カテゴリ:アマチュア無線( 115 )
関西アマチュア無線フェスティバル2017
f0073587_227661.jpg


2017年7月15日、16日
ようやく落ち着いたので久し振りにBlog更新。
2月から計画、準備を始めた「関西アマチュア無線フェスティバル」への
出展がいよいよ本番を迎えることになった。

10時開場に関係者は8時から入って準備を開始。
前日にブースの骨組みを組んでいたため当日は装飾に時間を掛けた。
そして、東京からSOTAのボスであるJH0CJHさん、関西メンバーのJP3DGTさん
JM3HRCさん、それに助っ人でJP3OSWさんが来てくれた。

背面は、どうしても山の写真を飾りたくてHRCさんにお願いし
センスの良い山写真を印刷し持ってきてくれた。
何も云わなかったが、ちゃんとSOTAロゴを入れてくれて雰囲気はバッチリ。
というのもSOTAは単なる無線好きだけではないということを示したかったのだ。
そして、わがブースが完成!
f0073587_231257.jpg

初出展ということもあり今回は長机1個分のスペースを確保。
いよいよ開場の10時になった。
関係者はセレモニー開場へ移動するよう促された。
そして、偉い方々の有り難いお言葉をいただきテープカット。
f0073587_23123938.jpg

MCは勿論HAMのアイドル”Masaco”さんだ。
しかし、冒頭で痛恨のミスをやらかしちゃった~(ドンマイ、ドンマイ)
テープカット後は一斉にギャラリーがどっと流れ込んで言った。
我々のブースはメーカーや販売店の有るEブロックの真ん前。
流れはそちらに向かい最初は人の流れをただただ見ているだけだった。
午後からは少し客足も落ち着いてブースを見てもらえるようになった。
f0073587_2218576.jpg

午前中にはJI1TLL須崎さんが駆けつけてくれ午後からは関西メンバーの
JO3ALU中村さん、JJ3AMO安井さん、JN3PDF金森さんがやって来た。
f0073587_2318359.jpg

当日は17:00までで終了、その後は石橋駅周辺の居酒屋でアイボール会となった。
f0073587_22243738.jpg

遅れてJM3URGさんも加わりSOTA関西の主力メンバーが出揃った。
話題は一日で4座回るJP3OSWさんのこと、フリーライセンスとの違いなど
興味深い話題と笑いで制限時間を軽くオーバーしお酒もすすみ気持ちよく帰宅した。

2日目、今日も快晴でそれも猛暑。
さすがに屋外展示の人達は地獄だ。
開場直前にはアイドルの”Masaco”さんが各ブースに挨拶回り。
もちろんSOTAブースにも来てくれ記念写真と握手をしてもらった。
メンバー全員デレデレ~
f0073587_22371782.jpg

屋内では1日目に比べれば客足は減ったように見えたが
我がブースに来られる方々は増えたように感じた。

そんな中、先日特集を組んでいただいた「ハムのラジオ」の
RIOさんと青木小夜子さんがSOTAブースにインタビューをしに来られた。
f0073587_23201511.jpg

青木さんは現在大阪にお住まいで健康志向もあってSOTAブースを
一番に選んでくれたようだ。ボスの川内さんは前回の番組同様
見事に受け答えされていて次回の放送が楽しみだ。
f0073587_225926100.jpg

また、RIOさんから我々にコラボのご提案ももらい新たな展開が始りそうだ。
それに加えSOTAメンバーで連載という話まで持ち込まれた。
午後を過ぎると客足が途絶え始めた。
f0073587_22424370.jpg

長いようであっという間に過ぎた2日間、オトナの文化祭がとうとう終る。
この2日間いつも交信いただいている方と直接お会いできたり
或いは他人にSOTAを伝える難しさを知ったりした。しかし結果として
裏ミッションだったYLさんもお二人メーリングリストに登録いただき
更には最年少となる中学生ハムも登録してもらい計14局の登録をいただいた。

最後に出展を支えまた、ドネーション(寄付)をいただいた
皆さんに改めて感謝申し上げます。
f0073587_22493047.jpg

これで私の夏は早くも終わり。翌日からはいつもの山好きのオッサンに戻る。
今年に入ってSOTAの認知度が薄いということから始った関ハム出展計画も
一様の成果を出して先ずは門戸を開いた。後は、若い人達に任せ更に若い人達に
参加してもらえるよう企画してもらいたい。
[PR]
by mido811 | 2017-07-20 23:00 | アマチュア無線 | Comments(2)
KANHAMへ搬入
f0073587_2342815.jpg

2017年7月14日(金)
今日は待ちに待ったKANHAMの事前搬入の日。
その為、今日は休暇を取って朝から搬入準備だ。
f0073587_2339867.jpg

有り難いことにJP3DGT局も今日は休暇をとり手伝ってくれた。
お陰で事は順調に運び大方が設営できた。
f0073587_23492621.jpg

設営中、関係者や出展者が興味深気に寄ってきて
SOTAって何ですかの質問を浴びせられた。
業界人でもまだまだ認識不足ということだが
興味を持ってもらえるのは素直に嬉しい。
f0073587_234839100.jpg

