<   2008年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
めざせ アルプスP/J  燕岳~大天荘編②
f0073587_15281450.jpg
↑『燕山荘と尾根道』


続きです。
山頂は往復30分と思いガスと寒さと強風の中を突っ切ったが、実際には1時間を要し大誤算!
帰路途中、どっかのHPに掲載されていた「イルカ岩」を発見してもウンウンと頷くだけで
とにかく急いで引き返した。結局、デポした燕山荘に戻ったのは14:00過ぎ。
戻ってみると、ガスがきれ穂高の街が切れ間から覗き、これで雨とも無縁かと思えたのだが・・・。

f0073587_15404990.jpg
しかし、尾根の向こう側を見ると白くガスに覆われていた。この先、どんな道かも知れず、地図上の時間を
頼りに計算すると大天荘には17:00前後になりそう。益々、焦りが強くなった。

f0073587_1538213.jpgf0073587_15382697.jpg
燕山荘を離れても、白いガスと強風にさらされているためか歩いても歩いても
同じ風景にしか見えないので距離感が掴めない。少しでも周りの風景が見えたなら
居場所が分かるのだが、行けども行けども同じ尾根道で登って下るの繰り返し。
地図には、槍・穂高をのぞむ気持ちの良いコースとあるが今の自分にはガスの白さで
ぼやけて酔いそうだ。まして、今のところ自分一人だけで誰にも会っていない。
せめて、雷鳥にでも出会えれば和むはずなんだが・・・と呟く。

f0073587_16453738.jpg

f0073587_1558027.jpgf0073587_15591627.jpg
楽しいはずの尾根道は、寒さと強風にさらされて悲しみの尾根道に変貌。
これが、アルプスなのか?整備されているとはいっても、かなりガレた道だ。ましてや
標識は、ほとんどなくルートを誤ればビバークしてもおかしくないと思った。
出発前に同じ所を縦走した人に夕方5時頃ガスの中を歩いていたら、急に肩を叩かれ
誰かなと思ったら誰も居らず、後で聞いたら同じ所で滑落死していたという話を聞いていたので
余計に気味が歩く焦りは募るばかりとなった。

そこへようやく標識が現れ下れば大天井岳である。
「大下り」のポンイントを示しているので、大天井岳まであと2時間。
「大下り」で一機に高度を下げ尾根を巻いて登り返す。登りきって硫黄尾根方向を覗くと
ガスが二層に分離した不思議な現象に出会した。

f0073587_16563654.jpgf0073587_16565647.jpg

「大下り」で4人のパーティーに初めてすれ違い、心なしかホットする。
高度を下げて水平に尾根を巻く途中で、小休止。すると1組の老夫婦と親子と
すれ違った。時刻は16:00前だが、これから燕山荘へ向かうのだったら19:00前後なるが大丈夫か?

同じ風景がとぎれ、切り立った崖に掛かる階段を降り再び登りきると
常念分岐の標識だった。大天荘は常念岳方面へ進むのだが、大きな岩ゴーロの急登で
一機に高度があがる。しかし、体力的にかなりまいっていて息が直ぐあがり、止まっては
呼吸を整えて数m進むを繰り返す。が、なかなか距離が稼げない。時間的にも夕闇が迫り
始め気持ちが折れそうになる。そこへ不思議と家族の顔が浮かび、また一歩を踏み出し
体力的に限界か?と思えた頃、宿泊地である”大天荘”に到着。

ガスと小雨まじりの中、テント設営し体を横にするのが精一杯。小屋で普段飲まない
コーラが無性に飲みたくて買って飲むのはいいが、高度の関係で泡だらけで
飲むとお腹が風船のように膨らみ気持ち悪かった。

f0073587_1719571.jpgf0073587_1720114.jpg

[PR]
by mido811 | 2008-08-30 17:37 | 北ア・槍ヶ岳(表銀座) | Comments(0)
めざせ アルプスP/J  燕岳~大天荘編①
f0073587_9575457.jpg
↑『燕岳遠望』

【行程】
8/20 21:30新大阪発”さわやか信州号”
8/21 4:57JR穂高駅着→6:10JR穂高発(乗合タクシー)→7:00中房温泉着
     7:30中房温泉登山口発→7:46第一ベンチ→8:23第二ベンチ
     9:27第三ベンチ着→10:21富士見ベンチ→11:00合戦小屋
     12:38燕山荘着→13:41燕岳山頂→14:09燕山荘→15:06大下り
     16:51常念分岐→17:32大天荘

