1万人の第九2017 森ノ宮4レッスン 6/6回目
f0073587_1942136.jpg

2017年11月18日(土)
いよいよ森ノ宮4クラスのレッスンも今日で最後となった。
どうやら今年も無事に関門を乗り切ったようだ。
前回の告知通り松尾先生はお休みなので誰が来られるか楽しみだ。
f0073587_2110736.jpg

レッスン開始15分前に会場に到着。
受付でゲストとの合唱今日の楽譜を渡された。
既に情報は入っていたが緊迫している世界情勢と第九を結ぶのだろうか
ゲストのくるりと歌うのはジョンレノンの「HAPPY Christmas」だ。
f0073587_2135732.jpg

受付を済ませ席に着こうと見渡したところ定席には既に先客有り。
しかたなく前列3番目のところに陣を構え開始時刻になるのを待った。
しかし、16:00を過ぎても先生が来られない。
訝しくしていると原色ブルーのパーカーを来た方が入ってこられた。
自己紹介され角地先生というのが分かった。
f0073587_2144453.jpg

先ずはともあれと、本業のカンツォーネを歌いますということで
1曲プロの歌声を披露された。イタリアレストランだと数万くらい?
歌い終わられると会場内は満場の拍手でつかみはOK!
f0073587_215222.jpg

和んだところで、発声練習が始る。
続いて、ゲストとの合唱曲「HAPPY CHRISTMAS」の練習に入った。
くるりの部分は角地先生自ら歌われたが、さすがプロいい声してるし。

そして、後半は第九の練習。
通してフロイデから始めるのかと思いきや各パート毎に
呼吸方法や発音、特にかっこよく発音する方法を伝授いただき
なるほどなぁ~と感心するところもあってなかなか楽しい時間になった。
しかし、熱血指導のため10分前に終るところを10分経過して
むりやり最後までやったところで終了。

初見ながらクラス全体を和ませリードされたのはさすがプロ。
最後は、感謝を込めて角地先生とピアノの羽根田先生に花束が贈呈され
喝采のまま森ノ宮4クラスのレッスンは無事修了した。
次は、芸文で開催される佐渡練でお会いすることになる。
森ノ宮4クラスのみなさんお世話になりました。また、万九でお会いしましょう!
f0073587_216135.jpg
f0073587_2164176.jpg

すは、佐渡練にリハーサルと本番のみになった。
例年のことだが、ここからがあっという間に過ぎ去っていくので
一つ、一つを噛み締めながらゴールを目指したい。
外へ出るとレッスンが始った頃とは違ってすっかり暮れていた。
f0073587_21115989.jpg

帰路は、森ノ宮駅ではなくダイエットも兼ねて地下鉄本町駅まで歩いた。
すると、御堂筋には”光のルネサンス”が始っており暫しイルミネーションで
飾られた銀杏並木を楽しんだ。
f0073587_21123544.jpg



【合唱曲についてご参考】-1万人の第九 札幌クラスブログ-より引用。

●John Lennon - Happy Xmas (War Is Over)


歌詞と対訳を見ながら動画を視聴できるサイト

●ピアノ譜 Tenshi Minamoto
スコアメーカー7(楽譜作成ソフト)自動演奏&ピアノ専用音源使用。

原曲は8分の12拍子ですが、この楽譜は8分の6拍子で書かれています。
上のオリジナル動画と同時再生してみましたが、ほぼ同じ譜割りとテンポで作られています。
楽譜が手元にない状態で音型を確認したり、カラオケとして便利かも知れませんね。

[PR]
# by mido811 | 2017-11-19 21:30 | 一万人の第九 | Comments(0)
NHKから突然のメール
f0073587_21264288.jpg

2017年11月15日(水)
昨晩、NHKからメールが届いた。
最初イタズラか?と思っていたが、内容をみていくと
「ドキュメント72時間」のディレクターの方からだった。

テレビでもPRされているが年末恒例のベスト10作品を放送する特番に向け
情報提供したきっかけなどが知りたいという内容だった。
実のところ内容よりも私が情報提供者であることが証明されたことの方が重要だ。

忘れもしない3月26日積雪の高見山を登っている最中に
ハンディ無線機から聞こえる交信内容で驚かされた。
それは、金剛山にドキュメント72時間の取材クルーがやって来たという情報だった。
たまたま交信している人が存じている人だったのですかさず割って入って
情報提供者は私だと告げたのだった。

後日、そのクルーに情報提供について確認してもらったところ
情報提供があったから取材に来たわけではないという返答だった。
となると、私が情報提供者というのは事実と違うことになる。
しかし、提供したのは事実、しかしこれ以上主張しても空しい議論になるので
煮え切らないままで終っていた。

そこへ、今回のメール。
私にとっては、神の降臨に近いメールだ。
前日、第九仲間との呑み会でたまたま番組の話題になり
金剛山のリベンジとして「1万人の第九」を投稿してはどうかという話になった。

じゃあ72時間の割り振りはどうするか。
リハ前日-リハ-本番もしくはリハ-本番-本番翌日どちらかに絞られたが
経験からすると後者の方が内容としては72時間に向いていると思えた。

今日は、番組ディレクターさんからご連絡をいただき
いろいろお話をさせていただいた。
年末特番に花を添えることができれば私の年の締めとしては最高なのだが・・・

ただいま、NHKドキュメント72時間の特別番組
「朝まで!ドキュメント72時間」のベスト10作品の投票受付中です。
是非、4/28放送の「金剛山ライブカメラの山頂で」に熱き一票をお願いします。
締め切りは12月3日です。
[PR]
# by mido811 | 2017-11-15 21:57 | ひとりごと | Comments(0)
秋雨濡れる竜王山でSOTA移動 JA/OS-012
f0073587_10385539.jpg

