「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:京都一周トレイル( 15 )
京都トレイル「春 比叡山大会」完歩しました。
f0073587_0124272.jpg


2014年5月25日(日)

ご無沙汰しております。
京都トレイル「春 比叡山大会」に参加し22.4kmを無事に完歩しました。
そして、今回で昨年から開催された大会全てを踏破しました。

f0073587_0451350.jpg


京都一周トレイル会より踏破記念として
北山杉でできた認定証をいただきました。
よく見ると認定証ですが、遠くから見ると位牌のような・・・・
不謹慎とお叱りを受けそうですが。

今回のコースはトレイルコースでいうと北山東部コースになります。
前回のゴールである銀閣寺道からスタートし比叡山を経由して
峰々を縦走して大原に抜け一山越えて鞍馬天狗の鞍馬を目差す22kmのコースです。

ここ暫く登山へ行くことなく準備不足が課題でしたが心配が的中。
比叡山までは良かったんですが、大原でアスファルトの照り返しを受けて
体力は急にトーンダウン。最後の薬王坂では完全にダウン。
それでも休みながらの歩行で何とかゴールを果たしました。

f0073587_0464641.jpg


前回より参加しているノリさんも無事ゴールを果たし
鞍馬駅近くでざる蕎麦とビールで祝杯をあげ帰宅の途につきました。

次回は、9月21日「秋 北山・西山大会」です。
レポは後程・・・・
[PR]
by mido811 | 2014-05-27 00:49 | 京都一周トレイル | Comments(2)
ぐるっと京都トレイル「冬 東山大会」-2完
f0073587_142728.jpg




2014年3月2日(日)
ぐるっと京都トレイル「冬 東山大会」後半のレポです。
東山山頂から一機にゴールまで完結です。


f0073587_10324561.jpg東山21東山山頂公園では大福を食べてトイレ休憩後、展望台で京都市内を望む。
f0073587_1033204.jpg10:04東山24の将軍塚付近を通過し一旦下山する格好で下りた先は東山26尊勝院10:22に通過。
f0073587_10343038.jpg更に下りると閑静な住宅を抜け三条通りに出合う。三条通りを蹴上方向へ進み栗田神社、更に進むと都ホテルがあり横断歩道を疎水に向って渡ると東山28疎水トンネルに10:28到着。真っ直ぐ行けば南禅寺、トレイルは右へ曲がる。
f0073587_10345872.jpg10:45第二チェックポイントである”ねじりマンボ”に到着。証明として「蹴上」のゴム印を押してもらいスポーツドリンクの差入れがあった。
f0073587_10353057.jpgチェックポイントを抜け更に進むと疎水では有名なインクラインに入る。後でサットンさんが花見にここを訪れているとノリさんから聞いた。そう言えば沿道に桜並木があった。インクラインの最後尾東山32には10:46通過。
f0073587_10365095.jpg疎水を渡り緩やかな坂を登ると11:00東山33-2天照大神を祀る日向大神宮に到着し参詣。厳かな雰囲気が周囲を包みます。これも東山コースの面白いところかな。
f0073587_10372114.jpg神宮脇より登ると天の岩戸がある。岩戸をくぐれれば厄除けになるらしいのでくぐれることを祈りつつ通過。その後は登山道となり緩やかな道を辿る。11:09には山科、南禅寺との分岐である七福思案処を通過すると勾配がきつくなり山を登る気配となった。
f0073587_10403648.jpg登山モードが続くが周囲が開けると山科方面を一望できる場所に出る。斜面に併せたベンチが設けられ休憩する参加者が多かった。だが、私は進むのです。
f0073587_10412167.jpg東山40には11:23通過すると岡崎方面が一望できる箇所があり登山道は平坦な縦走路に変わる。東山41に居られた係りの方からこの先は昨日の雨でどろどろであることを知る。11:35東山42通過するとイノシシの仕業か登山道の脇が掘り返されていた。そして四つ辻に入ると泥で滑りやすい状況になった。本来のトレイルはここから下るのだが大文字山を経由希望者は泥まみれの登山道を辿らなければならない。もちろん大文字行きを決行したものの予想以上に滑りやすく年配の女性登山者は下り斜面で動けなくなっていた。しかし、私はこれまでの経験を活かし見事に通過し12:04大文字山山頂に到着。
f0073587_10413246.jpg山頂標識の脇には京都市街が一望でき休憩用のベンチとテーブルが設けられ多くの参加者や登山者が昼食を取っていた。私もコンビニのオニギリ1個を食べたが、登山者の一人が私のスパッツを指して「使えますか?」と尋ねてきた。最初は意図が分からなかったが、どうも泥避けとして使えるのかとききたかったようだがスパッツは雨対策しか使えないと思っていたようだ。この場所からは伏見から縦走してきた経路が一望できる。
f0073587_10445343.jpgさて、いよいよ核心の大文字山の火床に入る。ここからの眺めは京都市街が一望できる絶景ポイント。ましてや盆の終わりを告げる大文字送り火の場所。山岳会の方かと思うが京都以外から来られた方を対象に京都の神社仏閣や名所ポイントを説明されていた。それを聞いていると「向こう(西山のこと)の端に見えるのがポンポン山という変な名前の山です」と解説。変な名前の山だと・・・聞き捨てならないぞ。ポンポン山は地元に愛されている立派な山です。お間違えなく!
f0073587_10453970.jpg名残は付きませんが絶景を堪能し火床を後に12:45下山開始。大文字の大に沿った階段を下り大文字山の登山道に出合う。一般市民の方々やトレランの方が登ってこられるくらい親しみやすい山なんでしょう登山道も整備されていて泥で滑ることはありません。ゴールが近づくと前回もありましたがお茶目な標識が和ませてくれます。
f0073587_10464382.jpg13:30銀閣寺前を通過。3月初めというのに観光客でごった返していますね。標識の通りお土産屋さんを抜けるていく途中にアイスクリームを売る店が何件かあって見事アイスクリーム片手に歩く登山者を発見。自分へのご褒美だからいいよね~
f0073587_1047789.jpgお土産屋さんを抜けると哲学の道に出合います。こちらも観光客の人だかり。桜が咲くと見事でしょうね。
f0073587_10485253.jpg13:33東山51通過、疎水沿いに進み13:44ゴールしました。お疲れ様でした。気になるのはノリさんだが、係の方に尋ねると8:17スタートだとか、ならば30-40分後かと思いゴールで到着を待ちます。そして、スタスタと歩いて来られたのりさん。見事完歩。一緒に記念撮影後、近所の蕎麦屋で一杯。その後お別れしノリさんはお風呂に入りたいと近所の銀閣寺湯に向われた。


