1万人の第九2017 参加抽選発表
f0073587_937276.jpg


2017年7月21日(金)
先週は「関西アマチュア無線フェスティバル」が終わり
今度は本日正午より「1万人の第九」の抽選発表だ。

今年は、関西以外の地域にレッスン会場が増え
全国に参加者を広げる方針のようで関西エリアは逆に
狭き門になった。無線の方で忙しかったこともあり
今年の参加は難しいかなと半分諦めていた。

さて、結果はというと・・・・
おお!!何と今年も参加できるぞ。
そしてクラスは「森ノ宮4」ということは第二希望のようだ。

この狭き門に滑り込んだのも何かの縁。
同じクラスの方がいらしたらよろしくお願いします。
ちなみに今年参加すれば累計14回目になる。
思えば長いこと参加してきたもんだ!
[PR]
# by mido811 | 2017-07-22 09:45 | 一万人の第九 | Comments(2)
関西アマチュア無線フェスティバル2017
f0073587_227661.jpg


2017年7月15日、16日
ようやく落ち着いたので久し振りにBlog更新。
2月から計画、準備を始めた「関西アマチュア無線フェスティバル」への
出展がいよいよ本番を迎えることになった。

10時開場に関係者は8時から入って準備を開始。
前日にブースの骨組みを組んでいたため当日は装飾に時間を掛けた。
そして、東京からSOTAのボスであるJH0CJHさん、関西メンバーのJP3DGTさん
JM3HRCさん、それに助っ人でJP3OSWさんが来てくれた。

背面は、どうしても山の写真を飾りたくてHRCさんにお願いし
センスの良い山写真を印刷し持ってきてくれた。
何も云わなかったが、ちゃんとSOTAロゴを入れてくれて雰囲気はバッチリ。
というのもSOTAは単なる無線好きだけではないということを示したかったのだ。
そして、わがブースが完成!
f0073587_231257.jpg

初出展ということもあり今回は長机1個分のスペースを確保。
いよいよ開場の10時になった。
関係者はセレモニー開場へ移動するよう促された。
そして、偉い方々の有り難いお言葉をいただきテープカット。
f0073587_23123938.jpg

MCは勿論HAMのアイドル”Masaco”さんだ。
しかし、冒頭で痛恨のミスをやらかしちゃった~(ドンマイ、ドンマイ)
テープカット後は一斉にギャラリーがどっと流れ込んで言った。
我々のブースはメーカーや販売店の有るEブロックの真ん前。
流れはそちらに向かい最初は人の流れをただただ見ているだけだった。
午後からは少し客足も落ち着いてブースを見てもらえるようになった。
f0073587_2218576.jpg

午前中にはJI1TLL須崎さんが駆けつけてくれ午後からは関西メンバーの
JO3ALU中村さん、JJ3AMO安井さん、JN3PDF金森さんがやって来た。
f0073587_2318359.jpg

当日は17:00までで終了、その後は石橋駅周辺の居酒屋でアイボール会となった。
f0073587_22243738.jpg

遅れてJM3URGさんも加わりSOTA関西の主力メンバーが出揃った。
話題は一日で4座回るJP3OSWさんのこと、フリーライセンスとの違いなど
興味深い話題と笑いで制限時間を軽くオーバーしお酒もすすみ気持ちよく帰宅した。

2日目、今日も快晴でそれも猛暑。
さすがに屋外展示の人達は地獄だ。
開場直前にはアイドルの”Masaco”さんが各ブースに挨拶回り。
もちろんSOTAブースにも来てくれ記念写真と握手をしてもらった。
メンバー全員デレデレ~
f0073587_22371782.jpg

屋内では1日目に比べれば客足は減ったように見えたが
我がブースに来られる方々は増えたように感じた。

そんな中、先日特集を組んでいただいた「ハムのラジオ」の
RIOさんと青木小夜子さんがSOTAブースにインタビューをしに来られた。
f0073587_23201511.jpg

青木さんは現在大阪にお住まいで健康志向もあってSOTAブースを
一番に選んでくれたようだ。ボスの川内さんは前回の番組同様
見事に受け答えされていて次回の放送が楽しみだ。
f0073587_225926100.jpg

また、RIOさんから我々にコラボのご提案ももらい新たな展開が始りそうだ。
それに加えSOTAメンバーで連載という話まで持ち込まれた。
午後を過ぎると客足が途絶え始めた。
f0073587_22424370.jpg

長いようであっという間に過ぎた2日間、オトナの文化祭がとうとう終る。
この2日間いつも交信いただいている方と直接お会いできたり
或いは他人にSOTAを伝える難しさを知ったりした。しかし結果として
裏ミッションだったYLさんもお二人メーリングリストに登録いただき
更には最年少となる中学生ハムも登録してもらい計14局の登録をいただいた。

最後に出展を支えまた、ドネーション(寄付)をいただいた
皆さんに改めて感謝申し上げます。
f0073587_22493047.jpg

これで私の夏は早くも終わり。翌日からはいつもの山好きのオッサンに戻る。
今年に入ってSOTAの認知度が薄いということから始った関ハム出展計画も
一様の成果を出して先ずは門戸を開いた。後は、若い人達に任せ更に若い人達に
参加してもらえるよう企画してもらいたい。
[PR]
# by mido811 | 2017-07-20 23:00 | アマチュア無線 | Comments(2)
KANHAMへ搬入
f0073587_2342815.jpg