ようやく長い長い一週間が終わりました。
未だ体は疲れがとれず特に足の親指は凍傷のようにシビレている状態で
他にストックを持った手の親指も未だシビレが残っていて思った以上にダメージです。
アルプスの大きさを改めて感じる日々です。
では、今回の山旅レポをご紹介致します。



f0073587_959184.jpg出発当日ワクワクしながら高速バスに乗り込んだ。乗客は1/3程度だろうか?バスの車体が古く狭い。隣は、単独行の爺さん、後ろはシャベリ倒しているオバハン二人。京都過ぎたら飲もか?ってオバハンまだ喋る気か!と思いつつ幸いにも眠っておりました。

日付変わって早朝5:00前JR穂高到着。駅舎を見ると明治か大正時代にタイムスリップしたかのような趣、さすがアルプスの玄関口と感心。ここでは自分含め4名が下車しゾロゾロと夜明け前の駅前を歩く姿はまるでゾンビのうよう。と、そこへ乗り合いタクシーが停車していて我々を待っていた。蒸し暑い関西とは違いタクシーには暖房が入っていた。


何処に隠れてたのか?出発時刻にはタクシーは満員御礼。途中、数名拾って超満員となり中房温泉登山口へ向かった。
後ろの人は酔い易いのか?終始窓全開にして暖房も意味無し。ししかし登山口までは1時間のジグザグコースだった。
酔い易い人は危ないかも?

f0073587_1010534.jpgf0073587_1011441.jpgf0073587_10111714.jpg

天気予報とは違って朝日を浴びて到着。みんな一斉に身支度を始めやる気十分。
自分はというとコンビニで買っておいたオニギリ2個をゆっくり食べながら、登山計画書を
作成。その間、多くの人はザック担いで出発していき自分とNHKアナウンサー”友働裕美子”似の女史1名となった。
隣のトイレでシャバでの最後のダイを済ませるとタイミングよくその女史と一緒に出陣となった。

f0073587_10292395.jpg

アルプス三大急登の一つを女史を先頭に登り始める。
さすがアルプスだけあって整備がされ綺麗な階段上になって急登でも登り易い。
第一ベンチまでお互いに言葉も交わすことなく黙々と登り、到着後に埼玉から来た
単独行女史と分かる。彼女は、燕山荘へ宿泊後、大天荘から槍を目指す。水を汲みに
水場へ向かう間、女史は先行出発となったが、第二、三ベンチでは会えず合戦小屋で再会した。

f0073587_10414542.jpgf0073587_10415668.jpgf0073587_10422932.jpg

合戦小屋では何と言っても名物”すいか”を食べなくてわ!(義務に近い)
一個¥800だが、甘くみずみずしい果汁が乾いた喉を潤してくれる。まして山ですいかが
食べられることを考えると十分価値有り。

f0073587_10554343.jpgf0073587_1056469.jpg

天候は第二ベンチを過ぎた辺りから雨となり、その後は降ったり止んだりの
空模様。合戦小屋からは合戦尾根を登るが所々激登り箇所があり雨で湿ったザックが
肩にくい込み徐々にペースダウン。小休止しては息を整え登るを繰り返しようやく燕山荘”に到着。
視界はガスで奪われ強風と寒さに襲われる。近くの砂礫をよく見るとピンク色の”コマクサ”が
見えた。シーズンも終わり枯れかけていたが高山植物の女王の名に相応しく存在感があった。

f0073587_1117784.jpgf0073587_11172442.jpg


燕山荘で大休憩にして、行動食を食べる。周りでは山荘で買ったカップヌードルを上手そうに
食べていたので、お菓子よりやっぱりカップヌードルやんなと思わず後悔。山荘では
コマクサのストラップと山バッジを買い予定通りだと大天荘へ向かうはずだったが、魔が差した?
のか近くだから燕岳の頂上は行っておこうと思い、急にザックをデポして山頂へ向かうことにした。

f0073587_11304415.jpgf0073587_1131994.jpg

しかし、これが後々命取りになろうとは・・・・
次回に続く。
[PR]
by mido811 | 2008-08-30 11:37 | 北ア・槍ヶ岳(表銀座) | Comments(0)
一万人の第九 大阪Dクラスレッスン開始デス。
f0073587_23352896.jpg
「めざせアルプスP/J」の詳細レポの前に、もう一つのP/J、こっちは毎日放送の
P/Jですが・・・私が参加する大阪Dクラスのレッスンが今日から始まりました。
早いもので今回で大阪Dクラス通算5回目の参加となります。

