<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
雨男、武奈ケ岳に嫌われてー冬編ー ①
f0073587_210489.jpg
1月26日(土)
樹氷の武奈ケ岳をめざし、昨年9月以来のリベンジ。
当初、車で綿向山に行く予定だったが家の辺りも積雪となったことから
車は危険という奥方様の強い要望を受け電車で行ける所=武奈ケ岳へ変更となった。

堅田駅8:45発の坊村行きの江若バスは、登山者で溢れ臨時バスが運行される盛況ぶり。
坊村の登山口からアイゼンを装着し急登を登りはじめるが高度を上げるにつれ
積雪量が増えアイゼンが利かずなかなか前へ進まない。
いたずらに時間が過ぎ焦るばかり。
武奈ケ岳から下山してきた人の話では積雪量が多いためアイゼン歩行では
無理と聞かされる。天候不順もあって結局、今回も手前の「御殿山」で勇気ある撤退となった。
悪夢再びである。
下山途中もチョットしたアクシデントに見舞われ今日はどうもスッキリしまへん!

しかし、その引き替えに新たに購入したアンダーウェアやアンダータイツそして
グローブの性能評価が出来たし、それにアイゼン歩行でのコツのようなものを
会得しスノーシューやワカン装着のタイミングや便利さを体験したし
念願の樹氷も見ることができたし、悪いことばかりではなかったので一応ヨシとしておこう。

詳細はこの後に続く・・・。
[PR]
by mido811 | 2008-01-28 02:13 | 比良・武奈ケ岳 | Comments(0)
雨男、三峰山より遠望ス。-3
三峰山の続きです。
樹氷が観光スポットとあって登山道はよく整備されている。
あっという間に”登り尾コース分岐にある非難小屋に到着。
非難小屋からは、そこそこ積雪もあって今年最初のアイゼン装着となった。

f0073587_12191597.jpgf0073587_12192982.jpg

非難小屋から三畝峠にかけて溶けずに残った樹氷を発見し感動!
これ、これ、これを見たさにやってきたんやんかいさと。
今までのモヤモヤとした消化しきれないものが一機に解消されていく。
嗚呼!至福の時間。
f0073587_12245345.jpg
新道コースとの分岐である三畝峠では、数名が下山していった。
三畝峠からは一機に積雪が増え、視界が広がる。
稜線上にでたので、頂上は近い。

f0073587_1228339.jpgf0073587_12284682.jpg
前方にアイゼン歩行が初めての人達が、コーチ役の人にアドバイスを受けながら
歩いている。自分も後ろからそっと追従。
雪山のすばらしさに皆が感嘆の声を上げている。
だから、自分も止められませ~ん。と呟く。
”御嶽山”ビュースポットの看板発見!
年に数回”御嶽山”を見ることが出来るらしい。
でも、”御嶽山”こそ見えないが、ここからの遠望も悪くない。

f0073587_12373447.jpg

12:30三峰山山頂到着。
さっ、お待ちかねメシ、メシ~。
今日のメニューは、我家特製”餅”入り「レトルトおでん」とコンビニおにぎり。
寒い日には、温かいものに限りま~す=3。
実は、ザックにワンカップを忍ばせていたのだが、時間の関係で今日はなし。(泣)

f0073587_12471855.jpgf0073587_12472931.jpg
食事後、三脚を建ててセルフポートレートの撮影にかかる。
周りの人達は、背中を撮影し三脚との間を右往左往する姿に???という顔。
撮影も終了後、樹氷のスポットである”八丁平”を経由し下山することにした。
ここも雪は融け、登山道は泥だらけ。唯一、高見山方面の山々を見渡すことが出来た。
一旦”三畝峠”に戻り、避難小屋へ向かい、下山は”登り尾コース”を辿る。

f0073587_1373818.jpgf0073587_1374897.jpg
結果的に下山を”登り尾コース”にしたのは正解であった。
と言うのも、上りが少なく下りが大半なのでお疲れモードの帰路にはぴったりだった。
逆に言うと、往路では使わない方が賢明ということになる。

f0073587_1324436.jpg

”登り尾コース”の途中にもトイレ付き非難小屋があり、整備されていて登山者に優しい。
そして、スタートした”みつえ青少年旅行村”に到着。
既に下山した人達が地元土産を物色しながら16:00最終のバスを待っている。

f0073587_13242288.jpgf0073587_13243458.jpg

バスに乗車し発車と同時に奈良交通の職員さん全員が「ご乗車有り難うございました」と
頭を下げて見送ってくれた姿に驚き、また感動してしまった。
当たり前と言えば、当たり前だが、我々を「お客様」として扱ってくれたことが伝わってきて
何となく嬉しかったのかも。