2017年7月14日(金)
今日は待ちに待ったKANHAMの事前搬入の日。
その為、今日は休暇を取って朝から搬入準備だ。
f0073587_2339867.jpg

有り難いことにJP3DGT局も今日は休暇をとり手伝ってくれた。
お陰で事は順調に運び大方が設営できた。
f0073587_23492621.jpg

設営中、関係者や出展者が興味深気に寄ってきて
SOTAって何ですかの質問を浴びせられた。
業界人でもまだまだ認識不足ということだが
興味を持ってもらえるのは素直に嬉しい。
f0073587_234839100.jpg

明日は、いよいよ本番。
大勢のお客さんが来られるのが楽しみだ。
明日は早いので今日はこのへんで・・・73!
[PR]
# by mido811 | 2017-07-14 23:50 | アマチュア無線 | Comments(4)
KANHAM出展準備中
f0073587_10212352.jpg

2017年7月1日(土)
梅雨らしい天候が続くのを幸いにKANHAM(関西アマチュア無線フェスティバル)出展の準備を進めている。フルタイムで動けるのは週末に限られるため仕事の合間を縫っては横断幕やリストを作成し内職に精を出している。

出展なんて高校の文化祭以来の経験、ましてや出展費用については寄付を募ることもあって普段から気が利かない自分にとっては大変なことになっている。しかし、その反面喜ばしくもあり有り難いことに今回の出展の主旨、つまりSOTA(Summits On The Air=頂上無線)の認知度を高め広く参加者を増やす。特に若年層の人達の関心を集めることに賛同いただけるメンバーから関西に限らず全国から寄付が寄せられている。

正直なところ寄付が寄せられるとは全く考えてもなかった。最後は自腹でやるか位の勢いだったが日を追うごとに寄付金が寄せられ運営可能な額になってきた。自分は出世運は皆無だが、人に出会う運は良いと思っている。現にその人達の影響もあってこれまで何とか人生過ごして来ている。無線家って家に籠もることが多くオタクの典型のように扱われるが、SOTAは山に登って無線を楽しむので知らず知らずに体力が備わる。その意味からするとちょっとしたスポーツでもある。そして、山で無線を楽しむ行為は時として命の砦となる非常通信用としての無線機の携帯に繋がると信じている。

KANHAMは2週間後の7/15(土)からだが、人の機微に触れ開催前から感動している。(歳のせいで涙腺が緩い)残念ながら寄付をいただいた中のお一人JO4GMS局が20歳代の若さで先日サイレントキー(逝去)になられた。心よりご冥福をお祈りする。彼は地元のアマチュア無線家たちの連携を図ろうと奔走していたと聞いた。その意志も引継ぎ今回の出展を成功させ一人でも多くの人達が「SOTA」に参加いただけることを願うばかりだ。
[PR]
# by mido811 | 2017-07-01 11:38 | アマチュア無線 | Comments(2)
父の日2017
f0073587_23205759.jpg

2017年6月18日(日)
今日、娘夫婦がやって来た。
父の日のプレゼントに「缶つま」のセットを貰った。

一昨年は登山用のアウター、昨年は吉田かばんと来て
何にするか山をテーマに夫婦なりに悩んだんだろう。
縦走中に食べる「缶つま」はご馳走だ。
有り難く頂戴しよう。

しかし、オレの趣味は山だけではない無・・・
いかんいかん、これ以上は言わないでおこう。

要するに縦走しておいでということだな。
ならば遠慮なく行かせていただきま~す。

明日のBS「にっぽん百名山」は先日登った「霊仙山」だ。楽しみ~
[PR]
# by mido811 | 2017-06-18 23:29 | ひとりごと | Comments(4)
雪辱果たし蛇谷ケ峰に再チャレンジ SOTA JA/SI-019
f0073587_443659.jpg

2017年6月17日(土)
梅雨入りしたものの梅雨の晴れ間が続き
週末ハイカーには有り難い。

しかし、ここ数日の寒暖の差で熱はないが
体がだるく鼻水が止まらない。それでも
グッスリ寝ることで回復。

そんな中、週末が来たー。
病み上がりもあり近隣の山でと
考えたが登山口から1時間内で登れると聞き
4月に雨で規定の4局と交信がきなかった蛇谷ケ峰
再チャレンジすることにした。

早朝5時起床、6時に自宅を出発。
名神高速山崎ICから京都東ICを経由し
R161(湖西道路)に入って国道勝野まで一機に走る。
比良山に近づくと山頂付近は雲に覆われていた。
f0073587_1133316.jpg

その後R296→R297→R295と経て登山口である
朽木スキー場に到着。進むにしたがって離合できない程
狭く蛇行も増えるので走行には注意が必要だ。
駐車場はだだ広い運動場のようで人気はない。
f0073587_1181091.jpg

シーズンオフもあってか人気のない不気味な中で
身支度をし登山口へと向かった。
熊がウロついてても違和感はない。
f0073587_1205747.jpg

駐車場には登山口の標識があったものの
実際の登山口がどこにあるのかが分からず
ジオグラフィカ頼りに進んで登山口にたどり着いた。
f0073587_127396.jpg

