「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:南ア・白峰三山( 8 )
雨男、でかい、深い南アルプスを縦走!-オマケ
南アルプス縦走の山バッジです。
左から北岳肩ノ小屋で購入した北岳、間岳のバッジと農鳥小屋で購入した
農鳥岳と白根三山バッジです。

呼び名としては白峰三山が一般的だと思うんですが、正式には白根三山の方が
正しいのでしょうか?ご存じの方があれば教えていただきたいものです。


f0073587_21242361.jpgf0073587_21244238.jpgf0073587_21245929.jpg
f0073587_21303297.jpg

[PR]
by mido811 | 2009-09-06 21:32 | 南ア・白峰三山 | Comments(2)
雨男、でかい、深い南アルプスを縦走!-完
f0073587_0434877.jpg
        ↑丸太の橋を慎重に渡るGさん

8/24:  6:30大門沢小屋発→8:42早川水系発電所→9:17奈良田発電所→9:50奈良田の里(入浴・食事)
     →13:00奈良田発(広河原行バス)→13:56広河原着→14:00広河原発(甲府行バス)→16:00甲府駅南口着
     →22:10甲府駅南口発(深夜高速バス)
8/25: →6:26名神高槻着

いよいよ最終日となりました。
今日は下山するだけなので、のんびりスタートです。
単独男性Gさんは、奈良田に駐車している車で京都に帰り私は甲府へ戻ります。

小屋を出てすぐに沢に出会し沿道に掛けられた木道を歩き続いて丸太の橋を渡ります。
沢には水量が豊富でバランスを崩して落ちると非常に危険で、先行してGさんが慎重に渡っていきます。
雨が降ったら多分渡られへんやろなと思いながらGさんに続くのでした。

f0073587_0443220.jpg

沢から一旦遠巻きに離れて広葉樹の森の中を抜けていくと先行していた28名のパーティに
追いつき先行させてもらった。暫く歩くと吊り橋が現れ揺れながら渡ると早川水系発電取水口に到着。
ここからは発電所の道に変わるので整備された道になり最後のもりやま橋という吊り橋を渡りきり
登山道入口に到着。振り返ってみると農鳥岳は雲に隠れて見えないが、あそこから下りてきたのかと
感慨深いものがこみ上げてくる。登山道入口を過ぎるて広い林道に変わり下界の暑さが堪えた。
林道周辺には早くもススキが穂を垂れ秋の気配である。

f0073587_0454525.jpgf0073587_046541.jpg

林道を歩くこと30分、ゲートを抜けると奈良田発電所に到着。多くの登山者が休憩しているが
そのまま早川沿いの道路を歩き奈良田の里へ向かった。奈良田の里では総檜の温泉に入り4日間の
垢を落し、アルファ米の毎日だったので天ぷらが食べたくて天ざるそばと生ビールを注文し
至福の時間を味わった。奈良田の里から階段を下り13:00発のバスに乗車しスタートした
広河原に一旦向かう。広河原から14:00発甲府行きバスに乗り換え16:00に甲府駅南口に到着した。

f0073587_0473585.jpgf0073587_0474625.jpg

高速バスまでに時間があったので甲府駅のロッカーにザックを入れ甲府駅ビルで土産を物色。
その後、駅構内にある観光案内に行き甲州地鶏と鳥モツ煮の店を訊き先ずは甲州地鶏を食べに
”おはじき”という店へ向かった。地鶏の焼きものと生ビールで咽を潤し最近甲府名物として売り出し中の
鳥モツ煮丼を食べに”力”という豚カツ屋さんへ向かう。腹も膨れ22:10発の高速バスに乗車し
翌朝、名神高槻へと帰還した。

f0073587_0493314.jpgf0073587_0494495.jpg

初めての南アルプスだったが、山のデカさといい森の深さといい水の豊富さといい
変化を楽しめる山旅になった。
[PR]
by mido811 | 2009-09-06 00:53 | 南ア・白峰三山 | Comments(0)
雨男、でかい、深い南アルプスを縦走!-3
f0073587_21113666.jpg
       ↑間岳の麓より富士山を遠望

8/23: 6:38北岳山荘発→7:11中白根岳山頂着→8:16間岳山頂着→9:45農鳥小屋着→11:31農鳥岳山頂着
     →12:20大門沢下降着→15:40大門沢小屋着(テン泊)

