「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:ひろしま( 9 )
広島出張で「ドクター・イエロー」と遭遇
f0073587_2321822.jpg


2013年4月17日(水)


久しぶりの広島出張。
しかし、いまや広島へは1時間半で行けて通常の通勤と変らない。
今回も路面電車を足代わりとして使ったが慣れれば便利な交通手段である。
向ったのは、八丁堀、白島、南区役所、紙屋町、商工センターの
5ケ所だが難なく予定を消化し大阪で予定されていた飲み会に間に合った。

f0073587_23412557.jpg


出張の帰り博多方面の新幹線ホームには人だかりができていた。
芸能人でも来るのかと思ったら黄色の車体がホームに滑り込んできた。
それはあの「ドクター・イエロー」だった。
幻の列車に遭えれば幸運が訪れるそうだが・・・・
ここは素直にそう思うことにする。

f0073587_23473536.jpg


ところで、一つ疑問がある。
「ドクター・イエロー」の運行は極秘扱いだから幻なのだと聞いたことがある。
もし、そうであるならば何故あれだけの人だかりができたのだろう?
企業として考えると情報漏洩が起きていることに他ならずそれはそれで問題なのだ。
出遭えた方はラッキーだが、出迎えられる方はとてもとてもアンラッキーなのだ。
[PR]
by mido811 | 2013-04-18 23:54 | ひろしま | Comments(0)
広島お好み焼き 新ちゃん
f0073587_2482883.jpg



2012年11月29日(水)

今日は広島へ日帰り出張。
慌しい中、昼食はお好み焼きと決めていたので
久しぶりにお好み焼き村の「新ちゃん」へ行って来ました。

広島勤務時代から縁あってお好みと言えば「新ちゃん」。
当時は、ご夫婦で切り盛りされてましたがご主人と息子さんかな?男性2人でした。
でも、変らぬ味を堪能でき満足。
f0073587_2585722.jpg

帰りには、広島と言えば牡蠣ではなくって「むさしのおむすび」。これも外せません!
熱々を持って帰りましたが、おかずは要りませんねぇ。
[PR]
by mido811 | 2012-11-30 03:00 | ひろしま | Comments(0)
雨男の週末ナチュラリスト in 広島 -完
富士山に続き、同じテーマでひっぱり過ぎてすんまへん!
今日は、いっきに終焉でございます。

大好きな二川キャンプ場を後にして、ブナの原生林を縫うように
菅原林道で”臥龍山”山上へ向かう。目的は山上にある”雪霊水”をいただくこと。
決して盗むわけではありませんので誤解なきよう!
猛暑で水不足というのに”雪霊水”は字の如く雪解け水のように冷たく
山上というのに水量も十分で、このために持参してきた10Lのポリ容器は
あっと言う間に満タンとなった。
雪霊水で乾いた喉を潤しましたが、冷たくて癖が無く飲みやすい名水です。

藤原林道を下る途中、ブナの大木があったので両手で抱きついて自然のパワーを
貰った。そして、林道を下りるとこちらも太古の昔からの湿原である
八幡湿原を見ることができます。
時間がないので湿原はそこそこにR191を一旦横切り聖湖に向かう。
以前から大和ハウスが分譲している別荘地があり、その時は全く気になりません
でしたが、老後に生活できればいいなぁと考える歳になりました。

聖湖を周回する道からビューポイントを探し臥龍山とともに急いで写真に収めた。
娘との待ち合わせ時間が迫り、奥方様よりダメだしが入ったため名残惜しいですが
R191に入り戸河内ICへ戻ることに。

駆け足でしたが、八幡に来て本当に良かった。
鮮やかな緑と空気、そして景色を堪能し短時間ながら急速?いや休息充電が
できた。けど、再びコンクリートジャングルに戻るかと思うと気が重いなぁ。

f0073587_995282.jpg
二川キャンプ場から大回りして”臥龍”を望む。
f0073587_91081.jpg
木々のトンネル”菅原林道”。車1台が通れる幅なので対向車が来るとちょっと面倒。
f0073587_9102525.jpg
臥龍山山上にある雪霊水。暑い中での冷たい水はたまりません。
f0073587_911825.jpg
臥龍山はブナの原生林で知られています。思わず大木に抱きついてパワーを貰います。
f0073587_9123256.jpg
太古の湿原”八幡湿原”。
f0073587_9133479.jpg
先程登っていた”臥龍山”。秋の紅葉時期はブナが鮮やかに色づきます。
f0073587_9135712.jpg
R191を横切り聖湖の周回道路に入る。
f0073587_9153986.jpg
緑に包まれる聖湖。湖畔には聖湖キャンプ場があり無料ながらきれいな水洗トイレがあります。