2017年11月11日(土)
滋賀県の高室山山行を計画していたが昨晩からの雨と風で急遽計画を変更。
こんな時のためにと取っておいたのが大阪府茨木市にある竜王山だ。
我家からは原付バイクで林道を抜けるのが最短距離だが、先般の台風で通行できないことも考え
今日は一般道を通行して登山口となる忍頂寺に向かった。
f0073587_0321058.jpg

林道を走り忍頂寺手前まで登る。バイクを置いて急坂を歩いて忍頂寺に向かった。
f0073587_0374843.jpg

落葉が既に散乱していた。今年は10月の台風で紅葉の出鼻を挫かれた感がある。
いつもなら、これからが見頃なのだが葉が落ちてはどうしようもないな。
f0073587_0403840.jpg

人気のない忍頂寺を通過。綺麗なトイレが完備されている。
f0073587_0415561.jpg

更に坂を登る。山頂までは短距離なので、のんびり登りたい。
f0073587_0544930.jpg

暫くすると山頂展望台が出現。紅葉が反射して眩しい。
f0073587_058930.jpg

展望台を登り踊り場に到着。
f0073587_113314.jpg

誰、こんなところに長い結束バンド落としてるの。
f0073587_123977.jpg

大阪平野が一望。
f0073587_1593.jpg

こちらは大阪湾。この季節は海面が金色に光る。
f0073587_16940.jpg

さぁ、無線の準備をしよう。先ずは、144MHZから運用する。
釣竿マストを柵に紐で縛って固定し先端にホイップアンテナを装着。
その後は様子をみて18MHZ、21MHZで運用するためギボシIVDPを設置予定だ。
f0073587_1103241.jpg

【本日の交信結果】
FT-817ND/5W + RH770(144/430MHZ)、ギボシIVDP(HF)
竜王山 標高510m  SOTA#JA/OS-012
大阪府茨木市  JCC#2513

11:00 JG3VHY 59/59 京都市山科区※144MHZ-ssb
11:04 JG3SLU 59/59 大阪府摂津市
11:17 JH2KML/2 57/52 三重県三重郡
11:23 JE3JKS 59/59 滋賀県大津市
11:26 JR3OWV 59/59 大阪市阿倍野区
11:29 JH3SHV 59/59 大阪府枚方市
11:31 JG3SWP 59/59 神戸市灘区
11:35 JJ3NEH 59/59 大阪府東大阪市
11:38 JR3FQB 59/59 大阪市城東区
11:41 JA3IAS 59/59 大阪府枚方市
11:43 JI3PIW 59/59 京都市西京区
11:45 JF3NTU/3 51/51 兵庫県宍粟市長水山JA/HG-092
12:28 JS6NYO 51/51 沖縄県沖縄市※18MHZ-ssb
12:41 JP3LFV 59/58 大阪市淀川区QRP
13:27 JA3GSM 59/59 堺市東区※21MHZ-ssb
13:36 JA2KFC/6 59/59 鹿児島県大島郡※18MHZ-ssb
各局、FB QSO有難うございました。
土曜日の430/144MhzはFMの違法トラッカーだらけなのでどうしても
144MHZ-SSBの運用になる。ラッキーなことにちょうど泉州サバイバルコンテストの真っ最中で
バンド内は活況だった。おかげで数回CQを出すとすぐにコールしていただけた。
また、長水山移動のJF3NTU局とQSOできs2sをゲットできた!
f0073587_8382954.jpg

コールが落ち着いたところで144MHZでの運用はCL。
続いて、お試しでギボシIVDPを張ってみることにした。
いつもは8mhの釣竿マストだが今日は4mhのマストに装着してみる。
すると、7Mhzまでは難しいとしても頑張って14MHZの長さであれば可能なようだ。
18MHZにQSYすると18.125MHZでナウル島のC21VE局の電波をキャッチした。
コールしようとしたが休憩するということで消えてしまった。残念!
他に8エリアも聞こえていたが沖縄からCQが聞こえたのでコールしてQSOできた。
ガンガン入っていたのはロシアのEU0AKだったが英語が苦手なのでパス。
コンデイションが良さそうなので21MHZにQSYしCQを連呼したが閑古鳥。
しかし、CLする間際にJA3GSM局からコールいただき一安心。
再び18MHZにQSYすると奄美大島の移動局が強力に入感していたのでコールしてQSO成立。
そうそう、JP3LFV局から拙いマイBlogをご覧いただいていると聞き感謝申し上げます。
本日はこれにてCL。展望台から見下ろすとモミジが紅葉真っ盛りだった。
f0073587_1041554.jpg

時折、雨がぱらつき不安定な天候になり始めたので帰り支度を済ませ展望台を下りた。
f0073587_10164788.jpg

山頂でありながら山頂標識がないと思っていたが探すと有志が作った標識があった。
f0073587_10185014.jpg

元来た山道を辿ってバイクを置いた場所まで戻った。
林道を下りて国道に入る手前辺りで生物らしき動く物体を捉えた。
慎重に走っていると、その生物と目が合った。真っ赤かの顔、一瞬にしてサルだというのが分かった。
ヤツは怯むことなくこちらに向って追いかけ始めた。これはヤバイと思わずスピードを上げて逃げ切った。
まさかこんなところにはぐれサルがいるとは・・もうビックリ。
ようやく国道に出ると竜王山の雄姿を見ることが出来た。
f0073587_10343812.jpg

