<   2007年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
DVD届きました!2007年ともいよいよお別れです。
f0073587_335472.jpg

本日、待ちに待った”万九”DVD+CDが届いた。
感想としては、演奏、合唱共に今までに無い出来映えに満足!
25周年記念曲”Orbis”をあらためて聴きいた。”Orbis”という合唱部分の響き具合は
まるで教会のミサのようで予想以上の出来にウルウルものです。
オタッキーな話になりますが、従来のマイクの種類やセッティングに変わりは無いのですが
一音、一音が見えるようなレコーディングに仕上がっておりミキサー替えた?或いは
エンジニアが変わった?と思えるような印象を持つほど素晴らしい。
映像にしても従来とは工夫のあるカット割で新鮮さを感じた。

さて、肝心の第九ですが演奏は今まで参加した中で一番しまった演奏で
聴いていてハラハラするどころか心地よく聴けた。大阪城ホールという体育館で
音が抜けていく環境を克服し太い音を奏でた演奏者のスキル、努力に完敗だ。
合唱についても佐渡さんがインタビューで答えていたように非常に精度が高く、
個人プレーで一人がなって歌う者もなく、よく一万人が纏まったものと感心!
2007年の第九は、「上出来」。これをもって完遂でございます。

さて、大晦日ということで”私のこの一年を振り返ってみますと

■長女が20歳になった。
  親としては何もしてやれず申し訳ないの一言ですが、よくぞ何事もなく
  成人を迎えてくれたという感謝と私としては家族を養うのにひたすら走り続けて
  来たあっという間の20年でもありました。これからも”愚直”に生きるぞ!と

■富士山に登った。
  年初から山へ登る機会が増え、とうとう日本一の山”富士山”登山を決行。
  3000Mから眺める景色にすっかり魅せられ、以後百名山中心(白山・御嶽山
  ・恵那山)の登山が増加。
  来年こそはと日本アルプス縦走を目指しジョギングを開始。

■ジョギングの継続で恩恵あり
  富士山登山を前に高山病予防にと始めたジョギングが土、日曜関係なくほぼ毎日
  続けられ飽き性の本人もビックリ!こんな一面もあったのかと自分に感動。
  お陰で、禁煙して太った体重から13kg減という恩恵を得た。
  よっしゃ!これでアルプスへテント泊じゃ~。

■「一万人の第九」連続4回参加
  新たな世界に飛び込もうとふとしたキッカケで参加した「一万人の第九」も通算4回目
  の参加となった。昨年からBlogのご縁で多くの方と知りあい「万九」を歌うだけでなく
  レッスンに参加することへの楽しみも倍増。打ち上げには、大阪Dクラスの磯野先生
  辻元先生とご一緒でき祝杯も交わせ記憶に残る第九になった。
  来年も参加できればと願うばかり・・・・。

皆さんの一年はいかがでしたか?
ご覧いただいている皆様、コメントをいただいた皆さんには感謝すると共に
皆さんにとって来年2008年が良き年になりますよう祈念しております。

PS.元旦はポンポン山へご来光登山の予定です。ポンポン山で逢いましょう!
[PR]
by mido811 | 2007-12-31 03:05 | ひとりごと | Comments(12)
仕事から解放!やった~
f0073587_0172763.jpg

明日から1/3まで元旦休みです。
一時的に仕事から解放されハ~というところでしょうか。

本日はBSハイビジョンでのN響の”第九”放映日なので録画をしておきました。
もう、これを見たさに早く帰りたいモード満開だったのですが・・・・
こういう時に限って、あれせえ!これせえ!と言う人が出て参ります。
困ったものですハイ!
不幸?間が悪い?何でしょう?
納会に出ることも出来ず最後は嫌気がさしてさっさと帰ったりました。ガハ!

N響の”第九”は23日のFM放送で既に聴いておりましたが
映像を重ねてみると一段と華やでFM放送では判らないことがありました。
それは、ソロの男性が韓国人で、女性が日本人であり
ソロパートの部分は韓国VS日本という図式で互いに火花を散らし聴きごたえ十分だす。
特にソプラノソロはソプラノにしては珍しく小柄な体型でありながら
ミュージカル出身?と見誤るぐらい戦闘モードで歌い上げる圧巻ぶり。
でもって軍杯としては日本の勝ち!