今日は今回の山旅のクライマックス。
早朝3時には人の声が響き4時起床。
未だ寝足りない体にムチ打って外を見ると富士山がこちらに微笑んでいる。
登山者は皆、朝日を浴びながら富士山にカメラを向けている。
食事を済ませ撤収を始めるが強風に阻まれ手こずりながら完了、テントのペグを抜くと
強風のせいで全部ねじ曲がっていた。ジュラルミンペグではこんなものなのか?

f0073587_21123658.jpgf0073587_2112493.jpg

寒さと強風の中を中白根岳に向け歩き始めると先程の富士山が
赤色から青色に変わり山並みがシルエットのように写り幽玄の世界になった。
見上げると中白根岳には多くの登山者の姿が見え至近距離かと思えるが登ると
息が上がり調子がでず、小刻みに呼吸してみたり息をおもっきり吐いて吸うを繰り返して
何とか中白根岳に到着。到着すると単独男性に「あそこに見えるのは槍ですか?」と訊いてきた。
正直、うっとうしいなと思ったが、西側に見える中央アルプスを見て昨年登った木曽駒ケ岳を思いだし
槍の位置関係が何となく掴めたので「多分、あそこは槍でへこんでるのがキレットだと思いますよ」と答えた。

f0073587_21145100.jpgf0073587_21141836.jpg

f0073587_21184577.jpg
中白根岳から中央アルプス方向を見ると雲海が広がっていた。次に向かう間岳を見ると
北岳以上に大きく見えた。稜線に沿って歩き始めると富士山がずっと見守ってくれるかのように
秀麗な姿を見ながら歩く。登山道は縦走する者、北岳から間岳をピストンする者が入り交じり
賑わう中、先程の単独男性とほぼ同じペースで歩くが登りになると数歩登っては立ち止まり
を繰り返しようやく間岳山頂に到着。

f0073587_2117933.jpgf0073587_2117234.jpg

間岳からは次に向かう農鳥岳と山荘の赤い屋根が見え、下りへの安堵感に反し一気に下山するもったいなさ
が交錯する。砂礫を下り間岳を見上げるとその大きさと深さを実感し侮れない存在であることに気付く。
間岳ではじめて単独男性と会話し大門沢でテン泊だと分かり以後行動を共にすることにした。
この男性は京都から昨晩北岳肩の小屋でテン泊し早朝4時に出発し一日で3,000m峰を三座踏破することになる。
赤屋根の農鳥小屋に着くと何か食べたいと思い尋ねるが食事はなくカップラーメンやカップはるさめしか
なかったのでスポーツドリンクと農鳥岳の山バッジを購入。ザックを置くとハエのような虫が
気持ち悪くなるくらいたかり追い払うのが大変だった。

f0073587_21201946.jpgf0073587_21205555.jpg
f0073587_21213258.jpg

農鳥小屋で大休憩し最後の農鳥岳を目指して出発する。
小屋から見上げると農鳥岳は非常に急峻でそびえるように立ち
これが最後と自分に言い聞かせ急登を登るが数歩進んでは息を整えて登っていると後から8人のパーティーと
28人のパーティが追いかけるように登ってきた。一旦、ピークに辿り着くと稜線沿いに農鳥岳の頂上を確認。
見た感じ平坦に見える登山道だが、実際にはガレ場や岩場が多く結構危険な個所も多い。
その中を凄いスピードでさっきのパーティーが再び迫り、追われるように農鳥岳に到着。
山頂では引き続き富士山が微笑み槍・穂が一望できた。

f0073587_21231766.jpgf0073587_21233894.jpg
f0073587_21245482.jpg


単独男性の他、ほぼ同じペースで行動している若い夫婦ずれがいたのだが、農鳥岳から奥さんが
先行し旦那が後を追うという状態になった。我々はそれを見て旦那が相当へばっていたので
不甲斐なさから奥さんが怒って置き去りにした?と勝手に想像し農鳥岳を下って大門沢の下降点に
到着した。下降点から大門沢小屋まで1,200mを一気に下るが、さっきの旦那がへばって動けない様子
目には涙を浮かべていたのでやはり何かあったに違いないと確信は深まるばかりだった。