今日は気温が上り予報では30℃近いらしいが
道路の温度計は16℃、風もあって空気が冷たい。
人気のない登山道に取り付く。
f0073587_1311397.jpg

緩やかな勾配の登山道をマイペースで登る。
未だ先週の長老ケ岳でのトラウマがあるのか
警戒しながら進む。そこへ動物の足跡を見つけ
警戒度は更に上がった。
f0073587_1391638.jpg

足跡は特定できないが爪が二つに割れていたので
イノシシかカモシカだろう。何もなければ
気持ちのいい登山道なのだが・・・。
f0073587_153394.jpg

登山道はジグザグに付けられ今日初めて
景色を遠望できる場所に出た。距離に
比例して高度が上がり再現性がいい。
f0073587_1572619.jpg

高度を上げると植生も変わってきた。
f0073587_159165.jpg

更に進むと稜線にでたのか田園風景を
俯瞰できるようになった。
f0073587_202232.jpg

P817を通過。もう少しで分岐ポイントだ。
f0073587_231792.jpg

警戒度は緩むことはないが気持ちのいい
稜線歩きを楽しもう。
f0073587_25345.jpg

P864グリーンパークからの
登山道との合流ポイントに到着。
f0073587_274376.jpg

あと少しで山頂だ。しかし、こんなに木々が多かったかな?
いつもは雪の上を歩いているから分からない。
f0073587_2141898.jpg

予定通り山頂が見えてきた。
f0073587_2151758.jpg

8:40山頂に到着。そして誰もおらず山頂独り占め。
f0073587_220147.jpg

Very Fine!先ずは田園のニョロにご挨拶。
f0073587_222292.jpg

武奈ケ岳や蓬莱山もバッチリ。
f0073587_224404.jpg

無線機からは430MHZで十津川村移動の局が聞こえてきた。
こちらも無線の準備に取り掛かるとしよう。
その前にテルモスに入れた冷茶と
豆大福で腹ごしらえだ。
f0073587_231326.jpg

先週に続き今日もコンディションが良い18MHZで運用予定。
その前に先日JP3DGT局からSOTA SPOT(SOTA運用掲示板)
を見ている人が意外に多いのでアップしたほうが良いと
アドバイスを受けたので入力を済ませた。
今日も上手くアンテナの三角形ができた。
f0073587_237236.jpg

無線機の電源を入れる。いい感じに周波数が詰まっている。
どうやらコンディションはよさげだ。
では今日もLet’s SOTA!
【本日の交信結果】
FT-817ND/5WQRP + 8mhIVDP(18MHZモノ)
                 RH770(430MHZ)
蛇谷ケ峰 標高902m SOTA#JA/SI-019
滋賀県高島市  JCC#2312
09:32 JG1UKW 59/59 千葉市中央区※18.111MHZ/SSB
09:37 JA1VRY 59/59 群馬県富岡市
09:39 JA1VVH 59/59 埼玉県深谷市
09:42 JP3DGT/3 59/54 JA/HG-052
09:47 JL1FNB 59/59 埼玉県桶川市
09:49 JS1IFK 59/59 東京都八王子市
09:56 JH5RDS 59/59 高知県南国市
09:59 JR8CEM 59/59 北海道室蘭市
10:01 JH1MXV 59/59 群馬県前橋市
10:03 JA1RRR 59/59 横浜市神奈川区
10:05 JO7SAK/7 59/57 福島県福島市
10:09 JF1NDT/1 59/59 神奈川県厚木市
10:16 JA3NBU 59/59 兵庫県加古川市
10:18 JA1JLP 59/59 神奈川県大和市
10:21 JI2PNY/2 59/59 静岡県浜松市中区M
10:25 JH5QVM 59/59 徳島県勝浦郡勝浦町
10:29 JA1KDU 59/59 茨城県水戸市
10:34 JA1BUQ 59/59 東京都大田区
10:38 JA5DNJ 59/59 愛媛県伊予市
10:40 JI5DDB 59/59 徳島県三好市
10:42 JF1BFW 59/59 千葉県袖ヶ浦市
10:44 JL1NIE 59/59  川崎市麻生区
10:46 JR1HTE 59/59 東京都新宿区
10:49 JN1NOP 59/59 神奈川県足柄上郡中井町
10:52 JF2LNL 59/59 岐阜県瑞穂市
10:54 JE1SOF 59/59 東京都江東区QRP
10:55 JA2NOS 59/59 三重県伊勢市
11:41 JG4QXA/4 59/59 島根県仁多郡奥出雲町※18.152MHZ
11:48 8J7IH 59/59 山形県米沢市※18.140MHZ
f0073587_304994.jpg

12:16 JF3FGL/3 59/59 京都府亀岡市半国山※433.120MHZ/FM
12:55 JE9VWK/9 59/59 福井県敦賀市岩籠山
各局、FB QSO有難うございました。
SOTA SPOTの効果か、CQをだすと一発コールあり以後
プチパイルになり18MHZでは28局と交信できた。
f0073587_3253212.jpg

