雨男、金剛山を巡る。-2
続きです。
金剛山山頂に到着です。
意外に早かったな~って感じですか。
先ずは、転法輪寺方面へ向かうと名物の”かまくら”を発見。
皆さん、お約束のように記念撮影です。

その横には登頂回数別に名前が載っている掲示板があって、またその横には
温度計。只今の気温-5度、気温を知らされると何だか急に寒く感じるのですが・・・
気のせい??

f0073587_22423326.jpgf0073587_2244753.jpg
雪に覆われた転法輪寺。
写真を撮ってたら、「今年は雪が例年より多いですね」と男性から声を掛けられた。
例年は、これ程の雪は降らないらしい。
f0073587_22495387.jpg

そうだ!金剛山に来たら是非行っておかなければ・・・と思い出す。
いつも”金剛山ライブカメラ”に映っている山頂の時計台を見ないと。
到着すると多くの登山者が記念撮影中。
よく見ると、ここは金剛山国見城跡になっている。
時計を写しているカメラ発見!ちょっと感激しているぅ。
f0073587_22581830.jpg
時計台から遠望するとPL教団の塔やNHKラジオの送信所が見えたので富田林かな?
名残はつきませんが、続いて”葛木神社”へ移動する。
途中にある灯籠と太く伸びた杉が圧巻。
f0073587_2316882.jpg
葛木神社も豪雪で階段を神社の方が除雪してくれていた。お陰で滑らず階段を
登ることができたが、下りる時はやっぱり怖かった。
階段前では、高校生と先生の集団が記念撮影の真っ最中。補修授業っぽいけど??

f0073587_23192136.jpgf0073587_23193476.jpg
先程から登場している杉は”仁王杉”ということがわかった。
呼び名に相応しく立派、樹齢はどれくらいだろう?
その神々しいオーラに気持ちが吸い込まれていくようで、しばらく杉木立の中で
立ち尽くした。
f0073587_1265267.jpg

雪がつくる金剛山の様々な風景は、この後もつづくのだった。
[PR]
by mido811 | 2008-02-28 01:33 | 金剛山 | Comments(2)
Commented by nori-126 at 2008-02-28 03:49
 金剛山でこんな雪景色が楽しめるなんて知りませんでした。今年は、雪が多いので特別かもしれませんが。職場の近くのレストランの人が、先日行った時には、雪があったけれど樹氷はみられなかったということでした。2月は週末が寒くて、よかったようです。midoさんも「雨男」を返上して「雪男」を名乗ったらどうですか?
Commented by mido811 at 2008-03-02 14:04
ノリさんへ
ノリさんが雪の金剛山をご存じ無いとはちょっとビックリ!
通常は、これ程の積雪ではないようですが地元民とおぼしき人達が
ソリとかの遊具を持ってロープーウェイで登ってましたよ。

「雪男」ですか?響きとしては頼もしそうですが実体としては、情けない男なので
「雨男」の方が相応しいような・・・・(自分で言うか?ちゅうねん。)


<< 雨男、日本一の山に登る。 ブラボーの声高らかに! >>