カテゴリ:北ア・鹿島槍・五龍岳( 6 )
雨男の後立山大作戦!-おまけ
今回ゲットした山バッジです。

◆爺ケ岳(左:冷池山荘  右:種ケ池山荘)
f0073587_21385553.jpg
f0073587_21391251.jpg

◆鹿島槍ヶ岳(冷池山荘)          ◆五龍岳(五龍山荘)
f0073587_2142775.jpgf0073587_214366.jpg

◆唐松岳(唐松頂上山荘)
f0073587_2143337.jpg


■旅費精算
今回の旅費合計は
阪急高速バス(名神高槻⇔松本)    ¥10,000
JR松本→JR信濃大町           ¥650
バス(信濃大町→扇沢)          ¥1,330
八方アルペンライン(ゴンドラ/リフト)     ¥1,400
白馬八方温泉入浴料            ¥300
バス(八方→白馬駅)            ¥250
JR白馬→JR松本              ¥1,110

合計¥15,040でした。
[PR]
by mido811 | 2010-10-18 21:58 | 北ア・鹿島槍・五龍岳 | Comments(0)
雨男の後立山大作戦!-4
f0073587_1253815.jpg

■遠見尾根分岐より唐松岳方面を望む。


●本日の山行
9/27 8:12五龍山荘→8:17遠見尾根分岐→10:57唐松頂上小屋→11:33唐松岳山頂
    →12:00唐松頂上小屋12:30→12:55丸山→13:56第三ケルン
    →14:09八方ケルン→14:38八方池山荘→14:46クラートクラッド
    →14:56アルペンクラッド→15:06ゴンドラリフト→15:20山麓駅
    →15:39白馬八方温泉→16:10八方バスターミナル→16:15JR白馬駅
    →19:51JR松本駅→22:30松本バスターミナル


テント設営後、何か食べようとしても体が受け付けずシュラフに
入ったまま一夜を過ごす。予定では7:00出発だったが昨日に
続き食べるものを体が受け付けないこともあってゆっくりすることにした。
しかし、あまりにゆっくりし過ぎたのかテントの撤収にかかると周囲には
誰もいなかった。
f0073587_1212142.jpg


静かな天場ではガスの切れ間から富山湾と黒部市の町並みが見渡せた。
f0073587_12132477.jpg


人間は不思議なもので食べ物は受付けないが、出す方の欲求は高く
小屋のトイレに駆け込んだ。五龍のトイレは、しゃがみこむと前の小窓から
五龍岳の雄姿を望むようになっており粋な計らい?かは別として励みに・・・・??
f0073587_12142790.jpg


すっきりしたところで、山荘ともお別れし唐松岳目指して出発。
今日は下山するだけということもあって、気持ち的にもゆとりを感じる。
山荘が建つ白岳を巻くように歩くと遠見尾根との分岐に到着した。
分岐からは、ガスに覆われた唐松岳と唐松に続くアップダウンの
ない登山道が一望できた。
f0073587_12145276.jpg


早朝から覆っていたガスは、なかなか切れてくれそうにない。
しかし、神の恵みか振り返ると五龍の大きな容姿がガスの中から
現れた。僅かな間だが龍の爪のように鋭い尾根が幾筋も並んで見えた。
ガスは再び五龍岳を覆って姿は見えなくなった。
f0073587_1217266.jpg
f0073587_12173895.jpg


ガスでまっ白い中を歩く。
ガレた巻き道を降りていくと何やら動くものを発見した。
よく見ると二羽の雷鳥がハイマツを摘んでるではないか。
昨日に続き、今日も雷鳥を至近距離で見ることができ理由はないが何だか
ハッピーな気持ちになってきた。
f0073587_12185756.jpg


暫くは平坦な登山道を道なりに歩くと緩やかな登りに差し掛かる。
不思議なもので用を足してからは調子がよくなり、腹も減ってきたので
カロリーメイトとチョコを今日初めて口にした。
f0073587_12285130.jpg


緩やかな登りであってもやはり苦手だ。後方で人の声がすると思ったら
家族連れ3名がやってきて道を譲った。ゆっくり高度を上げていくと
後方に控える唐松がガスのシルエットに映し出された。
f0073587_12333526.jpg


