<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
ホワイトアウトの赤坂山へ③
f0073587_1629317.jpg
       ■赤坂山山頂付近

赤坂山レポつづきです。
団体客のトレースを目印に頂上へ向かうが、アイスバーンのところになると
すっかりトレースがなくなった。こまめに続くトレースを探し歩くと程なく山頂到着。
証拠写真を無造作に撮って、即行で下山開始。

f0073587_16323238.jpgf0073587_163248100.jpg

先のトレースを辿り戻れば良いのだが、肝心のトレースは新雪に早覆われうっすらとしか
分からなくなっていた。これが自然の猛威というものか?初めて恐怖らしきものを感じる。
とうとうトレースが切れ一瞬自分の位置が分からなくなり焦ったが、そこは冷静になって考え
上空に見える電線を頼りに鉄塔を目指すことにした。
f0073587_1634340.jpg

予想通り鉄塔へ戻ることが出来た。
鉄塔に着くと、山頂とは対照的に嵐のような天候は静まり眼下に地上の風景が現れた。
長いトンネルを抜けたような開放感と緊張が解け気が抜けたようになる。
f0073587_1638635.jpg

暫くして、下山開始。
雪も止み、本来の雪景色を満喫しながら下山する。
本当は、こうでなければ来た甲斐なし。これに青空がのぞけば最高なんだが・・・
静かな無音の世界に浸り高度を下げると琵琶湖を一望。

f0073587_16404836.jpgf0073587_16411011.jpg
f0073587_16413989.jpg
f0073587_1644295.jpgf0073587_16444865.jpg
あずまや休憩所に到着し、ようやく昼食タイムとなった。
今日のメニューは平和堂の肉屋の「キムチ鍋セット」。しかし、出汁が少なくて
中華麺を入れるとパスタのようであまり見栄えは良くないが、寒い中で食べる
辛子系フードは体が温まって最高。締めは持参した餅を入れて満腹、満腹。
f0073587_1647166.jpg

あずまや休憩所を出ようとすると、一人の若い女性が立っていた。
「これから登れるんですか?」と尋ねると、「山頂の具合はどうですか?」と逆に尋ねられた。
足下を見るとアイゼンの何も無かったので、山頂は大荒れだと伝えた。
すると、「そうですか」と言ってあっという間にいなくなった。
あれは何? 俗にいう雪女か? あんな可愛い娘やったら雪女でもエエな~。
f0073587_16482157.jpg

腹も膨れ気を取り戻し、再び雪景色を楽しみながらトレッキングを楽しむ。
キュ、キュという雪を踏む音だけを響かせ暫く歩くとスキー場が見えた。
f0073587_1649616.jpg
最後の下り坂は子供のように滑りながら下ってスキー場に到着。
本日も波瀾万丈の一日でしたが、無事帰還いたしました。
[PR]
by mido811 | 2010-01-30 16:57 | 赤坂山・三国山 | Comments(2)
ホワイトアウトの赤坂山へ②
f0073587_0274521.jpg

赤坂山のレポです。
マキノ駅で下車すると駅前には人気ない、コンビニない。
高槻のコンビニでハイボール缶を買っとけばよかったと思わず後悔。
しばらくするとマキノ高原行きバスがやってきてスキー客含め計9名が乗車。
週末土曜日というのにちと寂しい限りだ。
f0073587_22103350.jpg

マキノ高原さらさ前で下車すると目の前には白いゲレンデが広がる。
下車してすぐのこと、横殴りの雪が舞いはじめ暫く様子を見るが止む様子無く
ワカンを装着し、ワカン部隊いざ出発!

f0073587_2211204.jpgf0073587_22113116.jpg
家族連れで賑わうゲレンデを横切るように登山口へ向かう。
登山口に近づくと雪が緩いのか壺足の跡が点在し、それを避けるよう進んでいく。
登っていくと積雪量も増えワカンでも快適に歩ける状態となるが雪は止む気配なし。
時折、枝に積もった雪がバサッという音と共に雪のシャワーを浴びながらトレッキングを楽しむ。
トレースはしっかりついていて迷うことはないが倒木が多いと思いきや張り出した木の枝だったりする。
それもそのはず積雪で地上2m高の辺りを歩いているのだから。
f0073587_2222498.jpg
トレースの跡を見ると圧倒的にスノーシューが多いが、中には登山靴の跡もあって
アイゼンとかナシで登る強者もいるようだ。歩き始めて1時間で雪に埋もれた”あずまや休憩所”に
到着。雪に覆われても僅かな隙間から中に入れるようだ。
f0073587_22364770.jpg
”あずまや休憩所”で小休止。
行動食をはじめて口にして熱いお茶を一口含む。
それまでの寒さが徐々に消え、汗ばんだ体をタオルで拭き再出発。
ますます積雪量は増し、ワカンでも足が沈み思わずウワーッと声を上げる。
降雪も風が加わり吹雪に近い状態でこのまま登っていて良いのか不安がよぎる。
f0073587_0154939.jpg