最後はサルに追われるという顛末だったが、
秋に出会え無線もできてストレス解消の一日になった。
[PR]
# by mido811 | 2017-11-12 10:40 | 北摂・竜王山 | Comments(0)
飛び良し展望良し、霊山でSOTA移動 SOTA#JA/ME-049
f0073587_0205397.jpg

2017年11月5日(日)
連休最後の日に三重県伊賀市の霊山に登ってきた。
ザックを長時間背負うことは止められているので短時間で登れる山で
飛び良し展望良しと聞いていたのが霊山だった。

台風21号通過後に一度登ろうとしたが倒木で林道が荒れていて断念した。
したがって、今回はリベンジだ。
早朝5時半といつもよりはゆっくりと家を出て名神高速草津から神名神に乗り継ぎ
甲南ICで下りて地道で名阪国道上柘植IC方向へ向う。
f0073587_07152.jpg

上柘植ICを過ぎて伊賀コリドールロードから霊山寺に続く林道入る。
前回倒木で荒れていた林道はなかったが幅が狭く危なっかしい。
そして、誰もいない駐車場に到着。
f0073587_092627.jpg

車から下りた瞬間「寒い」と思わず声が出た。それでも身支度して霊山寺に向かう。
しかし登山らしきものが見当たらず暫くは周辺をウロウロ。
f0073587_0144514.jpg

結局、スマフォに入れている登山マップGeographicaで寺の脇にあるのが
登山道だということが分かった。こういう時のGPSには感動する。
f0073587_0161211.jpg

登山道のあちこちに昨日開催されたトレイルラン大会の印が付けられていた。
初めて登る者としては迷わずに済むのでラッキーだ。
土がえぐれた道を歩くと苦手の長い土留めの階段が現われた。
f0073587_0202361.jpg

階段が終わるところには目印となる桜地蔵と書かれたお地蔵様があった。
f0073587_0214017.jpg

これとは別に1合目から十合目までの標識があった。桜地蔵の次は六地蔵。
f0073587_0241616.jpg

更に進むと「原地堂」と書かれた標識があったが巨石しか見当たらなかった。
f0073587_02558100.jpg

更に歩くと田代池との分岐があり霊山山頂方向へ進む。
f0073587_0325853.jpg

分岐を通過すると今日はじめて展望が開けた。
と思いきや最後のフィニッシュとばかりに階段が再び現われた。
f0073587_0355043.jpg

階段を登りきるとゴールの山頂に到着。それにしても寒いし風が強い。
f0073587_0384824.jpg

山頂は火山の噴火口のように真中が凹んだ形でさながらゴルフ場だ。
f0073587_040362.jpg

凹んだ中心には祠があった。その昔、山頂には大寺院があり山頂遺跡として保護されている。
f0073587_0414138.jpg

また、山頂の脇には国土交通省の中継所があった。
やはり見通しがいいのだろう。期待は膨らむ。
f0073587_2225633.jpg

山頂は芝に覆われ気持ちがいい。さて、無線のアンテナを何処に立てようか。
考えた末、山頂標識周辺を避けパラグライダーの発着場所と思しき場所に
釣竿マストを建てその側にあるベンチを今日のシャックにする。
f0073587_226318.jpg

【本日の交信結果】
FT-817ND/5W + 8mhギボシIVDP + RH770(144/430M)
霊山  標高766m  SOTA#JA/ME-049
三重県伊賀市  JCC#2117

09:48 JE6OXS 59/57 熊本県玉名郡※7.146MHZ/SSB
09:56 JP3QEV 59/47 大阪市福島区
10:06 JJ6WZS 59/59 長崎県大村市
10:09 JA0TEA/9 59/59 富山県富山市
10:16 JI1ICF 59/59 千葉県鴨川市
10:20 JH2PWM 59/58 三重県津市
10:25 JO4VIO 59/57 山口県下関市
10:42 JH5ZZJ 59/59 愛媛県東温市※7.136MHZ/SSB
10:52 JP3OSW/2 59/56 JA/ME-005迷岳※433.140MHZ/FM
11:03 JH8RJS 58/53  北海道紋別郡遠軽町※18.152MHZ/SSB
11:05 JN3ECU/3 59/59 兵庫県西宮市※18.143MHZ/SSB
11:14 JM8IOR 59/55 札幌市東区※18.140MHZ/SSB
11:28 JH8VYH/8 59/59 北海道樺戸郡月形町※18.157MHZ/SSB
11:50 AH2D 59/55 GUAM※21.207MHZ/SSB
12:32 JN2TZB/2 59/59 愛知県岡崎市村積山移動※433.180MHZ/FM
12:35 JQ2OAO 57/55 三重県津市青山高原
12:39 JA3WPN 59/59 大阪府堺市
12:40 JL2TPD 59/59 三重県津市
12:40 JP2XYT/2 59/59 三重県津市青山高原
12:42 JF3GXQ/3 59/59 JA/SI-004武奈ケ岳移動
12:46 JA2TUG 59/59 愛知県尾張旭市
12:49 JK2PWA 59/59 愛知豊田市
12:50 JE2XMP/2 59/59 愛知県西尾市
12:53 JN2MCQ/2 41/51 愛知県豊橋市
12:55 JP3MBC/3 59/59 JA/SI-009綿向山移動
各局、FB QSO有難うございました。久々に無線を楽しんだという満足感。
最初の7MHZはコンディションも良く入る隙がない程の盛況で被りを受けながらのQRV。その中で昨年、立山の一ノ越で交信いただいたJA0TEA局からコールをいただき一年ぶりの再会となった。
f0073587_22572186.jpg