登れば登るほど険しくなってきた。おまけにクサリ場なんか登場したりして
こんなの聞いていないよ~の世界だ。再び、岩登りが始まり先行する家族が登りきるのを
見届けて登り始めるが、これがなかなか険しいのなんの。
f0073587_12381183.jpg


暫くはクサリ伝いに登ったり下りたりを繰り返し、ついにファイナルステージを
迎えた。クサリを掴んで登った先に赤い屋根がチラリ。紛れもなく小屋に違いない。
疲れた体に血流が一機に流れ出すように急に元気になって登りきった。
f0073587_1242726.jpg


眼下に唐松頂上小屋を捕らえるとクサリ場から開放される喜びと
山旅の終わりが近いことを実感した。
f0073587_12475820.jpg


小屋の外では、小屋の従業員さん達が戦場のような朝の仕事を終え
お茶を飲みながらくつろいでいた。小屋の営業終了が間近なのだろう
互いの別れを惜しむような会話が交わされていた。
その後、小屋にザックをデポし唐松岳山頂へ向かった。
f0073587_1255318.jpg


唐松岳山頂は、見た目より楽に登れる。
ましてや空身なので楽チン、楽チン。あっという間に山頂へ到着。
間が悪いのことにガスが周囲を覆い始め視界は良くない。
f0073587_12591087.jpg


頂上の視界が悪くともこれだけは見ておかなければと思い
ガスが切れる一瞬を待った。それがこれ「不帰の嶮」だ。
この荒々しさと高度感から恐怖心を煽らる。よくこんな名称を考え付いたもんだわ
f0073587_1353624.jpg


小屋に戻ると咽がカラカラになりジュースを買って飲んだ。
すると久々の空腹感を覚え、小屋の食事をとることにした。
メニューはカレーからスパゲティ、ラーメンと定番が並ぶ中
ラーメンを注文したら売り切れ、じゃあカレーは?というとこれも売り切れ
ほんなら何ができるの?と尋ねると中華丼(¥1,000)しかできないらしい。
早く言ってよ!!しぶしぶオーダーすることに。
だが、山でましてや普通の食事となれば不味いものはな~い。
すぐに完食してしまった。
f0073587_13174548.jpg


腹が脹れたところで、いよいよ下山である。
小屋に食器を返すついでに天気を聞いてみた。すると、最近は地デジ化のお陰で
地元の天気がいつでも確認できるそうだ。予報では雨の心配はなさそう。(本当?)
小屋横の八方尾根への分岐から下山を開始。
f0073587_13262515.jpg


岩ゴロのガレた道を下っていくと先程のガスが深くなり始めた。
丸山ケルン辺りで視界は一機に悪化、霧雨が体をぬらし始めたのでレインウェアに
着替えようかと思った瞬間、どこから来たのか雷鳥6羽が前を横切っていくではないか。
逃げるわけでもなく「前をごめんやっしゃ」と言わんばかりに横切っていくので笑ってしまった。
f0073587_13335537.jpg


霧雨が紅葉に塗り替えていくのだろう。周囲の木々はガスの湿った空気で
葉を濡らしていき所々で鮮やかな紅葉を目にした。

f0073587_13443077.jpgf0073587_13444576.jpg


ようやく八方池との分岐、第三ケルンまで下りた時には、ガスでまっ白になり
ホワイトアウト状態になった。暫くは道なりに進めばよかったが、
不覚にも途中で道を見失った。しかし、偶然にも近くで山野草を撮影していた人が
いて道を教えてもらい難を逃れた。これがホワイトアウトの怖さだ。
f0073587_18572289.jpg


その後は、寒さに震えながらも木道の八方尾根研究路を延々下り
ようやく八方池山荘にたどり着いた。
f0073587_1352449.jpg


八方池山荘の横の八方アルペンラインの乗り場からリフトとゴンドラを乗り継いで
八方山麓へ下山していく。リフトに乗った時は、霧雨と震える寒さで到着までひたすら我慢だ。
次のゴンドラでは秋色に色づいた町並みを見ながらの空中散歩になった。
f0073587_14173986.jpg


