カテゴリ:伊吹北尾根(国見岳)( 4 )
伊吹北尾根国見岳・虎子山でSOTA運用-2 JA/GF-095・108
f0073587_1381790.jpg

2017年10月8日(日)
国見峠に戻り滋賀ナンバーの軽トラックでやってきたご婦人とおしゃべりし
一息ついたところで、後半の虎子山へ向かうことになった。

事前にネットで下調べはしたものの情報が少ない。
しかし、登山口は10m程度は藪漕ぎだがそれを抜けるとよく踏まれた登山道になるそうだ。
では、国見とは反対側の登山口っぽいところから出発する。
f0073587_043423.jpg

実際に登ってみると10mもない5m程度の藪漕ぎをすると登山道が見えてくる。
本来は、国見スキー場から登るらしい。
f0073587_0453192.jpg

暫く進むと分岐があり右へ登るとネットでは説明があった。
f0073587_047924.jpg

登り始めると急登が延々続いているようだ。オマケに足元は水分を多く含んで滑り易い。
f0073587_0511644.jpg

初っ端からの急登は堪える。息絶え絶えに登りきると少し平坦になり
再び急登が始まった。こんなことネットでは書いてなかったぞ。
f0073587_0535411.jpg

何の変化もなくアップダウンは繰り返され、ようやくブナ林で変化が感じられた。
f0073587_0554289.jpg

そろそろ山頂かと思っていたら三角点らしきものを発見。
これが山頂かと見渡すがらしき標識は無い。スマフォ地図で確認するとまだまだ先のようだ。
f0073587_0581867.jpg

同行する男性も偽ピークで苛立ちが隠せない。右に同じ。
f0073587_101143.jpg

とそこへようやく山頂標識を確認。よかった~
f0073587_124964.jpg

長い急登と視界の悪さで実際よりも長く感じていた。
最後は同行者のことも気遣いもう帰りませんかと言い出しそうになっていた。
そんなこともあり無線の運用時間はショートで済ます必要があった。
【本日の交信結果】
DJ-S57/5W +RH770
虎子山 標高1183m   SOTA#JA/GF-095
岐阜県揖斐郡揖斐川町  JCG#19003B
12:53 JR2GAU/2 59/59 愛知県一宮市※433.160MHZ
12:56 JF2BER 59/59 愛知県知多市
12:58 JJ2CDP 59/59 愛知県安城市
13:00 JS2BUJ/2 59/59 岐阜県大垣市
13:03 JA6GEW/2 59/59 愛知県豊田市
13:07 JA3WPN 55/57 堺市中区
13:08 JP3DGT/3 52/55 JA/HG-013段ケ峰
各局、FB QSO有難うございました。
駆け足のQSOにもかかわらずコールをいただくことができた。
最後に兵庫県宍粟市の段ケ峰から声がかかるとは思ってもみず
DGT局とS2Sゲットとなった。

天候は登っている間はガスが広がり曇り。
展望もガス が上がってきて開けそうになかった。
f0073587_1172682.jpg

さっさとアンテナや装備を撤収して下山を開始。
f0073587_1192858.jpg

登りでは気持ちの余裕がなかったのかマンモスには出会えなかった。
f0073587_1204554.jpg

更に下りると立派なブナに遭遇。登りでは気付きもしなかった。
f0073587_1214979.jpg

植林帯まで下りてきた。急坂のだだ滑りには要注意だ。
f0073587_12388.jpg

無事、急坂を乗り越えて国見峠に帰って来た。
f0073587_1241061.jpg

登りの長さには閉口したが、下りの早いこと。
同行の男性とはお別れし本日のミッションは完了。
f0073587_128680.jpg

駐車場には同行の男性と入れ替わりで高齢のご夫婦がやって来た。
話によるとご主人が山好きらしく国見峠に来てはロッキングチェアに座り
過ごすのだとか。ご婦人にはコーヒーとおせんべいをいただいた。
その間、433.240MJHZでJI36BAP/3局が伊吹山よりSOTA移動で
CQをだされていたのでコールさせていただいた。
f0073587_1331711.jpg

帰路は岐阜県側でなく滋賀県側へ下りた。
途中、国見岳の山容を見ることが出来た。
f0073587_1343637.jpg

今日は何かと人とのふれあいの多い日だった。
お陰で一人だと撤退しそうなところを支えてもらい感謝。
予定通りSOTA対象の山2座をクリアでき滋賀県の伊吹野に下りついた。
帰路は米原ICから名神高速で帰宅した。
[PR]
by mido811 | 2017-10-10 01:38 | 伊吹北尾根(国見岳) | Comments(0)
伊吹北尾根国見岳・虎子山でSOTA運用-1 JA/GF-095・108
f0073587_1450164.jpg