続く18MHZではDXが聞こえたかと思うと8エリア各局が各所で聞こえ次々にコールした。
そして、21MHZでひときわ強かったグアムのAH2D局、ダメ元でコールすると10回目くらいで
ピックアップしてもらう。これまた久々に味わう高揚感。加えてギボシアンテナによりバンド切替が
短時間でできたことは収穫だった。共振点の調整を再度やりたいな・・・
f0073587_22583842.jpg

傍らで430MHZメインをハンデイ機でモニタしているとOSW局がCQを出していたので
こちらもコールしてS2S成立。OSW局も寒いと言っていたが同じくこちらも寒くて口がまわらない。
しかし滋賀県のGXQさんはポカポカ陽気で気持ちいいと言われこれまたショック。
その後、430MHZへ本格的にQSYすると丁度、東海マラソンコンテストの真っ只中で
2エリアからたくさん呼んでいただいた。

無線運用中、数名が山頂に上がってきた。中には犬連れの親子や普段着の人達もいた。
登山にしてはどうも?と思い訊いてみると、なんと山頂まで車で来たと衝撃の発言。
どうやら中継所用の林道で皆さん登って来られるようだ。早く教えてよ~って感じ。
しかたがない次回は、楽チンして来ることにしよう。

気が付くと何も口にせず10時前から13時まで延々と無線をしていた。
急に腹が減ってきたので持参したカップラーメンとコンビニおにぎりを食らいながら
霊山山頂遺跡について少々お勉強。賢くなったかな?ムリムリ。
f0073587_2325979.jpg

下山は、ピストンして約30分で霊山寺に到着。
f0073587_07132.jpg

帰りは伊賀コリドールロードに行かず伊賀ドライブイン方向へ抜けた。
同じ林道でも道幅が広く通行が多いのか倒木などはなかった。
また、途中に霊山山頂行きの標識も確認できた。
風が穏やかであればよかったのだが、評判とおり飛び良し展望良しの山だった。

おしまい。
[PR]
# by mido811 | 2017-11-09 00:21 | 霊山 | Comments(2)
ダイエットウォーキング
f0073587_12303338.jpg

2017年11月3日(金)
連休初日、ダイエットを兼ねて神峰山寺から本山寺までの坂道を歩いた。
先々月末のこと、いきなり肩甲骨辺りが痛み寝違えた程度にしか思わず
放って置いたところ翌日には指先に指を詰めたような痺れが現われた。
f0073587_12542183.jpg

これは、もしや脳梗塞の前兆かと心配になり先ずは整形外科病院に駆け込んだ。
すると、神経が頚椎に触ることからくる症状だとか。
登山のことを話すと、重いものを背負うのは控えるべきと釘を刺された。

考えてみれば、昨年の今頃と比べ何故か体重が一機に増えた。
そのせいか9月には歯に被せていたものが次々に取れ歯科病院に通うことになった。
それもようやく完治したかと思うと、今度はこれだ。
やはり身体に変化があるとドミノ倒し的に何らかの症状が出るのだろうか。
もはやポンコツだ。

歳とともに代謝が悪くなり同じ生活をしてては山に登るのも難しくなるなと考えた。
そのため出社時にはエレベータは使わず階段で20数階の職場に向かうようにしている。
食事も揚げ物や肉食類は避け、薬と思ってあまり好きでない魚系に変更。
痩せる効果を期待してアマニ油も毎日摂取。
寝る前には腹筋を始めた。暫くはストイックな生活を強いる。
f0073587_12544757.jpg

ということで、今日は奥方も付き合って一緒に歩いてくれた。
神峰山寺のモミジは山門辺りが色づいていた。
本山寺のモミジは半分位色づいていた。
見頃は1~2W先かと思う。
f0073587_12552224.jpg

山での紅葉シーズンは台風で吹き飛ばされたが
低山ではこれからがシーズン。
早く元の生活リズムに戻したい。
[PR]
# by mido811 | 2017-11-04 13:04 | ひとりごと | Comments(2)
1万人の第九2017 森ノ宮4レッスン 5/6回目
f0073587_1412648.jpg

2017年10月28日(土)
先週に続き季節はずれの台風、週末は雨。
秋の紅葉を楽しみにしていましたが葉も落ち期待できそうにないです。
まぁ、こんな時は家でのんびり過ごすのもいいでしょう。
というか、先月末から左腕と指先に痺れがあり通院生活なんで
ちょうどいいかも。

レッスンへ行くまでの間、かつてTBSラジオの深夜放送「パックインミュージック」のエンディング曲は
なんという曲だったか気になっていたのでネットでのんびり検索です。
するとロニーアルドリッチの「Don't sleep in the subway」という曲だと分かりました。
この曲は、Petula Clarkのヒット曲です。Petula Clarkというと「恋のダウンタウン」が
超有名ですが、ロニーアルドリッチの「Two Pianos Today!」というアルバムに収録されていました。
しかし、Youtubeで検索しましたがなかなか手ごわく見つけるのが大変でした。