先程までしっかり見えていたトレースも新雪に覆われうっすら消えかけ僅かな凹凸を頼りに
歩くようになってきた。直登を一気に登ると見覚えのある鉄塔が現れた。あれは確か登山道から
脇にそれて大きなスペースになっていた所。ということは山頂はあと少し。
f0073587_037014.jpg
風は暴風と化し体感温度は一気に下がり雪が顔にあたり凶暴と化す。
地表は風の悪戯で一部が氷ついて不気味に光っていた。

つづく。
[PR]
by mido811 | 2010-01-27 00:43 | 赤坂山・三国山 | Comments(0)
ホワイトアウトの赤坂山へ
f0073587_16215510.jpg

f0073587_1644286.jpg2010年1月23日(土)
雪の赤坂山を見たくて、高槻駅8:01発の湖西レジャー号でマキノ駅へ向かった。
家を出たときは青空が広がり途中に見える愛宕山もすっきり。こいつは好天に恵まれるぞと期待したのだが・・・・

先ず、マキノ駅で乗ったバスの乗客たったの9名。登山口であるスキー場に到着するや
雪が舞い始め登り始めた頃には風が吹き、俗に言う吹雪の状態。
それでも、今朝見た青空を信じ山頂へ向かうと雪と風でトレースが瞬く間に無くなっていく。
幸いにも山頂から下りてきた団体さんに遭遇し、皆さんのトレースで何とか山頂に到着。
即効で引き返すが、今度はホワイトアウトの状態でトレースさえ見えず。

というわけで、今回の登山も波乱万丈でございました。
詳細は後ほど。
[PR]
by mido811 | 2010-01-24 16:53 | 赤坂山・三国山 | Comments(2)
あの「オキナワ」へ~
f0073587_11581570.jpg

1月14日(木)
今日は会社の気の合う仲間と新年会です。
メンバーのひとりである先輩のたっての願いで私にとっては曰く付きの(一昨年11月の出来事)
「オキナワ」で開催となりました。

人気のお店ですので、会社帰りに予約を入れに立ち寄ったところ
私が大トラと化して吠えまくったあの心優しき店長が、私の顔を見るなり
「あ、あっ、あの時の・・・・」
あれから一年以上経過し普通であれば「憶えていてくれて有り難う」でしょうが
思わず「何でお憶えてんのん?」と狼狽するし。
本当は有り難いけど素直に喜べず何だが複雑な心境でした。

しかし、同じ過ちはできませんので毎日晩酌して酒に慣れ、店に入る前は
”ウコンの力”を飲み万全の体制です。もちろん、酒はオリオンビールに限定し泡盛は御法度。
そのお陰で、出された料理に舌鼓を打つことが出来ましたし、ダチョウの刺身なんかも
味わえましたし、何よりも気遣いなく話せ笑うことができ楽しい一時でした。
翌日、一昨年の出来事を知る先輩より安否確認のメールが入っておりました。ちゃんと家に帰ったちゅうの!!
f0073587_12204699.jpg
                            ↑これダチョウだす。
[PR]
by mido811 | 2010-01-16 12:25 | ひとりごと | Comments(0)
えべっさん
f0073587_16451820.jpg

f0073587_1791589.jpg2010年1月10日
恒例の”えべっさん”参り、今年は休日に重なったこともあり奥方様と商売繁盛を願って天満・堀川戎へ行って来ました。営業マンなら神様も味方にしなくっちゃネ。
堀川戎は我社の氏神でありメジャーな西宮や住吉大社に比べると非常にマイナーですが、天満という場所もあってTVではなかなかお目にかかれない古い芸人の方々(本日は笑福亭学光/鶴光の弟子)が笹を売ってたりで古き良き大阪を感じるのであります。
もちろん、露店を見るのも楽しいしね。

奥方様が、お参りして一言。
「会社勤めしている時、○○ちゃん住吉大社の福娘に応募したらってよく言われたわ~」。 私「それやったら、オレもジャニーズにスカウトされそうになったけど」と返事。

もうこの歳になったら言うたもん勝ちです。
[PR]
by mido811 | 2010-01-11 17:10 | Comments(0)
幻想の綿向山でアドレナリン爆-2
f0073587_1235967.jpg