ということで、お目当ての樹氷にはお目にかかれなかったが、
ちょっとした感動を得られたことで「今日も一日スマイル」でした。
[PR]
by mido811 | 2008-01-27 13:34 | 台高・三峰山 | Comments(0)
雨男、三峰山より遠望ス。-2
近鉄榛原駅から三峰山行きバス”樹氷号”に乗ること1時間。
登り口である”みつえ青少年旅行村”に到着。
既に樹氷ツアーの客で賑わっている。
でも、周りは雪らしきものは何ひとつなく・・・・

f0073587_2330332.jpgf0073587_23301633.jpg
まず、往路「不動の滝コース」をめざす。
緩い登りを進むと避難小屋到着。
相当汗をかいたので、インナーを脱いで体温調節し一旦休憩。

f0073587_23353184.jpgf0073587_23354071.jpgf0073587_23354897.jpg


”不動の滝コース”がここから始まる。
僅かに進み小さい鳥居をくぐると真前に滝が現れた。
"不動の滝”だ。

f0073587_23392343.jpgf0073587_092668.jpg

厚い氷に覆われた橋を慎重に渡るとジグザグの林道となり高度を上げる。
高度を上げるにつれ残雪が広がり、とうとう真っ白になった。
気温が下がるものの汗が止まらず、アウターを脱いで温度調整し
アンダーシャツとTシャツだけになる。
ようやく一帯が雪山らしくなり僅かに期待が膨らんだ。

f0073587_0101156.jpgf0073587_010291.jpg

f0073587_2348565.jpgf0073587_23481549.jpgf0073587_23482658.jpg

[PR]
by mido811 | 2008-01-22 23:55 | 台高・三峰山 | Comments(4)
雨男、三峰山より遠望ス。-1
f0073587_13453127.jpg
【三峰山頂上より倶留尊山・大洞山を遠望する雨男】


成人式という大きなイベントを終えホットしていると、いきなり寒波襲来。
冷蔵庫状態のPC部屋になかなか立ち入れず、Blog更新が滞がちでございます。

が、しかし!山は雪で覆われ樹氷・霧氷の季節。
今登らずして何時登るのか?ということで行って来ました樹氷で有名な”三峰山”。
二駆のマイカーで現地に行くとなるとチェーン持参でないと・・・ああ面倒だわ~。
とネットで検索していると近鉄榛原駅から奈良交通が”樹氷号”という
直通バスをこの季節限定で運行しているようだ。
ジョルダンで時刻を検索。
1月19日土曜日
高槻駅7:27発の新快速乗車して近鉄鶴橋駅8:17発急行に乗車できると榛原駅に9:05着。
榛原駅に着くやいなや老老男女が一斉にバス乗り場に走ります。
バスの職員から「全員座れるようバスを用意しています」という掛け声もむなしく
生きてきた時代の違いでしょうか?我先にと走る。横入り当たり前。
いくら年輩者に登山がブームかもしれないが、年輩者だからこそ手本になるような
行動、ルール遵守、品格を見せて欲しい。
正直、年輩者と言えども”自分勝手過ぎるぞ” ジジ・ババ!

約1時間かけ終着の”みつえ青少年旅行村に到着。
周りを見渡すが雪らしいものは何一つなく、どうやら樹氷どころではなさそうな予感が・・・
今回のコースとして往路は”不動滝コース”からとりつき帰路は”新道コース”を計画
していたが、時間が読めず”登り尾コース”で下山となった。
樹氷・霧氷のビューポイントである”八丁平は雪もなく登山道は泥だらけの状況。
登山している人は分かりますよね・・・雪解けのあの泥、泥。
山頂周辺はアイスバーンと30cmの積雪でアイゼンは必須。
今年最初の登山は、樹氷こそ見ることができなかったがアイゼン装着で
雪の中を走り回れたので良しとしなければ(おいらは犬か?)・・・と自分に納得させる。

詳細は、後日ご紹介しま~す。
[PR]
by mido811 | 2008-01-20 14:45 | 台高・三峰山 | Comments(2)
”えべっさん” 運も実力のうち?
f0073587_1218136.jpgf0073587_1218124.jpg


さて、1/4から仕事始め。
1/7は七草粥をすすり、1/9からは”十日戎”通称「えべっさん」です。
毎年、神にもすがるおもいで南森町の”堀川戎”へお参りしています。
営業マンは、「運も実力のうち」ですから神様!となるわけでございます。
でも、こうやっているお陰で無事に過ごせているのです。
「運」しかないのかって?その通りです。
嗚呼、えべっさんに感謝、感謝!