f0073587_919827.jpg
戸河内IC手前の道の駅周辺。毎回、名物”串だんごを思わず買ってしまう。

[PR]
by mido811 | 2007-08-18 09:37 | ひろしま | Comments(2)
雨男の週末ナチュラリスト in 広島 -3
週末ナチュラリストの中盤は、「二川キャンプ場」です。
ニカワでなくフタゴウと読みます。
食事をした”かりお茶屋”の道を北へ進むとキャンプ場に到着。
1年半ぶりの再会です。
既にテントやタープを張ってくつろいでいる人達を見ると羨ましい限りです。
関西にいた頃は高規格サイトにテントを張ることがキャンプだと思っていたけど
”二川キャンプ場”に来て、その考えは粉々に砕かれ本当のキャンプを
教えてくれた所でもあります。そう、Simple is BESTということを・・・。
あの時、ここにテントを張ってこの木にハンモックを吊したっけ?とか
ここにモグラの穴がいっぱいあったとか、夕日が最高にきれいだったとか
当時の事が懐かしく一気に駆け巡るのでした。
是非もう一度ここでキャンプがした~い。

f0073587_23354910.jpg
かりお茶屋から二川キャンプ場へ向かうと道路の両脇には色々な植物と野鳥が。
f0073587_2336724.jpg
キャンプ場の看板が綺麗になってるゾー。
f0073587_23363454.jpg
中へは車で入って好きな場所にテントを張ることができます。
f0073587_23364639.jpg
遮るものがないというのは開放感を増加させるワケで。

f0073587_23371857.jpg
恐らく一番人気の場所。木陰の下にテントは最適。
f0073587_2338487.jpg
初めて来た時は、手前にテントを張った。当時は管理人さんが予約済みの名札を置いてくれていた。

f0073587_2342425.jpg
キャンプ場に小川が流れているので子供達は大はしゃぎ。大人はビールを冷やして大はしゃぎ。

f0073587_23464181.jpg
思わず寝ころびたくなるような草の絨毯。

[PR]
by mido811 | 2007-08-17 00:02 | ひろしま | Comments(0)
雨男の週末ナチュラリスト in 広島 -2
早くも昼12:00です。
深入山でくつろいでいる場合ではありません。先を急がねば・・・
車は、いよいよ八幡高原を目指しますが、ちょっとその前に
”ぶなの里”へ立ち寄らなければ、と言うか一度行ってみたかった。
ここでは先日までKANさんの写真展が開催されていたけど、もう少し延ばして
もらえれば見ることができたのに残念・・・・

12:20既に女性二人のお客さんがいる中、ずうずうしくも2階のギャラリーへ
開催中の”縄田 満さんの写真展を鑑賞。再び1階に下りてコーヒーを注文。
ロッジ風のこじんまりした建屋は、周りの木々にとけ込みテラスに座っている
だけで癒やされる。
注文したコーヒーに堪能した後”ぶなの里”の番犬君に別れの挨拶をして
次は、近くにある”かりお茶屋”で昼食を取ることにした。
かりお茶屋は、昼時とあって満員御礼。
空き待ちをしている間、ちょっとした土産物を物色していると”臥龍山”のバッジを発見。
残り2個、数年前登ったことがあるので嬉しくて即買いです。
席が空いて、私と奥方は「天ぷらそば定食」、息子は「高原定食」を注文。
そばは、無論手打ちで、天ぷらは抹茶塩でいただくのだが美味しい。
やっぱり天ぷらは塩やね。

気づくと客がいなくなってて、ドライな風が店の中を吹き抜け快適、快適!
ここではエアコンなんて無用の産物。
考えたら、ちょっと昔までは何処でもこうだったんじゃなかったかなぁ?
実は、便利さは返って苦痛を生むのかもしれない?・・・・・・

f0073587_2314247.jpg
念願叶って”ぶなの里”へ。2Fはギャラリーで1Fは手作りの工芸品販売と喫茶になっている。又、周りの木々には巣箱があり野鳥の宝庫らしい雰囲気となっている。
f0073587_23144044.jpg
2Fギャラリーの様子。ちょうど縄田満さん「SILENCE」と題した写真展が開催されていました。

f0073587_2314567.jpg
”ぶなの里”のアイドル?

