<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山 -福寿草咲く-」
f0073587_1292851.jpg




2014年2月23日(日)

昨日、本山寺で出会った登山者さんはくるぶしまで積雪があると言っていた。
大雪から1週間が経つというのに本当にそうなのか気になる。

オマケに当ブログに”ポンポン山の福寿草”の検索ワードでヒットする人が
増え始めてきた。そう言えば昨年もこの時期に咲いていたはず。
天候は晴れ、降水確率0%と来れば行くしかないでしょう。

朝から暫くぶりのザックへのパッキング。
バーナーにコッヘル、サーモスにお茶を入れカップヌードルと
オニギリで山のラーメン定食の用意。続いてダウンに帽子
え~とそれから・・何やったかな?悪戦苦闘して本山寺駐車場に11:30到着。

本山寺までは既に雪が融け始めていた。
久しぶりのアイゼンを装着し出発。寺から登山道への合流までも
積雪がそこそこあり概ね圧雪されて氷と化している。
アイゼンはガリガリという音をたて同時に足裏に振動が伝わってくる。

f0073587_1441254.jpg


登山道に入るや大阪府境までは表面が凍っている所が多いが
京都府に入ると氷でなく雪かシャーベット状の雪のままである。
恐らく京都府境は気温が上がらず冷凍保存状態になっていたのだろう。
しかし、これ程の雪とは驚きだが近くで雪山をお手軽に体験できる方が勝っている。
アイゼンも面白いほど刺さってくれるしもう快感!

f0073587_0342788.jpg


頂上につくとそこそこの登山者がいた。
周囲の景色もいつもと違い鮮明だ。特に京都方面では比叡山の奥を見ると
頂が真白になった恐らく蓬莱山から武奈ケ岳がすっきり見えた。
山頂で一口羊羹とお茶でブレイクタイム。
いよいよ福寿草の自生地へ向う。

f0073587_12889.jpg


自生地までは人が余りはいっていないせいか積雪が多く歩きづらい。
しかし、有難いことにトレースがしっかり付いているので迷うことは無い。
最初にラッセルいただいた方に感謝、感謝です。
汗もたっぷり掻いてリョウブの丘を通過し暫く歩くと標識こそないが
右へ分かれるようトレースが付いていた。ひょっとして自生地の門扉が閉まってたら
どうしようと不安が過ぎったが進むにつれテントが見えたのでホットした。

雪がたっぷりの急な階段を慎重に下るとテントから職員の方が出迎えてくれた。
入門の手続きをしながら職員さんに開花しているか尋ねると雪が融けた
ところにある2株がさっきから開花し始めたと聞いた。
しかし大半は雪どけを待っている。

そして、今年も出会えました。
ポンポン山の福寿草です。

f0073587_125211.jpg
f0073587_134715.jpg


その昔は雪を蹴破って咲くのが福寿草と聞いたことがあります。
今年は初めて雪の中で咲く福寿草を見ることができました。
職員さんの話では後2週間後くらいが見頃ではと仰っていた。
しかし、雪に咲く福寿草は恐らく今しかないでしょうね。

f0073587_117222.jpg


帰りはポカポカ陽気と青空の下で雪と戯れながらポンポン山へ。
誰にも遭うことなく静かな山を満喫。
ポンポン山に到着すると遅い昼食タイム。
メニューは定番のカップヌードルとオニギリのセットだ。

f0073587_1243265.jpg


山頂から見えるひ比良の山々に見とれながら下山いたしました。
家に着くと京都府山岳連盟からエントリーカードが届いていた。
番号は86番。300名募集で86名ってどうなの?
[PR]
by mido811 | 2014-02-25 01:30 | ポンポン山 | Comments(4)
本山寺トレーニング
f0073587_0143011.jpg



2014年2月22日(土)

本日も恒例となりました本山寺までのウォークトレーニングです。
気温はぐっと冷えて空気が凛とする感じでした。

本山寺駐車場から二番目のお地蔵様を過ぎた辺りは
思った程雪が融けておらず逆に路面が完全に凍結していて
歩く場所を選ばないと転倒しそうです。

今日も愛機FT-817NDを持参し先週キャッチできなかった50MHZを
中心に受信しながらのウォーキングです。
よくよく考えると先週は垂直偏波受信でしたから50Mhzでは厳しいのかなと思い
今日は水平偏波対応で標高を稼いでいくと急に50.125MHZあたりで
じわじわ聞こえるパイルアップ。
これってEs(イースポ)でしょうか、久しぶりの感覚です。

