カテゴリ:愛宕山・地蔵山( 6 )
迷って、ビビって、地蔵山から愛宕山へプチ縦走 JA/KY-003
f0073587_2241401.jpg

2017年5月5日(金)
GW中はゴーヤの苗も植えたし、門扉の修理もしたし
ということで、大手を振って山へ行けるのだ。

本日は、気になっていた山の一つ
愛宕山の北部に連なる地蔵山だ。
ポンポン山から見ると愛宕山の左峰がそう。
SOTA(頂上無線)では、愛宕山でなく
地蔵山が指定されている。

コースとしては愛宕山から縦走するのが
一般的だが、無線時間を取りたいがため
最短距離になる越畑登山口から地蔵山を目指す。

今回は鉄道&バスを利用する。
しかし、バスは午前に1本しかないため
7:00JR高槻駅発に乗車し京都駅で山陰線に
乗り換えJR八木駅でバスに乗車。
f0073587_18301475.jpg

観光客だらけの京都駅で胡麻駅行快速に乗り換え八木駅に到着。
蒸気機関車が走っていてもおかしくない駅舎だ。
f0073587_18321061.jpg

午前中1本の神吉・原行京阪京都バスが駅前で待機。
乗客は自分含め6名、うち3名が登山者。
f0073587_18355995.jpg

出発から40分走行し目的地”越畑”バス停に到着。
他2名の登山者も降車すると思いきや降りたのは
自分一人だけだった。(ここから既にヤバイ)
f0073587_18384173.jpg

バス停を降りてすぐのところに個人情報満載の
案内板があり地蔵山と書いてある方へ向かった。
f0073587_1841864.jpg

現地にいくと登山口らしきものがまったく見当たらない。
そこで、以前JH0CJH局が絶賛していた登山用アプリ
Geographicaがスマホにインストール済なのを思い出し
スマホを見ながら登山口方向へ移動。
f0073587_18484392.jpg

絶賛されるだけあって一歩踏み出すだけで矢印が移動する細かさで
登山口方向を辿っていくと標識発見。凄い、これは使える。
結局、案内板の芦見谷と書いているのが登山口だった。
f0073587_18502621.jpg

民家の道を登っていくといきなり
アマチュア無線のアンテナが並んでおり
無線屋としては素通りはできない。
見立てでは手前のGPは144/430用
真中はHFのVDP、後方のDPは短いので50用か?
f0073587_1857316.jpg

道なりに進んでいくとありました獣避の柵。
ネットで見たので登山口に間違いなし。
f0073587_1903537.jpg

林道風の広い緩やかな登りの登山道を
進んでいくと右斜面が崩落し道路がコンクリートで
打たれている箇所を過ぎると再び地蔵山方面の標識。
登山道らしきところが崩壊していたので迂回路のようだ。
f0073587_1941432.jpg

更に進むと倒木が斜面や登山道を塞ぐように
倒れている。今年は雪が多かったせいかも。
f0073587_1942037.jpg

ところどころ荒れた登山道を登ると
三頭山との分岐である芦見峠に到着。
f0073587_19435288.jpg

進行方向右が地蔵山に続く登山道。
入るとすぐに関電の鉄塔があった。
f0073587_1946688.jpg

暫くは登山道を示すピンクのリボンが頼り。
途中に旧越畑スキー場の名残なのか
ストーブの部品が転がっていた。
f0073587_1949141.jpg

リボンを頼りに進み植林の中を抜けると
なぜか山を下るようにリボンが付けられていた。
f0073587_19533251.jpg

階段があったのでそのまま下りていくと
なんと関電の鉄塔に出てきた。
f0073587_1954241.jpg

これは関電の作業員用に付けられたリボンではないか。
間違いと分かり、まずは一旦戻って考えることにした。
固定観念というのは恐ろしいものでリボンは
登山道の標だという意識から離れられず暫く周囲の
植林を彷徨い新たなリボンはないか探すのだった。