次回は5月25日「比叡山大会」です。
次回完歩すると記念の楯をいただけるとか・・・悩みますな~。
[PR]
by mido811 | 2014-03-15 12:28 | 京都一周トレイル | Comments(4)
ぐるっと京都トレイル「冬 東山大会」-1
f0073587_23472886.jpg


2014年3月2日
ぐるっと京都トレイル「冬 東山大会」のレポです。
心配していた雨も上がりトレイル日和となりました。
6:38高槻駅発の快速で京都駅まで行き奈良線に乗り換え7:09稲荷駅到着。
JRと京阪の間にある公園にある受付で7:17にエントリーを済ませいざ出発!





f0073587_23484140.jpg京都トレイルのシンボルといえるロゴがようやくできたようです。このロゴがあるとないとでは雰囲気が違います。
f0073587_23491782.jpg先ほどの道を戻る格好で伏見稲荷神社境内に入っていきます。普段は屋台が並び賑やかな通りですが静かな境内も良いもんです。
f0073587_014431.jpg境内の中を進むと大きな鳥居があります。幾重にも重なる鳥居のトンネルをくぐっていくと京都トレイルの標識2-1を発見。
f0073587_23524061.jpgそのまま階段を上がって三つ辻があり、再び上がっていくと7:46標識3-1四辻に出会う。横には俳優の西村??の実家がやっている御茶屋さんがあります。そして、ここから西山一帯が一望できます。
f0073587_2353076.jpgお稲荷さんのお山登りもここまで。この後は下って民家の路地に入っていきます。この辺りってけっこう大きな屋敷がある高級住宅街ですので、静かに歩きます。
f0073587_23533025.jpgこの辺りは標識を見落とし易く前回来たときは迷いました。今回は係りの方が各ポイントで誘導してくれているので迷うことナシ。
f0073587_235476.jpg8:09標識6 泉涌寺通過。所々に宮内庁の看板があり厳かな雰囲気に包まれます。私には縁遠い場所ですが・・・
f0073587_2354284.jpg再び路地に入り東西南北が分からなくなってきた。でも係りの人が誘導してくれるので安心です。
f0073587_23551840.jpg8:37標識東山11 「京女の森」入口に到着。京女って京都女子大学のことかな?当時は京女のお姉さんに憧れたな~。
f0073587_23555433.jpg昨晩の雨でぬかるみドロドロの道をひたすら歩くと轟音けたたましい道路に出た。これは東山五条から山科に抜ける一号線やんか。
f0073587_23562674.jpg一旦国道の地下道で反対側へ抜け急な階段を登り暫くすると第1チェックポイント東山17に9:15到着。「清水」のゴム印を押してもらい再びGO!
f0073587_23562587.jpg深い森の中に吸い込まれるように入っていくと本格的な急登が現れた。みんな息をハーハー言わせながら登る登る。牛やったらよだれダラダラ流しながら、ヤギやったらメーメー泣きながらひたすら登るのです。
f0073587_23572519.jpg稜線っぽい感じになったところで9:23標高242.5m清水山山頂到着。
f0073587_025591.jpg皆さんは清水山で一服している隙に私は森をひたすら抜けるのでした。
f0073587_043617.jpg岩盤むき出しの登山道を登りつめ9:56東山山頂公園到着。ここで休憩して好物のよもぎ大福を食らい至福のひと時を味わう。トイレあります。