明日は、いよいよ本番。
大勢のお客さんが来られるのが楽しみだ。
明日は早いので今日はこのへんで・・・73!
[PR]
by mido811 | 2017-07-14 23:50 | アマチュア無線 | Comments(4)
KANHAM出展準備中
f0073587_10212352.jpg

2017年7月1日(土)
梅雨らしい天候が続くのを幸いにKANHAM(関西アマチュア無線フェスティバル)出展の準備を進めている。フルタイムで動けるのは週末に限られるため仕事の合間を縫っては横断幕やリストを作成し内職に精を出している。

出展なんて高校の文化祭以来の経験、ましてや出展費用については寄付を募ることもあって普段から気が利かない自分にとっては大変なことになっている。しかし、その反面喜ばしくもあり有り難いことに今回の出展の主旨、つまりSOTA(Summits On The Air=頂上無線)の認知度を高め広く参加者を増やす。特に若年層の人達の関心を集めることに賛同いただけるメンバーから関西に限らず全国から寄付が寄せられている。

正直なところ寄付が寄せられるとは全く考えてもなかった。最後は自腹でやるか位の勢いだったが日を追うごとに寄付金が寄せられ運営可能な額になってきた。自分は出世運は皆無だが、人に出会う運は良いと思っている。現にその人達の影響もあってこれまで何とか人生過ごして来ている。無線家って家に籠もることが多くオタクの典型のように扱われるが、SOTAは山に登って無線を楽しむので知らず知らずに体力が備わる。その意味からするとちょっとしたスポーツでもある。そして、山で無線を楽しむ行為は時として命の砦となる非常通信用としての無線機の携帯に繋がると信じている。

KANHAMは2週間後の7/15(土)からだが、人の機微に触れ開催前から感動している。(歳のせいで涙腺が緩い)残念ながら寄付をいただいた中のお一人JO4GMS局が20歳代の若さで先日サイレントキー(逝去)になられた。心よりご冥福をお祈りする。彼は地元のアマチュア無線家たちの連携を図ろうと奔走していたと聞いた。その意志も引継ぎ今回の出展を成功させ一人でも多くの人達が「SOTA」に参加いただけることを願うばかりだ。
[PR]
by mido811 | 2017-07-01 11:38 | アマチュア無線 | Comments(2)
山に登るなら無線機を持とう。
f0073587_094873.jpg


2017年6月14日(水)

アマチュア無線って今や死語である。
その昔、携帯が普及する前は誰もが知っていた。

しかし、携帯やネットが普及したことで
社会が一変し無線人口は一機に低下。
だって、無線がなくてもスマホがあれば不自由はない。

しかし、それは携帯の電波が飛んでればの話。
更に言うと、商用電源が通っていることが重要だ。
今、参加している「SOTA」というアワードプログラムで
山に登り無線運用をしていると考えることがある。

中高年の行方不明者や山での事故が相次ぐ中
山岳保険だけで身が護られるのかということ。
実際に地元紙「信濃毎日新聞では山での遭難、滑落事故などが
毎日のように報じられている。
それゆえ事故に遭遇したとき速やかに助けを求める術を
考えておく必要があるのではないかと・・・。

携帯電話の電波は日本全国を網羅しているわけではない。
まして、人がいない山の中なんて。
と考えれば無線の重要性は明らかだ。

山で無線していると知らない人から
「何やっているんですか?」とか
「無線でどこまで飛ぶんですか?」とか
質問を必ず受ける。

ならば、逆に無線をしている我々から
「山に登るのなら無線機を携帯しましょう」と
啓蒙してもいいじゃないのかなと考えている。
そうすれば、無線人口低下の中で無線資格者が
増えていくのではないだろうか。

最近は、実体験を交えて山に行くなら
リスクヘッジとして無線機を持ってくださいよと
呼びかけるようにしている。

その無線資格の取得について
ネットで調べていたら無線の重要性を体験し
無線資格を取った山ガールのBLOGを発見した。
タイトルは「登山女子のぽんこつ日記」

そこで、疑問というかなぜ無線資格取得に
至ったのか動機が知りたくて
コメント欄に次のような質問をしてみた。

------------------------------
はじめまして、midoと申します。
”登山、無線機”の検索でたどり着きました。
私は、山でアマチュア無線の交信をするアワードを楽しむ”SOTA JAPAN"のメンバーです。
指定された山頂から交信するとポイントがゲットできその累計をアワードとして表彰される
国際的山岳通信なのです。

それはさておき、あなたのようにリスクヘッジとしてアマ無線の免許を取得までする人がいるんだと感心しています。 考えてても出来ることではないですよ。ホント。 実は山頂で無線をしている時に急病人や行方不明者捜索でアマチュア無線で非常通信をしたことがあります。最近では、無線をやっていると何やってるんですかとかどこまで飛ぶんですかとか聞いてくる人が多いのでハンディ無線機の携帯、ひいては無線資格の取得を呼びかけています。