と、気持ち的にスッキリしたところでレッスンへ向かうことにしました。
レッスンが皆勤であれば本番の座席チケットが本日配付されるはずなので早めに到着します。
朝から雨ということもありJR森ノ宮駅から会場へ。
f0073587_13244790.jpg

会場に到着すると15:00レッスン終わりの人達が一斉に出てきました。
やはり早すぎたようです。
f0073587_13322159.jpg

会場で受付すると同じように座席チケットを求める人達が結構いました。
5回目出席印とともに本番の座席チケットをゲットしました。
今年も舞台アリーナですが、どのあたりかな?
f0073587_13381281.jpg

レッスンまでに時間がありましたが、今日は天候が悪いのか席がなかなか埋りません。
本来なら本日チケットをゲットするので悲しいかな最終回はガラガラなんだけど。
と言ってる間に松尾先生と羽根田先生が入ってこられました。
f0073587_13423651.jpg

冒頭、今年のゲストがロックグループの”くるり”という話から始りました。
”くるり”は松尾先生の母校立命館大学出身者で京都のFM局で注目株として
よく流れていたそうです。また、万九の演出者である小栗哲也氏の子息である小栗旬さん
が朗読をされるというと周囲からえ~という驚きの声が上がった。小栗旬が息子というのが
意外と知られていないんだなとちょっとビックリでした。

レッスンは発声練習をした後、残る”S”から最後までを練習します。
813章節ソプラノパートはあ母音を豊かに。
811章節のブリューデルは繊細かつ感動的に
871章節ボーネンはガソリン切れにならないように
904章節フロイデは豊かに
913章節トホテルはパリッと
918章節音程はしっかりと
f0073587_148031.jpg

後半は、最後のパートから逆に最初のフロイデまでを順におさらいです。
655章節フーガ
ソプラノパートは臨時記号#のところは特に高く
アルトパートはフロイデをはっきりと
709-711章節アルトとベースがアンサンブルするところ特にアルトはミリオーネンに注意。
720章節アルトパートはお疲れモードになるので元気よく
595章節、543章節、411章節、311章節、285章節、257章節、フロイデまでを
順に追って唄いレッスン終了。

レッスン終了後、松尾先生から次回最終回も欠席とアナウンスがあり一同騒然なりました。
それもそうですね。我々だと2回休むと出演できないもんね。その代わり佐渡練は
出席されるそうです。業界事情は存じませんがいろいろとしがらみがあるんでしょう。
ということで、松尾先生のレッスンは実質今回で終わりです。
最終回のピンチヒッターは誰なんでしょうか?
[PR]
# by mido811 | 2017-10-29 14:13 | 一万人の第九 | Comments(0)
1万人の第九2017 森ノ宮4レッスン 4/6回目
f0073587_0261572.jpg

2017年10月14日(土)
レッスンも4回目。
今日は告知通り松尾先生がお休みなのでピンチヒッターの
先生が来られる予定。でも前回の話から察するに花月先生だと思い込んでいた。
しかし、お見えになりましたのは”隣のビヤガーデン”でお馴染みの
有元先生だった。気持ちのいい裏切りで何が起こるかちょっとワクワクする。
f0073587_15541.jpg

今日は、受付でテノール1か2どちらにするか決める日でもあり
最終的には毎度のことで2を選択した。
あっ、それとチケットの先行予約を確認。
お~今年もあかんかったか!しかし、落選は4-5年続いているように思うけど
たまには敗者復活当選はないもんかね。ブツブツ・・・

レッスンに戻りまして、いつものように前の席に陣取りました。
既に先客が居られましたが、見慣れないお顔でしたがいかにもモテ男です。
先ずは、隣の方と名刺交換代わりに挨拶をして一列になって肩たたきです。
その後発声練習に入りサントリーから始ってニッカにマメマメマメになって締めは隣のビヤガーデンでした。

発声練習を終え631章節から入りフーガの仕上げだそうです。
その時です。発赤練習が終ると横にイル・ディーヴォが座ったのです。
あちゃ~折角静かな時間を過ごせると思ったのに・・・
仕方がありませんレッスンに集中です。

先ずはイールシュツルトでは人を見下すように歌う。
ミリオーネンのところは思いっきりクレッシェンドする。
アーネストは天高く高いところへ向かう感じでと指導がありました。
わがテノールは歌唱力のあるモテ男のおかげで有元先生から褒められました。
特にモテ男には「君、ええ声してるな、上手い」とベタ褒めです。
f0073587_144076.jpg

その反面、イル・ディーヴォに対しては歌ってる顔怖いしオレの声を聞け的な
歌いかたやな。それ直したほうがええでときつ~い指導が入りました。
見掛けよりズバズバ言う有元先生にビックリしました。

さて、後半では有元先生によるフーガの解釈について
オモシロおかしく説明いただき再びフーガの特訓です。
各パートの声をしっかり聞いて歌うことを練習を通じ教えていただきました。
時間を見るとレッスン終わりの6時をとっくに超えながらも熱血指導をしていただき終了です。
f0073587_05727100.jpg

会場を出ると周囲は真っ暗になりました。
次回は遂にチケットが配付されます。
また、佐渡練のお知らせもいただきました。
森ノ宮4クラスは11/25(土)11:00~兵庫県立芸術文化センターの予定です。
佐渡練の会場としては初めてかも。
いよいよ本番が近づいてきてました。
[PR]
# by mido811 | 2017-10-16 01:07 | 一万人の第九 | Comments(2)
伊吹北尾根国見岳・虎子山でSOTA運用-2 JA/GF-095・108
f0073587_1381790.jpg