今日はここまで。次回に続くのだ。
[PR]
by mido811 | 2014-03-11 00:58 | 京都一周トレイル | Comments(0)
ぐるっと京都トレイル「冬 東山大会」完歩しました。
f0073587_22383934.jpg


2014年3月2日(日)


f0073587_2241614.jpg第1回目の北山・西山大会に続き第2回目の東山大会に参加し無事完歩しました。今回は第九仲間の通称のりさんも参戦となり身内でやや盛り上がっていたのでした。が、そのせいでしょうか天候も前日まで降雨確立70%だったのが晴れに変ってしまってもう雨男返上ですわ。おまけに今回は参加記念として京都トレイルのイラスト入りTシャツを貰い予想外の展開にちょっと嬉しかった。そのイラストもお寺さんとか描かれてるわけでなく京都らしくないお洒落なイラストが出来上がってました。当日は超メジャーとなりました京都マラソンも開催ということでトレランの方々は姿がありませんでした。にも関わらず参加者は前回より増えて130名がエントリだったようです。来てるよ、来てるよ京都トレイル。

さて、東山コースは以前・・といっても2007年6月ですが完歩したことがあり京都らしい登山が楽しめるコースです。伏見稲荷から始まって閑静な住宅地を抜け清水寺の背景にある清水山から大文字焼きで有名な大文字山を縦走し下山すると銀閣寺にでるという京都トレイルを代表するゴールデンコースであります。今回は前回の苦い教訓となったチェックタイム(制限時間)までに通過できるよう食事時間は取らず行動食にして順調に進んでいたのですが昨晩までの雨で大文字山手前辺りはぬかるみがひどく時間をロスって結果的には標準完歩時間6時間30分でゴールとなりました。タイムはもう少し縮められたのに・・・悔しいなぁ!のりさんもスタートは1時間遅れでやはり6時間30分で見事完歩されました。


次回は5月25日開催「2014春 比叡山大会」です。所要時間は10時間30分だそうです。
詳細レポは後程・・・・・
[PR]
by mido811 | 2014-03-03 23:26 | 京都一周トレイル | Comments(2)
京都トレイル「秋 北山・西山大会」西山No7~西山51
f0073587_15234748.jpg
       ■松尾山より嵯峨野・嵐山方面を俯瞰