山岳保険に入っているから安心というのは誤解があり保険で救命費用は出せても助かる確率が上がる訳ではありません。そのため何とか若い方から無線の資格を取ってもらい登山者への無線機携帯への啓蒙ができないのかを考えていました。そこで、質問です。あなたは、どうして無線の資格まで取ろうとしたのか動機を教えていただけないですか。

私、個人としては山で無線を楽しんでいる者が無線機の携帯を呼びかけていければと思っています。

取り留めの無い内容でごめんなさい。
最後に私が参加しているSOTA JAPANのURLを残しておきます。
http://www.kawauchi.homeip.mydns.jp/sotajp/

もうひとつ、”山と無線”
http://yamatomusen.com/

なんか勧誘してるみたいだな。
まったくそんなことは考えておりませんので。
---------------------------------------------------

<管理人:chi-skさんの返答>
midoさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
私が無線の資格を取ろうと思ったきっかけは、お恥ずかしい話ですが厳冬期に滑落し一晩ビバークをしたことがきっかけです。 幸い携帯の電波もあったのですが、体感温度がマイナス30度の中で操作のため手袋を外さなければならなかったことと風が強く相手の声が聞こえずらかったことで通話時間もかかり携帯のバッテリーがどんどん減っていきました。その時に、助けてもらうということは、受け身ではなく、救助までの時間を自分でなんとかしなけらばならないのだと強く感じました。その経験から無線の免許を取ろうと思いました。まだまだ電波の入らない場所もあり、無線は自分の命を守るための最後の砦だと思います。
使い方を忘れないように、定期的パートナーとやり取りしているのですが、まだCQは出したことがありません。
教えて頂いたURL、凄いですね。いつか交信できたら面白そうですね。
山で見かけたときは声をかけてくださいね。

--------------------------------------------------

やはり自分で体験してみないと痛さはわからない。
昨年、大峰山系に登ったときも山女子から無線資格の取得方法について訊かれたことがあった。
彼女の場合は、一緒に行動していた友人が水を汲みに谷へ下りても帰って来ず
見に行ってみると足を捻挫して動けない状態だった。携帯で連絡しようにも電波が入らず
結局、友人を担いで電波が届くところまで運びヘリで救助してもらったと聞いた。
その体験から携帯は万能ではないことを知ったので無線資格の取得を考えたようだ。

一人でも多くの登山者が、このことを認識してもらえば
無線をもっと有効に利用してもらえ事故も減るのではないかと思う。
肝心の資格だが、一見するとハードルが高そうだが今や無線人口も減り
簡単な講習を受けてその日に受験し合格ということも可能だ。
彼女のように基礎を知るために講習会を受けるのもいいだろう。

無線機も今やスマホ同様小型軽量化され携帯しても苦にならない。
ましてや価格だって機能を限定すれば1万円台である。
日本アマチュア無線連盟(JARL)もこのような観点で無線資格者の増加を検討してもらいたい。
SOTAメンバーの皆さんも是非賛同いただき山での無線機携帯を呼びかけて欲しい。

それよりも、山頂からの風景を見ながらついでに無線交信して会話を楽しむのが一番だけど。
[PR]
by mido811 | 2017-06-15 00:13 | アマチュア無線 | Comments(2)
KANHAM2017出展者説明会
f0073587_125711.jpg

2017年6月11日(日)
いよいよこの日が来た。
7月15、16日に開催される関西でのアマチュア無線の
大イベント「KANHAM2017」にメンバーである
「SOTA JAPAN」として出展する。

出展者の説明会及び出展場所の抽選が
池田市カルチャープラザで開かれアシストいただいている
JP3DGT局と一緒に出席した。

今回の出展について遡ること2月に
私からJP3DGT局へ相談を投げかけ
出展に向け快諾いただき今日の日を迎えた。

とうのも、「SOTA」にはメーリングリストがあり
日々メンバーが情報をやり取りしている中で
知名度が低いという議論があった。
私からするとだからどうなんだという思いだったが
それ以上の議論にならないことに苛立たしさがあった。

知名度が低ければ上げればいい。
とすれば、方法はいくつかある。
例えば、参加者を増やす。
増やすためには人が集まる場所でPRすればいい。
その格好の機会が今回の「KANHAM2017」
「関西アマチュア無線フェスティバル」だ。

普段、あまり表に出る性格ではないが
今回に限っては何故か能動的に動いていた。
当然、ひとりでは何もできないので
JP3DGT局(かつおさん)に、「自分も定年が近いので何かやってみたいねん」
と相談したのが事の始り。

その後、関西在住のメンバーを集めアイボール会を開催。
最近では、コミュニティーFMのアマチュア無線家向け
番組「ハムのラジオ」でSOTAについて3週連続して
取り上げてもらいフォローの風となっている。
徐々にではあるが、参加メンバーも増え機は熟しつつある。