皆さんからSPOTに上がっていたのでと聞き
意外にSOTA WATCH(掲示板)を見ているんだと驚いた。

そもそもHF(短波)通信はチェイサー
(追っかけ)局の存在を知ったからだった。
SOTAというアワードが未知の頃に
7MHZで運用した折、チェイサー局から関西の山との交信は
稀少と言われたのがHFも運用するきっかけになった。

SOTAとは運用するアクティベーター局とそれを追っかける
チェイサー局があって成立するもの。期待されるなら
応えるべきだと考える。ただ、HFになるとアンテナが
大型になるので山頂が広いことが条件になるが。

コールが途切れたところで18MHZはCLOSE。
時間に余裕があるというのは有り難い
琵琶湖を眼下にしてコンビに弁当と
凍らせたノンアルビールでまったり気分。
f0073587_415214.jpg

ハンディ無線機から半国山と岩籠山の移動局が
聞こえたのでコールして下山の準備に取り掛かった。
f0073587_4123198.jpg

山頂に到着した時は陽射しがあっても風があり
やや冷えていたが今は風もやみ気温は上昇。
再び警戒度を高め元来た登山道で下山する。
f0073587_3421877.jpg

山頂を13:00に出発し下りてみると13:30に
登山口に到着。早かった~
f0073587_34628.jpg

人の気配がなかった駐車場にも4-5台の
車が駐車しちょっとホットした。
f0073587_3483196.jpg

病み上がりながら山頂に到達し
快晴の下、琵琶湖を眼下に無線交信を
楽しんだ。4月にコンファームできなかった雪辱も
果たすことができ気持ちよく帰宅した。


おしまい。
[PR]
# by mido811 | 2017-06-18 04:10 | 比良・蛇谷ケ峰 | Comments(2)
山に登るなら無線機を持とう。
f0073587_094873.jpg


2017年6月14日(水)

アマチュア無線って今や死語である。
その昔、携帯が普及する前は誰もが知っていた。

しかし、携帯やネットが普及したことで
社会が一変し無線人口は一機に低下。
だって、無線がなくてもスマホがあれば不自由はない。

しかし、それは携帯の電波が飛んでればの話。
更に言うと、商用電源が通っていることが重要だ。
今、参加している「SOTA」というアワードプログラムで
山に登り無線運用をしていると考えることがある。

中高年の行方不明者や山での事故が相次ぐ中
山岳保険だけで身が護られるのかということ。
実際に地元紙「信濃毎日新聞では山での遭難、滑落事故などが
毎日のように報じられている。
それゆえ事故に遭遇したとき速やかに助けを求める術を
考えておく必要があるのではないかと・・・。

携帯電話の電波は日本全国を網羅しているわけではない。
まして、人がいない山の中なんて。
と考えれば無線の重要性は明らかだ。

山で無線していると知らない人から
「何やっているんですか?」とか
「無線でどこまで飛ぶんですか?」とか
質問を必ず受ける。

ならば、逆に無線をしている我々から
「山に登るのなら無線機を携帯しましょう」と
啓蒙してもいいじゃないのかなと考えている。
そうすれば、無線人口低下の中で無線資格者が
増えていくのではないだろうか。

最近は、実体験を交えて山に行くなら
リスクヘッジとして無線機を持ってくださいよと
呼びかけるようにしている。

その無線資格の取得について
ネットで調べていたら無線の重要性を体験し
無線資格を取った山ガールのBLOGを発見した。
タイトルは「登山女子のぽんこつ日記」

そこで、疑問というかなぜ無線資格取得に
至ったのか動機が知りたくて
コメント欄に次のような質問をしてみた。

------------------------------
はじめまして、midoと申します。
”登山、無線機”の検索でたどり着きました。
私は、山でアマチュア無線の交信をするアワードを楽しむ”SOTA JAPAN"のメンバーです。
指定された山頂から交信するとポイントがゲットできその累計をアワードとして表彰される
国際的山岳通信なのです。

それはさておき、あなたのようにリスクヘッジとしてアマ無線の免許を取得までする人がいるんだと感心しています。 考えてても出来ることではないですよ。ホント。 実は山頂で無線をしている時に急病人や行方不明者捜索でアマチュア無線で非常通信をしたことがあります。最近では、無線をやっていると何やってるんですかとかどこまで飛ぶんですかとか聞いてくる人が多いのでハンディ無線機の携帯、ひいては無線資格の取得を呼びかけています。

山岳保険に入っているから安心というのは誤解があり保険で救命費用は出せても助かる確率が上がる訳ではありません。そのため何とか若い方から無線の資格を取ってもらい登山者への無線機携帯への啓蒙ができないのかを考えていました。そこで、質問です。あなたは、どうして無線の資格まで取ろうとしたのか動機を教えていただけないですか。

私、個人としては山で無線を楽しんでいる者が無線機の携帯を呼びかけていければと思っています。

取り留めの無い内容でごめんなさい。
最後に私が参加しているSOTA JAPANのURLを残しておきます。
http://www.kawauchi.homeip.mydns.jp/sotajp/

もうひとつ、”山と無線”
http://yamatomusen.com/

なんか勧誘してるみたいだな。
まったくそんなことは考えておりませんので。
---------------------------------------------------