講師は”磯野 清”先生。ピアノは辻もっちゃん!(今年のヘアーはそのまま)
久しぶりに”まさぽん”はじめ昨年のバスメンバーの皆様方に再会いたしました。
ノリさんも大阪D希望にしとけばよかったのに!と思いつつ早速打ち上げの約束を取り付けるのでした。
さて、今年の磯野先生は、バージョンアップ図ったみたいで昨年とは元気が違います。
お口の方も快調な滑り出しで、恒例の「私の名前はサザエ山の磯野・・・波平と違いますよ」
で掴みはOK!ギャラリ-もよく分かっている方達ばかりで、ドン引きどころか
温かい笑いにつつまれ、初回からノリノリの冗舌でございました。

また、指導方法も従来に比べかなり優しく丁寧でして時代の流れですかね?
本日のレッスンは独語の発音から始まり、階音で歌い”D”~”G”までいちゃったよ!
今回のクラスはソプラノ・バスパートの経験者が多いようで、先生もやる気満々でしたが
肝心のメガネと指揮棒を忘れてきたらしく、楽譜が見えないんでしょうか?
階音で歌う要求が多かったような・・・。

大阪Dは昨年に続き、かなりレベルの高いクラスになりそうで楽しみです。
12/7の本番まであっという間、おそらく参加は今年で終わりかもしれないので
1回、1回を大切にして有終の美?を飾りたいと思います。
同じクラスの皆さんも宜しくです!

最後に気になったのは、レッスン中にも関わらずフラッシュ炊いてカメラを撮っている
人、それと携帯の着信音を鳴らしていた人がいたこと。
大人としての対応をお願いしたいものです。
[PR]
by mido811 | 2008-08-27 23:36 | 一万人の第九 | Comments(2)
めざせ!アルプス P/J サマリーです。
f0073587_1723572.jpg
↑【殺生ヒュッテと槍ヶ岳】

昨年来、個人的に立ち上げた「めざせ!アルプス P/J」は
多くの課題、問題を抱えながらも予定をこなし無事帰還できたことをオマケすると
まぁ及第点かな?と思いつつ、正直かなり体力的にも精神的にも堪えました。

お叱り承知で申し上げると、アルプスを知らずして縦走・テン泊にチャレンジした
自分を少し恥じております。無事帰還できたから良かっただけで、実際に現地に
入ると危険が多く潜み経験者でないと難しいというのを身を持って体験しました。
また、小屋泊とテン泊では担ぐ重量の違いで時間も地図通りにはいかず
ましてや足場の違いによっては相当違ってきます。これらを吸収できるのは
最後は経験と真摯な気持ちなんでしょうね。

f0073587_1712419.jpgf0073587_17131226.jpgf0073587_17133237.jpg
今回の山旅は、半分予想通りでしょうか?
8/21 早朝は晴れ間があったんですが8時過ぎには雨に・・燕岳到着時は
     強風と一面ガスに覆われ、そのまま大天井岳を目指す。初心者特有の
     過剰荷物が徐々に堪えペースダウン、17:00過ぎ大天荘に到着。
     ガスと小雨の中、テント設営となる。
     (歩行時間:10時間30分)
8/22 朝から晴天、早朝は雲海に浮かぶアルプスの山々を眺めることができ感動。
     終日、槍ヶ岳を眺めながらの縦走となるが最後の東鎌尾根のアップダウンに
     体力消耗。殺生ヒュッテで幕営すると直ぐ寝入ってしまった。結果的に当日
     槍へ行けば良かったのだが・・・
     (歩行時間:8時間30分)
8/23 当日4:00出発で槍ヶ岳山頂を目指す予定であっったが、生憎3:00から雨模様。
     6:00くらいまで止むのを待つが天候が変わらず撤収。撤収後、雨が止みザック
     担いで槍ヶ岳山頂を目指す。強風と雨の中、槍ヶ岳山荘にザックをデポして
     山頂にとりつく。天候は変わらず、そのまま上高地へ向けて下山。19:00過ぎ
     松本にて宿泊
     (歩行時間:11時間)
8/24 7:10発アルペン松本号(阪急バス)で11:30名神高槻着にて帰宅

f0073587_17141984.jpgf0073587_1714382.jpgf0073587_17145178.jpg
残念ながら、槍の穂先からアルプスを一望することは叶いませんでしたが
晴天の中、槍を見ながら歩くことが出来たこと或いは、雲海に浮かぶアルプス
の山々を見ることができたのは幸運だったと思います。