2017年10月8日(日)
国見峠に戻り滋賀ナンバーの軽トラックでやってきたご婦人とおしゃべりし
一息ついたところで、後半の虎子山へ向かうことになった。

事前にネットで下調べはしたものの情報が少ない。
しかし、登山口は10m程度は藪漕ぎだがそれを抜けるとよく踏まれた登山道になるそうだ。
では、国見とは反対側の登山口っぽいところから出発する。
f0073587_043423.jpg

実際に登ってみると10mもない5m程度の藪漕ぎをすると登山道が見えてくる。
本来は、国見スキー場から登るらしい。
f0073587_0453192.jpg

暫く進むと分岐があり右へ登るとネットでは説明があった。
f0073587_047924.jpg

登り始めると急登が延々続いているようだ。オマケに足元は水分を多く含んで滑り易い。
f0073587_0511644.jpg

初っ端からの急登は堪える。息絶え絶えに登りきると少し平坦になり
再び急登が始まった。こんなことネットでは書いてなかったぞ。
f0073587_0535411.jpg

何の変化もなくアップダウンは繰り返され、ようやくブナ林で変化が感じられた。
f0073587_0554289.jpg

そろそろ山頂かと思っていたら三角点らしきものを発見。
これが山頂かと見渡すがらしき標識は無い。スマフォ地図で確認するとまだまだ先のようだ。
f0073587_0581867.jpg

同行する男性も偽ピークで苛立ちが隠せない。右に同じ。
f0073587_101143.jpg

とそこへようやく山頂標識を確認。よかった~
f0073587_124964.jpg

長い急登と視界の悪さで実際よりも長く感じていた。
最後は同行者のことも気遣いもう帰りませんかと言い出しそうになっていた。
そんなこともあり無線の運用時間はショートで済ます必要があった。
【本日の交信結果】
DJ-S57/5W +RH770
虎子山 標高1183m   SOTA#JA/GF-095
岐阜県揖斐郡揖斐川町  JCG#19003B
12:53 JR2GAU/2 59/59 愛知県一宮市※433.160MHZ
12:56 JF2BER 59/59 愛知県知多市
12:58 JJ2CDP 59/59 愛知県安城市
13:00 JS2BUJ/2 59/59 岐阜県大垣市
13:03 JA6GEW/2 59/59 愛知県豊田市
13:07 JA3WPN 55/57 堺市中区
13:08 JP3DGT/3 52/55 JA/HG-013段ケ峰
各局、FB QSO有難うございました。
駆け足のQSOにもかかわらずコールをいただくことができた。
最後に兵庫県宍粟市の段ケ峰から声がかかるとは思ってもみず
DGT局とS2Sゲットとなった。

天候は登っている間はガスが広がり曇り。
展望もガス が上がってきて開けそうになかった。
f0073587_1172682.jpg

さっさとアンテナや装備を撤収して下山を開始。
f0073587_1192858.jpg

登りでは気持ちの余裕がなかったのかマンモスには出会えなかった。
f0073587_1204554.jpg

更に下りると立派なブナに遭遇。登りでは気付きもしなかった。
f0073587_1214979.jpg

植林帯まで下りてきた。急坂のだだ滑りには要注意だ。
f0073587_12388.jpg

無事、急坂を乗り越えて国見峠に帰って来た。
f0073587_1241061.jpg

登りの長さには閉口したが、下りの早いこと。
同行の男性とはお別れし本日のミッションは完了。
f0073587_128680.jpg

駐車場には同行の男性と入れ替わりで高齢のご夫婦がやって来た。
話によるとご主人が山好きらしく国見峠に来てはロッキングチェアに座り
過ごすのだとか。ご婦人にはコーヒーとおせんべいをいただいた。
その間、433.240MJHZでJI36BAP/3局が伊吹山よりSOTA移動で
CQをだされていたのでコールさせていただいた。
f0073587_1331711.jpg

帰路は岐阜県側でなく滋賀県側へ下りた。
途中、国見岳の山容を見ることが出来た。
f0073587_1343637.jpg

今日は何かと人とのふれあいの多い日だった。
お陰で一人だと撤退しそうなところを支えてもらい感謝。
予定通りSOTA対象の山2座をクリアでき滋賀県の伊吹野に下りついた。
帰路は米原ICから名神高速で帰宅した。
[PR]
# by mido811 | 2017-10-10 01:38 | 伊吹北尾根(国見岳) | Comments(0)
伊吹北尾根国見岳・虎子山でSOTA運用-1 JA/GF-095・108
f0073587_1450164.jpg

2017年10月8日(日)
3連休の中日に伊吹北尾根のSOTA対象の山、国見岳と虎子山に行ってきました。
国見岳は2010年6月に一度登っており7年ぶりとなります。
その当時は、登山口である国見峠に続く林道で車酔いし伊吹山まで到達せずに
引き返したという苦い思い出があった。

今回も国見峠へ滋賀県側から入る予定だったが米原市のHPで確認したところ
現在通行止め、反対の岐阜県揖斐川町のHPでは通行可能となっていたため
名神高速道路関ケ原ICで下り岐阜県側から国見林道に入ることにした。
途中、名神高速道は滋賀県内に入ると全線で濃い霧に包まれた。
f0073587_12412525.jpg

岐阜県内に入ると霧もはれ快晴になった。また林道も岐阜県側は道路も良く蛇行も少なく
体調も崩さずに国見峠の駐車場に到着できた。そして、駐車場から伊吹山の山容を望めた。
f0073587_12431113.jpg

