<   2007年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
雨男、世捨て人になる in 白山  -5
頂上からエメラルドグリーンに輝く紺屋ケ池が口を開けています。
一旦、下山し御宝庫へ向かいお池巡りのコースとなる。
池に降り立つと、まるで火星か月の表面のように岩が無造作に転がっている。
そこへガスの固まりが押し寄せ我が身を包み
冷やりとした空気が不気味さを増していく。

f0073587_22102228.jpg

f0073587_22121640.jpg

お池巡りは、頂上から見えた紺屋ケ池を含め7つの池を巡るコースだが
何処へ行っても自分ひとりだけ。この状況は、かなり根性がいるシチューエーションだ。
枯れたお花畑が、ところどころ黄色くなって紅葉を思わせる。

f0073587_2213243.jpgf0073587_22152197.jpgf0073587_2216464.jpg

f0073587_22185137.jpgf0073587_2219988.jpgf0073587_2219214.jpg

血の池という恐ろしい池と早々にお別れし
大汝峰との分岐となる。
地図で見ると縦走路の要所だ。

f0073587_2246657.jpg

そして、最後に万年の雪渓を湛える千蛇ケ池に到着。
ガイドによると白山を開いた泰澄大師が悪蛇1000匹をここに封じ込め、もし雪が融けた時は
御宝庫の岩が崩れ池を封じるとあった。
一人で池を見つめていると、池から何やら出てきそうなので思わず及び腰になる。

f0073587_22355395.jpg

白山を巻くようにコースを辿ると、枯れて色づくお花畑となり
尚も進むとハイマツの緑に変わる。ガスが掛かるがうっすらと室堂が見える。
小休止がてらビスタ~リさんがよくやるポーズで写真を撮ろうと思いつき
スタンドにカメラをセットしタイマー撮りをするのだが意外と思い通りにいかず手こずる。
誰かが見てたら滑稽やろうな・・・

f0073587_22531180.jpgf0073587_22534166.jpgf0073587_2254230.jpg

室堂ビジターセンターへは16:00に到着。
受付を済ませ寝倉へ向かう。
今日の宿泊者は50名程度だそうで、フトンスペースは二人分で快適だ。
同室となった広島・福山から来られた老夫婦と会話を交わし
ご夫婦で百名山のみならず世界各地でトレッキングを楽しんでいると聞き
我が夫婦も何時かはこうありたいと願うばかり。
17:00より食事。
ご褒美にビール(¥500)をつけて自分を労い
20:00消灯となった。

f0073587_22543738.jpgf0073587_2256693.jpg

[PR]
by mido811 | 2007-09-30 23:13 | 白山 | Comments(4)
雨男、世捨て人になる in 白山  -4
岩ゴーロの五葉坂を息を整えながら登る。
時折、振り返り弥陀ケ原の景色を眺めて気を紛らわして・・・
でないと、気温の上昇に体力がついていかない。
と思ったら巨大な室堂ビジターセンターが出現。

f0073587_12542410.jpg

時間的に人影無く、センターを通り抜けると白山神社の鳥居と
白山がそびえ立つ。この風景を見ながら、ザックをベンチにおいて
昼食とする。日差しはお構いなしに照りつけるが、何か食わないと体力消耗で
もたない気がしたので持参した菓子パンとクリームシチューを無理矢理口にした。
気晴らしにポケットラジオをつけると何と大阪の放送が聴けるではないか!FMもTVの音声も
ラジオオタクとしては、この事実に興奮し疲れが吹き飛んでしまった。

f0073587_12565525.jpg


先程の老夫婦は翌日ご来光を見るべく頂上へ登ると言ってたが、時刻は1時、中途半端な時間
やけど日差しがきついな~と思いつつ、でも時間がもったいないと体は自然に頂上へ。
白山神社に二礼一拝一礼して脇のよく整備された石段の登山道を登っていく。

f0073587_1312275.jpgf0073587_13123362.jpgf0073587_13422522.jpg


やはり日差しが強く首筋が焼けて痛い。そこへ冷たい風がガスとともに顔をなでる。
高度を上げていくと、気球から見たように室堂センターや白山の麓の全景が一望でき
気持ちは満足、満足。向こうから一人下山してきた。すれ違いざまに「今日は頂上を独り占め
ですよ」と行って過ぎていった。こりゃぁ!楽しみだわ~。

