<   2013年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
今日のポンポン山
f0073587_22491385.jpg


2013年1月27日(日)

寒いですね。
パソコンが置いている部屋が寒くて更新が滞ってます。

さて、寒波襲来ということで滋賀、京都は雪で大荒れの天候で
今日は、真っ白な愛宕山や比叡山が見ることができるだろうと
勝手に期待してやってまいりましたポンポン山。
同じ思いの人が多いのか今日はいっぱい人とすれ違います。
f0073587_22574466.jpg


しか~し、予想は見事にはずれ。
さすがに登山道には薄っすらと雪が残っていましたが
登ってみると周囲の山々で白くなっていたのは滋賀方面の山だけでした。

山頂でカップヌードル食べるのにアルコールストーブでお湯を
沸かしてたら珍しかったのかオッチャンが寄ってきて
いろいろ質問されました。数年ぶりに使ったけど
火が安定しなかったので不完全燃焼かな?
緑青がふいてるもんなぁ


先週からメタボ解消のためジョギング再開、そして時間があれば
神峯寺から本山寺までを歩くようにしています。
[PR]
by mido811 | 2013-01-27 23:02 | ポンポン山 | Comments(0)
万九仲間の新年会
f0073587_22213245.jpg


2013年1月25日(金)

加藤かおり先生を中心とする万九仲間が集う新年会に参加しました。
場所は万九仲間のYさんが経営する「サロンバーネロ」
貸切り総勢30名が集いました。

「まめだ」という案もあったようですが、万九のDVD鑑賞もあり
このお店になったようです。平日はゆで卵、ソーセージ食べ放題だそうですので
よろしければ一度寄ってあげてください。是非~
f0073587_22313824.jpg

あれから約2ヶ月が経過しようとしていますが、DVDで第4楽章になると
全員が立ち上がり再び第九合唱で大いに盛り上がりました。
やっぱり皆な歌いたかってんなぁ~。
[PR]
by mido811 | 2013-01-27 22:33 | ひとりごと | Comments(0)
営業写真コンテスト
2013年1月18日(金)

硬いタイトルですが、平たく言うと「街の写真屋さんが撮った写真展」です。
写真屋さんを利用するのってせいぜい証明写真ぐらいなんですが
撮影環境とスキルを持つ人達が写真を撮るとこうも明確なテーマや迫力、説得力をもつ
作品になるものかと感心させらるのと、やっぱりプロなんだと思い知らされます。
f0073587_12415493.jpg

素人の私にとっては、人物撮影の撮りかたや婚礼や成人式等tでのポージングなど
手本になることばかりですごく勉強になりました。

御堂筋の本町にある富士フィルムフォトサロン/大阪にて
1月24日(木)まで開催です。
[PR]
by mido811 | 2013-01-20 12:55 | ひとりごと | Comments(0)
今年は武奈ケ岳から-レポ編
f0073587_23131158.jpg
      ◆武奈ケ岳山頂


2013年1月13日(日)

武奈ケ岳登山のルポ編です。
JR高槻駅8:00発の新快速に乗車。
車内はそれらしき人達で占領され次の京都駅ではそれらしき人達が
乗り込み堅田駅に到着。到着するや一斉にそれらしき人達が小走りで
バス停を目指します。が、既に先客が列をなし大行列の始まりです。
しかし!さすが江若バスです。即座に状況をみて臨時バス追加となりましたが
バスの中は、それでも通路も満員で特にテン泊っぽい熟練者が多いようです。
f0073587_23234140.jpg

満員のバスは9:50頃に坊村に到着。
皆さんは下車後、公衆トイレ前で身支度やら準備体操開始。
私は、トイレに行って即出発です。
久々の坊村の風景をみて関西に戻った感をたっぷり味わうのでした。
f0073587_2328953.jpg

9:57御殿山コースの登山口にとりつきいざ出発。
周辺には雪がない代わりにぬかるんだ状態なので
ゆっくりとつづら折の登山道を登り始めるとシャーベット状態に変り
やや歩きやすいかと思えば今度は踏まれてアイスバーン状態にと変化し
うっかりしてると足をとられそうです。
f0073587_23402064.jpg