第九ばかりでは?と思うようになり樋口裕一著「頭がよくなるクラシック」を参考に
カラヤン指揮ウィーンフィルのベートベン交響曲第7番とドヴォルザーク交響曲第9番
「新世界」を購入し聴いております。
他の交響曲を聴けば聴くほど第九のすごさ・緻密さを素人ながら
一層感じるのであります。

明日から掃除・買い出し・・・ご来光登山と続きます。
と、その前に「2007年私のB級ニュース」なんていうのをやろうかな・・・・・?
[PR]
by mido811 | 2007-12-29 00:21 | ひとりごと | Comments(4)
サンタが街にやってきた!
f0073587_23595565.jpg
f0073587_004758.jpg
■左:今年  右:昨年

連休明けの出社です。
今年は大半の企業が12/29から一斉に休暇になることから
月末の処理と挨拶まわりで皆な忙殺状態。
クリスマス気分の欠片もない中、例年通り”東レ”ビルにクリスマス・イルミネーション
が点灯され淀屋橋は大賑わい。
川面に写るイルミネーションが素敵な夜を演出してくれました。

明日から年末に向け猛ダッシュです。
[PR]
by mido811 | 2007-12-26 00:04 | ひとりごと | Comments(0)
気持ちだけでもクリスマス・イヴだす。
f0073587_163246.jpg

今日はクスマス・イヴのようですが、わが家は平常通りの営業。
朝から”ちりとてちん”を見てウルウルした後、臨時の年賀状の印刷工場を開業し
フル操業。

食後にケーキを食べてささやかなクリスマスです。
[PR]
by mido811 | 2007-12-25 01:07 | ひとりごと | Comments(0)
今日は第九三昧で野点気分!
f0073587_21534389.jpg

今週は東京の出張やら、飲み会での二日酔いやらでBlogの更新が
滞っておりやした。

今日は、朝から”ヨドバシ”で年賀状用にプリンタのインクを買い、
次にダウンジャッケットをみにモンベルへ向かったのでありました。
が、ショップへ入るなり視界に「野点セット」なるもが目に入ったのが運のつき。
国家の品格の感化で品格=日本文化の見直しという概念から野点=ワビ・サビ
=日本文化に触れるという意識が急に働きという能書きは置いといて、要は衝動買いしてしまった!(笑)
お茶の立て方はどうする?抹茶は何杯いれるの?お湯の量はどれくらい?
お~買ってから悩んでるよ。まっ、いつもこんな感じなんでなんとかなるでしょう・・・。
乞うご期待!

さて、本日は14:00から「一万人の第九」の放映でした。
結論から言うと、去年の番組よりはマシかな?ぐらい。
でも、本来は第九が中心の筈がいつもゲストとかそれ以外の事が9割で
第九はカットしまくられて1割程度の内容。
この番組って何のために放映しているのかな?って思う。サントリーへの報告か?
今回だって、いかにも”あの中島美嘉”がゲストで歌ったんだぞ!と言わんばかりの
構成で、一万人が中島美嘉の歌に酔いしれたわけでなく。
本当は一万人がそれぞれの思いを胸に練習を重ね自分の第九を歌い上げる。
そして、一年に感謝しそしてフロイデ!となるんじゃないのかな?
悔しいけどストレスを抱えながらも一応全部見たけど・・・。

続いて16:00過ぎからNHKーFMの”サンデークラシックワイド”でN響の第九演奏会を聞いた。
第四楽章のバリトンソロの出始めは音程が違っているように聞こえたが私だけだろうか?
合唱が始まるやいなや思わず国立音大の合唱団の一員となってテノールパートを歌い
851小節からウルウルしつつ915小節のトホテル以降は感極まって声がでませんでした。
何度聞いてもいいな!感動!! 
合唱全体としては特徴を持たすかのように所々でドラマティックな演出がなされ、それが余りくどく
なかったのも好感が持てた。
演奏はアメリカ出身の指揮者からかサラリと流すのでなくテンポも含めどこか
華やかな演奏に思え聞きごたえがあった。
年末のテレビ放映が楽しみになってきたぞっと。
[PR]
by mido811 | 2007-12-23 22:10 | 一万人の第九 | Comments(5)
風邪から脱出しました。
f0073587_0582911.jpg

先週末から軽い風邪のアタックを受けつつ、何とか耐えておりましたが
月曜日にジョギングした後、関節が傷み体温が急上昇、とうとうウィルスに襲われ
水曜日と木曜日の2日間会社を休むハメになりました。
皆様お気をつけ下さいませ!
ちなみにインフルエンザであれば偉い人の通達で二次感染予防として会社に出社するなと
いわれてましたので、密かにそうであれば・・・とチョット期待していましたが幸か不幸か
単なる風邪でした。

病状としては高熱ぐらいでしたので、暇つぶしに予め買っていた”あさのあつこ”著
「バッテリー全6巻」を読むうちにハマッテしまい現在5巻目を読破中です。
以前、NHKのクローズアップ現代で大人の女性に人気とは聞いておりましたが
これ程、読んで良い意味での緊張感を得られるとは思ってもみませんでした。
映画にもなっているようですが、読んでる方が次の展開はどうなるんだろう?
と思わず手に汗してしまうような早い展開なので飽きることはありません。
普段l怠惰になりがちな気持ちを凛とさせてくれる一冊だと思います。
お陰で風邪で苦しむことなく気を晴らしてくれました。
それと、コミック本の”岳”を2巻を読みましたが、こちらは想像しているのと
やや違っていたので今一かなって感じでしょうか。