八方アルペンラインの通し券と白馬温泉卿の入浴券を同時購入すると入浴料割引され
500円のところ300円で入浴可能。八方バスターミナルに近い白馬八方温泉で入浴。
効能は忘れたが、温度は高めでお肌すべすべで美白の湯としておこう。
館内は時間帯もあって先客と2名だけ、貸切状態で縦走の垢を洗い流した。
f0073587_14233064.jpg


八方バスターミナルからバスでJR白馬駅に向かう。
白馬からは信濃大町で乗り換えて松本駅へ向かうが列車本数が少なく
結局、JR松本駅には20時ちかくになった。
f0073587_14263258.jpg


普段なら松本駅にある蕎麦屋で生ビールと天ぷら蕎麦といくところだが
閉店のため他を探さねばならず、ラーメン専門の看板に惹かれ
「若大将ラーメン」という店でラーメンとギョーザ、生ビールを注文。しかし、ラーメン専門
なのに出てきたラーメンは高速のパーキングで食べるようなラーメンで
ギョーザもタレがなく自分で醤油と酢を調合しなければない。
しかも、これで1600円って、もう参った、参った。
来る客はラーメン以外を注文していたが、ここでラーメンを食うのは禁なんだろうか。

その後は予定通りバスターミナルへ移動して梅田行き阪急高速バスに乗って
翌朝、無事名神高槻バス停で下車して帰宅となった。めでたし、めでたし。
[PR]
by mido811 | 2010-10-17 14:40 | 北ア・鹿島槍・五龍岳 | Comments(4)
雨男の後立山大作戦!-3
f0073587_14122426.jpg
   ■鹿島槍ヶ岳北峰方面からの南峰

■今日の山行
9/26 6:50冷池山荘テン場→7:35布引山→8:40鹿島槍ヶ岳南峰
     →9:38鹿島槍ヶ岳北峰分岐11:31キレット小屋
     →12:35口ノ沢のコル→12:30北尾根ノ頭→15:27五龍岳頂上
     →16:50五龍山荘


さてさて、大展望を楽しむのもここまで。
はるかに遠くに見える五龍岳目指し出発ぜよ。
先ずは前方の鹿島槍ヶ岳北峰へ向かうも見た感じと違い
険しい岩石を急降下していく。

すると外人男性2名がぜーぜー言いなが登ってきて
「コニチワ」と片言の日本語で挨拶してきた。
何だか日本人より日本人ぽいなと感心していると後から
ヤンキー娘2名が続く。やはり挨拶をして過ぎ去ると同時に
コロンのいい香りが漂う!普段なら変態と言われるところだが
冥土の土産にとおもっきり嗅いでおくことにした。
f0073587_14181296.jpg


ヤンキー娘の香りに反応してか?槍ヶ岳が顔を出してくれた。
f0073587_14202448.jpg


まだまだ降下が続く。降下した分と同じ位登るのが定石。
お~い、どこまで下りんねん。とつぶやいて北峰とキレット小屋との
分岐に到達。北峰ははるかに見上げる高さにあった。
そこへ、何時の間に着たのかニコニコ笑顔でトレールラン中の
お兄さんがやってきて、声を掛けられた。
彼は、早朝から尾根伝いに登ってキレット小屋を折り返して
ふたたび下山するとか。お先にとニコニコ笑顔で去っていった。
f0073587_14281774.jpg


スタートが計画から1時間遅れが頭から離れず、向かう北峰を見上げ
行かずにパスすることにしてニコニコお兄さんの後を追うようにキレット小屋
方面へ歩き出した。
f0073587_14353638.jpg


登山道は、北峰を巻くように伸びていった。早いものでニコニコお兄さんの
姿は無く、振り返ると急峻な北峰が前を遮った。
f0073587_14382666.jpg


この辺りからクサリ場や梯子が現れるが、ここが八ツ峰キレットとは全く気づかず
「やたら岩を登ったり下ったりするな~」程度にしか思っていなかった。
f0073587_144333100.jpg


