ちりとてちんフリーク爆!大蔵ざらえ  
今、帰ってきました。
続きです。

■中庭
格子戸を開けますと枝折戸があり、そこを抜けると中庭です。
テレビですと照明のあて方なんでしょうが、見事な竹林にみえますが
あの竹林も造花というのでしょうか?要は作りもんです。
現物を見ると、どっからみてもバッタもん?いや失敬!偽物です。
f0073587_18114845.jpg
f0073587_18122573.jpg
f0073587_18142842.jpg

■寝床のおまけ
 店主・熊五郎がいつでもオンステージできるようにと作られた特設ステージ
 ですが、寝床寄席にもなります。
f0073587_18183681.jpg

左から:寝床寄席のポスター、熊五郎直筆献立

f0073587_18203152.jpgf0073587_18205580.jpgf0073587_18211947.jpgf0073587_18213733.jpg
f0073587_18594247.jpgf0073587_190547.jpg
熊五郎のオススメMENUは落語の題に掛けているようです?
菊菜グラタン・八宝菜助・辻占茶漬け・こわい饅頭・きのこのコホメッタ
f0073587_18232376.jpg
最後にNHK大阪放送局全景。収録は9Fのスタジオで撮影されていました。
ちなみに右の建物は大阪歴史博物館です。
番組関連グッズのコーナー(BKプラザ)では”ちりとてちん”手ぬぐいと藤本有紀著
”ちりとてちん”上下巻、期間限定で”若狭塗箸”の販売コーナーもありました。
ホームページの情報では”徒然亭”家紋入りTシャツの製作販売も計画中のようです。
f0073587_18353753.jpg

また、3/29・30には”ちりとてちん”ワールドと題して特別番組が放送されます。
最後の最後までフリークとしては目が離せまへん!
これで、どこが低視聴率や!ちゅうねん。
[PR]
by mido811 | 2008-03-13 18:48 | ひとりごと | Comments(8)
Commented by nori-126 at 2008-03-16 14:16
スタジオセットの手の込んだ様子を楽しめました。プロの仕事の見事さに、感心させられました。
 何よりもmidoさんの写真のきれいなのに驚きますが、どういう条件で撮っておられるのか知りたいものです。カメラのプログラムにまかせていてはいけないのでしょうね。
 金剛山の杉並木の写真のところにも同じ質問を出しますので、返事をください。
Commented by mido811 at 2008-03-17 00:03
ノリさんへ

見えないところでも手を抜かない、やはりプロの仕事ですね。
公開せず壊すのは、やっぱりもったいないです。
NHKの番組は皆さんの受信料で作られてますから・・・・

さて、写真をお褒めいただき光栄でございますが、私なんぞ未だ未だです。
先日の金剛山のデータをしらべましたら次の設定でした。
絞り優先
ISO400・AV6.3・TV1/80・露出補正+1/3・評価測光です。
EOS30Dは、ブレ防止とかがないので極力TVを1/80以上
になるようISOを調整しています。でないとブレてボケ写真になります。
AVがISO100-200の設定で稼げる場合は露出補正を-1/3くらいに
してコントラストを上げています。EOS30Dの特徴かもしれませんが
通常露出だと白飛びではないですが明るく白っぽく仕上がりますね。

こんなところでしょうか?
最近はカメラをNIKONに替えようかとも考えています。
Commented by mido811 at 2008-03-17 00:11
ノリさんへ

追加です。
WBはちなみに「晴マーク」です。WBも重要なファクターですね。
室内ですと暗くてISOを1600とかに上げざるを得ない場合
私が持っているレンズ(F4.0)とかですとTVを稼げないので
三脚のお世話になるか、体を壁とかで固定してシャッターを切り
2回撮りしてます。でも、やっぱりf2.8のレンズの使用が得策です。
Commented by nori-126 at 2008-03-18 00:22
midoさん お教えいただきありがとうございます。やはり、カメラまかせでなく、いろいろと条件を変えて試してみたいと思います。WBやISOを変更したこともなかったですから。デジカメなら、躊躇なく試し撮りができますから。でも、あまり追求すると、いいカメラが欲しいということになりそうですが。
Commented by nori-126 at 2008-03-19 21:53
midoさん ちりとてちんの小草若のエピソードは、六代目松鶴の長男の光鶴(枝鶴)さんを思い出させます。36年前に「上方落語を聞く会」では、光鶴さんは、予定された演目を変えて、「時うどん」を演じました。当時から、落語を続けるのかどうかといわれていましたが、結局、廃業となってしまいました。有名な親を持つと大変ですね。特に代々、継承していくような職業では。
Commented by moegiiro15 at 2008-03-20 22:23
間に合いました~大蔵ざらえ なんぼでしょう~違いました^^;
いよいよ終盤になりましたねぇ。
落語に興味のなかった私も『天満天神繁昌亭』が、気になって参りました。
ところでmidoさんのみ・ど・とは、如何なる意なのでしょう?
midoさんが、一門に参加されたなら『徒然亭どみそう(草)』かなぁ~等と。
Commented by mido811 at 2008-03-23 09:29
noriさんへ
枝鶴さんって聞いたことがあります。松鶴師匠のご子息でしたか。
でも36年前って今のような落語ブームの時では?
当時、FM大阪で深夜落語番組があったのを覚えています。
深夜ラジオにも三枝、仁鶴はじめ春の助や小米が登場してました。
ちなみに、ドラマでは草若の息子が小草若と名乗ってますが
米朝師匠と息子の小米朝をもじったと思ってます。
Commented by mido811 at 2008-03-23 09:37
moeさんへ
いよいよ終盤、目が離せません!
今週もBSで一機見です。DVDに残しとかな・・・
今週も泣かされました。糸子さんの「皆が笑っている顔が見れるのが
嬉しい・・・」の言葉、そうです、普通にお金があろうと無かろうと
名声があろうが無かろうと、笑って過ごせるのが一番ですし
日々そうやって過ごせるのがどれ程難しいlことか。ねぇそうでしょう
この台詞を吐かせた藤本有紀のするどさに完敗です。

み・ど・の由来ですか? 内緒です。


<< ポンポン山 福寿草 満開 ちりとてちんフリーク爆!大蔵ざらえ >>