<   2008年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
桜パトロール
NHK連続ドラマ「ちりとてちん」が今日最終回を迎え終了致しました。
主演の貫地谷しほりの名演は元より周りを支えた役者さんが光っていたと思います。
今回、特に感心したのはキッチュとキムラ緑子の大阪ではどこにもいそうな
おっちゃん、おばちゃんの演技が視聴者、特に関西人を虜にしたのでは?
と思う。総集編が5月の連休に前編・後編と放送されるようなので「ちりとてちん」
フリークにとっては朗報だ。

さて、大阪・梅田界隈の桜が見頃を迎えているので
わが家の周辺は?と思い桜パトロールとなりました。
先ずは、近所の小学校近くにある桜。
ここは、六分咲きといったところかな???
ツボミもあるけど、結構咲いてますね~。
入学式の頃には桜吹雪が舞うので毎年楽しみの一つです。001.gif

f0073587_2311489.jpg

f0073587_2313640.jpg

続いてのパトロールは高槻の桜の名所「摂津峡桜公園」へ
既に”桜まつり”の提灯が飾られ交通整理のガードマンさんも配置につき準備万端。
肝心の桜は?というと残念ながら未だ一分咲き。
というか、咲いてませ~ん!
地球温暖化で早咲き傾向だそうですが梅田界隈とエライ違いです。
公園では、早くも花見気分で酒宴が開かれ無理矢理盛り上がってたけどチョット・・・・
雰囲気サブいよ。オッチャン!037.gif

f0073587_2395346.jpg

f0073587_2310440.jpg

[PR]
by mido811 | 2008-03-29 23:26 | 摂津峡 | Comments(0)
ポンポン山 福寿草 満開
会社で嫌なことがあり数日何もしたくない状況でした。
くよくよしてても始まらへんし、同情はされても助けてくれる訳でもないし
と気持ちを早よ切り替えなと思っていた矢先、明日の天気予報の”晴”マークが
飛び込んできて思わず体を動かしてくれました。(山好きの性かな~?)

2月あたりから「ポンポン山・福寿草」の検索ワードで当BLOGがヒットしている
件数が日増しに増え気にはなっていたのですが・・・
時期遅れ?とは思いながらも、とりあえずポンポン山へ。
予報通りの本陽気、野には蓮華、たんぽぽの花盛り・・・とまではいきませんが
シーズン終了か?と思っていた福寿草は幸運にも超満開でした。
この光景に思わず感動、感動。ひたすら感謝、感謝です。
何故か気持ちのなかで泣けてきます。(神は未だ我を見捨てずの心境)
監視員の方にうかがうと今年は雪が多く開花が遅れ、本来は2月あたりから
順次開花するのが今年は3/20から一斉に開花したようです。

監視員さんに「今日ここに来られた方は、ほんま運がいい。天候に恵まれ一斉に開花
しているのは滅多に見られへんよ。」という言葉が今の自分にはしみたなぁ~。
次は桜、山椿にカタクリと春がやって来ました。

f0073587_1001337.jpg

f0073587_1003063.jpg

f0073587_1004928.jpg

f0073587_101762.jpg

f0073587_1014913.jpg

f0073587_101585.jpg

f0073587_1015273.jpg

f0073587_112337.jpg



[PR]
by mido811 | 2008-03-23 10:16 | ポンポン山 | Comments(2)
ちりとてちんフリーク爆!大蔵ざらえ  
今、帰ってきました。
続きです。

■中庭
格子戸を開けますと枝折戸があり、そこを抜けると中庭です。
テレビですと照明のあて方なんでしょうが、見事な竹林にみえますが
あの竹林も造花というのでしょうか?要は作りもんです。
現物を見ると、どっからみてもバッタもん?いや失敬!偽物です。
f0073587_18114845.jpg
f0073587_18122573.jpg
f0073587_18142842.jpg