それに、出展に賛同して色んなアイデアをもらったり
動いてもらえる仲間もでき有り難いことだ。
本番まで残り1ヶ月、最後の仕上げといこう。
そして、私は今回限り。この出展が継続するように
次の人にバトンを渡さねば。
[PR]
by mido811 | 2017-06-14 01:40 | アマチュア無線 | Comments(0)
KANHAMコンテスト初参加。
f0073587_23255837.jpg

2017年6月4日(日)
ここ暫く週末は山へ登る日々が続いたので
今日は箸休めならぬ足休めで
家でごろごろしているつもりだった。が、
KANHAMコンテストに急遽参加することにした。

KANHAMとは関西アマチュア無線フェスティバルのことで
池田市で開催される関西のアマチュア無線の最大イベントだ。
今年は、参加しているSOTA JAPANの
ブースをKANHAM2017に出展予定だ。

その縁もあって、KANHAMコンテストの
ハンディ機部門にエントリし
いつものポンポン山から参加する。
先ずは、原付バイクで本山寺駐車場へ向かう。
現地に行くとほぼ満車。
本山寺へ向かうとゼッケンをつけた人達が走って下りて来る。
f0073587_21552244.jpg

本山寺に到着するとゼッケンをつけた人達が更に増えた。
ゼッケンを見ると”天王山からポンポン山へトレイルラン」と
書いてあった。恐らくトレイルランの大会が行われているのだろう。
f0073587_21572998.jpg

今日は気候もよく湿度が低いせいか
カラッとした快晴で清々しい。
f0073587_21584269.jpg

歩き慣れた登山道を進むと前方にゴミ袋を抱えた
人達を発見。あれ?ひょっとして・・高槻労働者山岳会の人達かも。
かもでなく労山の人達だった。先週が清掃登山だと
勘違いしていた。申し訳ないが今日はご容赦いただこう。
f0073587_221682.jpg

高槻労働者山岳会の人達を追い越し
昼時で賑わう山頂に到着。
f0073587_2251255.jpg

早速、無線機をセットする。
ハンディ機部門では外部アンテナにバッテリはご法度。
無線機に内蔵された電池に直付けのアンテナしかだめ。
ということで、アンンテナの地上高を稼ぐこともあって
三脚に無線機ごとマジックテープで固定した。
f0073587_2285275.jpg

ハンディ機部門の規定は次の通り。
f0073587_229392.jpg

先ずは、DAISOで買ってきた電池を
専用の電池ケースに入れてスタート。
コンテスト参加局が多く433.180MHZから運用開始。
f0073587_22122118.jpg

【本日の交信結果】
DJ-S57/2W  +  5/8λホイップアンテナ/RH770
大阪府高槻市ポンポン山 標高678.9m  JCC2509
12:56 JN3GYJ/3 5925 5924 ※433.040MHZ
12:57 JA3OLO 5925 5925 大阪府堺市※433.06MHZ
13:02 JH3BTX 5925 5924S※433.160MHZ
13:05 JO3ALU/3 5925 5922 旗振山※433.180MHZ JA/NR-057
13:07 JP3HQR 5925 5925S 大阪府茨木市
13:10 JH3QED/3 5925 5926 和歌山県有田郡
13:12 JP3OUY/3 5925 5925
13:14 JF3EPU/3 5925 5927S 神戸市灘区
13:15 JA3GJQ 5925 5925
13:22 JO3VFK/3 5925 5925
13:24 JN3GKF 5125 4524
13:28 JR3FQB 5925 5925 大阪市城東区
13:31 JP3LTM/3 5925 5925 大阪府豊中市
13:33 JK3UQF 5925 5925 大阪市阿倍野区
13:34 JO3LTH 5925 5924 奈良県奈良市
13:36 JH3JFF/3 5925 5924 奈良県御所市
13:53 JN3IWS/3 5925 5922京都市左京区
13:57 JF3GXQ 5925 5922京都府宇治市
14:00 JP3QYC 5925 5922Y京都市西京区
14:03 JS3LOW 5925 5525堺市堺区
14:05 JA3DWJ 5925 5925S大阪狭山市
14:07 JF8LPB/2 5125 5920愛知県豊田市炮烙山JA/AC-024
14:09 JA3WDL 5925 5925大阪府高槻市
14:12 JP3LXA 5925 5925堺市北区
14:17 JP3EPM 5925 5925大阪市西成区
14:23 JA3HYV 5925 5927兵庫県宝塚市
14:25 JA3RHR 5925 5925大阪府四条畷市
14:27 JR3SZZ 5925 5927兵庫県西宮市
14:30 JO3VUQ/3 5925 5927生石ケ峰JA/WK-027
14:34 JH3RHR 5525 5225S
14:42 JM3HRC/3 5925 5924国見山JA/NR-030
14:45 JE2TOC/2 5225 5921三重県津市
14:47 JP3EXO/3 5925 5925大阪府豊能郡深山JA/KT-014
14:50 JF3XFH/3 5925 5926和歌山県有田郡山田山
14:52 JM3NRO 5925 5922京都市山科区
14:54 JA3RAY 5925 5925大阪府高槻市
14:58 JG3HGN 5925 5925S大阪府高槻市
14:59 JI3AZH 5925 5923滋賀県野洲市
15:06 JP3OPW 5925 5727兵庫県伊丹市
15:09 JP3PXT 5925 5727
15:11 JA3HMH 5925 5925大阪市東住吉区
15:12 JH3HWH 5925 5925堺市
15:17 JS3BBC 5925 5922京都市右京区
15:19 JH3DYD 5925 5925大阪府大東市
15:21 JK3WOJ/3 5925 5925
15:22 JH3OXM 5925 5925大阪市東住吉区
15:24 JR4UCD/3 5925 5925大阪市西成区
15:26 JA3HKR/3 5525 5525
15:28 JP3OOC/3 5925 5925大阪府吹田市
各局、コールいただき有難うございました。
久し振りに430MHZ/FMでQRVしお久し振りの方から
2バンドQSOの方、或いはSOTAメンバー、移動局の方々
と交信いただきました。