ぐるっと京都トレイルもいよいよ終盤。観光客ラッシュで最終関門の
時間制限に間に合わないというアクシデントが発生。
ゴールまでを一機にいきます。



f0073587_1525552.jpg六丁峠から車道を下ると古い町家が残る鳥居本に入る。周囲は観光客だらけだ。
f0073587_15253782.jpg観光客の姿が増えたかと思うと狭い車道に他府県ナンバーの車が突っ込んで来る。ここは化野念仏寺。
f0073587_1526362.jpg14:30嵯峨鳥居本通過。観光客が増え始め自由に歩けなくなってきた。
f0073587_15261726.jpg西山No11二尊院を通過。観光客で身動きができず、オマケに標識さえも確認できない。土地勘でいくと15:00の通過制限時間にはギリといったところか。
f0073587_15273479.jpg落柿舎通過。のんびり景色を見る余裕がなくなってきた。この先は嵯峨野でも通行人が多いJRの踏切。観光客だらけで追い越して歩くことができない。
f0073587_15274836.jpg14:45何とか天龍寺を通過。嵐山電鉄の駅舎脇で事務局へSOS・・「すいません。人が多すぎてこのままだと15:00に間に合いません」と訴え結局通過時間を15分延長いただくことになった。
f0073587_15283522.jpg嵐電の駅舎から渡月橋は目と鼻の先。しかし、今日はそう簡単に渡れそうにない。
f0073587_15293054.jpg15:04阪急嵐山駅手前の最終関門を通過。同時に女性2人のグループも足をひきづりながらやって来て無事通過。最後の難関松尾山へ向う。
f0073587_15312498.jpg松尾山の登山口は阪急嵐山駅からさほど遠くないが入口が路地のように狭く判りづらい。しかし、要所要所に係りの方が誘導いただいたのでスムーズに取り付くことが出来た。(感謝!)しかし、この山は低山ながら急登が続くぞ。
f0073587_15331951.jpg足が痛みはじめた。登りばかりなので思わず「嵐山がゴールでええんちゃう」と愚痴る。15:30何とか我慢の末頂上到着。
f0073587_1534257.jpg頂上ではご褒美として京都を一望。休んでいると次々に参加者が上がってきた。
f0073587_1536125.jpg季節柄、日が沈むのが早いので頂上を早々に切り上げゴールへ向う。暫くは稜線歩きのアップダウンが続く中、標識には「ガンバレ!でも急ぐな!ゴールまであと15分」のコメントがあり思わずほくそ笑んだ。
f0073587_15363990.jpg図視点ピークから望む京都市内。夕日に染まり美しいって言ってられない。もう少ししたら完全に日が沈むから焦る、焦る。
f0073587_15394835.jpg急な階段を下りていくと標識は西山No51、最終ゴールである。やった~16:32に踏破。
f0073587_15402938.jpgゴ-ルを終えた参加者が事務客の方のチェックを待っていた。中には食事も摂らずに歩き通された方もいらっしゃったようですが皆さん無事で何よりでした。結局、55名の方がゴールされたようです。
f0073587_15404967.jpg帰り道を間違えて上桂駅でなく松尾駅より阪急電車で高槻駅へ戻り家路に着きました。


初めての大会参加でしたが、時間管理の甘さや30kmで足の痛みを抱えたことなど
自分の弱点がわかりそれはそれなりに収穫でした。
また、紅葉の季節にピッタリのコースを堪能できたのも京都山岳連盟の皆さんの
お力添えがあったからこそと思っております。改めて御礼申し上げます。
全国区の大会に育つことを願っております。

皆さんも次回3月2日の大会にご参加ください。
東山コースは伏見稲荷から大文字山を抜けるコースで京都市内を一望する
素晴らしいコースです。距離も短いですしね。是非~。
[PR]
by mido811 | 2013-12-07 16:42 | 京都一周トレイル | Comments(2)
京都トレイル「秋 北山・西山大会」北山No87~西山6
f0073587_12553587.jpg
        ■金鈴橋より愛宕山遠望

2013年11月24日に開催された「ぐるっと京都一周トレイル 北山・西山大会」の続きです。
間が空きましたが北山87から出発です。



f0073587_12405791.jpg第一関門の高雄を抜け観光客で賑わう中を歩き西明寺の入口指月橋通過。この辺りから赤く染まる紅葉に包まれます。
f0073587_1241177.jpg清滝川に沿って進むと高雄橋に出合う。観光客の間を縫うように歩かなければならなくなってきました。標識はNo90 12:19通過。
f0073587_12414554.jpg高雄観光ホテルの横を川沿いに進みます。この辺りになると観光客は減り紅葉ハイキングの方々と出合います。
f0073587_1242859.jpg再び静かなトレッキングになり色づいた山を望みます。
f0073587_12423316.jpg真っ直ぐに伸びた北山杉の沿道をゆったり進みます。その先にある潜没橋付近の河原で小休止してオニギリを食べた。しかし、のんびりし過ぎて後々が制限時間に追われ大変になった。
f0073587_1244018.jpg13:26北山コースの最後No94 愛宕山登山口でもある清滝橋通過。
f0073587_1248779.jpg清滝橋周辺の紅葉はピーク。
f0073587_12483827.jpg13:30北山コースが終わり西山コースに入る。NO1
f0073587_12502115.jpg近くにあった紅葉が太陽に照らされ見事な色彩を放っていた。
f0073587_12511920.jpg再び清滝川沿い歩きとなる。
f0073587_12531371.jpg13:55西山No4通過。その先にある落合橋で係員さんが誘導。六丁峠までのきつい勾配の道路歩きに変る。制限時間が迫っていたのでパワー全開で駆け上がることに。きつかった~
f0073587_12533681.jpg14:11西山No6通過。その六丁峠を越え一機に下る。この下りも長いのなんの。下った先には嵯峨野・嵐山の観光スポットが待ち受けていた。

