<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
金剛山お花畑散歩
f0073587_1114018.jpg


2012年4月28日(土)
先週に続き花を求める山行です。
時期的には金剛山のニリンソウとカタクリが見頃かも?
と考えるとゴールデンウィークなんかどうでもよく
早く見にいかないかんばい!

福岡での単身生活で毎晩癒してくれたUSTREAM金剛山山頂と
イタチが通る道はこの目で確かめないといけません。

先ずはカトラ谷を埋め尽くすニリンソウ。
タイミングはドンピシャ!人も少なく静かなお花畑散歩です。
紫のエンコグサも混じって見事な調和です。
f0073587_11592084.jpg
f0073587_1221896.jpg
f0073587_1117482.jpg

スナップ一発!
f0073587_11192619.jpg

もう一発!
f0073587_11201577.jpg

福岡では坂が無いのと車での移動が多かったせいか
登るための筋肉が細りカトラ谷から金剛山頂までの急登では何度も
止まっては息を整える始末。あ~情けなや・・

福岡では毎晩のように眺めては癒されていた金剛山山頂風景。
最近ではイタチがカメラを横切ることが話題になって訪れる人も増えたような。
せっかく帰って来たんだからこの目で見ないとね。
実地検分、実地検分!
f0073587_11392179.jpg

ついでに誰が見てるかわからへんけど、カメラに向かって大きく手を振り
これで私も全国区だべさ!
f0073587_11451072.jpg

お次はカタクリを見るため某所へ急ぐのですが
出発が遅れた分、時間が押してます。
急げ、急げ。

ありました。カタクリ! でもシーズンは終わっているようで
どの娘も色が褪せ一部が枯れ始めております。
来るのが1週間遅かったようですが、それにしても金剛のカタクリには勢いがあります。
f0073587_11565959.jpg
f0073587_11571373.jpg


久しぶりの金剛山。
天候に恵まれ人も少なくじっくり山を歩くことが出来ました。
たまにはエエやろと思い帰りは千早本道の階段で下山しました。
お陰で足はガクガクでも帰ってから呑むビールは最高ー!
[PR]
by mido811 | 2012-04-29 12:15 | 金剛山 | Comments(0)
ポンポン山のカタクリと再会
f0073587_21593672.jpg


2012年4月21日(土)
今週は呑み会3連チャンでさすがにクタクタです。
でも春と言えばカタクリの開花。
気になるので過去のBlogを見るとちょうど今頃だった。
体は悲鳴を上げてもカタクリ見たさにポンポン山へ向かうのでした。

天気予報では、午後から曇りの予報。
太陽が出ていればカタクリが見られるかもしれない。
そんな淡い期待を胸に本山寺駐車場から出発です。

しばらく登山をしていなかったせいで登りが堪えます。
相当リハビリしないとちょっとした山でも辛いかも。
それでも本山寺道と登山道との出合いに着くと馴染みの光景に心躍るわけで・・・。
f0073587_21504747.jpg

ポンポン山山頂をパスしてカタクリ自生地へ向かうと
鹿避けのネットで覆われた檻が現れた。一瞬、なんやこれ?と思ったが
鹿の繁殖でカタクリが全滅しそうと以前から聞いていたので納得する。
扉を開けると入口側で毎年咲くカタクリが出迎えてくれた。
よく見るとネットの効果なのか一昨年より相当カタクリが花をつけていた。

では、中でもとびっきりの「べっぴんさん」をご紹介します。
f0073587_221103.jpg

f0073587_2231531.jpg

f0073587_2245549.jpg

f0073587_22134364.jpg


今週17日あたりがピークだったそうですが数多くの「べっぴんさん」を堪能した帰りは
山頂でカップラーメンとおにぎりという毎度の食事を取り強風の吹き荒れる中を下山しました。
f0073587_2221331.jpg

[PR]
by mido811 | 2012-04-22 22:23 | ポンポン山 | Comments(6)
夜桜に酔いしれて
f0073587_23575394.jpg


2012年4月15日(日)
福岡から戻ってもう直ぐ1ヶ月というのに週末は荷物整理です。
それでも花見には行こうということになりまして、スーパーで惣菜や酒を買い込み
夜桜見物と洒落てみました。
f0073587_23563474.jpg

本日のメニューは、、いなり寿司に筑前煮、だし巻き玉子に焼鳥とつくね
ピーナッツと割きいかと花より団子です。
お酒は福岡ではまった日本酒、今日は”秋鹿”です。
秋鹿はサラっとしたのみくちで、水に近い感覚で呑むことができました。