■寝床のおまけ
 店主・熊五郎がいつでもオンステージできるようにと作られた特設ステージ
 ですが、寝床寄席にもなります。
f0073587_18183681.jpg

左から:寝床寄席のポスター、熊五郎直筆献立

f0073587_18203152.jpgf0073587_18205580.jpgf0073587_18211947.jpgf0073587_18213733.jpg
f0073587_18594247.jpgf0073587_190547.jpg
熊五郎のオススメMENUは落語の題に掛けているようです?
菊菜グラタン・八宝菜助・辻占茶漬け・こわい饅頭・きのこのコホメッタ
f0073587_18232376.jpg
最後にNHK大阪放送局全景。収録は9Fのスタジオで撮影されていました。
ちなみに右の建物は大阪歴史博物館です。
番組関連グッズのコーナー(BKプラザ)では”ちりとてちん”手ぬぐいと藤本有紀著
”ちりとてちん”上下巻、期間限定で”若狭塗箸”の販売コーナーもありました。
ホームページの情報では”徒然亭”家紋入りTシャツの製作販売も計画中のようです。
f0073587_18353753.jpg

また、3/29・30には”ちりとてちん”ワールドと題して特別番組が放送されます。
最後の最後までフリークとしては目が離せまへん!
これで、どこが低視聴率や!ちゅうねん。
[PR]
by mido811 | 2008-03-13 18:48 | ひとりごと | Comments(8)
ちりとてちんフリーク爆!大蔵ざらえ
嗚呼、もう~moeさん!
また私の「ちりとてちん魂」に、油を注ぎましたね?
今回は、期末決算大蔵ざらえといきますか!

■次の間(居間と台所との間です。)
f0073587_1524429.jpg


■台所
 内弟子さんの家事手伝いシーンでよく見ますよね。
 左奥の棚をよ~く見て下さい。
 あの箱、ほら。草原がDIYセンタで実演販売していたハンドミキサーの箱です。
 そして、テーブルを見ると草々のばかデカイ茶碗とお椀が・・・・現物みるとデカサにも程があり ます。
f0073587_158312.jpg
左:食器棚です。すっきりしてますね~ウチと偉い違いや! 中:バカデカ茶碗とお椀  
右:ハンドミキサーです。流し台の上に置いてるのを発見。

f0073587_15103598.jpgf0073587_15105395.jpgf0073587_15115750.jpg

■離れ(喜代美と草々の部屋)
 草々が部屋を仕切る壁を蹴り破り喜代美を抱きしめ「今日からおまえがオレのふるさとや」
 って言う名シーン憶えてますか?
f0073587_15173688.jpg


左:喜代美の部屋側から見ると・・ 右:草々の文机です。机の前には座右の銘が張ってます。
その横には”小浜”の海のスナップ写真かな?
これ実は、林家三平さんの座右の銘だそうです。

f0073587_15253036.jpgf0073587_152552100.jpg
左:喜代美の化粧品、右側には何故か?”三国志”が積んでいます。
中:草々の文机にあるひとつ。結婚式の家族写真と徒然一門との写真  右:草若落語全集1-8巻です。
こんなんあったら買いたいわー。

f0073587_15353648.jpgf0073587_1536121.jpgf0073587_15361343.jpg

■門
 門は格子戸になっていて玄関の左右には扇子をモチーフにした飾りがあります。
 草若師匠の本名が”吉田仁之助”って知ってました?表札で私は知りました。
 
f0073587_161171.jpg


今回で完結させる予定でしたが、ただいま奥方様が買い物に連れて行け!と仰るので
チョット中座させていただきま~す。
では、後程042.gif
[PR]
by mido811 | 2008-03-13 16:07 | ひとりごと | Comments(0)
ちりとてちんフリーク爆!
いや~本当はお蔵入りするつもりだったんですが
moeさんのコメントで我が”ちりとてちん魂”に火がついたようで
改めて、先日公開されました”ちろとてちん”の収録セットについて
ご報告いたします。

実は、先週木曜日に運転免許更新(当然ゴールドでない)の為
休暇を取ったついでに、再びNHK大阪放送局へ出向き前回のリベンジを
果たしたのでありました。
何回見に行くねんってか!底抜けに”アホ”かいな?