<管理人:chi-skさんの返答>
midoさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
私が無線の資格を取ろうと思ったきっかけは、お恥ずかしい話ですが厳冬期に滑落し一晩ビバークをしたことがきっかけです。 幸い携帯の電波もあったのですが、体感温度がマイナス30度の中で操作のため手袋を外さなければならなかったことと風が強く相手の声が聞こえずらかったことで通話時間もかかり携帯のバッテリーがどんどん減っていきました。その時に、助けてもらうということは、受け身ではなく、救助までの時間を自分でなんとかしなけらばならないのだと強く感じました。その経験から無線の免許を取ろうと思いました。まだまだ電波の入らない場所もあり、無線は自分の命を守るための最後の砦だと思います。
使い方を忘れないように、定期的パートナーとやり取りしているのですが、まだCQは出したことがありません。
教えて頂いたURL、凄いですね。いつか交信できたら面白そうですね。
山で見かけたときは声をかけてくださいね。

--------------------------------------------------

やはり自分で体験してみないと痛さはわからない。
昨年、大峰山系に登ったときも山女子から無線資格の取得方法について訊かれたことがあった。
彼女の場合は、一緒に行動していた友人が水を汲みに谷へ下りても帰って来ず
見に行ってみると足を捻挫して動けない状態だった。携帯で連絡しようにも電波が入らず
結局、友人を担いで電波が届くところまで運びヘリで救助してもらったと聞いた。
その体験から携帯は万能ではないことを知ったので無線資格の取得を考えたようだ。

一人でも多くの登山者が、このことを認識してもらえば
無線をもっと有効に利用してもらえ事故も減るのではないかと思う。
肝心の資格だが、一見するとハードルが高そうだが今や無線人口も減り
簡単な講習を受けてその日に受験し合格ということも可能だ。
彼女のように基礎を知るために講習会を受けるのもいいだろう。

無線機も今やスマホ同様小型軽量化され携帯しても苦にならない。
ましてや価格だって機能を限定すれば1万円台である。
日本アマチュア無線連盟(JARL)もこのような観点で無線資格者の増加を検討してもらいたい。
SOTAメンバーの皆さんも是非賛同いただき山での無線機携帯を呼びかけて欲しい。

それよりも、山頂からの風景を見ながらついでに無線交信して会話を楽しむのが一番だけど。
[PR]
# by mido811 | 2017-06-15 00:13 | アマチュア無線 | Comments(2)
KANHAM2017出展者説明会
f0073587_125711.jpg

2017年6月11日(日)
いよいよこの日が来た。
7月15、16日に開催される関西でのアマチュア無線の
大イベント「KANHAM2017」にメンバーである
「SOTA JAPAN」として出展する。

出展者の説明会及び出展場所の抽選が
池田市カルチャープラザで開かれアシストいただいている
JP3DGT局と一緒に出席した。

今回の出展について遡ること2月に
私からJP3DGT局へ相談を投げかけ
出展に向け快諾いただき今日の日を迎えた。

とうのも、「SOTA」にはメーリングリストがあり
日々メンバーが情報をやり取りしている中で
知名度が低いという議論があった。
私からするとだからどうなんだという思いだったが
それ以上の議論にならないことに苛立たしさがあった。

知名度が低ければ上げればいい。
とすれば、方法はいくつかある。
例えば、参加者を増やす。
増やすためには人が集まる場所でPRすればいい。
その格好の機会が今回の「KANHAM2017」
「関西アマチュア無線フェスティバル」だ。

普段、あまり表に出る性格ではないが
今回に限っては何故か能動的に動いていた。
当然、ひとりでは何もできないので
JP3DGT局(かつおさん)に、「自分も定年が近いので何かやってみたいねん」
と相談したのが事の始り。

その後、関西在住のメンバーを集めアイボール会を開催。
最近では、コミュニティーFMのアマチュア無線家向け
番組「ハムのラジオ」でSOTAについて3週連続して
取り上げてもらいフォローの風となっている。
徐々にではあるが、参加メンバーも増え機は熟しつつある。

それに、出展に賛同して色んなアイデアをもらったり
動いてもらえる仲間もでき有り難いことだ。
本番まで残り1ヶ月、最後の仕上げといこう。
そして、私は今回限り。この出展が継続するように
次の人にバトンを渡さねば。
[PR]
# by mido811 | 2017-06-14 01:40 | アマチュア無線 | Comments(0)
変な汗を搔いた長老ケ岳 SOTA#JA/KT-006
f0073587_10425682.jpg

2017年6月10日(土)
今日はSOTAメンバーやアマチュア無線の
移動先としてメジャーな長老ケ岳に登る。

早朝6時に家を出発。
先ずは亀岡に向かうが出勤時ということもあり
枚方亀岡線を使わず大山崎ICから京都縦貫道で
丹波ICまで一機に走る。

丹波ICを下りR27に入る。
走った途端、風景を見て記憶が蘇ってきた。
それは20数年前に遡る。
京都支店勤務時代に舞鶴の造船所や
自衛隊を担当しよく通っていた風景だった。
未だ縦貫道がなく3時間掛けて通っていた時代の事。

丹波ICからR27→R12→R51と走っていく。
R51の最後は一車線の狭い道になった。
ポイントの薬師神社を通過し右折する。
f0073587_6591711.jpg