探しても皆目見当がつかず、気持ちを落ち着かせ
再びGeographicaの登場。見ると登山道を大きく外れていた。
では、どうすればよいか。スマホを見ながら元来た道を
遡ったところ分岐している箇所が確認でき登山道に復帰できた。
ここでもGPSに助けられた。

それにしても関電の作業用と言えど同じ色のリボンを
目印にするのはいかがなものか。
登山道にあるリボンより細かく付けられれば行ってしまう。
結果、痛恨の道迷いで大幅なタイムロスとなった。
f0073587_2054884.jpg

暫くはアップダウンを繰り返して進み
最後に斜度のある直登が待ち構えていた。
さすがにこれは堪えた。数m登っては息を整え
ゆっくりペースだが何とか登りきった。
f0073587_20123042.jpg

悦びもつかの間、背の低い木々の中を
縫うように進んでいくと苦手なものを敏感に反応し
思わずビビって、ワァ~と大きな声をあげた。
心の中では早く逃げてくれと願うが
一向に動く気配はなく足止めを食らうことになる。
どうしてもこの手はダメだ。
f0073587_20153651.jpg

脅かすようにするとヤツは俊敏に木に登り退散した。
もうこれ以上は出るなよと祈りながら進むと
フェンスが囲む場所に出た。
f0073587_20245894.jpg

更に進むと急にお地蔵様が現われた。
昨日ネットで勉強した”西向き地蔵”だ。
このお地蔵さんが山名の由来のようだ。
f0073587_20281564.jpg

再び登山道に戻ると今度は獣避けネットに
沿うように進む。沿道にカタクリが一輪咲き
気持ちが和んだ。
f0073587_2035142.jpg

そして、このネットの先に山頂があった。
11:20山頂到着。道中が長く感じたのか「ようやく着いた~」と呟いた。
f0073587_20392339.jpg

山頂はイメージ通り木々に囲まれ展望はない。
山頂のスペースもHFのIVDPを張るには狭い。
気が付くと正面に男性登山客が一人昼食中、
急いで無線の準備を始めマストを立てようとすると
その男性から「HAMですか?」と尋ねられた。

HAMという言葉自体が珍しく会話をしていくと
男性の父親が違法無線をしていたそうで
幼い頃からHAMは知っていたそうだ。
ちなみに母親も一緒に違法無線をやっていたそうで
母親が出ると違法局が殺到したのが記憶にあるそうだ。
YLさんについては違法であれHAMであれ、
今も昔も変わっていないので笑えた。
f0073587_2112626.jpg

無線のアンテナについては既に運用していた
JP3DGT局のBlogで山頂は木々に囲まれていることを知り
高さが必要と3m位のグラスフィバーの先に
ホイップアンテナをビニールテープで固定することにした。
本日の簡易シャック。
f0073587_2145082.jpg

先程の男性から、そんな短いアンテナで飛ぶのかと
半信半疑なのに無線に興味津々の様子。
では、はじめようLet's SOTA!
【本日の交信結果】
FT-817ND/5W + ホイップアンテナ/RH770
地蔵山 標高947m  SOTA# JA/KT-003
京都市右京区  JCC#220108
12:08 JA3JMP 59/59 大阪府枚方市※144.200MHZ
12:10 JA3KDX 59/59 奈良県天理市
12:16 JR3OEB/3 59/59 大阪府羽曳野市
12:20 JM3HLU 59/59 大阪市旭区
12:28 JM3GVH 59/59 大阪府枚方市
12:30 JJ3NEH 59/59 大阪府東大阪市
12:38 JL3ZAW/3 59/59 京都府亀岡市
12:40 JA3LIZ 59/59 奈良県御所市
12:44 JO3RTF/3 51/55 大阪府茨木市
12:50 JR2XXV 59/59 愛知県清須市
12:55 JP3DGM 55/55 滋賀県大津市
各局、FB QSOいただき有難うございます。
また、J-CLUSTERにアップいただいたGVH局に感謝
申し上げます。無線に興味津々の男性だがCQを出し
何度か空振りになった時にはやはりという顔だったが
JMP局以降次々に呼ばれてからビックリした様子だった。