f0073587_13194280.jpg


社殿が見えるともう一息。
そこへ、爆音が駆け巡る。なっ、ななんだ???
思わず、身を伏せる。
ジェット戦闘機が低空飛行で旋回している。パイロットらしきもの?も確認できるくらいだ。
恐らく、小松空港が近いので自衛隊の練習かと思われるが・・・
ここは戦国自衛隊か?と一瞬、身構える。
社殿で、息子の高校受験合格の祈りを捧げ、白山頂上と御前岳山頂前で記念撮影。
ほんま、誰もいない。ジェット機がいなくなると静寂、いや無音の世界だ。

f0073587_1344693.jpgf0073587_1344175.jpgf0073587_13443140.jpg

日常生活では体験し得ない環境に心地良さを感じ、しばし佇む。
身体をノイズまみれの生活からしばし解放。

f0073587_13452061.jpg
[PR]
by mido811 | 2007-09-30 13:51 | 白山 | Comments(2)
雨男、世捨て人になる in 白山  -3
南竜分岐に到着し大休憩をとる。
数人が簡易ベンチに座り、来た道のりを目で辿っているようだ。
ここからは”十二曲がり”と呼ばれる登りになる。
前方に老夫婦が歩いていたので、後方についていくことにした。
途中、いい具合に水場が点在しザックからシェラカップを取り出して
冷たい水で喉を潤す。ついでに顔を洗うと何と気持ちの良いことか!
そうしている間にピークである”黒ボコ岩”に到着。
前方を歩く老夫婦と共に岩の影で小休止すると間から白山の雄大な山容が
目に飛び込んでくる。これが、白山か!と溜息が出た。

先程の老夫婦と会話を交わす。
小田原から昨晩、福井市内で一泊し白山へ登ったようだが、
60歳を機に夫婦で百名山登りを始め今年で10年目だそうだ。
現在、76座完登し北海道・東北を残すのみ、でも、残された時間がないのと
旅費にお金が掛かるので焦っていると苦笑い。
今日は室堂で一泊し明後日には福井県の荒島岳を登り小田原へ帰ると言う。
さすがに百名山だけあって全国から強者が集まっていると感心する。

黒ボコ岩から弥陀ケ原に入り五葉坂を経て室堂ビジターセンターへ向かう。
日差しはきついが、心地よい冷たい風が火照った体をさましてくれる。

f0073587_1223460.jpg
南竜分岐。真っ直ぐ登れば砂防新道の続き、右方向へ行けば南竜馬場へ繋がる。水場は無いが南竜方面の方が景観が良いと思う。

f0073587_12241668.jpg
南竜分岐から見る景色。当面、見続けていたい気持ちにさせられる。右の白っぽい部分が別当登り口で尾根つたいに登ってきたことになる。

f0073587_12282745.jpgf0073587_12303282.jpgf0073587_12304389.jpg

f0073587_1232784.jpg
黒ボコ岩到着。日差しが強いので影で小休止。ここで、小田原から来た老夫婦と初めて会話を交わす。
f0073587_1234532.jpg
黒ボコ岩から見た白山山頂。目前に白山の山容がいきなり現れ一瞬言葉を失う。ダイナミックで美しい!

f0073587_12373911.jpgf0073587_12375529.jpgf0073587_12382071.jpg

f0073587_12393946.jpg
五葉坂を登り弥陀ケ原を望む。白い筋はエコーラインと砂防新道の木道、左に見えるは別山。高度を上げると冷風が心地よい。

[PR]
by mido811 | 2007-09-29 12:56 | 白山 | Comments(2)
雨男、世捨て人になる in 白山  -2
9/20(木)準備もそこそこそこに自宅を午後7:00に出発し
先ずは名神高速大山崎ICから北陸道福井北ICを目指す。
福井北ICからはR416に入り、勝山町からはR157を道なりに走る。
そして、白峰温泉から一ノ瀬駐車場に向かう。ここまでは道幅もそこそこあるので
暗闇でも大丈夫だったが、一ノ瀬から別当出合への道は、林道のように
カーブが多く真っ暗闇でびびりながらの運転となる。
尚、土、日曜及び祝日は交通規制があるので一ノ瀬駐車場までしか入れず別当出合へは
シャトルバス(片道400円)に乗って行くことになる。
規制意外の日は別当出合の駐車場まで行くことができる。念のため。

