだ。
中に入ると一眼レフとマクロで撮影している人を見つけた。
間違いなく咲いていると確信。

歩を進めるといきなり”アズマイチゲ”のうような花、その横には”スハマソウ”だろうか。
脇には紫の花が咲いていたが名は分からない。

f0073587_17363190.jpg
f0073587_17384160.jpg
f0073587_1738492.jpg


更に奥へ進むと出ました!バイカオウレンが一面に咲き誇っています。
中でもバイカオウレンに混じって紫色の花粉の品種が見られた。
これは同じバイカオウレンだろうか?
知っている人がいれば教えてください。

f0073587_17424563.jpg
f0073587_17444524.jpg


ということで、今日のテクテクは人、花の出合いがあり
春の薫り感じる一日でありました。
明日からまた仕事や~。
トホホ・・・
[PR]
by mido811 | 2014-03-23 17:57 | ひとりごと | Comments(4)
オープンリールデッキが戻りました。
f0073587_1473923.jpg



2014年3月21日(土)

大荒れの天候になった春分の日、出掛けるに出掛けられず家こもりです。
先月修理にだしたオープンリールデッキが修理から帰ってきました。
修理箇所は、キャプスタンモータとベルトの交換でした。

早速、手元にあったオープンテープをセットして確認です。
丁度、フジテレビで過去の重大事件の特集をやっていましたが
オープンデッキから流れてきたものは東京勤務時代にエアチェックした
J-WAVEの番組とFM802のミュージックガンボ。

当時はFM多局化が加速し始めた時代。
丁度、FM横浜に続きJ-WAVEが開局した頃です。
当時、J-WAVEのサウンドと番組プログラムには度肝を抜かれましたね。
今ではあたり前のOptiモードサウンドを初めて聞き感動したものです。
音楽もオトナを感じるもので番組も時間通り始まって終わるのでなく
切れ目なく番組が流れる構成でそれまでの常識を壊した感がありました。

その後、関西に異動となり大阪でも2局目のFM局、FM802が誕生。
こちらもOptiサウンドでJ-WAVEに似た番組構成となりましたが
地域性でしょうか?J-WAVEのように落ち着くどころかFUNKYがウリでしたね。

初めてオープンリールデッキを買ったのが社会人になってから。
今の時代にオープンデッキを修理してまでとか思ったのですが
自分の人生と一緒に過ごした奴を捨てる気にはなれず修理したのが本音。
次回修理は難しいでしょうからまめに通電してやらねば。
[PR]
by mido811 | 2014-03-22 01:49 | ひとりごと | Comments(2)
アキバに寄り道
f0073587_0301568.jpg



2014年3月17日(月)

今日は東京へ出張です。
しかも新宿に9時30分までに到着しなければならず
早朝4時起床、6時の新幹線に乗車し何とか到着しました。
それにしても東京は日々街の姿が変わってますね。

午前中の仕事を済ませ午後からは恵比須、浜松町と移動。
きょうび一日1社の出張なんてありえませんので数をこなします。
計画通り浜松町を終えるとフリーです。
ここまで来たならということで・・・久々にオタクの聖地「秋葉原」へ立ち寄ることにしました。

アキバに到着。
駅舎からして既に変って泥臭さが消えています。
先ずは、東京ラジオデパート。お目当ては斉藤電気商会や門田無線で
高周波用のパーツを物色。続いて近所にあるアマチュア無線機器販売のロケット。
さすが、東京、品揃えが半端ではない。大阪・日本橋もかつてはこうだったのだが
今では見る影もナシ。それから富士無線に立ち寄ってキットやパーツ販売の
千石電商に秋月電子とオタクこころをくすぐるショップばかりです。

毎日がこんな環境だったらどんなに楽しいだろうね。
おまけにメイドの格好をしたお嬢さんとも出会えるし・・・。
僅か1時間でしたが、ストレス解消の時間でした。
[PR]
by mido811 | 2014-03-19 00:16 | ひとりごと | Comments(0)
伊吹野セツブンソウ祭
f0073587_23582461.jpg