相変わらず人の多いこと。
特に「毎日が日曜日」の方々が大半で行列ができておりました。
実際に見学している人はまばらなのに何故こんなに行列が出来るのか?
並んで納得しました。
ご年輩の方が、携帯で写真を撮られるのですが、どうも画像が静止しないのか
それとも手が震えて静止しないのか?定かではありませんが一枚撮るのに
相当時間を要し、あげくに交代で撮りあうのでその間列は動かず渋滞に・・・。
かと思うと、いつの間にか知らないご婦人数人が私の前に並んでいたり
隙あらばって感じでしょうか?


■草若師匠の部屋
f0073587_0726100.jpg
左:文机には師匠愛用の硯、横には蜩が  中:硯の横には福助(チョット不気味)と愛宕山にちなんでタンポポ  右:小草若が購入した仏壇に師匠と女将さんの写真、その横には「ちんと鳴らして下さい」と書いています。尚、畳は琉球たたみだそうです。

f0073587_085392.jpgf0073587_091891.jpgf0073587_092970.jpg

■稽古部屋
f0073587_019650.jpg

部屋の向かって左上にあるのが草若の持ちネタ50選が書かれている木札。右端にあるのは
着物を収納する桐タンス。
左:徒然亭の楽屋提灯  中:怪し気な楯、一部には関東ライフル選手権とか関東陸上大会
の楯もある。  右:上方演芸委員から贈呈”話芸祭大賞”の賞状

f0073587_0285971.jpgf0073587_0294132.jpgf0073587_0295618.jpg

■居間
f0073587_0385175.jpg

左:よく見て下さい!ふすまの柄も蜩です。 中:欄間は扇子をかたどっています。
右:縁起棚と言うそうです。縁起棚の手ぬぐいにも蜩が

f0073587_0474291.jpgf0073587_048111.jpgf0073587_048427.jpg


まだまだありますが、今日のところはこの辺りで・・・
[PR]
by mido811 | 2008-03-11 00:58 | ひとりごと | Comments(2)
ちりとてちんフリークが行く!
f0073587_13261889.jpg

この暖簾を見て、ピン!とくる人は底抜けに朝ドラ”ちりとてちん”
フリークとお察し申し上げます。026.gif
かく言う私もその一人で、毎朝の通勤時は携帯ラジオでTVの音声を
聞き土曜日にはBS2で1週間分を纏めて見ております。山へ行ってるときは
録画をし欠かさずチェックしております。
そろそろクライマックスに突入でしょうか?毎週末土曜日の放送では、悔しいけど
泣かされっぱなしです。(歳で涙腺が弱くなった?)
今週も小梅婆ちゃんが秀臣を抱きしめて「ゴメンね、ゴメンね」と泣くシーンや
兄弟子草原が、いつまでも思い出にしがみついている草々に「着るもんも身の振る舞いも
身の丈に合うたもんを身につけんとあかん」と諭すシーンにはジーンときたなぁ!あ~涙、涙。

f0073587_1337212.jpgf0073587_1337126.jpg
3/1NHK大阪放送局で、”ちりとてちん”のドラマ収録セットを
特別公開(2/29-3/9)していると知り思わず行って参りました。不覚にも昨晩から微熱があり
午前中は風邪真っ最中の奥方様とつれもって病院に行き、その後NHKへ向かうのでした。
予想はしてましたが、それ以上の観客で溢れ長蛇の列が出来ておりました。
観覧は午後6時までですが、時系列で列は伸びついには館内を通り抜け
寒空の外まで続いてましたので、体調が悪いこともあってあっけなく撤退する事にしました。
折角なので、帰りは天満の”菊水”さん名物の”どらやき”を買って帰りました。