別当出合駐車場には予想以上に時間が掛かり午前1時に到着。
明日のために睡眠薬代わりのビールを一気に飲んで眠りについた。
車のライトを消した途端、フロントガラスにはプラネタリウムでなく満天の星が
所狭しと輝き迫る勢い。しばし、光景に見取れていると睡魔が・・・・
翌朝6時に起床し、コンビニのオニギリを食らい出発は6:30となった。
駐車場の気温は上がらず震えながら登山道を登ることとなったが
陽があたらない時間に距離を稼いだお陰で結果的には良かったのだが・・・。


f0073587_22324939.jpgf0073587_2233730.jpgf0073587_22331984.jpg







【登山コース】
1日目:別当出合駐車場車中泊
2日目:別当出合→砂防新道→中飯場→別当覗→甚之助避難小屋→南竜道分岐
     →黒ボコ岩→五葉坂→室堂ビジターセンター→御前峰(白山頂上)
     →お池巡り→室堂ビジターセンター泊
3日目:室堂ビジターセンター→五葉坂→エコーライン→南竜道分岐→甚之助非難小屋
     →別当覗→中飯場→別当出合ビジターセンター→別当出合駐車場→一ノ瀬駐車場
     →白山温泉(永井旅館)→福井北IC→大山崎IC→自宅


f0073587_225633100.jpgf0073587_2257525.jpgf0073587_22572411.jpg









f0073587_2374165.jpg
”中飯場”のトイレと水場。一呼吸入れるにいい場所だが、側に工事用道路がありダンプが通っているのは興ざめ。
f0073587_2375447.jpg
”別当覗”から見た風景。観光新道がある尾根が見渡せるが、最近、熊が出没したらしいので要注意だ。
f0073587_2381667.jpg
”別当覗”から高度を上げて振り返ると・・・この通りの風景が飛び込む。右方向は伊吹山、左方向は御嶽山か?
f0073587_2383046.jpg
”甚之助非難小屋”左側が非難小屋で右側がトイレと水場。

f0073587_2392475.jpg
”甚之助非難小屋”から見た別山方面。

f0073587_23114149.jpg
小屋から高度を上げていくと低い木々となって見晴らしがよい登山道を歩く。まるで、空中散歩のようだ。

f0073587_23372327.jpg
こんな風景を見たら暑さも、しんどさもストレスも何もかも吹っ飛ぶぜ。”雨男”は返上だ!

[PR]
by mido811 | 2007-09-25 23:24 | 白山 | Comments(2)
雨男、世捨て人になる in 白山  -1
f0073587_0412214.jpg




f0073587_0414226.jpg今頃、夏休みと言ったら笑われるでしょうが9/20から連休を挟み
9/26まで急遽夏期休暇となりましたので、いつものエイ、ヤーのノリで準備もそこそこに日本三大霊峰の一つ”白山”へ行ってきました。
登山前夜は駐車場で車泊し満天の星空に感動。当日は珍しく天候に恵まれ?オマケに平日ということもあって人も少なく自然を独り占めの登山に”世捨て人”となる。また、下山後は秘湯”白山温泉”を貸し切り状態で汗をながすこともでき、たった1泊2日でしたが充実した山行となりました。
本日土曜日は連休で数え切れない人達が登って来られましたが
ひときわ目についたのは、天幕登山者(ザックの大きさを見れば分かる)の多いこと、多いこと。夫婦づれ、女性単独、友人同士、いろいろでしたがCanギャルみたいな女子高校生4、5人が大型ザックを背負って山に入った姿には感動!やる~!の一言です。当然、私の天幕登山に弾み?がついたのは言うまでもありません。
えっ、動機が不純てかっ?(爆)
[PR]
by mido811 | 2007-09-23 00:53 | 白山 | Comments(6)
武奈に嫌われて
9/15日前夜、奥方様より「連休中に晴れるのは明日だけらしいよ」と言われ
これは明日登りに行かなくっちゃとばかりに準備に取りかかるのであった。
日頃のトレーニングの成果も出したいしということで、”武奈ケ岳”に決定。

さて、どっから行くか?
イン谷か、坊村か、ガリバー旅行村か?
久しぶりなんで、青ガレ見たさにイン谷と思ったが、比良駅から歩くのも・・・・
ということで、堅田駅からバスに乗って坊村に決定!