[PR]
by mido811 | 2013-12-07 13:34 | 京都一周トレイル | Comments(0)
京都トレイル「秋 北山・西山大会」No北山67-3~北山87
f0073587_1557752.jpg
        ■沢ノ池

2011年11月24日(日)

山の家はせがわ(北山No67-3)から第一関門高雄白雲橋(北山No87)まで

f0073587_1620095.jpgNo67-3は山の家はせがわ”を横切る奥にあります。10:08通過、緩やかな登りの林道を進みます。ここで男性参加者に追いつかれました。
f0073587_16059.jpg10:17No70京見山荘があり京見峠からの道との出合となる。
f0073587_1610791.jpgNo71標高436m分岐ポイント。10:19通過。
f0073587_16104068.jpgNO74標高438mポイント。10:29通過。
f0073587_16112029.jpgNo75上ノ水峠10:39通過。すすきに囲まれた林道から見える紅葉が素晴らしかった。その脇で参加者の女性がおにぎりをベンチに座って食う姿は美味そうだったなぁ
f0073587_1612624.jpg10:47 No79峠を下り林道に入る。林道を進むと沢の池に向う。
f0073587_1612365.jpg10:50標高376m沢ノ池到着。トレラン、登山者共にぞくぞくとやって来た。小休止して持参のコンビニおにぎりを頬張る。人工池とは聞いていたが産廃のゴミがそこらじゅうに散在し紅葉で鮮やかな風景と相反する。もったいないなぁ
f0073587_1613511.jpg沢ノ池を蒔くように進むと短い急登になる。登りきるとNo82標高410m仏栗峠、11:23通過。
f0073587_16143183.jpg11:31No84標高406m尾根道分岐を通過。平坦な道はイノシシがミミズを捕まえるために掘り起こした跡が延々続いていた。
f0073587_1615588.jpg11:40No84から下りになりNo85福ケ谷林道分岐に到着。登山道は一旦終了し林道歩きになる。
f0073587_161526100.jpgNo85標高300mから第一関門の高雄白雲橋127mまで下りが続く。この辺りから登って来る登山者が増えてきた。
f0073587_1616740.jpg11:48第一関門高雄白雲橋でチェックのハンコを押してもらう。既に参加者の半分弱が通過していると聞いた。ここからは山の風景は消え観光客で賑わう喧騒の世界へ向うのでした。

[PR]
by mido811 | 2013-11-30 17:17 | 京都一周トレイル | Comments(0)
京都トレイル「秋 北山・西山大会」北山No48~北山67-2
f0073587_13353237.jpg