さて、気温は何度くらいだろうか?
道路で-1度だったから-5度くらいだろうか。
それでも風のない雪山を歩くと汗をかいて脱ぐから不思議だ。
山頂を辿る冬道も高度を上げる度にガスが濃くなって蒸し暑く感じてくる。
黒と白のモノトーンの世界を堪能したいので歩足も自然とゆっくりになってくる。
その背後からラリー・ベルさんが抜いていく。
昨年は54回登坂したというから、さすがに健脚、あっという間に抜かされた。
f0073587_1285261.jpg
f0073587_1293131.jpg
f0073587_1210424.jpg

竜王山の分岐を経て山頂に到着。
11:00既に数名の登山者がいた。
周辺はガスに覆われて何も見えないので、諦めて食事とした。
今日は、寒さの中にピッタリと一人用の塩ちゃんこうどんを用意してきた。
これは高槻の平和堂にある肉屋が出している一人用具材セットで、スープが実に旨い。
今回は野菜を足したので、山で食うには最高なのだ。
ということで、匂いが刺激したのかカップラーメンをすすっている方から声をかけられた。
f0073587_12301868.jpg

腹ごしらえもできたところで、下山する事にした。
途中、竜王山につづく縦走路を辿るが雪が深くガスで周囲の視界が悪くなったので
”幸せのブナ”をくぐって引き返すことにした。
f0073587_12313586.jpg

綿向山との分岐に戻り再び幻想の冬道を心惜しそうに下るとギャーという悲鳴がとどろく。
何だ?と振り返ると、ご婦人が尻セードで上から滑り落ちて来る。すごい光景だ!
その後も登山者が次々に登っ来て静かな山も一機に賑やかになってきた。
f0073587_11453847.jpg

五合目小屋に戻ると午前中雲で見えなかった琵琶湖や対岸の比良山が
はっきり見え素晴らしい眺望を満喫。そして、三合目からは雪も融けアイゼンを外して
泥だらけの登山道を下り14:30には御幸駐車場へ到着。
帰り際、てっぺんが白くなった綿向山の雄姿を見てアドレナリン全開モードで無事帰宅した。
来月も行こうかな?
f0073587_12334510.jpg

[PR]
by mido811 | 2010-01-11 12:43 | 鈴鹿・綿向山 | Comments(2)
幻想の綿向山でアドレナリン爆-1
f0073587_1036013.jpg

2010年1月9日(土)
今年の登り初めは、昨年登れなかった綿向山と決めていた。
数日前から「綿向山を愛する会(WAK)」の掲示板で確認したところ
駐車場周辺に雪はないものの頂上には積雪ありと判断。チェーンを装着するのが
面倒な自分にはピッタリの状態なので勇んで出かけた。

8:35御幸駐車場に一番乗りで到着。
駐車場には積雪無し道路が一部凍結あり。
駐車場からヒミズ谷出合小屋までは一部積雪があるものの問題なく歩ける。
到着してアイゼンを装着することが多かったが今日はその必要なし。
そのまま登山道へ入るが、2合目までは土が見える程度に薄っすら雪が被っていたが
2合目を過ぎたあたりから土が見えない程度の積雪に変わる。
しかし、アイゼンの装着なく歩けた。

f0073587_11223466.jpgf0073587_11224524.jpg

3合目まで来るとガスが掛かり周辺の景色が確認できない。
積雪もそれまでのベタ雪から新雪に変わりフカフカの中を歩き、あざみ小舎に到着。
積雪をみて小舎でアイゼンを装着することにした。その時、隣にいる方が「綿向山を愛する会(WAK)」
の腕章をされていたので、「掲示板をみて過去2回登ってますが、ラリー・ベルさんに会ったことがない」
と伝えると、その方こそラリー・ベルさんご本人というのが分かり驚きと感激で思わず「えーっ」と
聞き返してしまった。それから同行して登ることになったが、話に夢中になって途中でストックを小舎に
置き忘れたことに気づき引き返すという失態をしてしまった。

f0073587_11242948.jpgf0073587_11244043.jpg

5合目小屋に到着すると眼下には日野町から蒲生一帯が広がる。
ラリー・ベルさんが待っていて下さり再びご一緒することになった。この道中でも
いろんな話をしていただき飽きることはなく7合目行者堂へ到着。
さすがに、ここまで来ると雪が積もっていると感じる。ラリー・ベルさんは、ここでアイゼンを装着
するというので先行して冬道へ向かった。昨日雪が積もったのかフカフカのさらっぴんの雪で
アイゼンもあまり効かず登りに一苦労、多分正月に飲み過ぎて太ったかも・・・。