当日は晴れ間が覗き、天候の心配は必要なさそうだったが
坊村に着いたとたん、や~な予感が・・・
途中の御殿山までに霧で濡れ雀状態になりつつも頂上に辿り着いた。
丁度、武奈ケ岳から戻って来られた団体さんに遭遇。頂上は強風と雨で
何も見えないらしい。
そうしている間にみるみる天候が悪くなり、強風と大雨の来襲に見舞われる。
強風と雨は強さを増すが頂上では逃げ場が無く急いでレインコートに着替えるが
全身水をぶっかけられた状態となった。精神的にも折れた状態だったので
武奈頂上を目前にして勇気ある撤退を決めた。

ずぶぬれで下山の最中、けたたましいサイレンの音とヘリコプターの爆音で
何が起きたのか?とビックリしたが、今朝の新聞で峰床山で遭難した人が
7日ぶりに発見・救助されたということで納得。坊村の川向かいは峰床山の
入口になっている。

それにしても、3回目のチャレンジだったが今回も琵琶湖一望は叶わず。
どうも武奈ケ岳との相性は悪いんだなぁ。

f0073587_10244618.jpg
坊村バス停では私ひとり下車。スタートから嫌な感じだった。
f0073587_1025084.jpg
風情のある”比良山荘”の前を通って登り口へ。水路で冷やしていた瓶ビールが飲みたかったー。
f0073587_10251677.jpg
御殿山への登り口。
f0073587_10254549.jpg
植林の杉の間を縫うように急登が続き汗が吹き出る。
f0073587_10274222.jpg
急登が終わり一旦平坦になったかと思うと、霧で一面真っ白。昨年8月に登ったときと同じ状況で、またまた嫌な予感。

f0073587_10275746.jpg
途中、枝がバッサリ折れた木々が道をふさぐ。この辺りは相当強い風が吹き荒れるのだろう。

f0073587_10282396.jpg
花の季節も終わり、唯一見た花でした。何かは分かりませんが・・・

f0073587_1028584.jpg
御殿山頂上。武奈へはワサビ峠を越えて直ぐの距離。しかし、ここで強風と大雨に見舞われ、ワサビ峠経由でイン谷に下山と思ったが、雨で滑る危険度を考え坊村に引き返すことにした。
f0073587_10291012.jpg
堅田駅行きバスは一日3本。15:45分まで2時間待ち、その間レインコート干したり持ってきたお菓子をストレス食い。

[PR]
by mido811 | 2007-09-16 11:00 | 比良・武奈ケ岳 | Comments(6)
雨ですので・・・
f0073587_22361228.jpgf0073587_22363246.jpg













日中は秋を感じさせるような雲が広がり、久々に落ち着いた日々を送れるかと
思ったら、夕方からは雨。いつもならば、ちょいっと降って止んでくれてたのに・・・
季節は秋になった証拠ですかねぇ、秋雨前線到来。
お陰様で、毎日続けているジョギングも今日はお休みです。
ということで、眠気が来ないうちにBlog更新。

今まで何してたかというと、笑われると思いますがザック選びに賢明でした。
土曜日に一人でI○Sへ行ったところ、憧れの廃盤モデル”GREGORY トリコニ”を発見。
一瞬、目を疑いましたが廃盤モデルにも関わらずメーカーへオーダーしたら
カラーはブルーですが1個だけ確保できたそうです。
発見したからには当然、担ぎモードに入ります。
店員さんに「重りを入れて担がして」とペコペコとお願いするわけで
店員さんも私の興奮した状況を察したのでしょう。手際よく重り10kgを
ザックに入れ込みます。
ではどうぞ!と言われザックに腕を通します。
そして腰のベルトを巻き付けてキュッと締めて、胸のベルトをとめた後
両脇のベルトを調整し完了。
ちょっと歩くと面白いように腰のベルトが体の動きに合わせ動くのですが
ザック自体の重心はそのままです。
背負うというよりは身にまとうという表現がピッタリです。
腰もそうですが、肩のベルトもごっつい感じで頑丈なんですが
背中はフィットするけど肩のベルトが体にフィットしていない感じ。
私の体格では肩とベルトの間に若干ながら隙間ができているのだ。
致命的だったのは、ワザと体を揺らすとザックもふらつく状態になる。
ということは、岩場で体が揺れたとしたらザックの重心が偏り・・・
不安が過ぎり、ミレーのキャプサン55/65と比較しようと考えた。

店員さんは、相変わらず私を見ながら手際よくミレーのザックに重りを詰めてくれる。
見た目でいうとアルピニストって感じは良さ気に言ってるけど簡単に言うとオッサン臭いデザイン。
ミレーはベルトが細いので紐だらけっていう印象だが、背面の長さはマジックテープで
変えられ細かい調整が利くのが特徴。それと2気室で下部が輪切りのようにチャックが
開く構造で雨が降った時のテントを突っ込んでしまえるように大きな口を開けた状態に
できるのも他とは違うところか?
実のところ背負った感じは、同じ重りでもGREGORYよりも軽く感じた。
背中もピッタリ張りついてるし、腰の辺りもGREGORY程の頑丈さ出ない分
巻き付いている違和感がなく体格からするとミレーなのかも知れない。