2014年3月16日(日)

恒例となりました伊吹野のセツブンソウ祭りに行ってきました。
本日は奥方だけでなく両親も同行です。

f0073587_019254.jpg


現地に入るまでに登山帰り風の方や団体様にすれ違いました。
年々、祭りが知れ渡るようになったと感じました。
現地も年々整備が行き届き今年はベンチやセツブンソウを
踏まずに写真が取れるよう渡りがでバージョンアップされています。

肝心のセツブンソウは昨年より咲いている株が増えたようですが
見頃はちょっと遅かったかなって感じです。
そこは、野生の生き物。季節によって違うようです。



f0073587_0231139.jpg
f0073587_0195895.jpg
f0073587_0212553.jpg


こちらは、スハマソウ。
花が開くと綺麗です。

f0073587_0255088.jpg



セツブンソウに混じって黄色が目立つキバナノアマナ

f0073587_027717.jpg


そして、本日の紅一点。
実は、地元のおじさんに教えて貰ったのがキクザキイチゲ。
3年前から一部で咲き出したとのこと。
前から通ってましたが、全く気が付きませんでした。

f0073587_0304042.jpg
f0073587_0305151.jpg


天候が急変したこともあって残念ながらアズマイチゲを見ることができませんでした。
帰りは地元のお漬物を買い、途中にある蕎麦伊吹野で蕎麦を堪能して帰宅しました。
里山にも春近し。花の季節は駆け足でやってきます。
[PR]
by mido811 | 2014-03-18 00:41 | 伊吹山 | Comments(2)
今日も本山寺までテクテク
f0073587_8243536.jpg



2014年3月8日(土)

ようやく春の香りを感じながらも肌寒い一日でした。
本日も気まぐれですが、無線機持って本山寺までテクテクしてきました。
福寿草目当てでしょうか、団体さんにたくさん出合いました。
スパッツが泥だらけだったので登山道の一部はぬかるんでいるのかも知れません。

登りながら144MHZ・430MHZ、50MHZを受信していますが
430MHZは第二名神の工事と採石場があるせいでダンプカー同士の
ラグチューだらけで昔のCB状態です。

いわゆるカード交換するようなノーマル交信は全く聞くことができません。
ましてやバンドプランなど無視されむちゃくちゃ。挙句の果てには個人名や
誹謗中傷も飛び出しCBがシフトしただけの無法状態(コールサイン不明)です。
今日は430MHZが満杯だったせいか144MHZへ流れたようで大半はデュアル機を使っているのでしょう。
これでは緊急無線が入ったとしても消されてしまって意味をなさないどころかレピータも使えないぞ。
この悲惨な状況は関西だけなんでしょうか。

代わって50MHZです。
こちらは交信する局を見つける方が難しい程閑散としています。
それでも和歌山県湯浅町移動の局と中学校かな?クラブ局のCQを確認しました。
加えてFMで交信している局を発見。ちょっと感動!いるんだなぁ。


f0073587_848738.jpg


帰りにバイクを駐車している桜の木を見ると蕾のふくらみを確認できました。
木々も季節を敏感に感じています。
[PR]
by mido811 | 2014-03-16 08:51 | ひとりごと | Comments(2)
ぐるっと京都トレイル「冬 東山大会」-2完
f0073587_142728.jpg