f0073587_1126650.jpg
f0073587_11262566.jpg

冬道に入ると、ガスがひどくなり周辺は幻想的であり、モノトーンの世界に変わる。
まるで、別世界だ。風もなく穏やかで無音の世界がますます広がっていく。
青空風景も良いが、こんな幻想的な世界に浸れラッキーだったかも。
小さなひとときの幸せを感じ、アドレナリンが体中を駆けめぐるのであった。

f0073587_11283241.jpg
f0073587_11303710.jpg


次回に続く
[PR]
by mido811 | 2010-01-11 11:32 | 鈴鹿・綿向山 | Comments(0)
初春の夢破れたり
f0073587_23244086.jpg


昨年末、JRの定期券を更新しようと券売機に紙幣を入れていたら
恐らく取り忘れと思わしき釣銭発見。次の日、京阪淀屋橋駅の券売機で切符を
買おうとしたら再び取り忘れらしき釣銭が・・・。同じ日、某所の食堂の券売機でまたまた釣銭発見。
ここまで来たら普通の人なら思うはず「これは虫の報せかもしれない」と。
あ~、神のお告げか?宝くじを買えということか!

で、普段から運には恵まれない私は珍しく宝くじを求め売場に直行。
もちろん、宝くじの買い方をネットで事前にチェックして。
窓口に着くや店員さんに「縦バラ 30枚!」とおとな買い。

さて、結果はというと6等3,000円*1枚、7等300円*3枚の計3,900円。
9,000円仕込んで-5,100円の赤字。しかし、物は考えようである。
これが7等*3枚だけであれば完全に負けと同じイメージだが、投資額の1/3以上を
取り戻し宝くじ30枚を5,100円で買えたと思えばもっけもんである。と言い聞かせねば
何か空しい、寂しい、さもしい(ここまで書くとくどい)・・・・要は全部取られたのでなく半分近くは取り返せた
と思って明日換金してきます。

言っておきますが、1億でも当たってたらBlogなんぞには書きません。
[PR]
by mido811 | 2010-01-06 23:31 | ひとりごと | Comments(0)
2010年の三が日は・・・
新ためまして、新春のお慶びを申し上げます。
本年も何卒よろしく御願いいたします。

さて、1/1には恒例のポンポン山へご来光登山をし1/2早朝よりジョギング開始
午後からいつもの伏見稲荷大社へ初詣。しかし、夕方から体調を崩し
1/3には奥方の実家へ挨拶に行き帰宅した時には完全にダウンでした。
幸いにも1/4は有休にしてましたので一日ぐっすり寝てようやく復活いたしました。
体もボロになってきたということでしょうか?

さて、昨年は「一月一山」と具体的な目標を掲げましたが、今年はちょっと抽象的ですが
「ひとつ前に出る」を目標にしたいと思います。と言うのも、ここ数年は充電でもないのですが
目立たずおとなしい自分でしたが、今年は一歩前に出て自分も含め景色を変えようかと
思います。しかし、のっけから体調不良とは憑いてないことで・・・・・
まっ、Don’t mindでがんばりす!


●1/1(金)ポンポン山ご来光登山。
 出しなに部分月食を観たので、今年はご来光が見ることが出来ると期待したのですが
 厚い雲に遮られ見事に裏切られました。でも、登山者は昨年の倍近い人で賑わってました。
 私は、のんびりセブンイレブンのレトルトおでんとカップ酒で山頂ではお屠蘇モードでした。

           
           いつもなら、あの向こうから日の出を拝めるはずなのだが・・・・
f0073587_197954.jpg

           雲の切れ間からの斜光が木津川を照らす。
f0073587_1973830.jpg


●1/2(土)伏見稲荷大社初詣
 わが家の初詣は氏神である安岡寺と伏見稲荷大社だ。天候も穏やかになった午後から
 伏見稲荷大社へ向かう。神頼みなのか?参詣するのに人数制限がある程の盛況ぶり。
 一気にこれだけの人が来たら神様も願い事をいちいち聞いてられへんと思うけど・・・・。
 これからは、拝む時に住所と氏名を告げるようにせなね。

f0073587_19253493.jpg
f0073587_19261033.jpg

[PR]
by mido811 | 2010-01-04 19:29 | ひとりごと | Comments(0)
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
f0073587_021741.jpg
     ■白峰三山縦走での青富士
[PR]
by mido811 | 2010-01-01 00:02 | ひとりごと | Comments(14)