午前中の好天がウソのようにガスがかかり始めた。それでも相変わらず急峻な岩を
登ったり下ったりフィールドアスレッチックみたいになってきた。
でも基本である三点支持を守ってクリア。途中、トレランのニコニコお兄さんと再会。
キレット小屋でメシ食って折り返して来たのだ。早すぎる!
f0073587_14481030.jpg


暫くしてガスが一瞬切れ何やら建物が現れる。
ひょっとして、あれに見えるはキレット小屋?立地場所からしてキレット小屋やん。
この時点で八ツ峰キレットを縦走していたことに初めて気付くのだった。
意外とあっけなく終わったので、ちと寂しからずやです。
f0073587_14554534.jpg


それでも緊張していたんでしょう。咽が渇いて珍しくコーラを飲もうと小屋に入るが
コーラはなくCCレモンで代用。小屋の前では初老のおじさん二人が仲良く昼食中。
他女性の単独行さんがいた。おじさんに声を掛けられ7:00に冷池テン場を出発したことを
伝えるとおじさん達は5:30に冷池山荘を出発したらしく、その時間差に顔色が変わった。
というのも同じく五龍岳へ向かう予定だったのだ。
f0073587_155793.jpg


おじさん達が先行で出発。続いて単独行お姉さんも鹿島へ向け出発。
遅れて出発したものの、すぐにさっきのおじさん達に追いつき先に
行かせてもらった。登山道は、八ツ峰キレットよりも険しくなってきたような・・・。
f0073587_15145564.jpg


相変わらず登ったり下ったりを繰り返し乗り越えていくのだが、ある時何かが動いた
ような気配を感じ立ち止まった。すると、そこに二羽の雷鳥が葉を摘んでいた。
アルプス通って3年目にして初雷鳥で一人感動に咽ぶのだった。オレにも雷鳥が来たーーーって
f0073587_1519451.jpg


山は自己責任とは言え、さっきのおじさん達が気になる。
正直なところあの足取りで大丈夫か心配。先行しながらも後方におじさん達を
確認しながら進んで口ノ沢のコルに到着。
f0073587_15234317.jpg


ガスで視界が悪い中、五龍が顔を見せた。
見た感じでは、五龍手前の平坦なところまではそう遠くなさそうに
見えたのもつかの間、実際には長い道のりが待っていた。
f0073587_1529448.jpg


何度か岩場を乗り越えて北尾根の頭に到着。
おじさん達もペースを保持しながら後方にて確認できた。
f0073587_15321751.jpg


北尾根の頭から見える五龍は、さっきよりやや近くなった程度で
五龍に取り付く所までは道のり遠しだ。
f0073587_153736.jpg


地図にある赤っぽい土の出ているガレ場”赤抜”
f0073587_1541244.jpg


ガスが覆って自分の居る位置がつかめない所へ、目の前に大きな岩峰が
現れた。こういう時は自分に都合の良い妄想をするもので、きっとあれが
五龍に違いない思い込んだのだが・・・・
f0073587_15531437.jpg


登ってみると岩だらけ。多分G5と呼ばれる位置で五龍にあらず。
f0073587_15545686.jpg


でもって、連続して石峰が続き五龍は未だ遠く。
f0073587_15574174.jpg


しかし、五龍への取り付きはいきなり現れた。
あのガレた急登を登れば良いのだ。フォースを信じよう。
f0073587_162510.jpg


疲労困憊と酸欠で息が上がる。時折、振り返っては
辿ってきた景色を見て息を整え再び登るを繰り返す。
あれを歩いてきたんかと思うと活力が湧き上がってくるで!
f0073587_165264.jpg


そして、ついに五龍頂上到着。もう感無量!
しかし、悲しいかなガスで周囲は視界ゼロ。
遅れてくること20分、さっきのおじさん達も頂上へ到着。
「まさか五龍の頂上を踏めるとは思えなかった」と感無量の様子。
キレット小屋で話しただけなのに仲間のようにお互いの健闘を
讃えあった。ホント事故もなく来れてよかったよ~。
でも手に汗したのか手袋はボロボロで穴が開いてました。
f0073587_16141049.jpg