2014年3月2日(日)
ぐるっと京都トレイル「冬 東山大会」後半のレポです。
東山山頂から一機にゴールまで完結です。


f0073587_10324561.jpg東山21東山山頂公園では大福を食べてトイレ休憩後、展望台で京都市内を望む。
f0073587_1033204.jpg10:04東山24の将軍塚付近を通過し一旦下山する格好で下りた先は東山26尊勝院10:22に通過。
f0073587_10343038.jpg更に下りると閑静な住宅を抜け三条通りに出合う。三条通りを蹴上方向へ進み栗田神社、更に進むと都ホテルがあり横断歩道を疎水に向って渡ると東山28疎水トンネルに10:28到着。真っ直ぐ行けば南禅寺、トレイルは右へ曲がる。
f0073587_10345872.jpg10:45第二チェックポイントである”ねじりマンボ”に到着。証明として「蹴上」のゴム印を押してもらいスポーツドリンクの差入れがあった。
f0073587_10353057.jpgチェックポイントを抜け更に進むと疎水では有名なインクラインに入る。後でサットンさんが花見にここを訪れているとノリさんから聞いた。そう言えば沿道に桜並木があった。インクラインの最後尾東山32には10:46通過。
f0073587_10365095.jpg疎水を渡り緩やかな坂を登ると11:00東山33-2天照大神を祀る日向大神宮に到着し参詣。厳かな雰囲気が周囲を包みます。これも東山コースの面白いところかな。
f0073587_10372114.jpg神宮脇より登ると天の岩戸がある。岩戸をくぐれれば厄除けになるらしいのでくぐれることを祈りつつ通過。その後は登山道となり緩やかな道を辿る。11:09には山科、南禅寺との分岐である七福思案処を通過すると勾配がきつくなり山を登る気配となった。
f0073587_10403648.jpg登山モードが続くが周囲が開けると山科方面を一望できる場所に出る。斜面に併せたベンチが設けられ休憩する参加者が多かった。だが、私は進むのです。
f0073587_10412167.jpg東山40には11:23通過すると岡崎方面が一望できる箇所があり登山道は平坦な縦走路に変わる。東山41に居られた係りの方からこの先は昨日の雨でどろどろであることを知る。11:35東山42通過するとイノシシの仕業か登山道の脇が掘り返されていた。そして四つ辻に入ると泥で滑りやすい状況になった。本来のトレイルはここから下るのだが大文字山を経由希望者は泥まみれの登山道を辿らなければならない。もちろん大文字行きを決行したものの予想以上に滑りやすく年配の女性登山者は下り斜面で動けなくなっていた。しかし、私はこれまでの経験を活かし見事に通過し12:04大文字山山頂に到着。
f0073587_10413246.jpg山頂標識の脇には京都市街が一望でき休憩用のベンチとテーブルが設けられ多くの参加者や登山者が昼食を取っていた。私もコンビニのオニギリ1個を食べたが、登山者の一人が私のスパッツを指して「使えますか?」と尋ねてきた。最初は意図が分からなかったが、どうも泥避けとして使えるのかとききたかったようだがスパッツは雨対策しか使えないと思っていたようだ。この場所からは伏見から縦走してきた経路が一望できる。
f0073587_10445343.jpgさて、いよいよ核心の大文字山の火床に入る。ここからの眺めは京都市街が一望できる絶景ポイント。ましてや盆の終わりを告げる大文字送り火の場所。山岳会の方かと思うが京都以外から来られた方を対象に京都の神社仏閣や名所ポイントを説明されていた。それを聞いていると「向こう(西山のこと)の端に見えるのがポンポン山という変な名前の山です」と解説。変な名前の山だと・・・聞き捨てならないぞ。ポンポン山は地元に愛されている立派な山です。お間違えなく!
f0073587_10453970.jpg名残は付きませんが絶景を堪能し火床を後に12:45下山開始。大文字の大に沿った階段を下り大文字山の登山道に出合う。一般市民の方々やトレランの方が登ってこられるくらい親しみやすい山なんでしょう登山道も整備されていて泥で滑ることはありません。ゴールが近づくと前回もありましたがお茶目な標識が和ませてくれます。
f0073587_10464382.jpg13:30銀閣寺前を通過。3月初めというのに観光客でごった返していますね。標識の通りお土産屋さんを抜けるていく途中にアイスクリームを売る店が何件かあって見事アイスクリーム片手に歩く登山者を発見。自分へのご褒美だからいいよね~
f0073587_1047789.jpgお土産屋さんを抜けると哲学の道に出合います。こちらも観光客の人だかり。桜が咲くと見事でしょうね。
f0073587_10485253.jpg13:33東山51通過、疎水沿いに進み13:44ゴールしました。お疲れ様でした。気になるのはノリさんだが、係の方に尋ねると8:17スタートだとか、ならば30-40分後かと思いゴールで到着を待ちます。そして、スタスタと歩いて来られたのりさん。見事完歩。一緒に記念撮影後、近所の蕎麦屋で一杯。その後お別れしノリさんはお風呂に入りたいと近所の銀閣寺湯に向われた。