残念ながら430MHZSSBでもCQをだしたが
こちらは反応無く撃沈。また144MHZでは
JN4TUQ/4広島県福山市移動が受信でき
コールしてみたがQRP(小電力)とホイップアンテナでは非力だった。

交信中には数名の登山者が山頂を訪れたが
終ってみれば一人っきりで山頂独占。
そして、昼飯にカップラーメンのQUTTAとオニギリを食らい
食後にインスタントコーヒーでブレイクだ。
黒い雲が上空を覆い始めたので急いで撤収し愛宕山へ向かう。
縦走路を登り返すと地蔵山の全景が見えた。
f0073587_21504297.jpg

再び従走路を登り返した先にはネットでお馴染みの
反射板を通過。
f0073587_21523834.jpg

反射板からは愛宕山の山頂が確認できた。
f0073587_2154041.jpg

登山道を道なりに進むと旧愛宕スキー場跡を経由し
愛宕山に続く道に合流した。
ここでもスキー場ではない方向にピンクのリボンが
付けられ地図がなければ迷いの原因になりそうだ。
f0073587_224628.jpg

途中、竜ヶ岳や愛宕山三角点の分岐を通過し
首なし地蔵方面との分岐に到着。
f0073587_2265134.jpg

過去何度か登っていたので愛宕山が近いことがわかった。
この先は、展望が利く場所になる。
先ずは、比叡山。
f0073587_2293024.jpg

北に目をやると比良山系
f0073587_635817.jpg

続いて、眼下には桂川と嵐山周辺
f0073587_2211343.jpg

15:00愛宕神社に到着。
f0073587_22135414.jpg

帰りのバス時間を考えると休憩も出来ず用を足すだけで
愛宕神社境内を通過し御門(黒門)を抜ける。
f0073587_22165983.jpg

これまで何度か愛宕山に登っているが表参道で
下山するのは初めてかも。
15:20水尾の別れとの分岐通過。
f0073587_22215113.jpg

この先は石段が延々続くのはわかっちゃいるが
長い、長すぎる。それでも我慢の降下で16:30登山口に到着。
f0073587_22263783.jpg

長かった山行もようやく終了。新緑の清滝で
癒されてバス停まではもうひと分張り。
f0073587_22295282.jpg

バス停到着。17:05発阪急嵐山行に乗車し
JR嵯峨嵐山駅に近い嵯峨小学校前で降車する。
f0073587_2232240.jpg

運賃では阪急電車の方が安いが
この時期は観光客が多くバスが定刻通り嵐山に
到着するとは思えない。
ここは、高くても早く着くJRを選択。
f0073587_22355459.jpg

電車の連絡もよく18:00にJR高槻駅に到着し帰宅した。
今日は、道迷いがありニョロにビビり気持ちが折れそうな
一日になりかけたが、反面無線の方は予想以上に飛びもよく
たくさんの局から呼ばれたのでマイナス部分は帳消し。
でもニョロだけはやっぱりダメだ~。

おしまい。
[PR]
by mido811 | 2017-05-06 22:43 | 愛宕山・地蔵山 | Comments(6)
Where Have All The Flowers Gone? 愛宕山
f0073587_7335598.jpg


2015年5月23日(土)

当blogの検索ワードで日に日に増えているのが”愛宕山のクリンソウ”。
逆に開花時期を知らされることがしばしばあります。

ということで、本日は3年ぶりに愛宕山のクリンソウを観察しに登ります。
今回は無線も加わりますので時間効率を考えて
JR保津峡駅から水尾を経由し山頂に向うコースです。

8:35保津峡駅到着。
保津川に架かる橋が駅になっていた。
下車したのは2名のみ。
f0073587_8291043.jpgf0073587_8293325.jpg

事前にネットで調べるとつつじ谷というところから登るとあったが
標識も無く地図をみながらスタンダードに505号線を水尾まで3.5KMをテクテク。
水尾バス停を見つけ取り付きまで民家を抜けていく。
この辺りは季節になると柚子風呂を提供する民家が多い。
取り付きへ到着すると数名の登山者が準備体操中、これで場所は間違いなしと。
f0073587_83612100.jpgf0073587_836228.jpg