しかし、我慢も限界に達し休憩を兼ね遂にアイゼンを着装することにしました。
アイゼンを装着する前にサーモスに入った熱いお茶と一口羊羹を食べ一息つきます。
f0073587_23423359.jpg

アイゼンを装着し出発です。
面白いようにアイゼンが利いてくれるので楽しくなってきますが
反面、この後も急登であった記憶が蘇り少々戦意喪失です。
それでも何とか登りつめ冬道との分岐にたどり着いたのでした。
f0073587_2352812.jpg

従来の巻き道にも踏跡がしっかりついてますが冬道を進むことにします。
冬道もしっかり踏跡がつけられてますので迷うことはないと思います。
f0073587_23561421.jpg

冬道に入るとスノーシューの跡も見受けられます。
スノシューだと場所を選ばずに進めるので縦横無尽に跡がついてます。
うっかりアイゼン装着者が辿るとツボ足で苦しめられますので要注意です。
12:06稜線に出たようで周囲の山稜を眺めることができました。
今日はよく腹が減るようで、今度はドラ焼きをぱくつきます。
f0073587_011336.jpg

この辺りから武奈ケ岳が姿を現し御殿山が近いことを告げます。
緩やかな登りを進み12:20御殿山山頂に到着。多くの登山者が昼食タイムです。
f0073587_052715.jpg

一旦休憩し眺望を楽しみます。
琵琶湖方面を見ると蓬莱山にどっぷり雪がついています。
f0073587_9431594.jpg

そして、正面にはこれから登る武奈ケ岳がどっしり構えています。
写真に収めている間にたくさんの人達が行き交います。
中でも山ブームにとらわれずマイペースで登山を楽しむペテラン登山者さんに
会えるのも武奈ケ岳の特徴かもしれません。
年配のベテラン登山者さんを見るとCoolと感じるのは私だけでしょうか。
f0073587_9515476.jpg

既に12:30が過ぎピストンして15:46のバスまでに下山できるか悩むところですが
最悪17;00台の京都バスに乗車できれば良いやと一機に御殿山を下りワサビ峠に到着。
登り返して武奈ケ岳にとりつきます。
f0073587_9583884.jpg

西南稜に到着するまでに多くの登山者とすれ違った。
御殿山からは遠くにあったように感じたが距離感を感じない。
f0073587_1043059.jpg

武奈ケ岳の斜面を見上げると、いるいる登山者が急登と格闘する姿です。
きっと喘ぎながら登ってるんやろなぁ~。
f0073587_1014829.jpg

いよいよ斜面に取り付きます。
体が重く息が上がります。
写真なんて撮る余裕すらありません。
唯一、振り返っての風景が一枚。
f0073587_10214756.jpg

難関を乗り越えると、その先に頂上を捉えた。
ゴールは近い。
f0073587_10281374.jpg

頂上までの稜線を歩くとガスの中から琵琶湖が顔を出す。
f0073587_10302543.jpg

そして、武奈ケ岳到着。
頂上は登山者で埋めつくされ遠くから見ると押し競饅頭かと思える程の盛況ぶり。
やはり人気の武奈ケ岳、雪山は特に。
f0073587_1032791.jpg

今日はピストンで坊村からバスで帰るので
長湯せず下山を開始。
下山途中、テント泊の準備をしている光景をみつけました。羨ましいね~
f0073587_1103925.jpg

思うより早く下山でき15:00過ぎには無事坊村に到着。
そして堅田駅より高槻へ帰着。
久々の雪山だったが、このメタボな体でよう登れたなぁと後になって思う。
そろそろ体を引き締めないとね。

終わり。
[PR]
by mido811 | 2013-01-20 05:27 | 比良・武奈ケ岳 | Comments(2)
今年は武奈ケ岳から
f0073587_16574820.jpg
         ◆御殿山から武奈ケ岳を遠望。

2013年1月13日(日)

錆付いた体を動かすとギィーッと音が鳴るように思えるぐらい動きません。
それもその筈、久ぶりに履く登山用スボンはパンパンです。
そりゃ体も重いはずです。
しかし、今までのような怠惰な生活を続けていると山へ行く気までもうせるというもの。
ならばということで一念発起して武奈ケ岳へ登ってきました。