今日からジョギングも再開し通常生活に戻りました。
読書もいいんですが健康でいるのが、やっぱり何よりです。

■第九の放送
 N響の第九はNHK-FM放送で生中継されます。
 12/23 サンデークラシックワイド  14:00-18:00

 第九ひろしま
 12/23 RCC中国放送ラジオ 1350KHZ 19:00-20:00
[PR]
by mido811 | 2007-12-16 01:00 | ひとりごと | Comments(8)
「第九」は続くよ~いつもでも~
f0073587_1175067.jpg
歩いて移動していた時にFMラジオをつけたら聞き慣れたメロディが流れ出した。バイロイト祝祭管弦楽団
演奏の第九だった。1951年のライブ録音でモノラルだそうだが、全く時代を感じさせない見事な演奏だ。
お陰で第4楽章まで聞き入り、取引先へ遅刻するハメとなった。
未だ第九にハマリっぱなしでございます。

ちなみにN響の「第九」放映日は
12/28(金) BS-hi 8:00-9:30
12/31(日) BS-2 16:30-18:00
         教育  20:00-21:30

佐渡御大のシンフォニーホールでの”第九”も聞きたいよー!
[PR]
by mido811 | 2007-12-07 01:32 | ひとりごと | Comments(4)
「一万人の第九」に完全燃焼!
f0073587_2254193.jpg
12/2(日)「一万人の第九」本番を迎え悔いなく完全燃焼しました。
未だ、その余韻が醒めやらず放心の日々です。
黒と白のモノトーン、一時だけの聖なる舞台を彩る
合唱、演奏、佐渡御大の指揮みんな素晴しく参加した中で一番ではと
思える程の出来映えでした。
今からDVD・CDが楽しみ~だ!!

本番終了後は、大阪Dクラスの有志で打ち上げとなりました。幹事さんの手厚い配慮で
途中からお世話になった”磯野先生”と”辻本先生”に参加いただき大いに盛り上がりました。
詳細は後程・・・。

■プログラム 第1部
 ・第25回記念序曲「Orbis」/作曲:久石 譲
 ・山本直純メドレー/編曲:山本祐ノ介
 ・ゲスト:中島美嘉
  LIFE(ballad)・THE ROSE・きよしこの夜

  プログラム 第2部
 ・交響曲第9番ニ短調作品125「合唱付き」
 ・蛍の光

■第25回記念序曲「Orbis」について
 リハーサル当日に”まさぽん”のBlogに「Orbis」のパートメロディーがアップされていたので
 出発直前まで繰り返し聞き、メロディーだけでもと奮闘するが、難しい!楽譜が読めない悲し
 さがこみあげる。曲自体は繊細な旋律で各パートがハモると幽玄な世界に引き込まれる。
 当日は、東京・サントリーホールと二元中継し、同時に同じ曲を演奏・合唱したが、東京側の
 指揮者は佐渡御大の指揮をモニタで見ながらテンポを合わせてシンクロするという神業をやっ
 てのけたのに、最後の方で技術のミスかデカイノイズが入ってちょっとひいたな~。

■山本直純メドレーについて
 この曲が?というサプライズとともに思わず口づさんでいる自分にまたまたサプライズ。
 「八時ダヨ全員集合」のテーマ・「ミュージックフェア」のテーマ・「3時のあなた」のテーマ
 「男はつらいよ」主題歌・「マグマ大使」の主題歌等々知ってるのばっかりやん!
 特に「マグマ大使」のテーマはよく見ていたので勝手に歌ってました。守君!

■ゲスト中島美嘉についての能書き
 今回で彼女が好きになった。リハーサル・ゲネプロまでは完璧なスッピンで我々が知っている
 中島美嘉はそこには居らず、どちらかというと岡村孝子風の女性がいるだけで見るからに
 気の弱そううで、人見知りする感じの女性に見え人混みに紛れれば判らないくらであった。
 特に周囲に気遣い何度も頭を下げていたのが印象的であった。
 しかし、本番になった途端いつもの中島美嘉に変身しメイクも衣装もどこか悪女をにおわす。
 この違いは?恐らく普段はスッピンの彼女なのだが、本当は大人或いは悪女に憧れている
 ところがあって人格そのものが変わってしまうのではと思える。まるでヤヌスの鏡モードだ。
 リハの時の歌唱とちがって本番では大人の雰囲気で歌い上げたのだ。