次回は5月25日「比叡山大会」です。
次回完歩すると記念の楯をいただけるとか・・・悩みますな~。
[PR]
by mido811 | 2014-03-15 12:28 | 京都一周トレイル | Comments(4)
ぐるっと京都トレイル「冬 東山大会」-1
f0073587_23472886.jpg


2014年3月2日
ぐるっと京都トレイル「冬 東山大会」のレポです。
心配していた雨も上がりトレイル日和となりました。
6:38高槻駅発の快速で京都駅まで行き奈良線に乗り換え7:09稲荷駅到着。
JRと京阪の間にある公園にある受付で7:17にエントリーを済ませいざ出発!





f0073587_23484140.jpg京都トレイルのシンボルといえるロゴがようやくできたようです。このロゴがあるとないとでは雰囲気が違います。
f0073587_23491782.jpg先ほどの道を戻る格好で伏見稲荷神社境内に入っていきます。普段は屋台が並び賑やかな通りですが静かな境内も良いもんです。
f0073587_014431.jpg境内の中を進むと大きな鳥居があります。幾重にも重なる鳥居のトンネルをくぐっていくと京都トレイルの標識2-1を発見。
f0073587_23524061.jpgそのまま階段を上がって三つ辻があり、再び上がっていくと7:46標識3-1四辻に出会う。横には俳優の西村??の実家がやっている御茶屋さんがあります。そして、ここから西山一帯が一望できます。
f0073587_2353076.jpgお稲荷さんのお山登りもここまで。この後は下って民家の路地に入っていきます。この辺りってけっこう大きな屋敷がある高級住宅街ですので、静かに歩きます。
f0073587_23533025.jpgこの辺りは標識を見落とし易く前回来たときは迷いました。今回は係りの方が各ポイントで誘導してくれているので迷うことナシ。
f0073587_235476.jpg8:09標識6 泉涌寺通過。所々に宮内庁の看板があり厳かな雰囲気に包まれます。私には縁遠い場所ですが・・・
f0073587_2354284.jpg再び路地に入り東西南北が分からなくなってきた。でも係りの人が誘導してくれるので安心です。
f0073587_23551840.jpg8:37標識東山11 「京女の森」入口に到着。京女って京都女子大学のことかな?当時は京女のお姉さんに憧れたな~。
f0073587_23555433.jpg昨晩の雨でぬかるみドロドロの道をひたすら歩くと轟音けたたましい道路に出た。これは東山五条から山科に抜ける一号線やんか。
f0073587_23562674.jpg一旦国道の地下道で反対側へ抜け急な階段を登り暫くすると第1チェックポイント東山17に9:15到着。「清水」のゴム印を押してもらい再びGO!
f0073587_23562587.jpg深い森の中に吸い込まれるように入っていくと本格的な急登が現れた。みんな息をハーハー言わせながら登る登る。牛やったらよだれダラダラ流しながら、ヤギやったらメーメー泣きながらひたすら登るのです。
f0073587_23572519.jpg稜線っぽい感じになったところで9:23標高242.5m清水山山頂到着。
f0073587_025591.jpg皆さんは清水山で一服している隙に私は森をひたすら抜けるのでした。
f0073587_043617.jpg岩盤むき出しの登山道を登りつめ9:56東山山頂公園到着。ここで休憩して好物のよもぎ大福を食らい至福のひと時を味わう。トイレあります。