年末は、帚木 蓬生著「閉鎖病棟」を読んで涙、涙に暮れ、昨晩から
高嶋哲夫著「ミッドナイトイーグル」を一機に読み終えたところです。
映画化されているようですが、内容は、どんでん返しもあって読み応え十分です。
舞台が北アルプスの槍ヶ岳で、アマチュア無線が登場するところなんかオタク心をくすぐります。
実は、私もアマチュア無線の資格を持ってましてコールサインがJF3○●○でございます。
自分で言うのは恥ずかしいのですが、文系でありながら意外と理系なのです。
昔は、無線機やアンテナを自作で作っておりました。

そんでもって久々に無線が恋しくなって小型の無線機が欲しくなってきました。
ネットで検索すると手に収まるサイズでゼネガバ(全放送周波数)対応なんかもあって
登山の緊急用に使えそうです。
よっしゃ!今から恵比須町(大阪の電気街)へ見に行って来ます。
そら、戎は恵飛須でもエビス違いや!
もう、あんたとはやっとられへんわ!ほな、さいなら。
[PR]
by mido811 | 2008-01-12 12:55 | ひとりごと | Comments(4)
着物で初詣
f0073587_1374218.jpg

1/2 わが家の初詣は何故か?伏見稲荷と決まっています。
元旦は、飲んで食って寝てでしたので2日目に行きましたが、恐ろしいほど
人がいません。千本稲荷をくぐって本堂に帰ると神社の関係者が掃除をする始末。
今年は景気が悪いのか?それとも天候が悪いのか?どっち?

今年は日常生活で忘れている礼儀・作法を見直すために着物を着ようと計画。
しかし奥方様より片づけが大変とクレームがつき一時断念。
しか~し「タンスの肥やしにするのはもったいない」と再交渉し、めでたく着物を着ての
正月となりました。

普段から着物を着る習慣のない私ですが、着てみると温かく背筋は伸びるし
小幅でしか歩けないことも判り、日本文化に触れたような気分になって、かえって
この窮屈さも嬉しさになりました。
街中に出掛けても着物姿を見ることが無く、逆に希有な目で見られましたが
これが意外に快感なんですな!
着物姿で先日購入した野点セットで御茶をたてましたが
家族の雰囲気もどこか厳かになり期待以上の成果となりました。

PS.因みに、おみくじは久々の”大吉”でした。
   こりゃ春から縁起がええでとばかり気分はさすがにgood!
[PR]
by mido811 | 2008-01-04 01:55 | ひとりごと | Comments(7)
新年あけましておめでとうございます。
皆様、新年あけましておめでとうございます
本年も旧年同様宜しくお願い申し上げます

f0073587_12565935.jpg

f0073587_12254873.jpgf0073587_12255884.jpgf0073587_12261852.jpg
昨年に続き、元旦早朝よりホームベースであります”ポンポン山へ
ご来光登山を敢行。日頃の行いのせい?か天気予報に反し素晴らしい
ご来光を拝むことが出来ました。今年はさい先がエエで!
久々の山でしたが、手、足凍るぐらい寒かった~。
寒いが故に見事な夜景(左:京都 中;京田辺方面 右:大阪)と満天の星に
恵まれ、朝焼けの空を焦がす日の出を今か今かと待つのでした。
そして、元旦当日は飲んで、寝て、また飲んで、熟睡の充実の一日でした。ブハ~!

f0073587_12223953.jpgf0073587_12231272.jpgf0073587_12232045.jpg
f0073587_12512190.jpgf0073587_12513588.jpgf0073587_12514650.jpg

今年は、去年に続き歌い、登り、走り、そして、ブログ(撮る)?という年にできるよう
「一生懸命」を心掛けたいと思いますので宜しくお願いいたします。
[PR]
by mido811 | 2008-01-02 12:37 | ポンポン山 | Comments(4)