駐車場には先着の車が停まっていた。そこへ岐阜市内から来たという男性から登り先を尋ねられた。
国見と虎子山と答えるとご一緒してもよいかと問われた。
恐らくお一人で不安なんだろうと悟り、山頂ではアマチュア無線交信をすることを
承諾いただくのならと行動を共にすることになった。先ずは国見岳に向け出発。
f0073587_1252890.jpg

木々に日は遮られ昨晩の雨で丁度良い湿り具合だ。
f0073587_1325873.jpg

見ず知らずの人と一緒に歩くのも登山の楽しみ。
男性は60歳の定年を起源に登山を始め今では週一歩かないとムズムズするらしい。
同感!仕事でかく汗と登山でかく汗は違うのだ。
f0073587_13325269.jpg

国見峠にもあった岩屋との分岐。
f0073587_13431212.jpg

高度が上がった証拠、植生が変わった。
f0073587_13441870.jpg

国見までの難所。コケで岩が滑りやすい上に昨晩の雨で揺れていた。
ここ三点支持、それにロープも使って登る。
f0073587_13465952.jpg

登りきると稜線に出た。そして展望が開けススキも見頃。
f0073587_13483079.jpg

再び木々を縫うように歩く。周辺の木々は色づき秋色に。
f0073587_13533956.jpg

想定外の紅葉にテンション上がる。
f0073587_13593393.jpg

登ってよかったと思える瞬間だ。
f0073587_1355472.jpg

そして、国見岳山頂に到着。
f0073587_1443142.jpg

2010年に登った時は山頂標識が立っていたが今は寂しい。
f0073587_1462681.jpg

山頂到着後、男性は先にある大禿山へ行きこちらでは無線の準備に取り掛かる。
登ってきた揖斐川の街が見下ろせるポイントにアンテナを設置した。
f0073587_14105095.jpg

【本日の交信結果】
DJ-S57/5W + RH770
国見岳  標高1126M   SOTA#JA/GF-108
岐阜県揖斐郡揖斐川町  JCG#19003B

09:58 JH7XWZ/3 59/59 滋賀県犬上郡豊郷町※433.220MHZ/FM
10:01 JK3NQV/3 59/59 JA/NR-048国見山
10:08 JA3WPN 52/59 大阪府堺市
10:09 JP3OSW/3 51/51 JA/NR-001八経ケ岳
10:12 JA2RFF 59/59 愛知県岡崎市
10:15 JE2XMP/2 59/59 愛知県西尾市
10:18 JS2BQJ/2 59/57 名古屋市西区M
10:21 JI2XTS/2 55/55 名古屋市港区
10:24 JI2MLI 59/59 岐阜県関市
10:27 JL3RNX/3 59/59 滋賀県長浜市
10:31 JP3SIB/3 52/52 大阪府寝屋川市
各局、FB QSOいただき有難うございました。
静かな山頂にガスが上がり鹿の鳴き声が聞こえるなかなかワイルドな時間だった。
f0073587_14265771.jpg

昨晩から全市全郡コンテストが開催されコールバックがあるか或いは
伊吹山に阻まれて電波の飛びが心配でしたがSOTA、チェイサー各局に
コールいただけ無事にポイントをゲットすることができた。(感謝)
愛用のFT-817が修理中のため久々にハンディ機が奮闘。
ちなみに144MHZ/FMはラグチューだけでCQは皆無だった。
f0073587_14303118.jpg

装備の撤収を終えたところでタイミングよく男性が帰って来た。
合流してピストンで国見峠に戻る。
f0073587_14334271.jpg

下山を始めると日が射し始め紅葉が映えた。
必要な時に照らず帰る途端に日が照るとは人生だよと二人で苦笑いした。
f0073587_1436615.jpg

岩が滑る難所に入ると下で登山者二人が待っていた。
今日初めて出会う登山者だ。
f0073587_14393721.jpg

難所を通過し一機に国見岳に下山。
f0073587_14414975.jpg

下山後、一服していると1台の軽トラックがやって来た。
見ると滋賀ナンバーだ。ということは滋賀県側から林道を登れるのか。
軽から下りてきたのはご婦人とそのお孫さん二人。近辺でキウイのような
果実を取りに伊吹野の大久保からきたそうな。もちろん林道は通行できるそうだ。

暫くそのご婦人と会話が弾んだ。熊は出ますかねぇ~と聞くと鹿やカモシカには遭うが
熊には遭ったことがないそうだ。特にカモシカは牛科?なのでおとなしく
見送りまでしてくれると笑わせてくれた。しかし、カモシカは牛科なのか?
そのご婦人との会話でここまでの疲れが吹き飛んだ。

虎子山に続く。
[PR]
# by mido811 | 2017-10-09 14:53 | 伊吹北尾根(国見岳) | Comments(0)
室生火山群の大洞山・尼ケ岳でSOTA運用-2 JA/ME-022・024
f0073587_1305239.jpg

2017年10月1日(日)
午前中は大洞山雄岳に登って無事下山してきた。
駐車場を見ると車が2台増えていた。
一人でないと思えるとほっとするもんだ。
f0073587_218617.jpg