f0073587_21254141.jpgf0073587_21255559.jpg

下降点からは岩を飛び降りるような段差がきつい下りが延々続き周囲もハイマツ帯から針葉樹に変化
気温も上がり汗が噴き出た。疲れからか足を滑らせ顔を強打するところだったが幸いにもザックが守ってくれ
大事には至らなかった。大きな沢に近づき木橋を渡る所に出会すが、渡るには危険と判断し
下りて沢を飛び越えた。下ること約3時間、広葉樹が広がる森を抜けると大門沢小屋に到着。
続いて2組のパーティーも追うように到着し寂れた小屋は一気に人で溢れ長い一日が終わった。

f0073587_21261869.jpg

[PR]
by mido811 | 2009-09-05 21:30 | 南ア・白峰三山 | Comments(0)
雨男、でかい、深い南アルプスを縦走!-2
f0073587_0185091.jpg
       ↑北岳山荘から北岳を遠望

8/22: 6:30白根御池小屋発→10:24北岳肩ノ小屋着→11:26北岳山頂着→12:05北岳山頂発
     →13:50北岳山荘着(テン泊)

昨晩19:00に就寝したものの普段の生活リズムとは違い簡単に寝付けるはずもなく一旦目を覚ます。
まさか?であるが雨は降り続いているようだ。ジタバタしても仕方がないので眠りに就いた。
4:00にセットした目覚ましとともに起床したが、雨音は止まず一日中雨かと落胆した。
隣では既にコッフェルの音がして戦闘モードのようだが、こっちは停戦モードである。
朝食は身支度がすぐできるようレーズンパンとコーヒーで終えると幸いにも
雨が小康状態になり慌てテントを撤収し先のことを考えて水を2Lも補給した。
小屋のトイレに入ると思った以上に綺麗だったので念入りに大をし不覚にも時間をロスってしまった。

f0073587_23533457.jpg

今日は草スベリを登って先ずは北岳肩ノ小屋を目指す。
草スベリを登りだすと小康状態だった雨がまた強くなりはじめた。(何で雨やねんと自問自答)
昨日同じバスに乗っていた男性が前方で休憩していたので一声掛けると「雨が続けば北岳まで行ってUターン
するが、晴れると信じているので間岳へ向かうつもり」と話し先発した。草スベリは名前の通り背丈程の草で覆われた
ジグザグの登山道で登っていくと下山者に次々とすれ違った。北岳にはこんなにも登っていたのか?
と人気の度合いを知ることになった。

f0073587_2354744.jpg

右俣コースの分岐に辿り着くと雨はあがったもののガスははれず周囲を見渡すことは出来ない。
暫く登り稜線に辿り着くと急に風がきつくなり体感温度も一気に下がった。
何か腹に入れておかないときついかな?と思い持参したジャムパンを食べていると白根御池のテント場に
いた女性二人組と単独男性がやってきて抜きつ抜かれつで北岳肩ノ小屋まで併走となった。
天気予報の通り前線が南下しているようで稜線上ではガレ場で足下が悪いところに台風並の風に
吹き飛ばされそうになり、思わずバランスを崩し滑落ということが頭を過ぎり慎重歩行になった。
北岳肩ノ小屋に到着するがレインウェアを防寒着代わりに着込んでいても寒さを感じ単独行のお兄さんは
ジェットボイルを出してコーヒーを瞬時に沸かした。(羨ましい!オレも温かいコーヒー呑みてー)
この先のテン場では水場が遠いこともあって100円を払い1Lの水を追加補給、ついでに北岳の山バッジも購入した。

f0073587_235553.jpgf0073587_23551656.jpg

冬用の手袋を持参して正解!体も冷えてきたので早々に肩ノ小屋を出発することにした。
相変わらず風は暴風と化し気温も下がって酸素濃度も薄く息絶え絶えで岩場を登り約1時間掛けて
北岳山頂に到着。既に先客が数名休憩し追って福岡から来たという団体さんがやってきた。
頂上では風は弱まったものの、ガスが覆い景色を堪能とはいかず団体さんに占拠される前にと
三脚を立て登頂の記念撮影。