ルートは坊村より御殿山コースを経由し山頂をピストンします。
当日は、バス停周辺に積雪はありませんでしたが
登山口からのつづら折の登山道はぬかるんで滑りやすくなっています。
標高が上がるに従いシャーベット状態、アイスバーンへと変化し
最後は積雪ですが、こちらもアイゼンが適した状態でスノーシューの出番は
山頂付近くらいでした。

2年ぶりの武奈ケ岳でしたが何とか帰りのバス時間までに下山できましたが
錆付いた体への代償は大きく、まるでコロッケ扮する”五木ひろしロボット”になったようです。
詳細は後日。
[PR]
by mido811 | 2013-01-14 16:24 | 比良・武奈ケ岳 | Comments(2)
5円を貰いました。
f0073587_275223.jpg


2013年1月9日(水)

新年の営業マンの行事はズバリ神頼みです。
今日から通称「えべっさん」戎祭りの初日「宵戎」です。
いつもの堀川戎にお参りです。
f0073587_2345563.jpg

戎神社といえば、西宮や今宮が有名ですが
私は例年堀川戎と決めてます。
会社の近くということもありますが、最大の理由は普段テレビでは
お目にかかれない関西演芸協会の芸人さんが笹を売っています。
今年は、タージン、ゼンジー北京師匠などなど。
f0073587_236320.jpg

帰りがけに何と本物の”えべっさん”に遭遇。
横にいたオバチャンが、「私にも五円ちょうだい」と言うて手を出してたので
ついでに手を差し出すと五円(ご縁)をくれました。

今年は何かツキがありそう。
これで正月気分も抜けていよいよ本格始動です。
[PR]
by mido811 | 2013-01-11 02:39 | ひとりごと | Comments(0)
初詣
f0073587_1112277.jpg


2013年1月5日(土)

遅ればせながら初詣に行ってきました。
いつもの伏見稲荷神社です。

正月5日目ともなると人も少なくゆったりとお参りができました。
これくらいの人出がちょうどよく何か癖になりそうです。
f0073587_117482.jpg

帰りに腹もへったこともありJR稲荷駅前の「海や」で
坦々麺を食べてポッカポカになって帰りました。
さすがに京都は冷えるなぁ。
[PR]
by mido811 | 2013-01-07 01:17 | ひとりごと | Comments(0)
仕事はじめ
f0073587_0585650.jpg


2013年1月4日(金)

いつもになく正月3日間は朝から酒を呑んでは寝るを繰り返す日々。
今日4日は仕事はじめで帰りに近くの氏神様へお参りしてきました。

帰りは人出のない御堂筋を歩きましたがイルミネーションが素敵でした。
f0073587_1202697.jpg

[PR]
by mido811 | 2013-01-07 01:11 | ひとりごと | Comments(0)
謹賀新年
f0073587_23141542.jpg


2013年1月1日(火)

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしく御願いいたします。

恒例のポンポン山のご来光です。
今年は深夜に星が瞬く天候でしたので期待が高まったんですが
結果は、いつもの通り雲に遮られ60点というとこですか。

f0073587_23185033.jpgf0073587_23191158.jpgf0073587_23193437.jpg

山頂はとにかく寒かった。
近くにいたオッサンが手元の時計をみて-8℃やってわめいてましたが
最後はカメラのシャッターも下りなくなったので意外にマジかもです。
それよりも山ブームからか山頂はギャラリーで溢れてました。
f0073587_23275373.jpg

初めて登られた方も多かったのか京都、大阪方面の夜景を見て
感激されてましたがポンポン山の魅力の一つです。
f0073587_23321795.jpg
f0073587_23324214.jpg

皆様のご多幸とご健勝をお祈りしています。
今年は山へ行くで~。
[PR]
by mido811 | 2013-01-06 23:36 | ひとりごと | Comments(0)
明けましておめでとうございます。
f0073587_18115196.jpg

[PR]
by mido811 | 2013-01-01 00:01 | ひとりごと | Comments(6)