<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
金剛山カトラ谷にて
f0073587_2271450.jpg


2013年4月28日(日)

世間はゴールデンウィークというのに私はNo Plan。
ましてや暦通りの休日なのだ。

毎年この時期に金剛山へ通う。
お目当てはニリンソウのお花畑とカタクリ。
今年は開花時期がまばらで読みづらいのだが
結果から申し上げるとニリンソウは1/3程度の開花、カタクリは時遅し。

それでも沢山の花々が登山道を彩り往復交通費¥2,000で
一日たっぷり楽しめる金剛山の奥深さを改めて感じる。
来週あたりは山シャクヤクの季節だそうだ。


カトラ谷に続く登山口。
これは未だ工事中なのか?・・・

f0073587_2312953.jpg


緩やかな登山道。
いつもなら汗かいて登るところを今回は周囲の花々を
観察しながらゆっくり登ることにした。
それでも段々険しくなってきて汗まみれ。

f0073587_23151497.jpg


山頂手前は一面ニリンソウ。
ピークには花で真っ白になるはず。

f0073587_22222658.jpg


ニリンソウに限ると今年は開花が遅いような気がする。
気温も高くないし・・・・

f0073587_22255893.jpg
f0073587_2227221.jpg
f0073587_22321123.jpg


花園で癒された後は、急峻な登りを一機にといいたいが
運動不足でスムースに足があがらず。
それでも何とか山頂に到着すると登山客とロープーウェイの客とが
混在し独特の雰囲気、まるで伊吹山山頂のようだ。わかるかな~
Webカメラでおなじみの山頂の国見城跡に行くと記念撮影待ちで偉い事に・・

f0073587_22391359.jpg


さっさと昼メシを食らい人ごみを避けてブナ林へ行く。
途中にある杉の大木は何度みても圧巻だ。

f0073587_22422166.jpg


ブナ林から隣接する大和葛城山を遠望。
来月はツツジであのテッペンが赤く染まるのだ。ワクワク

f0073587_22472625.jpg


葛木神社に参詣し国見城跡に一旦戻る。
USTREAMでいつも見ているだけに時計台の風景を頭に焼き付けてカタクリ観察へ向う。
自生地に着くと予想通りカタクリは既に枯れ始めていた。

f0073587_2333142.jpg


ピークの状態を知っているだけに開花し始めたカタクリにもう一度
遭いたいという気持ちが高まる。来年またチャレンジだ。

f0073587_23235029.jpg


カタクリ観察を終え15:00前には無事下山。
帰りのバスはさすがに満員で座ることができず
運動不足で弱った足に相当堪えた。

金剛山の花は、これから山シャクヤク、クリンソウへと変っていく。
[PR]
by mido811 | 2013-04-29 23:24 | 金剛山 | Comments(0)
本山寺駐車場の八重桜
f0073587_21372770.jpg


2013年4月20日(土)

先週は蕾だった八重桜が気になる。
どうせ行くならトレーニングを兼ねて神峯寺から本山寺まで歩くことにした。

いつもはつまらない登山道に八重桜や山桜、山つつじが彩りを添え
華やかで歩いても退屈がない。
f0073587_23304762.jpg

あれに見えるは大阪のビル群。
f0073587_2331059.jpg

さて、お目当ての本山寺駐車場の八重桜はというと・・・
オ~見事な満開!
f0073587_22324464.jpg

快晴ならば、この木の下で花見と洒落たいところだが
残念ながら今日は午後から雨だとか。
f0073587_23325519.jpg

八重桜を堪能して本山寺への急坂を一機に登りきる。
折り返すと予想通り暗雲が広がり風が吹き始めた。
こうなると雨は近いので足早に神峯寺に戻った。
[PR]
by mido811 | 2013-04-20 22:34 | ひとりごと | Comments(0)
広島出張で「ドクター・イエロー」と遭遇
f0073587_2321822.jpg


2013年4月17日(水)


久しぶりの広島出張。
しかし、いまや広島へは1時間半で行けて通常の通勤と変らない。
今回も路面電車を足代わりとして使ったが慣れれば便利な交通手段である。
向ったのは、八丁堀、白島、南区役所、紙屋町、商工センターの
5ケ所だが難なく予定を消化し大阪で予定されていた飲み会に間に合った。

f0073587_23412557.jpg


出張の帰り博多方面の新幹線ホームには人だかりができていた。
芸能人でも来るのかと思ったら黄色の車体がホームに滑り込んできた。
それはあの「ドクター・イエロー」だった。
幻の列車に遭えれば幸運が訪れるそうだが・・・・
ここは素直にそう思うことにする。

f0073587_23473536.jpg


ところで、一つ疑問がある。
「ドクター・イエロー」の運行は極秘扱いだから幻なのだと聞いたことがある。
もし、そうであるならば何故あれだけの人だかりができたのだろう?
企業として考えると情報漏洩が起きていることに他ならずそれはそれで問題なのだ。
出遭えた方はラッキーだが、出迎えられる方はとてもとてもアンラッキーなのだ。
[PR]
by mido811 | 2013-04-18 23:54 | ひろしま | Comments(0)
ポンポン山のカタクリ2013
2013年4月16日(火)