今回は、森林ふれあいロードから登るので
分岐を右に進む。左折は仏生峠経由となる。
f0073587_774166.jpg

ここからは離合できない林道となる。
林道には雪融けで崩れたと思われる
岩や石が林道に散乱しているので注意が必要。
高度が上がると左に”京都丹波高原国定公園誕生”
の横断幕を見てその奥が管理棟・駐車場だ。
f0073587_75766.jpg

8時前に到着。どうやら一番乗りらしい。
身支度をしていざ出発。
f0073587_712243.jpg

スタートから広く緑鮮やかな登山道に出合う。
山頂までは3.5kmの道のりだ。
f0073587_7132683.jpg

休憩所を過ぎ苦手な階段が現われた。
つづれ折上の階段はかなり傾斜がきつい。
f0073587_7165467.jpg

1.1km経過すると休憩所があった。
山頂までは残り2.4km
f0073587_7203878.jpg

更に進むと一部崩落し危険箇所があった。
携帯してるハンディ無線機から初めて
違法無線の交信が聞こえてきた。
f0073587_724933.jpg

危険箇所を過ぎ暫くすると植生が一機に変わった。
緑濃いブナ林のトンネルを抜けていく感じ。
f0073587_730101.jpg

しかし、清々しい気持ちもここまで。
登山道に動物の足跡らしきものを見つけた。
足跡は四つん這いで歩いたように点けられ
大きさと形、地面の凹み方からすると熊だと思えた。
その足跡は林のほうに向かっていた。
f0073587_7351912.jpg

足跡を見つけてからは、清々しさも吹っ飛んだ。
当然ながら緊張度と警戒レベルは一機に高まった。
熊避けの鈴代わりにハンディ無線機のボリュームを
上げ人の声を響かそうと交信している局を探すのだが
アマチュアはもちろん違法無線すら聞こえず焦った。
暫くはブナに覆われた登山道を歩いた。
f0073587_7421792.jpg

やはりこういう時の単独行は辛いものがある。
誰かに遭わないかと期待するがそれも叶わない。
ブナ林が切れ杉林へと変わった。
f0073587_7461421.jpg

すると正面に電波塔が目に入った。
山頂が近いことが分かり緊張もややほぐれた。
と言っても問題は帰りだよな・・・
f0073587_747387.jpg

更に進むと先ほどの電波塔の脇を歩く。
関西電力の長老ケ岳中継所のようだ。
f0073587_7493163.jpg

これを抜けると山頂かと思ったがそうではなく
保守用林道(舗装)と仏生峠からの登山道が
合流する場所に出た。さて、山頂はどこだろう。
標識らしきものはなくジオグラフィカの登場。
f0073587_7533336.jpg

ジオグラフィカによると階段へ続く
登山道が山頂に続くとルートと分かった。
f0073587_7562768.jpg

階段を登りつめると東屋がありその先に
山頂を確認。9:30山頂到着。

東屋には先客のご夫婦が食事中で
熊の足跡の話を持ち出したところ
辿ってきたコースに熊が出るらしいと
聞いていたので自分達は
仏生峠から来たと告げられた。
でも熊は出てこないよと言われたが
当事者でないからお気楽だ。
こちらの不安は完全に確信に変わった。
f0073587_7583753.jpg

気を取り直して山頂からのパノラマを
楽しもうではないか。
北を覗けば日本海を遠望・・・・
霞んで見えへんがな。
楽しみにしてたのに。
f0073587_812973.jpg

東方向を見ると霞んで見える山並みが美しい。
f0073587_8134348.jpg

景色を堪能した後は、無線の準備に取り掛かる。
今日はハイバンドのコンディションがいいので
18MHZ(短波)で運用を予定している。

山頂付近は狭いので山頂より下に伸びる
スペースを見つけそこに陣を張ることにした。
恐らく側にある電波塔建設の為の空地だろうか。
f0073587_8191962.jpg

大和葛城山でマストの一部を破損したが
同じメーカーの9mものを買い足していたため
一部をスペアにして修復した。
その結果、9.3mだったのが8.6mに短縮。

加えてステーを張る治具も既製品から
木製にして軽量化した。ミリ単位での
穴あけはちょっと苦労した。
f0073587_9313884.jpg

風はあるもののマストが短くなった分
安定するのか満足できるエレメントの張り具合になった。
では本日もLet’s SOTA!
f0073587_935712.jpg

<本日の交信結果>
FT817ND/5W + 8mhIVDP(18MHZモノ)
長老ケ岳  916.9m   SOTA# JA/KT-006
京都府南丹市  JCC2214