f0073587_2321075.jpg
ぶなの里のテラス。テーブルには可愛い花が飾られ野鳥の囀りを聞きながら美味しいコーヒーをと一緒に付いてきたトーストをいただきました。

f0073587_23155092.jpg
向かって右が”かりお茶屋”で左が”高原の自然館”。自然館では八幡の動植物を紹介しています。後ろに見えるのは”臥龍山”。
f0073587_2316761.jpg
息子がオーダーした”高原定食”。鴨ロースを焼きます、柔らかくて美味しかったそうです。白いのはチーズにブルーベリージャムがのっかてます。
f0073587_23161795.jpg
我々がオーダーした”天ぷらそば定食”

[PR]
by mido811 | 2007-08-15 23:48 | ひろしま | Comments(0)
雨男の週末ナチュラリスト in 広島 -1
8/12長女が広島時代の友達と合流する間、私達は広島県芸北地区を
駆け足でまわり16:00には長女と合流となっております。
城南通りの東横インを出発。
広島在住時には一度も行ったことがない広島城を見ようということで
娘に通って欲しかった基町高校前に車を停車させ青空に写る広島城を
初めてじっくり見ることができた。

祇園新道で広島ICに向かい山陽自動車道から中国自動車道に入り
戸河内ICを目指す。多くのトンネルを抜けると大渋滞、戸河内ICで車が炎上し通行止で
ICを下りることができず次の吉和ICで一旦下りUターンして戸河内ICにようやく到着。
戸河内ICからR191で先ずは”深入山”へ向かう。

思い起こせば昨年3月突発的な大雪に見舞われ、登坂を昇る途中にアイスバーンで
タイヤがスリップし身動きがとれず命拾いをした悪夢が甦る。(ゲッゲッ)
当時の登坂に辿り着くと、よくもまあ事故らずにすんだなあと改めて感心した。
よっぽど悪運が強いのか?
登りきって峠のトンネルを越え暫くすると深入山が突然姿を現す。
緑に包まれた山容は、この季節ならではの絶景で素晴らしいの一言につきる。
登山口前の駐車場に車を停め深入山をただただ眺める。
それだけで気持ちがスーットするのは何だろうか?

風に流されていく雲とその影が移動していくのを見ているだけで飽きないし
吹く風が何とも心地よい。
本当ならば頂上まで登りたかったが、今日は奥方や息子と一緒なので余り無理はできない。
でも頂上から見る360度パノラマ風景は、さぞかし素晴らしかったやろうなと思いつつ
今回は涙をのんで登山は断念。
天候に恵まれ深入山の絶景を堪能できたことで良しとしようや!

f0073587_0222930.jpg
朝から天候に恵まれ晴れ晴れとした広島城。
f0073587_0224436.jpg
昨年、命拾いした長~い坂道。当時は雪で覆われスキーのジャンプ台のようだった。今思えば・・・・
f0073587_023415.jpg
広い駐車場が整備されている。広島県の登山口は大抵綺麗に整備できているので登山者に優しい対応だ。見た感じ低い山に見えるが、これでも標高1,000mもある。
f0073587_02448.jpg
一般的には南登山口がポピュラーだが、直線コースゆえ急登。意外と手強い。
f0073587_0244263.jpg
丁度、桔梗の花が真っ盛り、紫の花は上品でどこか美しい。

f0073587_034169.jpg
深入山は元々は羊の放牧をしていたので木々が伐採され今の姿となった。

f0073587_026228.jpg
お気に入りの風景です。秋も良いよ~。

f0073587_027594.jpg
ほら、よく見ると登山者が豆粒のようです。遠くから眺めていると人の動きがよく分かるので面白い。

f0073587_0295781.jpg
拡大すると・・・ほら登ってるでしょ。

[PR]
by mido811 | 2007-08-15 00:57 | ひろしま | Comments(4)
蒼い海とタンドールのナン
8/11昨晩より車を飛ばし墓参りへ。
歳のせいか?夜通しの運転はかなり辛い、と言うか眠くて眠くて何回も
休憩を取るようなってきた訳で・・・

本日の天候は上々。
早朝には雲海をあちこちで見た。
やはり、中国地方の夜はぐっと冷えるのであろう。
反面、陽が昇ると気温は一気に上昇するが、湿度がない分苦にならない。