結果としてはホイップアンテナで
これだけQSOできれば上等でしょうと自画自賛。
それにホイップで2エリアもできたし。
ただ5エリアが出来なかったのはちょいと残念かな。

いつもながら気が付けば山頂には誰もおらず。
寂しく遅い昼食を摂るのであった。
その間はポンポン山からの展望をひとり楽しんだ。
今日は湿度が低く適度に風が吹いたので
けっこうすっきり見渡すことが出来た。
こちらは京都、滋賀方面。野洲市の三上山がはっきり見えている。
f0073587_2312617.jpg

こちらは大阪方面、あべのハルカスもバッチリ。
f0073587_2313355.jpg

こっちは富田林のPLの塔が見えている。
f0073587_23135922.jpg

反対の北側を見ると愛宕山と先日登った地蔵山。
f0073587_23154613.jpg

なんだかんだで16:00を過ぎた。
誰も居ない山頂を後にして脱兎の如く下山。(半分走っている)
本山寺に16:25に到着。
f0073587_23175171.jpg

本山寺駐車場に戻ると片隅に高槻労山の皆さんが
清掃したゴミが固めて置かれていた。
皆さんご苦労様でした。
f0073587_23222415.jpg

初めてのKANHAMコンテストだったが
改めてポンポン山の飛びの良さを知ることになった。
明日からまた仕事頑張ろう!
[PR]
by mido811 | 2017-06-04 23:27 | アマチュア無線 | Comments(4)
ハムのラジオ SOTA特集
f0073587_22251458.jpg

2017年5月17日(水)
先日、大和葛城山へ向かうバスの中でオバサン達が
「ドキュメント72時間」見た?と
金剛山のライブカメラの話題で持ちきりだった。

また、登っている最中にもハンディ無線機から
聞こえる交信では金剛山のライブカメラが
放送されて以来集まる人が爆発的に増えたことや
その影響で309号線の路上駐車が禁止されたことを
話題にしていた。これだけでも放送(メディア)の影響力の
凄さと恐ろしさを垣間見た気がする。

ところで、山へ登って毎回無線をして遊んでいる私だが
これはSOTAと呼ばれる無線のアワードだ。この程
このSOTAがラジオで特集されることになった。
5/21放送の「ハムのラジオ」という専門番組だ。

この番組はコミュニティFMで放送されているが
ネットでも聞くことができるので是非聞いて欲しい。
ちなみに2週に渡り特集され前半は日本支部の
ボス川内さんが登場、後半は先日スイスから来日した
Andy、Evaご夫妻のインタビューとなっている。

いよいよマイナーだったSOTAがメディアに
取り上げられるとは参加する一人として素直に嬉しい。
そうそう、なぜSOTAにハマッタのか。
それは、競わなくていいから。

コンテストとかなら期間内での獲得ポイントを
競うところだけどSOTAは獲得ポイントを累計していくので
競うというより登った履歴をポイント化すると考えてもいい。
だからポイントを稼ぎたければ毎日山に登って
交信するか一日に複数の山に登って交信すればいい。

SOTAに参加している人たちの価値観は多様で
登山のついで無線を楽しむ人や電波を遠くに飛ばしたいがため
山に登る人、ポイントを獲得してアワードを狙う人とさまざまだ。
要は山頂で4局と交信できればいいのだ。
ちなみに私は、山50%、無線50%の欲張りタイプ。
でもポイント稼ぎだけで山に登ってはいない。

有り難い事にSOTAに参加して定番の山以外の
山に登るモチベーションがもて
結果的に健康な体を得ている。
無線って”もしもしゴッコ”と揶揄する人もいるけど
人と対話するツールにもなるしモールス通信を
やれば少なからず頭を使うので痴呆にならなくて済みそうだ。
なんか高齢者にピッタリの趣味になってしまうな・・・。