頂上到着のご褒美?これも初だが、ブロッケン現象を初めて体験した。
まるで、後光がさすかのように虹色のワッカが自分の影を囲む。
まるで、仏陀になったみたいや。
f0073587_1617593.jpg


今日の任務終了。達成感と疲労とがない交ぜになりながら暗くなる前に
足早に五龍山荘へ向かう。五龍山荘に着くや山荘に宿泊している
どっかの山の会と言っていたが、いきなり「こんなしんどい思いまでして
寒いのに何でテント泊するの?あっそうだ。お金がないんでしょう」と
浴びせるよう言ってきた。デリカシーのかけらもない輩がおるワイと
思いながらも絡む気力もなく、「その通り、小屋に泊まるお金がないんです。」
と言ってやった。それでもしつこいので、テントの受付してきま~すと言って
避難した。こんな奴を山に来させるな!っちゅうねん。

暗がりでテント設営を終えたところに雨が降り始め夜半にかけて
強風と雨に見舞われた。

・・・・・・つづく。
[PR]
by mido811 | 2010-10-16 16:41 | 北ア・鹿島槍・五龍岳 | Comments(2)
雨男の後立山大作戦!-2
f0073587_2171482.jpg
        ■早朝鹿島槍ヶ岳へ向かう登山者(PEAKS風に?)

●今日の山行
9/26 6:50冷池山荘テン場→7:35布引山→8:40鹿島槍ヶ岳南峰
     → 9:38鹿島槍ヶ岳北峰分岐→11:31キレット小屋
     →12:35口ノ沢のコル→12:30北尾根ノ頭→15:27五龍岳頂上
     →16:50五龍山荘

今日は計画が予定通り運ぶかどうかの分岐となる大事な日。
目覚ましは、いつもより早く3時にセット。
昨晩は、寒くて張るカイロを足の裏にはっつけようやく寝る事ができた。
そのせいか昨晩は月が綺麗だったと隣のテントから聞こえてきた。

しかし、シュラフから体を出すことができず、結局4時に体を起こし
朝食の準備に取り掛かった。その間もご来光を鹿島槍ヶ岳の山頂で
見ようとする登山客の足音がたくさん聞こえてきた。

朝食の蟹ぞうすいを食べ体が温まったところでテントから出てみた。
周囲は、霜で真っ白。テントも霜に覆われ真っ白になり撤収が思いやられた。
しかし、今日の天候を予言するように雲海にご来光が浮かぶ。
f0073587_2126369.jpg


すると、後方にそびえる剱岳連峰にも日が注ぐ。
f0073587_2129104.jpg


そして、鹿島槍ヶ岳が燃え始め・・・・
f0073587_21302243.jpg


正面は妙高だろうか雲海が暁に染まっていく。
f0073587_21331953.jpg


剱岳が燃え・・・
f0073587_21345852.jpg



モルゲンロートのショーはあっという間に終了し、一日が本格的に始まった。
霜でパリパリのテントを撤収し、鹿島槍ヶ岳へ向け出発だ。
予定では遅くとも6時としていたが、この時点で約1時間の遅れ。
f0073587_21405132.jpg


先ずは布引山のガレた登山道をつづれ折に登っていく。
朝からトルク全開。
f0073587_21453125.jpg


高度を上げていくと青空に剱岳連峰が映える。
お月さんが、まだ出てます。
f0073587_21481553.jpg


振り返ると昨日辿った爺ケ岳の峰が連なる。
f0073587_2150395.jpg


布引山頂上到着。
素晴らしい眺めだが、先着のご夫婦の奥様がタバコをいっぷくしているのを
見てちょっと・・・・。
f0073587_2153174.jpg


さて、いよいよ鹿島槍に取り付く。
登り始めると、ご来光を見終え下山する多くの登山者と擦れ違った。
彼らは、小屋に戻って扇沢へ下山するのだろう。
f0073587_21561633.jpg