一旦小休止をして今度は尼ケ岳を目指す。
f0073587_2194994.jpg

登山道は暫く林道と平行して続く。
f0073587_21132658.jpg

雲が広がり益々暗くなってきた。
それでも植林を縫うように続く登山道歩きは何故か快適。
f0073587_21165281.jpg

緩やかなアップダウンを繰り返し先ずは”一ノ峰”を通過。
f0073587_2118717.jpg

続いては延々と下っていく石段の嵐。帰りが思いやられそう。
f0073587_21281149.jpg

下った先には”大タワ”だ。通過して更に進む。
f0073587_2130417.jpg

登り返しがあって現われたのが土留めの階段。
遥か上まで続いてる。
f0073587_21322454.jpg

階段を登り始めて上から登山者のグループが下りて来た。
擦れ違い様に「静かないい山だよ」「ぬた場が多いので猪には気をつけて」など
声を掛けてくれた。そのグループは奈良県側から林道を登ってきたらしいが
途中に林道が荒れて通行できない場所があり仕方なく車を停めて歩いてきたそうだ。
階段を登りつめ左方向に進む。
後で判ったことだが、直進してショートカットする登山道があった。
f0073587_2139267.jpg

標識に拠れば山頂まで300m。
山を巻くように100m程移動し再び階段が現われた。
f0073587_21433052.jpg

この階段はさっきとは長さも段数も桁外れに違う。
それに草ボウボウであまり踏まれていないように思えた。
何度か立ち止まって息を整え登ってきたが遂に終わりが見えた。
f0073587_21474857.jpg

そしてフニッシュ。振り返ると先程登った大洞山の山容が望めた。
f0073587_21495342.jpg

それに何と広い山頂だろう。
オマケにベンチも用意され静かな山を満喫できる。
f0073587_21521646.jpg

広くて草原とくればHF(短波用)用の大型アンテナを設置し放題だ。
f0073587_21551326.jpg

逸る気持ちを抑えて先ずは腹ごしらえをせねば。
コンビニのオニギリで腹を満たした後、いよいよ無線タイム。
先ずは144MHZ/SSBから運用を始めようとベンチ横にマストを自立させ
いつものように先端にホイップアンテナのRH770を装着した。
f0073587_2264746.jpg

144MHZもたくさん移動局が聞こえている。
早速、CQを連呼し始めたその瞬間再び悪夢が襲った。
というのが、無線機のパワー計がそれまで声とともに振れていたのに
一瞬にして振らなくなったのだ。モードをFMに変えて電波を出すとパワー計は
フルに振れた。念のため持参したハンディ機でFM波を受信してみると
音が出ていな。まさかのまさかだが他のバンドにしても電波は出ても音が出ていなかった。
f0073587_2245776.jpg

大海原を前にして成す術なしとは・・・
ここは潔く諦めハンディ機で運用に変更する。
f0073587_0324133.jpg

【本日の交信結果】
DJ-S57/5W + RH770
尼ケ岳  標高958m   SOTA#JA/ME-024
三重県津市  JCC2101

13:07 JL2TPD 59/59 三重県津市※433.180MHZ/FM
13:09 JA3WPN 59/59 堺市中区
13:10 JF2EFH 59/59 三重県三重郡朝日町
13:12 JS2CQB 59/56 名古屋市西区
13:14 JI3XBZ/3 55/51 滋賀県森山市M
13:16 JP3NDO 59/51 大阪府泉佐野市
13:18 JL2CPT 52/55 愛知県犬山市
13:20 JP3EPM 59/51 大阪市西成区
13:23 JP3PTS 59/51 堺市東区
13:24 JN3PDF 51/51 大阪府羽曳野市QRP
各局、FB QSO有難うございました。
やはり430MHZのレスポンスはいいですね。メインchで呼ばせていただくと
すぐさまプチパイルになりました。飛びは大洞山よりもいい感じです。
それにしても無線機が故障するとは。万一のことを考えハンディ機は毎回持参していたので
辛うじてSOTAポイントをゲットすることができた。次回はHFの運用をやってみたいものだ。
結局、大洞山、尼ケ岳共にHFでの運用はできず惨敗。

それにしても尼ケ岳の山頂は広くって気持ちがいい。
それに何と言っても静かなのがいい。また登ってみたい山のリストに入る山となった。
無線運用を終え装備の撤収して下山することに。
その前にお地蔵様に手を合わせ無事の帰還を祈る。
f0073587_152553.jpg

午前中登った大洞山からも望めた特徴的な山容、なんという山だろう?
f0073587_1373512.jpg

下山ルートは元来た階段ではなくショートカットのコースを辿る。
先程いた登山者に大まかなルートは聞いておいた。ススキに分け入るようだが
目印のリボンが沢山ついていて登山経験のある者からすると分かり易い。
f0073587_191897.jpg

無事、分岐までたどり着き長い土留めの階段を下っていく。
f0073587_112284.jpg

最後は一ノ峰までの長い傾斜のきつい会談を登って登山口に到着。
f0073587_1134544.jpg

駐車場に戻ると2台停車していた車が1台減っていた。
これまた長い林道を慎重に走って林道を脱出。
帰りはGoogleMapの指示で西名阪に入らず一般道を抜け葛城から南阪奈道に入るコースをとった。
夕日に映える金剛山と大和葛城山の山容が印象的だった。
f0073587_1182028.jpg

今回はススキが最盛期の二座を登った。どちらの山も登りやすいだけでなく
展望も良く静かな山歩きを楽しむことができた。ただ登山口までが長く遠いのが難点だ。
しかし、また登りたい山になったのは間違いない。
[PR]
# by mido811 | 2017-10-05 01:31 | 大洞山・尼ケ岳 | Comments(0)