JAの局、特に3エリアが必死でコールサインを叫んでます。
相手は、微かに英語が聞こえてきます。
しかし、私の英語力では相手のコールサインが聞き取れません。
そこへ少しずれた50.145MHZから被ってくる局がありました。
周波数を合わせて聞いてみるとこちらも英語です。
聞き入っている間に標高はぐんとあがり受信状況もあがってきました。

信号は内臓ホイップアンテナで+9を振っています。
早口の英語なので時折入るコールサインがなかなか聞き取れません。
しかし、どうもホックスロット、キロ(FK)と聞こえます。
そうこうしているとご近所さんのアマチュア無線局(Q・・)が参戦。
何度か呼ばれてましたが、1エリア(関東)の局のほうが強いのか
相手局はそちらを拾っているようでした。

聞き間違いであればゴメンナサイですが、FKのコールサインは
オーストラリアの側にあるニューカレドニアでした。
信号の強弱からするとEsっぽいですね。
普段は誰も交信してなさそうな50Mhz帯ですが海外局が聞こえると
あれだけの局が出てくるとは・・・・。
久しぶりに無線の醍醐味を味わった感じです。
VHF以上になると高さが利いて来るので移動運用も面白そうです。
ただ1444Mや430Mはアマチュア無線とは程遠く昔のCB無線ですね。
私の登山もカメラに続き無線が装備されるかもです。

f0073587_050694.jpg


本山寺近辺まで来ると雪がまだまだ残って氷と化し歩くのも大変です。
寺でちょっとブレイクしていると登山者がアイゼンの音を響かせ下りて来られた。
聞いてみると山頂も雪が残っていて登山道はアイゼンがないと危ないということでした。
また、登山道を外れたところでは雪がくるぶし辺りまであるそうです。
にも関わらず、若い登山者はアイゼンなしで登ってくるそうです。
恐らくポンポン山という低山だからと思って簡易な装備なんでしょうが
山を舐めたら大変です。

街中から登ると積雪なんてと思いがちですが1時間も歩くと別世界になります。
ポンポン山へは本山寺から暫くはアイゼンなしでも行けそうですが
途中で危なくて動けなくなります。
登山者は必ず軽アイゼンを持参して下さい。
[PR]
by mido811 | 2014-02-23 00:51 | ひとりごと | Comments(2)
無線機持って雪の本山寺へ
f0073587_2223915.jpg


2014年2月16日(日)

ただ今、Eテレでウィーンフィルの第九演奏を観ています。
やはり格が違いますね。伝統が音にいきづいているし演奏そのものに
ドラマを感じてきます。これが本来の第九ですかね。

さて大荒れの週末が続きますが土曜日は家に篭ったまま
これではいけないと11時くらいから神峰山の牛地蔵からスタートし
本山寺までウォーキングです。

今日はいつもと違いアマチュア無線機持参です。
家で付属のホイップアンテナを装着してウォッチ(受信)する限り50Mアップでは
ダンプのおっちゃんの交信以外あまり聞こえないので実態調査を兼ねています。
何せ50MHZでしかQRVしたことがないので他のバンド事情が全くわかりません。

f0073587_23392639.jpg


風は強いものの天気はポカポカ陽気です。
週末の積雪を忘れるかのようでしたが、本山寺駐車場を過ぎると周囲が一変しました。
何と30cmの積雪が現れました。驚いたことにその積雪と坂でソリ滑りを楽しむ親子に出合いました。
なかなか良い考えですが、反対側にはガードレールがないので誤って滑ったらイチコロです。

f0073587_23395351.jpg


最初は雪の無い轍を歩いていましたが、そのうち轍も消えアイスバーン状態になりました。
本山寺手前では住職一家が道路の雪かきをしていました。この方達にとっては生命線ですからね。
ノーマル靴の私は雪歩きの練習とばかり蹴りこみながら歩き無事に本山寺へ到着。
本山寺で登山者に頂上付近の状態を尋ねたところ30-40cmの積雪で登山道を外れると
腰あたりまで積雪があるということでした。下界にいるとこの光景は想像つかないと思いますが
騙されたと思ってアイゼンはもって行きましょう。特に明日以降に登る方は今日より路面が凍結し
危険度が増しますのでアイゼンは必須です。