デザインを優先するか?背負い心地をとるか?土曜日は結論が出せずに終了。
そして、翌日曜日に珍しく長女と奥方と3人で大阪へ買い物に行くこととなり
例のI○Sへ立ち寄り素人の二人に再び背負って見せ判断を仰いだ。
結果はミレーに軍配が・・
理由は、ザックのデザインとしてはGREGORYが良かったものの
私が背負うとミレーが似合っていたというのだ。
ということは、オッサン臭いデザインがピッタリということになる。
あんだけ悩んで、そんな理由で決まりとは・・・・
Oh!My god!!
[PR]
by mido811 | 2007-09-11 23:25 | ひとりごと | Comments(4)
ショック! グレちゃんが・・・
f0073587_1135359.jpg
                   ↑モンベル本社のショップ前を通る度に覗き込んでしまうんだなぁ~。

相変わらず下品な天気が続きうんざりしています。
外へ出掛ける職業を持つものとしては9月やったら9月らしい天気になったら
どないや?と言ってやりたい気分です。
そんなことは、どっちでもエエのですが・・・

今日は、会社帰りにI○Sへ勇んで行ったのはよかったのですが
お目当てのグレゴリー ウィンゲート?の姿が・・・一瞬辺りを見回すが
無い、無いぞ。
店員に尋ねると、売れたんでしょうねぇと頼りない返事。
続いて、取り寄せましょか?って訊いてきたんで、結構ですと返事。
何でかって言うと、目的はウィンゲートが欲しいわけでなくトリコニと同じ
方式のザックと聞いたので、代わりに担いでみたかっただけなのだ。
担いで良かったら、ネットで購入というワケ。

しゃーないので、ギャレ大阪のお姉さんに会いに行こうと思い移動。
生憎、お姉さんでなくお兄さんがお相手でしたが、ここでもウィンゲートが無い!
お兄さんに聞くと、売れたんでしょうね~と頼りない返事。もう、どついたろか。
ここでは、取り寄せてもモノがあるかどうか分かりませんという曖昧な回答に
益々どついたろか!って感じ。

でも、¥37,000もするザックが数日でホイホイ売れるもんかなぁ?
謎である。
ひょっとしてオイラのBlogを見て買いに走った奴がいる?
漫才のネタのように”そんな奴あらんやろ”と言いたいが・・・
もし、そうであればこれ以上ネタを吐露できないなぁと奥方に言うと
あんたアホちゃう!と一言でノックアウトされた。
グレゴリーとは縁が無いのか?
[PR]
by mido811 | 2007-09-05 01:24 | ひとりごと | Comments(4)
大型ザック選ぶには、先ず店員から
登山道具購入計画の続きです。
先ずは大型ザックの検討に入っております。
今回はモノをいきなり見るのでなくショップの店員の対応を吟味し
ショップを限定したうえで購入しようと算段している。

対象は大阪駅前ビルにある3社。
①コージ○ ②ロッ○ ③I○S
①は見た目オシャレで若い女性をターゲットにしている感じだが、商売商売って感じ。
②はマニアックな人達が集う感じであるが、実は若い女性が多いのには驚いた。
③は品数も豊富だし、気さくな感じなんだけど垢抜けしない感じ。

ザックの候補はグレゴリ、ドイター、ミレーあたりだが、
安さで言うと③②①、店員の対応度で言うと②③①になる。
実は、今日も②に立ち寄りドイターとミレーを担ぎ比較しようとしたら
ザックの調整をわざわざしてくれ姿見まで持ってきてくれたのには有り難かった。
但し、グレゴリを置いてないのがちょと痛い。

番外だが、ギャレ大阪にあるA&F(グレゴリ)ショップのお姉さんにも
好感が持てる。というのも、友達みたいに話しかけたら、タメ口で話してくれ
素の会話から”グレゴリ”は素敵なブランドというのが伝わってきたから・・・
だからグレゴリにするんだったら、ギャレ大阪で買おうと思っている。

ヨッしゃ!明日は、I○Sに行って担がしてもろう。あ~楽し!!
[PR]
by mido811 | 2007-09-04 01:16 | ひとりごと | Comments(4)