f0073587_23562842.jpgf0073587_2356413.jpg

暫く留まり天候回復を期待したが叶わず北岳山荘へ出発。
ガスが暴風で竜のように巻いている中、岩場を激下る。どうやって下りようか一瞬思案していると
風でバランスを失い滑ったり転けたりしそうになる。夏シーズンに北岳で数名が亡くなられているが、
こういうことかと感じながら急がず且つしっかりとした足取りと三点支持を心掛け下って行った。
高度が下がると風が止んでガスも切れ始め周囲の山々や北岳山荘の赤い屋根が
確認できるとようやく緊張が解け周囲に咲く山野草を見る余裕もできた。

f0073587_23575911.jpgf0073587_004753.jpg

北岳山荘には既に多くの登山者で賑わい幕営手続きをするにも相当時間がかかった。
本日は布団が二人に1枚という掲示がありシーズン最高の宿泊者だったらしい。
テント場は山荘直下と山荘横の2カ所があるが、既に直下は満員だったので山荘横で
北岳が一望出来る場所を確保した。テントを張り始めるとハエみたいな虫が一斉にザックや道具に
たかり追い払ってもなかなか逃げず振り払うのに一苦労であった。

f0073587_041131.jpgf0073587_043066.jpg

時間の経過とともに北岳を覆っていた
ガスが切れ始め全体の容姿を現した。午前中の天候は何だったのか?と思わせる程の
青空に好転し東側にはうっすらと富士山を確認することができた。北岳からはツアー客含め
次々と登山者が下山し山荘周辺はまるでお祭り会場だ。

f0073587_064034.jpgf0073587_065796.jpgf0073587_072530.jpg

夕刻、北岳は夕日で赤く染まり富士山は存在感見せつけるように秀麗な姿を見せてくれた。カメラを富士山に
向け何枚もシャッターを切るが、自然に涙が流れる。富士山は日本人の心にしっかり住み着いている
ことを改めて感じながら就寝した。

f0073587_017936.jpgf0073587_0172844.jpg

[PR]
by mido811 | 2009-08-31 00:20 | 南ア・白峰三山 | Comments(2)
雨男、でかい、深い南アルプスを縦走!-1
f0073587_17173879.jpg
        ↑大樺沢・二俣付近

【山行コース】
8/20:  22:40名神高槻発(甲府行高速バス)→
8/21: 6:30甲府駅南口→9:00甲府駅南口発(広河原行バス)→11:05広河原着→11:25広河原出発
     →14:33二俣着→15:03白根御池小屋着(テント泊)
8/22: 6:30白根御池小屋発→10:24北岳肩ノ小屋着→11:26北岳山頂(3192m)着→12:05北岳山頂発
     →13:50北岳山荘着(テント泊)
8/23: 6:38北岳山荘発→7:11中白根岳山頂(3055m)着→8:16間岳山頂(3189m)着→9:45農鳥小屋着
     →11:31農鳥岳山頂(3025m)着→12:20大門沢下降着→15:40大門沢小屋着(テント泊)
8/24:  6:30大門沢小屋発→8:42早川水系発電所→9:17奈良田発電所→9:50奈良田の里(入浴・食事)
     →13:00奈良田発(広河原行バス)→13:56広河原着→14:00広河原発(甲府行バス)→16:00甲府駅南口着
     →22:10甲府駅南口発(深夜高速バス)
8/25: →6:26名神高槻着


当日、会社を終え即行で帰宅後、名神高槻バス停より近鉄高速バスに乗車し一路甲府駅へと向かった。
天候はというと珍しく期間中は好天に恵まれる予報だったのだが・・・。
翌朝、八ヶ岳付近で目が覚めると生憎の曇り空だった。嫌な予感がしながらも
ご当地のFM富士”スーパーTODAY富士”のDJは、午後には晴れ間がのぞくと
言っていたので願いも込め信じることにした。バスは人気のない甲府駅南口に到着。
吉野屋やマクドが開いていたが、節約のため朝食は持参したパンをかじり、近くにある武田信玄像を
見学したりしてバスの時間まで待つことにした。

f0073587_17221276.jpgf0073587_17223572.jpgf0073587_17224785.jpg

JRの列車が到着する度に登山客がバス停に集まり始め、テキパキとザックを置いて
順番取りをしだした。最初から居た自分はその流れに出遅れケツから数番目となったが
バス会社が人数確認し運行台数を決めるようで2台で分乗することになり満員になることはなかった。
バスは芦安まで平坦な道を走りながらも芦安からは林道に変わるため右へ左へと揺れまくった。
途中、北岳から農鳥岳が見渡せる場所で一旦停車し添乗員さんが説明を添えてくれた。
当日は北岳に雲が掛かっていたが鞍部に建つ北岳山荘を肉眼で確認することができ
標高が高く、大きいという印象を持った。
f0073587_17242291.jpg

