カテゴリ:伊吹北尾根(国見岳)( 2 )
雨男、伊吹北尾根でまさかの撤退-1
f0073587_20592620.jpg
     ■登山口駐車場から伊吹山を望む。

伊吹山北尾根のレポです。と言っても6月も終わりかけですが・・

国見林道でゲロゲロになりならがも登山口の駐車場に到着。
既に数台が駐車しているが人影は見えず。
車を降りると、それまでの気温と違って寒いし風が体温を奪っていった。
駐車場からは、目指す伊吹山がくっきり見えた。


f0073587_2141747.jpg


7:28登山口を出発。
かつてKDDIの電波塔があっただけあって登山道はやや広く
整備されていたことが伺えるようである。
さっきまでの寒さは何処拭く風で、体温が急上昇し汗が噴出す。
7:28にKDDI管理地分岐に到着。右方向へ向かうと視界が広がり
8:15KDDIの鉄塔跡地に到着。何かあっけない感じ。

f0073587_21102126.jpg



10分もしないうちに国見岳山頂へ到着。これまたあっけない・・・
来た道を振り返る。

f0073587_21121019.jpg

f0073587_2114364.jpg


国見岳で小休止。
車酔いなのか?調子は今ひとつ・・・でもここからは稜線歩きになるので
気を取り直して出発。
登りかえしを何回か繰り返して9:05大丌山山頂到着。


f0073587_21214264.jpg

f0073587_21584882.jpg



今回の尾根歩きで一番気持ち良かった場所が御座峰までの稜線だ。
下から吹き上げる風が火照った体を冷まし、おまけに蝶々の歓迎?を受けた。

f0073587_2253113.jpg
f0073587_2254342.jpg


9:35急坂を登りきると御座峰到着。
天気予報では晴れといってたが、厚い雲が広がり始め蒸し暑い。
体調も万全でないので、疲労感を覚える。


f0073587_2295692.jpg


たっぷり休憩を取り再び出発。
御座峰を一旦下ると、一山先に伊吹山が見えたが大きな壁にしか思えない。
気持ちがしんどいと思いはじめ、次には伊吹山にたどり着いても国見峠まで
帰れるだろうか?という心配が過ぎった。


f0073587_22221089.jpg



暫く、立ち尽くし思案の末、断念するのも必要とまさかの撤退となった。
帰路は、ゆっくりのんびりと花を見ながら13:20国見峠に到着した。
[PR]
by mido811 | 2010-06-26 22:24 | 伊吹北尾根(国見岳)
雨男、伊吹北尾根でまさかの撤退
f0073587_22161060.jpg
       ■大禿山より御座峰へ向かう登山道

2010年6月6日(日)
日付は前後するが、花で有名な伊吹山北尾根を歩いた。
と言っても国見岳から御座峰間だが・・・・花の最盛期は過ぎたようだが
登山道には、それでも多くの花が出迎えてくれた。

いつものように早朝自宅を出発し伊吹野から国見林道で国見峠に到着。
林道のカーブで酔ったのか或いは激務続きで疲労困憊かどうかは?だが
どうも体調がすぐれない。この状態のままスタートし順調に登りかえしの尾根を進むが
御座峰を過ぎて伊吹山山頂を目前に後1時間半で到着できるという所で気持ちが急に切れ
敢え無く帰還することになった。

これまで大抵の山を目前にしても気持ちが切れることは無かったが
今回は、悔しいがどうも体がうまく動かず御座峰で折り返す決断をした。
恐らく残業続きでの睡眠不足とデスクワークによる運動不足がたたったんだと思う。

詳細レポに続く。
[PR]
by mido811 | 2010-06-13 22:42 | 伊吹北尾根(国見岳)