■叡山電鉄二ノ瀬駅

2013年11月24日

京都トレイル「秋 北山・西山大会」のレポです。
まずはスタートのニノ瀬(標識北山No48)から山の家はせがわ(標識No北山67-2)まで



f0073587_1257238.jpg風情のある駅舎と真っ赤に染まった紅葉の大木に感動。受付のある守谷神社・富士神社へ向い受付でチェックと説明を受け6:55スタート。同時刻に単独の女性も受付を済ます。
f0073587_135253.jpgいきなり急登がお出迎え。コチラもギア全開で望む。先ずは係りの方が待つ夜泣峠に到着。いきなりのギア全開で消耗しエネルギー補給のため小休止。更に急登を進むとなだらかな道になり7:41向山山頂通過。
f0073587_1334182.jpg7:57散策路分岐通過。太陽がようやく昇り周囲も明るくなる。
f0073587_13101420.jpg開けたところから京都市内を望むが生憎霞んで見えず。
f0073587_13102489.jpg緩やかな林道を進む。途中、息を上げながら走ってくるトレランでの参加者数名に抜かれる。激下りになりその先は関西電力洛北発電所へと続く。
f0073587_13131130.jpg東海道自然歩道に係りの方が誘導。自然道を横切りNo56から再び林道に入る。
f0073587_13133511.jpg林道に入ると杉林に囲まれた林道を登り一旦林を抜け開けた場所に出る。そこには青空に映える見事な紅葉が待っていてくれた。ここまでは暗い林道だっただけに気持ちも明るくなる。
f0073587_13164793.jpg標識の通り進むと登山道らしくない道(雑草が生え放題)となるが進むうちに細い林道に変り朽ちた橋に出会う。
f0073587_13201468.jpg更に進むと8:54No60盗人谷小屋跡分岐を通過。ようやく登山道っぽくなってきたぞ。
f0073587_13203956.jpg登山道は再び登り坂となり盗人谷ニの橋を通過。汗がひいたかと思えば再び汗まみれである。寒さなんかどこ吹く風である。
f0073587_13234240.jpg坂をのぼり切るとNo62小峠を9:12に通過。レトロなフジフィルムの看板が歴史を物語る。
f0073587_1324879.jpg9:19No63を通過し林道は一旦終了し集落に入る。
f0073587_13255443.jpg林道を出たところで係りの方が誘導。集落の道路を道なりに辿り氷室神社を目指すと逆方向からトレイルを歩いてきた登山者と出会う。けっこうトレイルを歩く人がいるのだと実感。
f0073587_13263783.jpg9:27氷室神社通過。神社前では給水ポイントと称し関係者からドリンクの差し入れがあった。しかし。私はアクエリアス2本とサーモスに温かいお茶を持っていたので御礼を述べて通過。
f0073587_13401157.jpg更にアスファルトの道を進む。峠越えの手前で小休止。ザックから好物の豆ダイフクを取り出しエネルギーを補給する。その間、参加者の女性に抜かれた。峠を越え下る途中にはパラボラアンテナのある鉄塔を通過する。
f0073587_13404160.jpg峠を下ったところに係りの方が立ち”山の家はせがわ”方向へ誘導。山奥ではあるが車の行き来が激しかった。道なりに進むと”山の家はせがわ”に到着。ここでは店の方に声をかければトイレを借用できる。

[PR]
by mido811 | 2013-11-30 13:43 | 京都一周トレイル | Comments(0)
ぐるっと京都トレイル「秋 北山・西山大会」踏破しました。
f0073587_1847288.jpg


2013年11月24日(日)

京都山岳連盟主催の「ぐるっと京都トレイル 北山・西山大会」に参加しました。
途中、観光客ラッシュに巻き込まれチェック時間に間に合わないという
アクシデントもありましたが無事に踏破し帰還いたしました。

f0073587_19145428.jpgJR高槻より5時の始発に乗車し東福寺駅で京阪電車に乗り換え出町柳駅へ。出町柳駅から叡山電車でスタートの二ノ瀬駅へ向かいました。二ノ瀬駅へは6時40分に到着し6時55分にスタート。高雄、嵐山のチェックポイントを通過しゴールの松尾に16時32分に到着。約9時間30分を要して踏破です。トレイルランの参加者も多く最短は7時出発で12時にゴールと聞いています。

コースとしてはアップダウンあり、林道歩きあり、名所・旧跡巡りあり絶景ありと京都の魅力を余すことなく十分
楽しめました。また、コースの中でも迷いそうな箇所には連盟の方が誘導していただいたり目印を設置いただいたことで地図を見ず迷うことなく進めました。敢えて言うなら嵯峨野から嵐山にかけての観光客ラッシュをどう回避するかが課題かと。(多分ムリだと思うけど)連盟の皆さんは本大会を六甲山全山縦走に匹敵する全国区の大会に広げたいそうです。


次回の開催は2014年3月2日(日)「冬 東山大会」です。
詳細は追ってレポします。それにしても疲れました~。
[PR]
by mido811 | 2013-11-26 19:25 | 京都一周トレイル | Comments(4)
エントリーカード届く。
f0073587_2256698.jpg


2013年11月20日(水)

先日応募した「ぐるっと京都トレイル」のエントリーカードが届きました。
番号を見て凍りつきました。
何と”79番”ですよ。(目が点)
応募定員300人に対して、ましてや期日当日にエントリーしてですよ。
え~です。


前日には超有名な「六甲全山縦走大会」があるししかたないか。
トレーニング不足解消のため今週は毎朝22階にあるオフィスまで階段を登って出勤してま~す。
[PR]
by mido811 | 2013-11-20 23:06 | 京都一周トレイル | Comments(2)