今日はここまで。次回に続くのだ。
[PR]
by mido811 | 2014-03-11 00:58 | 京都一周トレイル | Comments(0)
ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山 福寿草だより」
f0073587_21324897.jpg


2014年3月8日(土)

まだまだ寒さが続きます。
今日は先々週たずねた福寿草が2週間後には見頃を迎えると聞き
再び自生地を訪ねてきました。

本日は福寿草を見たいという奥方の希望で珍しく
素人登山者を連れての山行です。しかし、そのせいでしょうか
天気予報では晴れと言われながらも山に入るや雪がちらつき
冷たい風が吹き荒れ最後には雹が降り注ぐという歓迎ぶりです。

f0073587_21464388.jpg


こんな状態で福寿草は開花しているのか不安を抱きつつ
山頂へ向かいます。福寿草観察の方々でしょうか
今日はグループ登山者とたくさんすれ違いました。
登山道は昨日の雪で薄っすら雪化粧し所々アイスバーン状態で
滑りやすくなっていましたので暫くは軽アイゼンは必須ですね。

f0073587_21473841.jpg


13:00に山頂へ到着。
時折、日がさすものの概ね曇りが続きます。
しかし、山頂から見る限り京都方面は日が射し晴れています。
下界は晴れでも山は曇り空、下界では山の天候は想像がつきませんね。
軽く行動食を摂って本丸の自生地へ向かいます。

想定では登山道は荒れて泥だらけ?と思っていましたが
あまり踏まれていないようで不安なく歩けました。
同行の素人登山者もここまでは文句もなく付いてきているようです。
リョウブの丘を過ぎ福寿草の自生地に近づいたその時、信じられない
勢いで雹が降り注ぎ枯れた木々の中では逃げようもなくただ止むのを待っていました。

ようやく雹が止んで自生地に入ると日が射し始め風も止みました。
さて、肝心の福寿草はというと・・・咲いていました。
午前中は日が射していたこともあり開花しているようです。
先々週の雪はすっかり消え斜面にはポツリポツリと黄色い葉が確認できます。
やはり先々週訪ねた階段付近に集中して咲いている感じです。

f0073587_220815.jpg
f0073587_2212529.jpg
f0073587_2234928.jpg


咲いてくれてよかった。
これで奥方にもブーイングされずに済みそうだし。
自生地には他に見学者はおらず職員の方にも申し訳ないので
早々に切り上げ退散した。リョウブの丘で一服後、とりあえず
ポンポン山山頂へ引き上げることにした。

山頂へ続く階段を登りきろうとした時、山頂には数名の登山者の姿が見えた。
その中の一人が、こちらに向って小さな声で「鹿がいますので、目をあわさないでください」
と呼びかけているのが分かった。最初は、鹿?って何のことだろうと思ったが山頂に着くや
直ぐに理解できた。

f0073587_22165753.jpg
f0073587_22165958.jpg
f0073587_22172118.jpg


山頂への階段付近で写真には写っていないが2匹の鹿が他に目もくれず
草を啄ばんでいた。音で逃げるのを覚悟でカメラのシャッターを押してみた。
するとシャッター音に驚くこともなく必死で草を食べ続けている。
今度は目線を合わすことなくそーっと近づいてみた。しかし、警戒するでもなく
黙々と草を食べていた。底へドカドカと地面が響く音がしたかと思えば
子鹿が1匹やってきて家族連れで草をむしり始めお腹が膨れたのかようやく
我々に気付いた様子で足早に山を下りていった。

今日は天候には恵まれなかったものの福寿草や鹿を間近で見ることができ
満足できる一日だった。とりわけ奥方は野生の鹿に感激した様子だった。
帰宅して爺・婆様に今日のことを話すとこないだ芥川にイノシシおったでーやて。
私いらどんな所に住んでんのかな・・・・
[PR]
by mido811 | 2014-03-09 22:36 | ポンポン山 | Comments(0)