時折、風がたなびくと桜の花びらが舞い夜桜に相応しい光景にしばし酔いしれるのでした。
[PR]
by mido811 | 2012-04-16 00:01 | 摂津峡 | Comments(0)
摂津峡のサクラ
f0073587_0295829.jpg


2012年4月14日(土)
まさか、こんなに早く摂津峡のサクラを見ることができるとは・・・
靴を修理するため淀屋橋から戻った足で摂津峡へ向かいました。
f0073587_0381558.jpg

今年は気温と開花がアンバランスなんでウキウキ感が全くありませんね~。
なんか日本の実情を現してるみたいに思えます。
ウキウキ感がないと購買意欲も削がれて景気浮揚なんて程遠いよね。

日本でトップと呼ばれている人たちの質(センス)が問われます。
[PR]
by mido811 | 2012-04-15 00:42 | 摂津峡 | Comments(0)
花見DEゴー
f0073587_0293438.jpg


2012年4月8日(日)

皆様、ご乗車有難うございます。
この列車は、カンツォーネがお楽しみいただける
大阪Dクラスの貸切列車でございま~す。
ハハハ、今日は大阪Dクラスの方々が集うお花見会でした。
f0073587_0495865.jpg

帰り際、雲雀ケ丘花屋敷発の列車に乗車したのは我々だけの貸切状態。
次の川西能勢口まで礒野先生の美声が社内に響きわたり、到着と同時に
一駅間だけのコンサートは終了し車内は拍手喝采となったのでした。
乗ってきた人はただただ驚いてましたが・・・(笑)

花見会までに社用でオリックス劇場(旧厚生年金会館)の
グランドオープニング記念公演を観てきました。
一部は宮川彬良のアレンジで大阪にまつわる曲を新日本フィルが演奏。
二部では下野竜也指揮でベートヴェンの交響曲第7番が披露されました。
f0073587_0532970.jpg

第7番の演奏では各楽章が終了するたびに拍手がおこり下野さんが苦笑いするという
場面がありちょっと・・・・でした。
[PR]
by mido811 | 2012-04-09 00:54 | 一万人の第九 | Comments(4)
京セラドーム見参
f0073587_12134154.jpg


2012年4月6日(金)

大阪のサクラもようやく咲き始めましたね。
福岡の西公園や大濠公園のサクラを思い出します。
今頃、花見客で大賑わいでしょうね。いいナ~

本日は社内の”家族応援デー”ということで
久しぶりに京セラドームに息子、と私の両親を連れて観戦です。
環境の変化に順応しきれていない私は、単調なリズムのゲーム展開にのって
心地よい睡眠タイムとなりました。

対戦相手の楽天のピッチャー”マー君”は初回力投むなしく
後半同点になり、まさかの延長戦。リズム感のないゲームが延長になるとは
予想もしない展開に はっ?でした。
[PR]
by mido811 | 2012-04-07 12:27 | ひとりごと | Comments(0)
サクラ@うつぼ公園
f0073587_18188.jpg


2012年4月2日(月)
仕事の途中、うつぼ公園を通ると開花したサクラとご対面。
未だ三部咲きというところだが、早くも花見用のブルーシートが辺りを覆っていた。

ようやく寒い季節から解放されそう。
聞けば、福岡はサクラが満開だそうだ。
[PR]
by mido811 | 2012-04-03 01:30 | ひとりごと | Comments(0)
燗すずめ
f0073587_23184931.jpg


2012年4月1日(日)
今日も荷物整理に追われ部屋はゴミ屋敷状態です。
単身赴任も良し悪しで、同じものがダブって存在することもあり
これを何処に収めるか四苦八苦です。

今日は、九州の記念にと買っておいた「佐賀県酒造協同組合」
販売する「燗すずめ」を初めて使うことにしました。
九州というと焼酎が浮かびますが、実は九州北部は日本酒の酒蔵が多く
南部へ行くと焼酎ワールドと化します。

「燗すずめ」とは読んで字の如しで、お湯を張った器にすっぽり入る
徳利(130CC)で燗をつけるものでお猪口が蓋代わりです。
90度のお湯を大きな器に張り酒を入れた徳利を3分程入れておくと
丁度良い具合の温燗が出来あげるというもの。
佐賀県ですので器は有田焼となっています。

買って帰った佐賀の「天山」はもったいないので、こっちに置いといて
今日は富山の酒「立山」を燗にしてみました。
肴は旬のホタルイカのからし酢味噌和えです。

ほいでもって、できました!
お~、ええ具合です。
ぬる燗は口当たりといい香りといい麹が作る芸術ですね。
夏には氷を入れて冷酒にすることもできそうですので
暫くは酒の友になりそうです。
[PR]
by mido811 | 2012-04-01 23:36 | ひとりごと | Comments(0)