調子こいて前回につづきカタクリをアップします。


f0073587_2246711.jpg
f0073587_22563345.jpg
f0073587_22542246.jpg
f0073587_2335837.jpg

[PR]
by mido811 | 2013-04-16 23:07 | ポンポン山 | Comments(0)
ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山」4/13
f0073587_1411739.jpg


2013年4月13日(土)

天候は快晴、カタクリ観察には好条件である。
というのもフクジュソウと同じで日が射さないと花を開かないからだ。
気持ちは逸る反面、前回観にいったときから2週間を経過しているので
ひょっとしてピークを過ぎているかもしれないという不安がよぎる。

登る前に昼飯の巻き寿司を調達し本山寺駐車場へ向かった。
いつもなら満車にちかい駐車場も地震の影響で出足が鈍いのか・・・。
それにしても今朝の地震は北朝鮮のロケットが発射されたのか?と勘違い
するぐらい地震到来前に防災無線のスピーカーからサイレンが鳴ったので
逃げるでもなくどうしてよいか判らずじっとしていた。

本山寺では護摩堂の建設が本格化したようで重機と工事の音が鳴り響いていた。
登山道には藪椿と山ツツジが見頃を向かえ普段は飾り気のないところを
華やかに彩っていた。

12:00を少し廻ったところで山頂に到着。
昼食をとる登山者でいっぱいだったので先にカタクリを観にいくことにした。
そして、ポンポン山のペッピンさんといよいよご対面!

f0073587_159072.jpg
f0073587_1594753.jpg
f0073587_15254231.jpg



花を見るとピークはやや過ぎた感じだが、今年は大豊作だ。
目視で比較しても昨年の倍は咲いている感じがする。
世話をして来られたボランティアの皆さんにただただ感謝するのみ。
まだ蕾のものも残っていたのであと1-2Wは観ることができそうだ。

f0073587_15115735.jpg
f0073587_15132420.jpg
f0073587_15155053.jpg


スプリングフェメラルと呼ばれるカタクリ。
いつも恥ずかしそうに下を向いているペッピンさんだ。
正面から見るとサクラ印の家紋がなんともいえない。
自然の芸術とはいえ幾何学的な文様をつけることの不思議がある。
もっと不思議なのは、種から7-8年をかけて花をさかせることだ。
今年の子孫は7-8年後にお目にかかるってわけ。

f0073587_15274451.jpg
f0073587_15284721.jpg


最近、ペッピンさんに会うことがないからかもしれないが観てても飽きない。
カタクリを堪能した後は頂上へ戻り遅い昼食を摂る。
周囲は春霞で良い風景とはいかないが近くの愛宕山はしっかり見えていた。


f0073587_1537343.jpg



15:00に本山寺駐車場到着。
サクラは散っても山サクラは今が旬、特に駐車場奥にあるボタン桜は
蕾が膨らみ今にも咲きそうだ。
いつか満開のあの木の下で花見をしたいのだが・・・。

f0073587_15433380.jpg

[PR]
by mido811 | 2013-04-14 15:49 | ポンポン山 | Comments(6)
サクラを愛でる
f0073587_9491787.jpg



2013年4月7日(日)

会社で言えば新年度に入って初めての週末。
あいにく悪天候だが、たまにはマッタリ過ごすのも悪くない。
やらなきゃと思いながら後回しにしていたことをやるのも良かろう。

写真は4月1日の大阪城公園。
ちょうどサクラがピークでした。
綿帽子が宙に浮いている感じで。
その昔、大公秀吉も同じサクラを見てたかと思うとタイムスリップする。

f0073587_9562886.jpg


サクラも種類があってソメイヨシノが有名だが、緑の葉っぱに白い花が
印象的なオオシマサクラが気に入っている。
確か桜餅の葉っぱはオオシマサクラではなかっただろうか。

f0073587_1012768.jpg


その日は早く帰宅できたので、コンビニでつまみを買い
近所の摂津峡公園へ夜桜見物と洒落こんだ。
しかし、経費削減なのか道中にあった提灯や外灯は消され
花見の高揚が一機に消されていく。せこいぞ高槻市!

それでも公園にはそこそこ人が集っていた。
夜桜と夜景、そして花見酒に酔いしれ癒しの時間になった。
[PR]
by mido811 | 2013-04-07 10:11 | ひとりごと | Comments(2)