さて、肝心のアマチュア無線のほうですが流石に標高が高くなるといろいろ受信できました。
430Mではラグチューしている局があったり交野山から電波を出している局、遠くは
奈良県の山辺町、御所市の局が聞こえてました。
144MHZのSSBでは近畿大正会コンテストなるものが
行われていたり兵庫県下の各クラブ局同士が防災訓練として交信確認をやってました。
ちょっと驚いたのは144MHZでモールスが聞こえたことです。まさかでした。
もっとビックリしたのは144Mも430MもそれなりにQSOが確認できましたが
50MHZ帯はまったく確認することが出来ませんでした。
私がQRVしていた時代は50MHZは活況でしたが今やオフバンドですね。
私含め高齢化と携帯電話の普及から無線人口が激減している証拠です。

しかし、携帯電話はあくまでも電気が通い基地局が稼動していれば使えますが
東日本大震災のように全てが失われた場合、アマチュア無線が大活躍しました。
あまり表には出ませんが・・・


[PR]
by mido811 | 2014-02-16 23:44 | ひとりごと | Comments(0)
今日もトレーニングしてます。
f0073587_23123931.jpg



2014年2月11日(火)建国記念日

初っぱなからお見苦しい写真ですいません。
手元がピンボケですが大福です。
それも食いかけの・・・
これは到着した時の自分への褒美です。


今日もトレーニングと称し神峰寺から本山寺を往復してきました。
ちょっと距離を伸ばしてやろうと牛地蔵のところからスタートしました。
いぜん右足ふくらはぎにこむら返りのような痛みが残っています。
昨日帰宅時に雪がパラついてましたが本山寺の手前では見た目では
積雪と思いきや完全なアイスバーンになっていました。


登山者の方もけっこういらっしゃいましたね。
年配の方ばかりでしたが・・・
帰り道、本山寺駐車場に差し掛かったところ雪を被った山々が見えた。
空気が澄んでいるところに強風が吹いたので視界が良いらしい。
普段は見えない山々が見えている。
方向からすると鈴鹿方面だ。ひょっとして御在所岳かも?
確証はないが以前ポンポン山で出会った登山者に御在所岳が見えることを教えてもらった記憶がある。
とすれば、今日登られた方々は比良山系から鈴鹿山系を遠望され
またとないチャンスに恵まれたというわけだ。

f0073587_234342.jpg


駐車場を過ぎると今度は大阪梅田から尼崎周辺が見える場所がある。
そこから見えた風景はスカイビルをはじめとして梅田のビル群や尼崎周辺にある
プラントの煙突、ハルカスはギリ見えます。そして、夕日に映える大阪湾が
輝いていたな~。こちらも視界良好。


帰宅してパソコンでメールチェックしていると
先日修理依頼したティアックから修理見積もりが届いていた。
開けてみると・・な、何と¥消費税込で¥51,000とな?
回答は3/10までによこせと書いてある。
¥51,000か~ デジタルレコーダを買ってもここまでせいへんけど。
¥51,000あったらアマチュア無銭のアンテナチューナ買えるし。
でもオープンリールでエアチェックして聞きたいし。
オープンリールデッキをヤフオクで落札しても¥30,000までやけど

修理するか、しないかどないするか悩ましいところです。
[PR]
by mido811 | 2014-02-11 23:49 | ひとりごと | Comments(2)
トレーニングしてますよ
f0073587_23194091.jpg


2014年2月9日(日)

土曜日は雪かと思えば雨になりお祭り男としては少々残念な週末です。
金剛山のUSTREAMを朝から覗いてみると吹雪いても登山者がいるのには驚きです。
それでも君達は山に登るんかい?とつっこんでしまいそう。

という私は、アマチュア無線の再開局目差し眠っていた情報を呼び起こすべく
頭を回転させるのですが錆ついて回転までに時間を要しています。
現在は、無線機やアンテナ云々よりもインタフェア(電波障害)対策として
コモンモードフィルタやACラインフィルタをどうするか自作方法やアンテナチューナーの
コントローラーをどうするかネットで調べまくっております。

