2017年 01月 30日 ( 1 )
青空眩い樹氷の綿向山でSOTA移動 JA/SI-009 -1

f0073587_01124849.jpg
2017年1月28日(土)
今週は毎日のようにUSTREAMの金剛山LIVEを見ていた。
平日に山へ行けるなんて・・・
週末の休みを迎えどこの山へ行こうか気持ちは高ぶるばかり。


候補は、直登の伊吹山か樹氷の綿向山。
しかし山頂で無線をすることを考えると強風の伊吹山では困難。
となれば、答えは綿向山行きになるところだが問題がある。

それは、駐車場が満車になるため早朝到着が必須。

しかし、早朝到着になると駐車場までの道路が路面凍結しているので
ノーマルタイヤのマイカーではハードルが高い。
結局、6時に家を出て7時半に蒲生ICを下りた。
周辺を見ると一面雪に覆われて真っ白。

f0073587_00300882.jpg
ICを下りてR477を素直に走れば良かったのだが
マイカー搭載のバカナビ頼りに走った結果、最短ルート優先から
山の中へどんどん入って挙句の果てには除雪されていない道にまで入った。
やはりバカナビ、頼った自分が悪かった。
諦めて自力走行で8時過ぎに現地到着。
予想通り駐車場は満車で入りきれない車が右往左往。
悩んだ末、一か八かで路肩へ駐車。(これはオススメしません)

f0073587_22565959.jpg
身支度を済ませ登山口に向かう。
誰もが隙あらばとばかりに車を無理やり駐車していた。
駐車場へ向かう道路も両端には除雪の雪がかなり残っていた。

f0073587_23031806.jpg
駐車場をスルーし登山口に向かうも
登山道は完全に雪に覆われていた。
f0073587_23053086.jpg

先に進むにつれ積雪量は増えていく。
暫くはダブルストックでいける所まで行ってみた。
だが、それも登山口小屋まで。

f0073587_23105263.jpg

今シーズン初のアイゼン装着。
10本爪が欲しいが未だ6本爪で頑張っている。

f0073587_23132680.jpg
登山口から橋を渡っていよいよスタート。
その橋も雪で覆われていた。
例年、登山口周辺でこれ程積もったのは初めて。
更につづれ折りの登山道を進むと団体に出遭った。

f0073587_23182019.jpg
見上げると別の団体が登攀するのを確認。
今日は団体さんもかなりいるようだ。
雪質はシャーベットが融けた感触。
そのせいかアイゼンの効きがあまり感じられない。

f0073587_23250528.jpg
節目となる三合目に到着。
積雪はかなり増えた・・・というか綺麗な雪になった。
更に進んで”あざみ小舎”で団体さんが休憩していたため
通過して追い越す。

f0073587_23304273.jpg
この先は長いスパンのつづら折となる。
暫くは我慢の登攀だ。
雪がより深くなったところで中間点の5合目小屋に到着。
f0073587_23360035.jpg
小屋から見ると日野の街は一面真っ白。
その先には野洲の三上山の山容。
残念ながら霞んで比良山系を望むことは出来なかった。
f0073587_23393161.jpg
5合目を過ぎると雪質は氷に近くなり
ようやくアイゼンの効きが確認できた。
f0073587_00405446.jpg
7合目到着。
いよいよここからゴールデンルート、冬道の始まりだ。
と、その前に飯バテにならぬよういつもの草大福とお茶で一服。
f0073587_00442706.jpg
いよいよお楽しみの冬季ルートに入る。
f0073587_00474586.jpg
ルートの始めは急登。
初っ端は気温が高いせいか樹氷が融けてパッとしなかったが
高度が上がるとともに成長した樹氷にお目にかかれた。
それに加え青空が一面に広がり彩を添えてくれた。

-2に続く


[PR]
by mido811 | 2017-01-30 01:14 | 鈴鹿・綿向山 | Comments(0)