2017年10月8日(日)
3連休の中日に伊吹北尾根のSOTA対象の山、国見岳と虎子山に行ってきました。
国見岳は2010年6月に一度登っており7年ぶりとなります。
その当時は、登山口である国見峠に続く林道で車酔いし伊吹山まで到達せずに
引き返したという苦い思い出があった。

今回も国見峠へ滋賀県側から入る予定だったが米原市のHPで確認したところ
現在通行止め、反対の岐阜県揖斐川町のHPでは通行可能となっていたため
名神高速道路関ケ原ICで下り岐阜県側から国見林道に入ることにした。
途中、名神高速道は滋賀県内に入ると全線で濃い霧に包まれた。
f0073587_12412525.jpg

岐阜県内に入ると霧もはれ快晴になった。また林道も岐阜県側は道路も良く蛇行も少なく
体調も崩さずに国見峠の駐車場に到着できた。そして、駐車場から伊吹山の山容を望めた。
f0073587_12431113.jpg

駐車場には先着の車が停まっていた。そこへ岐阜市内から来たという男性から登り先を尋ねられた。
国見と虎子山と答えるとご一緒してもよいかと問われた。
恐らくお一人で不安なんだろうと悟り、山頂ではアマチュア無線交信をすることを
承諾いただくのならと行動を共にすることになった。先ずは国見岳に向け出発。
f0073587_1252890.jpg

木々に日は遮られ昨晩の雨で丁度良い湿り具合だ。
f0073587_1325873.jpg

見ず知らずの人と一緒に歩くのも登山の楽しみ。
男性は60歳の定年を起源に登山を始め今では週一歩かないとムズムズするらしい。
同感!仕事でかく汗と登山でかく汗は違うのだ。
f0073587_13325269.jpg

国見峠にもあった岩屋との分岐。
f0073587_13431212.jpg

高度が上がった証拠、植生が変わった。
f0073587_13441870.jpg

国見までの難所。コケで岩が滑りやすい上に昨晩の雨で揺れていた。
ここ三点支持、それにロープも使って登る。
f0073587_13465952.jpg

登りきると稜線に出た。そして展望が開けススキも見頃。
f0073587_13483079.jpg

再び木々を縫うように歩く。周辺の木々は色づき秋色に。
f0073587_13533956.jpg

想定外の紅葉にテンション上がる。
f0073587_13593393.jpg

登ってよかったと思える瞬間だ。
f0073587_1355472.jpg

そして、国見岳山頂に到着。
f0073587_1443142.jpg

2010年に登った時は山頂標識が立っていたが今は寂しい。
f0073587_1462681.jpg

山頂到着後、男性は先にある大禿山へ行きこちらでは無線の準備に取り掛かる。
登ってきた揖斐川の街が見下ろせるポイントにアンテナを設置した。
f0073587_14105095.jpg

【本日の交信結果】
DJ-S57/5W + RH770
国見岳  標高1126M   SOTA#JA/GF-108
岐阜県揖斐郡揖斐川町  JCG#19003B

09:58 JH7XWZ/3 59/59 滋賀県犬上郡豊郷町※433.220MHZ/FM
10:01 JK3NQV/3 59/59 JA/NR-048国見山
10:08 JA3WPN 52/59 大阪府堺市
10:09 JP3OSW/3 51/51 JA/NR-001八経ケ岳
10:12 JA2RFF 59/59 愛知県岡崎市
10:15 JE2XMP/2 59/59 愛知県西尾市
10:18 JS2BQJ/2 59/57 名古屋市西区M
10:21 JI2XTS/2 55/55 名古屋市港区
10:24 JI2MLI 59/59 岐阜県関市
10:27 JL3RNX/3 59/59 滋賀県長浜市
10:31 JP3SIB/3 52/52 大阪府寝屋川市
各局、FB QSOいただき有難うございました。
静かな山頂にガスが上がり鹿の鳴き声が聞こえるなかなかワイルドな時間だった。
f0073587_14265771.jpg

昨晩から全市全郡コンテストが開催されコールバックがあるか或いは
伊吹山に阻まれて電波の飛びが心配でしたがSOTA、チェイサー各局に
コールいただけ無事にポイントをゲットすることができた。(感謝)
愛用のFT-817が修理中のため久々にハンディ機が奮闘。
ちなみに144MHZ/FMはラグチューだけでCQは皆無だった。
f0073587_14303118.jpg