詳細レポは次回に続きます。
[PR]
by mido811 | 2008-08-25 17:33 | 北ア・槍ヶ岳(表銀座) | Comments(4)
帰宅します。
f0073587_7285933.jpg

松本は朝から雨です。
大阪へ向かうバスは日曜の朝というのに結構乗ってます。
昨日から足が臭いのが気になって気になって・・・
隣り合わせのお兄さん、ちょっと神経質そうやけど。鼻をス-とされるたびにビッビッテます。
[PR]
by mido811 | 2008-08-24 07:28 | Comments(0)
帰還しました。
f0073587_2055828.jpg

今日は松本に泊まります。
[PR]
by mido811 | 2008-08-23 20:05 | Comments(6)
めざせアルプスP/J
f0073587_2127269.jpg

いよいよ新大阪を出発です。
[PR]
by mido811 | 2008-08-20 21:27 | Comments(0)
めざせ!アルプスP/J 詰めました!
f0073587_0342594.jpg

一様、見た目パッキング完了しました。
荷物の出し入れを何回やったことか・・・・
結果として2気室のザックを1気室にして収納容量を稼いだのが
一番収容効率が良かったので採用。あっ、水筒入れるの忘れてるわ!

ところで・・・
嫌な予感がします。(何かを感じる~)
週間天気予報を見ると21日の長野県松本市は曇り時々雨ですと。ヘ~
とうとう雨男の本領発揮到来です。多分ですが、曇り時々雨くらいでは
すまないような気がするんですが・・・初日から試練ですか?もしかして。

雨の中、アルプスの三大急登をレインウェア着て登るが湿気で汗まみれになって
喘ぎながら目的地に着いたは良いけど、横殴りの雨でテントを張ることもできず
小屋に素泊まりしようと思ったら満員で断られて、仕方なくびしゃびしゃになりながら
テントを張っている自分の姿が浮かんできます。いや、すごい妄想やな~。
我ながら感心!えっ、妄想やないって・・・・

これが現実に起こったら、初っぱなからエライ体験修行になりそうです。(泣!)
[PR]
by mido811 | 2008-08-19 00:45 | ひとりごと | Comments(7)
めざせ!アルプスP/J-パッキング
f0073587_18124640.jpg
準備としては実質今日が最終です。
完全なんて、とても言えるものではないですが無ければ無いで
何とかなるもんです・・??
でも、日帰りや小屋泊を考えるとようさんの荷物ですわ!

それに日中の行動食(通称レーション)ですが、普段から行動中は食べない
人なので、いざ行動食と言われ纏めると酒のおつまみ状態になってしまって・・・
ホントは、レーズンとかカロリーメイトとか栄養補助食品なんですけどね
チーズにチーカマ、ミックスナッツ、サラミってテントでビール片手に摘んでいる
姿がイメージされているんでしょうね~。困ったもんです。

さて、テント泊が初めての私にとって情報源は経験者の方のアドバイスでなく
ネットとか本で得たものばかりで、これが正しいかどうかは経験しないと分からないこと
ばかりです。恐らく、行きたい、やってみたい、でもどうすれば良いか分からないという
方もあると思うので、除々にではありますが開示していきたいと思います。
経験者の方には、逆にご指摘いただきますようお願いいたします。

さてと、パッキングするかなっと!
[PR]
by mido811 | 2008-08-17 18:14 | ひとりごと | Comments(0)
~めざせ!アルプスP/J~始動。
f0073587_11455855.jpg


昨年10月以来準備を進めてきましたが、とうとう実行致します。
ルートはいろいろ考えたんですが、先ずは王道から?ということで
北アルプスのランドマーク「槍」を目指す通称”表銀座”を辿る山旅に決定!
50に近いオッサンが初めてテント担いで何処までチャレンジできるか・・・・見物です。

8/20新大阪発”さわやか信州号”に乗車し、いよいよP/J開始です。
[PR]
by mido811 | 2008-08-16 12:00 | ひとりごと | Comments(6)