でも、山に登るなら交信しなくとも保険として
ハンディ無線機は携帯して欲しいと
登山者とお話する機会があれば
無線免許取得と併せて啓蒙している。

モノの見方を変えれば
アマチュア無線は決して”もしもしゴッコ”ではない。
と思う。

--------------------------------
<番組HPより抜粋>
SOTAとは、Sumitt On The Airで、山へ登り、山頂から運用して得られるアワードプログラムです。登録された山頂からの運用でポイントを得たり、運用した山頂の数でアワードが得られます。DXCCは国・地域、IOTAは島ですが、その対象が山となったものです。2002年にイギリスで始まり、2015年に正式にの日本支部が発足し活動を開始しています。
「SOTA」について、2回に分けてお送りします。一回目は、SOTAの日本支部長、JH0CJH 川内さんのインタビューを中心にお送りします。二回目は、スイスから来日されJA-CEPTの相互運用協定で日本の免許を取得された、HB9JOE/JJ1CKD Andyさん、HB9FPM/JJ1CKE Evaさん ご夫妻のインタビューをお送りする予定です。

SOTA日本支部のホームページ : http://www.kawauchi.homeip.mydns.jp/sotajp/

放送は5月21日21:00~21:40 (水戸FMぱるるん(76.2MHz))です。 PODCASTは翌5月22日に配信を始めます。
茨城県水戸市付近では、電波でお聴きください。電波の届かないところではインタネット経由のサイマルラジオで、お聴きいただけます。

FMぱるるん: http://www.fmpalulun.co.jp/
サイマルラジオ: http://www.simulradio.jp/#kantou
リッスンラジオ: http://listenradio.jp
[PR]
by mido811 | 2017-05-17 23:21 | アマチュア無線 | Comments(2)
ポンポン山でNA⇔JA S2Sイベントとカタクリ観察
f0073587_19344450.jpg

2017年4月23日(日)
メンバーであるSOTA(Summts On The Air=頂上無線)の
イベントとして北米のSOTAメンバーとスケジュール交信
(時間を区切り事前にエントリして交信)が組まれた。

W(北米局)はやる気満々のようでエントリ局が続出。
方やJA(国内局)も負けていない。CW(モールス)局の大半が
エントリし土曜の夜から山に登ってWを迎撃するようだ。

参加の予定はなかったが昨晩から登っている各局の
Twitterをみていると思わず参加したい衝動にかられ
ついついホームベースのポンポン山に向っていた。
悲しいかなCW(モールス)は未だできないので
今回はPHONE(電話)で迎撃を試みるつもりだ。

早朝6時過ぎにいつもの本山寺駐車場に到着。
それでも既に車2台が駐車していた。
f0073587_17245371.jpg

どうやら今日は快晴のようで清々しい朝だ。
駐車場の奥にある八重桜も満開。
では、急いで出発。
f0073587_17272779.jpg

申し遅れました本日の影武者です。
片手にFMハンディ無線機、背中にHF用のマストを背負う。
f0073587_1729444.jpg

本山寺を通過して登山道に入るとリスがお出迎え。
新芽も出て木々の緑が眩しい。
f0073587_17305768.jpg

角度を変えてみると荒々しくも神々しい夫婦杉。
f0073587_1732697.jpg

日が射し始めると気温があがり体も動かし易い。
暫くして山頂到着、どうやら今日は独占のようだ。
f0073587_17353152.jpg

人がいないうちにHF(短波)用のマストを上げる準備に掛かる。
交信する周波数は、14、18、21MHZのどれか。
確率を考え国際バンドと呼ばれる14MHZに決めた。
それにオマケとして50MHZのバンザイANT(V-DP)も持参した。
f0073587_17401660.jpg

ラッキーなことにアンテナを上げ終った頃に登山者が登ってきた。
では、早速CQを連呼してみる。
今日のシャック。
f0073587_17465966.jpg

当然、アメリカ人を相手にしているので英語で呼ぶ。
しかし、何度やっても反応がない。
我慢強く英語でCQ~を連呼しているとなんと日本語が返って来た。

こ、これは日本語を喋る外人かと思いきや
JM3ROY堺市の無線局だった。
こちらは英語で発音しているつもりが、どうも相手局には
日本語英語に聞こえたのだろうか。悲しい!悲しすぎる。
おいおい語学力、発音の無さを世間に露呈してしまったぞ。

JM3ROY局に事の事情を説明をすると
W(北米局)なら昨晩18MHZで聞こえていたという情報を貰った。
ということは、14MHZは的ハズレだったのか・・・。
交信を終了しダイヤルをまわしていると今度は英語が飛び込んできた。

これはもしや?と思い聞き入ってみるとJS6TQS/6局であることが判明。
沖縄米国軍の方が日本のコールサインを取得して発信しているのだ。
コールすると何とか拾ってもらった。でもちゃんと通じたかは?だ。
なにせ日本語英語しか喋れないので。
その後は、全く反応がなくW(北米局)の迎撃は終了。
7MHZ用のエレメントに入替え数局とQSOするが続かず。