やはり登りは苦手。
休憩しながらの登攀でやっと鹿島槍ヶ岳南峰到着!
頂上は360度の展望が欲しいままだ。
f0073587_226233.jpg


対向に鹿島槍ヶ岳北峰
f0073587_228573.jpg


剱岳連峰を辿っていくと富山湾と町並みを確認。
f0073587_2214525.jpg


南東方向に八ヶ岳連峰が浮かぶ!
f0073587_22155172.jpg


八ヶ岳連峰の横に薄っすら見えるのは富士山だ。
f0073587_22171037.jpg


そして、第二関門これから向かう五龍岳だ。
f0073587_22183314.jpg


展望をたっぷり楽しんでいると、キレット小屋から来たという青年と声を交わす。
「今、何時ですか?」と聞かれ答えると「やっぱり時間あってたな」と
たわいもないことを言うので、きっと誰かとしゃべりたかったに違いない。
その理由は、この後五龍岳を辿ることで理解ができた。

・・・続く。
[PR]
by mido811 | 2010-10-11 22:30 | 北ア・鹿島槍・五龍岳 | Comments(2)
雨男の後立山大作戦!-1
f0073587_13172814.jpg
  ■爺ケ岳登攀中に振り返り剱岳を遠望


●計画
9/24 23:30名神高槻バス停(高速バス乗車)
9/25 6:16松本バスターミナル着→7:02JR松本駅→8:09JR信濃大町
    →8:20信濃大町(バス)→9:00扇沢駅→9:30爺ケ岳登山口
    →10:22八ツ見ベンチ→10:50ケルン→11:41一枚岩→12:20水平道
    →12:30アザミ沢→13:30種ケ池山荘→14:51爺ケ岳南峰→15:15爺ケ岳中峰
    →16:00冷池乗越→16:50冷池山荘→17:00冷池山荘テント場


準備のためにネットでいろいろ調べるなか「海男、日本百名山に挑戦!」というBlogを
発見してもた。針ノ木~鹿島槍ヶ岳のレポを読むと熊との遭遇が写真入りで載ってるぞ!
ちょっとビビリながらも熊に遭うたら自分の運の良さにほくそ笑むやろな~とか
熊に遭うたら胸元に入って離れんとこー とかアホなことを考えるのだった。

そして、今回は常念や八ヶ岳の時みたいにバテないようにということで
次のことを念頭に①荷物を減らす、②サプリメントに頼る、
③水ではなくスポーツドリンクで水分補給。
④歩き方もペースを落とし歩幅を狭くすることを意識する。
⑤腹が減ったら何か食う。以上を意識して臨んだ。


松本は気温13度、昨晩の雨も上がり天候は回復しそうだ。
約1ヶ月ぶりのJR松本駅。すっかり馴染んでいきなりトイレに駆け込む。
JR松本駅中2階の大のトイレは綺麗、清潔でなんと言ってもザックが置ける
棚があり登山者に優しい駅なのだ。
f0073587_13241069.jpg


列車は単線のため所々で対抗列車待ちを繰り返しながらエッチラオッチラと
信濃大町駅に到着。駅前そばを食べる余裕も無く扇沢行きバスに乗車。
バスからは雲一つない中に鹿島槍ヶ岳と針ノ木岳の山容が見えた。
f0073587_13305629.jpg


扇沢駅に到着。さわやか信州号で白馬へ行く途中に立寄った時以来である。
降り立つと寒くて寒くて、それでも水を補給して柏新道入り口へ移動する。
f0073587_13351177.jpg


約10分位道なりに戻ると柏新道(爺ケ岳登山口)入口に到着。
時間が遅いのか誰もいない。登山届けを書き出発。
f0073587_13381474.jpg


登り始めると階段状の登攀になり、下山者数名とすれ違い挨拶を交わす。
その後は、誰にも遭わず”熊”キーワードが過ぎる。最初のポイント”八ツ見ベンチ”
でようやく男性登山者2名に会いホット安心。アレに見えるは針ノ木か?
f0073587_13424146.jpg


男性2名が先行して出発したが、途中で抜かして再び一人旅となる。
やはり頭には”熊””くま””クマ”の文字が過ぎり次のポイントケルンに到着。
ケルンを過ぎたところで、種ケ池山荘を確認。
f0073587_1347372.jpg