先行で出発した人達を追尾する。
流石に参詣道だけあって広くて歩きやすいけど
最初から最後まで急登の連続だ。
気温が下界と10度違うらしいが、それでも体中汗まみれです。
f0073587_8433896.jpgf0073587_8434852.jpg

約40分を要し清滝からの登山道と合流する水尾の別れに到着。
休憩所でいつもの大福と冷茶でエネルギーを補給する。
f0073587_8484495.jpg

再び出発です。
暫くは、こんな感じの階段が続きます。
ふと見ると、ピンクの花が目に付いた。
おっクリンソウやん。こんな所で咲いていたとは。
f0073587_852161.jpgf0073587_8523150.jpg

クリンソウを見て開花時期であることを確信し一路愛宕神社へ。
暫くすると黒門に到着。
f0073587_8553170.jpg

黒門を抜け階段をしきりに登る。
すると40/40の標識を過ぎたあたりにクリンソウの群生を発見。
こんなところにも咲いていたのか。
でも目差す群生地はこんなもんじゃないと思いながら神社の階段を登っていく。
f0073587_90542.jpgf0073587_912723.jpg

水尾からの急登が堪えたのか愛宕神社に続く階段がきつい。
それでも最後の力を振り絞りとうちゃこ~。
f0073587_94260.jpg

愛宕神社には多くの登山者が佇んでいた。
ひとしきり願い事をして参詣。
次の予定は三角点へ移動して無線タイムだ。
月輪寺方面には向わず真っ直ぐに進む。時折、京都市内が一望でき清々しい。
群生地に向う分岐となる地蔵さんを直進すると標識はないが右に折れると三角点。
f0073587_9134343.jpgf0073587_9172781.jpg

三角点のベンチには先客がいたが、三角点付近には誰も居らず
早速、アンテナを組み立ててCQ~をだしてみる。実は初めて430MHZで
SSBを運用するのでコールがかかるのか心配。
しかし、何度かCQを出すと数局からコールいただいた。
この後静かに過ごせるかと思いきや三角点を目当てに団体さんがやってきたから大変。
ほぼ独占していた三角点も逆に団体さんに追い出される格好で無線は中断となった。
f0073587_9224829.jpg

【本日の交信結果】f0073587_0351383.jpg
FT-817ND/1.5W/SSB + 自作4エレ八木アンテナ
11:52 JF4XHR/3   京都府長岡京市  59/59
11:53 JR6EQP/3   滋賀県草津市   58/57
12:01 JA4EGE/3   京都市下京区    59/59
12:17 JA2HNL     愛知県西尾市   56/56
12:27 JS3KWG/M 京都府宇治市移動 59/59
12:57 8J3XX/2 三重県名張市茶臼山 59/59 FM
13:18 JL3TII/M 滋賀県水口町移動 59/55
13:31 JM3GVH/3 大阪府交野市交野山 57/59 FM
各局、FBなQSO有難うございました。
今回430MHZでは初のSSB運用でした。
というのも平日や土曜日はコールサインを言わない局やトラッカーに
周波数を占拠され交信すらできません。その為、彼らが使うFMではなく
SSBだと周波数を刻めるのと変調の違いで問題を解消できると考えたからです。

また外部電源としてニッケル水素電池(12本仕様)を初めて使ってみました。
電圧は1時間半の間に15Vから14Vに低下したものの安定していましたがFT817本体が相当
熱を持ってたのが反って気になりました。

交信いただいたJS3KWG局は本日70歳のお誕生日でクラブの皆さんと移動運用を楽しまれ
近江牛のすきやきでアイボールだそうです。また、京都CW愛好会のメンバーで
60歳過ぎてCWを覚え数年後に韓国局より和文CWのリクエストに応えられず
悔しい思いをしたことから今では和文CWを習得され交信を楽しまれているそうです。
いや~お見事です。だからお前も出来ると励ましていただいたと理解しています。
そして、CW上達のヒントとして自分のスピードでCQを出して対応してくれる局を見つけること、
リスニングはキーを打っていると自然に覚えるそうです。私にとっては生のアドバイスになりました。