f0073587_1338227.jpgf0073587_13381965.jpg

それにしても、すごいファンの数に驚くばかりです。
多くの人達をこれ程まで魅了するのは、ひとえに練りに練った本の中味に
あると思います。師弟関係を中心に落語のストーリーを絡めていく縦と横、斜めから
エッセンスを結びつけていくアルゴリズムの精密さにあると思います。
恐らくかつての”ちゅらさん”のように第二幕があることを願うばかりです。

f0073587_13423037.jpgf0073587_13424910.jpg

ドラマセットも映像に映って無い所にも相当こだわって作られています。例えば
離れの弟子部屋に張ってる草々の座右の銘「師恩 努力 忍耐」「笑わせる腕に
なるまで泣く修行」は故林家三平師匠の座右の銘であったり
稽古部屋の欄間に飾られている落語50選の木札は故桂枝雀師匠の家にあったものを
モチーフにしてるとか、暖簾や提灯にある”寝床”の文字はキム兄の直筆だったり
”徒然亭”が吉田兼好の徒然草にちなんでいることや、紋が徒然草の冒頭にある
”日暮らし・・”と「地上に出たら思いっきり声を響かせろ」「芸人の生活はその日暮らし」
という意味をかけて折り紙の”蜩”が型どられたとか・・・・まだまだ山ほどありますよ!
よ~く見てください!提灯に”小草々”の文字が・・・木曽山君の芸名かな??

まだまだ、細かいこだわりがあるようですが次回再チャレンジして
こだわりを確かめてきます。

■ドラマで取り上げられた上方落語がフルバージョンで放映されます。
3月3日(月) 深夜2:55~
・「愛宕山」 桂 文枝

3月4日(火) 深夜2:45~
・「辻占茶屋」 林家染丸

3月5日(水) 深夜3:00~
・「ちりとてちん」 桂 南光

3月6日(木) 深夜3:00~
・「たちぎれ線香」 桂 文枝

3月7日(金) 深夜2:10~
・「はてなの茶碗」 桂 米朝
[PR]
by mido811 | 2008-03-02 13:48 | ひとりごと | Comments(6)
週末の1,000円ワイン
f0073587_1050217.jpg
週末、ワインを阪神百貨店で試飲して買って帰るのが楽しみでしたが、
先週より、地下鉄四ツ橋線の本町駅近くにある”ファンヴィーノ”へ通ってます。
仕事中近くを通る度に気になっていたのですが・・・

試飲こそ出来ませんが、このお店の2007年度ベスト1である
イタリア”/SOLDIMERA”を買ってみました。
濃いルビー色ながらミディアムボディでシャープな味。奥方様はお気に入りのようです。

今回は、2007年度ベスト2 スペイン/ビンス・パドロ イプシス クリアンサです。
同じく濃厚な味わいながら、後味がほのかに甘い、非常に飲みやすく
癖になります。奥方様と一機に1本いきました。

面白いもので、ワインセラーを替えるだけで、知識がなくても
違った味が楽しめる。ワインって奥が深いなぁ~。
また、お店の店員さんの対応も好感が持てます。
さて、来週は何にしようかな???
[PR]
by mido811 | 2008-03-01 10:53 | ひとりごと | Comments(0)
雨男、金剛山を巡る。-おしまい
続きです。
そのままダイトレを進むと香楠荘があるピクニック広場に到着。
時間も12時をまわった頃なので、広場にあるドーム型の建屋で昼食とする。
建屋は屋根があるだけで、吹きさらしだけど多くの登山者が昼食を摂っていた。
今日のメニューは、奥方様特製オニギリと大好きなエースコック”ワンタンメン”に
ゆで卵とワカメをトッピング。出来上がって食べようとするが手がかじかんで上手く
動かない。恐らく気温は吹雪によって-7度以上ではないだろうか?
f0073587_8373422.jpg