10:04 JP7ICP 59/59 宮城県石巻市※18.143MHZ/SSB
10:15 JH2SGC 57/59 静岡県下田市
10:22 JH1OTW 59/59 千葉県東金市※18142MHZ/SSB
10:26 JA3WPN 59/57 堺市中区
10:29 JE1SOF 59/59 東京都江東区
10:32 JP7OGE 59/59 福島県会津若松市
10:40 JL1CML 59/59 千葉県船橋市
10:43 JQ1NNT 59/59 千葉市稲毛区
10:45 7K4GUR 59/59 東京都調布市
10:51 JP6SRV 59/55 福岡県筑紫郡
10:53 JH0TJN 59/59 新潟県長岡市
10:59 JS3IKM/3 59/59 兵庫県佐用郡佐用町※18.148MHZ
11:10 8J1SUIGO 59/59 茨城県潮来市※18.134MHZ
11:13 JN1MLF/1 59/59 群馬県渋川市※18.1287MHZ
11:21 JN1XNI 59/59 東京都新宿区※18.110MHZ
11:26 JH1EWV/1 59/59 神奈川県JA/KN-005※18.160MHZ
11:45 JO6WNE/6 59/59 福岡県うきは市※18.145MHZ
12:02 JO2KVB/2 59/59 愛知県岡崎市※18.140MHZ
各局、FB QSO有難うございました。
今日の18MHZは周波数の空きを
見つけるのに苦労するくらい絶好調だった。
最初は、局間のはざまでCQをだしていたが
被りも酷くなり呼ぶ方に廻った。
f0073587_21333552.jpg

お陰でSOTAメンバーのJH1EWV局と
S2S(Summit To summit)ができた。
また、直接波をキャッチいただいたのか
430Mでお世話になっているJA3WPN局から
コールいただき耳の良さにビックリ。
f0073587_10104948.jpg

QRP(小電力)の醍醐味は大勢の局が
一斉にコールしている状態(パイルアップ)の
中でピックアップされることだ。今日はそれが
何度かあり精神的にも満足できた。(ドヤ顔)

144MHZ/SSBの用意もしてきたが
天気予報の通り雲が広がり風が吹き始めたので
早々に下山する事にした。
下山時には数名のハイカーが登って来られた。
f0073587_10171125.jpg

これからが茨の道の始まりだ。
足跡が頭を過ぎるがピストンするしかない。
f0073587_10205016.jpg

関西電力の電波塔の脇を抜け
元来た道に入ろうとした瞬間、
また見つけてしまった。
ニョロが日光浴中、また何でこんな時に出てくるかな~
f0073587_10221384.jpg

更に進むと足跡を発見したブナ林に入った。
すると向こうから男性ハイカーが鈴を手に登ってきた。
登山者と擦れ違うのは今日初めてだ。
それでも警戒の手は緩めず無線機のボリュームを
いっぱいに上げてノイズ音を撒き散らし歩いた。
f0073587_10255917.jpg

問題のデッドゾーンを抜けたが、代わりに何度か
ニョロとご対面。緊張がほぐれることなく
登山口の休憩所が見えようやく安心できた。
f0073587_10282190.jpg

休憩所の前にあるベンチには若いカップルが
お食事中。微笑ましい光景を見て更に安堵した
その瞬間、最後の最後にこれかよ~。
f0073587_10293875.jpg

駐車場の手前でこちらを見つめる気配が・・
見ると黒い紐のようなニョロ、けっこうでかい。
遠巻きにしながらその場を逃れ駐車場に戻ってきた。
最近どうもニョロづいていていかんなぁ~
f0073587_10321499.jpg

12:40に山頂を出て駐車場には13:25到着。
いかに足早に下りてきたかがわかる。

無線の方はかなり満足できたものの
動物の足跡とニョロで緊張の連続だった。
やはり山登りで変な汗はかきたくないぞ。

おしまい。
[PR]
# by mido811 | 2017-06-11 10:44 | 長老ケ岳 | Comments(2)
KANHAMコンテスト初参加。
f0073587_23255837.jpg

2017年6月4日(日)
ここ暫く週末は山へ登る日々が続いたので
今日は箸休めならぬ足休めで
家でごろごろしているつもりだった。が、
KANHAMコンテストに急遽参加することにした。

KANHAMとは関西アマチュア無線フェスティバルのことで
池田市で開催される関西のアマチュア無線の最大イベントだ。
今年は、参加しているSOTA JAPANの
ブースをKANHAM2017に出展予定だ。

その縁もあって、KANHAMコンテストの
ハンディ機部門にエントリし
いつものポンポン山から参加する。
先ずは、原付バイクで本山寺駐車場へ向かう。
現地に行くとほぼ満車。
本山寺へ向かうとゼッケンをつけた人達が走って下りて来る。
f0073587_21552244.jpg

本山寺に到着するとゼッケンをつけた人達が更に増えた。
ゼッケンを見ると”天王山からポンポン山へトレイルラン」と
書いてあった。恐らくトレイルランの大会が行われているのだろう。
f0073587_21572998.jpg

今日は気候もよく湿度が低いせいか
カラッとした快晴で清々しい。
f0073587_21584269.jpg

歩き慣れた登山道を進むと前方にゴミ袋を抱えた
人達を発見。あれ?ひょっとして・・高槻労働者山岳会の人達かも。
かもでなく労山の人達だった。先週が清掃登山だと
勘違いしていた。申し訳ないが今日はご容赦いただこう。
f0073587_221682.jpg

高槻労働者山岳会の人達を追い越し
昼時で賑わう山頂に到着。
f0073587_2251255.jpg

早速、無線機をセットする。
ハンディ機部門では外部アンテナにバッテリはご法度。
無線機に内蔵された電池に直付けのアンテナしかだめ。
ということで、アンンテナの地上高を稼ぐこともあって
三脚に無線機ごとマジックテープで固定した。
f0073587_2285275.jpg