装備の撤収を終えたところでタイミングよく男性が帰って来た。
合流してピストンで国見峠に戻る。
f0073587_14334271.jpg

下山を始めると日が射し始め紅葉が映えた。
必要な時に照らず帰る途端に日が照るとは人生だよと二人で苦笑いした。
f0073587_1436615.jpg

岩が滑る難所に入ると下で登山者二人が待っていた。
今日初めて出会う登山者だ。
f0073587_14393721.jpg

難所を通過し一機に国見岳に下山。
f0073587_14414975.jpg

下山後、一服していると1台の軽トラックがやって来た。
見ると滋賀ナンバーだ。ということは滋賀県側から林道を登れるのか。
軽から下りてきたのはご婦人とそのお孫さん二人。近辺でキウイのような
果実を取りに伊吹野の大久保からきたそうな。もちろん林道は通行できるそうだ。

暫くそのご婦人と会話が弾んだ。熊は出ますかねぇ~と聞くと鹿やカモシカには遭うが
熊には遭ったことがないそうだ。特にカモシカは牛科?なのでおとなしく
見送りまでしてくれると笑わせてくれた。しかし、カモシカは牛科なのか?
そのご婦人との会話でここまでの疲れが吹き飛んだ。

虎子山に続く。
[PR]
by mido811 | 2017-10-09 14:53 | 伊吹北尾根(国見岳) | Comments(0)
雨男、伊吹北尾根でまさかの撤退-1
f0073587_20592620.jpg
     ■登山口駐車場から伊吹山を望む。

伊吹山北尾根のレポです。と言っても6月も終わりかけですが・・

国見林道でゲロゲロになりならがも登山口の駐車場に到着。
既に数台が駐車しているが人影は見えず。
車を降りると、それまでの気温と違って寒いし風が体温を奪っていった。
駐車場からは、目指す伊吹山がくっきり見えた。


f0073587_2141747.jpg


7:28登山口を出発。
かつてKDDIの電波塔があっただけあって登山道はやや広く
整備されていたことが伺えるようである。
さっきまでの寒さは何処拭く風で、体温が急上昇し汗が噴出す。
7:28にKDDI管理地分岐に到着。右方向へ向かうと視界が広がり
8:15KDDIの鉄塔跡地に到着。何かあっけない感じ。

f0073587_21102126.jpg



10分もしないうちに国見岳山頂へ到着。これまたあっけない・・・
来た道を振り返る。

f0073587_21121019.jpg

f0073587_2114364.jpg


国見岳で小休止。
車酔いなのか?調子は今ひとつ・・・でもここからは稜線歩きになるので
気を取り直して出発。
登りかえしを何回か繰り返して9:05大丌山山頂到着。


f0073587_21214264.jpg

f0073587_21584882.jpg



今回の尾根歩きで一番気持ち良かった場所が御座峰までの稜線だ。
下から吹き上げる風が火照った体を冷まし、おまけに蝶々の歓迎?を受けた。

f0073587_2253113.jpg
f0073587_2254342.jpg


9:35急坂を登りきると御座峰到着。
天気予報では晴れといってたが、厚い雲が広がり始め蒸し暑い。
体調も万全でないので、疲労感を覚える。


f0073587_2295692.jpg


たっぷり休憩を取り再び出発。
御座峰を一旦下ると、一山先に伊吹山が見えたが大きな壁にしか思えない。
気持ちがしんどいと思いはじめ、次には伊吹山にたどり着いても国見峠まで
帰れるだろうか?という心配が過ぎった。


f0073587_22221089.jpg



暫く、立ち尽くし思案の末、断念するのも必要とまさかの撤退となった。
帰路は、ゆっくりのんびりと花を見ながら13:20国見峠に到着した。
[PR]
by mido811 | 2010-06-26 22:24 | 伊吹北尾根(国見岳)
雨男、伊吹北尾根でまさかの撤退
f0073587_22161060.jpg
       ■大禿山より御座峰へ向かう登山道

2010年6月6日(日)
日付は前後するが、花で有名な伊吹山北尾根を歩いた。
と言っても国見岳から御座峰間だが・・・・花の最盛期は過ぎたようだが
登山道には、それでも多くの花が出迎えてくれた。

いつものように早朝自宅を出発し伊吹野から国見林道で国見峠に到着。
林道のカーブで酔ったのか或いは激務続きで疲労困憊かどうかは?だが
どうも体調がすぐれない。この状態のままスタートし順調に登りかえしの尾根を進むが
御座峰を過ぎて伊吹山山頂を目前に後1時間半で到着できるという所で気持ちが急に切れ
敢え無く帰還することになった。

これまで大抵の山を目前にしても気持ちが切れることは無かったが
今回は、悔しいがどうも体がうまく動かず御座峰で折り返す決断をした。
恐らく残業続きでの睡眠不足とデスクワークによる運動不足がたたったんだと思う。

詳細レポに続く。
[PR]
by mido811 | 2010-06-13 22:42 | 伊吹北尾根(国見岳)