腹ごしらえも出来、再び歩き出す。
水を飲もうとするが、ペットボトルの水は凍って出てこない。
ポイントである伏見峠に到着。よく見ると伏見峠と書いた青いカードが木の枝に
ぶら下がっている。ここからもロープーウェイのりばへ下山できるが久留野峠まで進むことにした。

f0073587_8452576.jpgf0073587_8455257.jpg

大半の人が、伏見峠から下山するのか?伏見峠以降は人気が無くなる。
寂しい反面、吹雪も収まり無音の静かな山を堪能。
この素晴らしい風景を一人占め。映画のワンシーン?そんなロマンチックなものではないが
何とも形容し難いなぁ~。だから雪山は止められません。
f0073587_8514629.jpg

f0073587_858216.jpg

f0073587_8591736.jpg

静寂の銀世界に浸り、軽くアップダウンを繰り返すと
久留野峠に到着。それにしても標識の多いこと。
ここから下山してロープーウエィのりばへ向かうが、反対側へ下山すると奈良県五条市
に至るようだ。幸いにして前方に登山者発見。滑りながら激下りして楽しそう!
自分もやってみるが、結構難しい。

f0073587_9104486.jpgf0073587_9105872.jpg
高度が下がるにつれ積雪量が減るのが分かる。
途中、ザックを下ろしコーヒーを沸かして羊羹にかぶりつく。甘いものが有り難い。
お茶を飲んでいると、下山だけかと思いきや登坂する人もいる。
この時間から登って何処へ行くのか?よくわかりませんが・・・
再びザックを背負い下山すると直ぐに車止めに到着。
頭上を見上げるとロープウェイのりばが見えた。

f0073587_9215090.jpgf0073587_9225080.jpg

アイゼンを外し、少し離れたバス乗り場へ移動。
富田林行きと河内長野行きが待機し、運良く河内長野行きの臨時便が来たので
乗車し無事帰宅。

総括すると、金剛山には樹氷が似合う。また様々な顔が見えて歩いていて
飽きないのが特徴か?コースも道の整備が行き届き初心者からベテランまで
楽しめると思う。また、訪れたい。
[PR]
by mido811 | 2008-03-01 09:25 | 金剛山 | Comments(1)
雨男、金剛山を巡る。-3
続きです。
葛木神社から仁王杉の看板の方へ進むと樹氷に覆われたブナ林が現れた。
その美しさに登山者は、見とれるばかり。

f0073587_7553979.jpgf0073587_7555935.jpg

ブナ林の間から正面に”葛城山”を遠望。丁度、山頂だけがスポットライトのように
日に照らされている。
f0073587_7564543.jpg

更に進むと「あれ?どっかで見た風景やな~」と考えていると
浮かんできました!
ほれ、南海電車の金剛山ハイキングの広告ですやん。
こんなんと、ちゃいましたか??
f0073587_7572261.jpg

”ダイアモンドトレール”の標識で、ここが通称”ダイトレ”であることに気づき
チョット感激。お~、これが、かの有名な”ダイトレ”か~。
一ノ鳥居辺りから天候がにわかに悪化し始め、”金剛山山頂周辺マップ”
に着く頃は猛吹雪となった。

f0073587_757524.jpgf0073587_75811.jpg

雪質がサラサラなので、体のあちこちにまとわり付く。特にカメラのファインダーに
入ってきたのには難儀した。口でフーッと息を吐くと飛び散るが、それの繰り返しで・・。
そうしていると、いつも間にか”展望台”に到着。
生憎、吹雪により視界ゼロ。暫くすると晴れる?と期待して展望台に登るが
無駄な抵抗。諦めて進み出したところでワン連れの登山者に遭遇し冷えた気持ちが
チョットだけHOTに。

f0073587_8131032.jpgf0073587_8142826.jpg

依然、吹雪はつづくのだった。
[PR]
by mido811 | 2008-03-01 08:32 | 金剛山 | Comments(2)