つづいて、先週調整した50MHZ用バンザイANT(V-DP)を
試そうとセッティングを始めた。
f0073587_17563646.jpg

50MHZは珍しく多くの局が聞こえ周波数も込み合っていた。
その間を縫ってCQを出してみる。しかし、反応無く暫く呼び続けた。
するとJO3EMS局よりコールをいただきこれを皮切りに
パイルアップ(多数呼ばれる)になった。

最後はホイップアンテナで144MHZ/SSBへ移行。
こちらでは、滋賀県三国山に移動中のJM3HRC/9と交信できた。
HRC局からのQSP(伝言)でSOTAメンバーのJJ0QOT/3局が
430MHZ/SSBでQRV(運用中)と聞きバンドを変更。
昨日登った鈴鹿の竜ヶ岳からの発信、こちらからコールし
こちらも交信成立。QOT局のマイクから風きり音が聞こえた。
やはり鈴鹿は風が強いのだ。
【本日の交信結果】
FT-817ND/5W + IVDP(HF)、VDP(50MHZ)、RH770(144/430Mhz)
ポンポン山 678.9m  JA/OS-005
大阪府高槻市 JCC2509
08:20 JM3ROY 59/59 大阪府堺市 ※14.280MHZ/SSB
08:50 JS6TQS/6 58/41 JA6/ON-009 ※14.290MHZ
09:18 JF3IFB 59/59 京都府宇治市 ※7.125MHZ/SSB
09:26 JR4URK 59/59 岡山県岡山市
09:28 JF3UOZ 59/59 京都府城陽市
09:53 JO3EMS 59/59 滋賀県草津市 ※50.220MHZ/SSB
09:57 JJ3NEH 59/59 東大阪市
10:07 JK3TPG 59/59 奈良県桜井市
10:10 JF3MAU 59/59 京都市西京区
10:13 JP2XCM/3 58/55 兵庫県川辺郡猪名川町
10:16 JE3CDW 59/59 大阪府枚方市
10:19 JR3WTQ 59/59 大阪府高槻市
10:25 JF3KQA/3 59/59 滋賀県野洲市三上山JA/SI-060
10:31 JA3AMI 59/59 滋賀県大津市
11:05 JI3BXL 59/59 京都府相楽郡
11:12 JH3MUR 59/59 大阪府柏原市
11:17 JE3XJS 59/59 堺市北区
11:20 JH3KHS 59/59 大阪市住吉区
11:25 JO3AMB 59/59 大阪府高石市
11:28 JM3HRC/9 51/51 福井県三方郡三国山JA/SI-021
11:37 JJ0QOT/3 59/59 滋賀県東近江市JA/ME-014 ※430.25MHZ/SSB
11:56 JH3JFF/3 59/59 奈良県御所市大日岳※433.14MHZ/FM
各局、FB QSO有難うございました。
昼時になると山頂はこれまでになく登山客で賑わった。
HFのマスト周辺にも登山客が座り始めたため危険回避と
自生のカタクリの観察もあり交信を終了した。
f0073587_19138.jpg

コンビにのオニギリを食べ腹を満たしたところで
次なる目的地であるカタクリの自生地へ移動。
開花時期が遅れてはいるもののピークから随分
経っているので花が残っているか心配だ。
では、覗いてみよう。
f0073587_1965439.jpg
f0073587_1972846.jpg
f0073587_198112.jpg
f0073587_1983170.jpg
f0073587_199475.jpg
f0073587_19112770.jpg
f0073587_19121110.jpg
f0073587_19133977.jpg
f0073587_19145938.jpg

今年も”べっぴんさん”に会うことが出来た。
大半は色が褪せピークを過ぎていたが今年は昨年以上に
豊作で開花する株も増えたと思う。これまで管理していただいた
関係者の努力の賜物といえる。
それにしても元気に咲く姿を見ることが出来感無量だ。
気持ちもいっぱいになったところで下山することにした。

下山途中にも春を感じる花が咲く。
先ずは山桜だ。高いところで花を咲かせていた。
f0073587_1920984.jpg

続いて、寒椿が沢山花をつけていた。
緑の葉っぱに真っ赤な花のコントラストがいい。
f0073587_19204313.jpg

下を見れば登山道脇にシハイスミレが真っ盛り。
f0073587_19222768.jpg

登山道の両側には山ツツジがピンクの花でお出迎え。
f0073587_19243398.jpg

本山寺駐車場に到着すると掲示板に
6月4日(日)に開催されるポンポン山
クリーンハイクのお知らせが掲示されていた。
f0073587_19282633.jpg

ポンポン山は春の花で賑わっていた。
これから初夏にかけては新緑に染まるいい季節だ。
今日は無線もやり花を愛でる良き一日になった。
[PR]
by mido811 | 2017-04-29 19:30 | アマチュア無線 | Comments(2)
14M・50Mのアンテナ調整
f0073587_2141356.jpg