目的地の広河原に到着。簡易トイレと雨避けのテントが数張りあり下車後、身支度を始めた。
甲府に比べ気温はかなり低いが天候は晴間ものぞき、まずまずの登山日和となり嫌な予感は吹っ飛んだ。
広河原から車両規制のゲートをくぐり吊り橋を渡るとすぐ広河原山荘に到着。

f0073587_17254160.jpgf0073587_17255533.jpgf0073587_17261316.jpg

山荘横にある登山口から登り始めると間もなく渓谷に出合い、沿うようにして登山道が続く。
南アルプスだけあって水量は豊富でマイナスイオンも十分飛び交ってそうな感じだが、
水が豊富なせいか草木が多くきつい登りも多種の山野草で癒やされた。

f0073587_1727717.jpgf0073587_17272462.jpg

登りはじめて2時間経過したところで、まさかの小雨が降り始め近くの木々の下で雨宿りをする。
小雨になったところで再び登りはじめると大きな岩とともに白い雪渓が見え隠れし二俣に到着した。
好天だと見上げるとバッドレスが見渡せるのだろうが北岳の上部は生憎ガスに覆われ何もみえない。
二俣は八本歯のコルへ向かう左俣コースと北岳肩ノ小屋へ向かう右俣コース、白根御池小屋へ向かうコースの
重要な分岐点で今回は白根御池方面を進む。途中には仮設のバイオトイレがありその横を抜けていくと
登山道は林に入り景観が遮られた。

f0073587_17291125.jpgf0073587_17292566.jpg

暫くすると一気に周囲が明るくなったら白根御池に到着。
池の周りには既にテントが張られその奧にある小屋前にも相当数のテントが張られていた。
テントを設営すると生ビール(850円)をオーダーし咽を潤した。

f0073587_175314100.jpg

水場は小屋の正面横にあり水量は十分、トイレもチップトイレだが水洗風トイレでかなり綺麗。
今日のメシであるアルファ米とレトルトの牛丼をかき込むと雨が降り出し本降りとなった。
とうとう予感的中!雨男の本領発揮だ。
恵の雨が欲しい方は私にご一報を・・・何処でも雨を降らせますよ。(自暴自棄)

f0073587_17304574.jpgf0073587_1730566.jpg
明日の天候回復を祈りながら19:00就寝。
[PR]
by mido811 | 2009-08-29 17:36 | 南ア・白峰三山 | Comments(0)
甲府より無事帰還しました。
f0073587_13332773.jpg

昨日は、甲府名物をたらふく食し深夜バスで早朝無事帰還いたしました。
帰宅後、快晴を見はからってテントやシュラフの日干しで朝からフル回転です。

これから写真の整理してレポとともにアップしたいと思いますが、
今回も人との出合や心に浸みる風景ありで大変満喫できる縦走になりました。
それにしても南アルプスはヤマがデカイし、森は深い!ということがよ~くわかりました。
中でも、北岳山荘から夕刻見えた富士山には感動し思わず泣けました。
やっぱ日本人なんだなぁ・・郷愁?哀愁?・・・
[PR]
by mido811 | 2009-08-25 13:48 | 南ア・白峰三山 | Comments(4)
甲府名物
f0073587_13141089.jpg
甲州地鶏の「おはじき」で先ずは焼鳥とビ−ルでいっぱい。
ただ今、「トンカツ力」でかつライス丼と鳥もつ煮がセットになった甲州セットを食ってます。
あ〜食い過ぎじゃ〜〜
[PR]
by mido811 | 2009-08-24 20:06 | 南ア・白峰三山 | Comments(0)
北岳縦走終了しました。
f0073587_13132345.jpg
いつものように雨と霧で始まった今回の縦走ですが、後半の好天と富士山や北アルプス、八ヶ岳の遠望でイ−ブンパ−ってとこでしょうか?
今から甲府名物「鳥もつ煮」を食いにいってきま〜す。
[PR]
by mido811 | 2009-08-24 17:29 | 南ア・白峰三山 | Comments(0)