ハンディ機部門の規定は次の通り。
f0073587_229392.jpg

先ずは、DAISOで買ってきた電池を
専用の電池ケースに入れてスタート。
コンテスト参加局が多く433.180MHZから運用開始。
f0073587_22122118.jpg

【本日の交信結果】
DJ-S57/2W  +  5/8λホイップアンテナ/RH770
大阪府高槻市ポンポン山 標高678.9m  JCC2509
12:56 JN3GYJ/3 5925 5924 ※433.040MHZ
12:57 JA3OLO 5925 5925 大阪府堺市※433.06MHZ
13:02 JH3BTX 5925 5924S※433.160MHZ
13:05 JO3ALU/3 5925 5922 旗振山※433.180MHZ JA/NR-057
13:07 JP3HQR 5925 5925S 大阪府茨木市
13:10 JH3QED/3 5925 5926 和歌山県有田郡
13:12 JP3OUY/3 5925 5925
13:14 JF3EPU/3 5925 5927S 神戸市灘区
13:15 JA3GJQ 5925 5925
13:22 JO3VFK/3 5925 5925
13:24 JN3GKF 5125 4524
13:28 JR3FQB 5925 5925 大阪市城東区
13:31 JP3LTM/3 5925 5925 大阪府豊中市
13:33 JK3UQF 5925 5925 大阪市阿倍野区
13:34 JO3LTH 5925 5924 奈良県奈良市
13:36 JH3JFF/3 5925 5924 奈良県御所市
13:53 JN3IWS/3 5925 5922京都市左京区
13:57 JF3GXQ 5925 5922京都府宇治市
14:00 JP3QYC 5925 5922Y京都市西京区
14:03 JS3LOW 5925 5525堺市堺区
14:05 JA3DWJ 5925 5925S大阪狭山市
14:07 JF8LPB/2 5125 5920愛知県豊田市炮烙山JA/AC-024
14:09 JA3WDL 5925 5925大阪府高槻市
14:12 JP3LXA 5925 5925堺市北区
14:17 JP3EPM 5925 5925大阪市西成区
14:23 JA3HYV 5925 5927兵庫県宝塚市
14:25 JA3RHR 5925 5925大阪府四条畷市
14:27 JR3SZZ 5925 5927兵庫県西宮市
14:30 JO3VUQ/3 5925 5927生石ケ峰JA/WK-027
14:34 JH3RHR 5525 5225S
14:42 JM3HRC/3 5925 5924国見山JA/NR-030
14:45 JE2TOC/2 5225 5921三重県津市
14:47 JP3EXO/3 5925 5925大阪府豊能郡深山JA/KT-014
14:50 JF3XFH/3 5925 5926和歌山県有田郡山田山
14:52 JM3NRO 5925 5922京都市山科区
14:54 JA3RAY 5925 5925大阪府高槻市
14:58 JG3HGN 5925 5925S大阪府高槻市
14:59 JI3AZH 5925 5923滋賀県野洲市
15:06 JP3OPW 5925 5727兵庫県伊丹市
15:09 JP3PXT 5925 5727
15:11 JA3HMH 5925 5925大阪市東住吉区
15:12 JH3HWH 5925 5925堺市
15:17 JS3BBC 5925 5922京都市右京区
15:19 JH3DYD 5925 5925大阪府大東市
15:21 JK3WOJ/3 5925 5925
15:22 JH3OXM 5925 5925大阪市東住吉区
15:24 JR4UCD/3 5925 5925大阪市西成区
15:26 JA3HKR/3 5525 5525
15:28 JP3OOC/3 5925 5925大阪府吹田市
各局、コールいただき有難うございました。
久し振りに430MHZ/FMでQRVしお久し振りの方から
2バンドQSOの方、或いはSOTAメンバー、移動局の方々
と交信いただきました。

結果としてはホイップアンテナで
これだけQSOできれば上等でしょうと自画自賛。
それにホイップで2エリアもできたし。
ただ5エリアが出来なかったのはちょいと残念かな。

いつもながら気が付けば山頂には誰もおらず。
寂しく遅い昼食を摂るのであった。
その間はポンポン山からの展望をひとり楽しんだ。
今日は湿度が低く適度に風が吹いたので
けっこうすっきり見渡すことが出来た。
こちらは京都、滋賀方面。野洲市の三上山がはっきり見えている。
f0073587_2312617.jpg

こちらは大阪方面、あべのハルカスもバッチリ。
f0073587_2313355.jpg

こっちは富田林のPLの塔が見えている。
f0073587_23135922.jpg

反対の北側を見ると愛宕山と先日登った地蔵山。
f0073587_23154613.jpg

なんだかんだで16:00を過ぎた。
誰も居ない山頂を後にして脱兎の如く下山。(半分走っている)
本山寺に16:25に到着。
f0073587_23175171.jpg

本山寺駐車場に戻ると片隅に高槻労山の皆さんが
清掃したゴミが固めて置かれていた。
皆さんご苦労様でした。
f0073587_23222415.jpg

初めてのKANHAMコンテストだったが
改めてポンポン山の飛びの良さを知ることになった。
明日からまた仕事頑張ろう!
[PR]
# by mido811 | 2017-06-04 23:27 | アマチュア無線 | Comments(4)