2017年4月16日(日)
昨日と打って変わっての快晴。
それに気温も上がれば体も動き易くなるので
堪っていた宿題に手をつけようかという気になる。

その前に昨日濡れたツェルトやザックやらを
もう一度日干し、ついでに登山靴も洗う。
山を愛するなら道具も愛さなければね。

さて、その宿題が製作途中の14MHZIVDPと
50MHZのVDPの再調整だ。
それだけではないG5RVアンテナに
V/U用コーリニアの製作が控えている。
で、アンテナ調整のためいつもの神峰寺の森に向った。
f0073587_2102816.jpg

先ずは、14MHZIVDPから。
手が届くようにマストはフルに上げずニッパを持って
エレメントをちょきちょき切ってはアンテナアナライザで
共振点を確認、これを何度も繰り返す。
f0073587_211927.jpg

目標の13.7MHZになったところでマストをアップ。
予想では300Kアップし14.19MHZで共振と考えた。
結果は、ぴったし14.19MHZでSWR1.0。
f0073587_191651.jpg
うまく行き過ぎて怖いと思いつつ実践投入。
そう言えば、スイスのご夫婦は今日もQRVの予定。
f0073587_20492219.jpg
Twitterによると13:00からQRV予定らしいので迎撃できるかもかもと思いつつ
FT817の電源を入れ14.191MHZにセット。
その途端、いきなりパタパタノイズが発生し使用不可に。
まいった、今更ロシアの妨害電波でもあるまいし。
ならば上がろうと14.21MHZへQSY。

するとこちらではWAPCコンテンストの真っ最中だ。
WAPCとはWorked All Provinces of China のこと。
中国主催のコンテストで中国局だらけ。
パタパタはこのせいなのか?であれば北か?
さすがは国際バンドと呼ばれるだけあって外国語が飛び交う。

それでも周波数の間を縫ってCQを連呼。
申し遅れましたが、恥ずかしながらこれでも1アマ無線技士です。
期待は大きくはずれ閑古鳥が目の前を飛んで行く。
f0073587_216742.jpg

FT-817のPo表示を見ているとどうもフルパワーが出ているように思えない。
しかし、先程の計測ではSWR1.0だったはずなのだが。
念のためアンテナアナライザで再計測してみた。
するとSWR1.9?共振点は14.4MHZにズレているではないか。
やはり実際の高さにして計測しないとダメなんだ。
その間にTwitterでJH0CJH局よりスイスより来日のご夫妻の
運用が終了したというアナウンスが流れ止めを打たれた。

しかたがない気を取り直して次なる50MHZ用VDPの調整にかかろう。
こちらは以前調整し実践投入したもののイマイチなので
再度調整をしようと思っていた。
現在のエレメント長で計測すると何と52MHZ付近で共振していた。
どうりで。改めて調整すると5cm程伸ばして50.16MHZでSWR1.2。
では実践投入として誰かCQだしていないか探してみた。
すると茨木市のJP3OUY局をみつけてすぐさまコール。レポートは51。
とりあえずは飛んでいるようでまずは安心。
f0073587_20411552.jpg

時計を見ると14:30。
やべっ、15時にはカミさんとスーパーへ買出しに行く約束をしていた。
急いで撤収作業にかかる。
14MHZのIVDPはもったいないので21MHZか28MHZ用に転用しよう。
50MHZVDPはバランなしでいけそうな気がするけど、それは次回のお楽しみ。

午前中に出遭った登山者が次々と下山して来る。
急いで自宅に戻り約束の30分遅れでスーパーへ買出しとなった。
青空の快晴の下、アンテナ調整が余裕をもってでき楽しい休日になった。
ちょっと焼けたかも。
[PR]
by mido811 | 2017-04-16 21:07 | アマチュア無線 | Comments(2)
ユニバーサルクリップベースMCRⅡ
f0073587_2219844.jpg


2017年3月12日(日)
昨日、剣尾山でのこと。
下山前に144MHZ/SSBでCQを出そうと思い
いつも携帯しているユニバーサルクリップベースを取り出し
木の枝に挟んでホイップアンテナRH770を装着し
BNC型なのでまわしてロックしたところ根元から回った。

何か違和感を感じたが、そのまま無線機の電源を入れ
144MHZにセット。CQを出すと変調とともに表示されるのだが
何も表示されずに何も受信できない。

おかしいと思いアンテナを外し点検しようとしたところ
クリップベースについているBNCがアンテナと同時に回り
そのまままわし続けたところネジ式のBNC端子が外れ
中に挿入されている同軸が断線しているのが見えた。
f0073587_22294971.jpg

これって、本来まわって外れてはいけないはずだが回った時点で断線したようだ。
これを元のようにコネクタにハンダ付けするにはどうすれば・・・・
考えたがそもそもどうやってハンダ付けしたのかすらわかtらん。

いつもRH770を使用時に必ず使い重宝していた。
自分で修理するのも面倒なのでアマゾンでポチっとしたけど
やはりどうやってハンダ付けしたのか悩ましい。
[PR]
by mido811 | 2017-03-13 22:36 | アマチュア無線 | Comments(2)