さて、団体の登山者さんから悪魔のような情報がもたらされた。
その情報とは次に行く群生地にクリンソウが一本も咲いていないというものだった。
その方は、それを聞いて愛宕神社にあるクリンソウを観察して帰ると言われていた。
しかし、その話は到底信じ難く取り合えず自分の目で確かめようと早々と撤収にかかった。
先程のお地蔵さんのところに戻り首なし地蔵方面へ向う。
f0073587_21184473.jpgf0073587_21544481.jpg

さて、いよいよ数千株のクリンソウにご対面です。
いそいそと群生地へ向うが、人の気配が全くない。
開花時期じゃないのかなと考えながら目的地に着いた。
すると・・・・あれっ?ピンク色が見当たらない。思わず口から出たのは
Where Have All The Flowers Gone? 花はどこへいった?
ご存知ピーターポールandマリーの代表曲。嘘だろ~
f0073587_2124557.jpg

気のせいか?よ~く見るとクリンソウがありました。でも花は僅かに1本が咲いているだけ。
3年前には鹿の食害を受けたと聞いたが、それでも少なくなったとはいえ
見事に花が咲き圧巻だった。(2012年のblog)
f0073587_2131658.jpg

ショック!いくらこれ以上探しても見当たらず諦めて首なし地蔵へ戻った。
こんなことだったら愛宕神社のクリンソウを良く見とくべきだったと後悔しつつ
時間短縮を考え下山は梨木谷コースを選択、激下りの谷筋を一機に駆け下りた。
すると悔しくもそこにクリンソウが花を咲かせていた。
f0073587_215947.jpgf0073587_2159246.jpg

誰にも遭うことなく谷を下っていく。もし、ここで転倒したら助けを求められるのかと
不吉なことが頭を過ぎるちょうどその頃、コヒーブレイク中のパーティーを発見しひとまずホッとする。
f0073587_2352526.jpgf0073587_23522938.jpg

ここから林道歩きとなり林道ゲートを越えると月輪寺からの登山道と合流し
そのまま進み愛宕山登山道入口に到着。
本日の山行は不完全燃焼で終了。
f0073587_00444.jpgf0073587_001893.jpg

清滝バス停に移動しバスでJR嵯峨野嵐山駅にて下車、JRで高槻駅に戻り帰宅となった。
f0073587_012370.jpgf0073587_014111.jpg

それにしても今日は目的が達成できなかった分疲れました。
感動のクリンソウはどこへいったのでしょうか?
理由は未だ分かりませんが、自然を破壊するのはいとも簡単に出来るんだなと
改めて知ったわけですが、それでもあの時に見たクリンソウが忘れられません。
もう一度見たいぞクリンソウ!
[PR]
by mido811 | 2015-05-25 00:17 | 愛宕山・地蔵山 | Comments(0)
ピンクの絨毯 愛宕山のクリンソウ
f0073587_23561982.jpg


ルポ編です。

愛宕山へは、山陰線の保津峡駅ルートも考えたんですが
結局のところJR京都駅から京都バスで清滝に向かうことにしました。
誰かが書いてたけど清滝まで約1時間掛けて走るのですが烏丸通りから
四条に入り嵐山へ抜け京都を満喫できて料金は270円です。
京都駅を8:13にでて清滝へは9:30着でした。

f0073587_042554.jpgf0073587_043521.jpg

9:40に登山口を出発し登山道ならぬ階段を延々登って
10:30に大杉大神を通過。眼下に保津川を見て一休み。
汗まみれの体に吹く風が気持ちよくて

f0073587_0112554.jpgf0073587_0113476.jpg

11:00には保津峡からの登山道と出合う水尾の別れを通過し
階段で足ガクガクになりながら11:20黒門を通過。

f0073587_0163640.jpgf0073587_0164889.jpg

11:40には神社境内に到着。
ひとまず汗まみれの体をタオルで拭かないとえらいことになってます。
水補給を今日はヘルシアウォーターにしたからかな?
愛宕神社に参詣して昼食は後回しで首なし地蔵地点を目指します。
何度来ても三角点を見つけることができません。