墓参りを午前中に済ませ、親戚への挨拶もそこそこに
広島へ移動する。途中、凪で静かな日本海の蒼さに目を奪われた。
これぞ日本海。
広島からの海水浴客で賑わうようだが、瀬戸内と比べるとその差は歴然。

17:00に本日の宿”東横イン”に到着。
夕食は何を食べようかと家族に尋ねたところ昨年同様インド料理”タンドール”で全員一致。
店がある広島クレドへ向う。相変わらずおしゃれな街並やな~と感心。
タンドールへ到着。
オーダーはエッグカレー、チキンティッカ、フィッシュティッカ、サラダとお目当てのナン、
オマケで生ビールと・・・・
ナンは厚さといい、バターの味・コクといい、パリパリ感といい最高!最高!最高!
大阪駅前ビルのインド料理店のインド人に食わせたいくらいや!!
タンドールのインド料理を食うと他店のインド料理では満足できなくなる。
うまさに加えて良心的な価格だから余計得した気分にもなって大満足じゃー。
騙されたー思うて一度食べてみんさい???
ということでお腹と満足度いっぱいとなって今日一日無事に終了。

地元ネタになるが、RCC中国放送の横山アナウンサーを久しぶりにTVで見た。
当時は、かなり地方局と思えない破天荒ぶりというかエロいというか(番組名:KENJIN時代)だったが
今回は経済番組を担当し、まともに解説していたのには驚いた。
まっ、息子さんはウチの坊主と同じ小学校やったけど大きくなったから
ちゃんとした番組もやらんとあかんわね!


f0073587_0241781.jpg
子供の頃は、足で”はまぐり”を探しあて浜辺で焼いて海水で食べたものです。

f0073587_0242716.jpg
凪の穏やかだったので碧さが増すように感じる。
f0073587_0245480.jpg
タンドールが入っている広島クレドビル。右はリーガロイヤルホテルに左は広島そごうだったかな?

f0073587_025927.jpg
タンドールのエッグカレー、恐らくゆで卵を油で揚げたものが入っていてカレーがまろやかになる。

f0073587_0251888.jpg
食べかけでスイマセン!右の皿にはチキンティッカが、左の皿にはフィッシュエティッカが、そして真ん中には普通サイズのナンが

[PR]
by mido811 | 2007-08-14 00:43 | ひろしま | Comments(2)
只今、帰ってまいりました。
f0073587_0545377.jpg


只今、帰ってまいりました。
昨日墓参りを済ませ本日は広島・八幡周辺を駆け足でまわってきました。(詳細は後日)
カリオ茶屋で「臥龍山バッジ」を発見、自分へのお土産として買ってきました。
こっれって以前は無かったはずだけどな・・・・??でも、結構嬉しかったりして!
そうや、うちらもポンポン山バッジ作ってみよかな~。
[PR]
by mido811 | 2007-08-13 01:03 | ひろしま | Comments(0)
盆です。墓参りだ!
8/12深夜1時に家を出て島根県にある墓へ墓参りに。
茨木ICに入るやいなや渋滞の列、宝塚ICまでは2時間を要した。
最初の休憩を三木SAでとるつもりが車を駐車させるスペースがなく
諦めて次のSAへ向かうが何処も同じ状態で吉備SAようやく休憩となる。

そんなこんなで山陽道広島より浜田道に入り山陰道江津ICに到着
したのは午前10:00前となった。
早々に墓参を済ませ親戚まわりをした後、浜田へ移動し
”道の駅”でお土産を購入し再び浜田道に入り広島を目指す。
今回は息子が足の骨折で留守番なので娘の希望で広島パセーラ
にある”タンドール”のカレー+ナンを食べることに。

広島在住の頃、通った店の一つで”ナン”が最高なのだ。何も付けなくとも旨い!
ナンの上には溶けたバターが溜まる程だが食べるとしつこくなくサッパリしている。
今回はエッグカレー(辛い)とティッカを一緒にオーダーし久しぶりに旨いものを
食ったという満足感を得た。

地下街”シャレオ”を歩くと”おー 全部広島じゃー”というロゴが目に入った。
映っている子供はいかにも広島の子供っていう感じで思わずカメラを向けた。
広島ICから茨木ICに到着したのは途中の仮眠が爆睡に変わり8/13の午前6:00帰宅。
あ~、疲れた。

f0073587_121069.jpg

f0073587_125259.jpg

f0073587_131484.jpg

f0073587_132636.jpg

[PR]
by mido811 | 2006-08-14 01:10 | ひろしま | Comments(0)