高度を緩やかに上げていき”水平岬”を過ぎた辺りから木々が紅葉しはじめていた。
紅葉のシーズンは見事やろな~。
f0073587_13514877.jpg


アザミの群生地にあるアザミ沢(そのまんまやん!)を通過しガレたところから
登っていくとBLOGなどでお馴染みの種ケ池山荘が姿を現した。
f0073587_13554041.jpg


種ケ池山荘では昼食として持参したカップそばを食す。腹が脹れたところで
第一関門である爺ケ岳へ向かう。
f0073587_1405926.jpg


爺ケ岳に向かう途中、いきなり険しい岩峰の塊が現れビックリ!何やアレ
剱岳だ。映画「点の記」の中で剱岳を見て化け物だという台詞があったが
まさしくその通りの表現がふさわしい。すごい!
f0073587_1455216.jpg


続いては、遠巻きにぐるっと見回すと鹿島槍ヶ岳の姿を捉えた。
f0073587_1494557.jpg


いよいよ爺ケ岳に取り付く。
ガレて歩きにくい登山道をつづれ折に登っていく。
f0073587_14152098.jpg


やはり登りになるとトルク全開でもパワーダウンじゃ。
後ろから来た老夫婦に抜かされちゃったよ~。鹿島槍を見て充電、充電。
f0073587_14224737.jpg


ほんでもって、爺ケ岳南峰到着!
f0073587_1424363.jpg


風も冷たく強くなりだしたので南峰を早々に切り上げ
続く中峰へ到着。
f0073587_14272175.jpg


今日の宿泊地”冷池山荘”を捕らえたぞ!あと少し
鹿島槍ヶ岳にガスがかかり始めた。
f0073587_14302186.jpg


時間の経過とともにガスが周囲を覆い始め急いで中峰を下りねば、と気持ちが焦る。
見る見る間に冷池山荘もガスの中に・・・
f0073587_14343625.jpg


冷池乗越の手前までくると見事な紅葉を目にした。
秋はもうすぐそこまでやってきている。(このときだけは冷静)
f0073587_14381476.jpg


冷池山荘に近づいてきたぞ。山荘の上の方にあるのはテント場だ。
けっこう登るな~とドン引き。
f0073587_1442115.jpg


冷池乗越を足早に通過し高度を一機に下げる。
当然、登り返しになるのが判るだけにこの下りは辛いよ~。
f0073587_1445010.jpg


案の定、登りになって我慢の登りで冷池山荘に到着!
時間も時間なので手早く水を1Lと缶ビールを購入。テント場との距離を考えて
無理やり用をたしテント場へGOーーー。
f0073587_14484655.jpg


テント場へ10分と書かれた標識を頼りに登っていくと夕日に燃えるテント場へ
到着。ガスが覆い視界が悪い中、有難いことに正面には剱岳が迎えてくれた。

・・・・・・次回につつく
[PR]
by mido811 | 2010-10-09 14:54 | 北ア・鹿島槍・五龍岳 | Comments(4)
雨男の後立山大作戦!
f0073587_18313914.jpg
      ■鹿島槍ケ岳南峰より五龍岳を遠望。

2010年9月25日より27日の2泊3日の山旅を終え帰ってきました。
今回の山旅は、扇沢から柏新道を経て爺ケ岳、鹿島槍ヶ岳、そして
難関の八ツ峰キレットを抜け五龍岳に続き唐松岳を登り八方尾根から
下山するというコースを辿りました。

一番嬉しかったのは、夜半大雨には遭うものの概ね好天に恵まれたこと。
そして、アルプス登山3年目にして雷鳥に出遭えたこと(熊でなくてよかった!)。
加えて、初めてブロッケン現象を体験できたことと私にとってはワクワクできた
山旅となりました。

なかでも印象に残ったのは、龍の爪のような尾根筋を持つ五龍岳の大きさと
格好良さ、すぐに魅了されました。それだけに簡単には登らせてくれません。
五龍の核心には、いくつもの岩峰をクサリや梯子を使って乗り越えなければならず
頂上に着いた時の達成感は言うまでもありません。

まっ、詳しくは後程ということで・・・・。
明日から世捨人から企業戦士に復活です!
[PR]
by mido811 | 2010-09-28 18:52 | 北ア・鹿島槍・五龍岳 | Comments(0)