f0073587_0323777.jpgf0073587_0325968.jpg

13:00前には首なし地蔵に到着。ようやく昼メシにありつけます。
その間、たくさんの人がクリンソウの自生地へ向かわれましたが
戻って来た人からクリンソウが根こそぎ花を摘まれているので奥まで行かないと
クリンソウが観られないと教えてもらった。
腹が膨れたところで、待望のクリンソウとご対面です。

f0073587_173999.jpg
f0073587_183287.jpg
f0073587_194360.jpg
f0073587_1104911.jpg
f0073587_112516.jpg
f0073587_1144279.jpg


教えてもらった通り自生地の大半には花がなく周辺に花が散乱していました。
クリンソウには毒があり鹿は食べないというのが通説。
と考えると、誰がこんなことを・・・・
唯一、奥にある一角だけが被害に遭わずピンクの絨毯を作っていました。

自然を破壊するのは容易いことだが、元に戻すことは至難であることを
我々は忘れていないだろうか?

14:30には自生地を後にして梨木谷林道を経て15:50に登山口へ下山完了。
バスの都合もあり帰りは阪急嵐山駅から阪急高槻を経由して帰宅。
[PR]
by mido811 | 2012-06-01 01:23 | 愛宕山・地蔵山 | Comments(2)
ピンクの絨毯 愛宕山のクリンソウ
f0073587_805084.jpg


2012年5月26日(土)

クリンソウ(九輪草)を観たくて愛宕山へ。
うわさ通り、一面ピンクの絨毯です。
しかし、大半の花目は引きちぎられていて・・・
犯人は鹿、それとも人間?

詳しくは後程。

[PR]
by mido811 | 2012-05-27 08:29 | 愛宕山・地蔵山 | Comments(2)
冬の愛宕山で鳥肌たつ-2
f0073587_1404878.jpg



続きです。
この先は素直に表参道を辿ることにした。
大杉大神を過ぎると展望が開けるが生憎と今日は霞空でスッキリした景色は見えない。

f0073587_1414578.jpgf0073587_142647.jpg

このあたりを過ぎ高度を上げていくと道はアイスバーンから霙状態に変わり
とうとう7合目の休憩所でアイゼンを装着。水尾分岐を過ぎると景色は雪一色になった。

f0073587_1434498.jpgf0073587_1435476.jpg

黒門を通過し登山者向けの休憩所で昼食を摂る。この休憩所はブルーシートで周りを覆い
風防になり有り難かった。

f0073587_1444314.jpgf0073587_1445368.jpg

食事後、愛宕神社へ参拝し本来は表参道を引き返すのが常套手段だが、
月輪寺コースの登山口を確認したいこともあって首無し地蔵を経由で下山することにした。

f0073587_1511246.jpg

愛宕神社の石段を下り左折してしばらく進み右折すると月輪寺へ向かうが、そのまま進み
首無し地蔵方面へ。途中、視界が一機に開け京都市内と比良山系が一望できる。

f0073587_152966.jpgf0073587_1522210.jpg

景色を満喫後、雪道歩くと地蔵山の分岐に到着、右折れして細い道を誰にも会うことなく
黙々と唯一人進む。一人のせいなのか?歩いていると全身に鳥肌が立ちはじめた。
大木がある展望の良い場所辺りに来ると女性が誰かと会話している甲高い声が聞こえてきたので
近くに登山者が居るんだと安堵し登山者が来るのを暫く待っていた。が、待っても一向に
来る気配がなく歩き始め行けども行けども誰もいない代わりに首無し地蔵に到着した。
これはひょっとして・・・・???
周りは自分一人だけ、こういう時の単独行は辛いものがある。