■交響曲第9番ニ短調作品125「合唱付き」について
 個人的に第四楽章の頭の方、合唱に入る前辺りが好きで、毎回ウルウルしてくる。
 そのメロディーには「お前は今年もよくやったよ。だから、不幸があってもお前のせいでない。」
 と聞こえ今回もウルウルして合唱に入った。私のパート・テノールの周囲は皆音がずれず
 終始凝縮された感じで最後まで進んだ感じがした。オーケストラもリハーサルの時は
 チョットずれてないか?と思ったが、さすがに本番ではピッシと合わせて来られ過去と比べ
 申し分ない演奏だった。佐渡御大の指揮も丁寧に振っていたし、第2楽章ではいつも大きな
 体を揺さぶるのだが、今年は特にノリが良かったように思えた。
 個人的には今年が最後になるかもしれないと思うと自分なりに丁寧かつ思いっきり歌おうと
 決めて臨み、期待通りに運んだことが何よりも嬉しかった。悔いなく完全燃焼したぞ!

■柴田秀一アナウンサー
 TBSの「みのもんたの朝ズバッ」に出演しているアナウンサーの柴田秀一さんは毎年テノール
 で参加していたが、今年は姿がなかった。というのも東京・サントリーホールで司会をするため
 今年はパスとなったようだ。いつもだと休憩中に通路でお逢いし、声を掛けると気さくに返答
 していただいていたので、ちょっと寂しかったなぁ。いらっしゃたら「みのもんたの暴言で毎朝
 苦労されてますね」と労うのに。

f0073587_3181364.jpgf0073587_3183675.jpg

叶うならば来年も参加し、新たな気持ちで”第九”が歌いたい。
そして、大阪Dクラスでお世話になった方々に再会できることを願っています。
みなさん、有り難うございました。
[PR]
by mido811 | 2007-12-05 02:57 | 一万人の第九 | Comments(4)
”一万人の第九”今年のリハは・・・
f0073587_234457.jpg

今日は待ちに待った”万九”のリハーサルです。
16:00集合なので、早めに行ってパンフレットとDVDの申し込をしておこうと
思い15:00過ぎに到着。
既に多くの人が開門を待っているところに、何やら怪しい集団を発見。
どう見ても、合唱団の勧誘とかではなさそうな雰囲気だ。
プラカードには”第九応援合唱団~我らは落ち武者~と書いていたので
概ね察しはついた。恐らく今回の抽選に外れた人達が集まったにわか合唱団と思われた。
そこへ、お馴染みの有元先生が指揮をとり第九合唱が始まった。
合唱が終わると、温かい拍手で盛り上がりギャラリーは威勢よく入場門へと流れていった。

さて、記念曲”Orbis”を歌うのは難しい反面、全体としては優麗で素晴らしい。
肝心の第九は、バリトンのキュウちゃんがフロイデ!という出だしを忘れ、慌てて
佐渡さんがフロイデ!と叫ぶというアクシデントがあったが、フーガのところなんかは
佐渡さんが上手くいったと言う程なので今年はいい感じに仕上がっているように思う。
座席は、意外にも前列の方なのでスッピン中島美嘉もバッチリ拝見出来ました。

さあ、いよいよ明日は本番。
皆さん、悔いのないよう頑張りましょう!
[PR]
by mido811 | 2007-12-01 23:46 | 一万人の第九 | Comments(2)
佐渡練も終わりました。
f0073587_021319.jpg

11/28梅田東体育館にて大阪C・D、東大阪クラスの合同練習
(通称 佐渡練)参加いたしました。
3クラス計900名が佐渡御大の指導を受けながらの最終調整
といったところでしょうか。私は、ちょっと出遅れて後方に陣取りましたが
周囲に声がやたらでかい人とかチョット音程が見事に外れている方とかいらっしゃって
なかなかスリリングな経験をさせていただきました。

佐渡御大の指導というか話はいつもテンポよく、判りやすい内容なので
思わず聞き入ってしまう。毎年、指導を受けるが同じ指摘はなく
少しずつ指摘ポイントが変わっている。第九というのは、それだけ奥が深い
ということだと思う。
ある掲示板に”今年も自分の第九を歌って今年も無事に生きていることを実感しよう”
的なことが書かれていた。まさに第九は生きていることを実感するに相応しい
音楽だ。

万九25周年記念として久石譲書き下ろしの”Orbis”(輪・環)を初見で歌うが
音符も判らない者には相当酷だ。帰宅後、奥方様にピアノを弾いてメロディを
つかもうと試みたが・・・・・最後のとこだけハモらせていただきます!

さて、明日はいよいよリハーサル。
何度参加してもドキドキするな~!
[PR]
by mido811 | 2007-12-01 00:10 | 一万人の第九 | Comments(4)