調べていくうちに必要なパーツを調達する段階で気付いたんです。
その昔、大阪・日本橋でもキョウリツ以外に部品屋は大小問わずかなりありましたが
今や共立系列のパーツ屋さんと北陸と東京から進出してきた普通のパーツ屋さんのみ。モノを自作する者がいないため自作環境が消えつつあるということです。
コモンモードフィルター用にとフェアライトコアの調達先を探すなかで
よく利用していた東京秋葉原の小沢電気商会や斉藤電気なんかは店をたたんだとか。
高周波部品を安く供給してくれた店でしたが・・・・

f0073587_2341279.jpg無線関係のことでパソコンに座りっぱなしだったので
来る3月2日開催の京都一周トレイル東山大会に参加するためのトレーニングとばかり昼から神峰寺から本山寺を往復してきました。まだ肉離れとおぼしき右足ふくらはぎが痛むのでジョギングは控えウォーキングにしています。本山寺駐車場は今日もいっぱいの車です。駐車場を過ぎた辺りからシャーベット状の路面に変わり登るに従い雪に変わっていきました。ポンポン山山頂からは真っ白な愛宕山や比良山系が望めたのではと想像しています。そのせいか下山してくる人達もけっこういましたね。低山といえども季節柄気温はぐっと下がって路面凍結していますので登る方は念のため軽アイゼンを忘れずに。

忘れるといえば、京都一周トレイルの締め切りが2月24日なので明日には申し込みと参加費用の振込みをしておこう。当日はあっという間にきそうだからね。その前にポンポン山の福寿草も気になるところです。
[PR]
by mido811 | 2014-02-09 23:53 | ひとりごと | Comments(2)
BCLも復活か!
f0073587_13302631.jpg


2014年2月1(土)

あっという間に1月も終わり。
激務が続く中ではなかなか山へいけません。
そこへ運動不足からか肉離れらしき症状が発生。
安静にするのが一番らしいのですが運動不足解消のため
神峰山寺から本山寺までを往復してきました。

激務と言いつつも何やらやっております。
中でもアマチュア無線の再開局に向け設備や電波障害対策を
あれでもないこれでもないと悩む日々を楽しく?過ごしております。
そして、ようやく機材含むスタイルを絞り込みできそうです。
機材はHF+50Mhzの固定機にアンテナはATUをベースに釣竿アンテナで
オールバンドにQSVすることを前提に機器選定中。
固定機の候補は、YAESU FT2000(終息)、KENWOOD TS-590S、ICOM IC-7410。
受信性能の評判と変調の柔らかさからKENWOODが筆頭、次に通信機ベースのFT-2000というところ。
ATUはICOM AH-4筆頭にCG-3000、SG-230というところで接続を考えると
ICOMで揃える方が無難だがICOM製品を過去何度も修理したことがありトラウマになっている。
そこで、組み合わせとしてはTS-590S + AH-4に自作コントローラかTS-590S+CG3000となった。
後はできるだけ安価で手に入れいるだけだが、もう一つの問題、電波障害対策が厄介である。

電波障害はどこで起こるかわからないところにご近所さんで発生するともっと厄介だ。
事前に電波が漏れないよう漏れた電波が伝わりそうな箇所にフィルタを入れる必要がある。
例えばAC電源やTVのケーブル、PC周辺のケーブル。
この対策ができて初めて電波発射が可能になる。
その前に免許の変更申請をしなければ・・・・。

f0073587_14495516.jpg無線関連の資料を見たりしている延長線上で青春時代にハマッていたBCLと久々の再会となった。BCLとは放送を聞いた証明としてベリカード(QSL)をもらうというもの。特に短波で日本語放送が花盛りだったこと、メーカー各社が競って性能を誇るラジオを売り出したこと特にSONYはデザイン、性能共に秀逸だった。私のBCLライフはSONY ICF-5800から始まりみよう見まねで受信報告書(1973年9月)を送り手に入れたベリカード第1号が日本短波放送(NSB)、現在のラジオNIKKEIだった。それから国内の中波ラジオ局へ熱中していきICF-5800の後継機ICF-5900で海外短波放送に目覚めていった。海外短波放送では英語放送の内容を知りたいという思いから英語の授業だけはちゃんと受けてた記憶がある。残念ながら海外の放送局のベリカードを間違って捨ててしまいその後はショックのあまりBCLから遠ざかった。

アマチュア無線のカンバックとあわせBCLも復活したいと今考えている。先日修理にだしたオープンリールデッキと同様ラジオを修理する会社もあるようなのでラジオも修理に出すかな。
[PR]
by mido811 | 2014-02-02 14:55 | アマチュア無線 | Comments(2)