f0073587_1532742.jpgf0073587_1533818.jpg

気を取り直し首無し地蔵から一旦林道に入り、合板に消えかかった字で”清滝”と書いている
看板を右に入ると雪も消えアイゼンを外してジグザグ道を下りていく。この道には動物の足跡が
沢山あったので獣道なのかもしれない。ジグザグ道はやがて沢沿いの広い道に合流し
下りていくと梨木大神に到着。引き続き沢沿いの道を下りていくと月輪寺分岐に到着し久しぶりに
登山者を見た。分岐から更に進むと東海道自然歩道と合流し最後は「この先行き止まり」の
看板の所に到着。結局、この看板に惑わされず進んでいれば・・・・と悔やまれる。

f0073587_156996.jpgf0073587_156246.jpg

今日は、まぁ~何といろんなことがあった一日だろうか!
何かみょ~に背中が重いんですけど気のせい?
[PR]
by mido811 | 2009-01-22 01:59 | 愛宕山・地蔵山 | Comments(0)
冬の愛宕山で鳥肌たつ-1
f0073587_038763.jpg

1/17(土)いつもポンポン山から眺めていた愛宕山へ行って参りました。
近くて遠い存在でしたがようやく登ることが出来ましたが
今回もアクシデントあり恐怖ありのスルルングな登山となったのでした。

7:32高槻発の新快速に乗車し京都駅8:10発の京都バスに乗り先ずは
清滝を目指す。バス停は登山客で長蛇の列、さすが金剛山や六甲と並ぶ
メジャーな山だけあって人気が窺える。
バスに乗り込みいざ発車すると運転手が「エンジンの調子が良くない
ので途中で代替車両に移動していただきます」といきなりのアナウンス。
嫌な感じがする・・・今日一日を予感させる出来事になった。

f0073587_064257.jpgf0073587_065776.jpgf0073587_071025.jpg

アクシデントがあったものの嵐山から多くの登山者が乗り込み超満員で
9:10過ぎには終点清滝に到着。一番最後に下車して登山口へ向かった。
メジャーな山なので標識がたくさんあって迷うことナシと勝手に解釈して夕べ
簡単なルートマップを見た程度。ルートは一般的な表参道でなく月輪寺経由で
山頂を目指すつもりであった。表参道の鳥居の横にある道が月輪寺ルートと
記憶していたが、道には「この先行き止まり通り抜けはできません」の看板が
立ち手前の階段には愛宕山登山道を示す看板があったので、階段を上がって
行くとケーブルカー跡らしき勾配にオバサン登山者3名が登っているのを発見し
このことが完璧に月輪寺コースだと信じ込む裏付けになってしまった。

f0073587_0112839.jpgf0073587_0115640.jpg

結構きつい勾配でトンネルもあって不気味に思いながらも先行の登山者を
追うように登っていった。3つ目のトンネルにさしかかったところで通行禁止の
表示を見てか?先行の登山者は右へまわり山へ入っていく様子を視認。
自分も追うように山へ入ったが、道無き道の状況で足跡を頼りに進んでいった。
すると足跡は途絶え先行のオバサンの登山者の姿が見えない。健脚そうには見えなかった
けどただただ速いなと感心するだけで、道が違うなど疑う余地など無かった。
進むにつれ藪こぎ状態になりながらも、たまに足跡を発見したり枝に結ばれている
リボンを発見したことで間違いでないという思いこみが一層強くなった。

f0073587_022384.jpgf0073587_0221629.jpgf0073587_0223272.jpg

藪漕ぎが続くと流石に間違っていると思い始めるが、その時には後の祭りで
来た場所さえ分からなくなっていた。頭には、こんなメジャーな山で遭難かよ~と
呟きながら、とにかく稜線に出ようと考え登ることにした。不思議と藪の中には
所々足跡が残っていたが何処へいくんだろうか?悪戦苦闘の末、多くの足跡の付いた
道らしきものに辿り着き一旦北へ進むが行き止まり、引き返して進むと明るくなり
表参道の25丁の休憩所に出た。この時の気持ちは正直「助かった~」である。

f0073587_0244527.jpgf0073587_0245960.jpgf0073587_0273879.jpg

・・・・・・続く
[PR]
by mido811 | 2009-01-19 00:41 | 愛宕山・地蔵山 | Comments(2)